mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2010年5月 延髄〜背骨〜仙骨に溜まったエネルギーを解放しよう

風薫る5月となりました。
皆さま、いかがお過ごしですか?
最近、「真夏!?」と思うほど暑い日がありますね。
でも、暑いのは日中だけで朝・晩は冷え込む日も多いです。
1日のうちで気温の差が激しい時は、
特に体調を崩しやすいので、真夏のように暑い日でも
お出かけの際は、是非、一枚羽織るものをお持ち下さいね。

さて、それでは本題へ・・・

イメージ



今回お伝えしたいのは、
【延髄〜背骨〜仙骨に溜まったエネルギーを解放する方法】です。

「背骨」は、“椎骨”と呼ばれる骨がブロック上に積み重なってできている、
私たち人間にとって軸となる、とても重要なところです。
背骨の中には脳の「延髄」から“脊髄”という神経の束があり、
自律神経を通じて内臓に連結していたり、脳からの情報が“髄液”として流れていて、
その循環の中心としても重要な役割を担っています。

そして、それらの働きと密接に関係しているのが
「背骨」に沿って流れる“エネルギー”です。

 

チャクラ

これまで何度となくお伝えしてきましたので、
ご存知の方も多いと思いますが、
「背骨」は、
エネルギーのスポット=“チャクラ”と
深い関係があります。
“チャクラ”は、身体の前面・背面に関係しながら、
主要なものが「背骨」に沿って7つあるため、
「背骨」には、宇宙からのエネルギーや
地球からのエネルギーが常時行きかっています。
つまり、「背骨」は「エネルギーの通り道」 だと
いうことです。
このエネルギーの流れが、
上記の働きと密接につながっているのです。

 

そして、ここからが本題です。

その「背骨」は、日々あらゆるエネルギーを取り込んでいます。
これは、誰もが無意識に行なっていることですが、
自分にとって必要なポジティブなエネルギーから
自分や他人のマイナスな感情・思考などのネガティブなエネルギーまで、
ありとあらゆるものを取り込み、
意識しないまま、浄化されずに溜め込んでいる場合も多いのです。

 


これは、実際にお客さまの施術で、
お身体やエネルギーに触れていく度に
感じていることですが、
ストレスやご自分の中に
未浄化なものを抱えている時は、
大半の方が、主要な7つの
チャクラだけでなく
「背骨」全体に滞りがあります。
また、特に気になるのが、
「背骨」とつながっている
「延髄」(後頭部の基底部分)と
「仙骨」(腰椎とつながっている骨、
第2チャクラの後ろ側)です。
未浄化なものが多ければ多いほど、
またその原因が深ければ深いほど、
この場所に溜まっているように
感じるのです。

背骨

そこで、今回意識していただきたいのは、この「延髄〜背骨〜仙骨」という一本の軸です。

ここを高次元の光のエネルギーが自由に行きかうことによって、
負のエネルギーが解放され、ひとつひとつのチャクラもきれいに開いていきますから、
この軸をしっかり解放することはとても大切です。

「背骨にエネルギーが溜まる」ということがピンとこない方も、
実際に溜まっているエネルギーを解放することで、
不思議なように心のつかえがとれ、楽になりますから
「ああ、ここにこんなに溜めていたんだ…」と思われるかもしれません。

まずは、知らず知らず溜めている身体の場所を意識すること。
背中側というのは、意外と意識しないところでもあるので、
今回は是非、しっかり意識してみて下さい。
そして、その中に溜まったエネルギーを解放する方法をお試しいただきたいと思います。

さて、その前に・・・

あらゆるエネルギーを溜め込みやすい場所…
背骨とつながる「延髄」と「仙骨」のことを説明しておきたいと思います。

まず、後頭部下、頭蓋骨の基底にある「延髄」。

ここは、以前にもお伝えしたことがありますが、
“オルター・メジャー・チャクラ”と呼ばれるチャクラがある場所です。
このチャクラは、主要な7つのチャクラ以外のチャクラということで
通常「副チャクラ」や「小チャクラ」と呼ばれますが、
その重要さから第8チャクラとして数えるヒーラーもいます。

