mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2011年5月 チャクラ・ハーモニー part5
  〜スロートチャクラと真の自己表現力〜

青葉がまぶしい季節になりました。
外を歩けば、顔や髪に
たわむれる風が心地よく、
早くも初夏のさわやかさを感じますね。
皆さま、いかがお過ごしですか? (^-^)

さて、早いものでチャクラハーモニーも
part5となりました。

今回、このシリーズを進めていく中で、
大震災という大きな出来事がありました。
その影響はとても大きなもので、
今、皆さまのハートチャクラに変動が
起きていることは、前回お話しましたね。

そもそも変化が起きていた
私たちのチャクラですが、
このことでさらなる
変化が促された…という感じなのです。

また現在、ハートチャクラと同様に変化が起き、
解放の必要性を感じているのは、
今回お伝えする
「第5チャクラ=喉のチャクラ」です。

 

イメージ

 

特に震災後、喉の奥のあたりがイガイガする感じ、
何かが詰まっている感じがする…という方が増えています。
それは、震災のショック、恐怖、不安…あらゆる気持ちを外に出せずに
溜め込んでいらっしゃるからではないでしょうか。

実際に被災されたわけではなくても、
ニュースで見たり聞いたりして、あまりのことの大きさに
自分の中の不安感や恐れが増幅していたり…
実際に感じた大きな大地の揺れを通して、
自分の根幹が大きく揺り動かされている感じがしていたり…。

実際にそう感じていても、
「被災地の方に比べたら、こんなのはたいしたことはない。
 そんなことは言ってられない」とご自分を思い込ませ、
感情の吐露にストップをかけている方も少なくないような気がします。
また、無意識ながらそういう感情を持っていることすら
見ないようにしていらっしゃる方も…。

喉のチャクラ

それが続くと、知らないうちに
喉のチャクラのブロックが
強くなってしまいます。

そもそも喉のチャクラは、
とても滞りやすいチャクラです。
正直に話すことや
真実の自分を見せることを
抑えていたり、
言いたいことを
飲み込んでしまうクセがある方は
必ず喉のチャクラの
ブロックが見られます。

ただ、この社会において、
言いたいことを我慢していない
という人の方が
少ないかもしれませんので、
皆、ある程度このチャクラには
ブロックがあり、
何かしら喉の奥に溜めている…
といえるのではないかと思います。

 

特に私たち日本人は、
『本音と建前』を分ける人種といわれます。
心の中にある本音を正直に語るのが下手なので、
喉のチャクラに滞りがある人が多いかもしれません。

ですが今は、
私たちひとりひとりに大きな変化が起きている時です。
手放す準備ができている方は
喉のチャクラに溜めていたものを
一気に解放できる時でもあるはずです。

現在、ネガティブな感情や想いが表面に上がってきて
何となく気持ちがしんどい…という方は、
準備ができている可能性が高いので、
是非、ここで思い切り解放してしまって下さい。

湧き上がってきた感情を声に出したり、
言葉にして話したりすることで浄化が始まります。

そこで、今回の第5チャクラの情報は、
ハートや喉のブロックを積極的に解放できるよう、
是非、ご自身の喉のチャクラを意識しながら、
読み進めてみて下さい。
そうすることで、ハートや喉のあたりが
少し楽になられるかもしれません。

では、そろそろ本題に入りたいと思いますが、
その前に・・・
前回お伝えしました『融合チャクラ』について
もう少し詳しくお伝えしておきましょう。

前回、ハートチャクラが目覚め、より深く開いていくと、
チャクラ全体の中でこのチャクラが主導権を握ることになり、
他のチャクラもすべて動き出し、チャクラ同士が融け合い、
今まではバラバラだったチャクラシステムが融合する…
というお話をしました。

これは、私たちひとりひとりに確実に起こっている…
またはこれから起こるであろう、とても大切な変化です。
でも、それがどういうことなのかイメージが湧かない
という方も多いのではないかと思います。
そこで、もう少し詳しくお伝えしましょう。

 

