mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2009年2月 肌トラブルを防ぐ生活習慣のススメ その2

イメージ

立春が過ぎ、暦の上では春ですが、
まだまだ寒い日もありますね。
皆さまは、いかがお過ごしですか?
私は寒いのがとっても苦手なので^^;
うららか〜な春の訪れが、
つくづく待ち遠しく感じる今日この頃です。

さて、現在、お肌の乾燥や
トラブルなどのお悩みを
抱えていらっしゃる方が非常に多いことは、
先月のこちらの情報でお伝えしましたね。
そして、お肌のトラブルを防ぐための
身体の内側からのケア、
基本の生活習慣をみてきました。

 

これから寒さがだんだんと緩んでくるので、
お肌は“潤いを取り戻す”と安心しがちですが、
冬の寒さの後遺症で、むしろ乾燥や肌荒れが進む時期です。
また、季節の変わり目はアレルギーと関連してお肌が荒れるという方も多いので、
これからの季節こそ、しっかり自分に合ったケアをしていく時なのです。
そこで今月は、<肌トラブルを防ぐ生活習慣のススメ その2>として
スキンケア編をお送りしたいと思います。

肌トラブルをできるだけ防いで、いつも健康な肌でいるためには
前回お伝えした内側からのケア以外にもうひとつ、
「自分の肌の状態をよく見て、それに合わせたスキンケアをすること」が大切です。
それゆえ、お肌のトラブルを防ぐには欠かせない普段のスキンケアを
今一度、見直していただきたいと思います。

今回、クレンジングから一連のスキンケアの流れにそって、
一つずつポイントをあげていきますので、
今、お肌の調子がよい方も、是非、ご自身の毎日のケアと照らし合わせてみて下さい。
また、現在お肌の調子がよくない方は、
その原因のひとつがわかるきっかけになるかもしれません。
最後に肌が荒れてしまった時のケアの方法も書いていきますので、
参考にしていただきたいと思います。

<肌トラブルを防ぐスキンケアのポイント>
イメージ

  1. クレンジング

    普段メイクをされる方は、クレンジング剤を
    毎日使うのではないかと思いますが、 意外とご存じないのは、
    「クレンジング剤は、スキンケアの中で一番お肌を傷めやすい」ということです。

    油性のお化粧は、水にはなじまないので、
    リキッドファンデーションなどのメイクアップ料を浮かせるためには
    クレンジングは必要です。
    ですが、クレンジング剤には、油分と水を混ざりやすくするために
    “界面活性剤”が含まれています。
    界面活性剤はクレンジングや洗顔料などに含まれていて、
    メイクアップ料を落とすには不可欠なものなので、
    ある程度は仕方がないのですが、配合されている量が多いと、
    肌の潤いを奪い、肌を傷める結果となります。
    実際に、肌トラブルの原因がクレンジング剤にあったということも
    少なくありません。
    ですから、この時期はとくに、なるべく界面活性剤の少ない
    お肌に負担の少ないものをお使いいただきたいと思います。
    では、その“界面活性剤”の配合量は、何で判断すればよいのでしょうか?

    それは、クレンジング剤の“タイプ”で、ある程度はわかります。
    現在、クレンジング剤はクリーム、ミルク、ジェル、オイルと
    様々なタイプが出ていますが、そのタイプによって、
    界面活性剤の配合量にかなりの差があります。

    この中で一番配合量が多いのは“オイルタイプ”です。
    油分をたくさん含むので、油性のメイクアップ料とのなじみがよく、
    洗浄力が強いため、バッチリメイクをした日にも
    スルッとメイクが落ちるのですが、
    たくさんの油分を水と混ざりやすくするために、
    その分大量の界面活性剤が使われている場合があります。

    逆に界面活性剤が比較的少ないものは、
    “クリームタイプ”“ミルク(乳液)タイプ”“ジェルタイプ”です。

    お肌にとって負担をかけないものという点で考えると・・・
    メイクが薄い場合はクリームタイプ、
    メイクを普通にした場合はミルク(乳液)タイプか
    ジェルタイプがよいのではないかと思います。

