mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2009年3月 季節の変わり目を心地よく過ごすために…花粉症編

早春の候、皆さま、いかがお過ごしですか?
雪が降るような寒い日があったり、
急に暖かくなったり…
寒暖の差が激しい日が続いていますね。
この不安定な季節の変わり目は、
体調を崩す方も多いのですが、
今年は、花粉が例年より早くから、
しかも量的にもかなり多く飛んでいるそうなので、
花粉症の方には、かなりおつらい時期ですよね。
サロンにもおつらそうな方が多くお見えになります。

原因となる植物を少し調べてみたのですが・・・
この時期の花粉症の原因となる植物は、
スギ(杉)とヒノキ(檜)が
最もよく知られていますよね。
ですが、それ以外にも原因となる植物は
多く存在するようです。

イメージ

 

ハンノキ (榛の木)やイチイ (一位)やスズメノテッポウ(雀の鉄砲)なども
3月くらいから開花するそうですし、
これから先、ハルジオン(春紫苑)やケヤキ(欅)など4〜5月頃に開花する植物などもあります。
また、ハルガヤ(春茅)、ホソムギなどは開花の時期が4〜7月までと、
春から初夏まで続くものもあるようです。
そして、夏にはイネ(稲)やヒメガマ(姫蒲)、カモガヤ(鴨茅)など、
秋にはヨモギ(蓬)やブタクサ(豚草)…という感じで、
花粉症を引き起こす植物は1年を通して生育しているといわれます。

現在、花粉症を引き起こすといわれている植物は、約70〜80種類にものぼるといわれるほどです。
また、反応する植物はひとつとも限らないそうなので、
自分がどの植物に反応するかわからないという方も多いようですね。

“花粉症”というのは、アレルギーの一種ですが、
遺伝的な体質など先天的な要因に加え、心と身体、私達をとりまく生活環境など
後天的な要因が複雑に絡み合って発症するといわれます。
発症するメカニズムは、私達の健康を保っている“免疫システム”と同じです。

花粉症の場合、侵入してきた花粉という抗原(アレルゲン)に対し、
それと闘うためにリンパ球のB細胞で
“IgE抗体”という抗体(免疫グロブリンというタンパク質)がつくられます。
そして、再び花粉(抗原)が侵入すると、IgE抗体が肥満細胞にくっついて、
そこで花粉(抗原)を待ちうけ、できる限り排除しようとします。
その後、IgE抗体が花粉(抗原)と結合すると、
肥満細胞の中に蓄えられていたヒスタミンなどの化学伝達物質(炎症物質)が
血液中に放出され、これが血管を刺激し、粘膜を過敏にするため、
くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの花粉症の症状を引き起こす・・・ということです。

ただ、花粉(抗原)に対するIgE抗体が
身体の中で一定数にいかないと何も症状が出ません。
その一定数を超えた時、アレルギー反応が出るのです。
そのため、それまでは何でもなくても、
ある日突然症状が出る…ということになりますね。

ただ、一定数というものはどれくらいなのかはわかっていないそうで、
現在、「日本人の約50%がスギの花粉に対するIgE抗体をもっている」と考えられていますが、
そのうち約半数しか症状は出ていないそうです。
また、IgE抗体は誰にでも血液中に存在しますが、
花粉症の人のIgE抗体値は、そうでない人の数百倍になるといわれます。
そして、すべての人に同じように作られるわけではなく、
作られやすい体質が先天的に決まっているといわれていて、
IgE抗体は、花粉症の他にもアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、
気管支ぜんそくなどと深く関わっているといわれます。

花粉症は、まだまだ解明されていないことも多いのですよね。
ただ、はっきりわかっているのは、
花粉症人口が年々増えているということ・・・。

その要因は、戦後、国の造林計画によって植えられたスギの木が大きく成長し、
花粉を産生する樹齢に達し、昭和50年代位から一斉に花粉が飛ぶようになったこと、
また、工場や車の排気ガスなどの大気汚染の影響で、私達の鼻の粘膜が弱くなったこと、
さらには、不規則な生活・ストレスの増加などによる生活環境の悪化などがあげられます。

