mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2011年1月 チャクラ・ハーモニー part1
         〜ベースチャクラと現実を生きる力〜

新年が幕を明け、早いもので大寒を迎える頃となりました。
皆さま、いかがお過ごしですか?

イメージ

2011年の初めは、うららかな天気に恵まれ、
幸先よいスタートとなりましたね。
あの雲ひとつない、真っ青に澄み渡る空のように
皆さまにとっての2011年が一点の曇りもなく…いえ、
一点くらい曇りがあってもそんなことは気にせず(笑)、
笑顔いっぱい♪幸多き年になりますように…
心よりお祈りしております。
私自身も今までの年以上に「ガハハ!」と大笑いすることが
多い年にしたいと思っています(^-^)

さて、2011年初のNaturalbeauty&healing情報になります。
今回は、少し前から「あらためて書きたい」と思いながら
したためていた“チャクラ”のお話です。

私たちの体内(外)を流れるエネルギーのスポットである“チャクラ”。
これまでも度々触れていますし、
以前にも「チャクラに取り組もう」というタイトルで
ひとつひとつのチャクラについてシリーズでもお伝えしました。

では、なぜ今、
あらためてチャクラの話をしたいのか?といえば…

日々サロンで施術をしていると、
どの方にも『チャクラに変化が起きている』と感じるからです。

私たちの肉体、感情、思考、精神、霊性…
すべてはチャクラに影響していますから、
もちろん、チャクラの状態はいつも違いますし、
変化が起きるのは当然のことです。

誰でも、気にかかることがあるだけで、
チャクラにもダイレクトに伝わり、すぐにチャクラの滞りとなりますし、
心が大きく揺さぶられるようなことが起きたりすると、
渦巻きの渦の中に突然放り込まれた状態になり、
感情面の動揺が激しく、自己防衛するために
無意識ながらチャクラをパタッと閉じてしまうこともあります。

ところが、今、私がお客さまから感じているのは、
これまでとは違う変化です。

起きていることの影響をあまり受けず、
各チャクラが一定に開き、エネルギーがちゃんと巡っていたり、
また、これまで残っていたチャクラの滞りが
浄化する段階まできているのでは…?と感じたり…。
つまり、とてもよい変化です。



チャクラの状態は『意識の成長』と
大きく関わっていますから、
チャクラによい変化が
起きているということは、
皆さまの意識に変化が
生まれているということだと思います。

皆さまが意識的に…
もしくは無意識ながらあらゆることを
経験されるうちに
今というタイミングで変化が
起きているのではないでしょうか。
そして、以前からお伝えしている通り、
現在、地球の大きな
エネルギー変動とともに、
おひとりおひとりの変化が
加速しているといわれますから、
そのことも大きく関係しているのでは
ないかと感じています。

 

イメージ


また、この1年くらい『もっとチャクラのことを知りたい』というお声を
たくさんいただくようにもなりました。
『知りたい』と思うのは、
おそらくご自身のチャクラからのメッセージ…
たとえチャクラのことを意識していらっしゃらなくても
またはご存じなくても、きちんとメッセージを受け取り、
ご自分に何かしらの変化が起きていることに
気がついていらっしゃるのだと思います。

そこで、変化がさらに加速していくであろう2011年の初めに
あらためて、今、私が感じている“チャクラ”についてお伝えしたいと思いました。
チャクラに変化が起きている皆さまに
チャクラのことをより知っていただき、
ご自身の『真の幸せ』にもっともっと役立てていただきたいと思います。

チャクラやオーラのことは、
特殊な能力を持った人にしかわからないもの…
という印象をお持ちの方が多いようですが、決してそんなことはありません。
どなたでも感覚さえ養えば、ご自身のチャクラを感じることができます。
そこで、今回のシリーズではチャクラを感じるワークなども
ご紹介したいと思っています。

