mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2009年9月 “レイキ”について その1

さわやかな秋風が吹く季節となりましたね。
毎年、この時期になると、何となく物悲しい気持ちになるのですが、
歳とともに感じ方が変わってくるのでしょうか(笑)、
今年の初秋は、秋の訪れが心地よい気がしています。
皆さまはいかがでしょうか? (^-^)

さて、今回の情報は、
サロンの施術で行っている『レイキ』についてのお話をしたいと思います。

サロンでは「レイキって何ですか?」というご質問をよく承ります。
また、ご自身が体験されてみて「レイキのことをもう少し深く知りたくなった。」と
言って下さる方もいらっしゃいます。
そこで、今回は『レイキ』がどういうものであるか、お伝えしていきたいと思います。
今までお話してきましたチャクラのお話とも関連していますので、
ご興味があれば、是非、お付き合い下さい。

さて、後ほど詳しく述べますが、
まずは『レイキ』について簡単に説明しておきますね。

『レイキ』とは、古代チベットを起源とし、
19世紀に日本で誕生した「手当て療法」と言われるハンド・ヒーリングです。
漢字で「霊氣」や「霊気」と書き、「霊」は「宇宙・もっとも尊く気高いもの」、
「氣」「気」は「生命エネルギー」を表します。

『霊気』という字に抵抗や怖い印象を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、
その言葉の意味は、上記の通りで、
富士山のことを『霊峰富士』、人間のことを『霊長類』と呼ぶのと同じ言葉の使い方です。
また、名前の印象からか、
「何かの宗教?」と思われる方もいるようなのですが、
レイキは、出発点から宗教や教義とは関係がありません。
どのような信仰をお持ちの方でもできますし、
信じないといけないものや禁止しているようなこともありませんので、
それらのことでレイキを受けたり、学んだりすることを躊躇している方は、
どうぞご心配なく・・・。

レイキの施術は、「手当て療法」の名の通り、
ヒーラーが手をかざし、
手当てのようなスタイルで行い、
心と身体の全体的なバランスを整え
自然治癒力を高めていく…
人間が古来より持っている、自然で安全で、
とてもシンプルなヒーリング方法です。

さて、それでは、
レイキとは何か?
…その原点から見ていきたいと思います。

イメージ
<臼井式レイキの起源と歴史>

人類の歴史が始まって以来、万物に満ちる『宇宙(生命)エネルギー』に
基づくヒーリングメソッドは常に存在してきたといわれています。

イメージ

例えば、聖書には
イエス・キリストが 起こした
数々の奇跡のことが書かれていますが、
その中に、傷ついた人を癒すために
イエスが「手当て」を行ったとありますし、
イギリスやフランスの国王が
人々に手をかざしてその病を治したという
「ロイヤル・タッチ」は有名ですね。
またお釈迦様も、レイキと同じような
ヒーリングを行っていた形跡があると
いわれます。
確かに、宇宙エネルギーは、
大昔からこの世界にあるものですから、
その時代・時代の賢者たちが、
それを利用する方法を
感得していたとしても、
何ら不思議はありませんよね。


そして、レイキの起源ですが、おおもとをたどると“古代チベット”とされています。
何千年も前、チベット人は既に霊やエネルギー、物質の性質を深く理解していて、
この知識を用いて肉体を癒し、魂を調和させていた…といわれています。
その時代のチベットの人たちにとっては、
宇宙エネルギーを活用することが当たり前のことだったのかもしれません。

そして、この宇宙エネルギーを活用する術を『レイキ』と命名し、
誰にでも使うことができるメソッドとして確立したのは、
日本人の『臼井甕男(うすいみかお)』(1865年〜1926年)という人物です。
日本の明治〜大正時代を生きた臼井氏によって再発見され、
今日に用いられている基本が形成されたといわれています。

さて、その臼井氏について…ですが、
伝説上の人物として諸説があるようです。
例えば、キリスト経の牧師だったとか、同志社大学の学長だったなど、
色々な逸話があるようですが、それらは正確なことではないそうです。

