mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2011年2月 チャクラ・ハーモニー part2
         〜セイクラルチャクラと柔軟性&創造力〜

梅の蕾がほころぶ季節となりました。
本格的な春が待ち遠しい今日この頃ですが、
皆さま、いかがお過ごしですか?

さて、今回は前回に引き続き、
チャクラ・ハーモニーの第2弾…
第2チャクラ(セイクラルチャクラ)編です。

と、その前に…

前回お約束していました
『チャクラと元素』や『チャクラと内分泌系』について、
そして、私たちが生きる上で重要な『カルマついて』
今、私が感じていることなども含めてお伝えしていきたいと思います。
(カルマについては長くなりますので、2回に渡ってお伝えします。)

では、まずは『チャクラと元素(エレメント)』から…

 

<チャクラと元素(エレメント)>

大昔から東洋にも西洋にも
万物の根源をなす要素である元素(エレメント)の概念がありました。

古代インドの伝統では、
この世界を創るすべての
ものの原型は
「地・水・火・風・空(エーテル)」
の5つの元素(エレメント)から
成り立っていると
考えられていて、インド哲学に
影響を受けた仏教では、
その5つを『五大』といいました。
また、ヨーロッパでは
古代ギリシャの
アリストテレスによる
「土・水・火・風」の4大元素に
「エーテル」を加えた
5大元素説がありました。

それらは各々少しの違いは
あれど、共通しているのは
「宇宙から人体まで
5つのエレメントの
すべてが含まれていて、
相互に関連している」
という考え方です。

イメージ

そして、エレメントにはそれぞれ特徴があり、
ひとつひとつのチャクラは各エレメントに対応しています。
それは、物質としての特徴から
スピリチュアル的な意味合いを持つ要素にまで至ります。

また、5つのエレメントには、
私たちの魂とこの3次元の世界とのつながりをあらわす流れがあります。
それは・・・

『魂→空(エーテル)→風(気体)→火(気体をつくるもの)→水(液体)→土(固体)へ』

もともと見えない存在だった私たちの魂が
自分の肉体に入り、物質界で生きられるよう
しっかりとした存在になっていく流れ。そして・・・

『土(固体)→水(液体)→火(気体をつくるもの)→風(気体)→空(エーテル)→魂へ』

固体である肉体の中にいる私たちがあらゆる制限を取り払っていき、
「いったい自分は誰なのか?」という目覚めを経験し、
魂の状態へと昇華していく流れです。

それらは、魂の存在から3次元の物質界に転生してきて、
あらゆることを経験し、スピリチュアル的に成長し、覚醒していく…という
ひとつの生の一連の流れをあらわしているともいえるでしょう。

それではここで、各チャクラに対応するエレメントを
詳しく見ていきたいと思います。
各エレメントの特徴やスピリチュアル的な要素を見ておくと
チャクラの特徴やチャクラから次のチャクラへの流れを
理解する上でも役立つでしょう。
また、自分のバランスの悪いチャクラを活性化するヒントにも
なると思いますので、是非、参考にして下さい。

 

【各チャクラと対応するエレメント】

  • ベース(第1)チャクラ…『土(地)』
    ベース(第1)チャクラ

    『土』は、“固体、土台、安定性、堅実、現実的”などを象徴しています。
    『土』のバランスがとれていると、母なる大地に支えられているような感覚、
    安全な土台があるという安堵感があり、私たちは安心して暮らすことができます。
    また、現実に即した堅実な考え方ができ、粘り強く頑張ることができるでしょう。
    バランスを崩すと頑なな考えや精神、意固地、人の話に耳を傾けない、
    物質に対する執着心など『土』のエレメントのネガティブな面があらわれます。
    それを人々のためになるような信念や確固たる決意、
    何があっても動じない心などプラスな面に変えていくことで
    さらさら流れる柔軟な『水』のエレメントへと移っていくでしょう。


  • セイクラル(第2)チャクラ…『水』
    セイクラル(第2)チャクラ

    『水』は“流れ”。よどみなくさらさらと流れる『水』は、
    “物事にこだわらない流動性、受容、感覚、直感”などを象徴しています。

    人間の身体も70%は『水』です。
    血液、リンパ液、脳脊髄液、唾液、涙、尿、粘液…などの体液、
    体内の水分調整は『水』が司っています。

    変化を柔軟に受け入れ、流れに身を任せながら
    自然体で生きていくこと…これが『水』のプラス面です。
    物事は自分のコントロールの及ばないところで起こるからこそ意義があり、
    大きな存在に自分を委ね、流れに身を任せるからこそ
    自分の人生が輝くのだということに気がつくこと、
    『受容』『人への執着を手放す』という深いテーマがあるエレメントです。

