mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2012年2月 チャクラ・ハーモニー part9
  〜私たちの変容について〜

2012年が明け、早くも2月になりました。
暦の上では春とはいえ、まだまだ寒い日が続きますね。
皆さま、いかがお過ごしですか?

 

旧暦ではHappy new year…春の始まりの2月です。
さらに新たな気持ちで
「一瞬一瞬」「今」を大切に歩んでいきましょう。

さて、2012年最初の
Natural beauty & healing情報です。
2011年1月からお伝えしてきました
『チャクラ・ハーモニー』は
今回が最終回となります。

チャクラについて連載するのは2度目ですが、
「2011年の1月〜」というタイミングで
お伝えしたいと思った理由を
part1に書きました。

私自身も含め、お客さまおひとりおひとりの
“チャクラの変化”を感じていたからです。

イメージ

 

特にクラウンチャクラ、「第3の目」といわれる第6チャクラ、
ハートチャクラ…そして、オーラ全体の変化を感じ、
今、起きているといわれる地球全体のエネルギーシフトとも
連動しているのだな…と確信し始めたのです。
それと同時に、お客さまからチャクラのことを
聞かれることも多くなっていました。

そこで、今、私たちにどのような変容が起きているのか、
“チャクラ”を通してお伝えしたいと思いました。
イメージ

その変容は、私たち人間だけではなく、地球上のすべての存在に、
また、地球という星自体にも起きているといわれています。
自分や他人はもちろん、動物や植物、鉱物に至るまで…
地球上のありとあらゆる存在や地球が
いっせいに変化している真っ最中ということです。

特に、昨年の地球全体の変容は
予想よりはるかに早いスピードで進んだといわれました。

皆さまの中でも、
以前は“変化・変容”というキーワードがピンとこなかった方も、
この1年の間に「今はそういう時なのかも…?」と
感じ始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

変容には“開放”や“浄化”が必須ですから、
プロセス中は、大なり小なりしんどい感覚を覚えることがあるでしょう。
また、自分だけがしんどい思いをしているような錯覚に陥り、
深い孤独感を味わうこともあるかもしれません。

そこで、今、大切なのは、
自分の変容に気がつき、それは自分だけでなく、
皆に起きていることなのだということを知ること、
そして、できるだけハートを開いて
お互いの変容をサポートしあうことではないかと思います。

また、そうしていくことによって、
より深い部分でハートが開き、ひとりひとりの変容が
どんどん進んでいくのではないかとも思うのです。

そこで、2012年初めのNatural beauty & healing情報であり、
『チャクラ・ハーモニー』の最終回でもある今回は、
“私たちの変容”をテーマに、
変容とはいったい何か?
この時期をどのように過ごしていけばよいのか?…
今、私が思っていることをお話したいと思います。

何となくでも、ご自身に「変化が起きているかも?」と
感じていらっしゃる方はもちろん、
特に感じてはいないけれど、
最近よく聞く話だから興味があるという方、
あまり興味はないけど…という方にも
お読みいただけるといいな…と思っています。

 

<私が“アセンション”に興味を持った理由>

さて、チャクラの変化も含め、
今、私たちの身に起きていることは
“アセンション・プロセス”だといわれています。

この“アセンション”という言葉、
以前よりは、よく聞かれるようになりましたね。
「興味がある・ない」に関係なく、
耳にしたことがある方は多いのではないかと思います。
でも、それがどういうことを意味するのかは、
知らないという方も多いでしょう。

そのことをお伝えする前に、少し私の話をしますと…

実は、7〜8年くらい前までは
まったくといっていいほど興味がありませんでした。
2000年頃から、自分自身の変化は感じていて、
スピリチュアルな考え方、それを生きる礎にすることには共感し、
もっと理解を深めたいと思ってはいましたが、
“スピリチュアルな生き方”と“アセンション”は、
つながらなかったのです。

もっといえば、
「起こるかどうかもわからない先のこと=地球のアセンション」に興味を傾け、
そこに力を注ぐのは、
目の前の現実と向き合っていないことのように捉えていました。
それゆえ、そのこと(アセンション)について
知りたいとも、調べたいとも思ってはいませんでした。

ところが、その考えが急激に変わる時がやってきます。
ある時、世の中全体の変化…というか、
大きな磁場の変化のようなものを肌で感じました。
それは、2008年の1月のことでした。

よくわからないけれど、
これまで感じたことがないような…
今までとはまったく違う“質”のエネルギーが
満ち溢れているような…そういう感覚を覚えたのです。

最初は「気のせいかな?」と思ったものの、
その不思議な感覚は何日も続き…
「これは、絶対何かが起きている…一体、何だろう?」
胸のあたりがザワザワしたことを覚えています。

そして、その「何だろう?」の謎を解きたいと思い、
調べていくうちに行き着いたのが…
“アセンション”でした。

天使のことをお話した時にも書きましたが、
“実際に自分で見た時、感じた時”ほど
思い込みが払拭される機会はありません。
それまで興味を持てなかった
“アセンション”について
思いがけず、積極的に調べるようになっていきました。

イメージ

 

4年前は今ほど文献がありませんでしたが、
その頃、大いに役立ち、今も参考にしているのが、
大天使アリエル&タシラ・タチ-レン著『ライトボディの目覚め』
(かつてのタシラ・タチ-レン、現在のアライア・ズィオンドラがチャネリングし、
 “大天使アリエル”からのメッセージとして受け取ったもの)です。
以前にもお話しましたが、
数年前から持っていながら“タンスの肥やし”になっていた、あの本です(笑)。

そこに載っていた地球の変容の経緯、
ひとりひとりにあらわれる変化の経緯は、
驚くほど自分の変化、感じた磁場の変化とピタリと合いました。

また、地球や私たちの変容(アセンション・プロセス)は
数万年前から何度か臨まれてきたことだということや
今回の変容は1988年頃から始まっていたということ、
そして、それが地球や私たちにとって
非常にポジティブなことだということにも納得。

そこで初めて、私が肌で感じた不思議なエネルギー変化は
地球全体のエネルギーシフト…
アセンション・プロセスなのかもしれない…と思ったのです。
イメージ

さらに、その当時、気になっていた
『2000年頃から時代が“魚座の時代”から
“水瓶座(アクエリアス)の時代”に移行している』(※注)
ということとの関連にも気がつき始め…
私の中でバラバラだった
『2000年頃から感じていた自分の変容』
『水瓶座の時代』『スピリチュアル』『アセンション』という
パズルのピースがピタッと合わさりました。

