mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2008年11月 “チャクラ”に取り組もう(クラウン・チャクラ編)

晩秋の候、皆さまはいかがお過ごしですか?
朝・夕はかなり冷え込みますね。
思わず、温か〜いお鍋が恋しくなります。
これから、寒さがぐっと増してくるでしょうから、
是非、睡眠をしっかりとっていただき、
お出かけになる時はマフラーやスカーフなどで
首周りを温かくして、
風邪をひかないようにして下さいね。

さて、いよいよチャクラのお話も
残すところ2回となりました。
今回は、頭のてっぺんの
第7チャクラ=クラウン
(王冠、宝冠)チャクラです。
肉体に宿るチャクラの中では
最後の第7チャクラですね。

イメージ

 

 

クラウン・チャクラは、今までのチャクラを統合する場所です。
“悟りと幸福のチャクラ”と呼ばれ、
このチャクラが目覚めてバランスがとれると、私達の命の源である神へと結びつき、
世の中へ光を運ぶ使者になる道が開かれ、私達は「真我を生きる」ことになると言われます。

言葉にすると、何となく難しく感じられるでしょうか。
でも、これから説明する第7チャクラの真理はいたってシンプルです。
ただ、自分で実感することによってのみ理解できるチャクラだといわれます。
ですから、今までの私達の限界を超えるチャクラなのです。
これまでの私達が持っていた知識や論理を超えた理解を実感し、その平和を垣間見た人は、
今までの自分のままではいられません。
「周囲を愛と平和で満たす方向へ」と必ず向かう…といわれる、とても興味深いチャクラです。

では早速、クラウン・チャクラを具体的に見ていきましょう。

第7チャクラは、“クラウン(王冠、宝冠)・チャクラ”と呼ばれ、
『頭頂の真ん中』に位置しています。
クラウン(王冠、宝冠)・チャクラ
このチャクラのエネルギーは、“オーラの境界線”を創り、他人との区別をつけています。
“クラウン・チャクラ”という名前は、このチャクラが他のチャクラと違って上を向いていて、
エネルギーがきれいに回転していると、まるで王冠を被っているように見えるところから
由来しているといわれています。
また、王が神と見なされていた古代の王達は、
手の込んだ頭飾りでこのチャクラを保護していました。
その名残なのでしょう。現代の王族も、やはりこのチャクラを保護するように
クラウン(宝冠、王冠)やティアラを被っています。

また、このチャクラのサンスクリット語の名前は、
“1,000枚の花弁を持つ蓮”という意味をもつ“サハスラーラ”です。
頭頂部から幾重にも重なる1,000枚の蓮の花びらが完全に開いている様が
描かれている絵がありますが、これは、第7チャクラが完全に開いた様子と
天上から降り注ぐ宇宙のエネルギーをあらわしているといわれます。


余談ですが、“蓮の花”は、
インドでは古代から「聖なる花」とされ、
生きる真理の象徴にも使われてきました。
また、しばしば人間のチャクラや
オーラ体系も象徴的に表していると
いわれてきました。

イメージ


湖や川の底の泥の中に根をはる姿は“肉体”の領域・・・
また水中で光に向かって茎を伸ばす姿は“感情”の領域・・・
そして、水面で太陽の光を受けようと一心に葉を広げる姿は“気”の領域・・・
さらにようやく花をつけ、花弁が完璧な美しさで並び、かぐわしい香りを放つ姿は、
肉体を取り巻く“エーテル”の領域・・・それぞれを象徴しているといわれます。

さて、話を元に戻しましょう。

次に、このチャクラが目覚めるといわれる年齢ですが、
20代半ば過ぎから後半、または40代以降に発達するといわれるのが一般的です。
ただ、第6チャクラ同様、年齢はあまり関係ないとされるチャクラです。
死の間際まで発達しない人が多いともいわれます。
しかし、このチャクラが完全にブロックされているということはなく、
この力を受けとめる用意ができているか、
あるいはその準備ができていないかのどちらかだといわれています。

肉体的には、脳幹、脊髄、神経系、松果体などと関連していて、
この部分の健康状態に影響を及ぼすことがあります。

クラウン・チャクラに問題が生じると、
神経障害やうつ病を発症することがあるといわれます。
医師であり、ホメオパシー療法医であり、
尚且つスピリチャリティや直観力の大切さを世の中に
広めていらっしゃるクリスティン・ペイジ博士は、ご自身の著書の中で
「うつ病は、脳内化学物質のアンバランスとともに、クラウン・チャクラにおいて、
 霊性のバランスの乱れが起きていることに注意を向ける必要がある」と
述べていらっしゃいます。
また、アルツハイマー病、パーキンソン病、統合失調症なども
このチャクラの不調和と関係があるのではないかという
見方をするヒーラーや直観医療者が増えているようです。
さらに、第7チャクラの状態は身体全体にも関係しているので、
このチャクラの問題が全身倦怠となってあらわれる場合もあります。

