mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2010年12月 自分の中に宿る“女神性”を呼び覚まそう♪ part2

早いもので、2010年も残りわずかとなりました。
皆さま、いかがお過ごしですか?

年末を迎え、何かとお忙しい頃なのでは ないかと思います。
バタバタとあっという間に
過ぎてしまいがちな時期ですが、
是非、2010年の締めくくりの月、
充実した日々をお過ごし下さいね。

さて、今年最後の
Naturalbeauty&healing情報は、
前回に引き続き、
【自分の中に宿る“女神性”を呼び覚まそう♪】です。

前回の“part1”では、
老若男女問わず、私たちひとりひとりの中には、
“資質”として“女神性(聖なる女性性)”が
宿っていること、
また、その“女神性”を呼び覚ますことの
大切さについてお話するとともに、
精油のローズとジャスミンを使って
“女神性”を引き出し、高める方法を
お伝えしました。

そして、今回の“part2”では、
実際に高次元のエネルギー体として存在し、
世界各地に語り継がれている
固有の女神たちについて
お伝えしていきたいと思います。

イメージ

 

イメージ

これらの女神たちのことを知ると、
私達の周りで温かく見守ってくれている
“女神”という存在が
よりリアルに感じられるように
なるかもしれません。
また、女神たちにはそれぞれ
個性や特徴があり、
こちらが願えば、
得意分野のパワーを使って
私たちをサポートしてくれますので、
そのサポートが具体的に
感じられるようになることも。。。

慌ただしい年末のさなかではありますが、
是非、ほっと一息、
リラックスしながらお読み下さい。

では、本題に入りましょう。


“女神”とは、私たちのいる3次元より上の次元にいる高次元の存在で、
女性性ならではの要素(愛情、調和、受容、直感など)を持ちながら、
生きとし生けるものすべての存在を受け入れ、尊重し、
それらの幸せを願う母のような、大きく温かく優しい存在です。

目には見えなくても、高いレベルの美しいエネルギー体として私たちの周りにいて
ひとりひとりを温かく見守ってくれています。
女神の本質は、“愛と調和のエネルギーそのもの”です。

そして、太古より神話に登場し、
現在まで語り継がれている女神たちは、世界中に数多く存在します。
このことからもわかるように、
私たちの先祖は、女神や女性を神聖なものとして崇めていました。
それは、大昔の人が、人間を始め、森羅万象すべてにおいて
“女神の力”が働いていることをよく知っていたからではないかと思います。
また、実際に女神という高次元のエネルギーと
つながることができる人も多かったのではないか…とも。

そこで今回は、神話に登場する
世界各地の魅力的な女神たちをご紹介します。

比較的私達になじみが深い女神、
実は私達が知らず知らずお世話になっているのではないかと思う女神を
ピックアップしてしてみましたので、
是非、何となく惹かれる女神、
つながりたいなぁと思う女神を探してみて下さい。

そして、自分の中で
「なぜ、その女神に惹かれるのか?」を掘り下げてみると、
思いがけず、自分の中の深い部分が見えてくるということもあるかもしれません。
例えば、今まで意識の上にはあげていなかったけれど、
実は伸ばしたいと思っている能力であったり、
求めている理想の女性像、人間像であったり…
もっといえば、自分の今世の課題のようなものであったり。

また、つながりたい女神を意識するだけで
自分の中の“女神性”が知らず知らず
引き出されたりすることもあるかもしれません。(^-^)

心理学博士であり、天使とコンタクトをとることができるヒーラーとして
世界中で活躍しているドリーン・バーチューさんの
「女神のオラクルカード」(一部「アセンデッドマスターのオラクルカード」)
のイラストを添えながらご紹介しますので、
ひとりひとりの女神をイメージしながら、楽しくお読み下さい。

では、ご紹介していきましょう。


○世界各地の魅力的な女神たち

    〜ギリシャ・ローマ神話〜
     
      
  1. アテナ
    アテナ

    アテナは、ギリシャの首都“アテネ”の守護神として
    パルテノン神殿に祀られています。
    “戦いの女神”と呼ばれていますが、本来は暴力を嫌い、
    「戦いは平和を回復するもの」と考え、
    戦時は知恵をもって人々を守り抜き、勝利したとされています。
    また、アイデアを形にする能力に優れ、織物、馬具、
    すきなどの農具、船など生活を豊かにするあらゆる技術を
    もたらしたことでも有名です。
    勇敢で賢く、弱者に優しく、多くの人に支持されたアテナは、
    自分の能力や知恵を使って人々の役に立ちたいと願う人々を
    強力にサポートしてくれるでしょう。