それは、胸のつかえがストンと落ちた瞬間であり、
自分の中で何かが勢いよく流れ始めたような…
これまた不思議な感覚を覚えた瞬間でもありました。

(※注 西洋占星術でいわれていることで
「水瓶座の時代」というのは、“春分点”が水瓶座にある時代ということ。
西洋占星術では、春分点は1つの星座の中を2,000〜2,100年かけて進み、
その期間中は各星座によって象徴される特性が
各時代の精神に色濃く反映されるという見方があります。
そして、西暦2000年頃を境に「魚座の時代」から
「水瓶座の時代」に移行したとされ、
それまでの魚座の時代の特性である
「自己犠牲」「権威」「拡大主義」などから
現在は、水瓶座の時代の「変革」「博愛精神」「自由」「平等」
「人のつながり」などの特性が反映される時代に
大きく移行しているといわれています。)

あれから4年…

現在は、“アセンション”についての情報があふれ、
様々な説やあらゆる解釈が世に送り出されています。
そこには、「2012年に地球や人類は滅亡する」というような
かなりドラマティックに描かれた終末説なども含まれています。

それは、現在の金融・経済危機、大規模な災害と
地球温暖化などの環境問題、テロなど凶悪犯罪の増加…
あらゆる社会不安が背景にあり、
3次元特有の物質主義的な考え方や競争意識などの限界を
感じ始めているからこそ…なのかもしれません。

イメージ

ただ、知ることによって
“アセンション”からは程遠い
“不安”や“恐れ”という
次元の低い感情に振り回され、
自分たちの変容が遅くなったり、
止まったりしては本末転倒です。

もちろん、今の時点では、
何が真実かは誰にもわからないことではありますが、
“アセンション”について知れば知るほど、
「いつ、どこで、何が起きるか?」を気にするより、
「今、自分がどのように生きているか?」に
意識を向けることの方が
ずっと重要なのだとわかりました。

だからこそ、情報を参考にする時は、
すべてを鵜呑みにはせず、
まずはしっかり地に足をつけた状態で
自分自身のハートに響くもの、フィットするものを
取り入れることが 大切なのではないかと思います。

…ということで、
今回お伝えする
変容プロセス=“アセンション”についても
私なりに理解したことになります。
皆さまのハートに、
何かしらフィットするようでしたら、
参考にしていただければ幸いです。

 

<“アセンション”とは?>

そもそも英語の“Ascension(アセンション)”は、「上昇」という意味です。
キリスト教で“The Ascension”というと、
“イエス・キリストの昇天”を意味するそうですが、
ここでいう“アセンション”とは、
地球と地球上の存在の“次元上昇”
人類の“意識の進化”という意味合いで使われています。

それは、地球や地球上の存在の
エネルギーフィールドの次元を上げることであり、
以前のNatural beauty & healing情報
「2010年3月 波動アップとローズ・デトックス」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty1003.html
でもお伝えしたように、“波動をあげる”ということです。

人間でいえば、誰しも持っている肉体とエゴ、カルマを超えて
肉体・感情・思考・魂…あらゆるレベルできれいになっていくことであり、
その結果、3次元以上の存在にシフトしていくということ。

そのプロセスにおける今回のアセンションは、
“3次元に存在している地球と地球上の存在が、5次元に上昇すること”
を指しています。

また、地球の波動があがることによって、人間の意識の進化が促され、
人間の意識が進化していくことによって
地球の波動がどんどんきれいになっていく…というように、
地球という星と私たち人類は、お互いに影響しあいながら、
アセンションに導かれると考えられています。

 

<アセンションの時期>

「いつ」ということには、
あまりとらわれないでいただきたいのですが、
ただ、このことをお話している今が2012年ですので、
お伝えしておきます。

エネルギーシフトがもっとも高まる時期は、
「2012年」というのが大半の予想です。

それは、“マヤ暦”が2012年の冬至の頃で終わっているということ、
高次元の存在とのチャネリング(※注1)や
アカシックレコード(※注2)のリーディングなどで
得た情報が根拠となっています。

(※注1 人を介して霊的な存在や多次元的な存在から
メッセージや情報を得ること。)

 

(※注2 人類全体や個人の過去・現在・未来の出来事が
すべて記録されている異次元の貯蔵庫のこと。
エドガーケイシーなど偉大な預言者たちは、
アカシック・レコードから様々な情報やインスピレーションを
受け取っていたといわれています。)

その中でも、“2012年アセンション説”に
大きな影響を与えているのが“マヤ暦”です。
それは、マヤ文明が栄えていた
紀元前2000年頃から古代マヤ人たちが使っていた暦のこと。

古代マヤ人たちは、高度な天文学と数学によって
天体の動きを正確に観測していたといわれています。
彼らは「歴史は一定の周期で繰り返す」という歴史観を持ち、
世界は“第1の太陽の時代”から始まり、過去4回は滅んだとして
今の世界は5番目の世界で“第5の太陽の時代”としています。
イメージ

いくつかのマヤ暦を用いていたようで
その中のひとつである長期暦が
「2012年の12月21日で終わっている」というところから
現在のアセンション説につながっています。

ただ、「地球と人類の滅亡説」は、
マヤ暦が曲解された形で取り沙汰されたことのようで
当時から現在に至るまでのマヤの人たちが
知らないところでなされた解釈だそうです。

CR&LF研究所編著『やさしくわかるアセンションナビブック』によると、
現在、マヤ民族のもとに、世界各国のマスコミから
問い合わせが殺到しているそうですが、
今のマヤの長老であるドン・アレハンドロさんは、
その度に「マヤ族はそのような予言をしたことがない」とし、
「西洋のマスコミが勝手に作った話で、
終末説は人々を不安にさせるだけだ。」と答えているとのこと。

同誌に『スターピープル 2008年Vo.26』の記事として
ドンさんのこんな言葉が載っていました。

マヤに残された偉大な予言のひとつに、このような言葉があります。
“13バクトゥン13アハウの時(現代のこと)とは、叡智が戻ってくる時である”。
その時には、叡智をもった先祖が戻ってくる。
それは、地球の滅亡などではなく、新たな時代(太陽の第6期文明)の到来です。
この新たな周期では、争いも貧困もなく、人々は愛でつながります。
国境もパスポートもなく、自由に私たちは世界を行き交います。
いま、まさにその時がきました。
世界のすべての人類が再び集う時がきました。
先住民や一般の人、すべての人々がお互い理解しあう時がきました。」

