mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2011年10月 チャクラ・ハーモニー part8
  〜変容のキーポイント・チャクラ〜

すすきの穂が白くなり、
秋も深まってまいりました。
皆さま、いかがお過ごしですか?
味覚狩りに紅葉狩り、アウトドア・・・
これからは、絶好の行楽シーズンですね。
是非、目で、耳で、鼻で、舌で、肌で…
五感をフルに活用しながら、
秋の深まりをお楽しみ下さい。
急にぐっと寒くなる時期でもありますので、
くれぐれも体調にはお気をつけ下さいね。

さて、チャクラ・ハーモニーも
part8まで進めてきました。
2011年1月から始まった
『チャクラ・ハーモニー』は
今回と次回のあと2回となります。

そして今回は、7つのチャクラ以外の
私たちの変容に大切なチャクラ=
『キーポイント・チャクラ』について
お伝えしていきたいと思います。

ハロウィーン

 

度々お伝えしていますが、私たちの変容は以前にも増し、加速しています。
その変容には、今回お伝えするチャクラを
きれいに開花させていくことが必須になります。

では、そもそも私たちの“変容”とは何か?・・・

私たちが『あらゆるとらわれや思い込みを解放し、意識を拡大させていく』
という方向に進んでいくことであり、
自分自身の波動をあげていく…ということです。

私たちは目に見えるレベルでは肉体だけの存在ですが、実は『波動の存在』です。
その中に肉体という物質があり、
感情体、精神体、スピリチュアル体というエネルギー体があるのです。

そして、もともと自分の中に“ライトボディ”という
光のレベルの高次元のエネルギー体を内在しています。
それは、気がついていようがいまいが関係なく、誰もが持っています。
人間は、そもそも光の存在ですから、
“ライトボディ”というのは、私たちの“本質”といってもいいかもしれません。

そこで、その“ライトボディ”を目覚めさせ、
今、肉体がある3次元より上の次元にシフトさせることが
私たちの変容の目的であり、
そのことを『アセンション(次元上昇)』といいます。

つまり、ライトボディを覚醒させることが
変容の鍵となるのです。

実際に今、私たちの肉体やサトルボディ(エネルギー体)は、
どんどん変化しています。
そのことに気がついている方も多いと思いますが、
意識していなくても、そのことを知らなくても
どなたの身にも起こっていることです。

大昔は、それがとてもとても難しいことでしたが、
今は、ようやく可能になっている時代だといわれています。

なぜなら、私たちのいる地球のバイブレーション自体が
驚異的な速度で上昇しているということ、
そして今、地球上にいる私たち人間(その他、動物・植物・鉱物すべてにおいて)も
数え切れないほどの転生の末、そのレベルに近いところまできているからだそうです。
(ちなみに、動物は人間よりエゴが少ないため、
すでにシフトしているともいわれています。)

つまり今は、地球という惑星レベルと私たち人間レベルが
同時に上昇しようとしている時であり、
ようやくそれが可能になっている時だということです。

是非、そのことを頭の片隅に置きながら、
今回お伝えするチャクラについて読み進めていただきたいと思います。

では、本題に入りましょう。

前回お伝えした第7チャクラは、
肉体の中にあるチャクラの最終地点でした。
そこには、『真の生き方に目覚める』という
目的があり、“真の至福感”が宿っています。
そのために私たちは、
「創造主」と意識的に調和し、
つながりを求める扉(第7チャクラ)を
開いていきます。

昔の人は、この扉を開くことを目的に
修行をしたといわれますが、
広がった意識と至福の感覚を
さらに拡げていくには、
そこから先の旅も続いていきます。

もちろん、まずは、第1チャクラから
しっかりとバランスよく開花していき、
第7チャクラの扉を開いていくこと
が大切ですが、私たちひとりひとりの
変容が加速している今は、
よりハッピーに、より幸せに…
至福の感覚とともに生きるために
是非、この先の旅も意識してみて
いただきたいと思います。

