mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2011年4月 チャクラ・ハーモニー part4
          〜ハートチャクラと無償の愛・変化の鍵〜

4月も半ばを過ぎました。
随分と清々しい陽気になりましたね。
満開だった桜も、いつの間にか
葉桜に変わりつつあります。

いつもであれば、
日本中が季節の移り変わりを
心から楽しんでいる頃ですが、
今年の春は
「季節を感じていられない」
という方が多いかもしれません。
また、目に映る春らしい光景が
何となくむなしく
感じられてしまったりする方も…。

日本中がそういった雰囲気に包まれ、
昨年までの春とは
明らかに違う現在です。
そこで今回の情報も、
そういう今だからこそ、
是非、お読みいただきたいと
思っています。

 

桜
桜

“チャクラハーモニー”も
4回目…パート4になります。
今回は「無償の愛」がテーマの
「第4チャクラ=ハートのチャクラ編」です。

ここしばらくハートが
ワサワサしていたり、
たまにドックンとする…など、
ハートチャクラに
何かしらの変化が起きていることを
自覚していらっしゃる方も
多いのではないでしょうか。

そして、さらに・・・
今回の東日本大震災は
とてつもなく大きな出来事でした。
あまりにショックで
悲しいことであるとともに、
たくさんの人々のハートチャクラが
大きく揺り動かされ、
変化が起きた出来事だったのでは
ないかと感じています。

 

被災された地域、被災された方々の様子や
日に日に増える亡くなられた方の人数などを
ニュースで見る度に胸がしめつけられ、
こうしてはいられない、私も何かをやらなくちゃ…
そういう熱いものが自分の内側からフツフツと湧き出てくるのを
感じた方も多いのではないでしょうか。

また、余震や計画停電が続き、放射能の情報が増えていく中、
自分も恐怖心や不安感はぬぐえないけれど…
それでも、怖がってばかりいられない!
被災地や被災された人々のために
何かをやらなくちゃ!!と突き動かされる感じです。

その湧き出るように…
また突き動かされるように感じたところのど真ん中が
“ハートチャクラのありか”です。

そしてそれは、私たち日本人にとどまらず、世界中の人々にも影響し、
現在、ハートチャクラのより深い目覚めが
急速に波及していっているようにも感じています。
それゆえ、今、ハートチャクラについて
お伝えすることの必要性、必然性を強く感じるとともに
そうできることに心より感謝します。

これまでもお話してきましたが、
私たちは何段階かの変化を経験して、
今、もっとも大きな変化に直面しています。
もちろん、人それぞれ変化の歩みのペースは違いますが、
多くの人は最後の方の段階を歩んでいるのではないかと感じます。

そして、その私たちの変化の行く末は
今回お伝えする“ハートチャクラ”が鍵を握っている
と言っても過言ではないと思います。

ハートチャクラが目覚め、より深く開いていくと、
チャクラ全体の中で、このチャクラが主導権を握ることになります。
これはとても大きなことです。
なぜなら、ハートチャクラが主導権を握ることによって
他のチャクラもすべて開き出し、チャクラ同士が融けあい、
今まではバラバラだった
チャクラシステムが融合するからです。

それはつまり、
低位のチャクラも高位のチャクラもひとつになって
すべてのチャクラがハートの中心から流れ出る
“愛”というエネルギーの高い周波数で
機能するようになるということです。

私たちはハートチャクラを通して
肉体を持ちながら3次元より高い次元に
平行していくことが可能になり、
自分のハイアーセルフとつながりながら生きる…
ということがたやすくなるでしょう。
私たちのハートチャクラは『多次元への扉』なのです。
地球

これまでは別々のチャクラを通じてのみ
それぞれのフィールドにエネルギー循環させていたのが、
もっと広いエネルギースペクトルをつくり、
特に“愛”という高い周波数に基づく側面を
もたらすことができるようになります。

といって・・・
融合チャクラとか融合フィールドといっても
なかなか想像しづらいでしょうか?

