mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2009年11月 チャクラとアロマの香り

冷たい北風が肌や身体に凍み、冬の訪れを間近に感じる季節となりました。
皆さま、いかがお過ごしですか?
身も心も、寒さで縮こまりがちになっていませんか?
私も寒いのが苦手なので、冬は得意な方ではありません^^;

でも、お家の中でお鍋をみんなでつついたり、
こたつに入ってホクホクとみかんを食べたりするのは大好きですし、
あともう少しで今年も終わるね〜なんていいながら
カレンダーをめくったり…なんていうのも、意外と好きなんですよね。

そう考えると…
ん?この季節も楽しいかも…?
なんて思ったりします。

そう、その時期にしかできないことは
ありますものね。
そういうことを楽しみつつたくさんしながら、
身も心もホットでいたいものです。

といって、朝・晩はかなり冷え込み、
空気も乾燥していますので、
どうぞ、首周りやおなかなどを温かくし、
お部屋の中は加湿をするようにして
体調を崩さないようにお過ごし下さいね。

イメージ



さて、今回のNaturalbeauty&healing情報のテーマは、
『チャクラとアロマの香り』です。

“アロマの香り”が
身体の内外の“チャクラ”を活性化するのを
サポートしてくれることは以前にも少し触れたと思いますが、
今回はその部分にスポットを当て、
『チャクラとアロマの香り』について、現在私が感じていることを
お伝えしていきたいと思います。

さて、その前に“チャクラ”とは何か・・・
この情報でも随分書いていますので、ご存知の方も多いと思いますが、
初めてご覧になる方もいらっしゃると思いますので、
ここでもう一度おさらいをしておきますね。

“チャクラ”とは、サンスクリット語で“車輪”を意味する言葉です。
私達の身体の中には、エネルギーが流れていて、
そのエネルギーの通り道のあるスポットを“チャクラ”といいます。

身体には、宇宙からのエネルギーを頭頂部から取り入れ、
第1チャクラ(尾骨のあたり)や足の裏から地球へと降ろしていくエネルギーと
地球のエネルギーを足の裏や第1チャクラから取り入れ、
頭頂部から宇宙へと解き放つエネルギーの両方があり、それらが回転しながら流れていますが、
この身体の中を流れるエネルギーの通り道の
随所随所にある“駅”のようなものが“チャクラ”です。
つまり、私達のエネルギーは、この“チャクラ”を通って行き来をしているということです。

“チャクラ”は身体の中に数多く存在しますが、
主要なものは背骨にそって7つあります。
その7つのチャクラがバランスよく開き、
活発に活動していると、私達は精神的にも肉体的にも調子がよい状態になり、
生きることが心地よく感じられるようになります。
また、頭頂部より上にもいくつかのチャクラが存在し、
これらのチャクラが開くことによって高次元の自分の側面とつながり、意識が拡大し、
幸せに満ち溢れた叡智を実感することができるようになるといわれています。

ですが、誰しも身体のどこかに弱いところがあるように、
チャクラにも活性化しているところとそうでないところがあり、それはひとりひとり違います。
なぜなら、チャクラの状態はその人の“クセ”のようなものが深く関係しているからです。

その“クセ”というのは、
その人自身の思いグセであったり、とらわれている概念であったり、
トラウマ(自分の思いグセから作ったものを含め)のようなものであったり・・・
“ネガティブなパターン”とでもいいましょうか、そういうものです。

ひとつひとつのチャクラに、私たちのテーマ(課題)のようなものがありますが、
その“ネガティブなパターン”があるために、そのテーマに問題が生じてしまったりします。
そして、その結果、チャクラが閉じ気味になったり、バランスよく働かなくなったりするのです。
どこかのチャクラにブロックが起きると、
その部分のチャクラの働きが弱まるので、エネルギーがうまく流れなくなり、
関係する臓器や内分泌腺、神経などへの
エネルギーの出入りも悪くなり、心身にも不調が生じます。
つまり、今の身体と心の状態も、チャクラの状態が密接に関係しているということです。

イメージ

もちろん、チャクラの状態は、
一生変わらないというわけではありません。
一過性の状態であれば、
すぐに変化が起きる場合もありますし、
そうでない場合も、
時期やタイミングによって
変化していくものだと思います。

ただ、それにはまず、
チャクラを活性化できない大きな理由である
“ネガティブなパターン”が 自分の中にあることに
気がつくことが必要になるでしょう。
気がつかないうちは、ブロックがあるチャクラを
真に活性化することは難しいことだと思います。
そこで、いつもお伝えしていることですが、
まずは、『自分をじっくり顧みること』が大切ですね。

そして、ご自身を振り返りながら、
是非、活性化していないチャクラを自分で探ってみて下さい。
それは、自分のエネルギーが特定の箇所でつかえている感じがするところ、
また、身体の中でもっとも冷えているところ…
身体の弱い部分とリンクしている場合が多いので、意外と見つけやすいと思います。

