mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2010年4月 “月光浴”で本来のリズムを思い出そう!

イメージ

すっかり春らしい温かい季節となりました。
皆さま、いかがお過ごしですか?
ついこの間まで桜の花をつけていた木々が
あっという間に青々としてきて、
もうすぐ若葉の季節になりますね。

さて、暖かくなったこの時期にお伝えしたいのは…
“月”に関するお話です。
今までもずっと書きたいと思っていた内容ですが、
今がとてもいいタイミングだと感じています。



本来、私たち人間の中には『宇宙のリズム』に沿った
『人間のリズム』が備わっています。
でも、現代社会は合理性と効率性が優先され、
何でもせかせかと急ぎすぎているため、
本来の“人間のリズム”を忘れている人が多いのではないかと思います。
そのリズムを忘れているせいで
心身が不調になっていることにうすうす気がついてはいても、
せかせかモードの社会から脱するのは難しい…と、
あきらめている人も多いかもしれません。

最近、物質的な豊かさではなく、心や身体にとっての真の豊かさを求め、
のんびり暮らしてみる…という「スローライフ」を送るために
都会から離れていく人も増えているようですが、
それは、まだまだほんの一部の人でしょう。
そうできたらいいけれど、現状からして難しい、
そうしたくてもできない…と思っていらっしゃる方は
多いのではないでしょうか。

そこで今回は・・・

今の生活をガラッと変えなくても、
本来のリズムを思い出すことができる方法をお伝えしたいと思います。

自分の意識をいつもより少し“自分自身の内側”に向け、
ちょっとしたことをコンスタントにしていくことによって、
それが可能になります。
では、その「ちょっとしたこと」とは何でしょう。

それは、「月を見ること」、そして「月を感じること」です。

 

『月のリズム(サイクル)』は、
『人間の体内リズム』と一致します。
本来、そのリズムは私たちの内側に
宿っているものですから、
“月”を見て“月”を感じることで
自然と本来のリズムを思い出すことができるのです。

また、人間の肉体に活力と元気をくれる
強力なエネルギーを持つ“太陽”に対し、
“月”は人間の内面を映し出し、心を落ち着かせてくれる
優しく柔らかなエネルギーを持っています。
“月”は、私たちの内面に大きく働きかけてくれます。
“月”を見るだけで癒された…という経験を
お持ちの方も多いのではないか思います。

さて、それでは早速、
“月”についての話を始めたいと思いますが・・・
その前に、皆さまにひとつ質問があります。



イメージ

 

最近、月を眺めていらっしゃいますか?

毎日、会社帰りに眺めているという方もいらっしゃると思いますが、
「…あれ?月って…いつ見たかしら?」という方も
意外と多いのではないでしょうか?

 


イメージ

日々忙しいと、月を眺めるどころか、
昼・夜関係なく「空を見上げる」
ということをしなくなりますね。
最近、空を見ていない…という方は、
そういう余裕がなくなるくらい、
少し忙しすぎるのかもしれません。

思えば、私もそういう時期がありました。
まだこの仕事を始める前の話ですが、
ちょうど自分の中のリズムが
完全に崩れているような時期だったと思います。
でも、ある日、何気なく見上げた夜空に、
大きな大きなまん丸の美しいお月さまがあり・・・
私は思わず、息を呑みました。

落ちてきそうなほど
大きくてまん丸い月の圧倒的な存在感と
美しくて壮大なエネルギーに・・・
「お月さまって…こんなにすごいものだったっけ!?」
と、ただただ驚いていたことをよく覚えています。

その後、どれくらいの時間その場にいたでしょうか。
ハッと我に返り、自分が不意に足を止めて、
月に見入っていたことに驚いたのと同時に、
私は、自分のある変化に気がつきました。