そうですよね、これはもう少し時間をとって
丁寧に説明していきたいと思っています。
ただ、確実に私たちひとりひとりに起こっている…
またはこれから起こるであろう、とても大切なことだということは
是非、今回覚えておいていただきたいと思います。

実は、私たちはそのために何度も生まれ変わっている…
と言っても過言ではありません。
また、意識の上にはないかもしれませんが
私たちはそのことを魂レベルで覚えています。
もっといえば、
今世でそれを思い出すこと、ハートをより深く目覚めさせ、
新しい世界を歩んでいくことを望んでいるはずなのです。

そして、まさに今、
そのことを誰もが思い出すべき時なのではないかと感じています。

「アセンション」という言葉や情報がたくさん出てきた今、
それらを鵜呑みにしてお伝えしているわけではありません。
実際に私自身が…そして皆さまにも感じていることなのです。

是非、心のどこかに
そのことを留めておいていただきながら、
今回のハートチャクラの情報を参考にしていただきたいと思います。
そして、ご自身のハートチャクラがより深く開くよう
意識を向けていただけると嬉しいです。

今回の情報の最後の方には、
今、ご自身でもチャクラ及びエネルギー体の変化を
感じていらっしゃる方へ
『チャクラ融合への祈り』をご紹介します。

この『チャクラ融合への祈り』は、
大天使アリエルよりもたらされたとされる祈りの言葉、
アファメーションです。

『ライトボディの目覚め』の著者である
アライア・ズィオンドラ(現ザラザイエル・ヨヴェル)という女性の肉体に
「タシラ・タチ−レン」という高次元の男性のエネルギーが
ウォークイン(生きている間に新しい魂が肉体の中に入ること)し、
その状態で大天使アリエルをチャネルしてもたらされたものです。

これは、従来のバラバラなチャクラシステムでの
偏ったエネルギーの焦点を排除してくれ、
チャクラ融合へと導いてくれる強力なツールです。

また、変化の時は、あらゆるものを浄化し、
エネルギー体がきめ細かく繊細になってくるため、
しんどい時が多々あるでしょう。
そういう時にも是非、この祈りを活用して下さい。
変化の時特有のしんどさが軽減されるのではないかと思います。

その前にまずは・・・

今回のテーマである“ハートチャクラ”について
じっくり見ていきましょう。

 

<チャクラの特徴と働き>

今回は、第4チャクラの特徴と働きを見ていきます。
最後にチャクラ状態チェック項目を書いておきますので、
ご自身のハートチャクラの滞りをチェックしてみて下さい。

【第4チャクラ(ハートチャクラ)】
チャクラ

  • サンスクリット名と意味…アナーハタ。宇宙の音、音なき音の意。
  • 位置…心臓、胸の中心部
  • 発達する年齢…21歳〜28歳くらいまで
  • 働き…無償の愛、真の愛を学ぶチャクラ。
  • 対応する色…グリーン色、ピンク色
  • 身体の部位…心臓、循環器系、胸腺、肺、乳房、肩、両腕、両手など。
  • 関係する内分泌腺…胸腺
  • 元素…風
  • 感覚…触覚
  • クリスタル…ローズクオーツ、アベンチュリン、マラカイト、翡翠、エメラルドなど。
  • 働きかける精油…ラベンダー、ジャスミン、ローズ、ゼラニウム、マージョラム、
              ベルガモット、マンダリンなど。
  • マントラ…「Yam(ヤーング)または(ヤーム)」

人間の普遍的なテーマである“無条件の愛”を司る第4チャクラは、
“ハートチャクラ”と呼ばれ、
『心臓のところ』『胸の中心部』に位置しています。

サンスクリット名では「アナーハタ」といい、
これは「宇宙の音」「音なき音」という意味です。
ハートが常に高く振動し、聖なる音を放っている様子を表現しています。

と同時に「アナーハタ」は
「2つのものが衝突せずに起こす音」という意味もあり、
“肉体に下降する私たちの魂”と“魂に出会うために上昇する私たちの身体”が
衝突なくぶつかる場所が「ハート」であることを
あらわしているともいわれています。
イメージ

