mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2009年10月 “レイキ”について その2

日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、皆さま、いかがお過ごしですか?
急に寒くなったので、体調を崩したりしていませんか?

イメージ

このところ、新型インフルエンザも
流行っていますので、
どうぞ、手洗い・うがいは欠かさず、
免疫力を高めるために
睡眠はしっかりとるなどして
ご自身の体調には気をつけて下さいね。

さて、今回は前回に引き続き、
“レイキ”についてのお話です。

前回、「レイキとは何か?」ということを
お伝えしてきましたが、
今回は、実際に私がレイキを行っていて
手に感じることや
レイキを使ったチャクラのバランスの
とり方などをお伝えしていきたいと思います。



前回、お話したように、レイキヒーリングでは、まず送り手の身体に宇宙エネルギーを取り入れ、
それをそのエネルギーを必要としている受け手へ送ります。
基本的には7つのチャクラ(エネルギーが通るスポット)を中心に
全身で12〜16ポジションに手を置いて(もしくはかざして)いきますが、
受け手の身体や心の状態によって、
必要なところに必要なだけのエネルギーが自然と引き寄せられていくのを感じるので、
ポジション以外のところも含め、それに従って手を置いていきます。

そして、身体に手をあてていくと、
その箇所・その箇所によって
「手に伝わってくるものが違う」
ということを感じます。
ある箇所に手を置くと急激に熱さを感じたり、
違う箇所では冷たく感じたり、
ピリピリ・ビリビリ感じたり、
チクッと感じたり…
その感じ方も度合いも様々です。

これは、身体からの…いえ、
心や魂など深いところも含め、
その方全体からの “不調のサイン”であることに
気がつきます。

イメージ


レイキでは、これを「不調な箇所やバランスが崩れている部分から発しているマイナスの波動」
という意味の“病腺”と呼んでいますが、
“病腺”というと医者が行う病気の診断と類似している言葉なので、
ここでは“サイン”と表現させていただきます。

私が手で感じる“サイン”は、
『熱さ(熱感)』『冷たさ・何も感じない』『ピリピリ感・チクチク感』『痛み』などが
主なもので、レイキヒーリングを行う上で、これらの“サイン”は重要になります。
このサインにより肉体の組織や器官はもちろんのこと、チャクラの状態を感じていきます。

まず、その箇所に手をあてて感じる『熱さ(熱感)』は“治癒反応の始まり”だと感じます。
それは、不調箇所がレイキのエネルギーを受けると、
その部分の細胞や組織、器官が活動をはじめ、温度が上昇するためです。


つまり、熱さを感じるところは、
その箇所に何かしらの不調があるということですが、
レイキのエネルギーが送られることによって、
バランスを取り戻す反応が始まった状態です。
それは、チャクラに関しても同じで、
熱さを感じるところは、チャクラは開いているのに、
エネルギーがうまく流れていない状態にあるようです。
レイキを送ることによって
その状態が徐々に変化していきます。

そして、この『熱さ(熱感)』には二通りあります。
それは、急速に熱くなる場合と
時間をかけて熱くなる場合です。

イメージ


手を当てて急速に熱くなる場合は、問題の根が浅い場合が多いようで、
変化も早く起き、普通の温度になるのも早いです。
逆に、熱くなるまでに時間がかかる場合は、古くから抱えている問題や
ご本人が自分の中に押さえ込んでいる問題などが関係している場合があるようです。

次に、『冷たさ』を感じる箇所や『何も感じない』箇所は、
血流やエネルギーのめぐりが悪くなっていることや古い傷がある場合が多く、
普通より長めにレイキを送ることで、徐々に血流がよくなり、
エネルギーが流れるようになり、感じ方も変わっています。
また、チャクラの開き具合が悪かったり、無意識にチャクラが閉じられていたり、
流れるエネルギー量が極端に少なかったりする場合にも
冷たさや何も感じないというサインを受け取ることが多いと感じます。

さらに、『ピリピリ感・チクチク感』を感じる箇所は
熱さを感じるよりよくない場合が多いと思います。
もちろん、その程度にもよりますが、
強いピリピリ感は、肉体的な病気になる一歩手前であったり、
実際に何らかの病気の診断をされた箇所であったりします。
また、心の面でも人との関係に恐れや不安感が強い場合は、
とくに背中側のハートのチャクラ周辺に、
また、トラウマのような衝撃を浄化できていない場合は
頭部のチャクラに、驚くほどの強いピリピリ感を感じることがあります。
つまり、チャクラがよい状態で開いていなく、
そこを流れるエネルギーにも滞りが生じている状態です。

