mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2011年7月 チャクラ・ハーモニー part6
  〜サードアイチャクラと直観力…叡智へ〜

イメージ

 

木陰の涼しさにほっとする季節になりました。
皆さま、いかがお過ごしですか?

今年は、雨に濡れた紫陽花の美しさや
雨上がりの空気の匂いなどを感じる間もなく、
ムシムシと厳しい暑さが続いていますね。

節電のさなかではありますが
全国でも熱中症になる方が相次いでいるようですので、
水分をこまめに摂りながら
暑さを我慢しすぎないようにして下さいね。
体調がすぐれない時、疲れたなぁと感じる時は
特にお気をつけ下さい。

さて、このシリーズもパート6まで来ました。
今回はいよいよ第6チャクラ…
「第3の目」と呼ばれるチャクラです。

「第3の目」とは、
通常では見えないものを見る目のこと…
眉間の少し上辺りに位置し、肉体にはないけれど、
エネルギー的にはしっかり存在する目のことです。

この目が開くと直観力がするどくなり、透視力が目覚め、
目には見えないものを見たり、聞いたり、
感じたりする力が強くなります。
いわゆる“サイキック”と呼ばれる人は、
このチャクラが完全に開いているといわれています。

 

ただ、第6チャクラがこの“サイキック”という部分にだけ
注目が集まりやすいのが少々残念です。
なぜなら、第6チャクラには
私達の魂を呼び起こし、自分が霊的な存在であることや
今世で経験することのひとつひとつに学ぶべきレッスンが
あるということに気づかせ、自分の中の神の叡智へと導く…
深い真理が宿っているからです。
私達が自分の人生を自分らしく生きるためにも
とても大切なチャクラなのです。
是非、今回その部分もお伝えしたいと思っています。

サロンでのヒーリングの際、
皆さまの第6チャクラを見させていただくと、
完全に開いている方はまだまだまれで
開き始めている、開いているけれどカーテンをしている、
普段は開くのに時々完全に扉を閉めている…
さまざまな状態があるなぁと感じます。

それと同時に、現在強く感じているのは…
おひとりおひとりの第3の目が
あきらかに変化してきているということです。

今年に入り…特に震災後は、
ハートチャクラやスロートチャクラと同じように、
このチャクラの目覚めを感じつつある方も
少なくないのではないでしょうか。

…とはいえ、このチャクラが開くと、
それまでよりあらゆることに敏感になり、
物事の本質だけでなく、自分や他人の
見たくない感情までもが見えてくるため、
それを恐怖と感じる人は、
せっかく開いてきた第3の目の扉を
自分でパタンと閉じてしまうこともあるでしょう。

 

また、顕在意識の上では、
第3の目が開くといいな…と思っていても、
潜在意識の中に「第3の目が開くと危険だ」という思考パターンがあるがゆえに、
開かないという人もいるかもしれません。
例えば、今世ではなく前世の記憶として
第3の目が開いていたために透視や予言などをして
危ない目にあった、殺された…という出来事が根深く残っている場合は
今生において第3の目を開くのには少し苦労する可能性があります。

では、ここで「チャクラが開いているかどうか自分ではわからない」
という方のために、第6チャクラに変化が起きていることを感じる
ちょっとした方法をお教えします。

まず、変化の兆候として…
あきらかに“勘”がするどくなります。
またあらゆることへの感じ方、捉え方が変わってきます。
好きなもの、好きなこと、好きなタイプが変わったり…
さらには出会う人も変わってくるでしょう。
これは、お互いの第3の目同士で引き合う関係が
自然と生まれるからです。

いかがでしょうか?
ご自身の第3の目は開いていると感じますか?
(今回も<チャクラの特徴と働き>の最後の方に
サードアイチャクラの状態をセルフチェックする項目を
載せておきますので、そちらも参考にして下さい。)

私自身も、ここ数年で
自分の第6チャクラに大きな変化を感じているひとりです。
ということで、今回の最後の方に
『私の第6チャクラ開花実感体験?』を少しお話したいと思いますので、
よろしければお読み下さい。

そして、今回は是非、ご自身の眉間の上辺りを意識しながら
読み進めていただきたいと思います。

では、第6チャクラについて詳しく見ていきましょう。

 

<チャクラの特徴と働き>

 