精神的には、(クラウン・チャクラに問題が生じると)大きな不安や疑念に襲われたり、
何事に対しても「自分とは関係がない」という気持ちになり、
自分自身の内側や外側とのつながりを絶ちがちになったりします。

ただ、あまりにこのような精神的な不安定な状態が続く場合、
また、今までの人生の中で今が“どん底”と思うような状態にある場合、
その状態自体が霊的な存在としての
私達のターニングポイントになる可能性があります。
つまり、自分の人生の整理において、
この状態が必要になる場合があるということです。

というのも、クラウン・チャクラが目覚める過程には、
このように精神が不安定になり、
つらい時期を過ごす時期があることが多いようなのです。
逆に言えば、こういう時期を体験しない限り、
肉体や思考(エゴ)などを持った人間にとって、
クラウン・チャクラの目覚めは難しいものなのかもしれません。
それは、今まで何の疑いもなかったこと、もしくはこだわっていたこと…
例えば、自分の社会的地位や健康、
信じていた人間関係などが根底から崩れるような体験、
金銭面などでの不安…それらが原因になる場合があります。

この苦しい時期のことを、
多くの著名なヒーラーたちは
「魂の闇夜」とか「魂の暗夜」などと
呼びます。
(この言葉自体は、16世紀の
聖ヨハネによって書かれた
「魂の闇夜」という作品が
元になっているそうです。)

深い孤独に陥り、絶望を感じ、
不安と憂鬱にさいなまれ、
どこへ向かえばいいのか
わかならくなる感覚…
この感覚が日々襲ってきて、
今までの自分ではいられなくなります。
それは苦しくてしんどい体験だと思います。
でも、決して不幸なことではありません。
魂の視点に立つと、
大きなチャンスでもあります。
もちろん、その真っ只中にいる時は
そうは思えないかもしれませんが、
ほんの少し視点を変えると、
そのことに気がつきます。
そして、「ああ、なるほど〜。」と
思うことができる日が、
そう遠くない時期に必ずやってきます。

 

イメージ


もちろん、「魂の闇夜」の時期を体験しなくても、
これまで見てきた6つのチャクラがすべてきれいに開き、バランスが整っていれば、
第7チャクラが自然に目覚めてくる場合もあります。
今は、昔と違い、それが可能になってきている時代だともいわれています。
とはいえ、これまで多くのクラウン・チャクラの覚醒者は、その「魂の闇夜」を経験しています。
ですから、たとえ「魂の闇夜」に陥ったとしても、
暗い夜はいつかは必ず終わり、新しい道を照らす光が待っている・・・という真理を、
是非、忘れないでいただきたいと思います。

さて、ここからがさらに重要です。
クラウン・チャクラの大切な霊的な学びは、
「神と意識的に調和し、霊的なつながりを持つ」=「霊性とのつながり」です。
イメージ

ひとつ前のサードアイ・チャクラ(第6チャクラ)では、
私達の魂を呼び起こし、高い霊性の次元へと導きました。
そしてここでは、それが生活の一部となり、私達を霊性の次元へと導く力をしっかりと受容します。
神なる存在との親密なつながりを求めるように、私達を突き動かしていくチャクラなのです。
このチャクラが開いてバランスが整うと、あらゆるものが宇宙における創造物であり、
霊的な存在だという深い理解に目覚めます。
また、“神なる存在”というものの本質が“愛”であることも、
頭ではなく、魂レベルで深く実感するでしょう。

といって、今、このチャクラを深く理解しようとする時、
ある人にとってはそう難しいことではないかもしれませんし、
またある人によっては、とても時間がかかることかもしれません。
それは、ひとりひとりの魂の視点で言うと、歩いている段階が違うからです。
頭だけで理解するのではなく、自分自身の中で何となく感じてきている
という方もいらっしゃるでしょう。
でも、まったくわからない、何を言っているのかちんぷんかんぷん…という方、
また、これまでの話…例えば、神とのつながり、自分の霊性の向上…
などの言葉が、しっくりこない方もいらっしゃるのではないかと思います。

