mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2010年11月 自分の中に宿る“女神性”を呼び覚まそう♪ part1

刻一刻と秋が深まってきました。
皆さま、いかがお過ごしですか?(^-^)

このところグンと寒くなりましたね。
「急に寒くなる年は紅葉が美しい」と聞きますから
今年は一段ときれいなのではないでしょうか。

一方、急な寒さのせいか、かなり風邪が流行っているようなので、
皆さま、くれぐれもご自愛下さいね。
紅葉狩りなど行楽に行かれる方は、
できるだけ温かくしてお出かけ下さい。

さてさて・・・

今回のNaturalbeauty&healing情報は、
【自分の中に宿る“女神性”を呼び覚まそう♪】というタイトルのもと
私たちひとりひとりの中に宿る“女神性”と
“女神”と呼ばれる存在についてスポットをあて、
今月と来月2回に渡り、お送りしたいと思います。

ところで“女神”というと、
皆さまはどんなイメージを思い浮かべますか?

『優しい女性の神さま』『強くて美しい女性の姿』でしょうか?

または“聖母マリア”や“天照大御神”、“アフロディーテ”など
古来から崇められている固有の女神を思い浮かべる方、
「勝利の女神」など「○○の女神」という言葉を
思い出す方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

私は、“女神”というと
温かく優しい笑みを浮かべ、
大きな懐でおだやかに
多くの人を見守っている…
そんな“母なる女性”の美しい姿を
イメージします。

具体的な女神像はさまざまでも、
“女神”というイメージに関しては、
わりとたやすく思い浮かべられる方が
多いのではないでしょうか。

それは、“女神”のイメージにある
“強く優しく美しい雰囲気”に
何となく憧れがあったり、
先ほども出ましたが“女神”という言葉を
日常的に使っていたり…
神さまや天使という存在と比べると、
“女神”を身近に受けとめている方は
意外と多いのかもしれません。

 

女神のイメージ

 

さて、その“女神”という存在。
太古より“聖なる女性性”であり、
“愛と調和、喜び”の象徴とされてきました。

女性性ならではの要素(愛情、調和、受容、直感など)を持ちながら、
生きとし生けるものすべての存在を受け入れ、尊重し、
それらの幸せを願う母のような大きく温かく優しい存在です。

以前お伝えした天使と同様、目には見えなくても、
高いレベルのエネルギー体として私たちの周りにいて
ひとりひとりを温かく見守ってくれている、次元の高い聖なる存在でもあります。

ですが、“女神”は私たちの周りに存在しているだけではありません。
私たちの中にも“資質”として宿っています。

強くて優しい愛の力を自分の内側から発揮しながら、
しなやかに生きていくことができる資質…
愛と調和、喜びの“女神性”は、私たちが本来持っている資質なのです。

それは、女性だけに備わっているものではありません。
もちろん、男性にも備わっています。
女性も男性も、自分の中に男性性(社会で生き延びる力、行動力、実行力、安定感など)
と聖なる女性性である女神性、その両方を持ちあわせているのです。

 

女神性

まずは、そのことを意識するだけで
自分の中の奥のほうに存在しながらも
眠っている“女神性”が
ムズムズするのを感じる方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

とはいえ、
男性や女性の一部の方の中には
自分にそのような資質が
あることを感じない、
感じたことがないという方も
いらっしゃるかもしれません。

それは、現在が“男性性優位”の
社会だからだと思います。

『男性性優位な社会』とは、
物質的な側面だけにスポットがあたり、
個人的なエゴが成功への鍵となり、
戦うことをよしとする…
そういう社会のことです。

女性がどんどん社会に出ていく時代になったとはいえ、
その側面は大きく変わることはないままですから、
男性・女性ともに社会に一歩足を踏み出すと、
自分の中の“男性性”を優位にせざるをえないのだと思います。
そして、その時間が多くなれば多くなるほど、
ひとりひとりの中にある“女神性”は息を潜め、発揮されることがなくなっていきます。

特に男性は、幼い頃から「男なんだから泣くな!」とか「強くなれ!」
といわれて育っているため、
無意識ながら自分の中の“女性性(女神性)”を封じ込めることに
かなりのパワーを使い、自分を抑圧している傾向にある方が多いようです。
これは、女性の“男性性を封じ込めること”以上に
傷つく行為なのではないかと思います。
なぜなら、自分の中の女神性は
「本来の自分が素直に出せる要素」でもあるからです。

