mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2011年8月 チャクラ・ハーモニー part7
  〜クラウンチャクラと真の至福感〜

早いもので、暦の上では
秋という時期になりました。
とはいえ、まだまだ夏真っ盛り。
じめ〜とした暑さが続き、
節電の夏には身体に堪えますね。
皆さま、お元気にお過ごしでしょうか?
この暑さは、しばらく続くと思いますので、
引き続き、熱中症にはお気をつけ下さいね。

さて、このチャクラシリーズも
part7まできましたね。
今回は、身体の中にあるチャクラの中では
一番上にある
第7チャクラ=クラウンチャクラ編です。

今までのチャクラや
ハイヤーセルフを統合し、
“至福のチャクラ”と呼ばれる
クラウンチャクラ。
このチャクラが覚醒するということは
『真の生き方に目覚める』ということです。

イメージ

 

そこには何ともいえない至福感が宿っていますが、
それは、自分で体験することによってのみ実感できるでしょう。
クラウンチャクラは、
“愛”という神なる存在との親密なつながりを求め、
真の至福感を味わうために
私達を突き動かしていくチャクラなのです。

是非、難しく考えず、ハートやクラウンチャクラで感じながら
読み進めていっていただきたいと思います。

では早速、そのクラウンチャクラの特徴と働きを見ていきましょう。
いつものように、
最後にはチャクラ状態チェック項目を書いておきますので
是非、ご自身のクラウンチャクラの状態をチェックしてみて下さいね。
(このチャクラは、バランスよりも
 開き方が小さいか完全に開いているかのどちらかだと捉えて下さい。)

 

<チャクラの特徴と働き>

 

【第7チャクラ(クラウンチャクラ)】
チャクラ

  • サンスクリット名と意味…サハスラーラ。千枚の花びらを持つ蓮。
  • 位置…頭頂部
  • 発達する年齢…年齢に関係なく生涯を通して。
  • 働き…真の至福。ハイヤーセルフとの統合。
  • 対応する色…紫(白、金)
  • 身体の部位…脳幹、脊髄、神経系、松果体。
  • 関係する内分泌腺…松果体
  • 元素…魂の域
  • 感覚…自己の超越、透視、透聴(霊聴)、透感(霊感、超感覚)
  • クリスタル…クリアクォーツ、アメジスト、セレスタイト、ダイヤモンドなど。
  • 働きかける精油…ジャスミン、ローズ、ネロリ、ラベンダー、
              フランキンセンス、ローズウッドなど。
  • マントラ…特になし。

第7チャクラは、“クラウン(王冠、宝冠)チャクラ”と呼ばれ、
『頭頂の真ん中』に位置しています。
クラウンチャクラ

“クラウンチャクラ”という名前の由来は、
他のチャクラと違い、第7チャクラが上を向いていて、
エネルギーがきれいに回転していると、
まるで王冠を被っているように見えるところからきています。
大昔、王が神と見なされていた時代があり、
その時代の王達は、手の込んだ頭飾りでこのチャクラを保護していましたが、
その名残なのでしょう。現代の各国の王族にも王冠を被ったり、
ティアラをつけたりする習慣が受け継がれているようです。

クラウンチャクラのサンスクリット名は『サハスラーラ』。
「千枚の花びらを持つ蓮」という意味です。
蓮の花は、インドでは古代から「聖なる花」とされ、
生きる真理の象徴であるとともに
人間のチャクラやオーラ体系をも象徴的に表しているといわれてきました。

頭頂部から幾重にも重なる千枚の蓮の花びらが
完全に開いているさまが描かれている絵がありますが、
それは、第7チャクラが完全に開いた様子と
天上から降り注ぐ宇宙のエネルギーをあらわしています。
第7チャクラの覚醒とは、蓮の花がきれいに開花するように、
完全に開いている状態のことをいうのです。
チャクラの覚醒