    【役割】知恵を使って戦いに勝つ、知恵を使って生活を豊かにする
    【シンボル】フクロウ、オリーブ
    【色】ローズピンク、グリーン
    【こんな時に】
      ・自分の能力や価値を認めたい
      ・争いごとを解決したい
      ・イメージを現実的に形にしたい
      ・創作活動をしたい


  2. アフロディーテ
    アフロディーテ

    “愛と美と情熱の女神”としても有名なアフロディーテは、
    ローマ神話では、“ウェヌス”と呼ばれています。
    (“ヴィーナス”は“ウェヌス”の英語読み。)
    海の泡から生まれたとされ、愛と美の星、金星と深いかかわりがあります。
    人々の憧れの対象で、ギリシャ神話の主神ゼウスでさえも
    彼女の卓越した魅力に惹き込まれたといいます。
    アフロディーテは、内なる女性性を受け入れ、
    自分の中にある愛と美を生きたい、
    また、人生を恋するように(懸命に)生きたいと願う人々を
    応援してくれるでしょう。

    【役割】
       内なる女性性を受け入れ、自分の中の愛と美を活性化し、
      人生に情熱と喜びをもたらす
    【シンボル】ハト、海、貝、バラの花、星
    【色】マゼンダ、ゴールド
    【こんな時に】
      ・心から楽しんで恋愛をしたい
      ・自分の美しさと愛を引き出したい
      ・恋するように懸命に生きたい


  3. アルテミス
    アルテミス

    月の女神アルテミスは、ギリシャ神話の主神ゼウスの娘で
    太陽神アポロの双子の妹。
    活発で男勝りなアルテミスは、森の中で野生の動物たちと
    過ごすことが大好きでした。
    子供の頃から携えていた弓矢は、動物や人を傷つけるために使うことはなく、
    頭の中で考えていることや意図することにエネルギーを集中するための
    お守りとして力を発揮しました。
    特に女性や子供、動物など助けを求めるものすべての存在を守護し、
    特に勇気を持って一歩踏み出したいと願う人々を
    サポートしてくれるでしょう。  
      
    【役割】女性、子供、動物の守護神
    【シンボル】月、弓矢、森の動物
    【色】ゴールド、グリーン
    【こんな時に】
      ・勇気を持って一歩前へ踏み出したい
      ・正直に生きたい
      
     
     〜ケルト神話・北欧神話〜

  4. ダヌ(ダナ)
    ダヌ(ダナ)

    ケルト神話最古の女神ダヌは、「創造の女神」や
    「釜戸と火と生命と詩歌の女神」と呼ばれ、火のエネルギーで
    すべてのものを変容させる力を持った優れた魔法使いです。
    また、金髪に青い目をした美しい容貌で、
    自然界の精霊たちとともにこの世界に美と平和をもたらしています。
    ダヌは、錬金術や魔法の力で夢の実現したいと願う人々を手助けし、
    守ってくれるでしょう。
     
    【役割】錬金術で守護する、魔力を使って変容を起こす
    【シンボル】火
    【色】レモンイエロー、ディープブルー
    【こんな時に】
       ・夢を実現したい
     

  5. ブリジッド
    ブリジッド

    「ブリジッド」とは、アイルランド語で「高貴な者」という意味。
    (「明るさ」「力強さ」という意味もあります。)
    ケルト神話に登場する炎と釜戸を司る太陽の女神であり、
    豊饒、多産、学問、芸術、癒し、戦いなど
    ありとあらゆる分野を司る女神です。
    また、若い乙女、優しく育む母、賢い老婆(魔女)の
    3つの顔をもつ女神としても有名で、
    古くからアイルランドの人々に愛されています。
    春の訪れを祝う2月1日の「インボルク祭り」はブリジッドの祝日とされ、
    そのため、「春の女神」とも言われています。
    ブリジッドは、何かに困っている時に適切なタイミングで援助してくれたり、
    困っている人を助けたいと願う人々をサポートしてくれるでしょう。
      
    【役割】
      人を助ける愛と喜びを伝える、
      困っている人に適切なタイミングでサポートする
    【シンボル】魔法のカップ
    【色】ルビーピンク、オレンジ
    【こんな時に】
       ・人を助けたい
       ・何かに困っている時