主に発達する年齢は、
21歳くらいから28歳くらいまでとされていますが、
このチャクラの発達は、一生を通して大きなテーマとなるでしょう。

自分と他人、動物・植物…あらゆる存在に対しての
“愛”と“思いやり”を司っているため、
発達する時期にトラウマとなるような経験をすると、
無意識ながら“愛”と“思いやり”の表現の仕方や
あらゆる存在との関係の作り方に問題が生じ、
葛藤することもあるかもしれません。

肉体的な面から見ると、
心臓、循環器系、胸腺、肺、乳房、肩、両腕、両手を司り、
これらの部分の健康状態に関係しています。
このチャクラが滞ると、
心臓や循環器系の問題、血行不良、狭心症、高血圧、心筋梗塞、
免疫系の問題、両腕・両手の問題などの
肉体的症状があらわれる場合があります。

身体中に血液を送り込み、細胞の隅々にまで栄養を行き渡らせたり、
組織を浄化したりする役割のある“心臓”は、
特にこのチャクラに関連するもっとも重要な臓器です。
また“肺”もこのシステムの一部であり、新鮮な酸素を血中に送り、
二酸化炭素を取り除く役割があります。

さらに“病気に対する免疫性”を担当している“胸腺”は
アレルギーとも関係しているため、
アレルギーをお持ちの方は、特にこのチャクラをヒーリングすると、
症状に変化があらわれる可能性があるでしょう。
(“胸腺”は、この後に紹介するハートの少し上にあるチャクラとも密接な関係があります。)

つまり、このチャクラには、
私たちが肉体を持って生きていく上で
非常に重要な機能である“心臓の鼓動”と
“命を支える呼吸”“病気に対する免疫性”が大きく関わっているのです。
このことだけを見ても、私たちにとってハートチャクラが
いかに大切な役割を担っているかがわかるのではないかと思います。

ハートチャクラがきれいに開き、エネルギーが内部に湧き上がっている時・・・
これら肉体面が正常に働きます。
そして、私たちのハートは“幸せ”を感じるでしょう。
自然と自分以外の存在に対し、何かをやってあげたいと
感じるようになるのではないかと思います。
それは、自我を超えた無償の愛、無条件の愛です。
桜と天使

さらには、
あらゆる出来事からインスピレーションを受けたり、
目にしたものに感動して思わず涙が出たりします。
「心から感動した」「心が張り裂ける」などという表現は
このチャクラの影響をあらわしたものです。

私たちは、普段このハートの開閉を無意識的によくやっています。
ハートチャクラが開いたり閉じたりするのは、
基本的に、私たちの過去の経験に基づいてプログラムされているからです。
過去のある出来事がハートの中に残っていて、
何かのきっかけでその部分が刺激された時、
それがネガティブなものであれば、私たちは無意識にハートを閉ざし、
逆に肯定的なものであれば、ハートは開きます。

ハートを閉じる時、過去の未解決のエネルギーによって
“不安”や“怖れ”を感じ、それ以上自分が傷つかないようにしています。
「ハートを閉じる」というのは、
一種の防衛反応であり、何気なくやっているクセでもあるのです。

特に、信じていた人から裏切られたり、
見放されたりした経験がある場合(そう思い込んでいるものも含みます)、
ハートチャクラに大きな傷ができ、
そこにネガティブな印象が宿り、二度とハートチャクラを開きたくない、
開くのが怖いということになってしまうこともあるでしょう。

その傷は、時間をかけてもなかなか治らず、
ネガティブな印象をずっと持ち続け、
ハートチャクラの滞りを大きくしてしまうこともあります。
普段の生活の中では思い出したりはしないかもしれませんが、
それは、心のどこか、身体のどこか、
チャクラのどこかにずっと宿ってしまっているのです。

慢性的にハートチャクラを閉じていたり、
ハートチャクラに滞りがあると、
世の中や人生を悲観したり、皮肉で批判的な態度をとったり、
恨みやねたみ・憎悪の気持ちが強くなったり、
拒絶を恐れ、自分は愛を受けるに値しないと感じたり、
自分を守りすぎるあまり、攻撃的になったりする傾向があります。
イメージ

そうなっているかも…と自分に思い当たるところがあったら、
是非、思い出して下さい。
『ハートチャクラをきれいに深く開き、次の世界に行くため、
 私たちは何度も何度も生まれ変わっている』ということを。