その際、先ほど書いたチャクラのテーマを考えながら
探ってみるとよりわかりやすいと思いますので、
以下のチャクラの情報を参考にしながら、じっくり探ってみて下さいね。

「2008年12月 “チャクラ”に取り組もう(まとめ編)」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0812.html
「2009年8月 7つのチャクラ以外の大切なチャクラ」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0908.html


イメージ

そして、今回の本題に入りますが、
ご自身のチャクラの状態を探ったり、
チャクラを活性化するのに、
是非、『アロマの精油』を
味方にして いただきたいと思います。

今までもお話してきましたが、
アロマの精油というのは、
植物の花・葉・果皮・樹皮・根・種子・樹脂などから
抽出したもので、
有効成分がぎゅっと凝縮された芳香物質です。

嗅覚から脳に伝わったアロマの香りが、
すばやく身体の生理反応や心に影響を与えたり、
鼻・皮膚・肺などから有効成分が入り、
全身にプラスの影響を与えたりする
理学的な作用があるということは、
ご存知の方も多いと思います。


ですが、今回、お伝えしたいのは、“精油のさらなる魅力”の部分です。
それは、精油が肉体や精神だけでなく、
私達の『サトルボディ(※)にも大きく影響を与えてくれている』ということです。
(※肉体ととも存在するエネルギー体のこと。)

これは、精油の有効成分が…というより、精油の“香りの波動”の働きであると感じます。
例えば、フラワーエッセンスは、植物(花)の波動を転写したもので、
人間の肉体面ではなく、感情面に働きかけるものですが、
それと同じように、アロマの精油にも美しい波動があり、
その波動が、チャクラやエネルギー、または魂レベルにまでしっかり働きかけ、
開放へと導く手助けをしてくれているのではないかと感じるのです。

といって、そういう私も、そのことを強く感じるようになったのは
この1〜2年くらいです。
こんなに素敵なことをなぜ感じなかったかといえば…
それは、それまでアロマテラピーを頭で捉えていたからだと思います。

精油は、純粋な“波動”であること。
そして、精油を五感や六感で感じること、
エネルギーレベルで感じることの大切さ・・・
これを忘れかけていたように思います。

もちろん、身体や心に与える化学的な役割の効能をなくして
精油を語ることはできません。
でも、それと同じように、サトルボディに働きかける役割をはずしては
精油は語れないと、今は思います。

それを思い出すきっかけは、単純なことでした。
『アロマの精油からのメッセージ』のようなものを
自分の六感で感じたのです。
そして、忘れかけていたことを思い出しました。

それ以来、私が行なっているレイキヒーリングの際の
チャクラワークにも、
お身体に触れないオーラマッサージにも、
精油の波動が強い味方になってくれていることを
実感しています。

それからは、アロマの精油選びも、
精油の化学的役割を考える以上に、
五感や六感で感じることを大切にしようと
思うようになりました。
その日、直観で「心地よい香り」と感じる精油は、
サトルレベルで共鳴し、その人にメッセージがある
精油だと思いますから・・・。

イメージ


そして、前述したように、
ご自分でご自身のチャクラを開き、活性化するのにも
是非、精油を使っていただきたいと思うわけです。

では、ここで、私が現在感じている
『各チャクラに働きかける精油』を書いてみたいと思います。
元の植物の色や形、育つ環境、
精油の色や抽出部位などが関係している共鳴するチャクラを探すヒントになりますが、
人それぞれ感じ方は様々ですから、これだけが正解ということではありません。
メーカーによっても感じ方が違うので、私もまだ探求中です。
とらわれず、是非、ご自身の嗅覚を大いに使って下さい。
ただ、何を使っていいかわからないという方は、参考にしてみて下さいね。

これらの精油の使い方は、ご自身がいつも使っているやり方でかまいません。
お部屋に焚いてもいいですし、セルフマッサージに使ってもよいと思います。
一番簡単なのは、ホホバオイルなどの植物油に精油を数滴入れ、1%くらいの濃度に希釈して
各チャクラのつながりがある身体の箇所に塗布してみるとよいと思います。
是非、塗布した時の感覚もしっかり五感で感じて下さい。




<第1チャクラ>

チャクラ
    脊椎の基底部あたりに位置し、
    生存・生命力、現実社会への根づき・意欲、安定などを司る根源的なチャクラ。

  • 対応する色…赤色
  • 働きかける精油…パチュリ、シダーウッド、ローズウッド、ベヂバー、ミルラなど。
  • 身体とのつながり…脚・脊椎・骨・膀胱・副腎・直腸など。



<第2チャクラ>

    おへその5〜6cm下のあたりに位置し、
    創造力やセクシュアリティ、1対1の人間関係、
    男性性と女性性のバランスなどを司るチャクラ。

  • 対応する色…オレンジ色(朱色)
  • 働きかける精油…ローズ、ジャスミン、イランイラン、サンダルウッドなど。
  • 身体とのつながり…泌尿器系(腎臓・膀胱)・生殖器系・リンパ系・循環器系(一部)・大腸・腰など。