また、チャクラを感じること以上に大切なことは、
『チャクラについて知ること』です。

たとえ感じることができなくても
チャクラの特徴や活性化の方法などを知っていれば、
必ず今の自分に活かすことができ、
変化の時の手引きにもなりうるでしょう。

イメージ

シリーズでお伝えしてから2年が経ち、
日々施術を重ねる度に、
私自身にも色々な変化が生まれています。
以前は手で感じることで受け取っていた情報が
よりスピリチュアルな感覚…
心の目で視覚的に受けとることなども度々出てきて、
サトルボディやチャクラからの
メッセージのようなものを受け取り、
新たに感じることや確信することも出てきました。

それらのことも含めて、
チャクラのバランスをとることの大切さ、
また、そのことがなぜHappyな変化に
必須なことなのか…
できるだけわかりやすい言葉で
お伝えしていきたいと思います。
是非、参考にしていただき、
ご自身のチャクラやエネルギーと
たくさん会話をしながら
さらなる変化を進めていただけると嬉しいです。



<チャクラとは一体何か?>

“チャクラ”とは、
古代インドで使われていたサンスクリット語で
“車輪”“回転する輪”“渦”を意味する言葉で
私たちの身体の内外を流れるエネルギーセンター(スポット)のことです。
エネルギーがグルグルと渦を巻き、出入りする姿から
この名前がつけられたといわれています。

経絡上のツボと同様に、
身体の中に数多く存在すると
いわれていますが、
主要なものは、頭頂部から背柱に沿って
エネルギーの通り道である
スシュムナー(中心線)の中を
縦に7つ並んでいます。
身体の外にあるチャクラも含めると、
12〜14チャクラまで
数えることができますが、
まず、大切なのがこの7つのチャクラです。

また、チャクラは光の渦をスシュムナーから
身体の外側に向かって放出しています。
前や後ろから見ると、
光の渦がまわっているようにしか見えませんが、
横から見ると、渦巻く光が小さな竜巻のように
スシュムナーから筒状になって
放出しているのがわかるでしょう。

チャクラ

尾てい骨の先・会陰部の第1チャクラは大地に向けて下へ
頭頂部の第7チャクラは宇宙に向けて上へ開いていますが、
第2から第6チャクラまでは身体の前面と背面に各チャクラの入口があり、
そこからエネルギーを取り入れています。
各チャクラから取り入れられたエネルギーは
スシュムナーに注ぎ込まれ、
回転しながら上へ行ったり、下へ行ったりしています。

つまり、私たちの身体内には
宇宙からのエネルギーを頭頂部から取り入れ、下へ下へ降りていくエネルギーと
地球のエネルギーを足の裏や第1チャクラから取り入れ、
上へ上へ上がっていくエネルギー、
身体の前後から出入りするエネルギー…
これらがたえず行き交っているということです。

イメージ また、チャクラは花(多くは蓮の花)に例えられ、
「開く、閉じる」という表現をします。
実際には、「開いている」というのは、
チャクラがフルに働き、そこを通るエネルギーが
満ちている状態であることを表し、
「閉じている」というのは、
チャクラの働きが鈍っていて
そこを通るエネルギーも不足、
または滞っていたりする状態を表します。
チャクラを視覚化する時、
「開く・閉じる」というのは
イメージしやすいと思いますので、
私もこの表現を使わせていただきます。


<チャクラと色>

色にはそれぞれ固有の周波数があります。
そして、太陽の光をプリズムに通すと
虹の7色にわかれるように
7つのチャクラは、
その虹の7色(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫)と
同じ周波数を持っています。
第1チャクラは回転が遅く、低い周波数で振動している赤、
そして周波数は徐々に上がっていき、
回転が速く、高い周波数で振動している
第7チャクラの紫までがチャクラの色です。

イメージ

同じ周波数を持つ色が、
それに対応する各チャクラに良い作用を及ぼすため
チャクラを活性化するのに、色を意識し活用するのもよいと思います。
活性化していないチャクラの色を
その色の洋服や食べ物、クリスタルなどで補うことで
チャクラの働きに変化が生まれるのを感じるでしょう。
それほど色が及ぼす作用はとても大きいのです。

