mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2010年9月 自分の"オーラ"を意識しよう!Part1

秋風が心地よく感じられる季節になりました。
皆さま、お元気にお過ごしでしょうか?

それにしても、今年の夏は暑く、長かったですね。
9月に入ってからも真夏のような気温が続き、
この暑さがず〜っと続くのでは…?と思ってしまうほどでした。
でも、ようやく涼しく秋らしくなり、ほっとしました。

ただ、急に涼しくなり、“寝冷え”をする人が増えているそうなので、
寝る時は、少し温かい格好をするなどして
体調にはくれぐれもお気をつけ下さいね。

そして、これからやってくる“恵みの秋”をたっぷり楽しみましょう!

さて、本題へ・・・

今回は【オーラ】のお話です。

【オーラ】については、これまでの情報の中でも度々触れてきましたが、
テーマにするのは、今回が初めてです。

数年前からのスピリチュアル・ブームで…というか、
おそらく100%美輪さんと江原さんのおかげで(笑)、
今や日本では知らない人はいないのではないかと思うほど
認知度が高まった【オーラ】という言葉。

でも、【オーラ】がどういうものなのか、
詳しくは知らないという方は意外と多いのではないでしょうか?

【オーラ】とは、自分を取り巻く“気の場”のこと。

この“気の場”と肉体とは、エネルギー的な対をなし、
私たちの身体はそれなしでは存在することができません。

そして、その大きさ・輝き・色も人それぞれです。

というのも、オーラにはその人オリジナルの
様々な情報がたっぷり詰まっているからです。
それは、現在の肉体・感情・精神状態、思考パターンから
これまでの転生における魂の成長度合までありとあらゆる情報です。


つまり、オーラには
その魂の成長に見合った色や
大きさや輝きがあらわれるということです。

さらにその情報も踏まえた
魂の目的やその目的に向かって
今世をどのように生きていくか…
の青写真まで含まれているといわれます。

それゆえ、オーラは、チャクラ同様
私たちが今世を生き抜く上で
とても大事な地図のようなものだと思います。
オーラについて知ることや
自分のオーラに取り組むことは、
自分を知り、魂の目的に気がつきながら、
より自分らしく、
より幸せな人生を歩んでいくために
とても大切なことだと思うのです。

イメージ



また、私たちのオーラは無意識ながら、たえず外へ外へ放たれていて、
地球や宇宙とエネルギー交換をしています。
それは、ひとりひとりのオーラが地球や宇宙から影響を受けているだけでなく、
「地球や宇宙に影響を与えている」ということでもあります。
この影響力は、想像以上に大きいものだと思います。


イメージ

これまでの情報でもお伝えしていますが、
地球は今、大きな転換期を迎えています。

この転換がどのような方向へ進むかは、
やはり、私たち人間に
委ねられているのだなぁと
強く感じている昨今です。
そのような中、
ひとりひとりが、自分が発しているオーラを
意識するようになったら…どうでしょう。
もしかしたら、地球全体が高い次元の
美しいオーラで包まれ、
私たち皆が幸せな方向へスルスルスル…と
大きな変化を難なく遂げていくことが
できるかもしれません。
それだけ、ひとりひとりが放っているオーラは
大きなエネルギーなのです。



そういう意味でもオーラのことを知り、自分のオーラを意識することは
とても大事なことではないかと思います。

ということで、
今回の情報では「自分のオーラを意識しよう!」というテーマのもと、
「オーラとは何か?」から
私たちにとって大切だと思うオーラについてのあれこれを
2回に渡ってお伝えしていきます。

では、肩の力をふ〜っと抜いて、
是非、頭ではなくハートで感じながらお読み下さい。



<オーラとは何か?>

【オーラ】とは、肉体の周りの微細な
“エネルギー・フィールド”、
つまり、人間の肉体を取り巻く
“気の場”のことを言います。
頭頂部上から足の下、
身体の前後左右…と
身体全体を包み込んでいて、
バランスがとれている人のオーラは、
きれいな卵のような形をしています。

オーラが広がる距離(オーラの大きさ)は
人によって違います。
上方、下方、前後、左右およそ60〜90cm、
1mくらいまでが平均的ですが、
中には数mも広がっている人もいます。

オーラ

さらに、キリストや仏陀のような霊的に成長している覚醒者の中には、
自分のオーラを数〜数百kmにも広げることができた人もいるそうです。

転生回数が多く、魂の成長が大きい人はオーラも大きく、輝いています。
とはいえ、転生回数は少なくても、一度の人生の中でありとあらゆる経験や
密度の濃い経験をして魂が飛躍的に成長した人は、
一生の中でオーラの大きさや輝きがガラッと変化することは大いにあるでしょう。

つまり、“今”をどのように生きるかで
私たちのオーラの大きさや色、輝きはどんどん変化していくということです。

では、この【オーラ】は、いつ作られるのでしょうか?