    また、最近“ふき取りタイプ”のクレンジングが
    「手軽に使える」と人気のようですが、
    これは、一番肌への負担が大きいのでおすすめできません。
    ふき取る刺激がお肌を傷めやすく、毎日使うと肌トラブルの原因にもなります。
    この時期はとくに使わないほうがいいでしょう。

    そして、もうひとつ。
    クレンジングの仕方を見直してみることも大切です。
    クレンジングだけでメイクを落とそうとすると長時間になり、
    お肌を傷める結果となります。
    肌への負担が多いクレンジングは、なるべく短時間で
    すばやく落とすことがコツです。
    ぬるま湯で流した時点で少々残っても、その後の洗顔で落ちるので大丈夫です。
    そして、クレンジングの時にお顔のマッサージを!と
    うたっている雑誌などをたまに見ますが、
    これはクレンジング剤のお肌への負担を考えれば、やめた方がいいと思います。


  2. ダブル洗顔

    メイクをした日は、クレンジングに加え、洗顔料を使った洗顔が欠かせません。
    その洗顔料は、どのように選べばいいのでしょうか。
    色々なタイプがありますが、 ポイントは、形状にこだわらず、
    「洗いあがりがさっぱりするかどうか」です。
    これは、きちんと汚れを落とす洗顔料かどうかの判断基準になります。

    汚れがきちんと落ちた肌は皮脂も一緒に落ちるため、
    ある程度のつっぱり感があるのが普通です。
    最近は、洗いあがりがしっとりするような洗顔料が増えていますが、
    これは、油分が含まれている場合が多いようです。
    そうすると、洗顔後肌に油膜を作り、
    その後の化粧水や美容液が浸透しづらくなりますし、
    肌に残った油分は、時間が経つと酸化して肌あれの元にもなります。
    あくまで洗顔料は、「汚れを落とすこと」に専念したものの方がお肌のためです。

    また、人間の皮膚は弱酸性に保たれているため、
    顔料も弱酸性のものを使った方が肌によいと
    思っている方も多いようですが、これは正しくはありません。
    弱酸性の洗顔料を使っても、水道水は中性なので、
    洗顔後お肌は一時的に中性に傾きます。
    これは、弱アルカリ性の洗顔料を使っても同じことです。
    肌には自分で弱酸性に戻す自然治癒力があるので、
    そこにはこだわらなくてもいいと思います。

    様々な洗顔料がありますが、しっかりと落ちて、
    肌に余分なものが残らない洗顔料の代表は・・・というと、
    実は“浴用の固形石鹸”です。
    これは、きっとどのお宅にもひとつはありますよね。
    ただ、これでは洗浄力が強すぎるという方もいらっしゃるでしょう。
    そういう方には“洗顔石鹸”がよいと思います。
    洗顔料は、クレンジングほど肌に負担がかかるものではないので
    今、お使いのもので何もトラブルがなければ 、
    買い変える必要はないかと思いますが、
    新しく買われる時は、是非、試してみて下さい。

    また、最近「朝は水(もしくはお湯)ですすぐだけ」という
    洗顔法が流行っているようですが、これは肌質や年齢を選びます。
    すべての肌質の人に合う方法ではないということを覚えておいて下さい。
    寝ている間に出ている皮脂の汚れは、水やお湯では落ちません。
    肌に残った油分は酸化されて、肌トラブルや肌老化の原因にもなりますので、
    基本的には、朝も洗顔料を使う洗顔を行った方がよいと思います。
    そして、最後に肌を傷めない洗顔のしかたを書いておきますね。
    是非、参考にして下さい。


    <洗顔のしかた>
     
     1、手を洗い、顔をぬるま湯で少しぬらします。

     2、手の平やネットで洗顔料をたっぷり泡立てた後、
       顔全体にこすらないようになじませていきます。
       この時、できるだけ細かい泡をたくさん作るのがポイントです。
       泡が多いと汚れの粒子がつきやすいので、力を入れて洗わなくても
       汚れが落ちやすくなるからです。
       

     3、泡でふんわりと包むようにして、指に力を入れずに
       卵を割らない程度の力でなじませていきます。
     
     4、最後に人肌くらいのぬるま湯で、すばやく丁寧に洗い流します。
       髪の生え際やこめかみ、あごの輪郭部分などに
       すすぎ残しがないかチェックします。