  6. フレイヤ
    フレイヤ

    愛と美と豊穣を司るフレイヤは、美しい北欧の女神。
    2匹の大きな猫に引かせた車に乗り、天と地を結ぶ虹の橋を渡り、
    鷹の羽でできたマントを羽織って空を飛んだといわれています。
    美しいアクセサリーや宝石が大好きで、情熱と官能的な雰囲気、
    自由奔放な振る舞いで周りを魅了したフレイヤは
    人生を大いに楽しみ、自分の可能性を広げることを教えてくれ、
    またそう望んでいる人々をサポートしてくれるでしょう。
    平日最後の日で心浮き立つ金曜日は、フレイヤに敬意を払って
    「フライデー」と名づけられたといわれています。
      
    【役割】人生を“楽しみ”に変容させる
    【シンボル】猫、虹、ペンダント
    【色】ワインレッド
    【こんな時に】
       ・リラックスして人生をもっと楽しみたい
       ・自分の可能性を広げたい 〜エジプト神話・アフリカ神話〜


  7. イシス
    イシス

    「イシス」は「王座」を意味します。
    エジプト最高の女神と呼ばれるイシスは、
    多方面で鮮やかな活躍をしたため、古代神の中でも
    「最も重要な神」として扱われています。
    偉大なる魔法使いであり、錬金術の女神、死者の守護者でもあったイシスは、
    女性的・母性的でありながら、同時に超人的な強さを具えていて、
    太陽神ラーに瞬時に思ったことを現実にする
    特別な波動を持つ秘密の言葉(名前)を聞き出し、太陽神の力も手に入れ、
    後に自分の息子ホルスが王位につくのを助けました。
    イシスは、その錬金術で自分の魂の成長を願い、
    人生に真摯に取り組んでいる人々をサポートし、守ってくれるでしょう。
      
    【役割】魔法・錬金術の女神、母性と子供を守る、 死者の魂を導く(魂の守護者)
    【シンボル】月、魔法
    【色】インディゴパープル、ゴールド
    【こんな時に】
       ・スピリチュアルな真理を求めたい
      ・洞察力を高めたい


  8. バステト(バスト)
    バステト(バスト)
      
    月の女神「バステト」は、エジプトの太陽神ラーの娘。
    月の化身であると同時に、太陽の恩恵をあらわす女神でもあります。
    夜になると猫に変身して街に出て、助けが必要な人々を救ったといわれ、
    病気や邪悪なものから人々を守る慈愛に満ちた女神で
    女性らしさの化身とされています。
    また、バステトは、猫のような独立心、遊び心、マイペースの象徴であり、
    人生をしなやかに楽しく生きる代表であるとともに
    そのように生きたいと願う女性たちを
    強力にバックアップしてくれるでしょう。
      
    【役割】邪悪なものから守る、豊饒と多産を司る
    【シンボル】雌猫、月、ピラミッド
    【色】アンバー、イエロー
    【こんな時に】
       ・豊かな人生を楽しみたい
       ・男性性と女性性など2つの異なるエネルギー間のバランスをとりたい



  9. ハトホル
    ハトホル

    「ハトホル」は「ホルスの家」という意味。
    太陽神ラーの娘でホルスの妻であるハトホルは、
    授乳と母性を象徴する聖なる動物、牛の頭をシンボルとし、
    受胎、出産、子育てなどすべての面で人々を助ける慈悲深い天空の女神です。
    その一方、愛と美、快楽を象徴し、化粧や歌、音楽、舞踏を司る女神でもあり、
    人生において自分自身を楽しませることや与えるだけでなく受け取ること、
    愛し、愛されることの必要性を教えてくれます。
    ハトホルは、母親としての役割を担っている人々や
    与え、受け取りたいと願う人々を強力にサポートしてくれるでしょう。

    【役割】母親、子供、死者の守護
    【シンボル】牛の頭、いちじく
    【色】オレンジ、クリーム
    【こんな時に】
       ・愛を惜しみなく与え、受け取りたい



  10. マアト
    マアト

    太陽神ラーの娘で月の神トトの妻であるマアト。
    「マアト」とは、「真実」「正義」「秩序」を意味し、
    万物の均衡、調和、秩序を保ち、真理に従って宇宙を治める存在です。
    真理の象徴であるダチョウの羽を頭に乗せた姿で描かれ、
    地上界(物質界)では人々が公平に暮らせるように力を発揮し、
    霊界では死者の審判の時に生前の罪の意識を天秤で量り、
    天界では天体の運行や季節を管理しています。
    感情に惑わされず、公平に物事を見て何が最善であるかを判断するマアトは、
    人間関係の争いごとを解決したい時、
    訴訟、交渉などを行う時、大きな力となってくれるでしょう。
      