このチャクラが覚醒するのは、
第4・5・6チャクラと同様に年齢は関係ありません。
一生を通じて学ぶことが必須で
これまでは、死の間際まで目覚めない人が多いチャクラとも
いわれてきました。
ただ、第7チャクラが完全に閉じている人はまずいないでしょう。
なぜなら、宇宙のエネルギーとつながっていない人はいないからです。

肉体的には、
脳幹、脊髄、神経系、松果体などと関連していて、
この部分の健康状態に影響を及ぼすことがあります。

クラウンチャクラがあまり開いていないと、
大きな不安や疑念に襲われたり、
何事に対しても「自分とは関係がない」という気持ちになり、
自分自身の内側や外側とのつながりを絶ちがちになったりします。
神経障害やうつ病を発症することがあるかもしれません。

また、アルツハイマー病、パーキンソン病、統合失調症なども
第7チャクラと関係があるのではないかという見方もあります。
さらに、このチャクラの状態は身体全体にも関係しているので、
開き方が小さいと全身倦怠となってあらわれる場合もあるでしょう。

ただ、肉体的・精神的に不安定な状態があまりにも長く続く場合、
または今までの人生の中で今が“どん底”と思うような状態が続く場合、
その状態になること自体に大きな意味があるのかもしれません。
つまり、自分自身、そしてこれからの人生を大きく変えるために、
その状態が必要なのかもしれないということです。

というのも、クラウンチャクラが覚醒する過程には、
肉体や精神が不安定になり、 とてもつらい時期を過ごす人が多いからです。
逆に言えば、そのような時期を体験しない限り、
エゴを持った人間にとって、クラウンチャクラの完全なる覚醒は
難しいことなのかもしれません。
イメージ

それは、特に今まで何の疑いもなかったこと…
例えば、自分の社会的地位や健康、
信じていた人間関係などが根底から崩れるような体験、
金銭面などでの不安…などがきっかけになることが多いようです。
以前にもお話したかと思いますが、
この苦しい時期のことは
「魂の闇夜」や「魂の暗夜」などと呼ばれています。

絶望に近い感覚を覚え、
不安と憂鬱にさいなまれ、周りに誰がいても深い孤独に陥り、
どこへ向かえばいいのかわからなくなる…
というような感覚は、
まさに、灯りがまったくない闇夜の中に放り出され、
目の前が真っ暗で何も見えない状態です。

それは、もちろんとても苦しい体験ではありますが、
決して不幸なことではありません。

なぜなら、魂の視点に立つと
成長のためのまたとないチャンスだからです。
もしかしたら、自分の魂が「魂の闇夜」体験を
望んできている人もいるかもしれません。

といって…
その真っ只中にいる時はそうは思えないでしょう。
心底しんどい時は、誰がなんと言おうとしんどいものですものね。
でも、少し心が落ち着いてきた頃
ほんのちょっぴり視点を変えてみると…
そのことが納得できる瞬間が訪れます。

「もしかしたら、今は魂の闇夜の時期なのかもしれない。
 この状態を体験するのは、
 自分が変わっていくためには必要なことなのかも…。」と思える日が、
また、それが絶妙なタイミングで起こっていることを理解できる日が、
そう遠くない時期に必ずやってくるでしょう。
これは、私自身も体験したことです。

それゆえ、たとえ「魂の闇夜」に陥り、心底苦しかったとしても、
暗い夜はいつか必ず終わり、新しい道を照らす光が待っているということを、
是非、忘れないでいただきたいのです。
イメージ

また、中にはそのような体験しなくても、
これまで見てきた6つのチャクラがすべてきれいに開き、
バランスが整っていれば、第7チャクラが自然に目覚めてくる人もいるかもしれません。
そもそもその段階に来ている人たちが多く転生している現代です。
特に今は、大きな変容が起こっている真っ只中でもあるため
可能なことだと思います。

前述通り、クラウンチャクラが完全に閉じている人はいません。
このチャクラの神聖なエネルギーは、
ひとりひとりの中にすでに存在しています。
意識していようがいまいが、
たえず頭頂から私たちの中に注ぎ込まれていて、
自分が望み、状態が整い、タイミングさえくれば、
誰でもこのエネルギーを、
自分の人生を変える方向に差し向けることができるのです。