     5、タオルを顔にそっとあて、水分を吸収させます。
       その時、こすらないようにしましょう。

  3. 保湿(基礎化粧品の選び方)

    年齢とともに、肌の中にあるセラミド(角質細胞間脂質)などの
    保湿成分や水分量は、残念ながら減ってきます。
    昔と同じケアをしていても、乾燥してきたと感じるのは当たり前のことです。
    肌の中の水分不足で肌の乾燥がすすむと、バリア機能が低下し、
    化粧品や紫外線など外部からの刺激に弱い敏感肌や肌トラブルにつながります。
    そこで、肌の水分を保持するための保湿成分を
    化粧品で補ってあげることが必要になります。
    スキンケアの基本は、やはり「保湿」です。

    そのためには、ある程度正しい知識が必要だと思います。
    化粧品会社の宣伝のためか、昔から「保湿には何がなくても化粧水」と
    思っている方も多いのですが、 配合されている成分量を考えると、
    それは正しいとは言えません。
    化粧水の大半は、水で作られているからです。
    肌の水分や保水力を保つのに必要なのは、水ではなく保湿成分です。
    化粧水は、洗顔後の水分が蒸発しやすくなっている肌への水分補給や
    中性になった肌を弱酸性に戻して肌を整えるためには
    よいアイテムだと思いますが、保湿機能の高い成分が
    たくさん配合されているものではありません。
    保湿・バリア機能の強化という意味では、
    こだわりたいのは、化粧水より、
    保湿機能の高い成分を配合した“美容液”です。

    一口に美容液といっても、色々なメーカーから
    美白用やシワ対策用など様々な「○○美容液」が出ていますね。
    ここでいう美容液は、“保湿用の美容液”です。
     
    保湿機能の高いもの、たとえばセラミドや
    スフィンゴ脂質(セラミド以外の角質細胞間脂質)、
    ヒアルロン酸、水溶性コラーゲンなどが入っている
    美容液をひとつ持っていると役に立つと思います。
    セラミドは油溶性の成分なので、美容液や乳液、
    クリームにしか入れることができません。
    また、ヒアルロン酸や水溶性コラーゲンは水溶性の成分なので
    化粧水にも配合できますが、 濃度が高くなると粘性が出るため、
    濃度が高いものは トロッとした美容液タイプの
    化粧水か美容液になるでしょう。

    (※保湿機能の高い成分については、
    「2005年11月 とことん保湿!!」
      http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0511.html
    「2006年11月 肌の乾燥のしくみを知ろう」
      http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0611.html
     にも詳しく書いていますので、あわせてご覧下さい。)

    また、巷では、かなり昔から
    「化粧水で肌の水分を補って、その後は乳液やクリーム(油分)でフタをする」
    という美容知識が根づいていましたよね。
    それゆえ、化粧品メーカーもこぞって「化粧水+乳液」の
    セットでの購入を宣伝していたように思います。
    でも、これは正しいことではないことが徐々にわかってきました。
    肌の水分は、皮脂などの油分でフタされているのではなく、
    「肌の中のセラミドなどと結合されることによって維持されている」
    ということが明らかになってきたのです。
    各メーカーとも、アイテムとして乳液に代わり、美容液を出してきたのは、
    そのためもあるのかもしれません。
     
    ですから、「化粧水+乳液」でなくてもいいのです。
    ただ、前述したセラミドなど保湿機能の高い油溶性の成分が
    配合された乳液や 乳液タイプの美容液も、
    現在たくさん売り出されているので、「油分でフタ」という考え方でなく、
    「保湿するために乳液を使う」のはよいことだと思います。
    そして、乳液には油分も多く含まれていますので、
    この場合は、30代半ば〜後半くらいまでの方は
    さらにクリームを使う必要はないでしょう。
    油分の与えすぎは、肌トラブルの元です。
    ただ、年齢を問わず目元や口元は皮脂腺が少ないので、
    そのあたりはご自分の肌の状態を見て、クリームを取り入れても良いと思います。

