mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2010年7月 自分を愛しむ“セルフ・エステ”のススメ♪

どこからともなく聞こえる風鈴の音、
どこからともなく香る蚊取り線香の匂い、
青い空、真っ白くて大きな雲…
すべてが“夏”を感じる季節となりました。

暑さが徐々に増してくるこの時期が、私は大好きです。
「暑い、暑い」と言いながら、
冷えたビールやおつまみをいただいたり。
といって、冷たいものはほどほどにしないと…ですが^^
皆さまはいかがでしょうか?
ただ、かなり蒸し暑い日が続いていますので、
くれぐれも熱中症などにはお気をつけ下さいね。
今年の夏もめいっぱい楽しみましょう!

イメージ



では、早速、本題へ・・・

今月のNaturalbeauty&healing情報は、
“セルフ・エステ”のすすめです。

皆さま、「セルフ・エステ」というと
どのようなイメージを持っていますか?

いつもより特別なケアを自分に施すこと…でしょうか。
もしかしたら、
「セルフ・エステ=面倒くさそう」というイメージがある方、
「人にやってもらいたいくらい疲れている時に、
 セルフ・エステなんて…」と思う方もいるかもしれません。

確かに疲れている時は特に、
人に施してもらいたくなりますね。
私ももちろんそうです。

でも、「セルフ・エステ」の良さは、
まさに「自分で自分に施す」というところにあります。

では、「自分で自分に施すこと」は何が良いのでしょうか?
私が思うのは、以下の4つのことです。

  1. 今の自分自身の状態がわかる。

    皮膚は「感情を語る場所」です。
    感情は皮膚によってあらわされることが多いのです。
    例えば、外部からの触覚刺激により自律神経が反応し、
    興奮したり恥ずかしい時には顔が赤らんだり、恐怖感には鳥肌が立ったり…
    こうした心の変化が皮膚にあらわれます。
    つまり、肌に「触れる」ということは、心と会話をすることであり、
    今の自分の状態を感じる大切な方法です。


  2. 自分を愛しむことにより、お肌・心・身体に変化があらわれる。

    ここで、大切なことは、ケアの時に「ただ触れる」のではなく、
    自分のお肌をいたわり愛しみながら、触れる…
    一生自分と付き合ってくれるお肌を愛しみながら触れるということ。
    「触れること」に意識を向け、「心を込める」ことです。
    イメージ

    実は、この「お肌を愛しみながら、丁寧に触れること」こそ、
    ケアの内容以上に大切なことなのです。

    医学用語に「皮脳同根(ひのうどうこん)」という言葉があり、
    “脳・神経”と“皮膚の表皮(お肌の一番上の層)”とは
    人間が形成される段階で同じ発生をたどり、脳とお肌には密接な関係があります。
    脳が受け取った情報は、お肌に如実にあらわれるのです。

    つまり、「愛しみながら丁寧に触れること」で
    自分の脳が「快」を感じ、免疫系やホルモン系にプラスに働きかけ、
    その結果、お肌や心・身体にもプラスに働くということです。

    また、自分を愛しむことによって、自分への信頼感や自信が増し、
    「きれいになりたい」「元気になりたい」という気持ちもアップするでしょう。


  3. 自分のハートが自然と開く。
    イメージ

    他でもない自分を愛しむことによって、自然とハートが開きます。
    前回のこの情報でもお伝えしましたが、
    この「ハートが開く」こと自体が自分にとって大切なことですが、
    さらに、ハートが開くと頭から入ってハートで
    パチンとはじけた愛のエネルギーが自分の手から流れ出ます。
    そして、その手で触れることによって
    お肌・心・身体に愛のエネルギーが反応し、
    さらによい結果が生まれるでしょう。

    私も、サロンでお客さまに触れる時は、
    手を通してお客さまのお身体やお肌と会話をしながら、
    誠に僭越ながら、愛する人に触れる気持ちで施術をさせていただいています。
    それは、あえてやっていることではなく、
    「愛しみながら触れること」で、私自分のハートが開き、
    自然とそうなっているのだと常々感じています。