ハートのエネルギーは“愛の力”です。
“愛の力”は純粋なエネルギーそのもの。
そして、“愛”は“神の力”です。

私たちはこのハートチャクラで
“愛”が“神”という存在の本質であるということを深く理解していくのです。
なぜなら、そのことこそに
私たちが肉体を持って生まれてくる意味があるからです。

つまり、ハートチャクラに取り組むことは、
何世にも渡って取り組んでいる一大行事…ということです。

また、その愛の力は、他人に対してだけでなく、
自分自身に対しても…ということを忘れないで下さい。
自分を愛することができない人は、
他人を愛することはできないでしょう。
“真の愛”を学ぶには、まずは自分からです。

自分や他人をありのままに受け入れ、愛するには、
背負ってきた痛みや恐れを手放すことが必要になります。
なぜなら、自分や他人を真の愛で包むことができないのは、
過去に起こった傷となっていることや
それに対する恐れを自分の力で手放すことができないでいるからです。

まずは、そのことに“気がつくこと”が大切です。
そして、背負ってきた痛みや恐れを手放すには、
前回のカルマ2でもお伝えしたとおり、
『自分と他人を許す』ということを自分で決めることです。

『許す』というのは、
ハートチャクラが開いていて初めてできること。
ハートチャクラは、心底許すことができるかが試されるチャクラであり、
カルマを解放できるか否かが
深く関わっているチャクラともいえるのではないかと思います。

また、ハートチャクラは、
“地上の世界と天上の世界を結ぶ架け橋”です。
私たちは、地上の世界では“個”として生きていますが、
天上の世界では、皆がつながっている“一体”のものです。
それに気がつくチャクラでもあるのです。

そして、ハートチャクラの場所よりほんの少し上に
“皆がつながっていること”を実感する
大切なチャクラがあります。
イメージ

サンスクリット語で「カルパヴリクシャ」という名前がついているチャクラで
これは「願いを叶える木」という意味です。
ハートチャクラと連動していて、
ハートチャクラが開いていないと開かないとされるチャクラです。
私たちは、ハートで気がついた
“私たちは個ではなく、元々ひとつである”ということを
このチャクラで実感するのです。
そのため、このチャクラは
“宇宙の心(ユニバーサルハート)”と呼ばれてもいます。

このチャクラが開く時、
私たちは「自分より人の幸せを願うようになる」といわれます。
私たちの魂の成長において
とても重要なチャクラであることが徐々にわかってきたため、
最近になって、このチャクラを副チャクラではなく、
主要なチャクラとして数える人が増えています。
また、ハートチャクラと同様に、免疫を司る“胸腺”が
深く関係しているチャクラです。

是非、このチャクラもハートチャクラ同様
意識してみて下さい。

では、ここで、
現在のご自身のハートチャクラの状態をチェックしてみましょう。
2個以上思い当たれば、
このチャクラがアンバランスになっている可能性があります。
この後にお伝えするチャクラバランシング・ワークをお試し下さい。

【ハートチャクラの状態チェック】

思い当たる項目をチェックして下さい。

  1. 人を好きになれない

  2. 誰に対しても心が開けない

  3. 人の気持ちがわからない

  4. 他人(動物や植物)に対して思いやりがもてない

  5. 嘘をつくことが多い

  6. 胸のあたりがつかえている感じがする

 

<チャクラバランシング・ワーク>

【クイック・ハート開花法】

時間がない時にとても便利なクイック・ハート開花法です。
どんな時にも手早くできて、尚かつしっかりハートチャクラを感じ、
自分でハートチャクラの光を身体中、
また身体の周りにも広げることができるワークです。
慣れてくると、さらに短時間でできるようになりますので、是非、お試し下さい。

  1. 数回深呼吸をし、息を吸いながら
    ハートの中心に光をとり入れます。

  2. 呼吸を続けながら、ハートチャクラに光が宿っているのを感じます。
    そして息を吐きながら、その光が身体中を巡るよう促します。

  3. 呼吸を続けながら、光が自分の身体中に満ちてゆくのを感じ、
    今度は、息を吐きながら身体の内側から外側へ
    光が輝きを放っている様子を視覚化します。

