mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2011年3月 チャクラ・ハーモニー part3
          〜ソーラープレクサスチャクラと自分力〜

この3月は、戦後最大と言われるほど
日本にとって、つらく悲しい出来事がありました。
その衝撃の大きさに誰もが言葉を失い、また、恐怖と不安に苛まれ、
何をしていいのか、そして自分に何ができるのか…
皆一様にアタフタしていました。

ですが、想像できないほどの深い悲しみの中、
被災された方々の気丈に頑張っていらっしゃる姿に
ハッとさせられ、逆にこちらが勇気づけられ、
こんな状況だからこそ、それぞれが落ち着いて、
お互いを思いやる気持ちを大切にしながら、
今、自分にできうる精一杯のことをやっていくことが大切なんだ…
と思うに至っています。

それゆえ、私も日々祈りのエネルギーを
被災地と被災された方々、そして日本全体に送りながら、
できるかぎりのことをやっていこうと思います。

そして、このNaturalbeauty&healing情報も
今回はなかなか書く気にならず、
更新するかどうかも迷っていたのですが、
これも、自分にできることのひとつだと思い直し、
更新するに至りました。

今、どうしても落ち着かない、
気持ちがグラグラしている…という方には、
特にお読みいただけるといいなと思っております。

では、始めていきます。

今回は、チャクラ・ハーモニーの第3弾…
第3チャクラ(ソーラープレクサスチャクラ)編です。

前回に続いて“カルマ”についてのお話と
おへそにあるチャクラについてもお話していきたいと思います。

 

<“カルマ”について その2 >

前回、“カルマ”について
その意味や一般的に言われていることなどをお伝えするとともに、
今、私が感じていることをお話しました。

それは…
そろそろ、私たちが“カルマ”というものに
がんじがらめになっている状態を解放し、
その先の道に進む時が来たのではないか…ということでした。

もちろん、それは自分で作ったカルマを
放っておけばいいということではありません。
カルマは他人が解消してくれるものではありませんから
自分で引き受けるほかないでしょう。
ただ、「前世で他人にひどいことをしたのなら、
今世では自分が同じようにひどいことをされなければならない」
というのは、私たちの思い込みではないかと思います。
もちろん、その逆も然りです。

カルマとは、本来“バランス”のはずです。

ネガティブなことにはポジティブなことで
バランスをとるということではないでしょうか。
簡単にいえば、前世で人にひどいことをしてしまったら、
今世では人を救うことをする…というシンプルなことだと思います。

もちろん、そこには「自分はこのことから何を学ぶべきだったのか」
という気づきが必要ですが、
同じ目に遭うことより、そのほうが気づきも早く、
ずっと建設的にカルマを解放できるのではないかと思います。

そもそも私たちが輪廻を繰り返しているのは、
肉体を持ちながら意識を広げ、霊的に成長するためです。
成長できるよう行動することにより
今までのカルマのバランスをとることができるのです。

では、具体的にどのように自分のカルマを解放するか…ですが、
まず、カルマの思い込みや人間同士のしがらみが
どういうことから生まれているかといえば、
「許すことができない」という感情からではないかと思います。

それゆえ、何よりも自分自身が
“自分や相手を許す”と決めることが大切です。

言うのはたやすいのですが、
『許す』ということは、人間が生きる上で
もっとも難しいことではないかと思います。
特に、自分より自分が愛する人がされたことに対して
相手を許すことは…本当に難しいですよね。

一度『許せない』という方向に向いてしまったベクトルを
『許す』という方向に転換することや
自分を傷つけた、もしくは家族や親しい人を傷つけた相手を
「愛の目で見ること」なんてできないと思うのは人の常。
時には、自分の感情を押し殺さず、
思いきり憎んだりうらんだりする時間が必要な時もあるでしょう。

ただ、その感情がある融解点まで達したら・・・
(それは人によりかなりの時間を有したりするかもしれませんが)

是非、自分で『許せない』から『許す』という方向に
ベクトルの方向転換をしていただきたいと思います。
まずは、自分自身でそれを決めていただきたいのです。

そして、思い出して下さい。
相手も学び途中の自分と同じ人間であるということを。
もっと大きな視点でそのことを見ると
人間だからこそ、お互いの思い込みにおいて
決めてきたカルマの経験をしたのかもしれないということを…。