<“融合チャクラ”について>


これまでチャクラは、
“私たちのエネルギーフィールド間の交流の手段”だとされ、
肉体内の7つのポイントを中心とする“円錐形のもの”とされていました。

ですが現在、個々の円錐は球状へ変わりながら、
ハートチャクラを中心とする“一つの融合チャクラ”へと
進化しつつあるといわれています。
そしてそれが完全に一つに融合されると、
肉体や肉体の周りにある感情体、精神体、スピリット体を同盟させ、
エネルギー全体を調和させることが可能になるというのです。

そもそも、ハートチャクラを
他のチャクラから孤立化させ、チャクラシステムをバラバラにしたのは、
スピリットとしての私たち自身です。
それは、カルマを創造したり、体験したり、解消する…
という一連の課題のためには必要な制限だからです。

前回ご紹介した『ライトボディの目覚め』の中で
アライア・ズィオンドラ(現ザラザイエル・ヨヴェル)は
それを“カルマ・ゲーム”と呼んでいますが、
「“カルマ・ゲーム”においては、
 体内の7つのチャクラはアストラル界からだけの
 エネルギーを変換するようにあえて制限されていた」といいます。

この制限の中では、チャクラは身体の前後で
2つの円錐のように見えます。
イメージ
ひとつの円錐は身体の前方に向かって開き、
もうひとつは背中の側に向かって開いていて、
細まりつつ体内の中心で結合する点は封印されている点です。
つまり、カルマ・ゲームにおいては、
チャクラの中心部はあえて「封印されている」ということです。
また、こうしたチャクラ構造の形は、前から後ろへ、後ろから前へしか
エネルギーを移動させることができず、
高次元の振動数には対処できないといわれています。

そこで、私たちのチャクラが融合チャクラへと変化していくには、
どのようなことが起きるのかですが…ここからが興味深いですね。
前述『ライトボディの目覚め』に
そのあたりが詳しく描写されていますので、
ここで抜粋させていただきます。
文章の最後の方は、少し専門的な言葉が出てきますが、
後で補足させていただきますので、まずはお読み下さい。

「ライトボディのプロセスが活性化されると、
 この中心にある“封印”は破壊されます。

 するとチャクラの構造はだんだんと中心から開き始め、
 チャクラが球状になるまで開きつづけます。
 これによりチャクラはエネルギーを全方向に放射し、
 高次元からの振動数を変換させ始めるのです。

 肉体はためこまれたカルマの堆積物を捨て去りはじめ、
 球状の青写真はもはやそれ以上の蓄積を不可能にします。

 そして、すべてのチャクラがひとつの融合した
 エネルギーフィールドとして一体化するまで、
 球状がサイズを拡大させつづけます。
 イメージ

 肉体外の上方のチャクラはそれぞれ幾何学的構造の青写真をもっていて、
 そのチャクラに関係した特定の次元かオーバーソウルの振動数を
 変換させるようになっています。
 第8・第9チャクラは、銀河アクシオトーナル・ラインが通過する平面的な
 結晶体テンプレートも保有しています。
 これらのテンプレートは、ひとたびアクシオトーナル・メリディアンシステムが
 再結合すれば、オーバーソウルがその人の肉体に対する星からの作用を
 調整するために用いられています。

 オーバーソウルは、第8チャクラからアクシオトーナル・ラインと
 アクシナル循環システムを適合させます。
 つまり、第8チャクラには、体のシステムを変異させ、
 各エネルギーを融合させる“司令塔”としての役割があるのです。・・・」

ここからは、アダマ&ハキラ著『アクシオトーナル・アライメント』と
『Star Peaople 2006 Autumn vol.19』にある説明を抜粋しながらお伝えします。

この文章の最後に出てくる“アクシオトーナル・ライン”とは何かというと…
私たちのもつライト・ボディ構造の一部で
肉体の経絡に沿って身体を流れるグリッド・ラインの総称をそう呼んでいます。

そのラインは、地球に流れるユニバーサル・エネルギーフィールドと同じようなラインで
人間の脊髄を中心にユニバーサル・ラインが流れているといわれています。
それと同時に、このラインは肉体の経絡に沿って流れている
プラーナ管のような役割もしており、チャクラやオーラの層とも連結しているそうです。