これに関しては様々な説がありますが、
一般的に「魂の転生の時」だと考えられています。

私たちは、この3次元の世界に転生する時に、
光の存在である魂の本来の高い波動を3次元まで下ろすとされ、
お母さんのおなかの中で、肉体とつながるための低い周波数の波動から
魂とつながるための高い周波数の波動までのオーラを形成すると考えられています。

そして、肉体が作られていくのはその後。
オーラの中に魂の記憶が宿り、今世を生き抜くための肉体の青写真が作られ、
それを細胞がコピーして肉体が作られるそうです。

肉体より先にオーラが形成され、そのオーラの中に青写真が作られ、
その情報により肉体が作られていく…というのは、とても興味深いことですね。


<古代から近代へ…オーラの捉え方>

ところで、昔の人々はオーラを
どのように捉えていたのでしょうか。

古代から【オーラ】についての文献や
絵は数えきれないほどあります。
中でもよく描かれるのが頭のまわりの光。
これは「後光」と呼ばれ、
後光がさした聖人たちの絵画を
一度でも目にしたことがある方は
多いのではないでしょうか。
特に中世の多くの絵画には後光という名のオーラが
描かれたものが数多く残されています。

イメージ

さらに、それよりもっと前…
数千年前もの昔から
人間は【オーラ】の存在に
気づいていたといわれています。

「気づいていた」というより、
「見ていた」といったほうが適切かもしれません。
というのも、大昔の人々は皆、
自分の目でオーラを見ることができたようなのです。
当時の人々にとって「オーラを見る」ということは、
病気の原因を見究めるためにとても大切なこと…
つまり、生きるために必要な能力だったのではないかと
考えられています。

イメージ

今でこそ「オーラが見えること」を特別なことのようにいいますが、
先人たちにとっての【オーラ】は、
少なくとも「目にみえない不確かなもの」ではなかったこと、
そしてオーラを見ること自体が特別なことではなかったことが伺えます。

そのような時代を経て、科学の力が発展していくにつれ、
人間は新たな能力を身につける一方で、
古い能力(オーラを見る能力など)を失っていくこととなります。

とはいえ・・・

数千年もの昔から地球のいたるところで伝承されてきた
オーラやエネルギーという概念が
昨今、科学者や医者たちが発見したものと一致することがわかってきています。

例えば、1911年の内科医のウィリアム・キルナーによって
発表されたエネルギーフィールド(オーラ)の研究、
1939年のセミョーン・キルリアンにより撮影に成功した人の身体(あるいは植物や動物)を
取り囲んでいる電磁場を記録するキルリアン写真、
1930〜1950年の精神科医のウィルへルム・ライヒによって
当時の最新の電子および医療機関を使って
行なわれたオルゴンエネルギーの研究。
さらに近年のシャシカ・カラグラ医師、ジョン・ピエラコス医師、
リチャード・ドブリン博士などによる
それぞれの発見や発明などなど。
多くの科学者や医師により、オーラの概念が実証されて続けています。

ということは・・・
【オーラ】という存在が分野でも認められ、
私たちの生活の中に溶け込み、身近に捉えることができる日は
そう遠くないのかもしれません。



<オーラの7つの層>

さて、話をオーラのことに戻しましょう。

身体を覆う卵型の【オーラ】は、
外側にいくほど薄くなっていく“エネルギーの層”からできています。

一般的にこの層は7層あるといわれていて、
それぞれの層は内側の層と重なり合いながら
各層のエネルギーはたえず振動し、変化しています。
外に向かうほどエネルギーが繊細になり、より高い周波数で振動しています。