このチャクラが覚醒すると、私たちは今までの自分ではいられません。
なぜなら、知らず知らず大事に持ち続けていたエゴは、
実は手放してしまった方がずっと身軽で
真の至福感とともに生きることができるのだ…
ということを、魂レベルで実感するからです。

そして、必ず自分と周囲を愛と平和で満たす方向へ
真の自分の生き方へと向かうはずです。

また、宇宙との一体感やつながりが強くなり、
私たちのオンリーワンの存在としての可能性や資質がぐんぐん輝き始めます。
シンクロニシティやあらゆるチャンス、
素晴らしい出逢いが増え、持って生まれた資質を
十分に活かしながらワクワク生きる道を見出し、
真の幸せの波にスイスイとのることができるようになるでしょう。

それはまさに、魂が覚えているであろう“真の至福の感覚”です。

そうです。
クラウンチャクラは、
私たちの至福の感覚が覚醒するチャクラなのです。
そしてそれこそが第7チャクラの真理です。
もも香ちゃん

いたってシンプルな真理ですが、
自分で実感することによってのみ
ストンと落ちる(理解できる)のではないかと思います。
そして、そのタイミングは、
ひとりひとり準備ができ次第ということになるでしょう。

では、このチャクラの覚醒を促すにはどうしたらいいか?ですが…

まずひとつめは…あらゆるものに感謝し、許すこと。

自分や他人、動物や大自然を思いやり、
自分の命に心底感謝することができると
第7チャクラがどんどん覚醒していきます。
すると、地球上のありとあらゆるものはすべて
神と呼ばれる存在の創造物であるということ、
その神の本質は“愛”であるということを頭ではなく、
ハートで実感でき、さらに感謝の心が深まるでしょう。

そして、「許す」こと。
許すことは、時にとても難しく感じる時がありますが、
まずは「許そう」と決めるところからすべては始まります。
あとは、大きな存在に任せてみるのもひとつの手です。
このことについては、
「チャクラ・ハーモニー part3
 〜ソーラープレクサスチャクラと自分力〜」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty1103.html
<“カルマ”について その2 >で触れていますので、是非、ご参照下さい。

そこでお伝えした「生命(いのち)の贈り物」の
『生命(いのち)の祈り』やその言葉と同じように作用するといわれる
ハワイに伝承する愛と許しの精神「ホ・オポノポノ※」の
『ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています。』
という言葉を日々唱えることもおすすめです。
生命(いのち)の贈り物
それらの言葉を使っていくうちに
自然と自分の中に「許し」が起きていることに、
そしてそれと同時に、クラウンチャクラが自然と覚醒していることに
気がつくかもしれません。

※ホ・オポノポノは、私たちの潜在意識にある負の記憶を浄化し、
 癒し、愛のエネルギーで満たすことによって
 すべてが癒され、本来の自然な状態や健康に戻り、幸せになる…
 というハワイに伝承する秘法です。
 この「ホ・オポノポノ」については
 また別の機会に、もう少し詳しく取り上げたいと思っています。

そして、クラウンチャクラの覚醒に必要なふたつめのポイントは、
“今”という時に集中すること。

「今、ここ」という言葉をよく耳にしますが、
第7チャクラを見事にあらわしている言葉です。
とてもシンプルで、当たり前のことのように感じますが、
私たちの意識は、意外と「今、ここ」にはいません。

毎時間、毎分、毎秒…次にやることを考えていたり、
将来のことを案じていたり、以前に起きたことが忘れられず、
過去のことを繰り返し考えていたり…
自分の感情や思考パターンが過去や未来に縛られ、
今に集中できないのです。

でも、人生は「今」という瞬間の積み重ねです。
その一瞬、一瞬に意識を集中する…
自分が今、やっていることにのみ心を込める、愛を込める…
その瞬間その瞬間、そこには神が宿るのだと思います。

