mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2010年8月 真夏の“内臓冷え”解消法

イメージ

蒸し暑い日が続いていますね。
皆さま、いかがお過ごしですか?
いつもはエアコンをつけない方も
今年ばかりは…
という方が多いですね。

熱中症予防には、冷房の助けも
必要だといわれています。
寝ている時も、
室温を28℃に保つために
エアコンはタイマーにせず
常時つけて、なおかつ扇風機で
空気を循環させることが
夜の熱中症予防&快眠法とのこと。
年々、気温が上昇している昨今は、
やはり昔とは違う対策が
必要だということでしょうね。

その一方、冷房とは
よいつき合い方をしないと、
“夏バテ”を感じる方が多いようです。



“夏バテ”とは、夏に身体がだるかったり、元気が出ない、食欲がない…
などの症状があらわれることをいいますが、
その原因が暑さによるものだったのは、実は昔のこと。
今は、“冷え”によるダメージの方がはるかに大きいといわれ、
これが“夏冷え”といわれるものです。
つまり、“夏冷え”→“夏バテ”になるケースが多いということですね。

屋外と屋内の気温の差が大きい時に、特に身体は冷えやすくなります。
年々、“夏冷え”“夏バテ”を訴える人が多くなっているといわれますが、
これは、やはり地球の気温上昇により室内外の温度差が
さらに激しくなっているということが大きな要因ではないかと思います。

また、“夏冷え”のもうひとつの原因は、
私たちの生活習慣にあると考えられます。

冷たい飲み物や食べ物をとりすぎる、身体が冷えやすい服装をする、
シャワーのみの入浴が増える…など、
普段の習慣にも身体が冷えてしまう原因があるのです。
生活習慣は、クセのようなものです。
「暑いからついつい…」というのが夏のクセ。
暑い時に“涼”をとる方法として必要な時もありますが、
限度を超えると、体温調節に大きなエネルギーを使ったり、冷えが進んだりして、
知らず知らず身体が悲鳴を上げる状態に陥ってしまいます。

実はこの夏冷えは、想像以上に私たちの身体に負担になっているようです。
夏に身体が冷えると、
秋から冬まで引きずることになるケースは多いといわれています。
つまり、「夏冷えにより冷えが慢性的になることが多い」ということ。
そうなると、肩こりや月経痛などの症状が悪化したり、
免疫力が低下して風邪をひきやすくなったり、
喘息や花粉症といったアレルギー症状が悪化したり…
あらゆる病気の元になってしまいます。


また、“冷え”は「老化を早める」とも
いわれています。
これは、ドキッとする言葉ですよね。
理由その1、冷えているということは
血流が悪くなっている状態。
それは、身体のすみずみに栄養分を
行き渡らせることができない状態ですから、
当然、機能の衰えは進む可能性が大でしょう。
理由その2、昨今の研究で
わかってきたことだそうですが、
身体を温めると、細胞の中に
“自己回復力”と密接な関係がある
“HSP(ヒート・ショック・プロテイン)”という
タンパク質が作られ、その“HSP”が、
病気やストレスから身体を守り、
老化の予防になるということです。

イメージ

つまり、温めるとHSPが作られ、老化が食い止められるということ。
逆をいえば、“冷え”が続くと体内にHSPが作られず、
老化防止ができないということになりますね。
その“HSP=ヒート・ショック・プロテイン”とはどういうものかというと、
細胞がダメージを受けた時に作られるたんぱく質のことで、
様々なストレスを受けて細胞が傷つけられた時に、
その傷を修復するために作られるものだそうです。

もう少し詳しく言うと、
私たちの皮膚や血液、内臓、ホルモン、身体の代謝を調節している酵素などはすべて
“タンパク質”からできています。
筋肉を作ったり、傷を治したりする時にもタンパク質が必要になります。
そして、私たちの身体は、
日頃から様々なストレス(例えば紫外線や放射線、心の疲労・ストレスなど)を経験しますが、
ストレスを受けると、その大切なタンパク質が傷害を受けてしまいます。
そこで、HSPの登場。
傷ついたタンパク質を治し、元気な細胞にしてくれるのがHSPです。
つまり、HSPは困った時のレスキュー隊のような役目を果たしてくれるのです。