こちらを読む限りでは、マヤの人たちは、昔も今も
マヤ暦の区切りは「地球や人類の終わり」ではなく、
「新しい太陽の時代」「新たなサイクルの始まり」であり、
それとともに、人類が新たな霊的な時期に入ることを示唆している…
という捉え方をしているように見えます。

ただ、世界中にマヤ暦を研究している人たちがいて、
マヤ暦と太陽周期の関係から
2012年に地球規模の異変が起きる可能性を説いている人や
マヤ暦は天体の運行と関連してはいるものの
人類の意識進化の段階やプロセスをあらわしたものだと捉え、
「マヤ暦は、地球文明と人類の意識の変遷を記した“宇宙計画書”」
と解説している人もいます。

その他、“2012年アセンション説”には
地球が光の帯であるフォトンベルトに入ることによる影響説や
地磁気反転、日本の“日月神示”のご神示など…
あらゆるものがありますが、
終末説以外の説で共通しているのは
「ある周期が完結し、それにより、人類や地球、宇宙全体の新たな時代が始まる」
という見方です。
イメージ

いずれにしても“説”ではありますが、
それぞれに根拠があり、興味深いものではあります。

 

<“次元”について>

さて、今回の“アセンション”は、
“3次元から5次元へのエネルギーシフト”を指しているとお伝えしましたが、
ここで“次元”について触れておきましょう。

一般的に、私たちは今、3次元という「縦・横・高さ」の
立体的な物質世界に生きているといわれ、
これに「時間軸」を重ねると4次元、
それにさらに新たな次元への軸が増えていくと
5次元、6次元…となるといわれています。

3次元にいる私たちから見ると、
「多次元の世界なんて本当にあるの?」と思ってしまいますが、
3次元以外の世界があることは、科学でも証明されています。

2007年にノーベル物理学賞を受賞した
小林誠博士と益川敏英博士が示した理論が
私たちがいる3次元の世界とは別の世界があることを証明し、
米ハーバード大学の理論物理学者リサ・ランドール博士は、
「宇宙には次元が無限に存在する可能性がある」と提唱したそうです。
「5次元空間は、私たちから遠く離れているわけではなく、
すぐそばに存在するのかもしれない。
ただ、上手く隠されているので、私たちの目には見えないだけだ。」
と発言し、注目されています。

何次元まであるのか、それがどういう世界なのか…
科学の領域においては
詳しいことはまだまだ未解明で
これからの研究次第なのだとは思いますが、
「目に見えること、科学で証明されたことしか信じない」
逆に「目に見えないことのみが大切」
というような偏った考えに傾きがちな3次元の世界において
“相互理解”という意味で
画期的な発表だったのではないかと思います。

少し話はそれましたが…

その“3次元以上”の世界。
「この世のすべては波動でできている」という観点からすれば、
“3次元より波動が高い世界”ということになります。

“波動が高い”というのは、
“バイブレーション(振動数)が高い”ということ。
純粋であればあるほど、バイブレーションは高く保たれます。

“波動が高い世界”といっても、
体感したことがないからわからないと思われるかもしれませんが、
普段、私たちは、そのバイブレーションを感じています。

美しいものや美しい光景を見て、涙が出るほど感動したり、
心ある温かい言葉に、感謝の気持ちや深い愛を感じたりすることは、
どなたでも経験があるでしょう。
イメージ

それは、まさに高いバイブレーションを感じ、その波動と共鳴し、
自然と感動を覚えている状態。
つまり、高いバイブレーションは、誰もが感じることができるものなのです。

では、“3次元より波動が高い世界”とは、
具体的にどのような世界でしょうか?

簡単にいえば、“光の世界”です。

物質界のあらゆる制限の中、分離されている“個”の世界ではなく、
時空を越え、自由で制限のない
“すべてはひとつ”に統合される世界へ向かう
とても心地よい世界と言えるでしょう。

前述の『ライトボディの目覚め』に
私たちが存在する“3次元”からすべてなるものの創造主
(この世にあるすべてのものを創った存在。“神”とも呼ばれる)
が存在する“12次元”までの次元モデルが載っていますので、
ここに掲載させていただきます。
とても丁寧に書かれていますから、是非、参考にして下さい。

多次元の世界(3次元〜12次元)〜
 

 

(“大天使アリエル”からのメッセージ形式なので、“私”は大天使アリエル、“あなた”は私たちのことです。)

『3次元』はあなたがたの肉体が存在するところで、“物質”に基いた次元です。

『4次元』は、いわゆる“アストラル界”というもので、
大まかにいえば、“感情”を基本とする次元です。
これら(3次元と4次元)をまとめて、
私たちは「低位クリエーション界」と呼んでいます。
これらの次元においては分離のゲームが実演されます。
「善と悪」という観念が存在するのは、3次元・4次元の2つの次元のみです。
そしてこの幻影によって、あなたがたはお互いに、
または自分自身のスピリットから「引き離された」と感じさせられるのです。
また、ここにあなたがたのカルマ・パターンのほとんどが蓄積されています。
(中略)

私たちの用いるモデルでは、5次元から9次元までは
「中位クリエーション界」と呼ばれています。

5次元』は、ライトボディの次元であり、マスターとしての、
また多次元的な存在としての自己に目覚めています。
5次元では、完全にスピリチュアルであることが第1になります。
あなたがたはの多くは、この次元からライトワーカーとなるために
ここにやってきました。

『6次元』には、人類を含めたすべての種の創造のための
DNAパターンのテンプレートが存在します。
ここはまた「光の言語」がたくわえられている次元で、
たいていは色や音色によって形成されています。
意識が思考を通して創造する次元であり、あなたが眠っている間に
働いている場所のひとつといわれています。
ここに焦点を合わせようとするのは難しいかもしれません。
というのも、そこでは自分でつくりあげると選択しないと
体がもたないからです。あなたが6次元的に機能しているとき、
「生きた思考」というものに近くなります。
意識によって創造しますが、その意識を乗せる車をもつ必要はないのです。

『7次元』は、簡単にいえば、純粋な創造性、純粋な「光」、純粋な音色、
純粋な幾何学形、そして純粋な表現です。
これはかぎりない純化であり、あなたが“個人”としての認識を
持っていられる最後の次元です。