ただ、幼少から苦学しながら勉強に励み、
成長した後、西洋(米国と欧州)や中国を訪れ、見聞を広めたこと、
官史、会社員、新聞記者、布教師、実業家…と幅広い職業につき、人生経験豊かな人だったこと、
キリスト教や仏教など世界の宗教、歴史、医学や心理学などに興味を持つ求道者であり、
研究を進めるうちに古代の仏典と出会い、サンスクリット語を学んだこと、
また、その中において、釈迦がいかにして癒しを行ったかをということを知り、
多大なる影響を受けたこと、
そして、何より、誠実で何事にも熱心に取り組む男性であったこと・・・
これらは語り継がれている真実のようです。

そういう臼井氏がどうやってレイキというヒーリング方法を発見したか…ですが、
これは、興味深い話なので、少し詳しく載せておきます。
何が興味深いかというと、療法を極めようと発見したのではなく、
偶然見つけたものだったというところです。

それは、大正11(1922)年、
京都の鞍馬山での出来事でした。

その頃、「人生とは何か?」
という命題に取り組み、
それまでの学びと3年の禅の修業で
一つ目の悟りを得られたと思っていた
臼井氏でしたが、究極の悟りがなかなか得られず、
悩んだ末、師に相談したといいます。

すると、師から返答された言葉は・・・
「一度死んでごらん。」


その一言で覚悟を決め、
京都の鞍馬山の山中の御堂に籠もって断食瞑想修行を開始しました。
そして、修行21日目の最後の日、突然落雷を受けたような強烈な衝撃を頭上に感じ、
意識が覚醒した状態になったといいます。
一説によると、その時の様子は次の通りです。

「その瞬間、突如として頭上にあらわれた明るく輝く光が
 額の第3の目を打ち抜き、意識が拡大された状態になった。
 高次の意識状態の中で、青、トルコブルー、紫、ピンクなど
 虹色に発光する無数の泡を見て、
 その中に以前見たサンスクリット語の
 経文の中にあった文字(レイキで使うシンボル)が
 目の前にまるでスクリーンに映し出されるようにして
 黄金色に輝きながら出現した・・・」

それは、宇宙エネルギーを利用する方法=『レイキ』を習得した瞬間でもあり、
臼井氏にとって生涯忘れられぬ瞬間だったとされています。
その感覚は、その境地に達し、
経験したご本人でなければわからないものだと思いますが、
宇宙のエネルギーと自分の身体内のエネルギーが相互交流し、
「宇宙と人の身体は全く同一のもの」という「宇宙即我」「我即宇宙」
という悟りの体験だったといわれています。

その後、気がついた時には朝が白々と明け始めた頃で、
目覚めの爽快さは、今まで味わったことがないくらいだったといいます。
また、身体中に力がみなぎっているのが不思議だったそうです。

そして、その悟りの体験後、下山する途中で
臼井氏は木の根につまづき、爪が剥がれる怪我をします。
しかし、何気なくその箇所に手をかざすと、
たちまち血が止まり、痛みがなくなりました。
「不思議な力を得たものだ」と感じながら山を降り、茶店に立ち寄った時、
少女が歯痛で苦しんでいるので
手をかざすと、これまたすぐに痛みがひいたそうです。
(こういう話は、「???」となるかもしれませんが、
レイキは、怪我の場合、直後に使用するほど治癒力を発揮するのは確かです。)

帰ってそのことを師に話すと、
「それは悟りの一部である。その悟りをもって世の中を救いなさい。」と言われ、
レイキを人々に広めようと決心することになったのです。

その後、臼井氏は東京の青山で学会を設立しました。
療養所を作り、多くの患者をレイキで癒し、
指導を行い、一時期は100万人もの心棒者を有したそうです。
中でも、当時、軍医1人あたりの負担が大きかった海軍とはなじみが深く、
数多くの将校がレイキ伝授を受け、治療の補助に役立てていたとされています。
また、関東大震災の時も、毎日市街を回って
至るところで苦しんでいるけが人や病人にレイキを行い、
大きく貢献した記述が残っています。

自分が悟りを得たくて行なった断食修行で、
偶然多くの人々を救うことになる療法を授かった臼井氏・・・
それは、やはり、偶然のように見える“必然”だったのでしょう。
結局、それが、天から与えられた臼井氏の使命を知るきっかけであり、
『レイキ』というプレゼントがついた究極の悟りだったのだと思いますから。。。