といって、男性性より女性性・女神性の方が優れている
といっているわけではありません。
この社会で生きていく以上、もちろん男性性は大切ですし、必要な資質です。

大切なのは、
『自分の中に宿っている男性性と女性性(女神性)両方を認めて尊重し、
それらのよさを引き出しながら、バランスをとっていくこと』なのだと思います。
それがもっとも自然なカタチであり、
どちらかが優位になるのは、偏りのある不自然なことです。

そもそも、この世のすべては“バランス”です。
男性性と女性性、思考と直感、肉体と霊性、昼と夜、夏と冬…
どんなものにも陰と陽、2つの異なったエネルギーが存在しています。
それは、拮抗していたり、違うものに見えたりするからといって
どちらかがよい悪いではなく、また分離するものでもなく、
上手に融合してバランスをとることで
絶妙な個性やアイデア、存在、人間…あらゆるものやことが
自然なカタチで上手に成り立っていくのだと思います。

 

ただ、言うのは簡単、それはもともと
難しいことなのかもしれません。
それでも…
この世にいるかぎり、
やっぱり学びなのでしょうね。
男性性と女性性(女神性)を 上手に
バランスをとりながら生きていくことは、
私たち人間ひとりひとりにとって
ひとつの課題であり、
心底幸せに生きるための鍵でも
あるのだと思います。

さて、ここで少し歴史を紐解いてみましょう。

地球にも、男性性と女性性のバランスを
大切にし、女神性・女性性を聖なるものとして
尊重していた時代があったといわれています。
その起源は、はるか昔、今から30,000年前に
さかのぼることになります。

 

イメージ

紀元前30,000年頃から紀元前3,000年頃まで、
私たちの先祖は、女神や女性を神聖なものとして崇めていました。
これは、世界各国の遺跡から
数々の女神像が発見されたことにより後々わかってきたことですが、
その時代には、女性性は命を育み、豊かな自然をもたらし、
高次元の存在と人々をつなぐ聖なるものとして尊重されていたようです。
ひとりひとりの中の女神性も大切にされていた時代です。

でも、紀元前3,000年頃から
女神信仰や女性性の尊重という精神は抑圧されるようになり、
“男性性優位”の社会が成り立ってきました。
そして、様々なことがありながら、男性性優位の社会は
大きく変化することはなく今に至っています。

つまり、約5,000年もの長きに渡り、
『男性性優位の社会』が台頭しているということですね。
もしかしたら、私たちはその間に何回かの転生を繰り返し、
この世に生まれ変わってくる度に
自分の中の“女神性”を封じ込めている…ということもあるかもしれません。

そして、今・・・

ようやくひとりひとりの“女神性”を呼び覚ますことが
のぞまれる時代がやってきました。
今こそ、自分の中の“女神性”に気がつき、
それを精一杯輝かせる時なのだと思います。

 

 

以前からこの情報でもお話していますが、
今は、地球にとって大きな変化の時です。

それをあらわすひとつの背景として
この時代が『変革』を表す
「水瓶座(アクエリアス)の時代」
であることがあげられます。

「水瓶座の時代」というのは、
春分点が水瓶座にある時代ということ。

地球の変化

 

西洋占星術では、春分点は1つの星座の中を2,000〜2,100年かけて進み、
その期間中は各星座によって象徴される特性が
各時代の精神に色濃く反映されるという見方があります。

そして、西暦2000年頃を境に
「魚座の時代」から「水瓶座の時代」に
移行したとされ(移行途中という見方もあります)
現在は、魚座の時代の特性である「自己犠牲」「権威」「拡大主義」「イデオロギー」などから
水瓶座の時代の「変革」「博愛精神」「自由」「平等」「人のつながり」「ネットワーク」などの
特性が反映される時代に大きく移行しているといわれています。

それは、男性性が強く反映されていた魚座の時代の
権威に基づいた上下構造は終わりを告げ、
ひとりひとりが個人レベルで人とのつながりやネットワークを築き、
精神的に自立しながら、新しい価値観を創っていく時代へ移行しているということ。

そして、『女性性(女神性)のよみがえりの時代』ともいえるでしょう。

現在、私たち人間はこの地球で生きていくために
社会的にも環境的にもその真価が問われ、変化を求められています。
「水瓶座の時代」を迎えた今、
その変化の行く末を握るのは、私たちひとりひとりが
女性性…つまり“女神性”を呼び覚まし、
大いに発揮することにあるのではないかと思うのです。