というのも、
宇宙のエネルギーは、頭のてっぺんの第7チャクラからだけでなく、
この「延髄」を通しても取り入れられると考えられているからです。
このチャクラから取り入れた高次元の宇宙エネルギーは、視床下部へと流れ、
光の比率を高め、それにより「テレパシー能力を高める」とも言われています。

また、「延髄」は“人間の自我が集中しているところ”=“エゴの中枢”といわれ、
私たち人間の精神的な成長が深く関係しているところでもあります。
人間の精神的な成長の過程には、エゴを受け入れて超えていくことが必須ですから、
このチャクラを浄化していくことが重要だと考えられています。

仙骨

そして、もうひとつは「仙骨」です。

もともと仙骨の「 仙 」 の字は、
仙人、仙薬、神仙など
不老不死・不思議な力などを表す字です。
フランス語で「仙骨の」という 意味の
言葉は「sacre」で、
この言葉は、
ラテン語の「sacrum 」=「聖所」
という言葉を語源に持ち、
「神聖な」「聖なる」という意味で
よく使われる言葉だそうです。
この名前をつけた大昔の人たちは、
「仙骨」という骨の神秘さ…
人間にとっていかに重要な骨であるかを
知っていたのかもしれませんね。

心身レベルで見ると、
この部分を活性化すると、
髄液の流れが脳に上がり、
後頭部や「延髄」の活性化により
交感神経や副交感神経の
活性化をすることができ、
自律神経系の働きがよくなり、
疲れた身体や心が癒されます。
それゆえ、「仙骨」と「延髄」は
深いつながりがあるのです。

 


また、エネルギーレベルで見ると、「仙骨」はさらに重要だと考えられます。
チャクラで言うと第2チャクラの背面部分ですが、
「仙骨」は、「その人の抑圧パターン」が潜んでいるといわれているところです。
人間は、誰しも抑圧パターンを持っていて、
それはひとりひとり異なっているといわれます。
「仙骨」のエネルギーを解放することにより、
「自分の持っている抑圧パターン」が解放され、
身体・心・魂のバランスが整う道が開かれると考えられますから、
「仙骨」がいかに重要かがわかります。

 

また、想念によって歪んだ仙骨の
バイブレーションを高めることで
現象として顕れている病気や
症状を消すというMRT良法を
立ちあげられた内海康満さんは、
ご自身の著書
「霊止乃道(ひとのみち)」の中で
「細胞すべての情報を仙骨がとらえている」
「宇宙のエネルギーをキャッチする
 アンテナの役割もある」
「人間は、仙骨を通して前世で
 刻み込んだ記憶を肉体次元の現象として
 映し出している」
と述べていらっしゃいます。
これは、実際にエネルギーに触れてみると
納得するところがあり、
「仙骨」は、私にとっても
今後も調べていきたい興味深い場所です。

イメージ


それでは、ここで「延髄〜背骨〜仙骨」に溜まったエネルギーを解放し、
活性化する2つの方法と「延髄」「仙骨」を解放するそれぞれの方法を
ご紹介したいと思います。
是非、少し静かな時間を作っていただき、
ご自分がやりやすい方法を選んで、
背骨全体の流れを意識しながらやってみて下さいね。

 

≪背骨のエネルギーを解放し、活性化する方法 その1≫

  1. まずは、グラウンディングをします。

    1. 椅子に座り、背中をまっすぐにして、足を少し開き、 両足の裏をぴったりつけます。
      軽く目を閉じ、一度深呼吸をしましょう。

    2. 呼吸に意識を向けます。
      まずは息を口からゆっくり吐いて下さい。
      全部吐ききったら、次は新鮮な空気を鼻から吸い込みます。

    3. ベースチャクラ(尾てい骨のあたり)を意識します。
      そこから地球の中心に向かって“光のグラウンディング・コード”が
      伸びるのをイメージして下さい。
      そして、そのコードが様々な地層を通り抜け、
      地球の中心へ向かって伸びていくのを視覚化し、
      地球の中心まで到達したら、そこでしっかり固定します。