    また、バランスが崩れると“流れる”から“流される”に転じ、
    “柔軟”から“優柔不断”になりやすいのが『水』の性質。
    自分で物事が決められない、ひとつの場所や集団に
    長くいられない…となりがちです。
    『水』のエレメントはグラウンディングを促しますので、
    まずは『土』のエレメントをしっかり根づかせることが大切です。 


  • ソーラープレクサス(第3)チャクラ…『火』
    ソーラープレクサス(第3)チャクラ

    『火』は、“活力の源泉、燃えたぎる情熱、物事や自己を変換する力”
    などを象徴しています。
    私たちを真理から隔てている障害を燃やし尽くし、霊的な自己をあらわします。
    また、身体の中の消化吸収や体温の産生も『火』の作用です。

    このチャクラが大きなプラスのパワーとなるのは
    『土』のエレメントの“安定性”と『水』のエレメントの“流動性”を
    バランスよく備えていること、そして特に『空』とのバランスは大切です。
    慈愛の心を育て、他者の弱点や苦しみに対する洞察が深まれば、
    “許し”により、怒りの感情を手放すことができるでしょう。


  • ハート(第4)チャクラ…『風』
    ハート(第4)チャクラ

    『風』は、“自由、動き、早い、変容”などを象徴しています。
    呼吸や肺と密接に関係していて、人間のエネルギーの動きを司っています。
    また、思考と知性を司るエレメントです。

    バランスがとれていると、柔軟な思考や論理的な考え方に優れ、
    広い視野から物事を見ることができます。
    また、知的な探究心にあふれ、アイデアやユーモアに富んでいます。
    しかし、バランスが崩れると、軽率で飽きっぽい、合理主義が過ぎる、
    または気持ちが落ち着かない、考えすぎ、情に薄いなどの面が出てきます。

    また、『風』は愛について学び、
    愛を実践できるようになるための最も関係の深いエレメントでもあります。


  • スロート(第5)チャクラ…『空(エーテル)』
    スロート(第5)チャクラ

    『空』は、“広がり、調和、自己表現、時空を超える”などを象徴しています。
    5つのエレメントの中でもっとも波動が高いエレメントで
    あらゆるエレメントとエネルギーを媒介しています。
    その特性は宇宙エネルギーの性質を反映しているといわれています。

    バランスがとれていると「今、ここ」に存在することができます。
    また、健全な自尊心の元、自分をのびのびと表現することができるでしょう。
    バランスが崩れると、他人からどう思われているかがいつも気になったり、
    自分をちゃんと表現することができなくなったりします。

    また、霊や魂の領域など異次元とつながる、とても大切なエレメントです。
    このエレメントに対応しているスロートチャクラが開くと
    魂の領域に入ることが可能になるとされています。


  • サードアイ(第6)チャクラ・クラウン(第7)チャクラ…『魂』

    ここからは『魂』の領域になると考えられています。

では、次にチャクラと内分泌腺についてです。

 

<チャクラと内分泌腺>

内分泌系は、肉体を作る重要なメカニズムです。
複数の内分泌腺があり、それぞれ特定のホルモンを作って
目的とする器官に働きかけ、肉体の働きを刺激したり、抑制したりしています。

そして、内分泌系の各腺の位置は
各チャクラの位置と対応しています。
それゆえ、チャクラやエネルギーの状態は
内分泌系に大きな作用を与えているのです。

【各チャクラと内分泌系のつながり】

  • ベースチャクラ…副腎

    副腎は腎臓にかぶさっている三角形の腺。
    副腎が分泌するのは、代謝を整えるホルモンや
    体液中の塩分バランスを抑制するホルモン、
    またストレスに対する身体の反応(攻撃するか、逃避するか)を
    司るホルモン(アドレナリン)などです。

  • セイクラルチャクラ…精巣・卵巣

    精巣・卵巣は、男性の精子と女性の卵子を作るだけでなく、
    性的欲求、生殖能力をコントロールするホルモンを分泌し、
    性的な発達と成熟を司ります。
    自分の性との関係、それに伴う情緒バランスの問題が関連します。

