mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2009年7月 真夏のアロマビューティーレシピ♪

ひまわりが日に日に背を伸ばす今日この頃、皆さま、いかがお過ごしですか?

本当に暑〜い日が続いていますね。
このような暑さは、身体から
どんどん水分を奪い、
想像以上に脱水症状を
起こしやすくなります。
これから海や山などに行かれる方が
多いと思いますので、
是非、こまめに水分補給をして、
くれぐれも熱中症には
気をつけて下さいね!

イメージ




さて今回は、
この情報では久しぶりになりましたが、アロマのお話です。

アロマを生活に活用するのは1年を通しておすすめですが、
真夏は特に“美容”にとって必需品だなぁと思います。
というのも、紫外線や冷房による身体の冷え、乾燥…など、
夏は美容にとって過酷な季節。
そこで、精油のパワフルな作用を味方につけない手はない!と思うわけです。
是非、この夏は、皆さまにも手作りアロマレシピに挑戦していただき、
美容にアロマを取り入れていただきたいと思います。
では早速、簡単にできて、
実用性のある手作りアロマビューティーレシピをご紹介します。

  1. 日焼け回復アロマローション


    まずは、この時期、とても気になる日焼け対策用アロマ。
    紫外線予防には、帽子や日傘、日焼け止めなどを上手に使ったり、
    ビタミンCをたくさん摂取し、紫外線への抵抗力をつけておくことが大切ですね。
    とはいえ、気をつけているつもりでも、屋外でのレジャーに夢中になり、
    気がついたら肌が赤くなっていた…ということは、どうしてもあることです。
    そんな時の強い味方は…やはりアロマなのです。
    イメージ

    今回は、日焼け直後から使える
    “フローラルウォーターと精油のアロマローション”をご紹介したいと思います。

    日焼けは「軽いやけどと同じ」として考えて下さい。
    まずは冷たいシャワーや濡れたタオルで患部を冷やし、
    その後、これから作るアロマローションで鎮静させるようにします。

    日焼け直後は、炎症を抑えて冷却する精油
    (ラベンダー、カモミールローマン、ティートリー、ペパーミントなど)、
    落ち着いてきたら、乾燥を防ぎ、肌の新陳代謝を促進する精油
    (ローズ、ラベンダー、カモミール・ローマン、ゼラニウム、ネロリなど)を
    選ぶようにします。

    そして、ローションに使う“フローラルウォーター”は以前もご紹介しましたが、
    精油を水蒸気蒸留で抽出する時に得られる“芳香蒸留水”のことです。
    精油を採取する時、冷やされた蒸気は精油と水分とに分かれますが、
    この芳香成分を含んだ水分のことを“芳香蒸留水”または
    “フローラルウォーター”と言います。

    原料の芳香成分や水溶性の成分が溶け込んでいるため、
    精油よりマイルドな効果や香りがあります。
    また、精油は基本的に直接肌に用いることができませんが、
    フローラルウォーターは化粧水のように手軽に使用できます。
    肌の弱い方やお子さんでも
    安心して使うことができるというところがもっともよい点です。

    種類は、カモミールウォーター、ラベンダーウォーター、
    ローズウォーターやネロリウォーターなどがありますが、
    今回は、この中でも日焼け後のお肌の鎮静作用があるカモミールウォーター、
    肌の修復作用のあるラベンダーウォーター、
    そして日焼けで乾燥してしまった肌を保湿し、
    新しい細胞を作り出す作用のあるローズウォーターの
    いずれかをお使いいただきたいと思います。
    (アロマショップでお求めいただけます。)


    〜フローラルウォーターと精油の
          日焼け回復アロマローション〜

    <用意するもの>

    ・上記のフローラルウォーターいずれか…100ml
    ・ラベンダー精油…3滴
    ・ティートリー精油…2滴
    ・ペパーミント精油…1滴
    ・無水エタノール…5ml(小さじ1)
    ・グリセリン…2.5ml(小さじ1/2)
    ・遮光性保存瓶
    ・大判コットン

    イメージ

    <作り方>
    1、保存瓶に無水エタノールを入れ、精油を各滴数加えます。
    2、グリセリンとフローラルウォーターを入れます。
    3、瓶をよく振ってなじませます。

    <使い方>
    冷たいシャワーや濡れたタオルなどで患部をしっかり冷やした後、
    大判コットンにたっぷり含ませ、患部全体を覆います。
    イメージ
    (お顔の場合は、お顔にのせます。)
    全身の炎症がひどい時には、このローションをスプレー瓶に入れ、
    何度も全身にスプレーします。

