mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2009年8月 7つのチャクラ以外の大切なチャクラ

そろそろ涼しい季節が待ち遠しくなってきた今日この頃ですが、皆さま、いかがお過ごしですか?
この暑さに負けず、夏を楽しんでいらっしゃいますか?

イメージ

前回も書きましたが、
くれぐれも水分補給には気をつけながら、
海や山のレジャーや旅行…花火やお祭り…
夏にしかできないことを
めいっぱい楽しんで下さいね。
また、今夏は水災害による被害が
かなり出ていますので、
天候にはくれぐれもご注意下さい。




さて、今回は、お客さまからご要望をいただきましたので、
2008年5月から8回に渡ってお送りしたチャクラのお話を
さらに掘り下げてお伝えしたいと思います。
といっても、今まで見てきた7つのチャクラではなく、
それ以外の大切なチャクラのお話です。

 

これまでのこの情報では、
人間の身体には、たえず生命エネルギー(気)が流れていて、
このエネルギーが不足したり、滞ったりすると、
心身に多大な影響を及ぼすということ、
エネルギーの通り道(スポット)である“チャクラ”は
全身にたくさんあり、
その中でも主要なチャクラは背骨にそって
7つあるということをお伝えしてきました。
また、7つのうち、ひとつひとつのチャクラの役割について
詳しく見てきました。

イメージ

昨今、その7つのチャクラに関しては
あらゆる本が出てきて、世界的に知識が急速に広まっているようですが、
その主要なチャクラ以外に、とても大切なチャクラがあることは、
まだ多くの人が知りうることではないようです。
それは、それらについての文献が少ないこと、
また、それらのチャクラの位置や数え方、役割などの見解が統一されていないため、
文献によって見解がまちまちということもあると思います。
(それは、7つのチャクラに関しても同様ではありますが…。)

ですが、細かい部分の見解の相違はあっても、
それらのチャクラが、私達人間の真の姿を映し出し、
宇宙と私達のつながりに気がつかせてくれる大切なチャクラであること、
そして、今の時代にとても大切なチャクラであることは間違いないと思います。

以前、頭のてっぺんの第7チャクラのお話の回に
『私達の旅はまだまだ続くのです。。。』と書きましたが、
まさに、これらのチャクラは『旅の続き』です。

肉体のチャクラでの最終地点である第7チャクラで
神と意識的に調和し、霊的なつながりを求める扉を開きましたが、
自我を超え、宇宙と共鳴し、高次元のエネルギーとしっかりつながっていく旅を続けるには、
これから見ていくチャクラがとても重要になるのです。

ただし、これらのチャクラを開く鍵は、
まずは主要な7つのチャクラにあることは忘れないで下さい。
7つのチャクラに取り組むことは、とても大切なことです。

そこで、宇宙と共鳴し、高次元のエネルギーとつながっていくチャクラを見ていく前に、
今までお伝えしてきた7つのチャクラについて
その位置や特徴、役割、そこに宿る真理などを簡単におさらいをしておきましょう。

【身体内の主要な7つのチャクラ】
チャクラ

<第1チャクラ>

7つのチャクラの一番下の第1チャクラは、
“ベースチャクラ”や“ルートチャクラ”と呼ばれ、
『脊椎の基底部あたり』に位置し、生命エネルギーが宿る根源的なチャクラです。
(チャクラを通るエネルギーは回転していますので、その前部・後部も関係しています。)

この地球や社会に根づいて、自分が帰属できる団体(家族である場合が多い)の中に
しっかりとした自分の足場を作ります。
この団体への帰属意識によって、生きることの安心感を得て自分との関係を築いていきます。
生きていく上では物質世界と切り離せないつながりがあることを意識させます。
また、もっと深いレベルでは、本質的に自分も他人も個々のものではなく、
『根源的にすべてはつながっている』という真理を学ぶチャクラです。
『私達の魂にはもともと故郷があり、そこでは個がなく、すべてがつながっている』と
いわれますが、そのつながっている状態を思い出すチャクラでもあります。

 