  4. 自分が心から望んでいるケアができる。

    自分が望んでいる100%のことを他人がすることは、やはり難しいことです。
    自分でするからこそ、その時もっともかゆいところに手が届くのです。
    また、慣れてくると、さらに自分が望んでいることがわかるようになり、
    ケアが楽しくなるでしょう。


そこで、今回は上記のような「セルフ・エステ」の良さを、
是非、感じていただきたいと思います。
「触れる」ことを大切にしながら
ハートを開き、ご自身のお肌とお身体と会話をしてみて下さいね。

では、真夏におすすめのセルフ・エステをご紹介しましょう。

夏は、お肌や身体にとって過酷な季節です。
冷房で知らず知らず身体が冷え、代謝が落ちがち、
加えて紫外線や同じく冷房でお肌の内側がカラカラの状態になっています。
皮脂が過剰に出るのも、内側が乾いているせいで
お肌が危機感を持ち、一生懸命皮脂を出しているということが多いのです。

今回おすすめするのは、
お好きな精油1〜2本とクレイなどを用意するだけでできる簡単なセルフ・エステです。
自分でやるのは面倒くさいという方にもおすすめですので、
是非、週に1度を目安にお試し下さい。

くれぐれも、「触れる」「触る」ということに意識を向けて下さいね!



<セルフ・フェイシャル・エステ>

1〜4の順に行ないましょう。
時間がない場合は、できる範囲でお試し下さい。

  1. アロマ・セルフスチーマー

    夏は、皮脂で毛穴が詰まりがちになり、
    冷房や紫外線により内側が乾いているインナードライ状態になります。
    そこで、おすすめがアロマ・セルフスチーマー。
    蒸気で毛穴を開いて血行がよくなり、その後のケアの効果を高めてくれます。

    <用意するもの>
    ・洗面器か大きめのボウル
    ・精油   2〜3滴
    ・バスタオル
    アロマ・セルフスチーマー



    <やり方>

    1. 洗顔後、洗面器やボウルにお湯をはり、アロマの精油を2〜3滴垂らします。
      (精油はお好みのものでOKですが、
       保湿作用、殺菌作用のあるラベンダー、ティートリーなどがおすすめです。)


    2. 頭からすっぽりバスタオルをかぶり、顔に蒸気をあてます。


    3. 湯気が出なくなったら、終了します。


  2. 乾燥と冷え防止&血流・代謝促進のリンパ・ドレナージュ

    さあ、いよいよお肌に触れる時です。
    “リンパ”は、細胞間に溜まった老廃物や
    余分な水分を掃除してくれる役割があり、
    血液と違って心臓のポンプの力を持たないため、
    とてもゆっくりと流れています。
    “リンパ・ドレナージュ”とは“リンパ排出”の意味。
    流して老廃物や不要な水分を排出することを意識して、
    力を入れずに行なうことを心がけて下さい。
    また、首(鎖骨のあたり)はすべてのリンパ液が
    最後に流れつく場所で、
    滞ると顔がくすんだり、むくんだりします。
    リンパ液の排出をスムーズにし、老廃物を滞りなく排出できるように
    働きかけることを目的に、首のドレナージュは、
    特に丁寧にゆっくり行ないましょう。
    また、おなかのドレナージュもあわせてやってみて下さい。

     
    1. 精油を2〜3滴入れたホホバオイル10mlをお顔と首に塗布します。
      (乾燥を防ぎ、肌の新陳代謝を促進する精油
       ローズ、ラベンダー、カモミール・ローマン、
       ゼラニウム、ネロリなどがおすすめ。)



    2. 手を合わせ、右手を左手の上で3回こすり、手が温かくなったら
      両手のひらでで自分の両頬を包みます。
      この時、自分のお肌に最大限の愛を注ぐつもりで触れてみましょう。