もちろん、すぐにはできないと思いますが、
少しずつ時間を経ていくと、
必ず気持ちの変化も生まれてくるはずです。

 

何度も言いますが、私たちは今、
大きく変化しています。

それに気がついていない方も
多いかもしれませんが、
どなたの中にも変化が
起きているのです。

このシリーズの最初にも
お話しましたが、
施術をさせていただいていると、
私は、皆さまのチャクラに
変化が起きていることを
しっかり感じます。
特に上の方のチャクラ…
ハートにある第4チャクラ〜
第3の目の第6チャクラが開き、
チャクラ全体の
バイブレーション(振動)も
あがっている…
という感じでしょうか。

イメージ

 

そして、そのように変化している今だからこそ、
これまではできなかった『許す』という方向に転換することが
可能になりつつあるのだと思います。

とはいえ…

たとえ、方向転換ができ、許そうと頑張っても、
完全に、完璧に、100%相手を『許す』ということは難しいと
感じている方も少なくないでしょう。

それはその通りです。
なぜなら、私たちは人間だからです。

人間にはとても神聖な部分が宿っていて
私たちはその部分とつながりながら生きる学びをしているわけですが、
エゴと肉体を持った人間であることも事実です。
そういう人間だからこそ、
ベクトルの向きを変えると決心できたとしても苦しいのだと思いますし、
それだからこそ、許すことの難しさを学ぶことになるのです。

サロンでも、頭では『許そう』と決めて、
そのほうが自分が楽になるとわかっていらしても、
心がついていかないという状態で苦しんでおられる方のお話を伺います。

そこで、まずはご自身で
『許せない』から『許す』という方向に転換すると決めて下さい。

その上で、どうしても心がついていかなかったら…
是非、一度その気持ちを“大きな存在”に
ゆだねてみていただきたいと思います。

“大きな存在”というのは、人によっては“神”であったり、
“宇宙”であったりするかもしれません。
自分が信頼できる次元の高いものであれば、どういうものでもかまいません。
とにかく人智の及ばない存在にゆだねてみていただきたいのです。

では、具体的に『ゆだねる』にはどうすればいいか?ですが
まず、自分の気持ちを大きな存在に伝え、助けを求めてみることです。
そして、是非、祈って下さい。
祈ることは、ゆだねることでもあります。

今回、許すことについて考えていたら、
とてもいい本に出逢うことができました。

その本は、『生命(いのち)の贈り物』(ナチュラルスピリット)。
『生命(いのち)の贈り物』(ナチュラルスピリット)

とても薄い本ですが、
カルマのこと、私たちが持っている信念体系のこと、
人類について…などわかりやすい言葉で書いてあります。
そして、その中にある『生命(いのち)の祈り』は
著者であるハワード・ウィルズ氏がチャネルとなって
1974年に高いキリスト意識から伝えられたものだそうです。

ハワード・ウィルズ氏によると、
この祈りは、人類がカルマを解消する力となるとのこと。
人類を癒し、地球を癒すようにデザインされているとともに
地球がエデンのような存在になることも意図されているといいます。

また、この祈りを用い、カルマを解消し、
光に向かって自らの存在を解放すれば、
私たちは螺旋状に上昇して自分自身の高い意識へ
そして、高い意識界に向かうことができると言っておられます。

1〜9まであり、全部を読むと20〜30分かかる長いものなので、
ご興味があれば、是非、全文は本で読んでいただきたいと思いますが、
ここでは、その中の1・2・5を掲載させていただきます。

と、その前に・・・まずは、ひとつワークを行ないましょう。
先ほどのカルマに対する私たちの思い込みを
浄化するためのワークをご紹介します。

思い込みを浄化するには、まず自分の思い込みに気がつき、
思い込みは真実ではないと認め、
その思い込みを解放しようとする意志が必要です。

今回は、「前世で他人にひどいことをしたのなら、
今世では自分が同じようにひどいことをされなければならない」
「前世で自分がひどいことをされたのなら、
今世ではその相手が同じようにひどい目にあわなければならない」
という思い込みを浄化します。
(アモラ・クァン・インさんの『プレアデス覚醒への道』より
 一部抜粋させていただきます。)

 