それゆえ、「身体を温めること」は「老化予防」には必須といえるでしょう。
身体を冷やさないことが、健康だけでなく、アンチエイジングに必須だとわかると、
俄然「身体を温めなくちゃ!」と本気になる方は多いのではないでしょうか。
もちろん、私もそのひとりです(笑)。
残念ながら加齢やストレス、不規則な生活などで
HSPを作り出す力が徐々に低下してくるといわれていますから、
身体をしっかり温め、自らHSPを積極的に作り出せる身体にしていくことこそが
今後の若々しい身体作りや健康に不可欠なことだといえるでしょう。

さて、話を元に戻しましょう。

“夏冷え”は、「おなかの冷え」を訴える人が多いのが特徴です。
ここでいうおなかとは“内臓”のこと。
胃や小腸、大腸、肝臓など人間にとってとても大事な臓器のことです。
“夏冷え”は、「内臓が冷える」という特徴があるのです。

冷えた内臓は、血行が落ち、胃もたれや便秘などを引き起こし、
だるさや元気のなさにつながります。
また、冷えは内臓代謝(消費エネルギー)を下げるので、
体脂肪がたまりやすくなり、ダイエットにも大敵です。
ただ、内臓は冷えている人は、手足は温かい場合が多いので、
“冷え”に気がついていない人も多いといわれます。
そこで、自分の内臓冷えをチェックする方法をご紹介します。

  • “内臓冷え”チェック方法
    体温計を用意しましょう。
    体温計をわきの下にはさみ、体温を測ります。
    結果が「36.3度以下」だと“内臓冷え”の可能性があるとのこと。
    (10分間わきの下で測ることで、内臓の温度に近づくと考えられるそうです。)

上記を試した結果、自分の“内臓冷え”が発覚しても、
冷房が入った室内を避けるわけにもいかないし、どうやって解消したらいいのか…
という方は多いことでしょう。
そこで、冷えている内臓を芯から温める方法をいくつかご紹介したいと思います。
普段の生活の中で簡単にできますので、
是非、生活習慣の一貫として取り入れてみて下さい。
イメージ

 

<“内臓冷え”解消法>

 

その1:“ヨガ呼吸”であたためよう!

“呼吸”は私たちの生命活動に不可欠なもので、誰もがたえず呼吸をしています。
でも、それが「よい呼吸」とは限りません。
浅かったり、無意識に止めていたりする場合も多々あります。
そして、内臓は、その呼吸によってたえず揺り動かされています。
呼吸が浅いと、内臓の動きが鈍くなり、血流も滞り、内臓が冷えてしまいますから、
内臓を柔軟に保ち、血行を維持するには、
「よい呼吸」をすることがとても大切なのです。

そこで、おすすめしたいのが“ヨガ呼吸”です。
“ヨガ呼吸”というと、難しく聞こえるかもしれませんが、
ここでいう“ヨガ呼吸”とは、とてもシンプルなもの。
“「吸う」と「吐く」をしっかり意識する”呼吸です。
ヨガでは、この「吸う」「吐く」を
エネルギーを身体に出し入れする“2つの行動”と考えられています。
是非、この“2つの行動”に意識を向けながら、
2〜3分もしくは10呼吸は続けてみて下さい。
毎日の自分の呼吸が浅くなっているか、実感されるのではないかと思います。
ヨガの流派やポーズによって呼吸法はさまざまですが、
中でも内臓を温めるのにおすすめの2つの呼吸をご紹介します。

  1. 腹式呼吸

    息をゆっくり深く吸うと、ろっ骨を広げずに肺が大きく広がり、
    広がった肺に押されるような形で横隔膜が下がる、
    その横隔膜におなかが押されて膨らむ・・・というのが、腹式呼吸の原理です。
    内臓のマッサージ効果から冷え性や便秘、生理不順などに効果的です。
    また、リラックス効果も期待できます。


    1. 椅子に軽く腰掛け、足を少し開きます。

    2. おへその下あたりに軽く手を添え、
      口からゆっくりと息を吐きながら、おなかを引っ込めます。

    3. 息をしっかり吐ききったら、おなかの力を緩めます。

    4. 鼻から息をゆっくり吸い込み、自然におなかが膨らむのを感じます。


  2. 丹田呼吸


  3. おへそから5〜6cm下にある丹田を意識した呼吸法です。
    インナーマッスルが鍛えられ、身体が温まり、生きる意欲を高めてくれます。


    1. 椅子に軽く腰掛け、足を少し開きます。

    2. 丹田に手をあて、丹田から絞り出すような気持ちで
      口からゆっくりと息を吐き出します。
      この時、息を吐くにつれておなかがへこみ、
      腹筋が少し硬くなるのを感じながら
      おなかと背中をくっつけるような気持ちで
      ゆっくりと最後まで息を吐ききります。

    3. 次に、丹田を膨らませるようにして鼻からゆっくり大きく息を吸い込みます。

※1,2ともに2〜3分もしくは10呼吸は続けてみて下さい。
 また、おへその下あたりや丹田に手をあてる際は、
 自分の手のぬくもりをじっくり感じてみましょう。

 

その2:“ヨガのポーズ”であたためよう!