それは、それまであらゆることが
ぐるぐるとかけ巡っていた自分の頭の中が急に整理され…
何となく心が軽くなっている…そんな変化でした。

“完全な変化”というより“変化の途中”という感じでしたが、
満月を眺めていた数分間のうちに、私は間違いなく癒され、
月を眺める前より気持ちが穏やかになっていたのです。

そのことに気がついた瞬間、「月ってすごい・・・・・」
思わず、そうつぶやいていました。
それは、しっかりとした強いパワーがありながら、
この世のすべてを優しく包み込んでくれるような…
そんな独特な雰囲気を発している月のパワーに、
あらためて強く惹かれた瞬間でもありました。

その後、この仕事に就き、
人間の身体・心・魂のことなど色々と学んでいくうちに、
月のリズムが私たち人間にとって、
とても重要であることを実感していくこととなります。

そして、前回の情報の「地球の波動アップ」とも関連していますが、
私たちひとりひとりが“月”を感じながらリズムを思い出すことは、
ますます重要になっているのではないかと感じる現在です。
「本来の人間のリズムを思い出すこと」は、
宇宙に生きるものとしての本来の姿を思い出すことだと思うからです。

前置きが長くなりましたが、
その“月”のことについて、詳しく見ていきましょう。

≪月と人間の関係≫

もともと私たち人間は“月”から
大きな影響を受けています。

地球が太陽のまわりを公転しているように、
“月”は地球のまわりを回っているため、
“月”の引力は、はるか遠くにある
太陽の引力よりも
地球にさまざまな影響を与えていると
考えられています。

そのひとつが“潮の満ち引き”です。

太陽、地球、月が一直線上に並ぶ
満月と新月の頃には、
月の引力が最大になり、大潮になりますが、
その潮の満ち引きは、
人間に大きな影響を与えています。
はるか昔、人類が海から陸にあがったのも、
月の引力によって引き起こされる
潮の満ち引きが関係しているのではないか
という説があるほどです。

 

イメージ


なぜ、潮の満ち引きがこれほどまでに人間に影響を与えるかというと、
人間の身体の7割が水分でできていて、
その水分である人間の血液は、海水によく似た性質を持っていると考えられているからです。

つまり、潮の干満と同じようなことが人間の身体の中でも起こるということ。
人間の身体の中の水分が月の引力に引っ張られるため、影響を及ぼすということです。

また、『月の満ち欠けのサイクル』は、約29,5日の周期で巡っていて、
このサイクルは、人間の本来の体内リズムと一致しているといわれています。
『月のリズム(サイクル)』=『本来の人間のリズム』ということです。
女性の生理周期が月の周期とほとんど変わらないことはご存知の方も多いでしょう。

では、その『月の満ち欠けのサイクル』とは、
一体どういうものなのでしょうか?

月の満ち欠けは、太陽と地球、月の位置が関係しています。
地球から見て、月に太陽の反射光がどのように当たるかで、
「新月」→「上弦(じょうげん)の月」→「満月」→「下弦(かげん)の月」
と、その姿を刻々と変えていくのです。
新月や満月の時はもちろんのこと、月が満ちていく時、欠けていく時…
エネルギーはかなり違います。
そのエネルギーの違いは、人間にさまざまな影響を与えています。

例えば満月の時は、
地球側から見ると、地球が月と太陽の間に入って両方から引っ張られる状態です。
宇宙エネルギーが高まり、よくも悪くも人間の想念のエネルギーも強まるため、
気持ちが高ぶり、不安定になる人が多いといわれ、
犯罪や事故が増えると言うデータがあります。
そして、満月の時は、地中のマグマも大きく引っ張られるため、
それが地震の原因になるといわれています。
また、満月や新月の日に出産が多いというデータもあり、
満月の日に海岸に上がって産卵するウミガメや、
海中でいっせいに産卵するサンゴの話はご存知の方も多いと思います。

では、月の位置が及ぼす影響を見ていきましょう。
月は、満月から次の満月まで、大きく弧を描きながら地球の周りをひとめぐりします。

 