では早速、変容のための
キーポイント・チャクラを
下から見ていきましょう。

特に肉体外のチャクラに関しては、
人によって位置が違います。
また、現在、誰しもが変化が起きている
チャクラでもありますので、
位置は、めやすにして下さいね。
是非、各ワークもお試し下さい。

 

チャクラ
  1. アーススターチャクラ

    足の裏から20cmほど下にあるチャクラは、
    “アーススターチャクラ”“アース・トランスデューサー・チャクラ”
    などと呼ばれています。
     
    私たちは、背骨の一番下〜会陰あたりのベースチャクラ(第1チャクラ)で
    大地のエネルギーとしっかりつながりましたが、
    このチャクラは、さらに深く、強く、地球と私たちを結びつけてくれます。
    アーススターチャクラを通じて地球と結びつくことで、
    地球の根源的な領域と交流することが可能になります。
    地球の中心核
     
    また、地中から地球のエネルギーが私たちの身体に入ってくる時に、
    エネルギーをフィルターにかけて、その周波数と性質を
    肉体を持つ私たちと適合するような状態に変換するチャクラともいわれています。

    第4チャクラから上のチャクラと霊的なエネルギーを活性化するには、
    ベースチャクラとこのチャクラが、しっかり根を張っていることが大前提となります。
    グラウンディングワークの際に、このアーススターを意識することによって
    より強くグラウンディングができるようになると思いますので、
    是非、以下のワークを1日1回はお試し下さい。

    【アーススターチャクラを意識したグラウンディングワーク】

    1. 椅子に座り、背中をまっすぐにして足を少し開き、
      両足の裏をぴったりつけます。


    2. 軽く目を閉じ、一度深呼吸をしましょう。

    3.  
    4. 呼吸に意識を向けます。
      まずは息を口から吐きます。時間をかけてゆっくり吐いて下さい。
      この時、吐く息とともに身体の中の緊張をほぐしていきます。
      吐く息は身体の中や周りにあるブロックや滞りを手放してくれるので、
      今、悩んでいることを吐く息とともに全部手放します。


    5. 全部吐ききったら、次は新鮮な空気を鼻から吸い込みます。
      深呼吸を好きなだけ繰り返し、一息ごとに本来の自分に戻っていきましょう。
      (この感覚を覚えておいて下さい。)


    6. まず、ベースチャクラ(尾てい骨〜会陰あたり)に意識を持っていきましょう。
      次に両足裏と足の裏から20cm下のアーススターチャクラを意識し、
      ベースチャクラ→足の裏→アーススター・チャクラを通って
      地球の中心に“光のコード”が伸びるのをイメージして下さい。
      光のコードが様々な地層を通り抜け、
      地球の中心へ向かって伸びていくのを感じます。
      そして地球の中心まで到達したら、そこで固定します。


    7. 鼻から吸って、口から吐く深呼吸を静かに繰り返しながら、
      自分の身体の内側や意識の変化をゆっくりと感じてみましょう。


    8. 6が感じられたら、数回大きく深呼吸をして、ゆっくりと目を開けます。



  2. おへそのチャクラ

    次に“おへそのチャクラ”です。
    『チャクラ・ハーモニー part3
      〜ソーラープレクサスチャクラと自分力〜』

    でもお伝えしましたが、チャクラの位置は、ちょうどおへその中心あたりです。

    生まれてから5〜7歳くらいまでは、
    私たちは、母親とエネルギーレベルでの「へその緒」を持っているといわれています。
    それは、自分のへそのチャクラと母親のへそのチャクラで
    エネルギー的につながっているということです。

    その頃になると、
    子供は自分自身でグラウンディングする方法を学び、
    魂とのつながりが自分の身体の中に完全に作られてきます。
    そして、生まれてから十分に愛され、
    魂の本質を認識して、自分は誰であるかという感覚を持つようになると
    もはや、母親との「へその緒」は必要としなくなります。