肉体の機能に影響する第1〜第3層までと
霊性の高まりや魂の特色をあらわす第5〜第7層とでは周波数がかなり違います。

下位の第1〜第3層までは物質界と結びつき、
また、上位の第5〜第7層までは精神界に結びついていて、
それぞれに関わるエネルギーを代謝しています。
そのちょうど中間にある第4層は、物質界から
精神界(スピリチュアルな世界)へと移行する変換の層。
つまり、3次元の物質的・本能的意識から5次元の精神的、魂的意識へ
波動を上昇させる重要な層です。

 

 

また、第1・3・5・7層は
男性性の要素が強く、パワーがあり、
すべて明確な構造を持っているのに対し、
第2・4・6層は女性性の要素を持ち、
特有の構造を持たないため
流動的という特徴があります。
オーラを知覚した時に、
この第2・4・6の層は、
色も形も流動的に見えます。

では、各層の働きと
その層のエネルギーが
人に与える影響について
見ていきましょう。
名前に関しては
文献によって様々ですので、
今回は比較的よく呼ばれる名前を
書いておきます。
尚、層の大きさや広がりは
個人差がありますので、
平均的な数字です。

オーラ
画像のオーラの色は、
実際に見える色とは
異なっています。


  • 第1層(エーテル体)


    肉体から最も近く、約2cm〜5cmくらいまで広がる層。
     
    密度がもっとも高く、明るい青から灰色が感知されます。
    また、魂が3次元の物質世界で生きるために下げた波動の
    重量感を感じる層でもあります。
    肉体の健康に関連していて、エーテル体にアンバランスが生じると、
    最終的に肉体レベルにあらわれます。
    肉体の生命力が高まっている人のオーラは明るく、
    低下している人オーラは弱々しく暗く感じます。


  • 第2層(感情体)


    肉体から約2,5cm〜7,5cmくらいまで広がる層。
     
    エーテル体の次に密度が高い層ですが、流動的な構造のため、
    肉眼では見えにくい層です。
    虹のすべての色が感知されますが、感情と結合しているため、
    生み出す感情によって明るく澄んだ色から暗く濁った色にまで変化します。
    はっきりと自分の状態を認識している時は、オーラは明るくてはっきりとしていますが、
    悩んでいる時などのオーラは暗く濁っています。


  • 第3層(メンタル体)


    肉体から約7,5cm〜20cmまで広がる層。
     
    この層は思考や精神と結びついていて、色は主に黄色ですが、
    その中にはその人の思想や思考パターンが見られます。
    生まれてからこれまでに築いてきた思考(固定観念)による枠組みの中で
    情報を解釈するのはこの層の役割です。
    その思想や思考が強く、深く根づいたものであればあるほど
    オーラの中でよりはっきり見えます。
    また、この層の色を見れば、それにつながっている感情の種類がわかります。


  • 第4層(アストラル体)


    肉体から約15cm〜30cmくらいまで広がる層。

    この層は第2層(感情体)と同じく無構造ですが、
    感情体よりさらに美しい色の雲状のものでできています。
    愛情や関係と密接に関係し、人はこの層から
    他の人間、動物、植物、地球、太陽、星…そして、宇宙全体と関係を持ちます。
    特に人間関係の愛と喜び、同時に痛みと苦悩が含まれていて、
    特定の人とのつながりを持つほど、相手とのエネルギー的なつながりができます。
    また、物質界と精神界(スピリチュアルな世界)を結ぶ層です。


  • 第5層(エーテル・テンプレート)


    肉体から約45cm〜60cmくらいまで広がる層。

    物質的な肉体とエーテル体の青写真が宿る層です。
    肉体を形成する時に設計図の役割を果たし、ここから一部のエネルギーだけを
    3次元の波動に下げて肉体を形作ります。
    人間は転生するたびに、国や人種は違えど、
    (前世と)似たような容姿をしているといわれますが、
    それはこの層の働きのためだとされています。


  • 第6層(セレスティアル体)


    肉体から約60cm〜90cmくらいまで広がる層。

    このオーラの層は、美しい光の流れがあらゆる方向に放射されていて
    肉眼で見るには困難な層です。
    霊的なレベルで感情と関係し、この層で人は無条件の愛を経験します。
    意識が広がる感覚があり、あらゆる高次元の存在と
    または地上の人類や動物、植物などと兄弟のように親しくすることができるレベルです。
    このレベルの経験に達するには、心の雑音を消して静かに耳を傾けることが大切です。