  • ソーラープレクサスチャクラ…すい臓

    すい臓は胃の後ろ辺り。食物の消化を高める物質を分泌します。
    また糖質の代謝に必要なインシュリンを作りますが、
    このチャクラがバランスを崩すと、血糖値が高くなりすぎる
    糖尿病と関係します。
    また、このチャクラはベースチャクラとともに副腎とも関係があります。

  • ハートチャクラ…胸腺

    胸腺は心臓の真上にあります。
    幼少期の免疫システムの発達に重要な役割を果たし、
    全身の成長…とりわけ青少年期までの発育を促すホルモンを分泌します。
    胸腺はハートチャクラのエネルギーの影響を直接受けています。

  • スロートチャクラ・・・甲状腺・副甲状腺

    甲状腺は喉頭の前、気管の両側にあり、代謝速度を調節する
    チロキシンを大量につくります。  
    また、甲状腺の後ろに副甲状腺があり、血液中のカルシウム値を
    コントロールしています。
    肉体の発達だけでなく、精神の発達にも影響しています。

  • サードアイチャクラ…下垂体

    下垂体は、頭蓋骨の下の方、眉の近くにあります。
    「師の腺」と呼ばれ、他のいくつかの内分泌腺をコントロールする
    ホルモンを生成したり、成長・代謝・身体で起こる化学反応全般に
    影響を及ぼします。

  • クラウンチャクラ…松果体

    松果体は、脳の奥まったところにある、とても小さな腺です。
    眠り・目覚めのパターンやバイオリズム、生殖腺の発達に関わる
    ホルモンを分泌しています。
    チャクラシステム全般におけるクラウンチャクラの役割と同じく、
    松果体は、肉体的・感情的・精神的・霊的に自分が効果的に
    機能するためのコントロールセンターの働きをし、
    スピリチュアルな目覚めと覚醒に大きな影響を及ぼします。

では、続いて“カルマ”についてです。

 

<“カルマ”について その1>


今回、チャクラのことをあらためて書きたいと思った理由は
前回お話した通りですが、実はもうひとつ、
「“カルマ”のことに触れたい」という気持ちがありました。

チャクラの旅をお伝えしていくには、
触れないわけにいかないテーマではあるのですが、
私自身の“カルマ”についての感じ方や捉え方に
変化が起きてきたことが大きな理由です。
そして、それは皆さまにも起きている、
もしくは少し意識されることで起きるであろう変化
なのではないかと思っています。

そもそも“カルマ”とは一体なにか?ですが・・・

サンスクリット語で
「おこない」「業(ごう)」を意味する言葉です。

“カルマ”の定義は色々あるようですが、
一般的には「自分の行為、言動、心に抱いた思いにいたるまで
自分の中に生まれたことや発したこと…
大きくいえば“自分の生き方”が今世や来世以降の自分の人生の
展開に影響を及ぼす」という意味で使われます。

これは『カルマの法則』ともいわれ、
「自分がつくり出したことはすべて自分に返ってくる(自分が引き寄せる)」
「因果応報」「自分が蒔いた種は自分で刈り取る」
といった言葉や表現を使うことが多いようです。

その法則においては、ある行為や言動がカルマとなり、
それが統合されていない場合、
カルマを作った本人が新たな体験をすることによって
適切な行為が導き出されると、そこでようやく“カルマの解消”へと向かいます。
また、それは今世で解消されなければ、来世・再来世…
解消するまでずっと持ち越すとされています。

これだけを聞くと「ちょっと怖い」と感じるかもしれませんが、
返ってくるのは、もちろん“ネガティブなカルマ”ばかりではありません。
人知れず行なった善行も、エネルギーの記憶として自分の中に残り、
“プラスのカルマ”としていつか自分に返ってくる…ということでもあります。

また『カルマの法則』はあくまで自分が引き寄せているものです。
そこには、「目には目を」というような報復の意図や
「罪と罰」という考え方はいっさい存在しません。

新たな経験などにより大切なことや
自分の足りなかった部分に気がつく…そこに目的があります。
『カルマの法則』とは、『人間のスピリチュアル的な成長』に
焦点があたっている学びの法則です。
イメージ

そして、前回もお話しましたが、
“カルマ”は、自分オリジナルの“ネガティブ・パターン”とともに
自分の中にエネルギー的な記憶として蓄積されていて、
現在のチャクラやエネルギーの状態に多大なる影響を与えています。