  2. 自分を取り巻くオーラを調整し、低いエネルギーが
    オーラに入り込まないように紫の光でシールド(保護)します。

    1. 深い呼吸を続けながら、自分のオーラを60〜90cmほどに引き寄せます。

    2. そのオーラが自分の周り(上・下・前・後ろ・両側面)を
     卵型に包んでいるようイメージし、そのオーラの中を紫の光で満たします。

  3. ゆっくりと深い呼吸をしながら、自分のイメージと意志を用いて背骨をしっかり浄化します。

    1. 頭の30〜40cmくらい上に大きな光があることを思い浮かべます。
     (太陽を思い浮かべてもOKです。)
       イメージ
       その光が燦々と輝き、その明るい光が自分に降り注がれているところを
       ゆっくりとイメージします。

    2. その光のかたまりから一本の金色の光のすじが、
      自分の第7チャクラ(頭のてっぺん)に向かって降り注がれ、
      頭の中に入ってくるのをイメージします。
      その際もゆっくりと深い呼吸を続けましょう。

    3. 次に、ゆっくりと息を吸い、その息を一度止めます。
     そして少しずつ息を吐きながら、その光のすじが自分の後頭部を通り、
     延髄に流れた時、そこに溜まったものを浄化していくさまをイメージします。

    4. しっかり光で浄化したら、息をゆっくり吸います。
      そしてその息を少しずつ吐きながら、光のすじが首の後ろから背骨の後ろを
      下降していくのを感じましょう。

    5. 息を吐き続けながら、金色の光のすじが背骨の後ろ側から尾骨に下降し、
      第1チャクラ(尾骨の先端)へと流れていくのを感じます。
      その光のすじの一部は、自分の背骨の中の不必要なエネルギーとともに
      先ほど取り付けたグラウンディングコードを通って、地中へと放たれます。

    6. 息を吸いながら、残りの光が第1チャクラから背骨の前に送られ、
      上へ向かってゆっくり上昇していくのを感じます。

    7. それが第5チャクラ(喉元あたり)まで達した時、息を軽く止めます。
      そして、その光が3本の光に分かれ、
      そのうち2本は両手に流れ、もう1本は頭頂に向かって上昇するのを
      息を吐きながらイメージします。

    8. 1〜7を3回繰り返します。

≪背骨のエネルギーを解放し、活性化する方法 その2≫

  1. 椅子に腰掛けます。
    足を少し開き、背骨をまっすぐにして座り、一度深呼吸をします。

  2. 自分のオーラを60〜90cmほどに引き寄せます。
    そのオーラが自分の周り(上・下・前・後ろ・両側面)を
    卵型に包んでいるようイメージし、そのオーラの中を紫の光で満たします。

  3. 今、引き寄せたオーラの一番上に輝く光の球があります。
    そこから一本の太い光の軸が、自分の背骨を通って足の下のオーラ基底部まで
    取り付けられているのを視覚化します。

  4. この太い光の軸が、たえず自分自身の神聖な光と愛で満たされているよう
    ハイアーセルフに頼みましょう。

  5. 息を吸いながら、頭上の光の球から軸に流れる光のエネルギーを吸収し、
    息を吐きながら、その光のエネルギーが背骨を流れ降り、両足の間から
    オーラの底まで降りていくのを感じて下さい。

  6. 光の軸の中を光のエネルギーが上から下へとたえず流れ、
    愛と光で満たされているのを感じます。
    この時、手のひらを上に向け、親指と中指の指先を合わせて膝の上に置くと、
    光の軸が光のエネルギーで満たされるのを助けてくれるでしょう。
    ムドラ
    これは、「※ムドラ」(印相)のひとつです。
    タオの世界では右手は天、左手は地をあらわし、
    親指が大地、人差し指がボディ、中指がマインド、薬指がスピリット、
    小指が天をあらわします。
    両手の親指(大地)と中指(マインド)を合わせてゼロにすることで
    無限とつながり、光で満たします。