    また、少々話がそれますが、
    よく「基礎化粧品のラインは、同じブランドやメーカーのもので
    そろえた方がいい」といわれますよね。
    それは、そうともかぎらないと思います。
    大切なのは成分ですから、わざわざ同じメーカーのもので
    揃える必要はありませんし、
    他社のもの同士を組み合わせても問題はありません。
    また、「化粧水→美容液→(乳液)or(クリーム)」と
    すべてを毎日使うこともありません。
    季節や日々の体調などを見て、自分で調節できるようになるのが一番だと思います。

    是非、健康な肌を保つための保湿を考えた上で化粧品をお選びいただき、
    ご自身の肌の状態に合ったケアを心がけていただきたいと思います。

  4. ファンデーション

    ファンデーションも、現在、クリームタイプ、
    練り状タイプ、パウダータイプ・・・と
    あらゆるタイプのものが出ていますね。
    まず、クリームファンデーションは、
    分離しやすいので乳化剤(界面活性剤)で乳化し、
    安定させてあるため、それがお肌の刺激になることがあります。
    また、練り状のファンデーション(スティックタイプのものもあります)は、
    水を含まないので乳化剤や防腐剤が必要がなく、
    クリームファンデーションより刺激が少ないといえます。
    ただし、油分を多く含んでいるので、ニキビができやすい人には要注意です。
     
    そして、もうひとつがパウダーファンデーション。
    乳化剤や防腐剤は含みませんし、油分を含まないので、
    ファンデーションの中では、比較的肌にやさしいと言えるでしょう。
    また、パウダーファンデーションより
    さらに刺激が少ないのが“粉おしろい”。
    パウダーファンデーションや粉おしろいは
    粉浮きするので好きではないという方は、
    普段、お使いのもので大丈夫であれば問題はないのですが、
    肌の状態があまり良くない時は、
    一時でもパウダータイプに切り替えた方がよいかもしれません。

    また、これはファンデーションにかぎったことではないですが、
    “防腐剤”の入っている化粧品が肌トラブルの元になると
    敬遠される方は多いようです。
    防腐剤とは、化粧品に雑菌やカビなどがつくことを
    防ぐために入れるもので、 以前、表示成分に指定されていたので
    気にされるのだと思いますが、 今はかなり安全性が高くなっていて、
    実際に防腐剤による化粧品トラブルはごく少数です。
    メーカーでもその点を充分考慮して、より安全な防腐剤を使っていますので、
    過度に心配をしなくてもよいのではないかと思います。
    逆に防腐剤が入っていない化粧品は、開封後すぐに腐敗しやすく、
    かえって肌トラブルを引き起こす場合もあるので、注意が必要です。

  5. 女性ホルモンとスキンケア

    女性の身体は、1ヵ月の中で大きく変わります。
    それは「月に1度排卵して生理がある」というしくみを持ち、
    ホルモン分泌の変化があるからです。
    そして、このホルモン分泌の変化は、当然肌にも大きく影響しています。
     
    まず、女性ホルモンには「黄体ホルモン(プロゲステロン)」と
    「卵胞ホルモン(エストロゲン)」の2種類があります。

     
    プロゲステロンは、生理前に分泌されるホルモンです。
    生理前のむくみやイライラは、このプロゲステロンの影響です。
    皮脂分泌を増やすのでニキビができやすくなったり、
    シミもできやすくなったりします。
    この時期は肌の状態が不安定なので、
    できるだけ刺激の少ない化粧品を使いましょう。
    ニキビができやすいからといって、作用の強いニキビ用の化粧品は使わず、
    1日2度の洗顔をした後は、できるだけ保湿を心がけて下さい。
    また、シミができやすいので、肌への刺激が少ない
    “紫外線吸収剤不使用の日焼け止め(※)”などで
    紫外線対策はしっかり行った方がよいでしょう。

    日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤が肌に対して
    刺激になることも多いようなので、
    配合されていないものを選びます。
    通常、パッケージなどに「紫外線吸収剤不使用」
    「ノンケミカル」と表示されています。
    また、冬から春にかけてはSPF20〜30、PA++くらいの
    値のものがいいでしょう。