つまり、それらがチャクラのバランスをよくも悪くもする
大きな要因にもなっているということ。
チャクラのバランスを整えるためには、
まずはそのことに気がつくこと、こういうことがあるかもしれない
と意識の上にあげることが大切だと思います。

ただ・・・

この『カルマの法則』が人生に重くのしかかり、
知らず知らず自分や他人の間の“カルマ”に縛られている人、
そこに執着しすぎていて、逆に“カルマ”を手放すことや
浄化することを難しくしている人が多いのではないかとも感じています。

実は、ここからが今回お伝えしたかったことです。

“カルマ”に縛られ、解き放てない理由を考えてみると、
そこには、私たちの“思い込み”が存在しているように感じます。

それは、過去に受けた痛みや自分がしたことへの罪の意識が強く、
自分、もしくはそれを施した相手は同じように
苦しまなくてはいけない…という思い込み。

それが相当なエネルギーとして
自分のチャクラやオーラ、エネルギーに残っているため、
“ネガティブなカルマ”を引き寄せ、
わざわざ追体験する方向に持っていったり、
膨大な時間を使ってそのカルマパターンを繰り返し、
結果的に抜け出せないでいる…ということもあるのではないかと感じています。

“カルマの法則”は、起こった事柄や
起こした人間関係に執着するために働くものではなく、
あくまで「そのことから自分は何を学ぶ必要があったのか?」
を顧みるためのもの。
その目的は“個人のカルマ”のみならず、
“家系的なカルマ”“国のカルマ”においても同じだと言えるでしょう。
それゆえ、この思い込みは
そろそろ本格的に浄化するべき時なのではないかと思うのです。
イメージ

これまでにもお話してきましたが
今は、皆にとって大きな変化の時です。
そして、この時代を選んで生まれ、生きている私たちには
共通するテーマがあります。
それは・・・

『あらゆるとらわれや思い込みを解放し、意識を拡大していくこと』

まずは痛みや罪の意識にとらわれ、
同じようなネガティブな体験を引き寄せたり、
パターンを繰り返して苦しまなくては(苦しませなくては)という思い込みを浄化し、
はまり込んでいる“カルマパターン”を解き放つこと、
それから“カルマ”を越えた次のステップに進むことが
しめされている時なのではないかと思います。

では、具体的にカルマを解き放つにはどうしたらいいか…ですが、
それには必要となる2つの大切なことがあります。

それは…『愛』と『許し』。
『愛』と『許し』

この2つの尊いエネルギーは、どんなネガティブなカルマをも
解き放つことができる唯一のことです。
自分がしたこと・相手にされたこと…それぞれのカルマは、
いずれも『愛』と『許し』でのみ
大きく変化させることが可能だと思います。

例えば、家系のカルマに関しても、
まず大切なことは、『先祖や親に感謝すること』。
これは、シンプルなことながら、日々その思いを持つことで
カルマ浄化の方法としても大きな作用を及ぼすでしょう。
なぜなら、『愛』から発する感謝の気持ちは
大きなプラスのエネルギーだからです。

今回、お伝えしたかったことは特にこの部分。
私たちは、カルマパターンにそろそろ見切りをつけて、
『愛』と『許し』の方向へ向かうことを決めませんか?ということなのです。

そもそも自分で決めてきた今世の青写真にある
生きる目的は、もちろんカルマの解消だけではありません。
私たちはひとりひとり前世までで学んできた経験を生かした
人生の目的と使命を持って今世に生まれてきているはずですから、
そろそろ全面的にそちらのHappyな方向へ移行する時なのではないでしょうか。

『愛』と『許し』の心をハートからあふれ出させ、
からみあったカルマの糸をほぐしていくことによって
私たちの人生を本来の光り輝く方向に持っていくことが
できるのではないかと思います。
イメージ
また、その上で今回お話しているチャクラを活性化し、
チャクラバランスをとることは、とても大切なことになるでしょう。

では、今回のカルマのお話の最後に
私たちが持っている代表的なカルマパターンを
あえて載せておきたいと思います。
なぜなら、それは、どのように行動したらいいか、思いや言葉を発したらいいか、
毎日の取り組みの指針(戒め?でしょうか)になると思うからです。