『8次元』は、集団意識やグループソウルの次元です。
そこでは、だれであるかという広大な部分の根幹に触れます。
「私」という感覚がなくなるのが特徴です。
あなたが多次元的に旅をするとき、
自分の意識をまとめているのが大変になるのは、たいていこの次元です。
なぜなら、私たちは純粋に「私たち」として存在し、
集団のゴールに向けて活動しているからです。
ですからほかの人から見ると、あなたはまるで眠ってしまったか、
失神したかのように見えることもあります。

私たちが用いるモデルでは、
『9次元』は、惑星や恒星系、銀河、次元の集合意識の世界です。
もし、あなたがこの次元を訪れたなら、
意識を保つのが難しいかもしれないとされています。
いま一度いいますが、「私」という感覚をもつのが難しいのです。
なぜかというと、私たちはあまりに大きく広がっているために、
すべてが「あなた」だからです。
銀河の意識になっているところを想像してみてください。
あらゆる生命体、すべての星、惑星、そしてどんな種族の集合意識も
みんな自分の中にあるのです。

10次元から12次元は、「高位クリエーション界」を形成しています。
『10次元』は光線の源で“エロヒム”と呼ばれる存在
    ( ヘブライ語で“神”の呼び名のひとつ。
根源に一番近い次元層にあって、すべての天使をまとめていると
いわれる24の存在)

の住む場所です。
ここで新たな創造の計画がデザインされて、「中位クリエーション界」へと
送り込まれます。このレベルでは、「私」という感覚はありますが、
あなたがたが馴染んでいる3次元での「私」とはまったく違います。

『11次元』は、形をなす前の「光」の次元、すなわち創造の一瞬前です。
ここは“メタトロン”と呼ばれる存在 (大天使メタトロンとして知られる。
思考を司り、アセンションの分野では崇高な存在であるとされている)
や大天使たちの世界で、そこにはこの「根源体系」以外のアカシック・レコードと
ともに惑星と銀河のアカシック・レコードも存在しています。
あなたがたがいるこの宇宙は、たくさんある「根源体系」のうちのひとつです。
もしもあなたが別の「根源体系」に行けば、
その経験はまた違ったものになります。
大天使のひとりとして、私もこの11次元にいます。
イメージ

『12次元』は、「ひとつなるもの」の地点であり、あらゆる意識が
「すべてなるもの」と完全に一体になっています。
どんなものであれ、分離はまったく存在しません。
もし、あなたがこのレベルに踏み入ったら、創造主の力とともに
「すべてなるもの」と完全に一体化することを知ります。
ここに浸った場合、あなたは2度と同じではいられません。
なぜなら完全なる統合状態を体験してしまったら、
それまでと同じような分離などとうてい維持できないからです。

以上、大天使アリエル&タシラ・タチ-レン著『ライトボディの目覚め』より
抜粋させていただきました。

上記の次元モデルに示されている通り、
3次元から12次元への旅は、私たちの意識を
“分離”から“統合”へと進化させる旅です。

そして今回、私たちが目指している
“3次元から5次元への旅”も、その中のひとつのプロセスです。

“物質に基づいた3次元から、マスターとしての、
また多次元的な存在としての自己に
目覚めているライトボディの5次元へのシフト”を
目指しているということになります。

ここでいう“ライトボディ”とは、“高次元の光の身体”のこと。

そもそも、私たちは“5次元のライトボディ”を
不活性なまま持っていて、エネルギーの流れのある部分をブロックすることで、
肉体が活性化しないように防いでいるといわれています。

今、その制限が解き放たれ、
自分の“ライトボディ”を活性化させつつあるため、
実際に私たちのエネルギーフィールドやチャクラは、
どんどん変化しています。

では、どのように変化しているのか、
今回の連載の中でお伝えしましたが、簡単におさらいします。

 

<エネルギーフィールド(サトルボディ)やチャクラの変容>

地球の変容、人間の変容に伴い、
今、私たちのエネルギーフィールドやチャクラに起きていることは
体内の7つのチャクラや変容のためのキーポイントチャクラが徐々に開き、
個々のチャクラの円錐が球状へ変わりながら、
ハートチャクラが深いところからきれいに開花し、
すべてのチャクラがハートの中心から流れ出て
“愛のエネルギーの周波数”で機能していく…という変化です。

つまり、ハートチャクラを中心とする
“1つの融合チャクラ”へと進化しているということ。

そして、そのチャクラのグリッドを、
地球も含む宇宙全体に張り巡らされている
“アクシオトーナル・ライン”という光のラインと結びつけることによって
チャクラは、高次に進化した宇宙的な共鳴のグリッドや
波動に接続されるといわれています。

これこそ、“ライトボディが活性化されるプロセス”であり、
“アセンション・プロセス”のひとつです。

幻想的芸術家であるアレックス・グレイ氏による
『セークレッド・ミラーズ(聖なる鏡)』という作品の中に
多次元的に見たエネルギーフィールドが描かれたものがありますので、
こちらを参考にしながら、上記の様子を想像してみて下さい。

サイキック・エネルギー・システム
1
スピリチュアル・エネルギー・システム
2
宇宙的マインドのラティス
3

1のタイトルは“サイキック・エネルギー・システム”。
これは、人体の解剖学的構造と結びついた様々なチャクラや経絡システム、
エネルギー交流などが描かれています。

2のタイトルは“スピリチュアル・エネルギー・システム”。
ここでは、肉体の解剖学的要素が薄まり、エネルギー交流や
主要な光のラインなどが重点的に描かれています。
これは“アクシオトーナル・ライン”と
“融合チャクラ”を通して一体化したエネルギーフィールドをあらわしています。

3のタイトルは“宇宙的マインドのラティス”。
ここに描かれているのは、物理的な肉体から一段と離れた視点から見た
宇宙とつながる光のラインです。
まさに、多次元的な観点からその様子を見たのがこの3です。

3次元の肉眼では見えないことですが、
多次元的に見れば、このような状態になっていく変化が
私たちひとりひとりの身に起きているということです。

そして、その変化のスピードをあげることができるものは…ひとつのみ。
私たちの“意識の進化”です。

ということで、次の項では、
私たち人間のアセンションにとって
もっとも大切な“意識の進化”についてお伝えします。

 