 

骨盤が柔軟に動くことによって、内臓に刺激を与える“犬のポーズ”。
これは内臓だけでなく、喉元あたりの第5チャクラや全身を活性化するポーズです。
上記の呼吸法を試した後で、時間的・肉体的に余裕があればやってみて下さい。
最初は無理をしないで、できる範囲でお試し下さい。

  1. 腕立て伏せをするようにうつ伏せの姿勢から上体を起こして
    手のひらとつま先を支点として身体を床から浮かせます。
    (両腕、両足は肩幅くらい開けます。)
    ヨガのポーズ

  2. 口から息を吐きながら、背中を反らせて上体を起こします。
    この時も足が床につかないように腕とつま先で支えます。
    ヨガのポーズ

  3. 鼻から息を吸いながら腰を上げていきます。
    ヨガのポーズ

  4. 逆Vの字型にします。
    この時、できるだけかかとを床に近づけます。
    やっていくうちに、アキレス腱の柔軟性がでてきて
    かかとが自然とつくようになりますので、最初は無理をしないで下さい。
    ヨガのポーズ

  5. 口から息を吐きながら1.の姿勢に戻り、
    自分が決めて回数を繰り返していきます。
    ヨガのポーズ


その3:ハーブティーであたためよう!

 

以前からお伝えしていますが、ハーブには様々な薬効があります。
といっても、西洋医学の薬や精油よりも作用が穏やかで、
食品と薬の中間のような存在。
薬より気軽に摂取でき、食品よりも作用が期待できる優れものです。
また、ハーブ・ティー独特の香りも楽しめるので、
アロマ効果も加わり、冷えの解消だけでなく、
心身の疲労回復に役立ちます。
ハーブには、リラックス&リフレッシュ作用のあるものや
体内の毒素を排出するような利尿作用のあるものなど
様々な種類がありますが、
今回は、冷えや夏バテ解消に効果テキメンな
4つのハーブをおすすめします。
それぞれブレンドするのがおすすめ。
最近は、ブレンドされたものがスーパーなどにも売っているので、
試しやすいと思います。
夏冷え、内臓冷えに大いに役立てて下さい。

 

  • カモミール×ペパーミントブレンド(2:1がおすすめ)

  • ・カモミール(ジャーマン) 腹痛や風邪などの民間薬として知られるハーブティーの代表。
    鎮静作用と消化促進作用に優れ、リラックス作用もあるので
    不眠症や神経性の便秘にも効果的。
    また、ホルモンのバランスを整え、
    生理不順や冷え性、貧血の改善にも役立ちます。
         
    ・ペパーミント メントールのさわやかな香りと強い殺菌効果をもつミントには
    多くの品種があり、その代表がペパーミントです。
    ウォーターミントとスペアミントの交配種で、
    ピリッとした強い清涼感があり、
    ハーブティーから薬用まで幅広く利用されます。
    フラボノイドなどの有効成分を含み、食欲減退や胃炎、胃弱、
    慢性の吐き気などにも効果的、
    強い殺菌力により風邪を予防したりします。
    また、鎮静作用があり、不安な気持ちを取り除き、
    気分を鎮めてリフレッシュさせます。



  • ハイビスカス×ローズヒップブレンド(1:1がおすすめ)

    ・ハイビスカス さわやかな酸味の成分には梅干と同じクエン酸を含むため、
    日本人には飲みやすいハーブティーです。
    赤色に含まれるビタミンCは、夏の身体の疲れを解消して、
    便秘を解消し、肌荒れにも効果的です。
    また、喉の炎症を抑える効果があるので、
    風邪をひいた時や喉を使いすぎた時に飲むとよいでしょう。
    さらにカリウムを多量に含み、利尿作用があるため、
    むくみを改善してくれます。
         
    ・ローズヒップ ローズ(ドックローズやスイートブライアー)の
    花が咲いた後にできる実。
    トマトと同じ成分のリコピエンを含み、
    利尿作用や便通をよくする作用があります。
    また、オレンジの10倍、レモンの20倍の
    ビタミンCを含むだけでなく、
    ビタミンAやB群、Eも豊富に含む、
    まさに「ビタミンの宝庫」です。
    美肌効果が高く、生理痛にも効果があることから
    女性に人気のハーブです。