そして・・・

臼井氏が没後、レイキは、日本内ではなく、世界に広まっていくことになります。
それは、自らが育てたレイキマスター(師範)である
林忠次郎(はやしちゅうじろう)氏(日本海軍の引退軍人)が
ハワイ在住の日系アメリカ人であるハワヨ・タカタ婦人に
レイキを伝授したことがきっかけです。
その頃の時代背景が関係しているのでしょう。
林氏は、日本帝国主義とそれに伴う大戦が近づいてくるのを危惧し、
日本でレイキが破壊されるのを避けるため、
ハワイで成長させることを考えていたと言われています。

その後、タカタ婦人はハワイに戻り、自分の娘や孫に加え、
一般の人(全部で22人)にもレイキを伝授。
この22人のグループが、アメリカやカナダ、ヨーロッパ諸国に加え、
インドや東南アジアなど世界中に広め、
レイキは爆発的な広がりを見せていったそうです。
今では、イギリスやカナダでは保険が適用され、ハワイなどのホテルでは
一般的なプログラムにレイキヒーリングが加えられるなど
社会的に認知されるものになっています。

しかし、レイキが誕生した日本では、
太平洋戦争の敗戦とGHQの支配などで時代背景が大きく揺れ動き、
科学万能主義の台頭とともに、
民間療法的な側面をもつレイキは廃れていくことになります。
これは、レイキのみならず、優れた民間療法も同様の道をたどったようです。

そして、現在・・・
レイキは日本で広がりを見せています。
それは、1985年〜1990年過ぎ頃日本に逆輸入で入ってきたものが中心です。
逆輸入されてからは、時代とマッチしたこともあるのでしょうか、
徐々に浸透し、今は日本中で2万人以上の人がレイキと関わっているといわれています。
また、世界のレイキ体験者人口は600万人以上ともいわれますので、
日本発のヒーリングがここまで広まっているというのは、非常に驚くことであり、
喜ぶべきことではないでしょうか。

<レイキの定義>

さて、そのレイキの定義ですが、
あらゆる創造物の中で作用し、生きている力とされ、
前述したとおり、
『霊=宇宙・もっとも気高く、尊いもの』の
『気=生命エネルギー』です。

通常、レイキのことを「宇宙エネルギー」と
表現することが多いのですが、
「宇宙エネルギー」というと、
どこか身近なものではないような印象を
受ける方がいるかもしれません。
ですが、「宇宙エネルギー」というのは、
この宇宙全体に広く存在し、
私達人間や動物、植物などが生きる上で
不可欠なエネルギーです。

イメージ

私達を取り巻く空間には、このエネルギーが満ち溢れているのです。
生命を生み出す純粋で豊かなエネルギーの源は、
私達を活かし続けている力でもあります。

このエネルギーの呼び名は文化によって違います。
中国では「気(チー)」、日本では「気(き)」。
キリスト教用語では「光」もしくは「聖霊」。
ヒンドゥー教では「プラーナ」。
ハワイでは「マナ」・・・などなど多くの呼び名があります。

人は誰でもこのエネルギーを持って生まれ、そのおかげであらゆる生き物とつながり、
地球や宇宙とつながり、生きていられます。
レイキは、そういった自然のヒーリング・パワーであり、
レイキのチャネルとなる人の手を介し、よりパワフルに流れていくのです。

<レイキはどのように流れるのか?>

前述したとおり、私達の身体には、エネルギーが流れています。
このエネルギーが滞りなく身体の中を流れる時、
私達は、イキイキと活力に満ち、心身ともに調子がよいと感じます。
しかし、身体的・感情的・精神的に問題が起きた時、
そのエネルギーの流れに滞りが起き、それを放っておくと、
心の病や身体の病となって表面にあらわれます。

そこで、レイキヒーラー(送り手)の役割としては、
「滞りのある箇所へ宇宙エネルギーを送るチャネル(回路)となる」ということです。

まずは、自分の身体に宇宙エネルギーを取り入れ、
それをそのエネルギーを必要としている受け手へ送ります。
つまり、送り手がその箇所に触れた時、
送り手は癒しのエネルギーの“接続回路”となるのです。

イメージ

そして受け手がもっとも必要としている箇所に
必要なだけエネルギーが流れていきます。
ここが重要なのですが、流れる宇宙エネルギーは、
受け手が“望む分”ではなく、“必要な分”です。

具体的には、
7つのチャクラ(エネルギーが通るスポット)を中心に
全身で12〜16ポジションに手を置いて
(もしくはかざして)いきますが、
レイキの施術の際、受け手の身体や心の状態によって、
必要なところに必要なだけのエネルギーが
自然と引き寄せられていくのを感じるので、
それに従って手を置いていきます。