    【役割】
       天界、霊界、地上界(物質界)の3つの世界において
       宇宙の真理に従って、万物の均衡、調和、秩序を保つ
    【シンボル】天秤
    【色】シルバー、イエロー
    【こんな時に】
       ・感情に惑わされず、物事を公平に判断したい
       ・争いごと、訴訟、交渉などの場面で冷静に対処したい



  11. マウ
    マウ
      
    アフリカの月と創世の女神であるマウは、
    双子の男神であり、夫である太陽神リサとともに
    すべての生命を創造したと信じられています。
    優しくおだやかなエネルギーを持ち、地球上のすべての存在を
    愛するマウは、誰からも慕われ、その自然に対する知恵は尊敬されました。
    自然資源を尊重しながら、自然や動物たちと調和を保って暮らすには
    どうしたらよいか助けを求めている人々に応えてくれるでしょう。

    【役割】環境保護、動物愛護、緑化運動
    【シンボル】月
    【色】ブラウン
    【こんな時に】
       ・大自然や動物たちを守りたい
       ・すべての命のつながりを感じたい


     〜インド神話・日本神話〜

  12. アマテラス(天照大御神)
    アマテラス(天照大御神)

    太陽の象徴であるアマテラスは、
    日本の神話にも登場する代表的な女神です。
    現在も伊勢神宮を始めとする多くの神社に祀られ、
    豊饒を司る最高神として人々からの信仰を集めています。
    神話には、アマテラスが地上で暴れた弟スサノオノミコトに怒り、
    岩戸に姿を隠したところ、世界中が暗闇になったという伝説があります。
    この伝説の最後は、アマテラスが岩戸の入口で差し出された鏡で
    輝かしく美しい自分の姿を見た途端、急に岩戸が開かれ、
    彼女が姿を現すと、世界は再び光が満ち溢れた…という結末ですが、
    これは、誰もが自分の中にある愛と美に気がつくと、
    魂の扉が開かれ、世界中を照らす光になりえるのだということを
    示しているとされています。
    つまり、ひとりひとりが世界を照らす光だということ。 
    アマテラスは、そのことを教え、自分の中の光を引き出したい、 
    明るくポジティブに生きたいと願っている人々に大きな力を
    与えてくれるでしょう。

    【役割】
       豊かな実り、命の恵みを与える、
      自分の中の光と愛と美に気づかせる
    【シンボル】太陽、光、金のアクセサリー、稲穂
    【色】ゴールド、ブライトイエロー、クリア、太陽のようなディープレッド
    【こんな時に】
      ・自分の中にある光を引き出し、輝かせたい
      ・明るく、ポジティブに生きたい



  13. カーリー
    カーリー
      
    「カーリー」の名は「黒き者」という意味。
    インド神話の地母神であるカーリーは、あらゆるものを生み出す母で、
    黒さは「子宮」を象徴しているといわれています。
    黒い肌に4本の腕、第3の目と長く垂らした舌、手には武器と生首…など
    少し恐ろしい印象の姿で描かれることがありますが、
    それは、カーリーが第3の目で真実を見抜き、
    聖なる刃を使ってエゴを断ち切り、
    人々を目覚めさせるという姿をあらわしています。
    また、カーリーには「シャクティ」と呼ばれる
    女性的な生命力エネルギーがみなぎり、この「シャクティ」は
    物事を変容させる力でもあります。
    今までの人生を変えたいと願う時、または人生の変革期には、
    カーリーの強力なサポートを願うとよいでしょう。
      
    【役割】自己の変容をサポートし、促進させる
    【シンボル】シャクティ(女性的な生命力エネルギー)
    【色】ブラック、レッド、インディゴブルー
    【こんな時に】
       ・今までの生き方を変容させたい
       ・人生における変革の時期をサポートしてほしい



  14. サラスヴァティー
    サラスヴァティー

    「サラスヴァティー」は、インド神話の聖なる川の1つの名であり、
    サンスクリット語で「発明者」という意味。
    それゆえ、浄化や豊かさと関係する川や水の女神であると同時に
    芸術、言語、創造性や学問を司る女神です。
    “ヴィーナ”というインド楽器や経典などを手にし、白鳥や蓮の花、
    孔雀などに乗った美しい姿で描かれるサラスヴァティーは
    清らかで優雅な気品の持ち主、夫の創造神ブラフマーは、
    彼女があまりに美しいため、どこからでも見えるように
    四方に顔を創ったとも言われています。
    才色兼備で誰からも愛されたサラスヴァティーは、
    女性として仕事もプライベートも充実させたいと願う人々に
    優しく力を貸してくれるでしょう。