【第6チャクラ(サードアイチャクラ)】
チャクラ

  • サンスクリット名と意味…アージュニャー。アジナ。理解する。知る。知覚する。
  • 位置…眉間の少し上。
  • 発達する年齢…年齢に関係なく、一生かけて。
  • 働き…気づき、直観力、智慧、目に見えないものを見る。
  • 対応する色…藍色
  • 身体の部位…脳・神経系・脳下垂体・松果体、目・鼻・耳など。
  • 関係する内分泌腺…下垂体
  • 元素…魂の域
  • 感覚…透視
  • クリスタル…アメジスト、ラピスラズリ、アジュライト、
    フローライト、ソーダライトなど。
  • 働きかける精油…ローズマリー、ペパーミント、ジュニパーなど。
  • マントラ…「Om(オーム)」

第6チャクラは、
“サードアイチャクラ”や“ブラウチャクラ”と呼ばれ、
『おでこの真ん中、眉間の少し上あたり』に位置しています。
サードアイチャクラ

サンスクリット名は「アージュニャー」「アジナ」。
これは「理解する」「知る」「知覚する」という意味で、
人生や世の中の普遍的な真理や自分自身を正確に知り、理解するということです。

これまで見てきたチャクラから考えると
このチャクラの発達時期は、
35歳くらいからということになりますが、
「自分自身を正確に知ること」はたやすいことではないため、
ハートチャクラやスロートチャクラと同様に
一生を通しての発達が課題になるチャクラです。

まれに、小さな頃からずっと開いている人もいるでしょうし、
人生の後半や終わり近くに急に開花する人もいるでしょう。
その人が生きているうちに「何を学ぶか」で
開花の時期を早めることもあれば、遅くすることもあると思います。

肉体的には、脳・神経系・下垂体・松果体、目・鼻・耳を司り、
これらの健康に深く関係しています。
右脳と左脳の統合もこのチャクラの役割です。

チャクラがバランスを崩すと、
肉体的には頭痛や偏頭痛、目や鼻、耳の病気、
神経系の障害、記憶力低下などが起きやすくなります。
また、松果体と関連しているため
メラトニンやセロトニン産生に影響し、不眠症を引き起こしたりします。
(これは第7チャクラも関連しています。)

精神的には、創造的な考えを持ちながらも実行できず、
落ち込んでクヨクヨしたり、それを他人のせいにしたりして、
自分の人生の責任をとりたくないという傾向になったりするでしょう。
自分自身を信頼できず、真実を見ることを恐れ、
現実から目を背けるようになるのも、
このチャクラがバランスを崩している現れです。

またもうひとつ、このチャクラがうまく機能していないと起こることがあります。
それは、物質主義的になったり、合理性や理屈にばかり固執したり、
目に見えないものを軽視したり…
物事の真の意味を探ろうとしなくなったり…そういった傾向があらわれるでしょう。
逆に、このチャクラばかりが発達すると
フワフワと空想を追い求めるような状態になり、
いわゆる地に足のついた生活ができなくなるかもしれません。

それゆえ、サードアイチャクラを開き、うまく機能させるには、
第1〜第5チャクラをしっかり見直し、
地に足をつけるようグラウンディングしておくことが大切なのです。
まずは、3次元の世界にしっかり根づき、
地に足をつけてこそ、このチャクラも輝きます。
そのことを覚えておいて下さい。

第6チャクラが開花し、バランスが整うと
2つの目では見えないものが見えたり(透視、霊視)、
2つの耳では聞こえないものが聞こえたり(霊聴)、
触れることで情報を得たり(超感覚)…といった
いわゆる“サイキック”な感覚が目覚め始めます。
第3チャクラで感じたシックスセンス(第6感)を
より研ぎ澄まされた感覚で捉えるのがこのチャクラです。

とはいえ、霊視力や霊聴力などを開花させることが
このチャクラの課題や目的ではありません。
取り組んでいくうちに、そういう能力が開花してくることもありますが、
大切なことはその先にあります。
それは、サードアイチャクラを開く
=「魂の目」が開くことであるということです。
ブルームーン

「魂の目」というのは、
通常ある2つの目では見えないものを見る目のこと。

私達の2つの目は、形あるものを認識する道具ですが、
「魂の目」は、高次元の意識と結びつき、
見る、聞く、嗅ぐ、触れる、味わう…といった五感の始まりがすべて
自分の内面の視覚や洞察力だったことを思い出させてくれる道具なのです。

例えば、“心”“感情”“精神”“物事の本質”“物事を見極める力”
“次元の高い世界で起きていること”…などは、2つの目では見えません。
もちろん、それらは形がなく“物質”ではないということもありますが、
なぜ、見えないのかといえば…
私達人間には“エゴ”があるからです。
“エゴ”とは“我”“自己”のこと。
エゴはそれらを見ることを阻んでいる大きな要因です。