チャクラのグリッドをこのアクシオトーナル・ラインに結びつけることによって
チャクラは、高次に進化した宇宙的な共鳴のグリッドや波動に接続されるのです。
そして、このすべてのエネルギーラインと肉体の全細胞をつなげている
5次元上の循環システムが存在するといわれています。
また、アクシオトーナル・ラインには、人間がこの地球上に生まれた歴史、
この銀河からの情報や知識が組み込まれていて、
私たちが肉体だけの存在ではないということに気がつかせてくれる生きた情報が
光や音となって存在しているそうです。

 

 

・・・一応、抜粋しながら説明させていただきましたが、
これらの一連の変化を言葉で聞いても
あまりピンとこないかもしれませんね。
そもそも見えないレベルで起こっているスケールの大きいことを
イメージでとらえることは少々難しいことかもしれません。

そこで、多次元的に見たエネルギーフィールドが描かれた絵をご紹介します。
幻想的芸術家であるアレックス・グレイ氏による
『セークレッド・ミラーズ8聖なる鏡)』というタイトルのもので
全部で21枚の作品で構成されていますが、
その中の3枚を掲載させていただきます。
2の“スピリチュアル・エネルギー・システム”が
まさに今、説明しました“アクシオトーナル・ライン”を描いていますので、
是非、参考にして下さい。

サイキック・エネルギー・システム
1
スピリチュアル・エネルギー・システム
2
宇宙的マインドのラティス
3

1の絵のタイトルは“サイキック・エネルギー・システム”。
これは、人体の解剖学的構造と結びついた様々なチャクラや経絡システム、
エネルギー交流などが描かれています。

次に2の絵のタイトルは“スピリチュアル・エネルギー・システム”。
ここでは、肉体の解剖学的要素が薄まり、エネルギー交流や
主要な光のラインなどが重点的に描かれています。
アクシオトーナル・ラインと
融合チャクラを通して一体化したエネルギーフィールドをあらわしています。

ご本人は、
「このシステムは、高揚した意識のイメージであり、
 肉体は、自己や周囲にいつでも存在し、深く浸透している。
 霊的意識の微細なエネルギーが循環できるような透過チャネルとなった。
 身体と平行して流れるエネルギー線は、頭頂から外に広がり出て、
 カーブを描きながら足元から戻ってくる。
 つまり、円環状に流れていることになる。」と解説していらっしゃいます。

そして、最後の3の絵のタイトルは“宇宙的マインドのラティス”。
ここに描かれているのは、物理的な肉体から一段と離れた視点から見た
宇宙とつながる光のラインです。
一体化したエネルギーフィールドは、
次第に宇宙的なパルスとシンクロして連動するようになっていきますが、
まさに多次元的な観点からその様子を見たのがこの3です。

アレックス・グレイ氏の幻想的な絵をもっとご覧になりたい方は
こちらへどうぞ→http://www.cosm.org/index.html

私たち人間にとって、融合チャクラ、融合フィールドへの変化は、
とても大きなものです。

これまで各チャクラの反応は
ハートチャクラの介入を受けないものであるがゆえに
低位のチャクラを暴走させているところがありました。
ですが、融合チャクラとともに働けば、
低位のチャクラも高位のチャクラもひとつになり、
すべてのチャクラがハートの中心から
流れ出る愛のエネルギーの周波数で機能することになるのです。
これは、大きな大きな変化ですね。

また、私たちのチャクラが融合チャクラとなり、
そこから織り成す融合フィールドに包まれると、
自分に必要なものはすべて
時をたがえずして融合フィールドに必要なだけやってくる・・・
という変化をもたらすといわれています。

もっといえば・・・

現在、私たち人間の身体は、
次元を超え、少しずつ光の身体へと変化していっているといわれています。
それは、この接続されたアクシオトーナル・ラインを
通すことで可能になり、新たに再生プログラミングがなされていく…とのこと。
ひとりひとりが光に変化していく…何となくワクワクしませんか?