    【役割】
       芸術、言語、創造性、学問を司る、
       知性と女性らしい可愛らしさの両面をサポートする
    【シンボル】インド楽器(ヴィーナ)、本(経典)、白鳥
    【色】ホワイト、ターコイズ、ライトブルー
    【こんな時に】
       ・自分の感性を素直に表現したい
       ・知性と可愛らしさを持ちたい
       ・クリエイティブになりたい



  15. ラクシュミー
    ラクシュミー

    「ラクシュミー」は「幸運」という意味。
    美と豊饒と繁栄を司るインド神話の女神で維持神ヴィシュヌの妻である
    ラクシュミーは、黄金に輝く美しさを持ち、美の化身だと考えられています。
    また、とても慈悲深く、怖れや不安をなくし、
    豊かさや幸運がもたらされることを強く信じること、
    そして、それこそが幸運をもたらす秘訣であるということを
    教えてくれる女神でもあります。
    ラクシュミーは、あらゆる分野において、
    私たちが願えば、そこに成功と幸運がもたらされるよう
    強力にサポートしてくれるでしょう。
    (日本では「吉祥天」としても知られています。)

    【役割】豊かさ、繁栄、幸運をもたらす
    【シンボル】蓮華
    【色】マゼンダ、ゴールド
    【こんな時に】
       ・明るい未来を信じたい
       ・宇宙が味方であると実感したい


    〜イヌイット神話・ポリネシア神話〜
     
  16. イシュチェル
    イシュチェル

    太陽神イツァムナーの妻で様々な役割をもち、
    古代よりマヤの月の女神として崇められていました。
    月の化身であるイシュチェルは、潮の満ち引きと密接な関係があり、
    月の満ち欠けや潮の満ち引きは、女性の生殖と関係しているため、
    出産やセクシュアリティを司り、母と子供を守護します。
    また、水に関わるあらゆる側面を司り、雨を管理するため、
    「虹の女神」とも呼ばれています。
    さらにイシュチェルは、「偉大なるヒーラー」とも呼ばれ、
    水やハーブによる浄化、色や音を用いてチャクラを調整し、
    癒しを行なうと言われています。
    それゆえ、自分自身を癒したい、人々の癒しになりたいと願う人々を
    援助してくれるでしょう。
      
    【役割】母子の守護、出産のサポート、水と雨を司る
    【シンボル】織物、虹
    【色】パープル、グリーン
    【こんな時に】
      ・人々の癒しになりたい
      ・セルフケアで元気になりたい



  17. セドナ
    セドナ

    イヌイットなどの北極圏に住む先住民族に伝わる海の女神。
    海の中の生き物を見守り、その生死に関連したことから
    セドナは、死後の世界(霊界、冥界)の女王とも言われています。
    また、元は人間だったセドナは、海の事故で指先を失いましたが、
    その指先がアザラシやクジラになり、彼女は海の底に沈み、
    女神になったという伝説があります。
    宇宙の神秘や自然界のバランスなど人智を超えたことに
    興味を持ち始めた人々、そして、真の豊かさとは何かを
    見つけ出そうとしている人々を理解するとともに癒し、
    魂の深い部分で満ち足りた真の豊かさが感じられるよう
    サポートしてくれるでしょう。

    【役割】豊かさを分け与える、海の生物の守護、魂の再生
    【シンボル】アザラシ、ドルフィン、海
    【色】ゴールド、ターコイズ、ウルトラマリン
    【こんな時に】
      ・宇宙の真理を知りたい
      ・本当の豊かさや幸せとは何かを知りたい
      ・清らかな海と海の生物を守護したい

  18. ペレ
    ペレ

    「ペレ」は、ハワイ語で「火山」「火の赤さ」という意味。
    火山を支配し、溶岩による破壊、新たに大地を創造する
    ダイナミックなエネルギーを象徴する女神です。
    とても美しい女性ながら、性格も火山のように激しく、
    負けず嫌いで短気なため、姉妹で男性を取り合ったり、
    争いごとはたえなかったといわれています。
    今は、ハワイのキラウエア火山にいると信じられていて、
    人々は今も彼女の激しい情熱とエネルギーに魅せられ、
    畏敬の念を払っています。
    ペレは、自分の魂がワクワクするようなことを望み、
    実現させたいと願っている人々の強い味方になってくれるでしょう。
      
    【役割】大地を創造する、人生に情熱を与える、古いものを手放す
    【シンボル】活火山
    【色】ディープレッド
    【こんな時に】
       ・自分の魂が望むことをしたい
       ・情熱をもって人生を歩みたい