    ですが、母親から十分に慈しんで育ててもらっていないと、
    自分の魂が肉体と完全に結びつかず、
    自分の力で地上にグラウンディングができなくなり、
    エネルギーレベルでの「へその緒」で、母親とつながったままになってしまいます。
    また、それは、母親が極端に独占欲が強かったり、
    いつまでも子離れができないでいる場合にも起こることです。

    その場合、自分と母親のへそのチャクラから
    「へその緒」を引き抜くことが必要になるでしょう。

    その方法は、簡単です。
     
    まずは、自分のおへそのチャクラから「へその緒」をそっと引き抜きながら
    そのへその緒がすみれ色の癒しのエネルギーで包まれるのをイメージします。
    次に、母親のおへそのチャクラから同じように
    「へその緒」をそっと引き抜き、すみれ色のエネルギーで包みます。
    (実際にはお母さまが亡くなられている場合も、イメージの上で行なって下さい。)

    そして、2人の「へその緒」を自分のハイヤーセルフ(自分の中の高次元の存在)に渡します。
    ハイヤーセルフは、自分と母親との関係をハイヤーセルフのレベルへと
    引き上げてくれるでしょう。
    イメージ

    私たちは生まれる前に、これまでのカルマを解消できるよう
    両親を選んで生まれて来ることが多いといいます。
    このエネルギーレベルでの「へその緒」を取り除くことが必要な人は
    意外と多いのではないでしょうか。
    是非、おへそのチャクラを意識し、試してみて下さい。


  3. カルパヴリクシャチャクラ

    次に、こちらも以前お伝えしましたが、第4チャクラ(ハートチャクラ)と
    第5チャクラ(スロートチャクラ)の間の胸腺より少し上の位置にあるチャクラです。
     
    サンスクリット語で“カルパヴリクシャ”という名前がついているチャクラで
    これは「願いを叶える木」という意味です。

    ここは、ハートチャクラの一部でもあり、ハートと連動していて、
    ハートチャクラが開いていないと開かないとされるチャクラです。
    私たちは“ひとりひとりは「個」ではなく、元々「ひとつ」である”ということを
    ハートチャクラで気がつき、このカルパヴリクシャチャクラで実感します。
    そのため、このチャクラは
    “宇宙の心(ユニバーサルハート)”と呼ばれてもいます。

    このチャクラが開く時、
    私たちは「自分より人の幸せを願うようになる」といわれます。
    その無償の愛を通じ、自我を超えた意識へと気づきを高めていくチャクラです。
     
    魂の成長において
    とても重要なチャクラであることが徐々にわかってきたため、
    このチャクラを副チャクラではなく、
    主要なチャクラとして数えるヒーラーが増えています。
    また、ハートチャクラと同様に、免疫を司る“胸腺”が
    深く関係しているチャクラです。
    胸腺

    では、ここで、カルパヴリチャクラを活性化するワークをご紹介します。


    【カルパヴリクシャチャクラを活性化するワーク】
     
     
    1. 座って瞑想のポーズでリラックスし、目を閉じます。

    2.  
    3. 深呼吸をしながらハートの中心に光を取り入れます。

    4. 自分の内側から外側に光を放ち、内も外も周囲も光でいっぱいにします。

    5. 深い呼吸を続けながら、現在、祈りと癒しのエネルギーを送りたいと
      思っている人を思い浮かべてみます。
      サファイアブルーかピンク色の癒しの光が、
      自分のハートチャクラとその上部のチャクラから
      その人達に注いでいるところをイメージします。
      イメージ
       
    6. その光が呼吸の度に強くなり、宇宙から降り注ぐエネルギーと共鳴し、
      強く温かいエネルギーで満たされていくのをゆっくり感じましょう。


    7. 4のように感じることができたら、深呼吸をして目を開けます。


  4. オルターメジャーチャクラ

    次は後頭部の下、
    首との境目、頭蓋骨の基底にある“オルターメジャーチャクラ”です。

    この場所には、脳の延髄がありますが、
    宇宙のエネルギーは、この延髄を通しても取り入れられ、
    身体全体に提供されます。
    ハートチャクラは、“愛の本質”と共鳴しあいますが、
    オルターメジャーチャクラは、“精神の本質”と響きあうといわれます。
     