  • 第7層(ケセリック・テンプレート)


    肉体から約75cm〜100cmくらいまで広がる層。

    非常に高い周波数で、美しく、きわめて強い金色のエネルギーからなっている層です。
    このオーラの層には、その人の魂の記憶が記録されていて
    すべての層を統括する役割があります。
    時空間を超える無限の広がりを持ち、過去や未来、多次元へ
    自在に移動することができる可能性を持った層です。
    この層が健全だと、宇宙の神聖なフィールドに入っていくことができ、
    そこでは個人的な意識から離れ、宇宙との一体感を体験し、
    自分が生命の偉大なパターンの一部であることを理解します。
    この層では、宇宙の真実を知ることができます。



<オーラとチャクラのつながり>


先にもお伝えしていますが、
【オーラ】と【チャクラ】は密接に関係しています。

オーラのエネルギーは、もっとも高い層から放射され、
チャクラを通して身体へ出入りしています。
そして、チャクラのエネルギーは、
オーラにダイレクトに伝わり、変化をもたらします。
つまり、チャクラは、オーラの中で最も重要なエネルギーの中心点で、
チャクラの働きは、オーラに大きく影響を及ぼすということです。
チャクラ

様々な理由からチャクラがブロックしてエネルギーが停滞すると、
オーラがにごり、弱々しくなります。
そして、それをそのままにしていると、最終的には心身の病気としてあらわれます。
逆に、チャクラは開かれて活気があり、
エネルギーが滞りなく流れている時、オーラは強く、大きくイキイキとしています。

※チャクラに関しては、以下の情報も参考にして下さい♪

「2008年12月 “チャクラ”に取り組もう(まとめ編)」
   http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0812.html
「2009年11月 チャクラとアロマの香り」
   http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0911.html


<オーラの色>


オーラの色も各チャクラの色と深く関係しています。

それぞれのチャクラには、エネルギーの周波数により知覚される色があり、
チャクラはその色のエネルギーを放出し、
基本的にはそれがオーラの色となってあらわれます。

オーラの色は、その人の現状をあらわし、気分や感情の変化、
心身の状態などにより変化します。
この現状をあらわすオーラの色は何色も入り組んでいるのが通常です。

また、現状をあらわすオーラの色とは別に
私たちのオーラには、もうひとつその人をあらわす特徴的な色があります。
それは、最初にもお話したとおり、
その魂に見合った色であり、その人の魂の課題や使命などと結びついています。
現状をあわらすオーラの色が
どのように生き、どのように対処していくかにより変化していくのに対し、
魂と結びつくオーラの色は、一生を通じてめったに変化しないでしょう。

まずは現状をあらわすオーラに取り組むことで
本来の使命が宿っている魂に見合ったオーラに働きかけ、
輝かせることが可能になります。

では、ここで色があらわす意味を載せておきましょう。
色の解釈は様々ですが、ここでは一般的な意味合いを書きました。
是非、参考にしてみて下さい。

(赤)キーワード:生命力、情熱、闘争力、リーダーシップ

イキイキとしていて、積極的で
生命力に満ち溢れていることをあらわします。
目標を達成するためには全力で向かっていき、
改革者であることが好きな人です。
強いエネルギーを発しているので、
見た目もかなりのインパクトを
周りの人々に与えるでしょう。
また、濁った赤は、
怒りや恨みをあらわしています。

(赤)キーワード:生命力、情熱、闘争力、リーダーシップ

(オレンジ)キーワード:自信、活力、楽観性

温かいエネルギーを与えてくれ、
ムードメーカーであり、
人を楽しませることを喜びとする性質があります。
人付き合いが上手で、良い意味で
人を巻き込んでいくパワーがあります。

(オレンジ)キーワード:自信、活力、楽観性

(黄)キーワード:元気、好奇心、楽観性

好奇心旺盛で明るい人付き合いを好み、
周りの人を元気にしてくれます。
冒険心も旺盛で、アイデアや構想に
取り組むことを好みます。

(黄)キーワード:元気、好奇心、楽観性

(緑)キーワード:平和、調和、愛情

平和をこよなく愛し、
本能的に人との調和を求める
優しさに満ちた人です。
生まれつき人を癒す力を
持っているため、
ヒーラーやセラピスト、
または人と人との橋渡し役、
調整役に向いています。