    〜仏教神話・新約聖書ほか〜

  19. 観音
    観音

    観音は、阿弥陀仏の弟子で仏の慈悲の化身。
    人々の声に耳を傾け、祈りを聞き入れる姿から、
    「観音」(音を観る)という名がつけられたと言われています。
    また、サンスクリット語名の「アヴァローキテーシュヴァラ」は、
    「遍く(あまねく)」「見る」「自在」の合成語で
    「悩める人々の声を見聞きし、様々な姿に自在に変化してあらゆる場所に現れ、
     救済すること」
    を意味します。
    観音は、33通りに姿を変えて現れ、人々を救済すると言われています。
    慈悲や慈愛の心、優しさを育みたいと願う人々や
    あらゆることで困っている人々の大きな力となってくれるでしょう。

    【役割】深い慈悲の心で人々に寄り添い、導く
    【シンボル】水瓶、蓮の花、鈴
    【色】ゴールド、オレンジ、ペールバイオレッド
    【こんな時に】
       ・慈悲や慈愛の心を育みたい
       ・ハートを開き、優しさを育みたい



  20. グリーンターラー
    グリーンターラー

    「ターラー」は、古代サンスクリット語で「星」という意味。
    仏教の慈悲と救済の女神グリーンターラーは、
    観音がすべての存在を哀れんで涙した際に
    左目からこぼれ落ちた涙から生まれたという言い伝えがあります。
    苦しむ人々を素早く救済するため「行動の女神」とも呼ばれ、
    チベットではもっとも愛され、
    多くの人々がグリーンターラーに救いを求めたと言われています。
    緊急事態に陥っている時や心底困っている時、彼女に助けを求めると、
    すばやく、また適切な形でサポートしてくれるでしょう。

    【役割】助けを必要としている人々の救済
    【シンボル】星
    【色】グリーン
    【こんな時に】
      ・優れた判断力と行動力がほしい
      ・緊急事態・ショックに陥った時に



  21. ホワイトターラー
    ホワイトターラー

    長寿と癒しの仏教の女神ホワイトターラーは、
    観音がすべての存在を哀れんで涙した際に
    右目からこぼれ落ちた涙から生まれたという言い伝えがあり、
    グリーンターラーと一緒に観音の働きを助ける存在です。
    彼女は、7つの目を持ち、世界中のすべての苦悩を注意深く見て
    何が本当に必要かを判断し、そこに癒しを与える
    偉大なるスピリチュアルヒーラーでもあります。
    愛とサイキック能力の融合によって
    よりスピリチュアルな癒しの力が高まるよう
    ヒーラーやセラピスト、その他他人を癒している人々を
    サポートしてくれるでしょう。
      
    【役割】長寿・健康をサポートする、安らぎと癒しを与える
    【シンボル】目
    【色】ホワイト
    【こんな時に】
       ・サイキック能力を高めたい
       ・優しさと思いやりをもって、相手を癒したい



  22. 聖母マリア
    聖母マリア
    聖母マリアは、イエス・キリストの母であり、
    地球に愛を送り続ける「天の母」で、慈悲深い愛は、
    何時でも私たちを守護してくれています。
    また、たえまなく奇跡的に人を癒すことから
    神のエネルギーを地上に伝える
    「天使たちのまとめ役」としても知られています。
    特に、子育てや教育など子供に関することで助けが必要な時、
    また、自分自身のインナーチャイルドの癒しが必要な時は
    聖母マリアがサポートとケアをしてくれるでしょう。
      
    【役割】癒しと子供の守護
    【シンボル】百合の花、十字架
    【色】ブルー、ホワイト
    【こんな時に】
      ・子供たちの助けになりたい
      ・内なる子供の部分(インナーチャイルド)を癒したい
      ・自分の中の母のような慈愛を感じたい



  23. マグダラのマリア
    マグダラのマリア
    マグダラのマリアは、イエス・キリストの弟子で
    キリスト教の聖人のひとりです。
    イエスのソウルメイトであり、霊的配偶者でもあったといわれるマリアは、
    イエスと同様に人々から敬愛され、その高い霊的成熟度から
    イエスからもっとも信頼された弟子とみなされています。
    霊的に覚醒し、スピリチュアルに生きたいと願う人々を
    強力にサポートしてくれるでしょう。
      
    【役割(特に女性に対して)】真理を教える、スピリチュアルに生きることのサポート
    【シンボル】香油壺
    【色】ホワイト、スカイブルー、マゼンダ
    【こんな時に】
      ・スピリチュアルな真理を知りたい
      ・スピリチュアルな生き方をしたい
      ・霊的に覚醒したい



いかがでしたか?
何となくピンとくる女神がいましたか?

