mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2008年12月 “チャクラ”に取り組もう(まとめ編)

クリスマス・イルミネーションが街中を華やかに照らす季節となりました。

イメージ

赤・青・緑…色とりどりの光が、
冬の澄みきった夜空に美しく映えています。
最近は、百貨店やショッピングモールなどの
商業施設だけでなく、
外側のクリスマスディスプレイをされる
お家が増えているようですね。
私の家の周りもきらきらと眩しいです。
皆さまのお家はいかがでしょうか? (^-^)

そして、今年も残りわずかですね。
この時期は「今年のうちにやっておかなければ!」
ということがたくさん出てきたりして、
何となく気持ちが急いてきますよね。
でも、気持ちが焦っている時は、
思うほど仕事や家事ははかどりません。

また、ちょっとしたミスや事故などが起きやすくなりますから注意が必要ですね。
そこで、今やっていることの手を止め、まずは1回深呼吸をしてみて下さい。
そして、ご自身が落ち着くまで深呼吸を続けて下さい。
少し気持ちが落ち着いてきたら、メモを用意して、
今年中に絶対にやらなければいけないことと
来年でも何とか大丈夫なことをわけてみてはいかがでしょうか?
そして、今、やらなければいけないことの優先順位をメモしてみる…
私は、日々これをやっています。
あれもこれも…と思っていると、頭がパニックになるからです(笑)。
優先順位をはっきりさせると、意外と少し気持ちに余裕が生まれるような気がします。
何かと慌ただしくなるこの時期、少し心の余裕を取り戻して、
是非、慌てずに行動して下さいね。

さあ、本題に入りましょう。

今年の5月から連載してきました「“チャクラ”に取り組もう」は、
今回が最終回となりました。
今、私が知りうることをできるだけアウトプットしてきたつもりですが、いかがでしたか?
チャクラやエネルギーについては、
もちろん、これからのこの情報でもどんどん取り上げていく予定ですが、
今回のシリーズはこれでひとまず終了となります。
そこで、今回はこれまでのまとめとしてのお話をしたいと思います。

サロンでお客様の施術をさせていただいていると、
何かしらの“不安”や“恐れ”、“消化しきれていない感情”などを
身体の中に溜めている方がとても多いことに気がつきます。

でも、その状態に慣れてしまって、
それらの原因になっていることを、これまでの人生の中で
心のどこかに追いやってきたことに気がついていらっしゃらない、
または無意識に気がつかないようにしていらっしゃる方が
多いような印象を受けます。

でも、不安や恐れなどの感情は、身体より先にチャクラや
エネルギーの滞りとなってあらわれ、浄化されないと
チャクラに残ったままになってしまいます。
そこで、サロンではレイキヒーリングなどの施術において
その滞りをなくしていくお手伝いをしているわけですが、
やはりヒーリングは共同作業です。
私の身体を通し、お客さまの身体にエネルギーが流れても、
その方の準備が整っていないと状態はさほど変わりません。
無意識ながら、ご自身でそのエネルギーをブロックしてしまうことも
あるかと思います。


イメージ

また、ヒーリングで一時バランスが整い、
状態が回復したとしても、
時が過ぎれば、また元に戻ってしまうでしょう。
それでは、“真の癒し”にはなりません。

そこで、まずはご自身が
その状態に気がつくということが
必要になってきます。
そして、どうしてそうなっているか、
何が原因なのか…
時間をかけて自分と向き合ってみることが
大切になります。


また、自分と向き合っているうちに
そのバランスの欠いた状態を作り出しているのは、
他でもない自分であるということに気がつくのではないかと思います。
そして、その時一緒に気がついていただきたいこと・・・それは、

「その状態を改善していく力が自分には必ずある」

ということです。
この真実を理解することがヒーリングの大きな力になるのです。
そうすると、程度の差はあれ、また、たとえ時間がかかったとしても、
必ず良い方向に変化があらわれてくるのではないかと思います。
それゆえ、ご自分と向き合うということと並行して
チャクラやエネルギーのことを知ることは、 とても大切なことだと思うのです。