  7. このまま瞑想に入ってもよいでしょう。
    10分くらい続けたら、ハイアーセルフに感謝しながら、ゆっくり目を開けます。

 

≪延髄に溜まったエネルギーを浄化する方法≫

ここでは、額と延髄同時に手をあてます。
過去のトラウマや残ってしまっている負の思い込みを開放する手助けとなり、
ネガティブなエネルギーが溜まりにくくなります。
また、ここに手をあてることは“コズミック・プラグ”と呼ばれていて、
一瞬で宇宙につながるといわれています。
レイキ・ヒーリングの際によくやりますが、このポジションを癒すと
心身が落ち着きますので、是非、自分や周りの人に試してみて下さい。

  1. 一度大きく深呼吸をし、右手を左手の上で3回まわします。
    (両手をこすり合わせても、合掌をしてもOKです。)

  2. 額と後頭部の延髄のところにを同時に手をあてます。
    手でエネルギーを感じながら、よいと思うまで手をあてておきます。

  3. 手を降ろし、深呼吸をして終了します。

 

≪仙骨のエネルギーを解放するガーべラ・デトックス≫

  1. 椅子に浅く腰掛け、背中をまっすぐにします。
    足を少し開き、 両足の裏をぴったりつけます。

  2. 軽く目を閉じ、一度深呼吸をしましょう。

  3. 呼吸に意識を向けます。
    まずは息を口からゆっくり吐いて下さい。
    全部吐ききったら、次は新鮮な空気を鼻から吸い込み、呼吸にリズムをつくります。

  4. 両手を後ろにもっていき、両手のひらで仙骨を覆います。
    仙骨に意識を向けます。

  5. 仙骨のエネルギーが息づいているのを感じます。
    そこにオレンジ色か朱色のガーべラの花が美しく咲いているのを感じます。
    ガーベラ

  6. 深呼吸をし、仙骨のエネルギーの滞りが
    ガーべラの花によって消えていくところをイメージします。
    最初は、イメージできなくても大丈夫です。
    何度もイメージしてみましょう。

  7. 滞りが消えたら、そのガーべラをフッと吹き消し、
    新しいガーべラの花と入れ替えます。
    深呼吸を続け、気持ちがおだやかになってきたら目を開けます。

    ガーべラの花は毎日、もしくは仙骨に何らかの負のエネルギーが
    溜まってしまったと感じたら、取り替えましょう。

以上、「背骨」を中心に「延髄」「仙骨」、各所に溜まったエネルギーを
解放する方法をお伝えしました。

上記の方法が難しい、またはイメージできないと感じる方は、
まず、「延髄〜背骨〜仙骨」部分を意識したり、触ってみたりしてみて下さい。
時間がない時は、息を吸いながら、エネルギーが「延髄」にあることを意識し、
息を吐きながら、そのエネルギーが「背骨」を通って「仙骨」までいくのを感じてみましょう。
その時、不要なエネルギーは、第1チャクラの尾骨、または足の裏から大地に捨てて下さい。
これは、ほんの少しの時間でできるので、おすすめです。

イメージ

これまでのNaturalbeauty&healing情報で
お話してきましたチャクラ同様、
今回お伝えしたところを開放したり、
浄化したりすることは、
私たちが真に幸せな道へ進むために
必要なことだと実感しています。
ただ、長年、ずっと溜めていたエネルギーも
あるかもしれませんから、
すぐに解放できなくても大丈夫です。
この情報をお読みいただき、
意識していただいたのであれば、
すでに解放が始まっていますから、
是非、あせらず、じっくり取り組んでみて下さい。


もちろん、私自身も取り組みながら、
チャクラのことはもちろんのこと、
「延髄」や「仙骨」についてもまだまだ調べていきたいと思っています。

 

<参考文献>
・プレアデス覚醒への道 アモラ・クァン・イン著
・リヴィング・オン・ライト  ジャスムヒーン著
・霊止乃道  内海康光著
・チャクラを活かす パトリシア・マーシア著
TOP
 
copyright(c) since 2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.