今回、23人の女神に絞りましたが、
世界中には、もっともっとたくさんの魅力的な女神がいます。
いつか別の機会をつくり、ご紹介したいと思いますので、
その時までお待ち下さいね。

さて、では次に、
上記の女神たちとつながるには、
具体的にどうしたらよいのか?ですが・・・
このことは、天使についての情報の際にお伝えしましたね。

女神や天使は、もともとこの3次元の物質界にはいない高い振動数の存在なので、
自分と波長の合う、高い意識を持つ人間や神聖な空間に自然と惹かれる
というところがキーポイントになります。

ここでいう“高い意識を持つ人”というのは、
ハートがきれいに開き、高い波動で生きている人のこと。
つまり、女神と波長を合わせ、つながるための一番の近道は、
「自分自身が高い波動で生きること」ということです。

これは難しいことのように聞こえるかもしれませんが、
けっして不可能なことではありません。
もともと私たち人間は誰しも、
自分の中にハイヤーセルフ(自分の中に神聖な自分)という
神聖で高いエネルギーを宿していますから、
心がけしだいではそう難しいことではないのです。

ということで、ここでは、
女神とつながり、女神たちのエネルギーをしっかり受けとるために
日々の暮らしの中で心がけたいことをお伝えしたいと思います。
できるようであれば、これからお伝えすることを習慣にしてみて下さい。


○女神を暮らしに招き入れ、つながる方法

  1. 部屋をきれいにすること。

    やはり、何といってもまずはこれです。
    というのも、女神や天使は、清潔できれいな場所や空間が好きだからです。
    是非、部屋をきれいにして、女神が訪れやすい神聖なスペースを作りましょう。
    疲れていて、お部屋をきれいにする元気が出ない時は
    できる範囲でもかまいません。
    生花を飾る、リラックスする音楽をかける、
    アロマを香らせる…などは、神聖なスペース作りの強い味方。
    特に生花は、たとえ一厘でもパワーがあり、
    飾った瞬間、お部屋のエネルギーがさっと変わります。
    また、可能であれば“女神の祭壇”のようなものを作るのもよいでしょう。
    そこが、サンクチュアリ(聖域)となり、女神が訪れやすくなります。



  2. 心を静めてハートを開き、心底「女神とつながりたい」と願う。

    ハートを閉じていては、女神とつながることはできません。
    そして、混乱した感情やマイナスな感情を持っていては、
    ハートはきれいに開きませんから、
    その日がとても忙しく、心乱されるような出来事があったとしても、
    是非、夜には静かな時間を持ち、心を静めるようにして下さい。
    この時、お部屋に好きなアロマを焚いたり
    (part1でお伝えした、自分のエネルギー体を浄化しながら
     ハートを開き、女神性を引き出してくれる
     ローズとジャスミンもおすすめです。)
    電気を消してキャンドルを灯したり、静かな音楽をかけたり…
    できるだけ自分がリラックスできるような環境を演出してみましょう。
    また、必要であれば、瞑想もおすすめです。

  3. ここでは、“ハイヤーセルフとつながる瞑想法”をご紹介しておきましょう。

    <ハイアーセルフとつながる瞑想法>
    1. リラックスできる椅子に座り、大きく深呼吸をします。
      心が落ち着くまで、何度でも深呼吸をしましょう。

    2.  
    3. 落ち着いたら、ゆっくりと美しい光の球体が、
      自分の頭の上15〜20cmくらいのところで輝いているのをイメージします。


    4.  
    5. この球体から金色の光があふれて、自分のオーラ全体に注がれ、
      すべてのチャクラや身体の隅々にも
      この光が注がれていくのをゆっくりと感じましょう。

    6.   
    7. これは、ハイアーセルフのエネルギーです。
      時間をかけて、このエネルギーと自分が一体化しているのを感じましょう。

    8. そして、これからもより強くつながることができるよう
      ハイアーセルフにお願いをします。
    9. そのエネルギーと一体化できたことをしっかり感じたら、
      一度深呼吸をして瞑想を終えます。



    10. 上記などの方法で心が静まった状態になったら
      「女神を招き入れます。」「女神とつながります。」と宣言し、
      つながることを心から願ってみましょう。



  4. ハッピー&ラッキー&ラブに生きる
    (女神から愛される愛に満ちた生き方をする)

    女神は、前向きで人の批判をしたり判断したりしない、
    愛と感謝の気持ちを持ってハッピーに生きている人
    &そう生きようと頑張っている人が好きです。
    女神だけでなく、そういう人は誰でも好きですよね。
    逆に、ネガティブで人の批判ばかりする人が好きな人は
    あまりいないのではないでしょうか。
    女神から愛される人とは、まさにそのように生きている人です。