【思い込みを浄化するワーク】

  1. まずグラウンディングをします。
    椅子に座り、背中をまっすぐにして、
    足を少し開き、 両足の裏をぴったりつけます。
    軽く目を閉じ、一度深呼吸をしましょう。

  2. 呼吸に意識を向けます。
    まずは息を口からゆっくり吐いて下さい。
    全部吐ききったら、次は新鮮な空気を鼻から吸い込みます。

  3. ベースチャクラ(尾てい骨の先・会陰部あたり)を意識します。
    そこから地球の中心に向かって“光のコード”が伸びるのをイメージして下さい。
    そのコードが様々な地層を通り抜け、
    地球の中心へ向かって伸びていくのを視覚化し、
    地球の中心まで到達したら、そこでしっかり固定します。
    地球

  4. 次に、自分の思い込みを心の中の紙に書くようイメージして下さい。
    深く呼吸をしながら、その思い込みを何度か心の中で読みます。
    その時、その思い込みに対する自分の身体や
    感情の反応があらわれるかもしれません。
    その様子を観察しながら、その身体や感情の反応を認め、
    手放す準備ができていることを自分に告げましょう。

  5. 自分の身体と感情がほぐれてきたら、
    その思い込みをもう一度ゆっくり読みます。

  6. その思い込みの紙の上に「キャンセル!」という
    赤いスタンプを強く押しましょう。

  7. 次にその紙をビリビリと破き、紫色の炎で燃やします。
    完全に消えてなくなるまで燃やしてしまいましょう。

  8. 自分がまだこの思い込みにとらわれているような気がしたら
    完全にスッキリするまでこのプロセスを繰り返して下さい。

  9. ここで、古い思い込みに代わるアファメーションを唱えます。
    声に出しても、心の中で唱えてもかまいません。
    「私は、誰かと切っても切れなかったカルマを健全な形で解消し、
     カルマを越えていきます。」

  10. 自分の身体と感情がアファメーションに反応してリラックスし、
    自分が明るい光で満たされていくのをゆっくり感じましょう。

  11. 一度深呼吸をし、ゆっくり目を開けます。


それでは、先ほどお話した『生命(いのち)の祈り』をご紹介します。

【生命(いのち)の祈り】


※神の名称について

        「生命の贈り物」ハワード・ウィルズより

【生命(いのち)の祈り】の中では、
神を“主”ないしは、“天にまします主”と呼ばせていただいています。
神の呼び方については、ご自分にとって適切と思われる名前をお使い下さい。
この祈りは、すべての人々のためのものであり、いかなる宗教を信じ、
いかなる信条をもっていても問題はありません。
生命の祝福があなたと共にありますように。

  • 生命(いのち)の祈り1

    〜ゆるしの祈り〜

    私は、今日の日を祝福します。そして、私の生命(いのち)のために感謝します。

    私を傷つけた人々をすべて、完全にゆるします。(3回繰り返す)

    私が傷つけた人々すべてに、どうぞ許して下さるようにとお願いします。

    私自身に対する私の過ちに関して、
    そして、他の人々に対する私の過ちに関して、私自身に謝罪します。
    (3回繰り返す)

    私が傷つけたすべての生命体に対して、
    そして、私が過ちを犯したすべての生命体に対して謝罪します。
    (3回繰り返す)

    この開放、自由、安らぎ、新しい生命をもって、全宇宙の創造物を祝福します。
    そして、全宇宙を私の愛で満たします。

    この地球と、すべての生命と、すべての人々を愛します。そして、祝福します。

    目に見えるもの、目に見えないもののすべてを愛し、祝福し、尊敬します。

    私の新しい生命と、力と、健康を喜び、感謝を捧げます。
    生きとしいけるもののすべてに対して、常に、完全な祝福と愛を捧げます。


  • 生命(いのち)の祈り2

     〜自分自身の癒しのための祈り〜
    自分自身の癒しのための祈り

    私は、今日の日を祝福します。そして、私の生命のために感謝します。

    天にまします主よ、私はあなたの子供です。あなたの謙虚なる子供です。

    あなたに私の愛を捧げます。あなたの不断なる愛と祝福に感謝します。

    主よ、私を傷つけた人々をすべて、
    完全にそして完璧にゆるすことができますように、
    どうぞ、力をお貸し下さい。

    主よ、どうぞ、どうぞ、お願いします。
    主よ、感謝します、感謝します、感謝します。

    天にまします主よ、私に傷つけられた人々が皆、
    私を完全にそして完璧にゆるし、
    解放することができますように、どうぞ、力をお貸し下さい。 

    主よ、どうぞ、どうぞ、お願いします。
    主よ、感謝します、感謝します、感謝します。

    主よ、私が私自身を傷つけた時、他の人々を傷つけた時、
    その諸々の時のすべてに関して、
    私自身を完全にそして完璧にゆるすことが
    できますように、どうぞ、力をお貸し下さい。