    3. リンパ・ドレナージュを始めます。
      おでこの中心に左右の指3本ずつ(人差し指、中指、薬指)を置き、
      おでこの中心から耳の手前まで3回流します。



    4. 同じく目の上、目の下を中心から耳まで3回ずつ流します。



    5. 次に鼻の脇を上から下へと3回流します。



    6. 鼻の脇から両頬を耳の手前まで3回流します。



    7. あごの部分を中心から耳の手前まで3回流します。



    8. あごの下から、耳の下のくぼみまで3回流します。


    9.   
    10. 耳の下のくぼみから鎖骨に向けて上から下に5回流します。
      ここは特に大切です。
      指の腹を使って念入りにゆっくり丁寧に流しましょう。
      マッサージ マッサージ



    11. 左右の鎖骨のくぼみを両手の3本指で
      内側から外側に円を描くようにさすります。
      やりにくい場合は、手を交差させてやってみて下さい。
      マッサージ



    12. 手にオイルがついていたら、ティッシュなどでふき取ります。
      両手をおなかのあたりにおろし、
      骨盤のあたりを3本の指で優しくプッシュします。



    13.   
    14. おへその下あたりに手を当て、おなかがぽかぽかと温かくなったら手を離します。

       ※顔と首に塗布したオイルはそのままでもよいのですが、
        すぐにパックをする場合は、軽くふき取ります。




  3. 手作り美白クレイパック及びクリームパック

    これは、以前にもお伝えしたことがあるかと思いますが、
    夏から秋にかけて必須とも思えるパックなので、再度ご紹介します。
    「クレイ」とは、鉱物を原料とした粘土のことです。
    ミネラルをたっぷり含み、余分な皮脂や老廃物、汚れをしっかり吸着してくれます。
    ここで使う精油は、ラベンダーとネロリ。
    この2つの精油は、表皮の基底層で新たに肌細胞が作られるのを促進し、
    お肌のターンオーバー(新陳代謝)を早め、
    メラニン色素を含んだ角質を垢となって剥がれ落ちやすくします。
    毛穴の汚れを除去したい時にも効果的なパックなので、是非、お試し下さい。

    〜美白クレイパック〜

    <用意するもの>
    ・好みのクレイ(※カオリンorモンモリオナイト)大さじ1
    ・ラベンダー精油 1滴
    ・ネロリ精油 1滴
    ・フローラルウォーター
     (ラベンダーウォーターorネロリウォーター)大さじ1/2
      ※なければ精製水でもOK
    ・キャリアオイル 小さじ1
    ・ガラスの小皿
    ・スプーンかスパチュラ

    ※クレイは、敏感肌・乾燥肌の方はモンモリオナイト、
      普通肌・オイリー肌の方はカオリンをお使い下さい。


    <作り方とパックのしかた>

    1. ガラスの小皿にクレイを入れます。
      それに少しずつフローラルウォーターを入れ、混ぜます。
      ガラスの小皿にクレイを入れます



    2. 1. にキャリアオイルを加えます。
      キャリアオイルを加え



    3.     
    4. 2. に精油を加え、さらに混ぜたらできあがりです。
      精油を加え



    5. これをスプーンかスパチュラで顔にしっかりのせます。



    6.     
    7. 10分くらいしたら、パックを丁寧にはがします。


    8.     
    9. パックをはがした後の両頬を両手で温かく包んで終了です。



      また、上記のクレイがない方は、お手持ちのクリームとラップで
      下記のお手軽クリームパックをお試し下さい。


    〜保湿クリーム・パック〜

    <用意するもの>
    ・お手持ちの保湿クリーム
    ・ラップ
    ・大きめのタオル


    <パックのしかた>

    1. お手持ちの保湿クリームをいつもよりたっぷり顔に塗布します。
      (ラベンダーかローズ、ネロリなどの精油があれば、
       あらかじめクリームに1〜2滴加えておきます。)