<“意識の進化”について>

先ほども触れましたが、
アセンションを研究している多くの人が
“アセンション”とは、地球にとって、私たち人間にとって
『新たな時代の幕開け』と述べています。

予言者であり、リーディングの先駆者である
エドガーケイシーもそのひとりですが、
彼はこんな言葉を残しているそうです。

あなた方は新しい時代の一員として参加しているだろうか。 
それとも空しく時を過ごして、
全時代の遺物として居残るのだろうか。
それともあなたの兄である主、
あなたの救い主にすら頼られる者となるだろうか。」

新しい時代が来たとしても、
ひとりひとりが“全時代の遺物として居残る”のでは
意味がないということをケイシーは伝えたかったのでしょう。

つまり、私たち人間にとって大切なのは、
今まで執着してきた古いものを手放し、新しいものを積極的に取り入れ、
自分自身が新しく進化するということ。
イメージ

では、ケイシーの言うように、
新しい時代の一員として、新たな時代に参加するには、
どうすればよいのでしょうか?

それは…“自分の意識を進化させること”です。

そもそも私たちの波動は、
“自分の意識”で作り上げられていますから、
その波動を高くしていき、アセンションできるか否かは、
ひとりひとりの“意識の進化次第”ということになります。

つまり、私たちが5次元にシフトするには、
要らない3次元的な思い込みを開放していき、
5次元的な意識に変換させる
“意識の進化”が必要となるということです。

それは、どのような進化かというと、
最終的には、私たちの意識を“分離”から“統合”へと変換させることであり、
3次元から5次元へアップするのも、そのプロセスになります。

簡単にいえば、
“自分さえよければいい”という意識から
“自分も含めた世界中のみんなが
 良い方向にいったら最高だなぁ”という意識に変わること…
つまり“自分”という“個”から
“自分も含めたみんな”という“すべてはつながっているひとつ”へと
意識が移ることです。

3次元の世界では、
私たちは“肉体”という“個”の物質を持っていて、
自分と他人の境界線をきっちりつけ、
“別々の存在”という意識を強くもって生きています。

善悪で判断し、他人を批判したり、争って優劣をつけたり、
他国を敵視し、あらゆる理由で差別したり…
動物を人間よりも下のように扱ったり…
大自然をぞんざいに扱い、どんどん壊したり…

それらはすべて、分離している“個”としての意識から生まれるもの。

つまり、他人も他国の人も、動物も、植物も、
自分とはつながっていない“別の存在”として捉える意識から
生まれているということです。

もちろん、そこから学ぶことがあるからこそ、
私たちは、わざわざその意識を体験しているのですが、
アセンションの最終地点は、
“分離”ではなく、“統合”し、“調和”する世界。

自分や他人、他国の人や動物や植物…
肌の色や言葉の違い、老若男女、動物も植物も鉱物も関係なく、
すべてがつながっていて
そのすべてを愛の心で包み込む世界です。
イメージ

そんな夢のような世界が存在するの?…
と思われるかもしれませんが、
5次元以上の世界では、それは普通のことのようです。

以前にお伝えした天使や女神たちのことを思い出して下さい。
彼らも5次元以上の存在です。

何の見返りなく、
私たちに惜しみない愛を送り、たえずサポートしてくれるのも
彼らが“すべてはひとつ”という統合&調和の感覚を持ち、
愛の心で包み込むことが当たり前の世界にいる存在だからではないでしょうか。
(天使や女神については以下をご参照下さい。)

「2009年12月 天使について♪〜基礎知識編〜」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0912.html
「2010年1月 天使について♪〜守護天使・大天使編〜」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty1001.html
「2010年2月 天使について♪〜天使とのつながり編〜」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty1002.html
「2010年11月 自分の中に宿る“女神性”を呼び覚まそう♪part1」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty1011.html
「2010年12月 自分の中に宿る“女神性”を呼び覚まそう♪part2」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty1012.html

とはいえ、私たち人間も、
魂レベルにおいては、すべてがつながっている
“統合”の世界を覚えているのかもしれません。

なぜなら、私たちがこの世での学びを終え、
あちらの世界に帰り、そこからも長い旅を経て
最終的に行き着くところは“ひとつの大きな集合体”だからです。

つまり、自分も他人もひとつの集合体の中に帰り、統合されるということ。
そこには境目がなく、“個”という概念はないといわれています。
その世界では、“別”はなく、すべてが自分の一部なのです。

そこから私たちの魂は、たくさん波動を下げて
3次元の世界にやってきています。

そう考えると、私たちの“意識の進化”とは、
肉体を持った人間としての進化であるのと同時に
“魂の感覚を思い出す”ということなのかもしれないな…とも思います。

では、どのように過ごしていけば
肉体を持ちながら“個”から“統合(すべてはひとつ)”へと
意識を進化させること、
また、魂の感覚を思い出すことができるのでしょうか?
イメージ

残念ながら、一足飛びに進化できるような特別なことはないでしょう。
それでも、私たちは、小さいけれど確実なステップで
進化していくことができます。

それには、2つの鍵があると私は思います。

1つは、私たちが大事に持っている
“3次元特有の観念=分離意識”を解放すること。
そしてもう1つは、
自分の中にある“5次元的な感覚=統合と調和の意識”を広げていくことです。

まずは、解放すべき“3次元特有の観念=分離意識”というと…

善悪で判断する、損得で考える、他人と比べる…
優越感・劣等感を抱く、無価値感・罪悪感に苛まれる…など。

普段、普通にやっていることや思い癖などを含めると
さらに多くのことがあるかもしれませんが、
それらは、すべて分離した“個”の意識がもたらすもの。
まずはこれを手放していきましょう。

次に、広げていきたい“5次元的な感覚=統合と調和の意識”というと…

愛、至福感、調和、真の豊かさ、喜び、光…

これは、実は私たちの中にたっぷりあるものです。
それをムクムクと広げてゆくよう、日々意識して心がけていきましょう。

今回の連載の中でお伝えしてきた各チャクラを活性化するワークは、
この意識の進化につながるものですので、
是非、お試しいただきたいと思います。

それともうひとつ、日々心がけたいこととして
“3次元的な観念を解放すること”を3つ、
“5次元的な感覚を広げること”を3つ、
全部で6つのポイントにまとめてみました。

是非、ご自分に必要だと思うことを毎日少しずつ心がけてみて下さい。

 