そして、私の手に『痛み』を感じる箇所は、
ピリピリ感よりさらによくない状態だと思います。
身体の痛み、心の痛み、浄化されずにチャクラに残った痛み・・・
手をあてていると、その人の深いところにある痛みが訴えかけているように感じます。
それを普通の状態にするには、多くの時間、回数を要したり、
もしくは、医師の力が必要な場合もあるでしょう。

これらが、現在、私が手で感じている“不調のサイン”の主なものですが、
その他、言葉では表現できないようなサインを感じる時もあります。

レイキヒーリングの際には、その箇所・箇所で発しているサインを手で感じ取り、
何らかの変化が起きるまで手を置いておきますが、
どんなに長い時間手をあてていても、変化が起きにくい場合があります。
それは、その不調の状態や原因の根の深さや複雑さに関係していると思われます。
また、このようなサインは、一度は消えてもまた出てくる場合があり、
その部分とは、根気強く付き合うことが必要となります。

イメージ

こういったことも含め、サロンではレイキヒーリング終了後、
お客様の同意の上、私が感じたことを
フィードバックさせていただいていますが、
それは、ご自身を振り返るきっかけにしていただきたいな…
と思うからです。
自分のことはわかっているようで、意外とわからないものです。

忙しい毎日を送っていると、
ついつい自分のことは二の次になりがちで、
今の状態やサインに気がつかないでいることも多いのです。
それをそのままにしていると、
いずれ、身体の病や心の病となって表に現われてしまいます。

ですから、まず自分を振り返ることはとても大切なことです。
そして、それを是非、レイキの目的である
『自分自身でバランスを整える力を高めていくこと』に
つなげていただければ…と思います。



さて次に、『レイキを使ってチャクラのバランスを整える方法』を
お伝えしていきます。

先ほどから何度も出てきている“チャクラ”とは、
これまでも随分お話してきましたので、ご存知の方も多いと思いますが、
“身体の中に流れるエネルギーが特に集中しているエネルギー・センター”のことです。
チャクラのエネルギーの流れにブロックが生じると、
心や身体、魂のバランスが崩れ、それを放っておくと、
やはり身体の病・心の病となって現れる可能性があります。
身体の中には多くのチャクラがありますが、
主要なものは、背骨にそって7つあり、レイキもこのチャクラをたどっていきます。

そして、ここで大切なことは、
ひとつひとつのチャクラは単独で成り立っているわけではなく、
『互いに影響をしあっている』ということです。
そこで、特に影響しあっている2つのチャクラに同時に手をあて、
バランスを整えていく方法をお伝えしたいと思うのです。
両方に手を当てることによって調和がスムーズに行われます。

ここでは、レイキを使ってチャクラのバランスを整える2つの方法をご紹介します。
ひとつは、互いに強く影響しあっているチャクラを調整し、バランスを整える方法、
もうひとつは、一方の手を第1チャクラか第6チャクラに置き、バランスを整える方法です。
(レイキを使って…としましたが、チャクラバランスを整える方法は
レイキをやっている人しかできないということでもありません。
是非、レイキをやっている方にもそうでない方にも参考にしていただきたいと思います。)

では、早速、その方法をご紹介していきたいと思いますが、
その前に、まずはオーラ・トリートメント(オーラをなでて整える方法)で
受け手のオーラを整えていきましょう。
これは、レイキだけでなく、あらゆるトリートメントの前で行うとよいと思います。
“オーラ”とは、身体を取り巻くエネルギーフィールドのこと。
オーラは病気や事故、感情的トラウマなどが影響し、
心身的治癒が起こってからも、かなり後までその影響がオーラ内に残ります。
そこで、まずはオーラを整え、調和する準備を行ってから、チャクラのバランス調整に入ります。

<1. 互いに強く影響しあっているチャクラを調整し、バランスを整える方法>


  1. オーラ・トリートメント(オーリック・マッサージ)を行います。

    受け手に仰向けに横になってもらい、
    身体から少し手を離し(その人のエネルギーが感じられるくらいの高さにします)、
    頭からつま先まで円を描くように手を動かしていきます。
    これを3回行います。

  2. 第1チャクラと第6チャクラを調和します。

    それでは、2つのチャクラを調和していきましょう。
    まず、片手を第1チャクラ(身体前側のベースチャクラ)に、
    もう一方を第6チャクラ(額のチャクラ)に置きます。
    そして、両方のチャクラのエネルギーの質が同じになったと感じるまで
    手を置いたままにします。
    通常、これには2分以上かかります。
    両手を当てた箇所は、温度差を感じたり、片方だけにピリピリ感があったり、
    2つの手に感じる感覚が違うでしょう。
    それが、同じになるまで続けます。