    また、延髄は「エゴの中枢」と呼ばれ、
    「人間の自我が集中しているところ」といわれています。
    人間は、誰しも「エゴ」を持っていますが、
    それを受け入れた上で、エゴに振り回されず、
    あらゆることをエゴではなく、『魂の目』でとらえていくようにすると、
    このチャクラは、輝きを取り戻します。

    旅を続けていくうちに、
    オルターメジャーチャクラは重要性を増してくるでしょう。

    では、『魂の目』にアプローチするメディテーションをご紹介します。


    【魂の目にアプローチするメディテーション(瞑想)】

    1. まず深呼吸を数回して、
      オルターメジャーチャクラに気持ちを集中させます。

    2. 次に眉と眉の間に意識を集中させます。
      そこに金色の光のトンネルがあることをイメージして下さい。
      そして、そのトンネルの中へ入っていきましょう。


    3. そのトンネルの中で、金色の光に包まれます。
      深呼吸をしながら、ゆったりとした気持ちで、
      金色の光とともに、たくさんの自由と幸せの感覚に包まれて下さい。
      光で包まれるうちに、自分の中の欲望やエゴが、
      みんなきれいに消えていきます。


    4. トンネルの中を好きなだけ進んで下さい。
      そのトンネルを抜けると、今度は、青紫色のトンネルがあります。
      そこに入っていくと、全身が青紫の光に包まれます。
      その光と一緒に、自分の意識もどんどん広がっていきます。

    5.     
       
    6. そして、トンネルの壁が消えていき、
      最後に、自分の頭の上に白銀の光が見えてきます。

    7.     
        
    8. 好きなだけ深呼吸をしましょう。
      私たちは、限りない自由と幸福感に包まれ、
      様々な考えや思いは、みな消えていきます。


    9. 心の中でこう唱えます。
         
      「私は光の中で目覚めました。私は自由で、とても幸せです。」

    10.   
    11. 目の前から白銀の光が自分の身体を包み込むのを視覚化し、
      数回深呼吸をして、ゆっくりと目を開けます。

     では次に、頭の上にあるチャクラを見ていきましょう。


  5. ソウルスターチャクラ

    頭のてっぺんの第7チャクラの15〜22cmくらい上にあるチャクラは
    “ソウルスターチャクラ”=“魂の星”、
    “コスミック・トランスデューサー・チャクラ”などと呼ばれています。
    7つのチャクラの延長線上にあるため、“第8チャクラ”と呼ばれることも多いチャクラです。

    手を軽く上にあげて、触ることができる高さのところにあるので、
    肉体外のチャクラの中では、とらえやすいチャクラではないかと思います。

    このチャクラが完全に開くと、私たちは宇宙と共鳴し始め、
    ハイアーセルフや高次元の存在とつながることができるようになります。

    宇宙側から見たら、私たちが受け取る宇宙の高次元エネルギーを
    フィルターにかけるところです。
    私たちのスピリチュアルな成熟度によって
    受け止められるエネルギーの質は変わってくるでしょう。

    また、ここには
    「魂の全情報(アカシック・レコード)が内包されている」といわれています。
    過去世のエネルギーやガイドとのつながりと彼らからの情報、
    アカシック・レコードの情報を現在にもたらし、
    魂の教訓がどういうものかを学ぶポイントでもあります。

    ハイヤーセルフとつながりたい時、
    このあたりを意識してみるといいでしょう。
    瞑想などを日課としている方も、是非意識してみてください。
    以下は、ソウルスターチャクラを意識しながら、ハイヤーセルフと対話するワークです。
     