・・・と、このことについては、
またお伝えしていきたいと思っていますので、
どうぞお楽しみに。

ということで、前回に引き続き、今回も最後に
融合チャクラ、融合フィールドへ私たちのチャクラや
エネルギーの変化を加速させるツールとしての
『チャクラ融合への祈り』を載せておきますので、
是非、お試し下さい。

さあ、では、いよいよ第5チャクラのお話に入りましょう。

 

<チャクラの特徴と働き>

今回は、第5チャクラの特徴と働きを見ていきたいと思います。
いつものように、最後にはチャクラ状態チェック項目を書いておきますので、
ご自身のスロートチャクラの滞りをチェックしてみて下さい。

【第5チャクラ(スロートチャクラ)】
チャクラ

  • サンスクリット名と意味…ヴィシュッダ。浄化、純粋。
  • 位置…首の付け根、喉仏の少し下あたり。
  • 発達する年齢…28歳〜35歳くらいまで
  • 働き…自己表現、コミュニケーション
  • 対応する色…ブルー
  • 身体の部位…喉、甲状腺、副甲状腺、気管、食道、首、口、顎、歯、耳
  • 関係する内分泌腺…甲状腺、副甲状腺
  • 元素…空(エーテル)
  • 感覚…聴覚
  • クリスタル…ターコイズ、フローライト、アクアマリン、ラピスラズリ、
    ブルーレースアゲート、セレスタイトなど。
  • 働きかける精油…カモミール、ユーカリ、ミルラなど。
  • マントラ…「Ham(ハーング)または(ハーム)」

自己表現、コミュニケーション、創造性を司っている第5チャクラは、
『首の付け根、喉仏の少し下あたり』に位置していることから、
“スロートチャクラ”と呼ばれます。

サンスクリット名では『ヴィシュッダ』といい、
この言葉には「浄化」「純粋」という意味があります。

スロートチャクラを開き、エネルギーをめぐらせることは、
自分を“浄化”する大切な方法であり、
自分と自分、他人と自分とのコミュニケーションの
“純粋”さを高めることでもある…ということです。
また、自分自身の内なる声=ハイアーセルフとの
純粋なコミュニケーションの場であるという意味もあるでしょう。

スロートチャクラが主に発達する年齢は、
28歳頃〜35歳頃とされていますが、
ハートチャクラ同様、一生を通じて学びが多いチャクラです。
ただ、この主な発達期にトラウマを経験すると、
コミュニケーションが苦手になる、簡単に嘘をつく、
人間関係が長続きしない、
創造性が抑圧される…などの傾向が見られるようです。

肉体的には、喉、甲状腺、副甲状腺、気管、食道、首、口、顎、歯、耳を司り、
これらの部分の健康状態に深く関係しています。
スロートチャクラがブロックしていたり、損傷を受けていたりすると、
喉の痛みや風邪、首の痛み、歯の問題、耳の問題、
また甲状腺機能低下症や甲状腺機能亢進症を起こす可能性があります。

私たちは、その都度その都度、本当に言いたいことを
きちんと表現できなかったり、後になって後悔するようなことを
感情任せに言ってしまったりすることがあります。
そうすると、喉のチャクラがストレスを感じ、締めつけられ、
息ができないような感覚に陥ります。

言いたいことを溜め込みすぎると、喉の腫れや痛みに繋がるだけでなく、
その場、その場で何を言ったらいいかわからなくなったり、
自分の内側とのコミュニケーションがとれなくなり、
自分自身の真実がわからなくなったりします。

逆に、口数が多すぎたり、
口から出ることが独断的で傲慢になってしまう場合、
相手を傷つけるような言葉を発してしまう場合などは
このチャクラが開きすぎているのかもしれません。
いずれも、このチャクラのバランスをとることが必要です。

このチャクラに関連する病気の多くは、
“真実の自分を表現する能力がブロックされている”
ということを示していると言われます。
もともと真実の自分を表現するのが下手な
私たち日本人は、特に注意が必要なのかもしれません。
ブルームーン

第5チャクラは、私たちの“意志や“自己表現”の宿る場所です。
あらゆる選択においての自分の意志や自己表現は、
自分や他人にだけでなく、社会や環境や、
もっと広い視点で見ると地球全体に対しても影響力を持ちます。
地球上におけるひとりひとりの役割はとても大きいのです。
是非、それは覚えておいて下さい。

そして、ここからが特に重要です。
スロートチャクラは、低位と高位のチャクラをつなぐハートチャクラを超え、
高位チャクラの始まりのチャクラです。

このチャクラには、
『高次元の存在に委ねる』という課題があります。
私たちが日々判断すること、決断すること、その意志において、
“高次元の存在のに委ねる”という学びがあるチャクラなのです。