<第3チャクラ>

    太陽神経叢(みぞおち部分)あたりに位置し、
    自尊心、自分自身のアイデンティティの確立、感情面などを司るチャクラ。

  • 対応する色…黄色
  • 働きかける精油…ジュニパー、レモン、グレープフルーツ、ラベンダー、ベヂバーなど。
  • 身体とのつながり…胃・小腸・肝臓・胆嚢・脾臓・すい臓など。



<第4チャクラ>

    心臓のところ・胸の中心部に位置し、
    人間の普遍的なテーマである“無償の愛”、調和を司る大切なチャクラ。

  • 対応する色…グリーン色、ピンク色
  • 働きかける精油…ラベンダー、ジャスミン、ローズ、ベルガモット、マンダリンなど。
  • 身体とのつながり…心臓、循環器系、胸腺、肺、乳房、肩、両腕、両手など。



<第5チャクラ>

    首の付け根、喉仏の少し下あたりに位置し、
    意志、自己表現、他人や自分とのコミュニケーションを司るチャクラ。

  • 対応する色……青色
  • 働きかける精油…カモミール、ユーカリ、サンダルウッド、ミルラなど。
  • 身体とのつながり…喉、甲状腺、副甲状腺、気管、食道、首、口、顎、歯、耳など。



<第6チャクラ>

    おでこの真ん中、眉間の少し上あたりに位置し、
    気づき、直観力、智慧、目に見えないものを見る力を司る「第3の目」と言われるチャクラ。

  • 対応する色……藍色、または紫色
  • 働きかける精油…ローズマリー、ペパーミント、ジュニパーなど。
  • 身体とのつながり…脳・神経系・脳下垂体・松果体そして、目・鼻・耳など。



<第7チャクラ>

    頭頂の真ん中に位置し、
    霊性とのつながり、人生の目的を実感するチャクラ。

  • 対応する色……紫色、または白色
  • 働きかける精油…ジャスミン、ローズ、ネロリ、ラベンダー、フランキンセンス、ローズウッドなど。
  • 身体とのつながり…脳幹、脊髄、神経系、松果体など。



<第8チャクラ以上>

    頭頂より上に位置し、
    自分の高次元の神聖な側面とつながり、幸せに満ち溢れた叡智を実感するチャクラ。

  • 働きかける精油…ネロリ、ラベンダー、フランキンセンスなど。



そして、どのチャクラを整えるのにも使うことができると感じるのは、
“ラベンダー”です。ラベンダーは本当に万能ですね。
どのチャクラが滞っているか迷ったら、是非、ラベンダーを使ってみて下さい。
イメージ
また、フランキンセンス、サンダルウッド、シダーウッド、ローズウッドは
上位と下位のチャクラに働き、エネルギーを上から下へ、
下から上へと通す役割があるように感じます。
私は、これらの精油をお客様へのトリートメントにも自分にもよく使います。

以上、参考にしていただけたら嬉しいです。

さて、最後に・・・
アロマを語る時に忘れてはいけない『嗅覚』について
少し触れておきたいと思います。
視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚という五感の中で、
香りを嗅ぐ『嗅覚』だけが“本能に根ざしている”といわれます。
それは、嗅覚だけが脳の情報伝達経路が違い、
本能や情動と深く結びついた場に
直接働きかけるところからそういわれ、
それゆえ、アロマテラピーの心身への働きかけも大きいといわれています。

イメージ

ですが、嗅覚には、もっと深い…
さらなる力があるような気がしています。
それは、たぶん、目に見えない
高次元の世界とつながるのを
思い出させてくれるような力です。

私たちは、頭で考えることに慣れてしまっていて、
自分の五感・六感で感じることや
目に見えない世界とのつながりを感じることを
忘れているようなところがありますよね。

でも、今の時代は、
その感覚を思い出すことがひとりひとりにとって
大切なことなのだろうと思いますし、
また、可能なことなのだろうと思います。

…といって、それを思い出すことが最終目的なのではなく、
見えない世界とのつながりを感じながら、その感覚を活かし、
『今をしっかり生きること』が目的です。

そう考えると、アロマの精油も、
嗅覚を使って、その大切な感覚を思い出すためのツールでも
あるのかもしれません。
是非、自然からの贈り物である“香りの波動”で
チャクラの状態を整え、活性化していきながら、
ご自身の奥深くに眠っている感覚も呼び覚ましていただきたいと思います。

今回のテーマに関しては、
私自身これからも探求していき、
こちらの情報で取り上げていきたいと思っています。

是非、お楽しみに♪

<参考文献>
・サトルアロマテラピー パトリシア・デーヴィス著
・7つのチャクラ キャロライン・メイス著
・アロマテラピーの教科書 和田文緒著
・スピリチュアルアロマテラピー入門 吉田節子著
・香りでナチュラル・アセンション  原田瞳著
・宇宙を味方につけるとっておきの方法  松下仁美著
・アロマテラピーの事典  林真一郎著

 

TOP
 
copyright(c) since 2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.