≪月の満ち欠けのサイクル≫

【新月】(月齢0)

月の満ち欠けサイクルの初日に当たり、太陽・地球・月が一直線に並ぶ日です。
太陽と月の黄経差が0度となり、目に見えない状態になります。

新月は、美しいエネルギーに満ちあふれており、
意思と心が一致しやすい時でもあるといわれています。
何かをスタートするのに最適な始まりの時期です。
また、「浄化」「解毒」作用も強いので、自分自身を見つめ直し、
自分の本質に戻るために何かをリセットしたり、
本当にやりたいことを計画したりするのにもいい時です。

【上弦の月(満ちていく月)】(満月へと向かう14日間)

月が次第に丸みを帯びていく時です。

満ちていく月は、「補給」「摂取」「保護」「休養」などの作用があり、
いろいろなものを吸収してエネルギーを蓄える時です。
身体が栄養を吸収しやすくなっていますので、体重が増えやすい時でもあります。
満月に近づけば近づくほど、その作用は高まりますので、
この期間はとくに、食べ過ぎに気をつけ、
バランスの取れた質のよいものを摂るようにしましょう。

【満月】(月齢15)

新月から始まったサイクルのエネルギーが最高潮に達し、サイクルの終わりを迎えます。
月が太陽から最も遠い位置で地球に面している時で、
この時、月は、太陽の引力圏の内側に引き寄せられて地球に最も近くなります。

宇宙からのエネルギーがとても高まる時で、
新月から始めたことや願い事が達成される時といわれています。
エネルギーがすべて増幅され、人間の想念も増幅されますので、
満月の頃は、自分の想念をプラスで満たし、
マイナスの方向にひっぱられないよう気をつけましょう。

【下弦の月(欠けていく月)】(満月から新月までの14日間)

月が次第に細くなっていく時です。

欠けていく月は、「解毒」「発散」「洗浄」などのデトックス作用があり、
新月に近づけば近づくほどその力は強まります。
心身に溜まったものを浄化するのに最適な時です。

上記からもわかるように、新月から徐々に満ちていく月は、
色々なものを吸収してエネルギーを溜め込み、保護します。
反対に、満月から徐々に欠けていく月は、
色々なものを解毒したり、浄化したりしてエネルギーを放出します。

このサイクルのことを昔の人はよく知っていました。

現在の暦は『太陽暦』で、地球が太陽の周りを回る周期をもとにして作られていますが、
昔の人たちは、月の満ち欠けの周期と連動した暦である
『太陰太陽暦(旧暦)』にもとづいて生活し、このサイクルを生活に活かしていたのです。

 

イメージ

特に、漁師や農業に携わる人たちは、
月の動きにあわせて漁をしたり、
種をまいて収穫したりしていたといわれます。
日本では、明治時代の初期まで旧暦を使っていて、
その名残りから、今でも旧正月や旧盆に合わせて
さまざまな行事が各地で催され、
地域によっては今も農作業や漁に、
月の暦が利用されています。
月のサイクルで考えられた有機農法は、
「高品質の作物を生み出すもの」として
注目を浴びているそうです。

また、一説によると、かのクレオパトラも
『月光浴』で薬草油の美容法の効果を高めたり、
精神統一を図ったといわれています。


つまり、大昔から、その神秘的な月のエネルギーは
日々のあらゆる場面で活用されていたということですね。
昔の人たちは、いつも空を眺め、月とともに過ごし、
月のリズムを自分たちも含めた生物全体のリズムとして捉えていたのでしょう。
それは、知識として知っていたというより、
自分の身体やエネルギーで感じたり捉えたりしていたのではないかと思います。
その当時は、それが「当たり前のこと」だったのでしょう。