  4. 身体の内側もその周囲もすべて光に包まれているように
    視覚化できたら、数回深呼吸をして終了です。

 

【ハートを開く愛のムドラー活用法】

以前お伝えしたことのある「ムドラー」を使って行なうハート開花法です。
「ムドラー」(印相)とは、手のポーズのこと。
サンスクリット語の「封印」を語源としていて、エネルギーを閉じ込めて、
活用できるようにするためのものであり、自分の身体を意識的に
体内の特定の電気回路に接続する働きがあるともいわれています。

タオ(※)の世界では右手は天、左手は地をあらわし、
親指が大地、人差し指がボディ、中指がマインド、薬指がスピリット、
小指が天をあらわします。
(※タオ(道)とは…道教の中心概念。宇宙と人生の根源的な不滅の真理を指します。)

  1. 蓮華座、もしくは半蓮華座を組んで座り、
    数回深呼吸をし、目を閉じます。
    イメージ

  2. 呼吸に意識を向けます。
    まずは息を口からゆっくり吐いて下さい。
    全部吐ききったら、次は新鮮な空気を鼻から吸い込みます。

  3. ベースチャクラ(尾てい骨のあたり)を意識します。
    そこから地球の中心に向かって“光のコード”が伸びるのをイメージして下さい。
    そのコードが様々な地層を通り抜け、
    地球の中心へ向かって伸びていくのを視覚化し、
    地球の中心まで到達したら、そこでしっかり固定します。

  4. 深い呼吸を続けながら、自分のオーラを60〜90cmほどに引き寄せます。
    そのオーラが自分の周りを卵型に包んでいるようイメージします。

  5. 自分の頭上にある金の光を、オーラも含めた自分にシャワーのように降らせ、
    その後卵型のオーラの中を紫の光で満たし、
    低いエネルギーが入ってこないようシールドします。

  6. 次に、胸(ハート)の前で
    両手の親指(大地)と中指(マインド)を合わせます。
    これは、無限とつながり、ハートを開き、光で満たします。
    イメージ

  7. 息を吸いながら先ほど取り付けた光のコードを通して
    大地のエネルギーを第1チャクラ(尾てい骨のあたり)から取り込み、
    そのエネルギーがひとつひとつのチャクラを通り、
    第4チャクラ=ハートチャクラ(心臓のあたり)まで
    あがってくるのを感じ、ハートへ注入します。

  8. ハートにエネルギーを注入したことで、ハートのエネルギーが
    渦巻き状に回転しているのを感じます。
    息を吐きながら、ハートにあった古くなったエネルギーを
    ゆっくり吐き出します。

  9. 次に、息を吸いながら頭頂から宇宙のエネルギーを取り込み、
    ハートへ注入します。
    この時もハートのエネルギーが渦巻き状に
    回転しているのを感じましょう。

  10. 息を吐きながら、古くなったエネルギーをゆっくり吐き出します。

  11. 次に息を吸いながら、大地と宇宙の両方からエネルギーを取り込みます。

  12. ハートがエネルギーで満タンになったと感じたら、終了します。



【ハートチャクラ上部(カルパヴリクシャ)チャクラを活性化するワーク】

  1. 座って瞑想のポーズでリラックスし、目を閉じます。

  2. 深呼吸をしながらハートの中心に光を取り入れます。
    自分の内側から外側に光を放ち、内も外も周囲も光でいっぱいにします。

  3. 深い呼吸を続けながら、現在、祈りと癒しのエネルギーを送りたいと
    思っている人を思い浮かべてみます。
    サファイアブルーの癒しの光が
    自分のハートチャクラとその上部のチャクラから
    その人達に注いでいるところをイメージします。
  4. その光が呼吸の度に強くなり、宇宙から降り注ぐエネルギーと共鳴し、
    強く温かいエネルギーで満たされていくのをゆっくり感じましょう。

  5. 4のように感じることができたら、深呼吸をして目を開けます。

 