また、最近になり、“腸の免疫システムの崩れ”も
花粉症に関係していることが認められるようになったそうです。
特に小腸は、身体全体の約60%の免疫細胞や抗体を持っているので、
健康維持においてとても重要な役割を担っています。
そのため、小腸の免疫細胞の数や質のバランスが崩れると、
アレルギーになりやすくなるというのです。
ただ、詳細についてはまだ解明されていないため、
現在も研究が続けられているそうです。

そこで、花粉症対策はどうしたらいいか…ですね。

イメージ 年々、これが花粉症に効くという情報が
たくさん出ていますが、
直接的には、空気中に飛散する花粉、
ハウスダストが引き金になり、
くしゃみ、鼻水、涙目などの
アレルギー症状を引き起こすので、
まず、引き金である花粉や
ハウスダストをなるべく除去し、
身体に入らないようにすることが大事です。
そして、心身面では身体の中から
免疫力を高めること、
ストレスを上手に発散させ、
心穏やかに生活することが
対策の柱になるのではないかと思います。



また、症状が重くなると、仕事や家事にも差し支えるほどになってしまいますし、
ストレスが過度にかからないようにするためにも、
医薬品を上手に使うのも必要なことだと思いますが、
やはり、抗ヒスタミン剤は抗うつや眠気などの副作用を伴いますし、
ステロイド剤も免疫系にダメージを与えます。
頼りすぎないよう、可能な限りは控え、まずはひどくならないようにすることに
力を入れていくことが大切でしょう。
そこで今回は、
現在、花粉症でつらい思いをされている方への対策はもちろんのこと、
季節の変わり目の今の時期はとくに、
また、通年を通して習慣にしていただきたいハーブやアロマの花粉症対策を
お伝えしていきたいと思います。
風邪やインフルエンザの予防にもなりますので、
現在、花粉症の症状が出ていない方も、是非、お試し下さい。

  1. 予防&つらさ軽減ハーブティー

    以前からお伝えしていますが、ハーブティーは、
    風邪や花粉症の予防や症状の緩和に大いに役立ちます。

    ハーブの有効成分による免疫強化、殺菌消毒、抗感染作用などの
    薬理効果だけでなく、 ティーカップから立ちのぼる蒸気そのものが
    粘膜の炎症を鎮めるのに役立つので、
    とくに花粉症や風邪にはダブルの効果なのです。
    それゆえ、ハーブティーを飲む時は、ゆっくりと時間をかけ、
    香りを楽しみながら飲みましょう。
    花粉が飛ぶ時期だけでなく、
    1年を通して飲む習慣をつけることがよい対処法につながります。

    ハーブティーは水溶性の成分なので、体内に入って数時間もすれば、
    尿などにより代謝・排泄されてしまいます。
    そのため、一度に大量に摂るよりも、
    定期的にしっかり補給することが大事です。
    1番効果的な飲み方は、1日3回毎食後に飲むことですが、
    毎日毎食後というのは、難しい方もいらっしゃるでしょう。
    その場合は、ティータイムにコーヒーや紅茶ではなく、
    なるべくハーブティーを飲むように心がけてみて下さい。
    それだけでも、随分変わってくるのではないかと思います。
    ハーブティ


    以下は、花粉症に有効なハーブティーとハーブティーの入れ方です。

    1.エキナセア ・・・・ 「インディアンのハーブ」と呼ばれ、
    北アメリカの先住民が虫刺されや
    傷の手当てに用いていた植物。
    抗ウイルス、免疫強化、殺菌消毒、
    抗感染作用があることが
    この50年の間にわかり、
    現在、アレルギーやエイズの
    研究にも使われています。
    また、素晴らしい薬効がありながら、
    ほとんど味がないため、
    飲みやすく、他のハーブティーと
    ブレンドしやすいというのも
    エキナセアの特徴です。
         
    2.ネトル ・・・・ 茎にとげがあり、その名は「針」を意味する
    古代英語に由来します。
    ビタミンやミネラル、鉄分を
    豊富に含むのが特徴です。
    「血液の浄化を促すハーブ」といわれ、
    冬に耐えていた身体が春に目覚める際に
    血液の汚れを防ぐ働きをするといわれます。
         