でも、それはある意味、当たり前のことではないかと思うのです。
もともと私達の魂は、そのことを覚えているといわれますが、
肉体を持ってこの世に生まれ、この社会に根づきながら育っていくうちに
その大事なことを忘れざるをえない状況がたくさんあるからです。
それは、もちろん自分だけでなく、
自分の親も、兄弟・姉妹も、夫や妻も、恋人や友人も、会社の上司や同僚も、
そして、総理大臣や社長も…どんな肩書きがあろうと、
皆育っていく中で同じように忘れる過程をたどっているはずです。
もちろん(というのもおかしいでしょうが)、私もそのひとりでした。
でも今は、忘れていたその大切なことを急速に思い出して、
ようやくそちらの方向へ全力で歩み始めているような気がしています。
そう、大事なことを思い出し、目覚める方向に向かうタイミングは、ひとりひとり違います。
ですから、今はまだしっくりこない方、
何となくそういう言葉が苦手だなぁ…と思う方がいて当たり前です。

ただ、ここで重要なことは、今がどういう状態であっても、
この第7チャクラの神聖なエネルギーは、どなたの中にもすでにある…ということです。
意識していようとしていまいと、たえず自分の中に注ぎ込んでいるのです。
そして、自分の状態が整い、自分がそう望み、そのタイミングさえくれば、
人生を変える方向に、このエネルギーを差し向けることができるようになります。
さらに、このチャクラは、他のチャクラと違い、
バランスを崩すということはあまりないようです。
完全に開いているか、開きつつあるか、あまり開いていないか…
その3つだといわれるのです。
是非、そのことを覚えておいていただきたいと思います。

 

そして、このチャクラの深い真理は
“今という瞬間に生きる”です。

「今という瞬間に生きる」という言葉は、
とてもシンプルながら、
第7チャクラを見事に
あらわしている言葉だと思います。
普段よく聞く言葉でもありますが、
人間は意外とこのシンプルな
言葉の通りには生きていません。
自分の感情や思考の部分が、
過去や未来に縛られ、
今に意識が集中できないからです。

日々、毎時間、毎分、
次にやることを考えていたり、
将来のことを案じていたり、
過去のことが忘れられず、
以前に起きたことを繰り返し考えていたり・・・
私達はたえず「今」という瞬間にはいません。

イメージ


でも、自分の人生は、「今」という瞬間の積み重ねです。
だから、この一瞬、一瞬に意識を集中する・・・
自分が今、やっていることに対してのみ心を込める、愛を込める・・・
このことがとても大切なのです。

著名なスピリチュアルの指導者であるエックハルト・トールは、
ご自身の著書「A NEW EARTH(ニュー・アース)」の中で
「今という瞬間を生きる」ということの大切さを
「いまに在る」という言葉にして(これは訳し方だと思いますが…)
次のように述べていらっしゃいます。
とても的確だなと思ったのでここに抜粋させていただきます。

「あなたが“いまに在る”時、関心が充分に“いま”に注がれている時、
 そのあり方があなたの行動に流れ込んで、変容をもたらす。
 そのような行為は良質で力強いだろう。
 あなたの行為が何かの目的の(金や名声や勝利の)ためでなく、
 行為の遂行そのものが目的で、そこに喜びや活気を感じているなら、
 あなたは“いまに在る”。
 もちろん、現在という瞬間と友人にならなければ、
 “いまに在る”ことはできない。
 “いまに在る”こと、これがネガティブなかげりのない
  効果的な行為の基盤である。」

今、やっていることがどんなことだったとしても
ひとつひとつに「心を込める、愛を込める」…「込める」ことが大切だと思います。
人間は、何をするかではなく、いかに込めるかが大事だと思うのです。
それは、今という瞬間に自分の意識がないとできません。
今を込めて生きる時、初めて宇宙の力、神なるものの存在と
自分とを調和させることができるのではないかと思います。
そして、それがこのチャクラに宿る深い真理なのだと思うのです。

さて、それではここで、今までお話してきたことを意識しながら、
「今という瞬間を生きる」感覚を取り戻す方法や
セルフヒーリングを試してみましょう。
先ほども言いましたが、このチャクラが目覚めるのは、
その方のタイミングが大いにあると思います。
ただ、意識の有無に関係なく、大なり小なり
どなたの頭頂からもこのチャクラのエネルギーは入ってきています。
そのことを忘れずに自身を持って、
以下のセルフヒーリングを試していただきたいと思います。
「今」を感じるのにもっとも大切なのは、“呼吸”です。
自分の呼吸を意識しながら、ゆっくり、ゆっくりお試し下さい。

  1. 深呼吸をしながらクラウン・チャクラを視覚化する

    視覚化は、瞑想(メディテーション)と同じく、
    チャクラの潜在的な力を実感するのを手助けしてくれます。
    是非、深い呼吸をしながらリラックスして行って下さい。