チャクラのことを知り始めると、
まず、いかに自分のことが自分ではわからないか…を感じるのではないかと思います。
自分の身体や心とはある程度向き合ってきたという気がしていても、
自分の本質の部分とはちゃんと向き合ってこなかったのでは…と感じるかもしれません。
実は、これは私の実体験です。
私自身のチャクラの旅の始まりは、
「自分のことがわからない?」…そう感じたことをよく覚えています。
チャクラのことを知る旅は、自分のことを知る旅の始まりでもあるのだと思います。

そして、自分を知っていく過程において、
決してやってはいけないことがひとつだけあります。
それは、“自分を裁くこと”です。

これは、意外と誰もがやってしまうんですね。
私達は、それぞれ慣れ親しんだ人達や社会の中で育まれてきた常識や
アイデンティティがあり、その枠の中で「良い・悪い」
「幸せ・不幸」などの基準を決めて生きています。
それはもう、自分の中では絶対のものになってしまっていますから、
それに反しているような気がした場合、またはその中の人達と違うと思った場合、
自分を裁いて責めたり、卑下したりするクセのようなものがあります。
少しでも他人と違うと、自分が間違っているような気分になったり、
「ああ、私はダメなんだ…」と劣等感を覚えたりしてしまうのです。

また、驚くことに私達は、その常識やアイデンティティに執着しています。
執着させられているのではなく、自分が執着しているのです。
というのも、その枠からはみ出したら、
自分がどう生きていけばいいのかわからなくなるからです。

イメージ

でも、常識は“真理”ではありません。
“常識”という言葉を辞書でひくと
「ふつうの人なら誰でも知っている、
また知っていなければいけないこと」
とあります。
その時代の社会の中でいう“ふつうの人”が
“誰でも知っている”ことです。

でも、時代が変われば
“ふつうの人”も変わります。
それゆえ、常識もいとも簡単に コロッと
変わってしまうのではないでしょうか。
千年前の世の中の常識と現在の世の中の常識は、
やはり大きく異なりますよね。
でも、真理はどんなに時代が過ぎようとも
絶対に変わりません。
ですから、常識は“真理”ではないのです。


チャクラのこと、自分のことを知ることによって、
まず、その固定観念、常識への執着をひとつずつ捨てていくことが
大切なのではないかと思います。
それによって、自分が何を大切にして生きていくかが大きく変わるかもしれません。

そして、どういう状態であったとしても、まずは自分を受け入れること…
そういう自分を愛しみながらも冷静に受け入れること…これが大切です。
人は人、自分は自分。ひとりひとりは違って当たり前なのです。
是非、このことを忘れないでいただきたいと思います。

そしてもうひとつ、とても大切なことがあります。
チャクラについて触れていく上で心の片隅に入れておいていただきたいこと…

それは、自分が“魂という存在”であるということです。

もちろん、これも目には見えないことですから信じられないという方も
いらっしゃると思います。
チャクラのことは興味があるけど、
魂とか霊とかそういうことには興味がないという方もいらっしゃるかもれません。
ただ、チャクラやエネルギーのことを知る旅を始めようとすると、
おそらく誰もが、“魂”のことを知らずしては、
先に進めなくなるのではないかと思います。
自分の存在が<心と身体>だけではなく、
<心・身体・魂>という存在であることを理解しないことには
チャクラやエネルギーのことを理解することはできないと思うのです。

自分のチャクラやエネルギーと向き合うということは、
バランスを崩しているところとその原因、または崩しやすいところと
その原因についてじっくり見つめることであるとともに、
「自分の本質は魂という存在であるということ」を自覚するレッスンなのだと思います。
チャクラの状態は、肉体や精神レベルだけでなく、魂にも大いに関係があるからです。
そして、自分の魂の課題がひとつひとつのチャクラに宿っていることに気がつき、
それを実感すると、すべてが理解でき、“魂の癒し”=“真の癒し”の道に
つながっていくのではないかと思います。