    2.     
    3. ラップを顔をすっぽり覆うことのできるくらいの大きさに切り、
      呼吸ができるように鼻のあたりにはさみで切り込みを入れ、
      ラップがくっつかないように注意しながら顔を覆います。
      または、鼻を境にラップを2枚用意し、覆ってもよいでしょう。
      ラップ




    4. 大きめのタオルで顔の下半分を覆い、次に顔の上半分を覆います。
      顔の下半分を覆い 顔の上半分を覆い
    5. 巻いたタオルの上から軽くプッシュしてクリームをなじませます。



    6. 5分くらいしたら、タオルをとり、ラップをはがします。



    7. 両頬に両手で温かく包んで終了となります。


  4. お肌を引き締めるアロマ冷湿布

    最後に冷たいタオルでお肌(毛穴)を引き締めます。

    <やり方>

    1. 洗面器に氷水をはり、そこにラベンダー精油を2〜3滴垂らします。


    2. タオルを入れ、固く絞ります。


    3. 顔全体にタオルをあて、気持ちがよい程度に押さえます。


    4. タオルをとり、両頬を両手で包んだら終了となります。


    ※1〜4すべての行程を終えたら、
     いつものように化粧水、美容液、乳液、クリームなどでお肌を整えます。



<ボディ・セルフエステ>

  1. 冷えを解消するハンド・マッサージとフット・マッサージ(簡単リフレクソロジー)

    手のひらや足の裏には、全身の反射区やツボがたくさんあり、
    マッサージをすると身体全体の血行が良くなり、疲労も回復します。
    反射区は、触って痛いところやグリグリがあるところを
    丁寧にほぐしていきます。
    また、反射区はツボと違ってエリアになります。
    多少ずれていても十分効果は得られますので、
    場所はあまり気にせず、痛みや凝りを感じるところを中心に、
    ほぐす気持ちで行ないましょう。



  2. <マッサージオイルの作り方>

    ハンド: ホホバオイル10mlに
    ラベンダーとスイートマージョラムを
    2滴ずつ(合計4滴)を加え、よく混ぜます。

    フット: キャリアオイル30mlに
    ジュニパー4滴、グレープフルーツ2滴を加え、よく混ぜます。


    <ハンド・マッサージのやり方>


    1. 手首から指先まで全体にオイルを塗ります。
      この時、手首、手のひらをゆっくりなでます。



    2. 手の甲の腱と腱の間を軽くなで、
      指と指の間の溝を指の付け根から手首に向けて、
      親指に少し力を入れて押しながらスライドさせます。
      (3回繰り返します。)



    3. 指を1本ずつ付け根から爪まで円を描くように揉み、
      爪に圧をかけてから軽く引っ張って離します。



    4. 合掌するように手を合わせたら終了です。


    <フット・マッサージ(簡単リフレクソロジー)のやり方>

    1. 脚全体にオイルを塗ります。



    2. 足首から太もものつけ根に向かってさすります。



    3. 足首から膝裏に向かって両手を使い、交互にふくらはぎをさすりあげます。



    4. くるぶしの内側から指3本上の「三陰交(さんいんこう)」を
      親指でゆっくりプッシュします。
      三陰交(さんいんこう)



    5. 膝から太もものつけ根に向かって、全体を両手を使ってさすりあげます。



    6. 両手で太ももの裏側から上に引き上げます。



    7. 親指に力を入れて、手のひら全体で太ももの前側を
      つけ根に向かってさすりあげます。



    8. 2. と同じ動作をします。


    9.     
    10. 次に、オイルを足裏にまんべんなく塗り、
      親指のはらで足の裏の気になる(凝りがある)部分を刺激します。
      あまり強く押さず、気持ちよい程度にしましょう。