それゆえ、是非、今というこの瞬間に
自分の命に、大自然やこの地球上にある存在すべてに
心底感謝してみて下さい。
今、やっていることに愛をたっぷり込めてみて下さい。

それが第7チャクラの覚醒に強く結びついていることを
ご自身で実感できるでしょう。

ではここで、
クラウンチャクラの状態をチェックしてみます。
2個以上思い当たれば、このチャクラがあまり開いていない可能性があります。
是非、今までお話してきたことを意識しながら
その後にお伝えするチャクラバランシング・ワークを試してみて下さい。


【クラウンチャクラの状態チェック】

思い当たる項目をチェックして下さい。

  1. 目に見えないことは信じられない

  2. スピリチュアルなことに関心がない

  3. 精神世界やスピリチュアルなことにしか興味がない

  4. 人に奉仕することが苦手

  5. 自分には輝くような素質や可能性がないと思う

  6. 自分だけが不幸に見える

 

<チャクラバランシング・ワーク>

【情報をOFFにして、静かな時間を作る】
イメージ

第6チャクラのバランシング・ワークでもお伝えしたとおり
まずは、1日のうちでほんのひと時でも、
あらゆる情報をOFFにする時間を持つよう心がけるようにしましょう。
これが第6チャクラや第7チャクラを覚醒させるワークの基本です。

私たちの周りにはたえず情報があふれ、意識をしていようがいまいが
それらが目からも耳からもたくさん入ってきます。
そこで、あらゆる情報でパンク寸前の頭をリセットしてあげる時間を作って下さい。
定期的にテレビや新聞、雑誌、インターネット、携帯電話から離れる時間を作りましょう。

新しい情報を入れず、今まで溜まっていたものが少しずつ削除され始めると、
それだけで魂の振動力が強まり、第6チャクラや第7チャクラの本当の力が
早く目覚めてくるでしょう。

 

【クラウンチャクラを視覚化するワーク】

視覚化は、メディテーション(瞑想)と同じく、チャクラを実感するのを手助けしてくれます。
まずはリラックスし、グラウンディングを行なった上でイメージしてみます。
是非、深い呼吸をしながらリラックスして行って下さい。

 

  1. 楽な姿勢で座ります。
    軽く目を閉じ、一度深呼吸をしましょう。

  2. 深い呼吸を続けながら、ベースチャクラ(尾てい骨の下あたり)を意識します。
    そこから地球の中心に向かって“光のコード”が
    勢いよく下へ下へ伸びるのをイメージして下さい。
    その光のコードが様々な地層を通り抜け、地球の中心へ向かって伸びていくのを感じます。
    そして、地球の中心まで到達したら、そこで固定します。

  3. 次にそこから光のコードが自分に向かって
    上へ上へとあがってくるのをイメージします。
    上がってきた光が足の裏やベースチャクラから体内に入り、
    さらに上へ上へ向かって上がってくるのを感じましょう。

  4. その光のコードは、頭頂から天に向かって四方に放たれます。
    その色は紫色です。
    紫の光が頭頂部から勢いよく放たれている様子をじっくりイメージしましょう。

  5. その紫の光はだんだんと明るくなり、黄金の光に変わります。
    黄金の光が頭頂から宇宙へと放たれ始めます。

  6. この光をしばらく感じましょう。
    じっくり感じることができたら、意識を呼吸に戻して、目を開けます。
    もう一度、深呼吸をしましょう。

 

【ハイヤーセルフと一体化するワーク】

クラウンチャクラが覚醒するとハイヤーセルフと完全に結びつき、
あらゆる場面で強力にサポートしてもらっていることを実感するでしょう。
是非、ハイヤーセルフの存在に感謝しながら、ワークを行なってみて下さい。