(緑)キーワード:平和、調和、愛情

(ピンク)キーワード:愛情、優しさ、思いやり

思いやりが深く、愛情に満ち、
人の力になれる愛の人です。
その愛情はおおらかで
人を束縛しないため、
優しく慈愛に満ちた雰囲気に
引き寄せられて、
心が傷ついた人や
愛情に飢えた人たちが
そばに寄ってくるでしょう。

(ピンク)キーワード:愛情、優しさ、思いやり

(青)キーワード:理性、思慮深さ、霊的な知識

周りの人が感情的になっていても、
巻き込まれることなく
状況を冷静に判断することが
できる理性的な人です。
また、思慮深く、高い道徳観や
霊的な知識に基づく
言動をするため
人々に支持され、評価されるでしょう。

(青)キーワード:理性、思慮深さ、霊的な知識

(藍)キーワード:冷静、落ち着き、人道主義

物事を冷静に分析し、
的確な状況判断ができる人です。
冷静ながら、深い愛情の持ち主なので、
人々から相談されることが
多いでしょう。

(藍)キーワード:冷静、落ち着き、人道主義

(紫)キーワード:霊性、人道主義、優しさ、神秘的

本人が気づいているか否かは関係なく、
高い精神性、霊性、確固たる
霊的な目的を持っている人です。
人道主義者であり、
自分と関係あるなしに関わらず、
人の運命を心から気にかけます。
達観している印象、
神秘的な印象を与える人です。

(紫)キーワード:霊性、人道主義、優しさ、神秘的

(白)キーワード:純粋性、霊性、神とのつながり

白色はすべての色を含んだ色です。
これまであらゆる色を体験済みで、
それぞれのテーマを
しっかり生きてきた過去を持ち、
霊的に成長している人です。
宇宙とのつながりが強く、
とても純粋な人なので、
人々に尊敬され、大切にされるでしょう。

(白)キーワード:純粋性、霊性、神とのつながり

(金)キーワード:霊性、未来を見通す力

金色のオーラをまとった人は、
なかなかいないでしょう。
驚くほどの潜在能力と
自分のまわりの世界を変える力が
備わっていて、
深く高い霊性と未来を
見通す力を持っています。

(金)キーワード:霊性、未来を見通す力

さて、今回の「自分の“オーラ”を意識しよう!」は、ここまでとさせていただきます。
最後に、ひとつ追記しておきますね。

今回、オーラの色や大きさのことを書きましたが、それ以上に大切なのは、“オーラの輝き”です。

自分のオーラの色を気にする人は多いのですが、
実は、オーラが“純粋に輝いているか”が何より大切だと思います。

生きることに前向きで、自分らしさを大切に、
尚かつあらゆることに感謝しながら生きている人は、
どんな色のオーラを持っていても、必ずキラキラと輝いています。
そして、オーラがキラキラ輝いていると
おのずとたくさんのHAPPYを引き寄せます。
イメージ
・・・そう、「引き寄せの法則」ですね。

そうなると、生きることが楽しく、さらにありがたく…
高次元の導きを受けながら、自らの力ですべてをHAPPYな方向へ
持っていくことができるようになります。

是非、キラキラと輝く純粋なオーラを目指しましょう!

次回は、自分のオーラを手を使って確認する方法や
オーラを輝かせる“オーラクレンジング”など
意識しながら、実際にオーラを感じてみる具体的な方法を
お伝えしたいと思います。

どうぞ、お楽しみに!

<参考文献>
・光の手 〜自己変革への旅〜(上)  バーバラ・アン・ブレナン著
・光の手 〜自己変革への旅〜(下)  バーバラ・アン・ブレナン著
・癒しの旅 〜自己ヒーリングへの旅〜(上)  バーバラ・アン・ブレナン著
・オーラを見る ジェーン・ストラザーズ著
・サイキックバイブル  ジェーン・ストラザーズ著
・サイキック能力を活かす ジュリー・ソスキン著
・ライトボディの目覚め 大天使アリエル&タシラ・タチ-レン著
・エソテリック・プラクティス ダカロス(スティリアノス・アテシュリス)著
・オーラレッスン 寺尾夫美子著

 

TOP
 
copyright(c) since 2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.