〜“3次元特有の観念=分離意識”を解放する〜

  • “善悪”で判断するのをやめる

    “善い・悪い”という二元性の意識は、3次元特有のものです。
    たえずその意識があると、
    自分のことも他人のことも裁くことが癖になるでしょう。
    これまでの私たちはそうでしたね。
    でも、それをできるかぎりやめてみる…
    そして、善悪だけで判断しないことを癖になるまで続けていると、
    次第に物事や人の見方が変わってきて、
    自分自身が「何となく楽になった…」ということに気がつきます。
    そうなると、“善悪”の意識が
    いかに自分を苦しめていたのかがわかるでしょう。
    その時、私たちのハートには大きな変化が起きています。

  • “損得”で考えるのをやめる

    損得を考えるのは、エゴがなせるワザ。
    “自分さえよければいい”“自分が一番得をしないと嫌だ”
    という、これまた3次元特有の意識です。
    これまではそれでもよかったかもしれませんが、
    これからの時代は、そうはいかないでしょう。
    “損得”を念頭に選択していくと、
    本来の自分は選択したくない方向、
    今世で輝くことができない方向へ進んでしまうかもしれません。
    もちろん、そこにも学びはあるのだとは思いますが、
    そろそろやめてみる時でしょう。

  • “シリアス”になり過ぎるのをやめる

    3次元の世界では、ネガティブにしか思えないことが起きると、
    世の不幸を全部背負ってしまったかのごとく、悲しみにうちひしがれます。
    でも、高い次元から見れば、私たちの身に起こることはすべて必要なこと。
    “自分自身の成長とバランス”のために起きていることであり、
    すべては“経験”でしかありません。
    シリアスになりすぎていると思ったら、
    「私ったら、またシリアスに考えすぎちゃって…笑えちゃうなぁ!」
    と肩の力を抜いてみましょう。
    それがクセになると、楽になると思います。

 

〜“5次元的な感覚=統合と調和の意識”を広げる〜

  • “ポジティブな思い・言葉”を発する

    「自分が思うこと、発することが現実を創っている」ということは
    以前から言われていましたが、
    現在、私たちのいる地球は、すでに4次元に移行しているといわれ、
    その“現実化する速さ”がさらに加速し、引き寄せの力も強くなっています。
    周波数の高いポジティブな思いや言葉は、今まで以上に
    多くのポジティブなものを引き寄せますし、またその逆も然りです。
    是非、意識して発信する思いや言葉はポジティブで
    明るいものにしてみましょう。

  • “至福感”を養う

    “至福感”こそ、高い次元の感覚そのものです。
    それは、外側からではなく、自分が内側から満たされること。
    人は、意外と楽しむことに罪悪感を抱いたりしますが、
    楽しいことを心底味わっている時、私たちは高い波動と共鳴しているのです。
    本当は自分は何が好きなのか?何がしたいのか?
    どうしたら自分の内側が満たされるのか?…
    人からの賞賛、周りや世間の声に惑わされず、
    ご自身の内側に聞いてみて下さい。
    そして、至福感をどんどん感じてゆきましょう。
    イメージ

  • 日常に“ユーモア”を取り入れる

    「やめてみる」の中の「シリアスになり過ぎること」とも関連していますが、
    日常にユーモア・笑いを取り入れると、わりとたやすく
    重たく澱んだ感情を一気に解放することができるでしょう。
    例えば、自分の失敗談を笑いに変える、ユーモアを交えて話をする、
    どのようなことも“笑い”に変えることで
    高い次元のパワーが湧いてくるでしょう。
    “笑い”の力は絶大なのです。
    前述の『ライトボディの目覚め』の中に“笑いへの祈り”という祈りがあり、
    私は、「笑いは、とても神聖なもの、笑いは真理」
    というフレーズが気に入っています。
    “笑いへの祈り”は最後に乗せておきますね。

以上の6つは、とてもシンプルなことですが、
わかっていても、これがなかなかできないのよね…
という方も多いと思います。

でも、これはすぐにできるようになることが目的ではなく、
心がけのエネルギーを積もらせていくのが目的です。
なぜなら、意識もエネルギーだからです。
意識のプラスのエネルギーがどんどん積もっていくうちに
自分が徐々に変化していることに気がつくでしょう。
イメージ

例えば、どんなことも善悪で判断し、イライラしていたことが
同じようなことが起きても何とも思わなくなったり…
物事や人を批判しなくなったり…
まずは、自分が少しずつ楽になると思います。

そうなると、自分の波動が変わってくるので、
シンクロニシティ(偶然の一致、その時々の自分に必要な偶然)が増えたり、
出会う人や事柄に変化が生まれたりして…
自分の中の幸せ感、至福感が開花してくるでしょう。

どのような状況でも、何となく幸せ感を感じる…
そうなった時、自分の波動がポンッとあがったことを
実感されるのではないかと思います。

そうです。
人間の“次元上昇”とは、そういったものです。

あれほどシリアスに考えていたことが
「ただの経験のひとつなのだ」と思うことができるようになったり、
苦手だなと思っていた人がそうでもなくなったり、
赦せない!と思っていたことがどうでもよくなったり…
日常の生活の中で特別なことをしていなくても
「何だか…楽しい!?」と思うようになったり…

とにかく、自分がとても楽になったと感じた時…
それが次元上昇した自分を実感する時なのです。

ただ、その旅は行ったり来たり…を繰り返すでしょう。
アセンションと、その反対のディセンション…
アップ・ダウンを繰り返すはずです。
昨日、「ああ、楽になったなぁ。波動があがったかなぁ。」
と思っても、今日は「戻ってしまったかも!?」と思ったり…。

何世にも渡る、とてつもなく長い時間、
何の疑いも無く、3次元の“分離意識”の世界で
生きてきた私たちにとって、ディセンションは当たり前のこと。

どうぞ、アップ・ダウンは気にしないで下さい。
その行ったり来たり…の時期を少し越えると、
「あれ?アップしたままかも?」という時が必ず来るはずです。
それは、あらゆる場面で気がつくでしょう。

そして、その姿は、実は“本当の自分”。
その姿こそが、ハイヤーセルフとつながった状態の
“真の自分”なのだということにも
気がつくのではないかと思います。
イメージ

是非、変容を恐れず、しっかりと受け入れ、
「今、自分は変化の流れに乗るのだ」と意図してみて下さい。
また、他人の変容も受け入れ、尊重しましょう。
受け入れること、尊重すること、意図することによって
エネルギーは変換可能なのです。