さて、少し話はそれますが・・・

インドでヨガを行う人たちの間では、
何千年も前からチャクラ・システムやエネルギーを
“真の癒し”に欠かせないものとして利用してきたそうです。
何千年も前って…すごいですね。
昔の人達は、目に見えないものに対して最初から心を開いていたのでしょう。
それゆえ、その概念が自然に広く認められていたのだと思います。
また、西欧では人間の身体を固体と考えていますが、
もともと東洋では、“空気のような形のない存在”として考えられてきたといいます。
つまり、チャクラやエネルギーの概念のベースは、
東洋の古代文化に属する人々が広めたのです。
ということは、ずっと以前から私達日本の近くにあった概念ということです。

それが、科学が進むにつれ、生命のことを科学の分野だけで考える風潮が
世界全体に広まり、古代の人たちの考えは、一部の国や団体を除いては
影を潜めてしまったようです。

そこで、現在です。
長い年月を経て、今、ようやく新たな時代がきているのでしょうか。
人間にあらゆる意識が芽生えてきたことで、
純粋に科学だけで生命に対応することの限界が認められてきています。
目には見えないけれど大切なもの…
チャクラやオーラ、エネルギーのことなどが、科学者たちの中でも見直され、
何千年も前の祖先たちが心を開いて接し、
それによって見つけた概念が受け入れられようとしているのです。
科学者たちは、予想もつかない生命の現象を
科学的な手段を用いて証明しています。
例えば、“オーラ”は、最近科学機械などで
記録できるようになっていますよね。
古代の絵画などで聖人の身体や頭の上を包むように
白や金の光の輪として描かれていますが、
実際はエネルギーの波動によって生じるものですから、
科学の力で証明できるものなのでしょう。

 

イメージ

これらの先人の智慧を用いながら、
現代科学や医学の技術をドッキングしていき、
西洋医学、東洋医学、
それにチャクラ・システムや
エネルギー療法、他の民間療法、
それに霊的療法などが手を組んで、
それぞれの良いところを持ち合って
人間を見る(観る、診る)ことが
普通の世の中になったら・・・
これからの時代はもっともっと
変わるのではないかと思います。
是非、そういう時代が来てほしいですね。
それには、まずは、誰もが何に対しても
心を開いて見る…ということが大事なのでしょう。
そうすると、自分の視野が
どんどん広がるような気がします。


さて、話を元に戻しましょう。

先ほど言ったとおり、
「ひとつひとつのチャクラに 魂が成長するための課題がある」と言われます。
誰もが、人生という旅の中で一度は
「何のために生きているのだろう。」
「何で死ぬのだろう。」など考えたことがあると思います。
そういう方にとって、これはとても興味深いことではないでしょうか。
チャクラの旅に出るということは、
自分が生きている意味、自分の魂の課題を探求することでもあります。
これを自分の中の深い部分で理解して初めて、
“真の癒し”が生まれるのではないかと思うのです。

それでは、ここで、
これまで見てきた各チャクラに宿る魂の目的と特徴を簡単におさらいしておきましょう。

7つのチャクラの一番下“ベースチャクラ(第1チャクラ)”では、
この地球や社会に根づいて、自分が帰属できる団体(共同体)の中に
しっかりとした自分の足場を作ります。
これは血縁関係にある“家族”であることが多いでしょう。
この団体(共同体)への帰属意識によって、
私たちは生きることの安心感を得て自分との関係を築いていきます。
そして、生きていく上では物質世界と切り離せないつながりがあることを意識させます。

 

また、もっと深いレベルでは、
本質的に自分も他人も個々のものではなく、
<根源的にすべてはつながっている>という
真理を学ぶチャクラです。
私達の魂にはもともと故郷があり、
そこでは個がなく、
すべてがつながっているといわれていますが、
その状態を思い出すチャクラでもあるのです。
イメージ

次に、“ベリーチャクラ(第2チャクラ)”では、
そこから一歩外に目を向け、「1対1の人間関係」を形作っていくことに焦点をあてます。
自分が安心して根づいていられる団体の信念や思考に従うことから
ひとつ外側に目を向け、1人の人間として人との関係を築く番です。
結婚相手、恋人、友人、仕事のパートナーなどその関係を
自分の思い通りにしたいというエゴが
生まれる相手とのパートナーシップの中に生まれます。
そして、このチャクラのエネルギーは、
自分の弱い面や強い面、また課題に気がつかせるために役立つ人間関係を
確実に引き寄せてくる力があると言われます。
つまり、「学ぶ者は準備ができた時に、教師が現れる」ということです。
このチャクラでは、1対1の人間関係において“相手を尊重すること”を学んでいきます。
イメージ