  1. 椅子にゆったりと腰掛けます。
    数回深呼吸をして心を静め、軽く目を閉じます。

  2. 次に美しい光の球体が自分の頭の上15〜20cm位のところで
    輝いているのをイメージします。
    この球体から金色の光があふれ、自分のオーラ全体や身体の隅々に注がれます。
    これはハイアーセルフのエネルギーです。
    ブルームーン

  3. この光と一体になります。どんな感じがするでしょうか?
    このエネルギーは、今の自分にとって必要な色や形、匂いのイメージになっています。
    自分のハイアーセルフのエネルギーをしっかり感じましょう。

  4. ハイヤーセルフのエネルギーをしっかり感じることができたら
    深呼吸をして目を開けます。

 

【クラウンチャクラを活性化するアファメーション】

クラウンチャクラを活性化するアファメーションは、
なりたい自分を思い描き、幸せへと導く言葉やと感謝の言葉であれば何でもかまいません。
心の中で思うことや口から発する言葉のエネルギーの力は、
私たちの想像を超えるほど大きく、実際にその状態を引き寄せます。
特にクラウンチャクラは、なりたい自分を具体的に思い描き、
幸せな自分を想像し、それを言葉にすればするほど、
また感謝の言葉を口にすればするほど、真の幸せを強力に引き寄せてくれるのです。
普段から幸せな言葉を口にするようにしましょう。

(例)「○○が実現します。」
    
   「私は、愛と幸せに溢れています。」

   「私は、豊かさを呼び込みます。」

   「私は、美しい存在です。」

   「私は、健康で自由に生きます。」

   「ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています。」
                       (「ホ・オポノポノ」より)

 

 

【クラウンチャクラに働きかける色、クリスタル、アロマなど】


クラウンチャクラに対応する色は、紫色や白色、金色です。
普段の生活にこの色を取り入れてみましょう。
例えば、この色のお花を生けたり、帽子やカチューシャ、
洋服のトップスなど、身体の上の方に持ってきたり、
家でリラックスする時のウエアやパジャマにこの色を持ってきてもいいでしょう。

また、クラウンチャクラを活性化するのに役立つクリスタルは
クリアクォーツ、アメジスト、セレスタイト、ダイヤモンドなど。
ペンダントとして身に着けたり、手首につけたり、少し静かな時間を作り、
頭頂に置いたりしてみてもいいでしょう。
パワーストーン

さらに、アロマの精油の香りと波動がチャクラを活性化します。
クラウンチャクラを活性化するのに役立つと感じる精油は、
フランキンセンス、ジャスミン、ローズ、ネロリ、ラベンダー、ローズウッドなど。
ただし、アロマの精油に関しては感じ方が人それぞれです。
上記の精油を参考にして、自分がもっとも心地がよいと感じる香りを
お部屋に焚いたり、お風呂に3〜5滴垂らしたりしてみて下さい。
瞑想をする時や前述のワークを行なう際に、
またアファーメーションを唱える際にお部屋に香らせてもよいでしょう。
アロマオイル

では最後に…

今回も『チャクラ融合への祈り』を載せておきましょう。

『チャクラ融合への祈り』は、
いつでも気がついた時に読むとよいとされていて、
それを忍耐強く続けると、2週間以内には『チャクラ融合』といっただけで
融合ができるようになり、4〜5週間続けると融合した状態から
外れないようになるといわれています。
何度もやって下さっている方はもうおなじみの言葉ですね。
『チャクラ融合』が簡単に、
またその状態が続いているのではないでしょうか。

読み終えた後、多次元的にグラウンディングをする方法も
あわせて載せてありますので、是非、お試し下さい。

では、始めましょう。
(大天使アリエル&タシラ・タチ−レン著
 「ライトボディの目覚め」より抜粋させていただきます。)

【チャクラ融合への祈り】

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
わたしのハートは開きはじめ
わたし自身が美しい「光」の球へと
広がってゆきます