これは、世界的に有名なスピリチュアルリーダーの
アモラ・クアン・インさんがご自身の著書である
『プレアデス 覚醒への道』の中で“太陽系の7つのカルマパターン”と呼び、
「地球上の問題のすべてはこのうちのひとつ以上に源を発している」
と述べていらっしゃることです。それは…
「傲慢・耽溺(たんでき:物事にふけり溺れること)・偏見・憎しみ・暴力・犠牲・恥」の7つ。

考えてみると、私たちがネガティブなカルマを作る原因は、
まさにこれらに端を発していますよね。
特に近年、世界中のあらゆる場所で
これらのカルマパターンが浮き彫りになるような事柄が起きているように感じます。
浄化が起きる時は、それが表面上にあらわれるので、
今、世界中で浄化が行なわれているということなのでしょう。

この7つのカルマパターンにに共通するのは、
やはり『愛』や『許し』とはかけ離れているということです。
それゆえ、これらとは反対の
行為、言動、思いを日々心がけること…
そして、時々自分がこれらにひっぱられていないか
チェックすること…そういうトレーニングが必要です。

さて、カルマについては、今回はここまでとさせていただきます。
次回は、カルマについての続き、そして思い込みを浄化するワークなどを
お伝えしていきたいと思っています。

そして、次は…チャクラの特徴と働きについてです。

 

<チャクラの特徴と働き>

今回は第2チャクラの特徴と働きを見ていきましょう。
最後にチャクラの状態をチェックする項目を載せておきますので、
今のご自身の第2チャクラの状態をチェックしてみて下さい。

【第2チャクラ(セイクラルチャクラ)】

チャクラ

  • サンスクリット名と意味…スヴァディシュターナ、自分の居場所、甘さ、快楽
  • 位置…おへそから5〜6cm下のあたり、仙骨
  • 発達する年齢…7歳〜14歳くらい
  • 働き…創造力やセクシュアリティ、1対1の人間関係、 男性性と女性性の
          バランスなどを司るチャクラ。
  • 対応する色…オレンジ色(朱色)
  • 身体の部位…泌尿器系(腎臓・膀胱)・生殖器系・リンパ系、循環器系(一部)
              ・大腸・腰など。
  • 関係する内分泌腺…卵巣、精巣
  • 元素…水
  • 感覚…味覚
  • 働きかける精油…ローズ、ジャスミン、イランイラン、サンダルウッドなど。
  • マントラ…「Vam(ヴァーング)または(ヴァーム)」

下から2番目の『セイクラルチャクラ』、 「セイクラル」は「仙骨」という意味です。

おへそという意味の『ベリーチャクラ』ともいわれ、
私も以前はそう呼んでいましたが、チャクラの探求をしていくうちに
2番目のチャクラには「仙骨」が深く関係していると感じるようになりました。
そして、おへそのチャクラはまた別にあると感じています。
(おへそのチャクラに関しては、次の回でお話します。)

以前にもお伝えしましたが、
フランス語で「仙骨の」という意味の言葉は「sacre」で、
この言葉はラテン語の「sacrum 」=「聖所」という言葉を語源に持ち、
「神聖な」「聖なる」という意味でよく使われる言葉です。
つまり仙骨は、聖なる骨…『魂の宿る場所』だとされていて、
先ほど少し触れました“家系のカルマ”もここに宿っている
と言われています。

そして、サンスクリット名の「スヴァディシュターナ」は
「自分の居場所」という意味と「甘さ」や「快楽」という意味があります。
一見関連がないように思われる2つの意味ですが、
この両方があってこそ、
まさに第2チャクラをあらわしているのではないかと思います。
セイクラルチャクラは、
「自分の居場所」=「創造のエネルギーの源」であり、
「甘さ」「快楽」=「生きる上での極上の悦びと楽しみを感じる場所」だからです。

人生の色々なことに興味を持ち、あらゆることを創造していく力は
すべてこのチャクラのエネルギーであり、
それは、本質的に「人生を創造していく力の源」です。

また、セイクラルチャクラは、
「喜怒哀楽」という感情を感じるところでもあります。
右脳で感じていることをしっかり味わいながら、
いかなる感情にも振り回されず、自分の感情をコントロールしながら、
人生を楽しむことができるチャクラです。