私たちは、今生自分の人生を歩んできた中で
あらゆることを自分自身だけで判断したり決断したりしてきたような
気がしていますが…実はそうではありません。

自分の判断や決断だと思っていたことが、
実は、自分の中の高次元の存在であるハイアーセルフ、
またはその他見守ってくれている高次元の存在たちの導きに
従ったことだった…ということがどれほどあったでしょう。

つまり、それらの存在と私たちはたえずつながっていて
導かれながら生きてきた…ということですね。

まずはそのことに気がつき、高次元の声に耳を傾け、
それに心の底から従う…それがこのチャクラの課題です。

では、そうするにはどうしたらよいかというと、
まずは『自分の意志を手放す』ということ。
ここでいう『自分の意志』というのは、
『自分のとらわれやエゴの観点から創られた意志』という意味です。
そのような自分の意志を完全に手放し、
とらわれやエゴを含まない
高次元からの声に導かれた意志を自分の意志にするのです。

では、“高次元からの声に導かれる自分の意志”とは、
どのようなものでしょうか。

簡単にいえば、「常に信頼できるもの」です。
イメージ

1ミリたりともぶれることなく、絶対的な愛や真理が根底にあるもの。
高次元からの声、つまり内なる神に従って決断を下すと、
それがどのようなものであっても、
私たちは、自分にも他人にも正直でいることができるでしょう。

もともとこれはかなり高度な課題でした。
なぜなら、高次元からの導き、声、メッセージは、
時に、自分にとって都合が悪い場合もあるからです。
それゆえ、私たちはその声を無視したり、
自分に都合のいいように捉えてしまいがちだったのです。

でも、変化の真っ只中にいる私たちには、
それほど難しい課題ではないと思います。

というのも、スロートチャクラには、
高次元の意志に気がつく意欲を起こさせるエネルギーが
しっかり宿っているということと
そもそも私たちの喉のチャクラには、
“インナーボイスチャネル(内なる声の経絡)”という
魂の音が振動させる小さな経絡が自分の魂から伸びているということ…
これらのことに、私たちは皆、気がつき始めているからです。

あとは、自分のエゴやとらわれから創っていた意志を手放しながら、
インナーボイスチャネルを通して
喉のチャクラが自分の魂のエネルギーの音と周波数を受け取り、
魂によって呼び起こされた自発的な表現をするのみなのです。
是非、自信を持ってスロートチャクラを使い、
おひとりおひとりの魂の声を発信していただきたいと思います。

そしてそのことは、このチャクラから高位のチャクラとも深く関係していきます。
是非、これらのことを心の中に入れておいて下さいね。

さらに、スロートチャクラは“透聴力”とも関係しています。
それは、今、お伝えしてきたことを考えると容易に納得できることでしょう。
透聴によって聞こえるのは、実際の声ではなく、
「高次元からの声」「内なる声」からのメッセージやアドバイスなのです。
是非、“耳を傾ける”という気持ちを大切にして、
その声を聞き取ってみて下さい。
イメージ

そして最後にもうひとつ。
スロートチャクラは、第2チャクラ=セイクラルチャクラと共鳴し、
創造性を司っています。
セイクラルチャクラで創造したエネルギーを
実際に表現するのは、このスロートチャクラなのです。
芸術家や芸能関連に携わる方々にセイクラルチャクラと
スロートチャクラの活性化が見られるのはそのためです。

【スロートチャクラの状態チェック】

思い当たる項目をチェックして下さい。

  1. 自分の気持ちを他人にうまく伝えられない

  2. 相手の言っていることが理解しづらい

  3. 神聖なもの、崇高な存在が信じられない

  4. いつも不安感がある

  5. のどの調子が悪い

  6. 声が出しづらい

 

<チャクラバランシング・ワーク>

喉のチャクラは滞りやすいのですが、
その一方、意識すれば解放しやすいチャクラでもあります。
是非、喉の奥に溜め込んでしまう前に、次の活性化法を試し、解放しましょう。