<第2チャクラ>

第2チャクラは“ベリーチャクラ”や“セイクラルチャクラ”と呼ばれ、
『おへその5〜6cm下のあたり』に位置しています。

ベリーチャクラは、自分が安心して根づいていられる団体の信念や思考に従うという
ベースチャクラでの感覚からひとつ外側に目を向け、
1人の人間として「1対1の人間関係」を築くところです。
結婚相手、恋人、友人、仕事のパートナーなど、
その関係を自分の思い通りにしたいというエゴが
生まれる相手とのパートナーシップの中に生まれます。
そして、このチャクラのエネルギーは、
『自分の弱い面や強い面、また課題に気がつかせるために役立つ人間関係を
確実に引き寄せてくる力がある』と言われます。
つまり、『学ぶ者は準備ができた時に、教師が現れる』ということです。
このチャクラでは、1対1の人間関係において“相手を尊重すること”を学んでいきます。

 

<第3チャクラ>

第3チャクラは“ソーラーチャクラ”または
“ソーラー・プレクサスチャクラ”と呼ばれ、
『太陽神経叢(みぞおち部分)あたり』に位置しています。

ソーラー・プレクサスチャクラでは、
『自分とは何か、外部の世界とのかかわりにおける自己とは何か』
という私たちの内面の力に焦点をあてます。
“内面の力”“自尊心のエネルギー”のチャクラであり、
その役割は“個”としての自分を確立していくプロセスにおいて、
“自分自身のアイデンティティ”を育てることを支えていくことにあります。
「自分自身との関係を成熟させ、自分の足で立ち、
自分のことが自分でできるか。自分を尊重できるか。」
という課題がこのチャクラにはあるのです。
また、私たちの「第六感」、人間が生まれながらにして持つ「サイキックな能力」が
存在している場所ともいわれています。(研ぎ澄まされた直感の部分は、第6チャクラです。)
この「第六感」があることで、人間は地球の波動エネルギーに触れたり、
高次元の意識にアクセスできるといわれます。
「虫の知らせ」といわれるものもここで感知するようです。

 

<第4チャクラ>

第4チャクラは“ハート・チャクラ”と呼ばれ、
まさに『心臓のところ』『胸の中心部』に位置しています。
イメージ

ハート・チャクラは、人間にとって最も大切な“真の愛”を学ぶチャクラです。
それゆえ、すべてのチャクラのうちで最も強い力をもちます。
ここでいう愛とは、“博愛”です。見返りを求めない無条件・無償の愛です。
あらゆる出会い、あらゆる局面を経験しながら、
真の愛を学んでいくことに大きな意味があります。
そして、愛の力は純粋なエネルギーそのものであり、
“神”といわれるものの本質であることをハートで理解するチャクラでもあります。
つまり、愛は神の力なのです。
ハート・チャクラは地上の世界と天上の世界を結ぶ架け橋。
両方バランスをとりながら“霊性の世界と導くチャクラ”なのです。
この“真の愛”を学ぶために、私達は何度も生まれ変わっている…
といっても過言ではありません。
人は痛みを知って初めて、自分以外の存在を
より深く愛することができるものかもしれません。
自分の中にこんなに“愛の心”があったのだ…と気がつくものかもしれません。

 

<第5チャクラ>

第5チャクラは“スロート・チャクラ”と呼ばれ、
『首の付け根、喉仏の少し下あたり』に位置しています。

スロート・チャクラは、私たちの“意志の力”の宿る場所です。
意志と自己表現を学ぶチャクラであり、
あらゆる選択においての自分の意志は、自分や他人にだけでなく、社会や環境や、
もっと広い視点で見ると地球全体に対しても影響力をもつのだ…
ということを学ぶチャクラでもあります。
さらに、このチャクラは下位のチャクラが司る本能や感情と、
これよりもっと上のチャクラが司るヴィジョンや知識、理解を結びつけてくれ、
“より高い霊性の世界へと導くチャクラ”でもあります。
私たちが日々判断することや意志において、
“個人としてのエゴを手放し、高次の存在(神)の意志に委ねる”ということがあります。
霊的な視点で見ると最も次元の高い目標がこのチャクラには宿っています。