先ほどエレメントの項目でお伝えしましたが
このチャクラは『水』のエレメントに関係し、
“流れ”“柔軟性”と関係があります。
チャクラバランスがよければ、すべての面において柔軟性があり、
あらゆることがよどみなくさらさらと流れるようなものになります。
人生の中で起こりうる変化に柔軟に対応でき、
自分の人生を流れにまかせながら、自然体で生きていくことができるでしょう。

反対にこのチャクラのバランスが悪い場合は、
思考や感情に柔軟性がなくなり、創造性が阻害され、すべての流れが悪くなります。
セイクラルチャクラから上へのエネルギーが流れにくくなり、
上のチャクラの活動も鈍くなります。

肉体面においては、
泌尿器系(腎臓・膀胱)・生殖器系・リンパ系・循環器系(一部)・大腸・腰
などを司り、直接影響を与えています。

セイクラルチャクラに滞りが生じると、
生理痛や生理不順や下半身の冷え、子宮や卵巣の障害、
更年期障害など婦人科系のトラブルの他、
筋肉が凝ったり、腰や足の動きがぎこちなかったり…と、
何もかもが詰まった感じがあります。
尿道のうっ血が膀胱を詰まらせ、体液うっ血や膀胱炎、腎結石、
腎炎などの病気を引き起こすことがあったり、
リンパ管が詰まればむくみの原因になり、血流も悪くなったりするでしょう。
また、慢性的な腰痛に悩まされたりします。(一部第1チャクラと重なります。)

セイクラルチャクラは、7歳くらいから発達し始め、
14歳くらいで成熟するとされ、
この歳あたりでトラウマになるようなことを経験すると、
セイクラルチャクラにブロックが生じ、
心底喜びを感じることができなくなったり、
健全な人間関係を作ることができなくなったりする場合が
あるといわれています。

このチャクラの課題は、
「1対1の人間関係」と深く関係していて、
「1人の人間として人との関係を築いていくこと」に焦点があたっています。
それは、恋人や結婚相手、近しい友人、仕事のパートナーなど
よりパーソナルな関係において生まれます。
私たちは、関係が近くなればなるほど
「相手を自分の思い通りにしたい」というエゴが働きがちです。
それゆえ、そういう相手において
“互いを尊重すること”を学んでいくチャクラなのです。
イメージ

また、このチャクラのエネルギーは、その課題に気がつかせるために役立つ
人間関係を確実に引き寄せてくる力があります。
「学ぶ者は準備ができた時に、教師が現れる」というのは、
自分のセイクラルチャクラのエネルギーの引き寄せによるものです。

尚、本質的に二面性を抱えていて
人間の内面の男性性・女性性のバランスをとっているチャクラともいわれています。
自分の中の男性性と女性性のバランスがよい時、
人は、誰にも依存しないで自分の足でしっかり立つことができ、
近しい人間関係においても、健全なつながりを保つことができるでしょう。

さらに人間関係以外では大自然や自分の霊的ガイドから
エネルギーを感じることを可能にする場所ともいわれています。
このチャクラは光と闇の両方が存在する4次元に対応していて、
4次元の領域は、感覚や思考、思考体系、妖精、精霊、
アストラル界のエンティティ(霊的存在)、私たちの夢の感覚的側面の領域
とされています。

 

【セイクラルチャクラの状態チェック】

思い当たる項目をチェックして下さい。
2個以上思い当たれば、
このチャクラがアンバランスになっている可能性があります。
この後にお伝えするチャクラバランシング・ワークをお試し下さい。

  1. 何事も心底楽しめない

  2.  
  3. 周りの変化についていけない

  4.  
  5. 自分の感情に振り回されやすい

  6.  
  7. 恋人やパートナーに依存しやすい

  8.  
  9. 人から注目されたい

  10.  
  11. 身体がむくみやすい

 

<チャクラバランシング・ワーク>

【水を連想させる、水が流れる音楽をかけながら光の深呼吸】

セイクラルチャクラと関係する水と光の癒しワークです。
穏やかに優しく水の流れを感じる曲をかけながら、
ゆったりとした気持ちで“光の深呼吸”をしてみましょう。
まずは、前回お伝えしたグラウンディングから始めます。

