mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2009年1月 肌トラブルを防ぐ生活習慣のススメ その1

新たな年になりました。
皆さま、いかがお過ごしですか?
昨年末から何かと暗い話題が多く、
年が明けても、世の中全体が暗く沈みがちに感じる今日この頃ですが・・・
そんな時だからこそ、背筋をしゃんと伸ばし、
気持ちをしっかり強く持ちたいものですね。

皆が良い方向にいくように、
私達ひとりひとりが心底祈れば…祈り続ければ、
時間はかかっても、地球上のエネルギーが必ずプラスに変わってくると私は信じます。
おひとりおひとりが発するプラスのエネルギーは、本当に強いものですから。
是非、祈りのエネルギーをどんどん発していきましょう。
おひとりおひとりの祈りが大きなエネルギーになりますように。。。

そして、2009年、皆さまのご健勝とご繁栄を心よりお祈り申し上げます。


さて、話はガラッと変わりますが、
今年最初のNaturalbeauty & healing情報になります。
しばらくチャクラやヒーリングについての
情報が続きましたので、今回は、お肌についての
お話をしたいと思います。

というのも、
現在、お肌の乾燥やトラブルなどのお悩みを
抱えていらっしゃる方が
非常に多いことが気になるからです。

イメージ



昨年末から雨の日が少なかったせいか、
大気の乾燥度が例年に比べて増していることも関係しているのかもしれません。
湿度が30%以下になると、どうしても肌から水分が蒸発しやすくなります。
また、肌の乾燥がすすむことでバリア機能が低下し、
化粧品や紫外線など外部からの刺激に弱い敏感肌になりやすくなるため、
何をつけてもしみてしまうような肌トラブルや
乾燥が原因の吹出物などが起こりやすくなります。

そこで、そのつらいお肌のトラブルをどうにか防いでいただきたい…
悪化しないようにしていただきたい…と思うわけですが、
それには、まず、なんといっても、
“身体の内側からのケア・生活習慣”を見直していただくことは欠かせないと思います。

お肌が荒れて敏感になり、何をつけてもしみるような時には
速やかに皮膚科を受診し、治療するをおすすめしますが、
それと同時にしていただきたいのが、
ご自分の「生活習慣を見直してみること」。
これは、皮膚科の先生もよくおっしゃることですが、本当にその通りです。

肌トラブルの原因はひとつではありません。
乾燥の他、ストレス、ホルモンバランスや自律神経の乱れ、ビタミン類の不足・・・
様々なことが要因として考えられ、これが複雑に絡み合っているともいわれます。
ですから、肌トラブルが起きてから「何が原因かわからない」
また「何をしたらよいかわからない」という方もとても多いのです。
私にも経験がありますが、こういう状態はとてもつらいですよね。


そこで、お肌の状態をよくするひとつの方法が
あるとしたら・・・

それは、やはり“生活習慣の改善”ではないかと思います。
色々な方のお肌、そして自分の肌と接してきて
つくづくそう感じるのです。
日々の生活において、生活習慣を整えることこそが、
“肌機能や肌の再生力を高めること”の一番の近道、
つまり、肌トラブルが起きにくい肌への近道だと思います。

イメージ


さあ、それでは、
肌トラブルを防ぎ、健康な素肌を保つための生活習慣(内側からのケア)を
具体的に見ていきたいと思います。
ひとつひとつは基本的なことですが、今一度、これらを意識し直してみましょう。
毎日お忙しい方は、「わかっていてもなかなかできない」ということも
あるかと思いますが、2009年は、是非、ご自身ができることから
少しずつ始めてみて下さいね。

  1. 質のいい6時間睡眠を目標に!

    生活習慣の中でお肌にとって最も大切なのは、ズバリ“睡眠”です。

    お肌への影響は食事や化粧品よりずっと大きいのです。
    なぜなら、人間の身体の細胞は、夜寝ている時に生まれ変わるからです。
    睡眠がしっかりとれていないと肌細胞の再生がうまくいかず、
    それが続くと、肌荒れやお肌の老化につながります。
    また、睡眠不足で自律神経の働きが乱れると、
    ホルモンバランスが崩れ、肌代謝や免疫力が低下するため、
    肌のトラブルも起きやすくなります。

    そこで、質のいい6時間以上の睡眠を目標にしたいわけですが…
    お仕事などで帰りが遅い方は、これはなかなか難しいですね。
    サロンでお話を伺っていても、睡眠が5時間以内という方が少なくありません。
    ですが、今年こそは「今までより睡眠を摂ること」を意識しながら
    生活をしてみませんか?