    これは、レイキのサードのアチューメント後、実際にやっているワークで、
    その時はシンボルとマントラを使いますが、
    第3の目(第6チャクラ)とハートチャクラを開き、
    ソウルスターをイメージングできれば、シンボルやマントラはなくても大丈夫。
    ハイヤーセルフとつながる時に、
    この「ソウルスターを意識する」というのがポイントです。
    是非、お試し下さい。

    【ソウルスターチャクラを意識しながら、ハイヤーセルフと対話するワーク】

    1. 椅子にゆったりと腰掛けます。数回深呼吸をして心を静めます。

    2.  
    3. 美しい光の球体が自分の頭の上15〜22cm位のところで
      輝いているのをイメージします。
      この球体から金色の光があふれ、自分のオーラ全体や身体の隅々に注がれます。
      これはハイアーセルフのエネルギーです。
      ブルームーン
    4. この光と一体になります。どんな感じがするでしょうか?
      このエネルギーは、今の自分にとって必要な色や形、
      匂いのイメージになっています。
      自分のハイアーセルフのエネルギーをしっかり感じましょう。

    5.  
    6. ハイアーセルフに話しかけます。まず、名前を尋ねてみましょう。
      そして今、自分に必要なメッセージがあればわかるように教えてくれるよう
      心を込めて伝えます。
      時間をたっぷりとり、深呼吸をしながらそのメッセージを待ちます。

    7.  
    8. コンタクトができたら、いつも導いてくれていること、
      そして今回対話をしてくれたことに感謝し、
      これからもより強い導きとサポートをしてくれるようお願いしましょう。

    9.  
    10. 意識を身体に戻し、一度深呼吸をしてゆっくりと目を開けます。

      ※最初はわからなくても、自分のハートと第3の目を開いて
       何度も試していくうちに、はっきりとわかることも多くなりますので、
       あせらずにトライして下さい。
       また、その時は受け取ることができなくても、あとになってわかることもあります。
       メッセージがわからない場合は、
       あとになってわかるようにハイアーセルフにお願いしておきましょう。


  6. コスミック・ポータル・チャクラ

    そして、ソウルスターチャクラの上にあるのは
    “コスミック・ポータル・チャクラ”=“第9チャクラ”。
    頭のてっぺんから45cmほど上、オーラの内側にあります。
    銀河系レベルと結びついているといわれます。
    私たちと宇宙とのつながり、
    アカシック・レコードの情報、エネルギーの光線を受け取るところです。
    そして、ここまで自分の意識を広げることができると、
    私たちは宇宙の叡智、気づきに達し、
    それらの導きをしっかりと得ることができるようになります。


  7. ステラ・ゲートウェイ・チャクラ

    さらに、頭のてっぺんから90cm〜1m以上、
    オーラの外側にあるチャクラは
    “ステラ・ゲートウェイ・チャクラ”“星の門チャクラ”
    “第10チャクラ”などといわれます。
     
    宇宙全体の統合意識と私たちを結びつけることで、
    真の自分自身を思い出させてくれるといわれ、
    その次のレベルが形成され、それによってあらゆるものを超越した
    “すべてはひとつ”が実現することになるといわれています。

    ここから上のチャクラに関しては、
    呼び方も、位置も、その働きに関しても見解はマチマチですが、
    チャクラの数を13〜14まで数えるヒーラーが多いようです。

    今回のチャクラ・ハーモニーシリーズでご紹介した
    『チャクラ融合への祈り』が載っている「ライトボディの目覚め」の
    (大天使アリエル&タシラ・タチ−レン著)では、
    以下のように、14チャクラまで数えています。