トム・ケニオン&ヴァージニア・エッセン著
『ハトホルの書』にこのようなことが書かれていました。

あなたの思考や感情がどういう状態であっても、
自他をともに受け入れる姿勢を保つことができれば、
そのことが意識の中に共鳴を起こします。

そうした振動エネルギー場が、相手に影響すれば、
相手も変わる可能性がありますし、
あなた自身にいたっては間違いなく変わります。

そして、新たな共鳴振動を有するようになり、
これこそ、“アセンションしたありかた”ということができるでしょう。
(中略)

自分もほかのすべての存在も赦し、受け入れるという
このアセンションしたありかたは
まことの高次波動をもたらし、低い波動を帯びていた時には
達成できなかった新たな選択と結果が得られるようになるのです。」

 

<『ライトボディの目覚め』の祈り >

前述の『ライトボディの目覚め』の中には、
“ライトボディ”へ向かう12段階と
各レベルの肉体的、感情的、精神的な変化の様子や
その詳細が書かれている項があり、
変容の真っ最中でしんどさを覚えた時に
参考にできるのではないかと思います。

また、そんな私たちの「アセンションをサポートしたい」と、
大天使という高次元の存在たちが
サポートしてくれていることがよくわかる本です。
この機会に、高次元の存在にサポートを
お願いしてもよいのではないでしょうか。
イメージ

ということで…
『チャクラ・ハーモニー』の最終回である今回も
連載の途中から毎回お届けしてきた
『チャクラ融合への祈り』を載せておきましょう。

この祈りは、私たちの変容をあらゆるレベルでサポートしてくれます。
光のバブル(泡)を作り出し、その光のバブルが
私たちにもっともっと広大な波動を取り扱うことを可能にする
力の場のような働きをするとのことで
『ライトボディの目覚め』には欠かせない祈りです。

変容の時はかなりの浄化が必要になり、感情面・精神面で不安的になったり、
肉体にあらゆる症状が出てきたりしますから、
そのような時、この『チャクラ融合への祈り』は強い味方になってくれるでしょう。

いつでも気がついた時に読むとよいとされていて、
それを忍耐強く続けると、2週間以内には『チャクラ融合』といっただけで
融合ができるようになり、4〜5週間続けると融合した状態から
外れないようになるといわれています。

読み終えた後、多次元的にグラウンディングをする方法も
あわせて載せてありますので、是非、これまでお伝えしてきた
肉体内の7つのチャクラと変容のためのキーポイント・チャクラを
意識しながらお試し下さい。

また、今回はあと3つ。
『光への祈り』と『水への祈り』、
そして『笑いへの祈り』もご紹介します。

『光への祈り』は、私たちの融合フィールドを
その位置に固定することを助け、光の吸収量を増大させるそうです。
私が最初にこの祈りを唱えた時、
なぜか、自然と涙があふれてきたことを覚えています。
それは、決して悲しいものではなく、とても幸せな涙でした。
皆さまも読んでみると、その不思議な感覚を
ご理解いただけるのではないかと思います。
イメージ

また『水への祈り』は、
私たちが摂取している食物から光を取り込むのに役立ちます。
食べ物や飲み物に『水への祈り』を唱えてみて下さい。
食べ物もその約75%は水分なので、どのような食べ物・飲み物に対しても
この祈りの言葉を使うことによって
より純粋な光の波動を肉体に浸透させられるようになるそうです。

最後に『笑いへの祈り』は、
<“意識の進化”について>
「“統合と調和の意識=5次元的な感覚”を広げる」でもお話しましたが、
笑いはとても神聖なものであり、真理であるということを説いた祈りです。
ハートがほっこりと温かくなってきます。

これらの祈りの言葉のフレーズは、暗号化されていて、
ひとつひとつの語にエネルギーの層が存在しているとのことですので、
是非、言葉を変えずに唱えてみて下さい。

 

【チャクラ融合への祈り】

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
わたしのハートは開きはじめ
わたし自身が美しい「光」の球へと
広がってゆきます

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしののどのチャクラと 
太陽神経叢のチャクラを
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの眉間のチャクラと
下腹のチャクラを
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしのクラウンチャクラと
ベースチャクラを
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしのアルファチャクラ(頭上約20cm)と 
オメガチャクラ(背骨の下20cm)を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしのメタトロンの波動が
この2つの点のあいだを流れるようにします
アイ・アム(※)、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第8チャクラ(頭の上方)と 
太もも上部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからの感情体を肉体に融け合わせます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第9チャクラ(頭の上方)と 
太もも下部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからの精神体と肉体に融け合わせます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第10チャクラ(頭の上方)と
膝を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからのスピリット体を肉体に一体化させて
融合したフィールドをつくりあげます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第11チャクラ(頭の上方)と
すねの上部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはオーバーソウルを
融合したフィールドに一体化させます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです
イメージ

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第12チャクラ(頭の上方)と
すねの下部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはキリスト・オーバーソウルを
融合したフィールドに一体化させます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第13チャクラ(頭の上方)と
足を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからのオーバーソウルを
融合したフィールドに一体化させます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第14チャクラ(頭の上方)と 
足もとの地面を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしは「根源の存在」を
融合したフィールド全体にゆきわたらせます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
どうかわたしの最高次のスピリットが
ハートの中心より輝き出し
この融合したフィールドを
完全に満たしつくすようにしてください
わたしはこの日1日じゅう「光」を放ちます
アイ・アム、「わたし」はスピリットとひとつです

アイ・アム(I am)…ここでは単に「私は・・・である」
という意にとどまらず、
神でありすべてである自己という意味。
もともとはモーゼが神に名をたずねた時、神が答えたという言葉
『アへィァ・アッシャー・アへィァ(われはわれたるもの)』の英訳
『I am that I am』からきたフレーズ。
神智学では『神我』などとも訳される。
この「祈りの言葉」では、原文の音のパワーと効果を生かすために
『I am』をそのまま用いている。


『チャクラ融合への祈り』を読み終えたら、
多次元的にグラウンディングしましょう。
太い「光」のラインがオメガ・チャクラ(背骨の下約20cm)から発しているのを
イメージして下さい。
それがあなたの背骨に沿ってずっと上昇していき、
そのまま融合フィールドの上層部までつながっていきます。