    たとえば、夜頭が冴えてしまうようなパソコンや
    テレビを見る時間を極力減らし、安眠に向かう体制を作る…
    帰りが遅くなったら、食事を省いてでもその時間を睡眠にあてる…
    などをお試しいただきたいと思います。

    朝起きる時間にもよりますが、12時〜12時30分までに布団に入るのが理想です。
    そして、できるかぎり毎日一定の時間に布団に入るようにして下さい。
    人間の身体には“サーカディアンリズム”といって、
    地球の自転リズムに合わせて昼間活動し、
    夜になると休息をとるという体内リズムがあります。
    布団に入る時間が日によって違うと、体内リズムが狂い、
    肌再生に欠かせない成長ホルモンの分泌がスムーズにいかなくなるのです。

    また、眠り始めの3時間は、その成長ホルモンが分泌されるので、
    特にこの3時間の睡眠の質が重要になります。
    眠る前にぬるめのお風呂に入って、出てから30分以内に布団に入ったり、
    ティッシュや芳香拡散器にご自分のお好きな香りの精油を
    2〜3滴たらし、枕元に置いて芳香浴をしたり・・・
    ほんの少しの工夫で、質のよい眠りにつくことができると思いますので、
    眠りが浅いという方、よく眠れないと感じる方は是非これらをお試し下さい。

    安眠にいざなう精油は、ラベンダー、スイートマージョラム、
    フランキンセンス、サンダルウッド、ベルガモットなどです。
    でも、ご自分がその日に心地いいと感じる精油が一番効果的だと思います。
    イメージ

    ※睡眠に関しては、「2008年2月 身体の芯から温め、質のよい睡眠をとろう♪」
     http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0802.html 
     でも取り上げていますので、よろしければあわせてご覧下さい。

  2. バランスのとれた食事&心が楽しい食事

    「お肌には○○を食べるといい、健康には○○がいい」と
    巷では色々な情報が出てきますが、何かだけを食べて急に調子がよくなったり、
    肌に若さがよみがえったり…ということは考えられません。
    一番大切なのは、やはり毎日の食事の“バランス”です。
    昔から「1日30品目を目標に」と言われますが、まさにこれが理想。
    30品目はなかなか難しいですが、
    できるだけ色々な食材を少しずつ摂ることを心がけてみましょう。

    人間の肌はたんぱく質で作られているので、
    しっかりたんぱく質を摂取しているか、
    肌の老化や肌荒れの原因となる活性酸素を除去する抗酸物質が
    多く含まれる美肌のための栄養素…ビタミンA(βカロテン)・
    ビタミンE・ビタミンCを摂取しているか、さらに、エストロゲン様作用のある
    イソフラボンなどの成分を摂取しているか、糖質代謝を促したり、
    皮膚や粘膜を強くしたりするビタミンB類を摂取しているか…など、
    身体に入る栄養素を考えながら食事を摂ると、
    自分に足りないものが見えてくると思います。

    また、食事だけで肌トラブルを改善することはできませんが、
    トラブルを予防したり、治りをよくするのに大いに役立ちますので、
    以下のお悩み別のおすすめ食材は覚えておくと便利です。

    “肌の乾燥”には、わかめやひじき、のり、こんぶ、プルーン、ごまなど黒い食材。
    特にミネラルたっぷりの海藻類は、お肌に潤いを与える働きがあるので、
    たっぷり摂りたいですね。

    “吹出物”には、玄米や切干大根、大根やレンコン、ごぼう(根菜)、プルーンなど
    食物繊維が豊富なものを摂るとよいでしょう。
    イメージ
    便秘になると、腸内でのビタミンの生産が妨げられ、
    肌荒れやにきびを引き起こす原因になります。
    胃腸の調子を整えて、便秘を解消するために
    食物繊維が豊富なものを積極的に摂りましょう。

    そして、血行不良による“くすみ”には、鉄分が有効です。
    鉄分は、肌の細胞に充分な栄養と酸素を運ぶために重要です。
    不足すると、髪やつめのツヤが失われて、肌の血色が悪くなります。
    鉄分を多く含む食材は、レバーや牡蠣、あさり、ひじきなどです。
    是非、工夫して、これらを料理に取り入れてみて下さいね。