  1. 椅子に座り、背中をまっすぐにして、
    足を少し開き、 両足の裏をぴったりつけます。
    軽く目を閉じ、一度深呼吸をしましょう。

  2. 呼吸に意識を向けます。
    まずは息を口からゆっくり吐いて下さい。
    全部吐ききったら、次は新鮮な空気を鼻から吸い込みます。

  3. ベースチャクラ(尾てい骨の先・会陰部あたり)を意識します。
    そこから地球の中心に向かって“光のコード”が伸びるのをイメージして下さい。
    そのコードが様々な地層を通り抜け、地球の中心へ向かって伸びていくのを視覚化し、
    地球の中心まで到達したら、そこでしっかり固定します。

  4. 鼻から息を吸い込みます。
    チャクラ
    この時、新たなエネルギーが光り輝きながら入ってくるのをイメージしながら
    ゆっくりと吸い込みましょう。

  5. 口から吐く息とともに、古くなったいらないエネルギー(マイナス感情含む)が
    全部出ていくのをイメージします。

  6. 次に鼻から吸い込んだ光が、身体中の隅々まで行き渡るよう
    イメージしてみましょう。

  7. それが身体を抜けて外まで行ったら、
    自分の周りが光でいっぱいになるようなイメージをします。

  8. それができたら一気に息を吐いて終わりにします。



【セイクラルチャクラに働きかける色、クリスタル、アロマなど】


それぞれのチャクラには、対応した色があります。
チャクラは、回転する光の輪のように見えますが、
それぞれ違うスピードで回転するため、異なった光の波長を発し、
異なった色として知覚されるのです。
セイクラルチャクラに対応する色はオレンジ色です。
オレンジ色の洋服、下着やパジャマを身につけたり、
オレンジの花を飾ると、視覚的に入ってきていいでしょう。
オレンジの花

また、チャクラを活性化するのに役立つクリスタルは
カーネリアン、ゴールデン・タイガーアイなど。
ポケットの中に持っていても、手首にしてもいいと思います。

さらに、アロマの精油の香りと波動がチャクラを刺激し、活性化します。
セイクラルチャクラを活性化するのに役立つのは、
ローズやジャスミン、イランイラン、サンダルウッドなど。
この精油をバスソルトに3〜5滴いれ、湯船に混ぜて、
ゆっくり浸かってみて下さい。
ゆっくり時間をかけてお湯に浸かり、自分をしっかり見つめましょう。
自分が持ち続けているマイナスな感情、
溜め込んでいる気持ちをすべてお湯の中に捨ててしまいます。

また、食べ物からエネルギーをいただいていることを意識します。
セイクラルチャクラは、『味覚』と関係しています。
食事や何かを飲む時は、それらをゆっくり存分に味わい、
エネルギーをいただいていることに意識を向けましょう。

【セイクラルチャクラを活性化するアファメーションとマントラ】

次の言葉は、セイクラルチャクラを活性化するアファメーションです。
発した言葉、心に抱いた言葉は、エネルギーとしてその状態を強く引き寄せますので、
声を出そうが出すまいがどちらでもかまいません。

「私の人生は、その旅に必要なものをすべて与えてくれます。」
「私は、今の自分に十分満足しています。」

また、セイクラルチャクラに働きかけるマントラ(真言)は
「Vam(ヴァーング)または(ヴァーム)」。
深呼吸をしながら、またはグラウンディングをしながら、
さらには半蓮華座で座りながら、繰り返し唱えてみましょう。

 

さて、今回は『チャクラと元素』『チャクラと内分泌系』
そして『カルマについて その1』と『第2チャクラについて』見てきました。
随分長くなりましたが、ここまでお読み下さってありがとうございました。

次回は、第3チャクラと第2チャクラの近くにあるおへそのチャクラ、
また、カルマについての続きなどをお伝えする予定です。

あらゆるワークもご紹介していきたいと思っていますので、
どうぞお楽しみに!
ねこのもも香ちゃん

 

<参考文献>
・プレアデス 神聖な流れに還る アモラ・クァン・イン著
・プレアデス 覚醒への道 アモラ・クァン・イン著
・ライトボディの目覚め  大天使アリエル&タシラ・タチ-レン著
・チャクラパワーを開く メアリー・ホーズリー著
・チャクラ・ヒーリング ブレンダ・デーヴィス著
・チャクラ・バイブル パトリシア・マーシア著
・癒しの光(上) バーバラ・アン・ブレナン著
・オーラレッスン  寺尾夫美子著
・暮らしのチャクラ 武藤悦子著
・シンボルの謎 マドンナ・ゴーディング著
・よくわかるポラリティセラピー  鈴木涼子著

 

TOP
 
copyright(c) since 2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.