【スロートチャクラ活性化法 首ストレッチ〜喉の光呼吸】

  1. 深呼吸をしながら首を前へ後ろへゆっくり倒していきます。
    これを数回繰り返します。

  2. 次に、首を回します。
    深呼吸を続けながら、首をゆっくり大きく回すよう意識しながら
    右回り、左回りと回します。
    これを数回繰り返しましょう。

  3. 次に、喉の光呼吸をします。
    まずは息を吸います。
    この時、喉のチャクラの位置に、光を吸い込みましょう。

  4. そして、十分喉に光を吸い込んだら、今度は口から吐きながら
    その光を喉から全身へ一気に行き渡らせましょう。
    身体全体に光が流れる感じがしたら、ゆっくり深呼吸をして終了します。

 

【スロートチャクラに意識を集中し、内なる声を聞くエクササイズ】

私たちは皆、自分の直感から流れてくる情報の波をたえず受け取っています。
それらの存在に敬意を払い、“耳を傾ける”という姿勢でその声を聞きましょう。

  1. 静かな場所に座り、深呼吸をしてリラックスし、ゆっくり目を閉じます。

  2. 自分のハイアーセルフに心の中で話しかけます。
    聞きたいことがあればそれを、特に聞くことがなければ、
    「今の自分に必要なメッセージがあれば下さい。」と話しかけてみましょう。

  3. 両耳から喉あたりに意識を集中しましょう。
    あとはただ、ゆっくり待つだけです。

  4. 聞こえてきた声があったら、内容を書き留めておきましょう。
    ハイアーセルフに感謝し、終了します。

 ※エクササイズを続けるうちに、聞こえてきた声がメッセージなのか
  自分の思考なのか区別ができるようになります。
  メッセージは、優しい愛にあふれた声、思考はもう少し厳しい声かもしれません。
  また、続けていくうちに左右どちらかの耳が
  スピリチュアルな耳 =“効き耳”になっていることに気がつくこともあるでしょう。

 

【スロートチャクラに働きかける色、クリスタル、アロマなど】


それぞれのチャクラには、対応した色があります。
チャクラは回転する光の輪のように見えますが、
それぞれ違うスピードで回転するため、異なった光の波長を発し、
異なった色として知覚されるのです。
スロートチャクラに対応する色はブルーです。
部屋にブルー系の花を飾ったり、ブルーのスカーフ、マフラーを首に巻いたりすると、
自然とチャクラのエネルギーを補ってくれるでしょう。

また、スロートチャクラを活性化するのに役立つクリスタルは
ターコイズやフローライト、アクアマリンやラピスラズリ、ブルーレースアゲートなど。
ペンダントとして身に着けたり、手首につけたり、仰向けになってリラックスし、
これらのストーンを喉元に置いてみてもよいでしょう。

さらに、アロマの精油の香りと波動がチャクラを活性化します。
スロートチャクラを活性化するのに役立つのは、
カモミール、ミルラ、ユーカリ、ラベンダーなど。
上記の精油を参考にして、自分がもっとも心地がよいと感じる香りを
お部屋に焚いたり、お風呂に3〜5滴垂らしてもよいでしょう。

【スロートチャクラを活性化するアファメーションとマントラ】

次の言葉は、スロートチャクラを活性化するアファメーションです。
これまでもお伝えしてきましたが、アファメーションとは、肯定的な宣言のことです。
心の中で思うことや口から発する言葉のエネルギーは、私たちの想像を超えるほど大きく、
実際にその状態を引き寄せます。
是非、肯定的な言葉を使うようにしましょう。

「私は、自分の言葉で自分の気持ちを豊かに表現することができます。」

「自己表現は私の喜びです。」

「私は、高まった叡智を人に表現します。」

また、このチャクラに働きかけるマントラは「Ham(ハーング)または(ハーム)」です。
深呼吸をしながら、またはグラウンディングしながら、
さらには半蓮華座で座りながら、繰り返し唱えてみましょう。

では、最後に『チャクラ融合への祈り』を載せておきます。
この『チャクラ融合への祈り』は、
いつでも気がついた時に読むとよいとされていて、
それを忍耐強く続けると、2週間以内には『チャクラ融合』といっただけで
融合ができるようになり、4〜5週間続けると融合した状態から
外れないようになるといわれています。
今回は、読み終えた後、多次元的にグラウンディングをする方法も
あわせて載せておきますので、是非、お試し下さい。