【ハートチャクラに働きかける色、クリスタル、アロマなど】


それぞれのチャクラには、対応した色があります。
チャクラは、回転する光の輪のように見えますが、
それぞれ違うスピードで回転するため、異なった光の波長を発し、
異なった色として知覚されるのです。
ハートチャクラに対応する色は緑色とピンク色です。
緑色やピンク色の洋服、下着やパジャマを身につけたり、
観葉植物を部屋に置いたり、ピンク色の花を飾るとよいでしょう。
イメージ

また、チャクラを活性化するのに役立つクリスタルは
ローズクオーツやアベンチュリン、マラカイト、翡翠、エメラルドなど。
手首につけたり、ペンダントとしてハートチャクラのそばに下げたり、
仰向けになってリラックスし、これらのクリスタルを胸の上に置いてもよいでしょう。

そして、アロマの精油の香りと波動がチャクラを活性化します。
ハートチャクラを活性化するのに役立つのは、
ラベンダー、ジャスミン、ローズ、セラニウム、マージョラム、
ベルガモット、マンダリンなど。
上記の精油を参考にして、自分がもっとも心地がよいと感じる香りを
お部屋に焚いてもよいですし、セルフマッサージをする時に
キャリアオイルに数滴混ぜて使ってみて下さい。

【ハートチャクラを活性化するアファメーションとマントラ】

アファメーションとは、肯定的な自己宣言です。
心の中で思うことや口から発する言葉のエネルギーはとても大きいため
肯定的なことを口にすることはとても大切なのです。

「私は心を開いて愛を受け取り、与えます。」

「私は自分や他人を無条件で愛し、私も無条件で愛されます。」

「私は、どんな状況にもどんな人にも愛を注ぎます。」

・・・など、自分にぴったりする言葉を考えましょう。

また、このチャクラに働きかけるマントラは
「Yam(ヤーング)または(ヤーム)」です。
深呼吸しながら、またはグラウンディングをしながら、
また先ほどの半蓮華座で座りながら、繰り返し唱えてみましょう。

 

<チャクラ融合の祈り>

では、先ほどお話しました『チャクラ融合への祈り』を掲載しておきます。
この祈りをもたらした大天使アリエルよると・・・

「『チャクラの融合への祈り』は、あなたの変異を全レベルでサポートします。
 光の泡をつくり出して、その光の泡が
 あなたにもっともっと広大な波動を取り扱うことを可能にする、
 力の場のような働きをするのです。
 そしてまた他人の現実の映像を遮蔽するフィルターとなってくれます。

 あなたがたの多くは、自身のエネルギー体がバラバラな状態にあるので、
 普通に歩きながら、他人のエネルギー体に
 突っ込んでいってしまっているのがほとんどです。
 ライトワーカーにとって重要なのは、自分のエネルギー体の中に戻って、
 自らのエネルギーが何であるのかを知っていることです。」とのことです。

ここに出てくるチャクラシステムは、14チャクラまであります。
上の方のチャクラに関しては、以下を参考にして下さい。

・11チャクラ=『自分のグループソウルのレベル』
・12チャクラ=『自分のハイアーセルフのキリスト化レベル』
・13チャクラ=『わたしという存在』
・14チャクラ=『根源』

また、それ以外では、
「アルファ・チャクラ」と「オメガ・チャクラ」というチャクラが出てきます。
これらは最近まで潜在下のものとされていましたが、
今はもう活性化されているというチャクラです。
他のチャクラとは完全に異なるタイプの青写真と機能を持っているとされていて、
「アルファ・チャクラ」は頭上15〜20cm、頭の中心から5cmほど額に寄ったところ、
「オメガ・チャクラ」は背骨の末端から約20cm下方にあります。
「アルフ・チャクラ」と「オメガ・チャクラ」が開かれて正しく機能している時、
私たちは“メタトロンの波動”と呼ばれるものが
その中を移動するのを感じるだろうといわれています。

上記の上位チャクラ、アルファ・チャクラ、オメガ・チャクラについては、
次回以降もう少し詳しくお話したいと思っています。
今回は、そういうチャクラが肉体外にもあるということを
心の中に留めておいて下さい。