    主よ、どうぞ、どうぞ、お願いします。
    主よ、感謝します、感謝します、感謝します。

    天にまします主よ、私に傷つけられた生命体が皆、
    私を完全にそして完璧にゆるし、解放することができますように、
    どうぞ、力をお貸し下さい。

    主よ、どうぞ、どうぞ、お願いします。
    主よ、感謝します、感謝します、感謝します。
      
    この解放と、自由と、安らぎと、力と、新しい生命(いのち)をもって、
    全宇宙の創造物を祝福します。そして、全宇宙を私の愛で満たします。

    この地球と、すべての生命(いのち)と、すべての人々を愛します。
    そして、祝福します。

    目に見えるもの、目に見えないもののすべてを愛し、祝福し、尊敬します。

    私の新しい生命(いのち)と、力と、健康を喜び、感謝を捧げます。
    生きとし生けるもののすべてに対し、常に、完全な祝福と愛を捧げます。

    天にまします主よ、感謝します。主よ、感謝します、感謝します。


  • 生命(いのち)の祈り5

    〜すべての人種・すべての国民・全人類・地球
                 そして、すべての生命体のための祈り〜

    天にまします主よ、私たちはあなたの子供です。あなたの謙虚なる子供です。

    私たちは、あなたに愛を捧げます。あなたの不断なる愛と祝福に感謝します。

    すべての人種のために、すべての国民のために、
    そして、全人類のために、私たちは祈ります。

    お互いに対して、私たち自身に対して、
    地球に対して、地球の生命体に対して、
    私たちが与えた傷や、犯した過ちに関して、私たちは謝罪します。
    そして、ゆるしをお願いします。

    主よ、私たちを傷つけた人々すべてを、ゆるすことができますように、
    どうぞ、力をお貸し下さい。
    私たちが私たち自身を傷つけた諸々の時に関して、
    私たち自身をゆるすことができますように、
    どうぞ、力をお貸し下さい。
    私たちを傷つけた人々のすべてが、
    私たちをゆるすことができますように、
    どうぞ、力をお貸し下さい。

    主よ、どうぞ、どうぞ、お願いします。
    主よ、感謝します、感謝します、感謝します。
    イメージ

    私たちは、神のご助力により、お互いを、私自身を、
    そして、すべての生命体を、
    完全にそして完璧にゆるし、解放します。主よ、感謝します。

    天にまします主よ、私たちが生きとし生けるもののすべてに対し、
    畏敬と尊敬の念を持つことができますように、
    どうぞ、力をお貸し下さい。
    そして、私たちの人生において、
    生きとし生けるもののすべてのために、
    平和と調和を達成するという、お互いに対する、地球に対する、
    そして、生きとし生けるもののすべてに対する、
    私たちの責任に目覚めることができますように、
    どうぞ、力をお貸し下さい。

    主よ、私たちの意識と知性と行動を、善と愛と真実の内なる声と、
    一致させることができますように、どうぞ、力をお貸し下さい。
    天にまします、最も高貴なる神よ。

    今、この時に、そして、永遠に。

    天にまします主よ、感謝します。主よ、感謝します、感謝します。

9つの章まであり、続けて読むといいとされています。
今回、初めて(かな?)本の購入を勧めましたが、
私自身が買ってよかったと思える本なので、 皆さまのお手元にも、是非…と思います。

ただ、調べたらアマゾン→http://www.amazon.co.jp/
でも今は中古本しかないようです。
ちなみに私は紀伊国屋書店で見つけました。
皆さまにも、この素敵な本とのご縁がありますように。

 