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしののどのチャクラと 
太陽神経叢のチャクラを
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの眉間のチャクラと 
下腹のチャクラを
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしのクラウンチャクラと 
ベースチャクラを
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしのアルファチャクラ(頭上約20cm)と 
オメガチャクラ(背骨の下20cm)を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしのメタトロンの波動が
この2つの点のあいだを流れるようにします
アイ・アム(※)、「わたし」は「光」とひとつです
イメージ

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第8チャクラ(頭の上方)と 
太もも上部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからの感情体を肉体に融け合わせます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第9チャクラ(頭の上方)と 
太もも下部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからの精神体と肉体に融け合わせます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第10チャクラ(頭の上方)と 
膝を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからのスピリット体を肉体に一体化させて
融合したフィールドをつくりあげます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第11チャクラ(頭の上方)と 
すねの上部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはオーバーソウルを
融合したフィールドに一体化させます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第12チャクラ(頭の上方)と 
すねの下部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはキリスト・オーバーソウルを
融合したフィールドに一体化させます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第13チャクラ(頭の上方)と
足を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからのオーバーソウルを
融合したフィールドに一体化させます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第14チャクラ(頭の上方)と 
足もとの地面を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしは「根源の存在」を
融合したフィールド全体にゆきわたらせます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
どうかわたしの最高次のスピリットが
ハートの中心より輝き出し
この融合したフィールドを
完全に満たしつくすようにしてください
わたしはこの日1日じゅう「光」を放ちます
アイ・アム、「わたし」はスピリットとひとつです

※アイ・アム(I am)…ここでは単に「私は・・・である」
 という意にとどまらず、
 神でありすべてである自己という意味。
 もともとはモーゼが神に名をたずねた時、神が答えたという言葉
 『アへィァ・アッシャー・アへィァ(われはわれたるもの)』の英訳
 『I am that I am』からきたフレーズ。
 神智学では『神我』などとも訳される。
 この「祈りの言葉」では、原文の音のパワーと効果を生かすために
 『I am』をそのまま用いている。

『チャクラ融合への祈り』を読み終えたら、多次元的にグラウンディングしましょう。
太い「光」のラインがオメガ・チャクラ(背骨の下約20cm)から発しているのをイメージして下さい。
それがあなたの背骨に沿ってずっと上昇していき、
そのまま融合フィールドの上層部までつながっていきます。
惑星地球にではなく、あなた自身のスピリットの広大さへとグラウンディングしましょう。
地球も変異のさなかにあるのですから。
あなたのスピリットがあなたを安定させるのを許しましょう。
あなたのオメガ・チャクラのポイントから、裾広がりのスカートのように
12本の「光」のラインを下方へと伸ばします。
それによってあなた自身を、この惑星ホログラムの平行現実を通して安定化させるのです。

以上です。

さて、今回の第7チャクラについてはいかがでしたか?
読んでいるだけで、頭のてっぺんがムズムズしてきた方も
いらっしゃるのではないでしょうか?
是非、ご自身の第7チャクラに意識を向け、
魂が覚えている真の至福の感覚を思い出していきましょう!

さあ、これまで7つのチャクラを見てきました。
肉体内の7つのチャクラはとても重要ですが、
私たちの旅はここでは終わりません。
肉体外のチャクラヘの旅が待っているのです。

また、肉体の中にも7つのチャクラ以外で
同じように大切なチャクラもありますので、
次回は、7つのチャクラ以外の肉体のチャクラ、
そして、肉体外のチャクラに進んでいきたいと思います。


是非、お楽しみに♪
もも香ちゃん

<参考文献>
・ライトボディの目覚め  大天使アリエル&タシラ・タチ-レン著
・アセンション・ハンドブック トニー・スタッブス著
・プレアデス 神聖な流れに還る  アモラ・クァン・イン著
・チャクラパワーを開く メアリー・ホーズリー著
・チャクラ・ヒーリング ブレンダ・デーヴィス著
・チャクラ・バイブル パトリシア・マーシア著
・暮らしのチャクラ 武藤悦子著
・ナチュラル・アセンション 原田 瞳著

 

 

TOP
 
copyright(c) since 2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.