その一方、私達には“智慧”という研ぎ澄まされた直観力も備わっています。
それゆえ、直観力が働き、自分のエゴを解放することができるようになると
あらゆることに対する主観的な見方からエゴを切り離すことや
自分が出会うひとつひとつの事柄の中にある
“崇高な意図”を感じとることができるようになります。

確かな証拠がなく、論理的に説明ができなくても
『わかった』と直観で感じる時、
第3の目がしっかり開き、今までは見えなかったことが見えるようになるのです。
それは、サイキックな感覚と連動しています。

ここでいう“エゴを切り離す”というのは、
“恐れ”に突き動かされた自分の声のみを静めることを意味しています。
それによって、心を開き、エゴ(自己)にとらわれず、客観的な見方を持つこと、
人間が作り上げた真理、誤った真理から
自分の真実を呼び戻すことができるようになるのです。

このチャクラへの取り組みは、
何にも代えがたい、とても幸せなことではないかと思います。
なぜなら、第6チャクラがうまく機能するようになると
私たちはたえず高次元の意識とつながり、
高まった直観力とインスピレーション、深い洞察力で、
自分の人生の目的やヴィジョンの実現化へと導き、
自分自身を素晴らしい方向に導くことができるようになるからです。
また、自分の中に存在する“神の叡智”に気づき、
与えられた自分の個性を最大限に
光り輝かせることができるようになるでしょう。

これこそが第6チャクラの目的です。

ひとりひとりが楽しみながら、その目的を達成できたら…
こんなに素晴らしいことはないのではないでしょうか。

ただ、ここまで意識を高めていくことは
そう簡単なことではありません。
それゆえ、生涯を通して学びが必要なチャクラなのです。

とはいえ、今という時は、
地球上の誰もがそうなっていくよう
あらゆる高次元の存在が導きとサポートをしてくれているような…
そんな気がしてなりません。
私達ひとりひとりがそれに気がつき、ハートをオープンにするだけで
このチャクラの活性化がグングン進むのではないかと思います。
そのことも頭の片隅に入れておいていただけると幸いです。

ではここで、
ご自身のサードアイチャクラの状態をチェックしてみましょう。
2個以上思い当たれば、このチャクラが開いていない、
もしくはアンバランスになっている可能性があります。

是非、今までお話してきたことを意識しながら、
その後にお伝えするサードアイチャクラを開き、整えるための
チャクラバランシング・ワークを試してみて下さい。

ただ、サードチャクラが開くタイミングは人それぞれです。
是非あせらず、ご自分のペースでやってみましょう。

【サードアイチャクラの状態チェック】
イメージ

思い当たる項目をチェックして下さい。

  1. 直感が働かず、知識に頼る

  2. 集中力に欠け、考えがまとまらない

  3. 優柔不断

  4. 不安や恐怖心でいっぱい

  5. 頭痛がする

  6. 地に足が着かない

 

<チャクラバランシング・ワーク>

【情報をOFFにして、静かな時間を作る】

まずは、1日のうちでほんのひと時でも、
あらゆる情報をOFFにする時間を持つよう心がけましょう。
これが第6チャクラを開く、バランスを整えるワークの基本です。

私たちの周りにはたえず情報があふれ、意識をしていようがいまいが
それらが目からも耳からもたくさん入ってきます。
そこで、あらゆる情報でパンク寸前の頭をリセットしてあげる時間をお作り下さい。
定期的にテレビや新聞・雑誌・インターネット・携帯電話から離れる時間を作りましょう。

新しい情報を入れず、今まで溜まっていたものが少しずつ削除され始めると、
俄然魂の振動力が強まります。
このことだけで第6チャクラの本当の力が早く目覚めてくることも期待できるでしょう。

【サードアイチャクラと身体を光で浄化する呼吸法】

これは、イメージトレーニングです。
エネルギーはイメージ通りに動きますので、イメージトレーニングはとても大切です。
また、第3の目を活性化するのにもイメージ力は必須です。
ここでは、できるだけ自分が抱えている負の感情や
肉体に溜まった負のエネルギーが光で浄化され、
自分の奥から真の自分が動き出すのを感じながら行ないましょう。

 