  3. 第2チャクラと第5チャクラを調和します。

    次に、片手を第2(おへそから5〜6cm下のチャクラ)チャクラに、
    もう一方の手を第5チャクラ(喉のチャクラ)に置きます。
    2つのチャクラのエネルギーの質が同じになったと感じるまで
    手を置いたままにします。

  4. 第3チャクラと第4チャクラを調和します。

    片手を第3チャクラ(みぞおちのチャクラ)に、
    もう一方の手を第4チャクラ(心臓のチャクラ)に置きます。
    2つのチャクラのエネルギーの質が同じになったと感じるまで
    手を置いたままにします。

    ※上記のチャクラ同士は、非常に関係が深いため、まずは行ってください。
     その他、時間がある場合は、 第3チャクラと第6チャクラ、
     第1チャクラと第4チャクラ、第2チャクラと第4チャクラの
     組み合わせもあわせて整えるといいでしょう。

  5. グラウンディングします。

    グラウンディングしていきます。
    4の後、第2チャクラ→第1チャクラと手をあて、
    太もも→膝→足首と手をあてながら移動し、最後に両手を足の裏にあて、
    すべてのチャクラをグランディングさせるようイメージします。

  6. オーラ・トリートメントを行います。
    イメージ
    最後にもう一度、オーラを整えます。
    1と同じように、頭からつま先まで円を描くように手を動かしていきます。
    これを3回行い、終了です。

<2. 一方の手を第1チャクラか第6チャクラに置き、バランスを整える方法>


  1. オーラ・トリートメントを行います。

    上記のように、まずはオーラを整えます。

  2. 一方の手を第1チャクラに置き、もう一方の手を第6チャクラに置きます。

    両方のチャクラから感じられるエネルギーが同じになるまでそのままにしておきます。

  3. 2で第6チャクラに置いていた手を第5チャクラに置き、
    同じく、エネルギーが同じになるまでそのまま手を置いておきます。

  4. 第5チャクラに置いている手を第4チャクラに移動させ、後は同じようにします。

  5. 第4チャクラに置いている手を第3チャクラに移動させ、後は同じようにします。

  6. 第3チャクラに置いている手を第2チャクラに移動させ、後は同じようにします。

    ※同じように一方の手を第6チャクラに置いて、もう一方の手を
     第1チャクラ→第2チャクラ→第3チャクラ→第4チャクラ→第5チャクラと移動させ、
     チャクラのバランスを整えていきます。
     これを順番に行うことによって、
     各チャクラだけでなく、下半身と上半身のエネルギー量の
     バランスも整えていきます。
     グラウンディングができていないと感じる場合、下半身が冷たい場合、
     また、頭で考えすぎていて頭部にエネルギーが集まりすぎていると
     感じる場合などによいでしょう。

  7. グラウンディングします。

    6の後、第2チャクラ→第1チャクラと手をあて、
    太もも→膝→足首と手をあてながら移動し、最後に両手を足の裏にあて、
    すべてのチャクラをグランディングさせるようイメージします。

  8. オーラ・トリートメントを行います。

    最後にもう一度、オーラを整えます。
    1と同じように、頭からつま先まで円を描くように手を動かしていきます。
    これを3回行い、終了です。
以上、『レイキを使ってチャクラのバランスを整える方法』をお伝えしました。

それから、
実際にレイキを行うことができるようになる儀式=『アチューンメント』についてと
レイキを行う際使う『シンボル』と『マントラ』について、
少し触れておきたいと思います。

 

まず、『アチューンメント』についてですが、
これは、レイキを学ぶ上での大切な通過儀式であり、
レイキティーチャー(マスター)と
学ぶ者との間で交わされる
神聖な儀式と考えられています。
『アチューンメント』とは、
ラジオや楽器の「チューニング」と同類語で、
宇宙エネルギーと波長を合わせ、
そのエネルギーを受信することができることを指しますが、
これを受けることで、レイキのエネルギーと
同調することができるようになります。

レイキは、現在4つの段階に分かれ、
段階的にまた系統的に学ぶことによって
気を感じることや肉体のヒーリングというステップから
もっと高次元のレベルに達することも可能とされる
テクニックを学びます。

イメージ


それぞれの段階でアチューンメントを受けますが、
まずは、もっとも大切なレイキヒーラーの役割である
「滞りのある箇所へ宇宙エネルギーを送るチャネル(回路)となる」ために
レイキティーチャーが『アチューンメント』でその人のエネルギー・センターを開いていきます。
これは、もちろん、どなたでも受けることが可能です。

『アチューンメント』の技法は、前回お話しましたレイキの創始者である臼井氏が
鞍馬山での断食修行の末にレイキを感得した時、
この力を他の人にも伝える方法として天の啓示を得て閃いたものだそうで、
どなたでも受けることができるのは、この『アチューンメント』にあると言われています。