<レイキによって起こること>

受け手に流れた宇宙エネルギーによって、
澱んだエネルギーやチャクラの浄化がおこります。

それは身体だけでなく、感情や精神、魂レベルに働きかけます。
この「魂レベルまで働きかける」というのがレイキの施術の特徴でもあります。
そして、深い浄化作用をもたらし、
自身の力でバランスをとる力=自然治癒力が高まります。
チャクラのお話の時にもお伝えしましたが、
これは、『内なる自分とつながる』瞬間でもあると思います。

ただ、その不調が慢性的であるならば、
不調の真の原因、エネルギーを滞らせている真の原因と
向き合うことになるかもしれません。
それを、受け手の方は自然な形であるがままに
受け止めてみていただきたいと思います。
もし、それがつらいようであれば、レイキは必要な分しか流れませんから、
受け止められる時がくるまで待つことが自然に行われるでしょう。

レイキを受けるにあたり、決まりごとはありませんが、
ただひとつだけ思うことは・・・
できるだけ「レイキに委ねていただきたい」ということです。
何も考えず、その結果をレイキ自身の力と智恵に
委ねてみていただきたいと思うのです。

そして、ここでもうひとつお伝えしておきたいことがあります。
それは、レイキは一部の人しかできない特別な力ではなく、
「誰もができる」技法であり、療法だということです。

実際にレイキをやっていると、
驚くほど温かく優しい波のようなものと静けさを自分の中に感じます。
やればやるほど、強く…そして、自然に感じるのです。
レイキは、宇宙のエネルギーを取り入れて受け手に流すことですが、
この瞬間、レイキの本質は『愛』という尊いものなのだと私は感じます。
つまり、尊い『愛の波動』を受け手に送ること・・・。

そして、『愛』を感じない、持たない人は、この世に一人もいません。
ですから、レイキは誰にでもできますし、
人は、その尊い『愛の波動』に触れると、
多かれ少なかれ、遅かれ早かれ、変化や調和を
もたらすものなのではないかと思うのです。

さて、ここまでレイキについて見てきましたが、いかがでしたか?
レイキがどういうものであるか、少し伝わったでしょうか?
今回のレイキのお話はここまでとしまして・・・

最後に、レイキの創始者である臼井甕男氏が
学会を作った時に掲げられた『五戒』を書いておきたいと思います。
『五戒』といいますが、これは、決して戒律的なものではありません。
臼井氏の思想として、レイキを行う人にとって
最重要の努力目標とされてきたものですから、
レイキを理解する上でも大きなヒントになるものだと思います。

「今日だけは 怒るな
 今日だけは 心配するな
 今日だけは 感謝して
 今日だけは 業に励め
 今日だけは 人に親切に 」
イメージ

以上です。
ここでいう「今日だけは」というのは、
1、「今日一日だけは」と思えば、心の負担が少なく、気軽に取り組みやすい。
2、人生は、今日一日の積み重ね。
  だから、今日一日と思って大切に生きよ。
という2つの意味が込められているといいます。

すぐに覚えてしまうほど、シンプルなものですね。
でも、一つ一つを実践するとなると、なかなか難しいことです。
人を介して流れるレイキの量は、実践回数や経験が大きく関係していると言われますが、
それ以上に、その人の精神性や人間性によって大きく左右すると言われています。
それゆえ、レイキをやっていく者としては、
上記のことを実践していくことが、レイキの経験以上に大切な修行なのだと思います。
また、レイキは横に置いて考えても、
このシンプルなことこそ、私達が“真の幸せ”に近づくための
最も大切な智恵なのではないかな…と思ったりします。

さあ、次回の「“レイキ”について その2」では、
私がレイキの際に手で感じる受け手の不調箇所の感じ方や
レイキを使ったチャクラのバランスのとり方などなどをお伝えしたいと思っています。

是非、お楽しみに!

<参考文献>
・レイキとREIKI 宮沢邦夫×望月俊孝著
・レイキとは何か ボド・J・バギンスキー、シャリラ・シャラモン共著
・プロフェッショナルレイキ タンマヤ・ホナヴォグト著
・癒しの現代レイキ法 土居裕著
・マイホーム・レイキ  仁科まさき著
・Star People第19号  

 

TOP
 
copyright(c) since2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.