 

<第6チャクラ>

第6チャクラは、“サードアイ・チャクラ”や“ブラウ・チャクラ”と呼ばれ、
『おでこの真ん中、眉間の少し上あたり』に位置しています。

サードアイ・チャクラは、その呼び名の通り「第3の目」と言われるチャクラです。
「第3の目」というのは、形として見えるものではないものを見る目…
物質的な目に見える物事だけでなく、もっと次元の高い世界で起きていることや
物事の本質を見通す目…という意味です。
研ぎ澄まされた直感力が備わっていて
理性の力や肉体的・感情的・精神的・霊的な知力、
物事を見極める力、自分自身を省みる心の強さが働くチャクラです。
このチャクラが開くと、自分が霊的な存在であることや
自分が今世で経験することのひとつひとつに、
そこから学ぶべきレッスンがあるということに気がつくでしょう。
下位のチャクラを調整し、バランスをとりながら、自分自身の神性が動き出してきます。
サードアイ・チャクラに宿る真理は“真理・真実のみを求めよ”ということです。

 

<第7チャクラ>

第7チャクラは“クラウン(王冠、宝冠)・チャクラ”と呼ばれ、
『頭頂の真ん中』に位置しています。

クラウン・チャクラは、今までのチャクラを統合する場所です。
“悟りと幸福のチャクラ”と呼ばれ、
このチャクラが目覚めてバランスがとれると、私達の命の源である神へと結びつき、
世の中へ光を運ぶ使者になる道が開かれます。
クラウン・チャクラの大切な霊的な学びは、
「神と意識的に調和し、霊的なつながりを持つ」=「霊性とのつながり」です。
私達が真我を生きるよう霊性の次元へと導く力をしっかりと受容し、
神なる存在との親密なつながりを求めるように、突き動かしていくチャクラです。
このチャクラが開いてバランスが整うと、あらゆるものが宇宙における創造物であり、
霊的な存在であることを理解します。
また、“神なる存在”というものの本質が“愛”であることを
魂レベルで深く実感するでしょう。
イメージ

以上です。

次に、今回お伝えしたい上記以外の大切なチャクラについてです。

まず、ひとつめは、
足の裏から20cmほど下にある“アーススター・チャクラ”と呼ばれるチャクラです。

ベース・チャクラで大地のエネルギーとしっかりつながりましたが、
このチャクラはさらに深く、強く、地球と私達を結びつけてくれます。
そして、上位のチャクラの霊的なエネルギーを活性化するには、
ベースチャクラ、及びこのチャクラがしっかり根を張っていることが大前提となります。
また、アーススター・チャクラを通じて地球と結びつくことで、
地球の根源的な領域と交流することが可能になるといわれます。

以前お伝えした<グラウンディング・エクササイズ>を
やって下さった方は、既にこのチャクラを感じていらっしゃると思います。
そこで、今一度、そのエクササイズを載せておきますね。
(アーススター・チャクラも意識するように少し変えてあります。)

以前も書きましたが、
これは“イメージする”というトレーニングでもあります。
どんな時もイメージトレーニングは大事です。
最初はイメージがなかなか湧かないかもしれませんが、すべてはトレーニング。
何度も続けていくうちに、感じることが変わってくると思います。
まずは、難しく考えずにトライしてみましょう。
この時、気をつけることは“呼吸”です。
鼻から新鮮な空気を吸い、口から時間をかけてしっかり息を吐く…
これを繰り返し行って下さい。

<アーススター・チャクラを意識したグラウンディング・エクササイズ>

  1. 椅子に座り、背中をまっすぐにして、足を少し開き、 両足の裏をぴったりつけます。

  2. 軽く目を閉じ、一度深呼吸をしましょう。

  3. 呼吸に意識を向けます。
    まずは息を口から吐きます。時間をかけてゆっくり吐いて下さい。
    この時、吐く息とともに身体の中の緊張をほぐしていきます。
    吐く息は身体の中や周りにあるブロックや滞りを手放してくれるので、
    今、悩んでいることを吐く息とともに全部手放します。