そして、“ソーラー・プレクサスチャクラ(第3チャクラ)”では、
「自分とは何か、外部の世界とのかかわりにおける自己とは何か」
という私たちの内面の力に焦点をあて、
物理的な力の要素が強い下位チャクラは締めくくられます。
“内面の力”“自尊心のエネルギー”“自尊の念の中心”のチャクラであり、
その役割は、“個”としての自分を確立していくプロセスにおいて、
他から教わり備わっているアイデンティティとは別の
“自分自身のアイデンティティ”を育てることを
支えていくことにあるといわれます。
「自分自身との関係を成熟させ、自分の足で立ち、
自分のことが自分でできるか。自分を尊重できるか。」
という課題がこのチャクラにはあるのです。

イメージ

また、私たちの「第六感」、
つまり、人間が生まれながらにして持つ
「サイキックな能力」が
存在している場所ともいわれています。
(研ぎ澄まされた直感の部分は、
  第6チャクラです。)

この「第六感」があることで、
人間は地球の波動エネルギーに触れたり、
高次元の意識にアクセスできるといわれます。
「虫の知らせ」といわれるものも
ここで感知するそうです。
ただ、第3チャクラには表現できなかった
古い感情が渦巻き、苦い思い出が詰まって
満タン状態になっていることがしばしばあり、
それを的確に感知することは
簡単なことではないようです。

さらに、“ハート・チャクラ(第4チャクラ)”は、
人間にとってとても大切な“真の愛”を学ぶチャクラです。
ですから、すべてのチャクラのうちで最も強い力をもちます。
ここでいう愛とは、“博愛”です。見返りを求めない無条件・無償の愛です。
この“真の愛”を学ぶために、私達は何度も生まれ変わっている…といっても過言ではありません。
人は痛みを知って初めて、自分以外の存在をより深く愛することができるものかもしれません。
自分の中にこんなに“愛の心”があったのだ…と気がつくものかもしれません。
ですから、あらゆる出会い、あらゆる局面を経験しながら、
真の愛を学んでいくことに大きな意味があります。
そして、愛の力は純粋なエネルギーそのものであり、
“神”といわれるものの本質であることをハートで理解するチャクラでもあります。
つまり、愛は神の力なのです。
ハート・チャクラは地上の世界と天上の世界を結ぶ架け橋です。
両方バランスをとりながら“霊性の世界と導くチャクラ”なのです。
イメージ

また、“スロート・チャクラ(第5チャクラ)は、私たちの“意志の力”の宿る場所です。
意志と自己表現を学ぶチャクラであり、
あらゆる選択においての自分の意志は、自分や他人にだけでなく、社会や環境や、
もっと広い視点で見ると地球全体に対しても影響力をもつのだ…
ということを学ぶチャクラでもあります。
さらに、このチャクラは下位のチャクラが司る
本能や感情と、これよりもっと上のチャクラが司る
ヴィジョンや知識、理解を結びつけてくれ、
“より高い霊性の世界へと導くチャクラ”でもあります。
私たちが日々判断することや意志において、
“個人としての意志を手放し、
高次の存在(神)の意志に委ねる”
ということがあります。
それは、個人の意志を完全に手放し、
高次元からの声に従う、
もしくは神なるものの存在に委ねる…
ということであり、
最終的には、それが自分の意志の力になるという、
霊的な視点で見ると最も次元の高い目標が
このチャクラには宿っているのです。
イメージ

 

さて、“サードアイ・チャクラ(第6チャクラ)は、
その呼び名の通り「第3の目」と言われるチャクラです。
「第3の目」というのは、形として見えるものではないものを見る目…
物質的な目に見える物事だけでなく、
もっと次元の高い世界で起きていることや
物事の本質を見通す目…という意味です。
“智慧”という研ぎ澄まされた直感力が備わっていて
理性の力や肉体的・感情的・精神的・霊的な知力、
物事を見極める力、自分自身を省みる心の強さが働くチャクラです。
このチャクラが開くと、自分が霊的な存在であることや
自分が今世で経験することのひとつひとつに、
そこから学ぶべきレッスンがあるということに気がつくでしょう。
下位のチャクラを調整し、バランスをとりながら、自分自身の神性が動き出してきます。
サードアイ・チャクラの深い真理は、
まさに“真理・真実のみを求めよ”ということです。
イメージ