例えば、少し前に“赤いパンツ”が流行りましたが、
あれは、まさに色を使ってチャクラを活性化する方法です。
この場合、第1チャクラですね。
“赤パン”は、あっという間に男性にも浸透していきました。
最初は「ええ!?赤パン?」と思われた方も
身につけてみると…あら!不思議!何だかイイ感じ!?ということで
徐々に多くの方に受け入れられていったのではないでしょうか。

この不況の折、社会の中で精一杯奮闘している男性たちに
色を取り入れて第1チャクラを刺激し、
現実を生き抜くパワーを活性化する方法が広まったというのは…
やはり偶然ではないという気がします。

<チャクラとオーラ>

また、“チャクラ”は、
自分の“オーラ”と肉体をつないでいます。
“オーラ”とは、宇宙にある生命エネルギーを
取り入れた自分を取り巻く“エネルギーの場”のこと。

その人の“魂のあらゆる情報”が保たれている場所です。
具体的にいえば、現在の肉体・感情・精神状態などから
これまでの転生におけるその人の魂の成長度合、
それに見合った今世の生きる課題、
今世をどのように生きていくかの青写真…などなど、
いずれもとても重要な情報です。

その情報も含めたオーラのエネルギーは、
チャクラに流れ込み、循環していますから、
当然、重要な情報はチャクラにも大きな影響を及ぼしています。
つまり、現在の“チャクラ”や“オーラ”の状態は、
前世から持ち越したことや今世の体験、経験によって
作られているということになりますね。

ここで、スピリチュアル・ヒーラーの寺尾夫美子さんが
ご自身の著書「オーラレッスン」の中に
興味深いことを書いていらっしゃるので
少し抜粋させていただきます。

『魂が人間として誕生した後、
 低次元の肉体との結びつきが安定するまでに数年間かかります。
 肉体をオーラで包み、チャクラを通して魂のプログラムを
 インストールしていきます。
 ・・・中略・・・
 肉体との結合が完成すると、いよいよセルフ(※)の表現が始まります。
 魂年齢によって個人差はありますが、
 魂の波動を肉体で表すための成長が始まります。
 ここからは、魂の記憶を覆う低い周波数の肉体を貫いて
 魂の波動をどのくらい広げ、目覚められるかは
 その人の精神的な成長が鍵になります。
 意識の位置がどの波動レベルにあるかで
 それに相応しいエネルギー循環がチャクラで起こります。
 それに従ってオーラの広がりが違ってくるのです。』

(※魂の分身である今世の私たち)

私たちは誕生後、このような作業を一生懸命しているのですね。
2〜3歳までは生まれる前の記憶がある、
実際に前世の記憶を話す子がいるといわれますが、
それは魂のプログラムを“インストール中”だから
ということになりますね。

また、私たちが今世で苦労するのは、
まさに“肉体”を持って生まれたからこそ。
もちろん、私たちはそのこともわかっていて
あえてチャレンジするべく今世生まれてきているのでしょうが、
肉体を持ちながら本来の魂の波動を
そのままチャクラやオーラに反映させることは
本当に難しいことだということ、
そして、それらを本来のものにするには、
“精神的成長”が欠かせないのだということを
あらためて感じました。

<チャクラの課題>

前述の精神的成長に関係していますが、
各チャクラには、課題があります。

その課題に積極的に取り組むことができている時、
私たちのチャクラはバランスよく開き、活発に活動し、オーラも広がります。
また、もともとあったネガティブな自分のクセから
知らず知らず解放され(浄化)、自然とチャクラの状態もよくなり、
その結果、心身ともに調子がよい状態になると思います。
このような状態の時、
人は生きることが心地よく感じられるでしょう。

バランスが整い、7つのチャクラの
ハーモニーが美しいと、
高次元の自分(ハイアーセルフ)と
つながることが容易になり、
次第に自分の意識が
拡大していくようになります。
そうなると、身体の外、頭頂部より
上のチャクラが開いていき、
宇宙や自然とのつながり、
幸せに満ち溢れた叡智を実感することが
できるようになるでしょう。

逆に、課題に取り組むことを拒否したり、
見ないようにしたりすると
閉じ気味、または開きすぎなど
チャクラのバランスが悪くなります。
エネルギーの出入りも少なくなるため、
それが長期化すると関係する臓器や内分泌腺、
神経など心身にも不調が生じるでしょう。