  4. 全部吐ききったら、次は新鮮な空気を鼻から吸い込みます。
    イメージ
    深呼吸を好きなだけ繰り返し、一息ごとに本来の自分に戻っていきましょう。
    (この感覚を覚えておいて下さい。)

  5. まず、ベースチャクラ(尾てい骨のあたり)を意識します。
    次に両足裏とアーススター・チャクラを意識し、
    ベースチャクラ→足の裏→アーススター・チャクラを通って
    地球の中心に“光のコード”が伸びるのをイメージして下さい。
    光のコードが様々な地層を通り抜け、地球の中心へ向かって伸びていくのを感じます。
    そして、地球の中心まで到達したら、そこで固定します。

  6. 鼻から吸って、口から吐く深呼吸を静かに繰り返しながら、
    自分の身体の内側や意識の変化を感じてみましょう。
    どのような感じがするでしょうか?
    グラウンディングするのが初めてであれば、
    身体に痛みが起きたり、抑圧していた感情が表面に浮き出てくる場合もあります。
    もし、このようなことが起きたら、
    それは、今までグラウンディングしてこなかったことによる痛みが
    出てきているのだと思います。
    問題に気がつくことが、それを癒す第1歩です。
    まずは、その痛みに気がついたことに感謝しながら、それを丸ごと受け入れましょう。
    そして、痛みがある部分に意識を向け、不快に感じる部分に呼吸をしっかり通して下さい。

  7. そして、この2本のコードを伸ばした状態に慣れてきたら、
    光のコードの色をイメージしてみましょう。
    色→濃いブルー→グリーン→黄緑→イエロー→オレンジ→赤→赤紫→パープル→白・・・
    シルバー→ゴールド・・・・・・・
    思いつくかぎりの色に変えてみて下さい。
    時間をかけて丁寧にやってみましょう。
    最初からピンとくる色があればその色に決めてもかまいません。
    その時の自分が一番しっくりくる色を選び、その色をしっかり心に焼きつけましょう。

  8. 最後に一度深呼吸をしてゆっくり目を開きます。
以上です。
これを1日1回はやってみていただきたいと思います。
まずは約1週間、これを続け、
できれば毎朝、古いコードを捨て、新しいコードと取り替えて下さい。
1週間後にはグラウンディングしたコードをさらに長時間持たせることが可能になるでしょう。
また、不快に思った感情をより速やかに流し、
浄化することができるようになるのではないかと思います。
是非、お試し下さい。
イメージ

次に、頭の上にあるチャクラです。

頭の17〜22センチくらい上にある第8チャクラは“ソウルスター・チャクラ”と呼ばれます。

 

ソウルスター・チャクラには
魂の全情報が内包されていると言われ、
このチャクラが完全に開くと、宇宙と共鳴し始め、
高次元のエネルギーや魂(ハイアーセルフ)と
つながることができるといわれます。
“ハイヤーセルフ”とは、以前にも少しお話しましたが、
“高次元の自分の側面”です。
人間には誰にも神聖な部分が宿っているといわれますが、
これが高次元の自分の側面であり、
まさにこの神聖な部分、自分の中の神の部分が
ハイアーセルフ。
つまり、私達にとって一番身近な高次元の存在は
“ハイアーセルフ”なのです。
また、ソウルスター・チャクラは、
魂の教訓がどういうものかを学び、
魂のトラウマを癒すポイントでもある
とても重要なチャクラです。
イメージ

そして、ここから上のチャクラに関しては、あらゆる意見がありますが、
第12〜13チャクラまであるという見解が多いようです。

第8チャクラが次の存在世界へのチャクラの入口であり、
頭のてっぺんから45cmほど上にあるチャクラでは、
銀河系レベルと結びついているといわれます。
こうしたトランスパーソナル(超個人)な意識にまで、
自分の意識を広げることができると、私達は宇宙の叡智、至高なる気づきに達し、
それらの導きをしっかりと得ることができるようになります。