    尚、フローラルウォーターは、日焼けによる目の充血や疲れにも効きますので、
    コットンにヒタヒタに浸し、目の上にも数分置いてみて下さいね。
    この時、ラベンダー精油を1滴垂らすと尚いいでしょう。


  2. アロマ美白クレイパック

    さあ、お肌が落ち着いてきたら、秋に向けて白い肌を取り戻す準備をしましょう。
    ここでは、精油を使った美白クレイパックをご紹介します。

    クレイとは、鉱物を原料とした粘土のことです。
    ミネラルをたっぷり含み、余分な皮脂や老廃物、汚れをしっかり吸着してくれます。
    また、ここで使う精油のラベンダーとネロリは、
    表皮の基底層で新たに肌細胞が作られるのを促進し、
    お肌のターンオーバー(新陳代謝)を早め、
    メラニン色素を含んだ角質を垢となって剥がれ落ちやすくします。

    10代までの若い頃は、ターンオーバーは盛んで、
    メラニン色素を含む肌細胞が垢となって剥がれ落ちるまで
    大体28日という理想の周期を保っていて、
    色素が沈着するようなことはなかったと思いますが
    歳を重ねる度に、ターンオーバーが遅くなり、
    残念ながらメラニン色素も排出しにくくなります。
    そこで、ケアをすることによってターンオーバーを正常化し、
    できるだけ早くメラニンを排出する肌にしていくことが大切です。
    是非、アロマの美白パックで
    夏の間にできてしまったメラニンをどんどん排出し、白いお肌を取り戻しましょう。


    〜アロマ美白クレイパック〜

    <用意するもの>
    ・好みのクレイ(※カオリンorモンモリオナイト)大さじ1
    ・ラベンダー精油・・・1滴
    ・ネロリ精油・・・1滴
    ・フローラルウォーター(ラベンダーウォーターorネロリウォーター)大さじ1/2
      ※なければ精製水でもOK
    ・キャリアオイル・・・小さじ1
    ・ガラスの小皿
    ・ビーカー

    ※クレイは、
     敏感肌・乾燥肌の方はモンモリオナイト、
     普通肌・オイリー肌の方はカオリンをお使い下さい。

    <作り方>
    1、ガラスの小皿にクレイを入れ、少しずつフローラルウォーターを入れ、混ぜます。
    2、1にキャリアオイルを加えます。
    3、2に精油を加え、さらに混ぜたらできあがり。
    作り方
    作り方1
    作り方
    作り方2
    作り方
    作り方3

    洗顔後、化粧水などで肌を整えてから、
    目の周りを避けて顔に塗り、10分ほどおきます。
    パックが乾いたら、ぬるま湯で洗い流し、化粧水で肌を整えます。

    ※さらなる美白を…という方は、上記のレシピに抹茶小さじ1を加えると尚いいでしょう。
     また、紫外線を受けたお肌は乾燥しますので、 この時、たっぷりめの保湿もお忘れなく!


  3. アロマデオドラントパウダー


    やはり、この時期気になるのは…大量にかく汗。
    ほんの少しの間、屋外にいただけで汗がじんわり出てきますよね。
    汗の匂いは気になるものですが、
    夏に香水を使うと、汗の匂いと混ざって不快な匂いになることもあります。
    そこでおすすめは、アロマを使ったパウダー。
    デオドラント効果のある精油を使うと、
    一瞬でお肌がサラサラになり、ほのかな香りが心地よいパウダーです。
    これは、本当に簡単にできるので、おすすめ。
    スポーツ後やお風呂に入った後などにもお使い下さい。


    〜アロマデオドラントパウダー〜


    <用意するもの>10回分
    ・コーンスターチorタルク…大さじ3
     (無香料のべビーパウダーでもOK)
    ・精油 …10滴
    ・ボウル
    ・空のパウダー容器

    ※精油のおすすめ(デオドラント作用のある精油)
     ベルガモット、レモン、ラベンダー、
     ユーカリ、パチュリ、ローズウッド、
     サイプレスなど。
    イメージ

    <作り方>
     ボウルにコーンスターチorタルクを入れ、
     上記の精油を合計10滴加えます。
     スプーンでよく混ぜ合わせ、できたパウダーを容器に移します。
     2〜3日香りをなじませてから使用します。