     
    • 第11チャクラ=『自分のグループソウルのレベル』

    •  
    • 第12チャクラ=『自分のハイアーセルフのキリスト化レベル』

    •  
    • 第13チャクラ=『わたしという存在』

    •  
    • 第14チャクラ=『根源(創造主)』

    チャクラがいくつあるかは、問題ではありません。
    これらの頭上のチャクラの扉がひとつひとつ開くと、
    私たちの意識はどんどん拡大していくということ、
    そして、そうなっていくことで、より宇宙の意識や創造主へと向かい、
    幸せに満ち溢れた愛の叡智、私たちの想像をはるかに超えた領域に
    入っていくことができるということ、
    さらには、今の時代を生きる私たちは、すでにその旅を
    とっくに始めている…ということを
    是非、覚えておいて下さい。
    イメージ


  8. 最後に、上記の『チャクラ融合への祈り』の中にも出てくる
    “アルファチャクラ”と“オメガチャクラ”です。

    この2つのチャクラは、他のチャクラとは完全に異なるタイプの
    青写真と機能を持っているということで、最後に紹介させていただきます。

    “アルファチャクラ”は、頭上15〜20cm、
    頭の中心から5cmほど額に寄ったところにあり、
    私たちを5次元のライトボディに、
    また“オメガチャクラ”は、背骨の末端から約20cm下方にあり、
    惑星(地球)意識と私たちを、それぞれ結びつけます。

    最近まで「潜在下のもの」とされていましたが、
    今は、誰しもが活性化されているというチャクラです。
    アルファチャクラとオメガチャクラが開かれて正しく機能している時、
    “メタトロンの波動”と呼ばれるものが
    その中を移動するのを感じるだろうといわれています。
    大天使メタトロン

    “メタトロン”というのは“大天使メタトロン”として知られている天使です。
    思考を司り、変化や次元上昇(アセンション)をもたらす波動やシフトなどを担い、
    11次元に存在するといわれているマスターです。

    今回も、最後に『チャクラ融合への祈り』を掲載しますので、
    是非、ご自身で感じてみて下さい。


以上、変容のためのキーポイント・チャクラを見てきました。

是非、肉体内の7つのチャクラと同様に、
位置を意識しながら、丁寧に感じてみていただきたいと思います。
すでに、どんどん開花している時だと思いますが、
今回ご紹介したワークで、さらなる活性化を促して下さい。

そして、以前にもお伝えしましたが、
私たちの7つのチャクラは、現在、個々の円錐から球状へ変わりながら、
ハートチャクラを中心とする“1つの融合チャクラ”へと進化しています。

また、先ほどお話した“ライトボディ”の構造の一部に
“アクシオトーナル・ライン”と呼ばれるグリッド・ラインがあり、
そのラインは、地球に流れるユニバーサル・エネルギーフィールドと
同じようなラインで、人間の脊髄を中心に流れているといわれています。
と同時に、このラインは肉体の経絡に沿って流れているプラーナ管のような役割もしていて、
チャクラやオーラの層とも連結しているそうです。

そして、チャクラのグリッドを
このアクシオトーナル・ラインに結びつけることによって
チャクラは、高次に進化した宇宙的な共鳴のグリッドや波動に接続されるといわれています。
つまり、これが『ライトボディの目覚め』ですね。

ということで・・・
今回も『チャクラ融合への祈り』を載せておきましょう。

以前から掲載していますが、
この祈りは、私たちの変容をあらゆるレベルでサポートしてくれます。
光のバブル(泡)を作り出して、その光のバブルが
私たちにもっともっと広大な波動を取り扱うことを可能にする
力の場のような働きをするそうで、『ライトボディの目覚め』には欠かせない祈りです。

変容の時はかなりの浄化が必要になり、感情面・精神面で不安的になったり、
肉体にあらゆる症状が出てきたりしますから、
そのような時、この『チャクラ融合への祈り』は強い味方になってくれるでしょう。

いつでも気がついた時に読むとよいとされていて、
それを忍耐強く続けると、2週間以内には『チャクラ融合』といっただけで
融合ができるようになり、4〜5週間続けると融合した状態から
外れないようになるといわれています。