そして、そのためにはまず、しばらく抑圧していた
自分の中の“女神性”に気がつき、
自ら呼び覚ますことが必要なのではないかと思います。

では、その内なる“女神性”を呼び覚ますのには
具体的にどうしたらいいのでしょうか。

ハートのチャクラを開く

それには、まず何より
“ハートのチャクラ”を開くことが大切です。

以前からお伝えしている通り、
“ハート・チャクラ”は、心臓の近くにあり、
肉体の「中心太陽」と呼ばれている場所です。
人間の普遍的なテーマである
“愛”のエネルギーの中枢であり、
ありのままを愛する無償の愛の力を感じる、
とても素敵な場所でもあります。
その“無償の愛の力”とは、純粋なエネルギーそのもの。
ハートに流れるエネルギーはもっとも強いエネルギーです。

 

まずは、その“ハート・チャクラ”を開き、
自分の中に“女神性”という“愛のエネルギー”があるのを感じ、
認めることから始めてみましょう。

そして、ここで
『アロマの精油×自分の嗅覚』の出番です。

“香り”と自分の“嗅覚”は
ハートを開き、女神性を目覚めさせる強い味方になってくれます。

以前からお伝えしていますが、
アロマの精油には作用や効能はもちろん、それぞれ美しい波動があります。
その作用や波動はチャクラやエネルギー、
そして自分の魂レベルにまでしっかり働きかけ、
知らず知らず作っていたブロックを開放へと導く手助けをしてくれます。

また、私たちが持つ“嗅覚”。
「視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚」という五感の中で、
唯一“本能に根ざしている”といわれる感覚です。
目に見えない高次元の世界とつながるのを思い出させてくれる力もあり、
頭で考えることに慣れてしまっていて、
自分の五感で感じることや直感を使うこと、
目に見えない世界とのつながりを感じることを
忘れているような時に大いに役立ってくれるのです。

そして、“女神性”を呼び覚ますのに
おすすめの精油は“ローズ”と“ジャスミン”。
そうです。香りの王(ジャスミン)と女王(ローズ)です。

「ローズ・デトックス」の時にもお伝えしていますが、
ローズはとても高い波動を持っている「香りの女王」です。

 

古代ギリシャでは、愛と美、芸術、
あらゆる創造力の女神 “アフロディーテの花”と
いわれていました。
現在、アフロディーテは、
ローマ名の「ヴィーナス」として
知られている女神で
“官能の象徴”とされています。
また、初期のキリスト教の神秘主義では
ローズは“聖母マリアの花”で
“純潔と精霊との結合の象徴”と
いわれていたそうですから、
官能的でありながら純潔…正反対と思われる
2つの要素がローズの中で見事に
融合されているのです。

そして、脳内の神経伝達物質の
エンケファリンやドーパミンの分泌を
活性化するといわれているジャスミン。

 

ローズ

「香りの王様」と言われるジャスミンの官能的な甘い香りは、
何とも言えない高揚感と幸せ感をもたらします。
ローズの香りが苦手という男性も
ジャスミンの香りは自然と取り込めるという方が多いようです。
ジャスミンは、女性はもちろん、
男性の中に眠っている“女性性・女神性”を呼び覚ますのに大いに役立ってくれるでしょう。

ローズとジャスミン

また、女神性を呼び覚ますのに
ハート・チャクラ以外では
セイクラル・チャクラ(第2チャクラ)と
クラウン・チャクラ(第7チャクラ)を整えること。
それらのチャクラのエネルギーの流れを
よくすることも大切だと感じています。
その点でも、この2つの香りは適役。

ローズとジャスミンには、
1対1の関係に基づく
セイクラル・チャクラ(第2チャクラ)に影響を与え、
ハート・チャクラ(第4チャクラ)を自然と開き、
なおかつクラウン・チャクラ(第7チャクラ)の
高次元とのつながりを強化するサポートを
してくれるという
共通の作用があるからです。

 

お部屋にローズやジャスミンの香りを焚いたり、
バラの花やジャスミンの花を飾り、
それを愛でながら心身ともにゆったりと過ごすだけでも大きな作用はありますが、
今回はこれらの香りとともに深い呼吸をするメディテーション(瞑想)と
アロマ・バスをご紹介したいと思います。

簡単にできますので、
是非、『アロマの香り×自分の嗅覚』
というスピリチュアルなツールをフル活用して
ご自身の奥深くに眠っている“女神性”を呼び覚ましてみて下さい。