    一方、エストロゲンは、生理後から排卵までの間に一番分泌され、
    肌の水分量を増やしたり、肌の真皮層にあるコラーゲンを維持したり、
    余分な皮脂を抑える働きがあります。
    この生理後から排卵までの時期は、肌の状態がもっとも安定していて、
    ケアの効果が出てきますので、 美白やピーリングなど
    アンチエイジングに積極的なケアを行うのもよいでしょう。
    是非、ご自身の生理周期と肌の状態を見ていただき、
    合わせたケアを心がけて下さいね。

  6. 肌が荒れてきた時には・・・

    上記の1〜5を意識して試しても、
    肌がカサカサしたり、荒れてきてしまった場合には・・・
    もちろん、ひどい場合にはすべてのスキンケアを一度やめて
    皮膚科を受診していただきたいと思いますが、
    少しカサカサしてきたかな?という程度の時には、
    自分で改善するためのスキンケアを試してみて下さい。
    肌が一度荒れてしまうと、肌から水分がどんどん蒸発してしまいます。
    荒れているからといって何もしないでいると、さらに荒れる一方なので、
    肌が荒れている時でも保湿はしっかりする必要があります。
    ただ、肌にしみないものを選んで使いましょう。
    化粧水など水っぽいものはしみやすく、
    油分の多いもの(乳液やクリーム)の方が肌へのあたりはやさしいと思います。
    また、肌が荒れている時も日中の紫外線対策は必要ですから、
    保湿クリームをしっかり塗った後、肌への負担がすくない
    ルースパウダーや粉おしろいをつけ、 紫外線はできるだけ防いで下さい。
    (SPF値などが書いていなくても、すべてのルースパウダーや粉おしろいには
     紫外線を防止する効果があります。)
    家に帰ったら、すぐにダブル洗顔をして、その後また保湿クリームを塗り、
    肌の水分蒸発を防ぎます。
    これをしばらく続けていれば、次第に肌が落ち着いてくると思いますので、
    様子を見てみて下さい。
    ただ、慢性的に繰り返し荒れるようであれば、皮膚科を受診して下さいね。

以上、肌トラブルを防ぐ毎日のスキンケアを見てきました。
いかがでしたか?
普段やっていらっしゃることばかりだったでしょうか?

スキンケアの方法については、おそらく雑誌や化粧品メーカーのカウンター、
エステティックサロンなどでしか教わるところがないのではないかと思います。
それゆえ、意外と自己流にやっていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

考えると、ずっと以前の私もそうだったように思います。
これは私自身の体験ですが、ある日、突然顔に吹出物がば〜っと出来て初めて、
その原因がわからず「何がいけなかったの〜!?」と困惑したことがありました。
でもその時、まず今までの自分の生活全般を振り返ってみて・・・はたと気がついたのです。
色々な意味で自分に負荷をかけすぎていたかも・・・
だから、肌に出たのかも・・・と。

そしてその後、生活の中で改善できるところは改善して、
体調や肌の状態をしっかり見ながら、愛情をかけてせっせとスキンケアをしていくうちに
少しずつ肌の状態はよくなり・・・今は、吹出物はほとんど出なくなりました。
それから、ああ、なるほど、肌はやったことに応えてくれるんだなぁ、
そして、それらのことは自分を振り返ることや顧みることの大切さを
教えてくれたのかもしれないなぁと思ったのです。
その時、吹出物がば〜っと出なければ、
もしかしたら、今も自分を振り返ることもしていなかったかもしれませんから。。。

 

もちろん、自己流でのスキンケアで何のトラブルもなく、
お肌の調子もよいという方は
わざわざケアの方法などを変える必要はないと思いますが、
スキンケアを今一度見直すことも、自分を振り返る
ひとつのきっかけになるのではないかと思いますので、
よろしければ、この機会に是非。

さて、これからの季節の変わり目は、
さらにお肌にとって過酷な時期です。
是非、前回と今回の情報を参考にしていただき、
トラブルのない健康な素肌を保っていただきたいと思います。
皆さま、頑張りましょう!!



イメージ
<参考文献>
・「スキンケア・ナビ」  まのえいこ著
・「スキンケア基本辞典」 吉木伸子著
・「スキンケア悩み解消」 吉木伸子著
・「大人の本当に正しいスキンケア」 吉木伸子著
TOP
 
copyright(c) since2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.