月

私たちは、7つのチャクラがたえずきれいに開き、
その中をエネルギーがたゆまず勢いよく流れることを目指して
チャクラ浄化をするわけですが、
そのような理想的な状態の人は、
実は、人類史上お釈迦さまかイエス・キリストくらいではないかといわれています。

それほどひとつひとつのチャクラの課題をクリアし、
7つのチャクラ・バランスをとることは難しいことです。
そのために私たちは何度も生まれ変わっているといっても過言ではないでしょう。

というのも、肉体、感情、思考、精神、霊性…
すべてに影響しているチャクラは、
自分オリジナルの“ネガティブ・パターン”や
“カルマ”と深く関係しているからです。
“ネガティブ・パターン”とは、
前世から持ち越した、また今世で作られた思いグセであったり、
とらわれている概念であったり、
トラウマ(自分の思いグセから作ったものを含め)であったり…です。
(カルマについては、また次回お話します。)
そして、今世でどこを重点的に学ぶかも
その2つと深く関係しているといわれます。

前世から持ち越しているなんて、気の遠くなるような話だなぁ…
そんなに長く持っているんだから、
そのパターンやカルマを解消することなんてできるはずがない…
そう思う方もいらっしゃるでしょう。

でも、そんなことはありません。
持ち越しているとしたら、それが今世でも
必ず思考や感情のつっかえ棒のようになっていると思いますので、
まずはそのつっかえ棒を意識の上にあげることでいいのです。
それだけで浄化は始まります。

大切なことは、チャクラを活性化できない大きな理由である
2つのことが自分の中にあることに気がつくこと。
そして、その浄化を行うと決めることです。
気がつき、チャクラの浄化に努めれば、
必ずや何らかの変化が生まれるでしょう。

根本的に、私たちが真に幸せに生きるためには、
変化を恐れず、ひとつひとつ丁寧に
自分を浄化していくことが大切だと思います。
つまり、自分のチャクラと向き合い、浄化していく…ということですね。

イメージ 是非、ご自身を振り返りながら、
バランスを崩している、または
活性化していないチャクラを探ってみて下さい。
それは、自分のエネルギーが
特定の箇所でつかえている感じがするところ、
身体の中でもっとも冷えているところ…
肉体の弱い部分と必ずリンクしていますので、
意外と見つけやすいと思います。
チャクラの特徴や活性化の方法を参考にしながら、
チャクラ浄化を促してみて下さい。


<クンダリーニ・エネルギー>

さて、第1チャクラについて触れる前に
もうひとつ大切なお話をしたいと思います。

古代インドに伝わるタントラ・ヨガの考え方では、
ベースチャクラには“クンダリーニ”が眠っているといわれています。

“クンダリー二”とは、
「とぐろを巻いている」という意味で、
エネルギーと意識を蛇に例え、
“潜在的な宇宙エネルギー”“悟りを得る力”を表します。

“クンダリーニ”は、
普段は眠っているような
不活発なエネルギーですが、
非常に強力なエネルギーで、
魂の目覚めには欠かせない役割を
担っているといわれています。
私たちの意識の成長が進み、
眠っていた魂の記憶が目覚める時、
ベースチャクラから中心線である
“スシュムナー”を通って
“イダ”と呼ばれる女性性のエネルギー、
“ピンガラ”と呼ばれる男性性のエネルギーが
各チャクラを交差しながら螺旋状に
上位のチャクラまで上っていきます。
そして、第6チャクラで“イダ”と
“ピンガラ”が交わり、
第7チャクラの位置でクンダリーニが姿を現し、
ついには『悟り』が得られ、
霊的な解放への道が開けるそうです。
イメージ

そのことを『クンダリーニの覚醒』と呼びますが、
これは、私たちの中に宿る男性性と女性性のエネルギーを統合することであり、
意識が拡大し、魂が覚醒する最高潮の状態であるとされ、
この状態になると忘我の境だといわれています。