  4. アロマボディスクラブ


    素肌を見せる機会も多いこの時期。
    黒ずんでしまったひじやかかとが気になるというお声もよく聞かれます。
    そこで、おすすめはアロマを使った簡単スクラブ。
    これは、太もものセルライトにも効果大です。
    黒ずみ対策には、ここではレモン精油を使いますが、
    セルライト対策におすすめの精油は、グレープフルーツやジュニパー、サイプレスなどです。
    是非、お試し下さい。


    〜アロマボディスクラブ〜


    <用意するもの>

    ・レモン精油・・・6滴
    ・天然塩(粒の細かいもの)・・・大さじ2
    ・キャリアオイル・・・大さじ1
    ・ガラスの小皿
    ・ビーカー
     ※お肌が弱い方は、レモン精油を
      ラベンダー精油に替えて下さい。
    イメージ


    <作り方>
    1、ビーカーにキャリアオイルを入れ、精油を加えて混ぜます。
    2、ガラスの小皿に天然塩を入れ、1を加えてできあがり。

    適量を手にとり、気になる部分にすりこむようにマッサージします。
    あとはお湯で洗い流します。


  5. むくみ・冷え解消アロマバスソルト


    夏は、室内の冷房のよる身体の冷えが深刻です。
    サロンで施術を行うと、おなかから下が冷たい方が多いことに気がつきます。
    そして、冷えとともに手足などのむくみを感じている方もとても多いです。
    そこで、血行を促進して身体を温める作用のある精油をお風呂に入れてみましょう。
    夏はどうしてもシャワーだけで済ませがちですが、
    なるべくバスタブのお湯に浸かって下さい。
    こちらのレシピは何度も紹介していますが、再度載せておきますね。


    〜アロマバスソルト〜

    <用意するもの>
    ・天然塩  大さじ2
    ・お好みの精油 5滴以下
    ・ガラスの小皿

    <作り方>
    1、ガラスの小皿に天然塩を入れ、そこに精油を3〜5滴加えて混ぜます。
    2、それをお風呂の中に入れてかき混ぜ、入浴します。
      (お肌が敏感な方は、精油は少なめにして下さい。)
     
    <身体が芯から温まるおすすめの精油レシピ>
     
    ローズマリー 3滴
      サイプレス 2滴
         
    ジュニパー 3滴
      グレープフルーツ 2滴
         
    ジンジャー 3滴
      レモン 2滴
         
    お肌の弱い方は、柑橘系の精油を除いたレシピにして下さい。
以上、真夏におすすめのアロマを使ったビューティレシピをご紹介しました。

そして、以前からお伝えしていますが、
アロマは美容に限らず、あらゆることに使えます。
例えば、ラベンダー精油。
これを1本持っているだけで、旅先などでとても役立ちますので、
旅行シーズンにおすすめです。

旅先で思いがけず小さな怪我や傷を負ってしまうことはよくありますよね。
そんな時は、殺菌・癒傷・鎮痛作用のあるラベンダーの精油を
コットンや綿棒に1滴垂らし、そのまま患部につけます。
(コットンや綿棒がない時は手でもOK)
これは、吹出物や軽いやけどなどにも役立ち、
治りが早くなる場合もありますよ。

また、ラベンダーは“自然の睡眠導入剤”と言われるほど
鎮静作用に優れた精油です。
ホテルや旅館の慣れないベッドや布団で眠れない時、
ティッシュに2滴ほど垂らして、それを枕元に置くと、
あら、不思議!自然と深い眠りに・・・。

さらに、ラベンダーは虫除けにも最適ですので、
ティッシュなどに数滴垂らして、気になるところに置いておくのもいいでしょう。

イメージ

というわけで・・・
ごくごくシンプルな使い方ながら、
これだけ多くの作用があるなんて、
ラベンダーは本当に万能精油ですよね。
夏は特にバックに忍ばせていただきたい1本です。

さあ、夏はまだまだこれからが本番です。

素敵なことがたくさん起こるようなワクワクする夏・・・
是非、アロマビューティーレシピを活用して
真夏を快適に美しくお過ごし下さいね♪


<参考文献>
・「A Basic Guide to Aromatherapy 」 ニールズヤードレメディーズ
・「アロマテラピーコンプリートブック(上巻)」 林伸光監修 ライブラ香りの学校
・「アロマテラピーパーフェクトガイド」 塩屋紹子監修
・「アロマテラピーの教科書」 和田文緒著
・「アロマテラピーのすべてがわかる事典」 グリーンフラスコ監修
TOP
 
copyright(c) since2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.