さらに、頭のてっぺんから90センチほど上にあるチャクラでは、
宇宙全体の統合意識と私達を結びつけることで、
真実の自分自身を思い出させてくれるといわれ、
その次のレベルが形成され、それによってあらゆるものを超越した
“全なるひとつ”が実現することになるといわれています。

つまり、これらのチャクラの扉がひとつひとつ開くと
私達の意識はどんどん拡大します。
そして、より宇宙の意識に向かい、幸せに満ち溢れた愛の叡智、
想像を超えた領域に私達を招いてくれるのです。

また、これらと同じくらい大切なチャクラが身体の中にもあります。

ひとつめは、後頭部下、頭蓋骨の基底にある
“オルター・メジャー・チャクラ”と呼ばれるチャクラです。

この場所には、“延髄”がありますが、
宇宙のエネルギーは、この延髄を通しても身体全体に提供されるとも考えられています。
また、ハート・チャクラは愛の本質と共鳴しあいますが、
オルター・メジャー・チャクラは、「精神の本質と響きあう」といわれます。
延髄はエゴの中枢で、人間の自我が集中しているところといわれるのです。
精神的な成長を求める人のゴールは、エゴの中枢ではなく、
“魂の目”に到達して、魂の目の意識の中で生きることです。
そのためにも、このチャクラを十分理解し、エゴをなくすのではなく、
受け入れた上で超えていくことが重要です。
それゆえ、個人や集団の気づきが拡大するにつれ、
オルター・メジャー・チャクラは重要性を増してきます。
イメージ

そして、もうひとつは、
第4チャクラ(ハート・チャクラ)と
第5チャクラ(スロート・チャクラ)の間の
胸腺より少し上の位置にあるチャクラで
このチャクラを第8チャクラと呼ぶヒーラーもいるようです。
ここは、ハートチャクラの一部でもあり、
ここで神の愛が具現化され、
真に思いやりのある行動をとることができるようになるといわれます。
また、自我レベルの気づきと、より高い気づきを結ぶ架け橋のような存在であり、
無償の愛を通じ、トランスパーソナルな意識へと気づきを高めていきます。

では、オルター・メジャー・チャクラを癒す
<魂の目にアプローチするメディテーション>
<ハート・チャクラ上部のチャクラを活性化するエクササイズ>をやってみましょう。

まずは<魂の目にアプローチするメディテーション>。
ここで大切なのは、まずオルター・メジャー・チャクラに意識を集中して
エゴを意識の高いところまで持っていくことです。
エゴの意識が超意識の中で解消されると、
意識は魂の目を通って、エゴは昇華していくでしょう。

<魂の目にアプローチするメディテーション>

  1. まず、深呼吸をします。
    そして、オルター・メジャー・チャクラに気持ちを集中させます。

  2. 次に眉と眉の間に意識を集中させます。
    そこに金色の光のトンネルがあることをイメージして下さい。
    そして、そのトンネルの中へ入っていきましょう。

  3. そのトンネルの中で、たくさんの幸せと自由の感覚に包まれて下さい。
    光を浴びるうちに欲望やエゴがみんなきれいに消えていきます。

  4. トンネルの中を好きなだけ進んで下さい。
    そのトンネルを抜けると、青紫色のトンネルがあります。
    そこに入っていくと全身が青紫の光に包まれます。
    その光と一緒に自分の意識も広がっていきます。
    そして、トンネルの壁がなくなっていき、
    限りない自由と幸福感に包まれます。
    イメージ

  5. 最後に、白銀の星型の光が見えてきます。
    この完全な永遠の幸せの星を前にして、様々な考えや思いもみな消えていきます。

  6. 心の中でこう唱えます。
    「私は光の中で目覚めました。
     私は幸せです。私は自由です。」
    (参考文献「はじめてのチャクラ」から一部抜粋させていただきました。)
次に、ハート・チャクラ上部(ハート・チャクラとスロート・チャクラの間)
のチャクラを活性化するエクササイズです。