<“おへそのチャクラ”について>

次に、ガラッと変わりまして、おへそのチャクラについてです。

私たちの身体の中には、今、お伝えしている7つのチャクラ以外にも
複数のチャクラがありますが、
今回お伝えしたいのは“おへそのチャクラ”。
チャクラの場所は、ちょうどおへその中心あたりです。

このチャクラを“副チャクラ”と呼ぶ人もいれば、
7つのチャクラと同じくらい重要なチャクラとし、
主要なチャクラの中に入れる人もいます。
というのも、このチャクラは、肉体の誕生、母親とのつながりがあるからです。

生まれてから5〜7歳くらいまでは、
私たちは、母親との“エネルギーレベルでのへその緒”を持っているといわれています。
それは、自分のへそのチャクラと母親のへそのチャクラで
エネルギー的につながっているということです。

その頃になると、子供は自分自身でグラウンディングする方法を学び、
魂とのつながりが自分の身体の中に完全に作られてきます。
そして、生まれてから十分に愛され、
魂の本質を認識して自分は誰であるかという感覚を持つようになると
もはや母親とのへその緒は必要としなくなります。
イメージ

ですが、母親から十分に慈しんで育ててもらっていないと、
自分の魂が肉体と完全に結びつかず、
自分の力で地上にグラウンディングができなくなり、
エネルギーレベルでのへその緒で母親とつながったままになってしまいます。
また、それは、母親が極端に独占欲が強かったり、
いつまでも子離れができないでいる場合にも起こることです。

その場合、自分と母親のへそのチャクラから
へその緒を引き抜くことが必要になるでしょう。

その方法はとても簡単です。

まずは、自分のへそのチャクラからへその緒をそっと引き抜きながら
そのへその緒がすみれ色の癒しのエネルギーで包まれるのをイメージします。
次に、母親のへそのチャクラから同じように
へその緒をそっと引き抜き、すみれ色のエネルギーで包みます。
(実際には、母親が他界していてもイメージで行なって下さい。)

そして、2人のへその緒を自分のハイヤーセルフに渡します。
ハイヤーセルフは、自分と母親との関係をハイヤーセルフのレベルへと
引き上げてくれるでしょう。

私たちは生まれる前に、これまでのカルマを解消できるよう
両親を選んで生まれて来ることが多いため(これも思い込みである場合も多いのですが)
このエネルギーレベルでのへその緒を取り除くことが必要な人は
とても多いのではないかと思います。

是非、へそのチャクラを意識し、試してみて下さい。

<チャクラの特徴と働き>

それでは、7つのチャクラのお話に移りましょう。
今回は、第3チャクラの特徴と働きを見ていきます。

今回も最後にチャクラの状態をチェックする項目を載せておきますので、
是非、今のご自身の第3チャクラの状態をチェックしてみて下さいね。

【第3チャクラ(ソーラープレクサスチャクラ)】
チャクラ

  • サンスクリット名と意味…マニプーラ、光る宝石、宝石の街
  • 位置…太陽神経叢(みぞおち部分)あたり
  • 発達する年齢…14歳〜21歳くらい
  • 働き…自尊心、自分自身のアイデンティティの確立、感情面などを司るチャクラ。
  • 対応する色…黄色
  • 身体の部位…胃・小腸・肝臓・胆嚢・脾臓・すい臓など。
  • 関係する内分泌腺…膵臓
  • 元素…火
  • 感覚…視覚
  • 働きかける精油…ジュニパー、レモン、グレープフルーツ、
              ラベンダー、ベヂバーなど。
  • マントラ…「Ram(ラーム)」

サンスクリット名の「マニプーラ」は「光る宝石」という意味です。
自分自身を創造するエネルギーが宿るチャクラで
キラキラ光る宝石のような自分の可能性を秘めた場所です。
光る宝石

太陽の色である黄色、金色がかった黄色に共鳴し、
太陽エネルギーを蓄積するチャクラでもあるといわれています。
『火』の元素が支配し、“精神的な活力”や“自己実現力”、
さらには“自尊心”を司っています。
私たちは、このチャクラで
他人や社会に影響されない自分オリジナルのアイデンティティを育て、
“真実の自分”や“真の個性”を表現する勇気を得ています。

第3チャクラが活性化していると、
“何かをやらなくては皆に認められない”
という不安感が消え、自分に自信を持つことができるようになります。
また“何もしなくても楽しい”と感じるようになるでしょう。