古来より現在に至るまで、行者や賢者たちは、
このクンダリーニの覚醒…つまりスピリチュアルな覚醒を
もっとも重要なポイントとして行を行なっています。
チャクラバランスが整うとこの活性化に大いに役立つでしょう。

ヘルメスの杖

また、ギリシャ神話でヘルメスが
携えていたとされる“使者の杖”は
生命とクンダリーニの覚醒を象徴的に
表しているといわれています。

羽のついた杖に2匹の蛇が巻きついた形ですが、
2匹の蛇はプラス(陽)と
マイナス(陰)を表しています。
(または男性性のエネルギーと
 女性性のエネルギー、
 太陽のエネルギーと月のエネルギー)

中央の杖は中性のエネルギーを表すとともに、
スムシュナー(身体の中心線のエネルギーの通り道)を
表しています。
左右の翼は脳で、杖の取っ手部分は松果体、
または第3の目を表し、
2匹の蛇はとぐろを巻きながら
杖の周りを上昇しています。
その時、蛇が交差しているところがチャクラです。

この“使者の杖”は、
『医学の祖』と呼ばれた古代ギリシャの
医師ヒポクラテスの名にちなみ、
『ヒポクラテスの杖』とも呼ばれているそうで、
このシンボルは、今でも医業のマークとして
利用されています。



<チャクラの特徴と働き>

では、チャクラの特徴と働きを見ていきましょう。

今回は第1チャクラについて詳しくお伝えしていきます。
最後にチャクラ状態チェック項目も書いておきますので、
ご自身のチャクラの滞りをチェックしてみて下さい。

【第1チャクラ(ベース・チャクラ)】

●サンスクリット名と意味…ムーラ・ダーラ。「ムーラ」=根 「ダーラ」=支え

●位置…脊椎の基底部である尾骨、会陰部あたりといわれますが、
      男性は会陰部、女性は子宮頸部の先端。

●発達する年齢…誕生から7歳くらいまで。

●働き…生命力、現実社会への根づき・意欲、安定などを司る根源的なチャクラ。

●対応する色…赤色

●身体の部位…脚・脊椎・骨・膀胱・副腎・直腸など。

●関係する内分泌腺…副腎

●元素…土

●感覚…嗅覚

●クリスタル…ガーネット、ジャスパー、ルビー、へマタイトなど。

●精油…パチュリ、シダーウッド、ローズウッド、ベヂバー、ミルラなど。

●マントラ…「Lam(ラーング)または(ラーム)」

まずは、私たちの生きる基盤となるベースチャクラです。
このチャクラは、サンスクリット名の
「ムーラ」=根「ダーラ」=支え…の通り
私たちの根源の部分、支え・基盤となるチャクラです。

この世界・社会にしっかり根づき、現実を生き抜いていく力、
物質的な側面などを司っています。
地球とエネルギーレベルでつながり、
地球のエネルギー=生きるために必要なエネルギーを
取り入れる重要な場所で、このチャクラがきちんと開き、
地球からエネルギーを取り込むことができると
私たちの身体内にはエネルギーがめぐり、それが細胞の隅々まで行き渡り、
生きる活力がみなぎってくるでしょう。

逆にベースチャクラに問題があると、大地のエネルギーがきちんと取り込めず、
身体のエネルギーが不足し、それが長期にわたると
肉体面・感情面・精神面に影響を及ぼします。
肉体面では、慢性的な腰の症状や坐骨神経痛、骨格や足、直腸、泌尿器系、
免疫系のトラブルなどが発生する可能性があります。
また、感情面・精神面では、精神が不安定で抑鬱状態になったり、
考え方が悲観的になり、何をするにも力が湧いてこなくなったります。

このチャクラは、誕生から7歳くらいまでに発達するといわれますが、
その頃に自分が帰属できる存在(多くは家族、親)からの愛を
しっかり得ることができると、この世界で生きることの安心感を得て、
自分の足場と土台を作り、地に足をつけて行動していくことができるようになります。