    3.エルダーフラワー ・・・・ エルダーは、根から実まで
    すべてが薬効に優れ、
    歯痛から疫病まで様々な病気に
    効力を発揮するため、
    「万能の薬箱」と呼ばれています。
    また、粘膜や毛細血管の炎症を
    鎮める働きをもつことから
    インフルエンザの初期や
    花粉症の症状によく用いられます。
    味は、ふんわりと優しく、甘い香りがする
    飲みやすいハーブティーです。
         
    4.ローズヒップ ・・・・ ローズ(ドックローズやスイートブライアー)の
    花が咲いた後にできる実。
    トマトと同じ成分のリコピエンを含み、利尿作用や
    便通をよくする作用があります。
    また、オレンジの10倍、レモンの20倍の
    ビタミンCを含みます。
    体内のビタミンCは、
    体内で炎症が起こると消費されるため、
    その分のビタミンCを補給する目的で使われます。
    また、ビタミンP(バイオフラボノイド)も
    含まれており、ビタミンCの吸収を高めたり、
    粘膜のアレルギー反応を防ぐなどの働きが
    知られているため、相乗効果が期待できます。
    さらにビタミンAやB群、Eも豊富に含み、
    美肌効果が高く、生理痛にも効果があることから
    女性に人気のハーブです。
         
    5.ペパーミント ・・・・ メントールのさわやかな香り
    と強い殺菌効果をもつミントには
    多くの品種があり、その代表がペパーミントです。
    ウォーターミントとスペアミントの交配種で、
    ピリッとした強い清涼感があり、
    ハーブティーから薬用まで幅広く利用されます。
    鎮静作用があり、不安な気持ちを取り除き、
    気分を鎮めてリフレッシュさせます。
    また、胃のもたれやむかつきを解消したり、
    強い殺菌力により花粉症や風邪を予防したりします。
         


    〜ブレンドのおすすめ〜

    単品でもよいのですが、ブレンドすると相乗効果が期待できます。
    上記のどれを組み合わせても、味や香りはOK。
    とくにス〜ッとしたい場合は、ペパーミントを入れるとスッキリするでしょう。
    ちなみに、サロンでもお出ししているのですが、
    「カリス成城」というアロマショップに、
    上記の1〜5すべてとレモンバーベナがブレンドされた
    【Ka.Fu.N.カフンブレンド】という商品があります。
    よろしければ、お試し下さい。
    ブレンドハーブティ
     

     〜ハーブティーの入れ方〜

     <材料と道具>1人用
     ・ドライハーブ・・・ティースプーン山盛り1杯
      (フレッシュハーブの場合はその2〜3倍が目安)
     ・熱湯・・・150〜180g
     ・茶こしつきティーポット
      (茶こしがついていない場合は別にストレーナーを用意して下さい。)

     <入れ方>
     1. 使用するティーカップとティーポットはあらかじめ温めておきます。
     2. ティーポットに人数分のハーブを入れます。
     3. 沸騰したてのお湯を静かに注ぎます。
     4. ティーポットの蓋をして、3〜5分蒸らします。
     5. 温めたカップにハーブティーを注ぎます。
      (ティーポットのお茶は、1回ですべてカップに注ぎ切ります。)

     ドライハーブがティーバックに入っている場合は、
     温めたカップに熱湯を入れ、ティーバックを一個入れてから3〜5分おき、
     その後ティーバックを取り出してから飲みます。
     できるだけゆっくりと、楽しみながらお召し上がり下さい。


  2. アロマでスッキリ!簡単蒸気吸入

    マグカップやティーカップを使って行う簡単蒸気吸入は、
    もっとも簡単な花粉症対策です。
    オフィスなどでも手軽にできますし、
    症状を悪化させるストレスの発散にもなると思いますので、是非、お試し下さい。
    また、お家で行う場合は、
    毎日外から帰ったら行う…という習慣をつけるといいですね。