読み終えた後、多次元的にグラウンディングをする方法も
あわせて載せてありますので、是非、肉体内の7つのチャクラと
今回お伝えしたチャクラを意識しながらお試し下さい。
(大天使アリエル&タシラ・タチ−レン著
 「ライトボディの目覚め」より抜粋させていただきます。)

【チャクラ融合への祈り】

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
わたしのハートは開きはじめ
わたし自身が美しい「光」の球へと
広がってゆきます

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしののどのチャクラと 
太陽神経叢のチャクラを
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの眉間のチャクラと 
下腹のチャクラを
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしのクラウンチャクラと 
ベースチャクラを
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしのアルファチャクラ(頭上約20cm)と 
オメガチャクラ(背骨の下20cm)を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしのメタトロンの波動が
この2つの点のあいだを流れるようにします
アイ・アム(※)、「わたし」は「光」とひとつです
大天使メタトロン

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第8チャクラ(頭の上方)と 
太もも上部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからの感情体を肉体に融け合わせます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第9チャクラ(頭の上方)と 
太もも下部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからの精神体と肉体に融け合わせます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第10チャクラ(頭の上方)と 
膝を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからのスピリット体を肉体に一体化させて
融合したフィールドをつくりあげます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第11チャクラ(頭の上方)と 
すねの上部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはオーバーソウルを
融合したフィールドに一体化させます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第12チャクラ(頭の上方)と 
すねの下部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはキリスト・オーバーソウルを
融合したフィールドに一体化させます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第13チャクラ(頭の上方)と
足を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからのオーバーソウルを
融合したフィールドに一体化させます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第14チャクラ(頭の上方)と 
足もとの地面を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしは「根源の存在」を
融合したフィールド全体にゆきわたらせます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
どうかわたしの最高次のスピリットが
ハートの中心より輝き出し
この融合したフィールドを
完全に満たしつくすようにしてください
わたしはこの日1日じゅう「光」を放ちます
アイ・アム、「わたし」はスピリットとひとつです
朝日

※アイ・アム(I am)…ここでは単に「私は・・・である」
 という意にとどまらず、
 神でありすべてである自己という意味。
 もともとはモーゼが神に名をたずねた時、神が答えたという言葉
 『アへィァ・アッシャー・アへィァ(われはわれたるもの)』の英訳
 『I am that I am』からきたフレーズ。
 神智学では『神我』などとも訳される。
 この「祈りの言葉」では、原文の音のパワーと効果を生かすために
 『I am』をそのまま用いている。

『チャクラ融合への祈り』を読み終えたら、多次元的にグラウンディングしましょう。
太い「光」のラインがオメガ・チャクラ(背骨の下約20cm)から発しているのをイメージして下さい。
それがあなたの背骨に沿ってずっと上昇していき、
そのまま融合フィールドの上層部までつながっていきます。

惑星地球にではなく、あなた自身のスピリットの広大さへとグラウンディングしましょう。
地球も変異のさなかにあるのですから。
あなたのスピリットがあなたを安定させるのを許しましょう。
あなたのオメガ・チャクラのポイントから、裾広がりのスカートのように
12本の「光」のラインを下方へと伸ばします。
それによってあなた自身を、この惑星ホログラムの平行現実を通して安定化させるのです。

次回、チャクラ・ハーモニーの最終回は、
アクシオトーナル・ラインや融合チャクラについて、
またライトボディの活性化について、
もう少し詳しくお話していきたいと思います。

是非、お楽しみに!
ももちゃん

<参考文献>
・ライトボディの目覚め  大天使アリエル&タシラ・タチ-レン著
・アセンション・ハンドブック トニー・スタッブス著
・プレアデス 神聖な流れに還る  アモラ・クァン・イン著
・チャクラパワーを開く メアリー・ホーズリー著
・チャクラ・ヒーリング ブレンダ・デーヴィス著
・チャクラ・バイブル パトリシア・マーシア著
・暮らしのチャクラ 武藤悦子著


TOP
 
copyright(c) since 2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.