逆に、第1チャクラが開く頃に帰属できる存在からの愛を
得ることができないと、地に足がつかず、何をやっても続かなかったり、
根無し草のような生き方をしがちになったりします。
7歳くらいまでに作られたトラウマは大人になっても
このチャクラに根深く残ることが多いようです。
それを意識の上にあげ、浄化することができないと、
第1チャクラの機能不全という形であらわれ、
長く続くと「生きていたくない」という深刻な状態にもなるため
このチャクラはとても大切なのです。

また、最近の出来事がベースチャクラに影響を及ぼすこともあります。
例えば、結婚や離婚、転職、新しい恋人ができたり、子供が生まれたり、
思いがけず事故にあったり、自分やパートナーが病気になったり、
近しい人と死別したり…ということです。
つまり、なじみのある環境から引き離されたり、
思いもよらず周りの環境や状況の変化があったり…
つらいことだけでなく、嬉しいことも含め、
自分の基盤を揺るがす原因になりうるのです。

また、生きていく上では切り離せないお金や物など
物質とのつながりを意識させるチャクラでもあるため、
お金や物質との関わりが鍵となります。
貯蓄のある・なしに関係なく、いつも経済的なことで
大きな不安がつきまとっていたり、
お金にのみ執着するような傾向がある場合、
このチャクラに問題があるかもしれません。

そして、魂レベルでは
“生きとし生けるものすべてはひとつ”
という深いテーマを司っている
チャクラでもあります。
自分と他人は、肉体を持つがゆえに
分かれていますが、
根源ではすべてがつながっている
ひとつのものであり、
それを感じることができる
チャクラでもあるのです。

精神世界、スピリチュアルを
探求している人の中には、
下位のチャクラをなおざりにして、
高位のチャクラの覚醒ばかりを
望む傾向がある人もいるといわれますが、
それは、
『肉体を持ちながら意識を成長させる』という
今世での一番のテーマを
無視していることになるでしょう。
ひとつひとつのチャクラに深いテーマがあり、
すべてのチャクラの
“バランス”が大切なのです。
イメージ


尚、このチャクラに問題があると
生活全般のあらゆることが面倒くさく感じる傾向があるようです。
整理整頓ができなくなり、部屋の掃除や自分のケアが
どうでもよくなったりします。
今の自分の家や部屋がどのくらい整理できているか…
自分のケアがどのくらいできているか…
これらのことは、ベースチャクラの状態をチェックするのに
大切な事柄ではないかと思います。


【ベースチャクラの状態チェック】

思い当たる項目をチェックして下さい。
2個以上思い当たれば、
このチャクラがアンバランスになっている可能性があります。
この後にお伝えするチャクラバランシング・ワークをお試し下さい。

  1. 元気がない、生きる気力がない

  2. 何に対しても興味が湧かない

  3. 生活全般のこと、自分のケアが面倒くさい

  4. 孤独を感じる

  5. 下半身が冷える

  6. お金しか信じられない
    又は経済的なことが不安でしかたがない


< チャクラバランシング・ワーク>

【グラウンディング】

ベースチャクラを活性化し、しっかり大地につなげ、
地球のエネルギーを得やすくするグラウンディングをご紹介します。
とても簡単なので、是非、毎日やってみて下さい。
イメージ

  1. 椅子に座り、背中をまっすぐにして、
    足を少し開き、 両足の裏をぴったりつけます。
    軽く目を閉じ、一度深呼吸をしましょう。

  2. 呼吸に意識を向けます。
    まずは息を口からゆっくり吐いて下さい。
    全部吐ききったら、次は新鮮な空気を鼻から吸い込みます。

  3. ベースチャクラ(尾てい骨の先・会陰部あたり)を意識します。
    そこから地球の中心に向かって
    “光のコード”が伸びるのをイメージして下さい。
    そのコードが様々な地層を通り抜け、
    地球の中心へ向かって伸びていくのを視覚化し、
    地球の中心まで到達したら、そこでしっかり固定します。