でも、その「当たり前のこと」が、
文明の発展や科学の進歩とともにできなくなっていきました。
私たち人間は、いつの間にか『月のリズム』を感じなくなり、
それに添わないような慌ただしい生活を送るようになっていったのです。
『月のリズム』を感じるどころか、空を見ない生活を送ることが当たり前になっています。

現代人がストレスを自分の中に溜めがちになり、
心身ともにバランスを崩しがちになっているのは、
まさに、この「本来のリズムを失っている」ということが
ひとつの大きな理由ではないかと思います。

それでは次に、そんな私たち現代人におすすめの
月をじっくり見て感じる『月光浴』の方法をお伝えします。
『月光浴』とは、「月を眺めて月のエネルギーをたっぷり浴びる」
という、とってもシンプルなもの。
シンプルながら、自分の内面を整え、
自分のリズムを取り戻すのにもっとも効果的な方法だと思います。

『月光浴』は、月がしっかり見られる空の時に
月の光を浴びることができる場所で、静かに行なって下さい。
寒暖が気になると、頭を空っぽにすることが難しくなるので、
身につける衣服をご自身で調節して下さいね。
いつもより深い呼吸をしながら、しっかり月のエネルギーを受け取り、
自分の中に取り入れるようにしましょう。

まずは、月がどの位置にある時にも適している基本の月光浴です。

≪基本の月光浴≫

  1. 可能であれば、部屋を暗くして、
    月明かりが部屋に入ってくるようにします。

  2. 椅子に座っても、横になってもかまいません。
    できるだけ楽な姿勢で、何度か深呼吸をします。

  3. 空に浮かぶ月を見つめます。
    できるだけ頭を空っぽにしながら、じっくり眺めます。
    深い呼吸を続けながら、しばらく眺めていると
    月のエネルギーが自分に入ってくるのを感じるでしょう。

  4. 両手を広げて月のエネルギーを全身で感じて下さい。
    美しい月のエネルギーを自分のオーラと身体の中に
    たっぷり取り入れ、受け取るようなイメージをします。

  5. 手を降ろし、自分のオーラや肉体の中にある不必要なエネルギーが
    月のエネルギーによって浄化されるのを感じます。

  6. 次に、ゆっくりゆっくり時間をかけて、
    自分のすべてが美しい月のエネルギーでいっぱいになるのを感じます。

  7. 自分自身が月のエネルギーで満たされたと感じたら、
    一度大きく深呼吸をし、終了します。

特に決まりごとがあるわけではないので、好きにアレンジしてもOKです。
例えば、月光浴をしている時に、自分のいる地球と月、太陽の位置関係を
頭の中でイメージしてみてもいいでしょう。
「宇宙の中の自分」という存在が立体的に感じられるかもしれません。

次に、この基本の月光浴に月のサイクルを組み合わせてみます。
この月のサイクルに関しては、カレンダーや本も出ていますが、
インターネットで「月齢カレンダー」を検索すると
いくつか出てきますので、参考にしてみて下さい。
いずれも、新月と満月の日と前後2日間くらいが一番エネルギーが強い時です。

「月齢カレンダー」
  ↓  ↓  ↓
http://www.astroarts.co.jp/phenomena/moon/moon-calendar.pl
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm

【新月の時の月光浴】

本当にやりたいことを計画したり、
新たなことをスタートしたりするのに適している時。
≪基本の月光浴≫の4.の時に、
「なりたい自分」「夢」「願望」を強く思い描きます。
そして、実際にそれが叶っているさまをイメージしながら、
月のエネルギーを自分の中に取り込むといいでしょう。

【新月から満ちていく時の月光浴】

新月の時に始めた新しいことが軌道に乗る時。
新月の時の月光浴のやり方でもかまいません。
また、≪基本の月光浴≫の4.の時に、
その新しいことが軌道に乗っているイメージを
持ちながら、月のエネルギーを取り入れてもよいでしょう。