    11. 最後に足の甲と足の裏に手をあて、手の温かさを感じたら終了です。



  3. 気になる黒ずみやセルライトケアに

    夏に気になるのが黒ずんでしまったひじやかかと、
    そして、ヒップから太ももにかけてのセルライト。
    それらの除去におすすめなのが、天然塩で作る簡単ボディスクラブ。
    天然塩が老廃物の排出を促しますので、おすすめです。

    <用意するもの>

    ・天然塩(粒の細かいもの)  大さじ2
    ・精油 6滴
    ・キャリアオイル 大さじ1
    ・ガラスの小皿  


    <作り方>

    1. ビーカーにキャリアオイルを入れ、精油を加えて混ぜます。


    2. ガラスの小皿に天然塩を入れ、1. を加えて混ぜます。



    <やり方>

    1. 適量を手に取り、すりこむように丁寧にマッサージします。


    2. お湯で洗い流します。




以上、是非、お試し下さい。

そして、ここでもうひとつだけ、私が感じていること。

これは、サロンで施術をしていて気がついたことなのですが、
お肌に何かしらのトラブルを抱えている時、
またはお肌にトラブルが出やすい方は、
グラウンディングがしづらくなっている場合が多い…ということです。
以前からお伝えしていますが、
グラウンディングとは、地に足がきちんと着いている状態のこと。
それは、第1チャクラがしっかり開き、
地のエネルギーを受け取ることができている状態です。
自分自身が地に足が着き、グラウンディングできている時は、
お肌の調子もよい場合が多いようです。

そこで、セルフ・エステの一環として
次の“グラウンディング”のエクササイズもお試しいただきたいと思います。
下半身の冷えにも効果的ですので、是非、やってみて下さい。


<お肌の調子を整えるグラウンディング・エクササイズ>

  1. 椅子に座り、背中をまっすぐにして、足を少し開き、
    両足の裏をぴったりつけます。
    軽く目を閉じ、一度深呼吸をしましょう。



  2. 呼吸に意識を向けます。
    まずは息を口からゆっくり吐いて下さい。
    全部吐ききったら、次は新鮮な空気を鼻から吸い込みます。



  3. べースチャクラ(尾てい骨のあたり)を意識します。
    そこから地球の中心に向かって“光のグラウンディング・コード”が
    伸びるのをイメージして下さい。
    そして、そのコードが様々な地層を通り抜け、
    地球の中心へ向かって伸びていくのを視覚化し、
    地球の中心まで到達したら、そこでしっかり固定します。
    地球


最後に、「触れる」という感覚について、もう少しだけお話しておきます。

私たちは、外界の様々な刺激や変化の情報を
五感で感じ取りながら生きていますが、
その五感の中で、身体全体でとらえるのは、
唯一この「触れる」=「触覚」だけです。

視覚・聴覚・味覚・嗅覚の四感は、
それぞれの情報の入口が顔に集中しているため、
情報が直接脳に行きますが、身体全身で感じた触覚だけは、
脊髄を通り、脳と身体の両方で実感されるのです。
それゆえ、五感の中でも「触覚」は
理論を超えた“気持ちよさ”“心地よさ”を実感する感覚だと思います。

「お手入れ」「手当て」という言葉もありますが、
「手で触れること」は、想像以上にあらゆることを与え、また受け取らせてもくれます。
心を込めて「触れる」ことは、
肉体やエネルギー体だけでなく、もっと深い部分まで…
魂までをも揺さぶることのできる…
本当に素敵なことなのではないかと思います。
イメージ

是非、ご自身の“愛の手”を使って
普段頑張っているご自分をいたわり、お肌を愛しみながら、
「セルフ・エステ」をお試し下さいね!

<参考文献>
・カウンセリング・マインド 松岡優子著
・みるみる美肌小顔リンパ・サラサラ・ドレナージュ  田中智子著
・むくみが消えるリンパマッサージ 廣田彰男著
TOP
 
copyright(c) since 2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.