では、はじめていきましょう。
(大天使アリエル&タシラ・タチ−レン著
 「ライトボディの目覚め」より抜粋させていただきます。)

【チャクラ融合への祈り】
イメージ

ハートの中心から
わたしは「光」を吸い込みます
わたしのハートは開きはじめ
わたし自身が美しい「光」の球へと
広がってゆきます

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしののどのチャクラと 
太陽神経叢のチャクラを
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの眉間のチャクラと 
下腹のチャクラを
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしのクラウンチャクラと 
ベースチャクラを
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしのアルファチャクラ(頭上約20cm)と 
オメガチャクラ(背骨の下20cm)を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしのメタトロンの波動が
この2つの点のあいだを流れるようにします
アイ・アム(※)、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第8チャクラ(頭の上方)と 
太もも上部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからの感情体を肉体に融け合わせます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第9チャクラ(頭の上方)と 
太もも下部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからの精神体と肉体に融け合わせます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第10チャクラ(頭の上方)と 
膝を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからのスピリット体を肉体に一体化させて
融合したフィールドをつくりあげます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第11チャクラ(頭の上方)と 
すねの上部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはオーバーソウルを
融合したフィールドに一体化させます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです
ブルームーン

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第12チャクラ(頭の上方)と 
すねの下部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはキリスト・オーバーソウルを
融合したフィールドに一体化させます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第13チャクラ(頭の上方)と 
足を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからのオーバーソウルを
融合したフィールドに一体化させます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第14チャクラ(頭の上方)と 
足もとの地面を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしは「根源の存在」を
融合したフィールド全体にゆきわたらせます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から 
わたしは「光」を吸い込みます
どうかわたしの最高次のスピリットが
ハートの中心より輝き出し
この融合したフィールドを
完全に満たしつくすようにしてください
わたしはこの日1日じゅう「光」を放ちます
アイ・アム、「わたし」はスピリットとひとつです

  ※アイ・アム(I am)…ここでは単に「私は・・・である」
   という意にとどまらず、
   神でありすべてである自己という意味。
   もともとはモーゼが神に名をたずねた時、神が答えたという言葉
   『アへィァ・アッシャー・アへィァ(われはわれたるもの)』の英訳
   『I am that I am』からきたフレーズ。
   神智学では『神我』などとも訳される。
   この「祈りの言葉」では、原文の音のパワーと効果を生かすために
   『I am』をそのまま用いている。

この『チャクラ融合への祈り』は、
いつでも気がついた時に読むとよいとされています。
それを忍耐強く続けると、2週間以内には『チャクラ融合』といっただけで
融合ができるようになり、4〜5週間続けると融合した状態から
外れないようになるといわれているのです。

今回、この本に興味を持ったという方には、
前回の『生命(いのち)の贈り物』と同様、
是非、お手元にお持ちになることをおすすめしたいと思います。

なぜなら、変化のことが段階を追って詳しく書いてありますから、
自分が変化していると感じた瞬間からバイブル的存在になると思いますし、
また、著者と著者を通してメッセージを送っている高次元の方々の
パワーと愛を感じる本だからです。

「ライトボディの目覚め」大天使アリエル&タシラ・タチ−レン著
             ナチュラルスピリット刊
ライトボディの目覚め

アマゾンでは → http://www.amazon.co.jp/
これまた中古品しかなかったのですが、
改訂新版が出るくらい人気の本なので、
主要な書店では手にすることができると思います。

余談ですが、数年前にこの本を購入した時には、
私には難しくて、読めませんでした(笑)。
この本を訳された脇坂りんさんもあとがきに書いていらっしゃいますが、
「その道の人じゃなきゃ知らない用語」が次から次へと出てきて、
ひとつひとつの単語を調べないと…という感じになり、
んん〜こりゃ、だめだ…まだ必要ではないのかも…ということで
しばらく本棚の肥やし化していました。

でも、本を購入した数ヵ月後、
その本が私に必要になったことをしっかり感じたのです。
なぜなら、自分がこれまでにないような変化を
実感するようになったからです。

それは、わかりやすいところでいうと、
目をつぶると目の前で映像が繰り広げられていたり、
英語のような、ヘブライ語のような文字が
自分やお客さまの身体に浮き上がるように見えたり・・・
浄化中なのか、自分の身体の変化がかなりしんどかったり・・・。