≪ローズ(ジャスミン)・メディテーション≫

事前にローズまたはジャスミンの精油とティッシュ(コットン)を用意します。

  1. 椅子に腰掛け、肩の力を抜きながら、ゆったりとした姿勢をとります。

  2. 2〜3回深呼吸をし、気持ちが落ち着いたら、
    ティッシュ(コットン)にローズ精油(またはジャスミン精油)を1,2滴落とします。

  3. 香りのついたティッシュ(コットン)を少し鼻に近づけ、
    一度香りを大きく吸い込み、そして息を吐きながら目を閉じます。

  4. 次にハート・チャクラの中心から香りをめいっぱい吸い込み、
    吐く息とともに香りを身体中を巡らせます。
    この時、香りのエネルギーが身体の内側から外側に向かって放たれ、
    身体の内も外もそのエネルギーで満たされているさまをイメージします。

  5. そして、身体の中に入り込む香りのエネルギーと
    自分自身が融合する感覚をゆっくりゆっくり味わいます。

  6. そのまま感覚に耳を傾け、瞑想に入ります。
    時間の許す限り、自分の好きなだけ瞑想にふけってみましょう。

  7. 十分だと感じたら、香りのエネルギーに満たされながら
    目をゆっくりと開けます。

このメディテーションをする時、
目の前にテーブルがあれば、ティッシュやコットンではなく、
熱いお湯の入ったマグカップに1〜2滴精油を落として、
湯気とともに拡散する香りを楽しんでみてもいいでしょう。
また、ローズとジャスミンの両方を使用したい場合は
それぞれ1滴ずつ落としてみて下さい。

≪ローズバス・リラックス≫

これは、内側から女性性があふれてくるのを感じながら、
幸せ感に包まれ、心身ともにあったまり、リラックスできるおすすめの方法です。
事前に天然塩、ローズ精油、お好みのバラの花一厘を用意しておきましょう。

  1. 天然塩大さじ2にローズ精油を1〜2滴加えて混ぜておきます。

  2. お風呂の中に1.を入れてよくかき混ぜ、バラの花を浮かべます。
    ローズバス・リラックス

  3. 深呼吸をしながら、内臓に負担がかからないみぞおちの下くらいまでの
    半身浴を20分くらいしましょう。

いかがでしたか?
パートナーがいる方は、パートナーにもおすすめしたり
一緒にやってみるのもいいと思います。
是非、楽しみながらお試し下さい。

ローズとジャスミンの香りを苦手と思う方、
または、普段は大丈夫でも好ましくないと感じる時は、無理に使う必要はありません。
でも、上記のようなアロマ・バスソルトを作る時など
他の精油(ハートチャクラを開くベルガモットやマンダリン、メリッサなど)に
ほんのちょっぴり混ぜてみるのもいいかもしれません。
(ローズやジャスミンは香りが強いため、天然塩大さじ2に対して1〜2滴が最適ですが、
 他の精油で作る場合は合わせて5滴までOKです。)

苦手な香りは、自分が見たくない、
向き合いたくない部分をあらわしていることが多いといわれます。
ローズやジャスミンが苦手だなぁと思う方、思う時は
もしかしたら、自分の中に美しい慈しみの心で
いっぱいの女性性(女神性)が宿っていることを
否定したい何かがあるのかもしれません。
でも、他の精油に少しだけ混ぜるというのを続けていくうちに
苦手としている隠れた原因が、少しずつ薄れていくのが
感じられるようになるかもしれません。
もも香ちゃん

また、ローズやジャスミンの精油が濃厚すぎると感じる時は、
ローズ・ウォーターやジャスミン・ウォーターから始めてみるのもいいでしょう。

さて、先ほどもお伝えしましたが
“女神”という存在は、自分の中に資質・要素として宿っているほか、
目には見えないながらも高いレベルのエネルギー体として
私たちの周りにも存在しています。
そして、私たちの中の“女神性”が呼び覚まされれば呼び覚まされるほど
それらの存在とつながることも容易になるのではないかと思います。

そうそう、バラの香りやジャスミンの香りの共通点がもうひとつありました。
それは『女神や天使に好まれる香り』…だということです。
もし、何もしていないのにローズやジャスミンの香りがしたら…
女神か天使がそばにいるか横をフッと通りかかったのかもしれません。。。

次回は、“女神”と呼ばれる聖なる存在たちのご紹介と
それらとつながる方法などをご紹介する予定です。

是非、お楽しみになさって下さい♪ (^-^)

<参考文献>
・やさしくわかるアセンションナビブック  CR&LF研究所 編著
・愛と光に目覚める女神事典 明石麻里/CR&LF研究所 編著
・パトリシア・デーヴィスの
        サトル・アロマテラピー
パトリシア・デーヴィス著
・レーネンさんのスピリチュアルなお話 ウィリアム・レーネン著
・女神と天使に守られて幸せになる本 武藤悦子著


TOP
 
copyright(c) since 2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.