最後に、“クラウン・チャクラ(第7チャクラ)”ですが、
このチャクラは、今までのチャクラを統合する場所です。
“悟りと幸福のチャクラ”と呼ばれ、
このチャクラが目覚めてバランスがとれると、私達の命の源である神へと結びつき、
世の中へ光を運ぶ使者になる道が開かれ、私達は「真我を生きる」ことになると言われます。
クラウン・チャクラの大切な霊的な学びは、
「神と意識的に調和し、霊的なつながりを持つ」=「霊性とのつながり」です。
ひとつ前のサードアイ・チャクラ(第6チャクラ)では、
私達の魂を呼び起こし高い霊性の次元へと導きました。
イメージ そしてここでは、それが生活の一部となり、
私達を霊性の次元へと導く力をしっかりと受容します。
神なる存在との親密なつながりを求めるように、
私達を突き動かしていくチャクラなのです。
このチャクラが開いてバランスが整うと、
あらゆるものが宇宙における創造物であり、
霊的な存在だという深い理解に目覚めます。
また、“神なる存在”というものの本質が
“愛”であることも、頭ではなく、
魂レベルで深く実感するでしょう。

以上が7つのチャクラの学び(課題)と目的、特徴についてです。

そして、最後にもうひとつ。
クラウン・チャクラ(第7チャクラ)の上に肉体外の
いくつかチャクラが存在していることをお伝えしておきたいと思います。
これは、より精錬されたエネルギーの質を持っているといわれ、
頭頂より上のオーラの中に位置していますが、
第12チャクラまで考えるヒーラーも多いようです。

例えば、第8チャクラは頭の上にあり、
どなたでもこの位置を確認することができるでしょう。
“ハイアーセルフ(高次元の意識)”や
“宇宙のエネルギー”とつながるチャクラといわれ、
このチャクラが開くことによって自己が開花するといわれています。
私もレイキや他の施術の時、このチャクラへのアプローチをしています。
それより上のチャクラに関しては、
私もこれからじっくり学んでいきたいと思っています。

さて、今回の連載で、少しチャクラやエネルギー、魂の課題などのお話に
興味を持って下さった方はいらっしゃるでしょうか。
先ほども言いましたが、興味を持った時が知る時だと私は思います。
是非、心の赴くまま、下記に記した本などを
読んでみるのもいいのではないかと思います。

チャクラがすべてバランスよくきれいに開き、
その中をエネルギーが滞りなくきれいに回転しながら流れていくと、
私達はしっかりと地に足がつき、他人を尊重しながら自主性も持ち、
活気があり、愛に満ち溢れていて、
スピリチュアルな感性を持って霊的な道を歩みながら、
バランスのとれた生活をすることができるでしょう。
これは、とっても素敵な状態ですよね。
これまで連載してきたお話やセルフヒーリングを、
この素敵な状態に一歩でも近づくための、
また、おひとりおひとりの魂が歩んでいかれる道を
ほんの少し照らすためのもののひとつにしていただければ、
こんなに嬉しいことはありません。

まだまだ、私も勉強していきます(^-^)
是非、ご一緒に!

<参考文献>
・7つのチャクラ キャロライン・メイス著
・チャクラで生きる キャロライン・メイス著
・思いやりのチャクラ キャロライン・メイス著
・チャクラー癒しへの道 クリスティン・ペイジ著
・チャクラ&パワーストーンの癒し ブレンダ・デーヴィス著
・<魂からの癒し>チャクラ・ヒーリング ブレンダ・デーヴィス著
・A NEW EARTH(ニュー・アース) エックハルト・トール著
・トゥルーバランス ソニア・ショケット著
・チャクラパワーを開く メアリー・ホーズリー著
・チャクラヒーリング リズ・シンプソン著
・サトル・アロマテラピー パトリシア・デーヴィス著

 

TOP
 
copyright(c) since2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.