    <蒸気吸入の方法>
    マグカップやティーカップに熱湯を入れ、、
    精油(ユーカリorティートリー)を1〜2滴落とし、
    立ちのぼる精油成分を蒸気とともに吸い込みます。
    蒸気吸入
     
    ユーカリやティートリーの精油は、消炎作用があり、
    粘膜の充血を改善し、症状を鎮めます。
    また抗菌作用もありますので、お部屋のハウスダストの浄化にも役立ちます。

  3. ストレス発散!アロマ手浴&アロマバス

    花粉症の症状やストレスによる緊張が強い時には、
    筋肉が緊張し、姿勢が前かがみに萎縮し、呼吸が浅くなっています。
    簡単にできる手浴で手から緊張を解きほぐし、
    リラックスした状態を思い出すだけでなく、
    症状そのものを軽減させることができます。
    また、手荒れやしもやけ、手の使いすぎからくる肩こりや頭痛にも効果的です。

    <手浴の方法>
    洗面器に40℃くらいのお湯を張り、精油を2〜3滴垂らし、かき混ぜます。
    そこに手首まで入れ、そのまま10〜15分くらいつけておきます。
    精油のおすすめはユーカリ、ラベンダー、ティートリー、ローズマリーなどです。
     
    これは、もちろんバスタイムにも応用できます。
    上記の精油を湯船に3〜5滴落として、
    香りをゆっくり吸い込みながら温まります。
    お肌が弱い方は、天然塩大さじ2杯にお好みの精油を3〜5滴加えて
    湯船に入れて下さい。
    内臓に負担がかからないよう、みぞおちの下くらいまでの半身浴を
    20分くらいするともっとも効果があがるといわれます。
    温度は38〜40度くらいまでがいいでしょう。
    香りをしっかり感じながら、頭をからっぽにして
    ゆったりとしたバスタイムをお楽しみ下さい。
    この時、キャンドルを2〜3個用意し、電気を消してみてもいいでしょう。
    ゆらゆら揺れる炎を眺めているだけで、心が穏やかになってきます。
    炎には浄化する力がありますので、おすすめです。
    アロマバス

  4. 鼻がス〜ッとするアロマブレンドオイル

    鼻がムズムズする時は、キャリアオイルに精油を混ぜ、
    ブレンドオイルを作って、鼻の周りを軽くマッサージしてみましょう。

    <ブレンドオイルの材料>
    ・キャリアオイル(ホホバオイル、スクワランなど)20ml
    ・ユーカリ   2滴
    ・ペパーミント   2滴
    ・ラベンダー   1滴

    上記のブレンドオイルを小鼻の周りや鼻の付け根、
    耳の下やあごの下あたりに塗布し、丁寧にすりこみます。
    鼻がス〜ッと通り、呼吸が楽になるでしょう。

  5. エアーフレッシュナーとリフレッシュマスク

    アロマを使って空気を浄化してくれるエアーフレッシュナーを作って、常備しましょう。
    お部屋にシュッと一吹きすると空気の浄化に、
    そして外出時、マスクにエアーフレッシュナーでしめらせたガーゼをはさむと、
    花粉が入るのを90%カットしてくれますので、
    花粉除去の大きな味方になってくれると思います。

    <エアーフレッシュナーの材料>
    ・ティートリー   2滴
    ・ラベンダー   3滴
    ・レモン   2滴
    ・無水エタノール   5ml(小さじ1)
    ・精製水   25ml
    ・スプレー瓶    
     
    <作り方>
    スプレー瓶に無水エタノールを入れ、各精油を合計7滴入れます。
    精油を溶かしてから精製水を入れ、よく振って混ぜます。
    外出時、それをガーゼにしめらせてマスクにはさみます。
    リフレッシュマスク


    上記にも書きましたが、花粉症対策の主に使っていただきたい精油をまとめておくと、
    「ユーカリ、ティートリー、ペパーミント、ラベンダー」です。
    ユーカリやペパーミントは呼吸器系を楽にし、鼻水などの症状を緩和する作用があり、
    ティートリーは優れた抗感染力、殺菌消毒力があります。
    また、ラベンダーは粘膜が過敏になっているのを鎮める働きや
    花粉症でストレスを感じる心身をリラックスさせる作用があります。
    これらの精油を1〜2本持っていると、緊急の場面でも味方になってくれ、
    花粉症だけでなく風邪やインフルエンザの予防にもなりますので、1年中重宝するでしょう。
以上、ハーブやアロマによる花粉症対策をご紹介しました。