  1. 椅子に座り、背筋を伸ばして静かに目を閉じます。

  2. 身体の中にあった空気を口から全部吐き切り、
    眉間の少し上のサードアイチャクラに意識を集中させます。

  3. 鼻からゆっくりと新たな息を吸い込みます。
    この時、新たな息とともに
    天から降りてくる藍色の光をサードアイチャクラが吸い込みます。
    イメージ

  4. たっぷりと息と光を吸い込み、それらがサードアイと全身を巡って
    満たしていくのをしっかり感じましょう。

  5. 今度はゆっくり口から息を吐いていきます。
    吸う時の倍の時間をかけて、ゆっくりゆっくり吐きます。
    この時、身体の中に溜まった古いエネルギーが藍色の光とともに
    口から全部出ていくのをイメージしながら吐き切ります。

    ※これを10回繰り返しましょう。

 

【第3の目のメディテーション】

上記の5からの続きでメディテーション(瞑想)に入ります。

  1. あらためて眉間の少し上のサードアイチャクラに意識を集中させます。

  2. 心地よい深呼吸を続けながら、そのまま静かな空間を楽しみ、
    頭を空っぽにする心地よさを感じてみましょう。

  3. 2を十分に楽しんだら、目を閉じたまま第3の目の上に軽く両手を置きます。
    そのまま深い呼吸を続けましょう。

  4. 次第に暗かった第3の目の前に色が現れるかもしれません。
    人によっては、藍色の光、金色の光が見えるかもしれません。
    その感覚をしばらく楽しみましょう。
    (何も見えない場合も、手のぬくもりを感じながら楽しんで下さい。)

  5. 手を下ろし、数回深呼吸をし、ゆっくり目を開けます。

 

【サードアイチャクラに働きかける色、クリスタル、アロマなど】


それぞれのチャクラには、対応した色があります。
チャクラは回転する光の輪のように見えますが、
それぞれ違うスピードで回転するため、異なった光の波長を発し、
異なった色として知覚されます。
サードアイチャクラに対応する色は深い藍色です。
部屋に藍色の花を飾り、視覚的に感じてもいいと思いますし、
藍色の帽子をかぶったり、カチューシャなどをしたりすると
自然とチャクラのエネルギーを補い、サードアイの開花を手伝ってくれるでしょう。
イメージ

また、サードアイチャクラを活性化するのに役立つクリスタルは
アメジスト、ラピスラズリ、アジュライト、フローライト、ソーダライトなどです。
ペンダントとして身に着けたり、手首につけたり、
仰向けになってリラックスし、これらのパワーストーンを
第3の目の位置に置いてみてもよいでしょう。

さらに、アロマの精油の香りと波動がチャクラを活性化します。
サードアイチャクラを活性化するのに役立つのは、
ローズマリー、ペパーミント、ジュニパーなど。
アロマの香りと波動のパワーは、第3の目を大いに刺激しますので、
上記の参考精油にとらわれず、
是非、自分がもっとも心地がよいと感じる香りを
お部屋に焚いたり、お風呂に3〜5滴垂らしてみたりして下さい。

【サードアイチャクラを活性化するアファメーションとマントラ】

次の言葉は、サードアイチャクラを活性化するアファメーションです。
これまでもお伝えしてきましたが、アファメーションとは“肯定的な宣言”のこと。
心の中で思うことや口から発する言葉のエネルギーの力は、
私たちの想像を超えるほど大きく、実際にその状態を引き寄せます。
是非、肯定的な言葉を使うようにしましょう。

「私は、私を導き、守ってくれる内なる自分のを信じています。」

「自分と他人をあるがままに受け入れます。」

「想像力は、私にとって安全で幸せな世界を創ることを知っています。」

また、このチャクラに働きかけるマントラは「Om(オーム)」です。
深呼吸をしながら、またはグラウンディングしながら、
さらには半蓮華座で座りながら、繰り返し唱えてみましょう。

残念なことに、日本では変な形でポピュラーになってしまった言葉ですが、
「Om(オーム)」は、どのチャクラにも働きかけてくれる、とても波動の高いマントラです。
宇宙の響きそのものと人を結びつけてくれるものであり、
絶対的なるものの象徴といわれています。

さて、では最初にお話したとおり
私の“第3の目開花実感体験”をお話したいと思います。
それは、自分の第3の目が開いた時ではなく、
ああ、開いているんだ…と気がついた時のお話です。

ある朝、私は普通通りに目を覚まし、
まだ眠いなぁ…と、もう一度目を閉じました。
すると次の瞬間、突然目の前にスクリーンが現れました。
意識はハッキリしているので、
「ん?何これ?」と思いながら見ていると、
スクリーンの中では、ドラマが繰り広げられ始めたのです。