次に、レイキを行う際に使う『シンボル』と『マントラ(真言)』についてですが、
4つの『シンボル(聖なる図形)』とそれに対応する『マントラ(真言)』があり、
レイキを行う際にそれらを使っていきます。
これらには、神聖なエネルギーが宿っていて、
時間と時空を超えて、宇宙エネルギーを集めるアンテナのような役割があるといわれます。
シンボルは描き、マントラは唱えます。

昨今、ある種の図形には、エネルギーを集積したり、
放出するといった神秘的なパワーが備わっていることはわかってきました。
例えば、ピラミッドの形状はエネルギーを中心に集めるといわれていますし、
星マークに使われる五芒星や六芒星にもエネルギーが宿るといわれています。
同じように、レイキで使う
『パワーシンボル』『調和のシンボル』『時空を超越するシンボル』『マスターシンボル』
の4つのシンボルいずれにもエネルギーが宿っているといわれます。

また、言葉は“言霊”といって
「愛ある言葉にはよいエネルギーが宿る」といわれています。
例えば、観葉植物に毎日「ありがとう!」と言いながら水をあげると、
そうでない植物よりイキイキ育つという話がありますが、
これは、まさに愛ある言葉のよいエネルギーが宿り、それが伝わっている証拠です。
実際、レイキの際にこの『マントラ(真言)』を唱えることで、言霊の大切さを実感し、
普段使っている言葉がいかに大切かを痛感します。

ただ、この4つの『シンボル』と『マントラ(真言)』は昔から門外不出の“秘伝”とされ、
マスターから弟子へと直にしか伝えられてきませんでした。
今は、広く公表している方もいらっしゃるようですが、
昔の人がわざわざ秘伝にしてきた心意気やその意味合いも深いと思いますので、
過去のマスターたちに敬意を払い、ここでは、
そのようなものがあるということだけご紹介させていただき、
公開は控えさせていただきますね。

さて・・・

今回、2回にわたってレイキというものを見てきましたが、いかがでしたか?
何となく、以前より少しレイキを身近に感じていただけたでしょうか?

昨今のスピリチュアルブームにのって、
“目には見えない世界”に興味を持つ方は、とても増えています。
そういった意味で、レイキにも興味を持つ方も増えているのだと思いますが、
レイキは、スピリチュアルや目に見えない世界に興味がある方々だけでなく、
そういうものに対して懐疑的だったり、興味がない方々にも
気軽に使ったり、受けたりしていただけるものだと私は思っています。

イメージ

どなたでも、小さい頃、おなかが痛くなった時、
母親からおなかをさすってもらい、気持ちが落ち着いたり、
おなかの痛みも和らいだりした経験があるでしょう。
それは、気のせいなどではなく、
母親の手から出るエネルギーと母の愛を
たっぷり心と身体と魂で感じたからではないでしょうか。
その時、受け手の「信じる・信じない」などの考えは
関係ありません。
簡単にいえば、レイキもそういうものです。

今回、定義など少し堅苦しいことも書きましたが、
レイキは、本来とても自由なものであり、
すべての人が使うことができるものです。
なぜなら、レイキの本質は『愛』という
尊いものだからです。
『愛』を感じない人、持っていない人は
この世に一人もいませんから、
レイキは誰にでもできるのです。



そして、人は、その尊い『愛の波動』に触れると、
変化や調和をもたらすものだと思います。
そういう意味では、ますますレイキが広まっていくであろう今後、
送り手の『なぜ使いたいか』という動機がもっとも大切になるのかもしれません。
その動機に『愛』がない限り、
高次の愛のレイキエネルギーは流れないだろうとも思います。

前回もお話しましたが、レイキの修行は『生きる修行』です。
また、生きる修行は『レイキの修行』でもありますから、
もちろん、私もまだまだ修行をしていきたいと思っています。

サロンでも、レイキとアロマトリートメントや
レイキとフェイシャルトリートメントなどを組み合わせたり、
レイキの際にクリスタルを使ってみたり・・・と、
おひとりおひとりの方によりよいレイキをご提供できるよう日々取り組んでいます。

ご興味があれば、是非、ご体験下さいね。(^-^)

<参考文献>
・レイキとREIKI 宮沢邦夫×望月俊孝著
・レイキ完全本 ブリギッテ・ミュラー
ホルスト・H・ギュンター著
・レイキとは何か ボド・J・バギンスキー、シャリラ・シャラモン共著
・プロフェッショナルレイキ タンマヤ・ホナヴォグト著
・マイホーム・レイキ  仁科まさき著

 

TOP
 
copyright(c) since 2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.