そして、もうひとつ。
忘れてはいけないのは、やはり“食事療法”です。
戦後、日本人の食生活はどんどん欧米化し、高たんぱくすぎる食事やカロリーの摂り過ぎ、
偏食に傾く傾向が強くなってきましたが、
このことも花粉症人口を増やしている要因のひとつといわれているからです。

たとえば、肉・卵・牛乳などの高たんぱくの食品を摂り過ぎると、
消化酵素の分泌が追いつかず、アミノ酸を十分に分解できないまま腸に吸収され、
分解が不十分なまま吸収されると、体はそれを異物とみなして抗体が増え、
アレルギーを引き起こす要因となるといわれますし、
油類や白砂糖はアレルギーを促進し、発症する大きな引き金になると考えられています。

そこで、食生活の対策も必要になります。
前回の情報でも、「バランスのとれた食事&心が楽しい食事」をご紹介していますので、
そちらも参考にしていただきたいと思いますが、
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0901.html
今回は、花粉症対策の食生活のポイントを以下の3つにまとめてみました。

  1. 主食はなるべくご飯にする。

    毎日の食事の主食は、なるべくパンではなく、ご飯にします。
    パンは、油脂や砂糖が入っているものがほとんどですし、
    パンを主食にすると、おかずは肉食や油ものになりがちになり、
    腹持ちが悪いため間食をしやすくなります。
    ご飯だと噛む回数も増え、腹持ちもよくなります。

  2. おかずは、和食を中心に。

    おかずは、免疫系に負担をかける肉・卵・乳製品・油類の摂取を控え、
    季節の野菜や魚を中心に摂るようにします。
    野菜を多く摂ろうと思うと、煮物やおひたしなどの和食が中心になるでしょう。

  3. 発酵食品を多く摂る。
    味噌・納豆・漬物などの発酵食品は腸内の環境を整え、
    アレルギーの防止につながります。
    是非、積極的に摂りましょう。
つまり、花粉症によい食事とは、
「ご飯・魚と野菜のおかず・味噌汁や納豆(漬物)」のシンプルな食事。
毎日食べたいものを我慢しすぎるのは、ストレスになるのでよくないと思いますが、
このことが頭にあると、選ぶメニューや料理をする食材が何となく変わってきませんか?
是非、頭の片隅に入れていただき、毎日の食事を楽しく、五感をフルに活用しながら
味わっていただきたいと思います。

 

さあ、これから本格的な春がやってきます。
山菜やタンポポなど春の始めに収穫する植物は、
利尿作用の高いものが多いそうです。
春の始まりには
「冬の間に身体の中に溜まった毒素を排出するといい」
と言われますので、
それらの植物を今の時期に摂取するということは
理にかなっていますよね。
自然の恵みの素晴らしさには、
本当に感服するばかりです。

花粉症も身体の中に水分が滞留することも
要因になるそうですから、
是非、この時期に季節の物をいただいたり、
上記の浄化のハーブティーなどを
毎日積極的に摂取したりして
いただきたいと思います。

イメージ
花粉症の症状の改善だけでなく、身体が浄化されて日に日に軽くなったり、
肌の状態もよくなったり…と、嬉しいことがたくさん待ちうけているかもしれません。
是非、毎日の生活に取り入れて、習慣にして下さいね。

次回は、「季節の変わり目を心地よく過ごすために…ココロ編」をお送りします。
是非、お楽しみに(^-^)

<参考文献>
・アロマテラピーの事典  林真一郎著
・アロマテラピーの教科書 和田文緒著
・おいしく飲んで美しく健康に ハーブティー 佐々木薫監修
・アロマテラピーを楽しむ生活 加藤理恵 市村真納著
・目で見るからだのメカニズム 境 章著
・からだのしくみ事典 浅野伍朗監修
TOP
 
copyright(c) since2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.