では、始めましょう。
(大天使アリエル&タシラ・タチ−レン著
 「ライトボディの目覚め」より抜粋させていただきます。)

【チャクラ融合への祈り】

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
わたしのハートは開きはじめ
わたし自身が美しい「光」の球へと
広がってゆきます

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしののどのチャクラと 
太陽神経叢のチャクラを
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの眉間のチャクラと 
下腹のチャクラを
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしのクラウンチャクラと 
ベースチャクラを
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしのアルファチャクラ(頭上約20cm)と 
オメガチャクラ(背骨の下20cm)を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしのメタトロンの波動が
この2つの点のあいだを流れるようにします
アイ・アム(※)、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第8チャクラ(頭の上方)と 
太もも上部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからの感情体を肉体に融け合わせます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第9チャクラ(頭の上方)と 
太もも下部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからの精神体と肉体に融け合わせます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第10チャクラ(頭の上方)と 
膝を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからのスピリット体を肉体に一体化させて
融合したフィールドをつくりあげます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第11チャクラ(頭の上方)と 
すねの上部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはオーバーソウルを
融合したフィールドに一体化させます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです
イメージ

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第12チャクラ(頭の上方)と 
すねの下部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはキリスト・オーバーソウルを
融合したフィールドに一体化させます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第13チャクラ(頭の上方)と
足を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからのオーバーソウルを
融合したフィールドに一体化させます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第14チャクラ(頭の上方)と 
足もとの地面を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしは「根源の存在」を
融合したフィールド全体にゆきわたらせます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
どうかわたしの最高次のスピリットが
ハートの中心より輝き出し
この融合したフィールドを
完全に満たしつくすようにしてください
わたしはこの日1日じゅう「光」を放ちます
アイ・アム、「わたし」はスピリットとひとつです

※アイ・アム(I am)…ここでは単に「私は・・・である」
 という意にとどまらず、
 神でありすべてである自己という意味。
 もともとはモーゼが神に名をたずねた時、神が答えたという言葉
 『アへィァ・アッシャー・アへィァ(われはわれたるもの)』の英訳
 『I am that I am』からきたフレーズ。
 神智学では『神我』などとも訳される。
 この「祈りの言葉」では、原文の音のパワーと効果を生かすために
 『I am』をそのまま用いている。

『チャクラ融合への祈り』を読み終えたら、多次元的にグラウンディングしましょう。
太い「光」のラインがオメガ・チャクラ(背骨の下約20cm)から発しているのをイメージして下さい。
それがあなたの背骨に沿ってずっと上昇していき、
そのまま融合フィールドの上層部までつながっていきます。
惑星地球にではなく、あなた自身のスピリットの広大さへとグラウンディングしましょう。
地球も変異のさなかにあるのですから。
あなたのスピリットがあなたを安定させるのを許しましょう。
あなたのオメガ・チャクラのポイントから、裾広がりのスカートのように
12本の「光」のラインを下方へと伸ばします。
それによってあなた自身を、この惑星ホログラムの平行現実を通して安定化させるのです。

以上です。

さあ、次回はいよいよ高位のチャクラのキーポイントになる第6チャクラです。
「第3の目」が宿る大切なチャクラで
今、まさに変化している真っ只中という方が多いチャクラです。
もも香ちゃん

私自身もこの数年間でどんどん変化しているのを感じています。

是非、お楽しみに!

<参考文献>
・ライトボディの目覚め  大天使アリエル&タシラ・タチ-レン著
・アセンション・ハンドブック トニー・スタッブス著
・アクシオトーナル・アライメントDVDブック  アダマ&ハキラ著
・プレアデス 神聖な流れに還る  アモラ・クァン・イン著
・チャクラパワーを開く メアリー・ホーズリー著
・チャクラ・ヒーリング ブレンダ・デーヴィス著
・チャクラ・バイブル パトリシア・マーシア著
・暮らしのチャクラ 武藤悦子著
・Star Peaople 2006 Autumn vol.19  

 

TOP
 
copyright(c) since 2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.