それで、ああ、あの本しかない!と思い出し、
本棚から取り出してみました。
そして、その変化は本の中にバッチリ書いてあり、
そういうことだったのか…と納得、安心もしました。

それからは、『ライトボディの目覚め』は
私のバイブル的存在になっています。

ご希望の方には、サロンでも一緒に読ませていただいていますので、
是非、お気軽にご依頼下さい。

 

さて、最後になりますが・・・

現在、私たち日本人は皆、
表向きは、前を向いて歩み始めようとしているところです。
その中には、深く傷ついた心を持ちながら
それでも、明日を信じて生きていこうとする人たちもいます。

ただ、ご家族を亡くされた方々の中には
この出来事をどうとらえていいのか、
悲しいのか苦しいのか、自分の感情すらわからない…
暗い闇の中に身を置かれたまま、
歩き出すことができないでいる方も少なくないと思います。
ましてやご家族が消息不明の方はなおさら…です。

被災地への支援ということでは、
募金や節電など、微力ながら私たちにもできることはあるでしょう。
でも、最愛のご家族を亡くされた方々の心に対しては……
私たちができることで
最も大きなエネルギーとなるのは…やはり“祈ること”だと私は思います。

その方々のお気持ちがほんの少しでも安らかになり、
明日へ一歩踏み出してみようという力が少しでも湧いてくるように…
ハートチャクラから光のエネルギーを
被災地や被災された方々、また、亡くなられた方々へ送ることではないでしょうか。

「祈ることなんてたいしたことない」と思われがちなのですが、
私は違うと思います。
ハートチャクラから発信される光のエネルギーは、
想像以上にずっとずっと強力です。
それには、時間も距離も関係ありませんから
地震及び津波が起きた時間にも
また、今という時にもエネルギーを送り届けることは可能なのです。

ご自分のハートから出る愛と光のエネルギーであれば、
もちろんどのように祈ってもいいです。
ただ、どのように祈ったらいいのかわからないという方がいらしたら
よろしければ、参考にして下さい。
ここに被災地と被災された方へハートから愛と光のエネルギーを送る
具体的なアファメーションを書いておきますので。
是非、ハートで感じながら、想いを送ってさしあげて下さい。

軽く目を閉じます。
心の中で、もしくは声に出して言いましょう。


『東日本大震災で亡くなられた方々へ・・・
 どうか、どうか、あとのことは心配されず、
 安らかなお気持ちで
 迎えにきてくれている存在と共に
 光の世界へお帰り下さい・・・

 被災地と被災された皆さまへ・・・
 また、地震と津波が起こったあの時間へ・・・
 私のハートからたくさんの光のエネルギーを送ります。
 どうかあの瞬間、怖い思いをされた方々の心が落ち着き、
 少しでも早くおだやかになりますように。
 そして、今もその方々の心と身体が安らかで健やかでありますように。

 また、1日も早く皆が笑顔を取り戻し、
 安心して暮らすことができる街へ復興できますように。。。』

 

次回は、第5チャクラ=のどのチャクラのことをお伝えします。
また、融合チャクラや融合フィールドのこと、
私たちの変化についても、
もう少し詳しくお伝えしたいと思っています。

皆さまが健やかに、心おだやかに、心安らかに、心豊かに、
お互いに思いやりながら、日々を大切に暮らせますように・・・。
もも香ちゃん

<参考文献>
・プレアデス 神聖な流れに還る アモラ・クァン・イン著
・プレアデス 覚醒への道 アモラ・クァン・イン著
・ライトボディの目覚め  大天使アリエル&タシラ・タチ-レン著
・アセンション・ハンドブック トニー・スタッブス著
・チャクラパワーを開く メアリー・ホーズリー著
・チャクラ・ヒーリング ブレンダ・デーヴィス著
・チャクラ・バイブル パトリシア・マーシア著
・癒しの光(上) バーバラ・アン・ブレナン著
・暮らしのチャクラ 武藤悦子著

 

TOP
 
copyright(c) since 2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.