反対に、このチャクラにブロックが生じると、
常に他人の目が気になり、誰かの意志に従うようになったり、
自分のやることに自信がなく、たえず人の賞賛を渇望するようになったり、
それに振り回されたりします。

例えば、どんなことを成し遂げても、他人に評価されなければ、
「うまくいったと思えない」というようになります。
つまり、自分の評価基準が他人主体になってしまい、
真の自己評価ができない状態です。

そのため、どんなにやっても満足せず、その結果やる気に欠け、
責任の放棄を切望したりします。
または、逆にパワーを誤用し、人に向かって
その力を乱用したりすることもあるでしょう。

関連する肉体面は、
胃・小腸・肝臓・胆嚢・脾臓・すい臓など消化器系の器官です。

すい臓を司っているので、糖尿病が起こることもあります。
第3チャクラに問題がある時のその他の身体へのあらわれ方としては、
潰瘍や胆石、肝臓や目の疾患が代表的で
胆嚢、胃、脾臓、腎臓などの疾患にも注意が必要です。

このチャクラは、感情を溜め込む場所といわれ、
肉体の病気の大部分は、“感情を抑圧していること”が原因だといわれます。
特に“怒り”の感情はもっとも多いもので、
激しい怒りを抱えているのに、それを見ないようにしていると
「怒りの炎が肉体を内側から焼きつくす」といわれます。

ですから、病気になるということは、
「それらの抑圧された感情を表現する方法
 (たとえば、話す・書く・歌う・踊るなど)を学びなさい」
「感情に足をとられず、前に歩き出しなさい」
という大切なメッセージなのかもしれません。

さらにこのチャクラは、周囲の環境から情報を幅広くキャッチし、
自分がどのようにふるまうべきかを教えるチャクラでもあるといわれます。
それゆえ、幼い頃から周囲とのコミュニケーションが不足していたり、
矛盾した対応を受け続けていたりすると、“免疫系疾患”の兆しが見えてきて、
大人になっても改善させることは難しいといわれます。

大人になってから気がついた場合、
この第3チャクラへの取り組みを注意深く、
また根気強く続けていくことが大切になるでしょう。

このチャクラでの大事な学びは、
“自分を尊重する”ということ。
「自分自身との関係を成熟させ、自分の足で立ち、
 自分のことが自分でできるか。
 自分を尊重できるか。」
第3チャクラにはこのような霊的課題があるのです。

自分の奥底にある本当の願いは、
人からの賞賛ではありません。
真の個性を発見し、自分自身のアイデンティティを育て、
本当の意味で「自信を持って生きること」です。

また、私たちの「第六感」、
人間が生まれながらにして持つ「サイキックな能力」が
存在している場所ともいわれています。
この「第六感」があることで、
人間は地球の波動エネルギーに触れたり、
高次元の意識にアクセスできるといわれます。
「虫の知らせ」といわれるものもここで感知するようです。

 

【ソーラープレクサスチャクラの状態チェック】

思い当たる項目をチェックして下さい。
2個以上思い当たれば、
このチャクラがアンバランスになっている可能性があります。
この後にお伝えするチャクラバランシング・ワークをお試し下さい。

  1. 自分に自信がない
     
  2. 自己主張ができない
     
  3. 感情の浮き沈みが激しい

  4.  
  5. 不平不満が多い
     
  6. 頑固で自己中心的になりがち
     
  7. 胃の調子が悪い

 

<チャクラバランシング・ワーク>

【溜め込んだ感情を浄化する炎のワーク】
太陽

ソーラープレクサスチャクラに溜め込んだ感情を浄化する方法です。

  1. 今、自分がどのような感情を溜めているのか
    ゆっくり意識の上にあげてみます。

  2. 次にそれを紙に書き出してみましょう。

  3. その紙にソーラープレクサスチャクラに溜め込んだ感情や
        エネルギーを全部吐き出すように息を吐きます。

  4. その紙をビリビリ破り、実際に火を使って燃やします。
    火に自分の感情を浄化してもらうつもりで真剣に行なって下さい。

 