  4. 一度深呼吸をして、ゆっくりと目を開けます。


【ベースチャクラに働きかける色、クリスタル、アロマ】

前述の通り、ベースチャクラに対応する色は、赤です。
背骨の一番下、そして会陰部に意識を集中しながら
赤色をイメージすると、その周辺にエネルギーが満たされます。

また、このエネルギーをサポートする赤い洋服、
または先ほどもお話した赤い下着や赤いネクタイを身につけたり、
赤いハンカチなどを持ってもいいでしょう。
ただし、全身を赤で統一するとかえって疲れてしまうかもしれませんので、
ご自身がエネルギーが満ちてくると感じる程度に調整して下さい。

ベースチャクラに対応するクリスタルは、
ガーネット、ジャスパー、ルビー、へマタイトなどです。
普段持っていてもいいですし、手首に身につけていてもいいでしょう。
ベースチャクラの位置にあてながら、
深呼吸を何度かしてみるのもいいと思います。

さらに、アロマの精油の香りと波動がチャクラを刺激し、活性化します。
ベースチャクラを活性化するのに役立つアロマは、
パチュリ、シダーウッド、ローズウッド、ベヂバー、ミルラなど。
(ラベンダーは、どのチャクラにも作用します。)
是非、お好みの香りをお部屋に香らせてみたり、
バス・ソルトなどに3〜5滴くらい加えて湯船に入れ、
香りを楽しむとともに、バス・タイムを
チャクラ活性化タイムにするのもおすすめです。
また、お身体のマッサージ用のオイルに数滴垂らしてみてもよいでしょう。



【ベースチャクラを活性化するアファメーションとマントラ】

イメージ

肯定的な宣言は、想像以上に
効果的に作用します。
なぜなら、そこに『引き寄せ』という
宇宙の法則が働くからです。
声を出そうが出すまいが
どちらでもかまいません。
発した言葉は、エネルギーとして
その状態を強く引き寄せるのです。

次の言葉は、ベースチャクラに
働きかけるアファメーションの
ひとつです。
もちろん、ご自身でアレンジしても
かまいません。
是非、お試し下さい。

「私は地球の力強いエネルギーが
 与えてくれるエネルギーを
 受け取ります。」

また、ベースチャクラに
働きかけるマントラ(真言)は
「Lam(ラーング)または(ラーム)」。
深呼吸をしながら、
またはグラウンディングをしながら、
さらには半蓮華座で座りながら、
繰り返し唱えてみましょう。



以上、今回はここまでとさせていただきます。

今、まさに変化の真っ只中にいると感じていらっしゃる方は、
ご自分の軸が大きく揺さぶられるように感じ、
今までにないくらい不安定になっていらっしゃる時かもしれません。
それは、かなり心地悪い状態ですよね。
私自身もかなり強烈に心地悪い感じを体験しました。

でも、チャクラに宿る深い意味を知り、
今の状態を少し引きながら
見ることができる自分がいると…

ああ、今はチャクラを
浄化している最中だからこそなんだ…
それじゃ、今の状態は長くは続かないだろう
→変化を促進していくことは
おそらく自分が選んだ道、
幸せなことなのだ…

そういうふうに
感じることができるように
なるのではないかと思います。

また、
『チャクラのバランスをとる』ということが
私たちの『真の幸せ』に
どれほど大切かということも…。

私が感じている『真の幸せ』とは、
自分の意識を成長させながら、
心豊かに自分らしく暮らすことです。

是非、ご自身を少し客観的に見ながら、
変化に取り組んでいただきたいと思います。
一緒に頑張りましょう!!

さて、次回は第2チャクラについて
お伝えするとともに、
カルマについてやチャクラと内分泌系、
チャクラと元素などの
関連について見ていきたいと思います。

どうぞ、お楽しみに♪

イメージ

<参考文献>
・チャクラパワーを開く メアリー・ホーズリー著
・チャクラ・ヒーリング ブレンダ・デーヴィス著
・チャクラ・バイブル パトリシア・マーシア著
・癒しの光(上) バーバラ・アン・ブレナン著
・オーラレッスン  寺尾夫美子著
・暮らしのチャクラ 武藤悦子著
・シンボルの謎 マドンナ・ゴーディング著
・よくわかるポラリティセラピー  鈴木涼子著

TOP
 
copyright(c) since 2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.