【満月の時の月光浴】

エネルギーが増幅される時。引き寄せパワーが高まる時。
新月の時にスタートしたことや思い描いたことが達成される時。
≪基本の月光浴≫の4.の時に、実現したことに感謝しながら、
最大限プラスのイメージを思い描きます。

【満月から新月へ月が欠けていく時の月光浴】

浄化の時。
≪基本の月光浴≫の5.の時に、捨てたい感情や想念を思い浮かべ、
取り入れた月のエネルギーでそれらが浄化していくさまを思い浮かべます。
時間がかかっても、すっかり浄化できたと感じたら、6.に移ります。

是非、上記を参考にしながら、
月のサイクルの合わせた月光浴もお試し下さい。
ただし、その夜の月がどういう月かわからなかったら、
≪基本の月光浴≫を行ないましょう。

次に、月の光を浴びながら、時間をかけて瞑想する方法です。
普段から瞑想する習慣のある方は、ご自分のやり方でいいのですが、
ここでは、頭をからっぽにして感覚にフォーカスしやすい瞑想法をご紹介します。
満月や新月の時は、エネルギーが高まっているので、
瞑想に入りやすいかもしれませんが、
月がどんな位置にある時でもかまいません。

  1. 月明かりが入る部屋で、椅子にゆったりと座ります。
    一度深呼吸をし、月を眺めます。

  2. 月を目の奥に焼きつけたら、軽く目を閉じます。
    (そのまま月を見たい場合は、半目にします。)

  3. 丹田(おへその5〜6cm下)に意識を持ってきます。
    この時、自然な呼吸を続けましょう。

  4. 月のエネルギーを感じながら、意識を軽く鼻の頭に向けます。
    鼻から下を意識し、身体の感覚にフォーカスします。
    感覚を意識することで、容易に頭を空っぽにすることができるでしょう。

  5. そのまま感覚に耳を傾け、ゆっくりゆっくり瞑想に入ります。

  6. 降り注いでいる月のエネルギーと 自分自身が融合する感覚を味わいます。
    また、身体の中に入り込む月のエネルギーを感じて味わうのもいいでしょう。
    好きなように楽しんで下さい。

  7. 十分感じ、味わったら、最初のように丹田を意識します。
    一度大きく深呼吸をし、終了します。

さあ、『月光浴』、そして『月明かりのもとでの瞑想』はいかがでしたか?

時間がなく、月光浴や瞑想ができない場合は、
月明かりの中を歩きながら眺めるだけでもOKです。
“月”は、パワフルに私たちの心身に働きかけてくれますから、
その際も、月のエネルギーが自分に燦々と降り注いでいるように
イメージしながら歩いてみるといいでしょう。
是非、“月”という存在を意識しながら、生活してみていただきたいと思います。

そして、最後に・・・
もうひとつ感じていることがあります。

『“月”を見てリズムを取り戻す』ということは、
現代人が忘れかけている「感じる力」を思い出すことでもあると思います。
「感じる」というのは、
「見えないものを感じて受け取る」ということ。
本来、これも人間の能力として自然と備わっていることです。

 

そして、『こころ』も見えないものですね。
人間の『こころ』はもちろんのこと、
木々や花や大地などの大自然の『こころ』、
また、その中で生きる動物や
虫たちの『こころ』・・・
同じ地球に生きるものとして、
大切な『こころ』をひとりひとりが感じとり、
それを思いやることができれば・・・
誰もが今よりは少し居心地がよく、
笑顔が多い世の中になるのではないかなぁ…
なんて思います。



さあ、皆さまも今日から『月光浴』を楽しんでみませんか?

 

<参考文献>
・月の癒し ヨハンナ・パウンガー著
・エンジェルダイアリー天使のサイン2010  ドリーン・バーチュー著
・光のヒーリングとセラピー ロジャー・コッグヒル著
・聴くだけで夢がかなう「月の瞑想」CDブック  観月環著
・オーラ・レッスン 寺尾夫美子著
TOP
 
copyright(c) since 2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.