何が映っていたのか、今でもしっかり覚えていますが、
それは病院の産婦人科の中の様子。
私は、ちょうど斜め上に取り付けられている
監視カメラ(?)の位置から見ています。

バタバタと妊婦さんが運ばれてきて、
医者や看護師さんたちがあわてて対応しています。
そして次の瞬間、場面が変わりました。
赤ちゃんを抱っこした助産師さんの姿が映し出され、
マスク姿ながらその顔に笑みを浮かべていることがわかります。

「ああ、生まれたんだ…。」
しばらくその場面が続き、ふと気になりました。
ママはどうしたのだろう?と。
考えたら、どこにもママの姿はなかったのです。

何となく嫌な予感がした次の瞬間、
安置室のようなところに何かを入れ、バタンと締める音が…。

「遺体安置室…?」
その言葉が頭をよぎった瞬間、
「ママは亡くなったの…?」そう思いました。

初めて見えたスクリーンが
自分の第3の目が見ているものだということはすぐにわかりました。
でも、なぜ、そのような映像が見えたのかはわからず、
何となく重たく悲しい気持ちになりました。

そして数日後、
見えた映像の意味がわかるような出来事がありました。

あったというより目にした…という方が正しいかもしれません。
それは、テレビのニュース番組、
救急車で運ばれた妊婦さんが、
多くの病院から受け入れ拒否をされてしまい、
ようやく受け入れてくれた病院で出産後、亡くなられた…というニュースでした。

ハッとしました。
もしかしたら、あの時見た映像は、このことだったのかもしれない…。
ということは、
私は未来の出来事を見てしまったの?と…。

あの映像が本当にそのことだったのかは、いまだにわかりません。

ただ、そのスクリーンが“始まり”だったことは
次の日理解しました。
というのも、それから毎日のように、
寝る前か起きた時、目を閉じると
ブワンとスクリーンが現れるようになったからです。

ただ、その後の見える映像は、あの病院の中の時は違い、
あきらかに現在ではなく、しかも日本でもなく、
あらゆる時代のあらゆる外国の映像が大半でした。
そして、その中の登場人物は男性だったり女性だったり…
いずれも、まるで私が映画かドラマを撮っているカメラマンかのように、
時には、顔がクローズアップにされたり、引きで見ていたり…。
また、時には昔の無声映画のように早回しで展開していたり…。

毎日、ハッキリと見えるようになってしまったので
何が見えているのか、またその映像にどんな意味があるのかが気になり、
結局、第3の目が開いているヒーラーさんに聞きに行くことにしました。
イメージ

そして、何人かの方に伺いましたが、皆、同じ返答でした。
病院の映像以外の
私が毎日見ていたものは…『自分の過去世』とのこと。
つまり、自分の過去世の記録(アカシック・レコード)とつながり、
私自身の過去世がスクリーンに映し出されていた…ということです。

そして、その体験は、見た映像の内容が重要なわけではなく、
私の第3の目が覚醒してきたことを知らせる
デモンストレーションだったということでした。
その証拠に、ヒーラーさんに答えをいただいた後は
スクリーンに映る映像は
過去世ではないであろうものがほとんどです。

このスクリーンのことは、サイキックな方からは聞いていましたが、
あのタイミングで自分も体験するようになるとは…
予想外のことに最初は驚きました。

ですが、あの初体験から今に至るまで
色々な映像を随分と見てきましたので、
今はもうすっかり慣れてしまいました(笑)。
ただ、見るたびに自分のハイアーセルフとのつながりを実感し、
毎回ありがたいなぁと感じています。

見た映像の解釈は相変わらず難しく…
まだまだトレーニングが必要だなぁとは思っていますが。

第6チャクラが開いていることを実感する体験は様々だと思います。
このようなことがないからといって、
第6チャクラが閉じているというわけではありません。
また、こういった体験があっても、
完全に、またずっと開いているともかぎりません。

今回お話したように、すべてを深い部分で理解し、
自分の中の神の叡智に気づき、悟りに達するように理解した時…
第3の目は完全に開かれ、それが閉じることはない…
という状態になるのだろうと私は思います。

では最後に…

今回も『チャクラ融合への祈り』を載せておきましょう。

『チャクラ融合への祈り』は、
いつでも気がついた時に読むとよいとされていて、
それを忍耐強く続けると、2週間以内には『チャクラ融合』といっただけで
融合ができるようになり、4〜5週間続けると融合した状態から
外れないようになるといわれています。
何度もやって下さっている方はそろそろ慣れた頃でしょうか。
『チャクラ融合』が簡単に、またその状態が続いているかもしれませんね。