    とはいえ、
    誰でも怒りや恐れなどネガティブな感情に押しつぶされそうになる時は
    ありますよね。もちろん、私もあります。
    自分の中の闇の部分と向き合い、精一杯浄化を心がけてきて
    そろそろそういう感情は湧き出なくなっただろう…と思えた後ですら、
    「あれ?なんか変なのが出てきた〜…
     まだこんなものが出ちゃうの〜やだなぁ。。。」
    と途方にくれたりするのが人間だと思います。
    エゴを持ったローセルフと高い波動のハイアーセルフの間を行ったり来たり…
    3歩進んで2歩下がり…
    まさに「365歩のマーチ」なんですよね。

    でも、そんなことは当たり前。
    私たち人間は、その行ったり来たりすることを体験するために
    地球に生まれてきているのだと思いますから、
    そういうことを大前提として、そんな自分も(他人も)愛しく思いながら
    「ハッピーに生きよう!」と心がけていると…
    ある日突然、必ずやぽんっと波動があがる時が来ると思います。
    自分のことはなかなかわかりづらいのですが、
    それがはっきりとわかるくらい
    自分の波動が上がったことが感じられる時が来るのです。
    そうなったら、もう女神の世界への扉が開かれたも同然でしょう。(^-^)

    余談ですが・・・

    ここで、女神に愛される生き方をするための
    アファメーション(肯定的な宣言)として働いてくれる
    おすすめの“ひとフレーズ替え歌”をご紹介します。

    「あめあめ、ふれふれ、かあさんが〜」の歌い出しで有名な
    「あめふり」という曲の最後…
    「ピッチピッチ、チャップチャップ、ラ〜ンラ〜ンラ〜ン♪」を・・・

    「ハッピハッピ♪ラッキラッキー☆ラ〜ブラ〜ブラ〜ブ♪」

    このように替えて、口ずさんでみて下さい。
    これ、かなりいいと思います。
    口ずさんでいるうちに、知らず知らず扉が開いてしまう…
    なんてこともあるかもしれません。。。

さて、今回2回に渡り、お伝えしてきました“女神”についてのお話、 いかがでしたか?

私たちの中の“女神性”が呼び覚まされれば呼び覚まされるほど
女神とつながることも容易になるのではないかと思いますので、
是非、part1、part2両方を参考にしながら、女神とつながる準備や
つながる実践をしていただきたいな…と思います。

そして、最後にもうひとつだけ、
前述のドリーン・バーチューさんによる教えです。
ドリーンさんによると、私たちの中にある女神の資質には、
以下の3つの側面があるといいます。

  1. 少女…誰もが心に宿している子供のままの部分。
  2. 母親…他者を癒し、いたわりたいという気持ちでできた部分。
  3. 家長(長老)…もてる知恵を他者に教え伝えたい、
    自らの英知を大切に守る気持ちでできた部分。

なんとなく2のイメージが強い女神性ですが、
これらは3つ別々ではなく、三位一体。
そして、この3つの側面を持った“女神性”は
私たち人間にとっての宝のような資質です。
自分の中の1、2、3すべてを受け入れるだけで…
“女神性”が引き出される機会が多くなるかもしれません。
いずれも恥ずかしがらず、それらを受け入れるとともに引き出していきましょう。

part1でもお伝えしたとおり、
女神性が引き出されることは、自分のためはもちろんのこと、
大きくいえば、地球のためにもプラスなことだと思います。
「ちょっと大げさじゃない?」と思われるかもしれませんが、
私はそう確信しています。

太古より世界各地の様々な神話において、
「女神からこの世界と命が生まれた」と伝えられてきました。
そして今こそ、
「ひとりひとりに宿る女神性によって、この世界と命が生まれ変わる」
時代なのだろうと思います。
ねこのもも香ちゃん

是非、たくさんの魅力あふれる女神たちを味方にしながら、
自信を持って自分の中の“女神性”を引き出していって下さいね♪

私も頑張ります☆

<参考文献>
・愛と光に目覚める女神事典 明石麻里/CR&LF研究所 編著
・女神と天使に守られて幸せになる本 武藤悦子著
・女神のガイダンス・オラクルカード ドリーン・バーチュー著
・アセンデッドマスターオラクルカード  ドリーン・バーチュー著
・女神の魔法〜天使と女神のガイダンス〜  ドリーン・バーチュー著
TOP
 
copyright(c) since 2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.