<ハート・チャクラ上部のチャクラを活性化するエクササイズ>

  1. 座って瞑想のポーズでリラックスし、目を閉じます。
    イメージ 

  2. 静かに呼吸をしながら、困っている人や悩んでいる人を
    思い浮かべてみます。
    青緑色の癒しの光が自分のハート・チャクラとその上部のチャクラから
    その人達に注いでいるところをイメージします。

  3. その光が呼吸の度に強くなり、宇宙から降り注ぐエネルギーと共鳴し、
    強く温かいエネルギーで満たされていくのをゆっくり感じましょう。

     
  4. 3.のように感じることができたら、
    深呼吸をして目を開けます。

以上、《7つのチャクラ以外の大切なチャクラ》を見てきました。

いかがでしたか?
これらのチャクラの感覚が湧いてきたでしょうか?
身体外のチャクラもありますので、
最初はよくわからないかもしれませんが
まずは7つのチャクラと同様に、その存在を知り、
意識しながら、丁寧に感じてみていただきたいと思います。

さて、今、時代とともに地球…宇宙が大きく変わろうとしているといわれています。
それは、おそらくものすごく大きな大きな変化です。
変化の時は、不安や恐れが出たり、その変化により不安定になったりしますが・・・
そこで、私達がやることはひとつ。
『変化を恐れず、拒まず、受け入れ、
 自分を信じて古いものを手放していくこと』
これにつきるのではないかと私は思います。

もちろん、これがなかなかできないことであることはわかっていますが、
それでも、それが、大きな変化を個人レベルでなく、
もっと広く大きなレベルで良い方向に導くことなのではないかと思います。
また、今回見てきたより高いレベルのチャクラの扉を開いて、
私達が次の段階に行くことができる鍵になるのではないかと思っています。

それでは、最後に・・・

アーススター・チャクラと大地の接点、
一番上のチャクラと宇宙の接点の間に
エネルギーの橋をかけるエクササイズを書いておきますので、
よろしければ、やってみて下さいね。

 

<宇宙の光の橋をかける視覚化エクササイズ>

  1. 両足を軽く開いて立ち、両手を広げて手の平を前に向け、大きく深呼吸をします。

  2. 目を閉じて、7つのチャクラがある背骨が明るい光の柱であることをイメージします。
    この光をだんだんと強く輝かせ、深い呼吸を続けながら、全身を光で満たします。

  3. 足の下のアーススター・チャクラから、地球の核に向けて光の根を伸ばします。

  4. 腕を上げ、金色に輝く白い光で身体を満たしてほしいと願います。
    自分の背が伸び、星に届くところをイメージします。
    イメージ 

  5. 腕を下げ、方の高さで手の平を外側に向けます。
    金色に輝く白い光をハート・チャクラ及び胸腺のチャクラに吸い込み、
    ふくらむのを感じます。

  6. ハート・チャクラから四方に光を放たれるのを視覚化します。
    東の方向から始め、北、西、南の順に廻ります。

  7. この働きができたことに喜びと感謝を感じ、
    徐々に光の橋を解き放ちます。

  8. 最後にもう一度深呼吸をして、終わりにします。

以上です。

さあ、楽しい旅はここから・・・です。
もちろん、私もまだまだ旅の途中です。
是非、ご一緒にチャクラの扉を開いていきましょう!
そして、チャクラのお話は、
まだまだ今後もしていきたいと思っています。
私もさらに学んで、感じたこと、お伝えしたいと思ったことを
書いていきたいと思います。
どうぞ、お楽しみに!

<参考文献>
・宇宙につながる第8のチャクラ ジュード・カリブァン著
・チャクラを活かす パトリシア・マーシア著
・チャクラパワーを開く メアリー・ホーズリー著
・プレアデス 覚醒への道 アモラ・クァン・イン著
・はじめてのチャクラ サヴィトリ・シンプソン著
・フラワー・オブ・ライフ 
  〜古代神聖幾何学の秘密 第2巻〜
ドランヴァロ・メルキゼデク著


TOP
 
copyright(c) since2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.