    それから・・・

    食事の内容を考えることと同じくらい大切なのが、
    その時間を楽しむことだと思います。
    食事の時間が楽しいと、食べ物に感謝する心のゆとりが生まれますよね。
    「美味しかった!」と楽しく感謝しながらいただくのと、
    そうでないのとでは、身体への栄養効果が違ってくるともいわれるのです。
    是非、ご家族や恋人、友達と会話を楽しみながら、
    ゆっくり食事をする時間をお作りいただきたいと思います。
    イメージ


  3. 水分は温かいお茶で摂る

    室内が暖かいためか、真冬でも冷たい飲み物を摂る方が意外と多いようです。
    でも、冷たいものは身体を内側から冷やし、血行を悪くさせます。
    美容によいといわれるミネラルウォーターも例外ではありません。
    血行が悪くなると、肌の新陳代謝も悪くなり、
    お肌のくすみ、シミ、にきびなどを引き起こす原因となりますから、
    1年を通して水分は温かいお茶から摂取することをおすすめします。
    温かいお茶を、できればゆっくり時間をかけて飲みましょう。
    以下は、肌荒れ改善や美白、アンチエイジングなどにおすすめのお茶です。

    <肌荒れも改善、美白に>

    ・カモミールティー ・・・・ 腹痛や風邪などの民間薬として知られるハーブティーの代表。
    鎮静作用と消化促進作用に優れ、リラックス作用もあるので
    不眠症や神経性の便秘にも効果的。
    また、ホルモンのバランスを整え、生理不順や冷え性、
    貧血の改善にも役立ちます。
         
    ・ハイビスカスティー ・・・・ さわやかな酸味の成分には梅干と同じクエン酸を含むため、
    日本人には飲みやすいハーブティー。
    赤色に含まれるビタミンCは、身体の疲れを解消して、
    便秘を解消し、肌荒れにも効果的です。
    また、喉の炎症を抑える効果があるので、
    風邪をひいた時や喉を使いすぎた時に飲むとよいでしょう。
         
    ・ローズヒップティー ・・・・ ローズ(ドックローズやスイートブライアー)の花が
    咲いた後にできる実。
    トマトと同じ成分のリコピエンを含み、
    利尿作用や便通をよくする作用があります。
    また、オレンジの10倍、レモンの20倍の
    ビタミンCを含むだけでなく、
    ビタミンAやB群、Eも豊富に含む、
    まさに「ビタミンの宝庫」です。
    美肌効果が高く、生理痛にも効果があることから
    女性に人気のハーブティーです。
    ハーブティー
         
    ・はと麦茶 ・・・・ 穀物のはと麦を焙じて砕いたもの。
    香ばしい香りがあり、とても飲みやすいお茶です。
    利尿作用があり、身体の新陳代謝を
    よくする働きがあります。

    <アンチエイジングに>

    ・ウーロン茶 ・・・・・・・・・ 中国茶の中でも最もポピュラーなお茶です。
    抗酸化成分を多く含み、身体やお肌の老化防止に役立ちます。
    また、体内の脂質の排泄を促します。
         
    ・杜仲茶 ・・・・・・・・・ 落葉樹の杜仲の葉を乾燥させたものです。
    副交感神経に働きかけ、血圧を下げるといわれています。
    また、お肌のコラーゲンの生成を助けます。

  4. 毎日できる骨盤を動かすエクササイズ

    お肌のことを考えた上でおすすめしたいのが“骨盤を動かすエクササイズ”です。
    骨盤の血行が悪くなると、卵巣の機能が低下し、
    女性ホルモンのエストロゲンが減少してしまいます。
    エストロゲンとは、生理後に分泌が高まるホルモンで
    お肌のコラーゲンを増やすなどの作用がありますが、
    30代後半から減り始め、閉経後は急激に低下します。
    エストロゲンの分泌が減ると、お肌のコラーゲンも減ってしまうので、
    アンチエイジングのためにも、またお肌の調子をよくするためにも、
    骨盤を動かすエクササイズはとてもいいと思います。
    ヨガのポーズでもたくさんありますが、ここでのおすすめは簡単にできるものです。
    生理痛などの緩和にもなりますので、是非、お試し下さい。