【太陽エネルギーによる深呼吸】

“太陽エネルギーを蓄積する”と言われているこのチャクラを浄化し、
活性化するのに役立つのは、それこそキラキラした
太陽エネルギーを取り込んだ深呼吸です。
晴れた日に太陽からのエネルギーが感じられる屋外で行なうのがベストですが、
太陽をイメージしながら、夜静かなところで行なってもいいでしょう。

  1. 太陽のほうを向き、手を広げて深呼吸をします。
    イメージ

  2. ソーラープレクサスチャクラを意識し、
    そこからエネルギーを取り込むイメージで息を吸います。

  3. ソーラープレクサスチャクラに取り込んだエネルギーが
    溜まっているのを感じます。

  4. 太陽エネルギーがソーラープレクサスチャクラから放射状に全身に広がり、
    身体中がそのエネルギーで満たされるのを感じます。

  5. 身体がぽかぽかと温かくなり、全身にエネルギーがみなぎる感じがしたら
    終了します。



【ソーラープレクサスチャクラに働きかける色、クリスタル、アロマなど】


それぞれのチャクラには、対応した色があります。
チャクラは、回転する光の輪のように見えますが、
それぞれ違うスピードで回転するため、異なった光の波長を発し、
異なった色として知覚されるのです。
ソーラープレクサスチャクラに対応する色は黄色、金色がかった黄色です。
その色のTシャツや洋服、下着やパジャマを身につけたり、
黄色の花を飾るとよいでしょう。
黄色、金色がかった黄色

また、チャクラを活性化するのに役立つパワーストーンは
アンバー、イエローカルサイト、シトリン、サンストーンなど。
ゴールデン・タイガーアイは第2チャクラだけでなく、
このチャクラの活性化にも役立ちます。
手首につけたり、仰向けに寝て、みぞおち部分に置いてみてもいいでしょう。

さらに、アロマの精油の香りと波動がチャクラを活性化します。
ソーラープレクサスチャクラを整えるのに役立つのは、
ジュニパー、ベチバー、レモン、グレープフルーツ、レモングラスなど。
是非、お部屋に香らせたり、大さじ2の天然塩に3〜5滴入れ、
それをお風呂に入れたりしてアロマタイムを作りながら
気持ちよくチャクラを活性化してみましょう。


【ソーラープレクサスチャクラを活性化するアファメーションとマントラ】

次の言葉は、ソーラープレクサスチャクラを活性化するアファメーションです。
アファメーションとは、肯定的な宣言。
心の中で思うことや口から発する言葉のエネルギーはとても大きいのです。
是非、肯定的な言葉を口に出して言ってみて下さい。

「私や他の人が可能なかぎり最良の人生を送ることができるよう
 私の意志を用います。」

「私は、いかなる自分も受けとめます。
 私は、自分を愛します。」

「私は、自分が選択するどんな決断にも自信があります。」
もも香ちゃん

また、このチャクラに働きかけるマントラは「Ram(ラーム)」です。
深呼吸をしながら、またはグラウンディングしながら
さらには半蓮華座で座りながら、繰り返し唱えてみましょう。

 

さて、次回はいよいよ“ハートのチャクラ”です。
霊的に成長していく上でとても重要な上位のチャクラに入ります。
ハートチャクラのキーポイントは愛。
それも、見返りを求めない愛、無償の愛です。

現在、ハートのチャクラに変化が起きている方が多いと思いますので、
最近、ハートがドックンとする、胸辺りがワサワサする…など
何かしら変化を実感していらっしゃる方は
特にお読みいただきたいと思います。

また、ハートより少し上にある、
これまたとても重要なチャクラについても触れてみたいと思っています。

皆さまの真の幸せを願いつつ・・・それでは、また次回。。。

<参考文献>
・プレアデス 神聖な流れに還る アモラ・クァン・イン著
・プレアデス 覚醒への道 アモラ・クァン・イン著
・ライトボディの目覚め  大天使アリエル&タシラ・タチ-レン著
・チャクラパワーを開く メアリー・ホーズリー著
・チャクラ・ヒーリング ブレンダ・デーヴィス著
・チャクラ・バイブル パトリシア・マーシア著
・癒しの光(上) バーバラ・アン・ブレナン著
・オーラレッスン  寺尾夫美子著
・暮らしのチャクラ 武藤悦子著
・よくわかるポラリティセラピー  鈴木涼子著

 

TOP
 
copyright(c) since 2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.