読み終えた後、多次元的にグラウンディングをする方法も
あわせて載せてありますので、是非、お試し下さい。

では、始めましょう。
(大天使アリエル&タシラ・タチ−レン著
 「ライトボディの目覚め」より抜粋させていただきます。)

【チャクラ融合への祈り】

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
わたしのハートは開きはじめ
わたし自身が美しい「光」の球へと
広がってゆきます

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしののどのチャクラと 
太陽神経叢のチャクラを
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの眉間のチャクラと 
下腹のチャクラを
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしのクラウンチャクラと 
ベースチャクラを
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしのアルファチャクラ(頭上約20cm)と 
オメガチャクラ(背骨の下20cm)を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしのメタトロンの波動が
この2つの点のあいだを流れるようにします
アイ・アム(※)、「わたし」は「光」とひとつです
イメージ

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第8チャクラ(頭の上方)と 
太もも上部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからの感情体を肉体に融け合わせます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第9チャクラ(頭の上方)と 
太もも下部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからの精神体と肉体に融け合わせます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第10チャクラ(頭の上方)と 
膝を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからのスピリット体を肉体に一体化させて
融合したフィールドをつくりあげます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第11チャクラ(頭の上方)と 
すねの上部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはオーバーソウルを
融合したフィールドに一体化させます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第12チャクラ(頭の上方)と 
すねの下部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはキリスト・オーバーソウルを
融合したフィールドに一体化させます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第13チャクラ(頭の上方)と
足を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからのオーバーソウルを
融合したフィールドに一体化させます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第14チャクラ(頭の上方)と 
足もとの地面を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしは「根源の存在」を
融合したフィールド全体にゆきわたらせます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
どうかわたしの最高次のスピリットが
ハートの中心より輝き出し
この融合したフィールドを
完全に満たしつくすようにしてください
わたしはこの日1日じゅう「光」を放ちます
アイ・アム、「わたし」はスピリットとひとつです

※アイ・アム(I am)…ここでは単に「私は・・・である」
 という意にとどまらず、
 神でありすべてである自己という意味。
 もともとはモーゼが神に名をたずねた時、神が答えたという言葉
 『アへィァ・アッシャー・アへィァ(われはわれたるもの)』の英訳
 『I am that I am』からきたフレーズ。
 神智学では『神我』などとも訳される。
 この「祈りの言葉」では、原文の音のパワーと効果を生かすために
 『I am』をそのまま用いている。

『チャクラ融合への祈り』を読み終えたら、多次元的にグラウンディングしましょう。
太い「光」のラインがオメガ・チャクラ(背骨の下約20cm)から発しているのをイメージして下さい。
それがあなたの背骨に沿ってずっと上昇していき、
そのまま融合フィールドの上層部までつながっていきます。
惑星地球にではなく、あなた自身のスピリットの広大さへとグラウンディングしましょう。
地球も変異のさなかにあるのですから。
あなたのスピリットがあなたを安定させるのを許しましょう。
あなたのオメガ・チャクラのポイントから、裾広がりのスカートのように
12本の「光」のラインを下方へと伸ばします。
それによってあなた自身を、この惑星ホログラムの平行現実を通して安定化させるのです。

以上です。

さあ、次回はいよいよ7つのチャクラの一番上
頭頂部にある第7チャクラです。
サンスクリット語で「サハスラーラ」=「千枚の花びらを持つ蓮の花」
という意味を持ち、
第1チャクラのpart1でお伝えした“クンダリーニの覚醒”で
賢者たちが第7チャクラにたどり着いた状態を
“至福”“恍惚”“忘我”と表現したことが
不思議ではないチャクラです。
私自身もこの数年間でどんどん変化しているのを感じています。

宇宙とのつながりをしっかりと実感できるチャクラですので、
是非、お楽しみに♪
イメージ

<参考文献>
・ライトボディの目覚め  大天使アリエル&タシラ・タチ-レン著
・アセンション・ハンドブック トニー・スタッブス著
・プレアデス 神聖な流れに還る  アモラ・クァン・イン著
・チャクラパワーを開く メアリー・ホーズリー著
・チャクラ・ヒーリング ブレンダ・デーヴィス著
・チャクラ・バイブル パトリシア・マーシア著
・暮らしのチャクラ 武藤悦子著

 

TOP
 
copyright(c) since 2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.