〜ハーブティーの美味しい入れ方〜
ハーブティ

<材料と道具>1人用

  • ドライハーブ…ティースプーン山盛り1杯
            (フレッシュハーブの場合はその2〜3倍が目安)

  • 熱湯…150〜180ml

  • 茶こしつきティーポット
    (茶こしがついていない場合は別にストレーナーを用意して下さい。)

  • ティーカップ

 

<入れ方>

  1. 使用するティーカップとティーポットはあらかじめ温めておきます。

  2. ティーポットに人数分のハーブを入れます。
    (エキスを出しやすくするために、スパイスや実のように堅いハーブは、
     スプーンの背で軽く押しつぶしたり、指で軽くさいてから使います。)

  3. 沸騰したてのお湯を静かに注ぎ、香りが逃げないように
    すばやくティーポットの蓋をします。

  4. 蓋をして3〜5分蒸らします。
    (花や葉は3分程度。実や根など堅いものはエキスが出にくいので、
     少し時間をかけて(5〜6分程度)蒸らすとよいでしょう。)

  5. 温めたカップにハーブティーを注ぎます。
    (ティーポットのお茶は、1回ですべてカップに注ぎ切ります。)

    ドライハーブがティーバックに入っている場合は、温めたカップに熱湯を入れ、
    ティーバックを1個入れてから3〜5分おき、
    その後ティーバックを取り出してから飲みます。
    少し甘味をつけたい場合は、ハチミツや三温糖など
    自然に近い甘味料を加えるのがおすすめ。
    ストレートで飲む時とはまた違った味わいが楽しめ、
    ほんのりとした甘さが心身を温めてくれるでしょう。

  ※ハーブ・ティーの中には、長期間の常用や一日に大量に飲むことは
   避けたほうがよいものもあります。
   特に妊娠中の方、高血圧の方、心臓の弱い方、
   乳幼児(3歳未満)は気をつけて下さい。

その他、天然ハーブからエキスを抽出したナチュラル飲料の
「ハーブコーディアル」もおすすめです。
ハーブコーディアル
こちらは、濃縮タイプなので、倍に薄めてジュースのような感覚で飲めます。
色々ありますが、私はヨーロピアンクランベリーとハイビスカスがブレンドされた
「クランベリー&ハイビスカス」がおすすめです。
アイスでもホットでも美味しいのですが、
やはり、冷え解消にはホットで飲むのがいいですね。
ハーブコーディアル
ハーブコーディアルについて詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.herbcordial.jp/index.html

 

その4:“簡単手のひらマッサージ”であたためよう!

 

足の裏同様に手のひらにも身体の反射区がたくさんあります。
足と同じように、手のひらの真ん中あたりから下は胃や腸など内臓の反射区です。
息を吐きながら、親指の下の膨らんだあたりから
手のひらの下を中心にゆっくり押してみて下さい。
内臓が弱っていると、かなり痛いと思いますが、
痛みがある箇所はゆっくりじっくり押してみましょう。

 

 

その5:“あったかグッズ”を使ってあたためよう!

おなかを温める腹巻きや腰周りを温める足掛け、
自分の体温の熱反応で遠赤外線を放出するマット、使い捨てカイロなど、
冬に使っていた“あったかグッズ”は、夏も必需品。
上手に活用してみましょう。
あったかグッズ

 

 

以上、簡単にできる“内臓冷え”解消法でした。

ある調査によると、女性の約4割は“夏冷え”の悩みを抱えているそうです。
病院でも一年中「冷え性外来」という窓口を作っているところもあるほどで、
特に私たち女性にとって“冷え”は深刻です。
今回、お伝えした簡単にできる“内臓冷え”解消法をできるものからお試しいただき、
是非、しばらく続けてみていただきたいと思います。
すぐにではなくても、続けていると、
冷えや冷えからくる疲れをいつもより感じないことに
気がつく時が必ずくると思いますから…。
また、知らず知らずHSPも作られ、
アンチエイジング効果も期待できるかもしれません。

さあ、夏はまだまだ続きます。
夏冷え、内臓冷えをできるだけ解消し、
楽しい夏をめいっぱいenjoyして下さいね!
イメージ

<参考文献>
・日経ヘルス  
・ヨガが丸ごとわかる本  Yogini編集部◎編
・おいしく飲んで美しく健康にハーブティー  佐々木薫監修
TOP
 
copyright(c) since 2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.