惑星地球にではなく、あなた自身のスピリットの広大さへと
グラウンディングしましょう。
地球も変異のさなかにあるのですから。
あなたのスピリットがあなたを安定させるのを許しましょう。
あなたのオメガ・チャクラのポイントから、裾広がりのスカートのように
12本の「光」のラインを下方へと伸ばします。
それによってあなた自身を、この惑星ホログラムの平行現実を通して
安定化させるのです。

 

【光への祈り】

わたしは「光」のなかに住む

わたしは「光」のなかで愛す

わたしは「光」のなかで笑う

アイ・アム、「わたし」は「光」によって保たれ
滋養を与えられる

わたしは喜びにあふれて「光」に奉仕します

なぜなら「私」は「光」だから

アイ・アム、「わたし」は「光」です

アイ・アム、「わたし」は「光」です

われはここにあり

アイ・アム アイ・アム アイ・アム
イメージ

 

【水への祈り】

わたしは「命の水」を受け入れます

これを「光の水」と宣言します

この水を体にとり入れるとき

わたしの体を輝かせてくれます

わたしは「命の水」を受け入れます

これを「神の水」と宣言します

わたしは「わたし」であるものすべてのマスターです

 

【笑いへの祈り】

笑いは百薬の長だという
笑いは罪の解毒剤だと言う

笑いは時間の無駄だともいう
私は告げよう、笑いはとても神聖なものだと

この惑星にはたくさんのシリアスな人々がおられ
彼らに「コズミック・ジョーク」はまるで通じない

またある人たちは「宇宙の真理」と呼ぶものを
夢中になって生涯追跡しつづける

けれどわたしは天の上でジョークを聞いた
―笑いは真理なり
そして、おちはいつでも「愛」なのだ
イメージ

 

<最後に…>

昨年の3.11の大震災は、日本だけでなく、
世界中に大きな衝撃を与えました。

繰り返しテレビに映し出される、想像を絶する光景に
胸がしめつけられ、悲しく、やりきれない思いと
大自然の驚異になすすべもなかった私たち人間の無力さに力が抜け、
放射能の危険性に無頓着だった自分自身にも腹が立ち、
それでも、被災地の方々の気丈に頑張っている姿に胸が震え、
心底力をもらい、「自分も何かしなくちゃ!」
と突き動かされる感覚を覚えました。

そして、お互いに助け合う、支えあう、絆を深める…
ということの真の意味や大切さをあらためて実感しました。

ですが、今回は、単に復興すればよい、
教訓を今後に活かせばよい…というものではないでしょう。

「あなた方人間の生き方を根本から考え直す必要があるのでは?」
「何か大切なことを忘れていませんか?」

天からそう言われているような気がします。

人間は、“地球の主”のような顔をし、
大自然や動物たちを大事にも尊重もせず、
生きてきてしまったのですから、
そのメッセージは、重く受けとめなければなりません。

ただ、それは決して“脅し”などではなく、
これからの地球、これからの私たちのことを考えに考え抜いた
“愛のメッセージ”のように思えてなりません。

なぜなら、今、ひとりひとりが本気で自分を変えよう、
この世界を変えよう、変化の波に乗ろう…と思うことができれば、
新たな世界の幕開けに貢献し、立ち会うことができる時だからです。

2012年の今…
ひとりひとりの変容がさらに加速していくことは間違いないでしょう。

まずは、変化していくこと、
自分の意識が進化していくことを認めてあげて下さい。

ハートをゆるめて、認めさえすれば、
私たちの意識は、調和に満ちた5次元的生き方をする方向へ
転換できるはずです。

そして、流れに逆らわず、
時に高次元の存在にサポートをお願いしながら、
今回お伝えしたような
“意識の変容”に関わる日々の心がけや祈りの暗唱、
連載の中でお伝えした
各チャクラのワークなどを味方につけて
肉体・感情・精神(思考)・魂…
あらゆるレベルの変容をどんどん進めていきましょう。

皆さまが、この貴重な体験を経験できる幸せと
皆で共有できる幸せをハートで感じながら、
心豊かに、しっかりと歩んでいかれることを
心よりお祈りしております。

そして、私も頑張ります♪
イメージ

P.S

「もっと知りたくなってきた!」という方へ
以下に掲載した文献を、是非、参考にしてみて下さい。

特に今回、何度も登場してもらった『ライトボディの目覚め』はおすすめです。
上記にも書きましたが、変容の真っ最中でしんどさを覚えた時には
参考にできますし、どんな段階でも役立つと思います。
たくさん載っている祈りの言葉は強力ですので、実際にワークに取り入れてみて下さい。

また、『やさしくわかるアセンションナビブック』もおすすめ。
タイトルは“アセンションの知識初心者用”というようなイメージですが、
情報量の多さにびっくり。知りたかったことが盛りだくさんに書かれています。
世界的なサイキック・チャネラーであるウィリアム・レーネンさんや
神秘家であり、企業コンサルタントでもあるゲリー・ボーネルさんの通訳を
されていて、ご自身も幼少の頃からの神秘体験とご自身の学びを統合した講演や
ワークショップを開催されている大野百合子さん、国際政治評論家であり、
アセンションに関する本を何冊も書いていらっしゃる中丸薫さんなど、
色々な方のお話も伺えます。

さらに、『2012どんな時代が来るのか』は、“アセンション”について
多彩な角度から掘り下げた13のエッセーが載っています。
訳者である菅靖彦さんのあとがきの言葉も印象的でした。
深く掘り下げた説が知りたいという方におすすめの一冊です!

 

<参考文献>
・ライトボディの目覚め  大天使アリエル&タシラ・タチ-レン著
・やさしくわかるアセンション・ナビブック CR&LF研究所編著
・2012どんな時代が来るのか(2012年アセンション・マニュアル) タミ・サイモン編著
・アセンション・ハンドブック トニー・スタッブス著
・こうしてアセンションしよう
  〜スターシードを生み出す光のメッセージ〜  
ドクターテリー・サイモンズ
 &アシュタールプロジェクト著
・ハトホルの書 トム・ケニオン
 &ヴァージニア・エッセン著
・アセンション・スーパーマニュアル  フランツ・ヴィンクラー著
・アセンションのためのワークブック ロナ・ハーマン著
・アセンションであなたの思いは実現する 櫻庭雅文著
TOP
 
copyright(c) since 2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.