    <骨盤を動かすエクササイズその1>

     1、肩幅よりかなり広めに足を開き、手は前にまっすぐおろし、深呼吸をします。
       エクササイズ

     2、肩の力を抜き、背中をまっすぐキープしたまま腰から上を
       前に倒していきます。
       エクササイズ

     3、上半身をできるだけ前に倒した状態で、30秒間キープします。
       エクササイズ
      ※これを3回繰り返します。


    <骨盤を動かすエクササイズその2>

     1、両足をやや広めに開き、右足の爪先だけを横に向けます。
       尾骨から頭頂部まで背骨を伸ばすイメージをしながら
       両腕を肩の高さまで上げて横に開き、胸の中心から指先まで伸ばします。
       エクササイズ

     2、息を吸いながら背筋を伸ばし、骨盤はできるだけ正面に向けておきます。
       息を吐きながら左に骨盤を押し出すようにして、上体を右へスライドします。
       エクササイズ

     3、右手をそのまま下ろし、すねのあたりに置き、
       左腕は真上に上げて手のひらを正面に向け、指先はまっすぐ伸ばします。
       息を吸いながら骨盤を締めて上体を起こし、
       息を吐きながら両腕を下ろします。
       エクササイズ
      ※反対も同じように行い、これを1セットとし3回繰り返します。

  5. 自分だけのリラックス法を見つけ、たくさん笑う

    サロンでお話を伺うと、日々の生活の中でストレスを感じていないという方は
    ほとんどいらっしゃいません。
    おひとりおひとり何かしらのストレスを感じていらっしゃいます。
    過度のストレスは血行を悪くし、ホルモンバランスや
    自律神経を乱れさせるので、肌荒れにつながります。
    また、ストレスを感じると体内に活性酸素が発生し、
    肌老化も進んでしまいますから、
    お肌にとって過度のストレスは大きなマイナスです。
    とはいえ、ストレスをいっさい感じないことは難しいですよね。
    それゆえ、ストレスを感じている自分をまずはしっかり受け入れ、
    うまく付き合っていくこと、日々の生活の中で気持ちを
    切り替えることが大切になります。
    それには、自分なりのリラックス&リフレッシュ法を探していただき、
    できるだけたくさん笑う生活を心がけていただきたいと思います。
    笑うことで免疫力がアップすることは、様々な実験で知られています。
    是非、たくさん笑ってお肌の免疫力を高めて下さい。
    イメージ
リラックスする方法は、おひとりおひとり違うと思いますが、
例えば、日々の生活の中にアロマを取り入れる、好きな本を読む、DVDを観る・・・
また、時には温泉に行ったり、好きなアーティストのライブに行ったり、お芝居を観たり、 
マッサージを受けに行ったり・・・
要は、楽しんでリラックスできれば何でもいいのです。
ご自分がこれをすると「楽しい♪」「気分が落ち着く!」ということを見つけて、
日々の生活の中にどんどん取り入れてみて下さい。
 
※ストレスに関しては「2008年4月“心の風邪気味”に気がつこう」
 http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0804.html
 でも取り上げていますので、
 よろしければ、こちらもあわせてご覧下さい。

今回は、お肌のトラブルを防ぐための身体の内側からのケア、
基本の生活習慣をみてきました。
日々のお忙しい中では続けられないと思われることもあるかもしれませんが、
やはり、まずは意識して取り入れてみることが大切だと思います。
始めてみると、お肌の状態に変化が見られるかもしれませんし、
何より意識は変わってきて、ご自分のお肌や身体と
より楽しく付き合うことができるようになるかもしれません。
「美肌は一日にしてならず」・・・ですよね。
私自身も頑張ります(^-^)

まだまだ乾燥している日は続きます。
さらに、これから季節の変わり目の時期、
アレルギーと関連してお肌が荒れるという方も多いので、
是非、上記のことを意識しながら、
トラブルのない、状態のよいお肌を目指していきましょう。

次回は、「肌トラブルを防ぐ生活習慣のススメ その2」として
スキンケア編をお送りしたいと思います。
是非、お楽しみに!

<参考文献>
・「20代からの女性ホルモンバイブル」 中村裕恵監修
・「本当に正しい大人のスキンケア」 吉木伸子著
・「美肌力アップレシピ」 吉木伸子著
・「ヨガが丸ごとわかる本」 Yogini編集部◎編
TOP
 
copyright(c) since2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.