    1. 楽な「半蓮華座」のポーズで座り、完全に集中し、
      尚且つリラックスするまで深い呼吸を続けます。
     視覚化

    2.紫の光が頭頂部から天に向かって放たれている様子をイメージしましょう。
     その紫の光はだんだんと明るくなってきます。
       
    3. 次に、白い蓮の固いつぼみが頭頂部に乗っているところをイメージします。

    4. 静かに深い呼吸を続けながら、
      紫の光の中で蓮のつぼみがゆっくりと花びらを広げ、
      自分の頭上で王冠(クラウン)のようなシルエットになる様子を
      イメージします。

    5. 蓮の花の王冠に意識を集中すると、そこから次第に黄金の光が
     宇宙へと放たれ始めます。

    6. この光をしばらく感じましょう。
      終わる準備ができたら、意識を呼吸に戻して、目を開けます。
     もう一度、深呼吸をしましょう。

  2. チベット体操の7のポーズ

    ゆったりと仰向けに寝て、体の力をすべて抜き、本来の自然治癒力を引き出します。
    各ポーズの最後にも行うと効果的です。

    1. 仰向けになり、足は肩幅、手は軽く脇が開く程度に開きます。
     チベット体操

    2.手の平を上へ向け、全身の力が抜けるようなイメージでリラックスします。

    3. ゆっくりと鼻から息を吸い込み、今度は鼻から息をゆっくりと吐き出します。

  3. 第7チャクラを活性化するヨガのポーズ

    第7チャクラを活性化するのに非常に効果的なヨガのポーズが、
    ヨガのウサギのポーズと以前第5チャクラ(喉のチャクラ)で
    ご紹介した肩立ちのポーズです。
    いずれも呼吸を意識しながらゆっくりと行います。
    ※首が弱い方、高血圧の方は、無理に行わないようにして下さい。

    <ウサギのポーズ>
    首筋を前後から刺激して、スッキリ伸ばすポーズです。
    背骨を伸ばして柔軟にするため、第7チャクラを活性化し自律神経を整えます。

    1. 正座をして背筋を伸ばし、肩の力を抜きます。
     ウサギのポーズ
     ス〜ッと息をゆっくり吸い、吐きながら頭を床に下ろしていきます。

    2.息を吐きながら上体を前に倒して、おでこを床につけます。
     身体全体をリラックスさせながら息を全部吐き切ります。
     ウサギのポーズ

    3. 息を吸いながらお尻を持ち上げ、頭頂に体重をかけていきます。
      肩と腕に力を入れず、うなじのあたりがしっかり伸びているのを確認します。
      自然な呼吸をしながらこの状態を30秒くらいキープします。
     ウサギのポーズ

    <肩立ちのポーズ>
    1. 仰向けになり、息を吸いながら両足を天井に向けて持ち上げ、
      同時に骨盤も引き上げます。
      両手は後ろから腰を支え、ひじは床につけておきます。
     肩立ちのポーズ

    2. 両手は背中の真ん中あたりに少しずらし、同時に足を天井に向けて伸ばします。
     背骨がまっすぐにならないと足が伸びないので、
     できるだけ意識を背骨に持っていきます。
     ひざが開かないようにし、天井に向かうエネルギーに集中します。
     肩立ちのポーズ
     (この時足先を伸ばしてもかまいません。)
      ※どちらも決して無理をしないで下さいね。

  4. 色やパワーストーンを使う

    それぞれのチャクラには、対応した色があります。
    チャクラは回転する光の輪のように見えますが、
    それぞれ違うスピードで回転するため、異なった光の波長を発し、
    異なった色として知覚されるのです。
    クラウン・チャクラに対応する色は、紫色(スミレ色)や白色です。
    普段の生活にこの色を取り入れるといいでしょう。
    例えば、この色のお花を生けたり
    イメージ
    帽子やカチューシャ、洋服のトップスなど、身体の上の方に持ってきたり、
    家でリラックスする時のウエアやパジャマにこの色を持ってきてもいいでしょう。
      
    また、クラウン・チャクラを活性化するのに役立つパワーストーンは
    アメジスト、セレスタイト、ダイヤモンド、クリアクォーツなど。
    ペンダントとして身に着けたり、手首につけたり、
    頭頂(第7チャクラの場所)に置いてみてもいいでしょう。

  5. アロマの精油を味方にする

    アロマの精油の香りがチャクラを活性化します。
    クラウン・チャクラを活性化するのに役立つと感じる精油は、
    フランキンセンス、ジャスミン、ローズ、ネロリ、
    ラベンダー、ローズウッドなど。
    ただし、アロマの精油に関しては感じ方が人それぞれです。
    上記の精油を参考にして、自分がもっとも心地がよいと感じる香りを
    お部屋に焚いたり、お風呂に3〜5滴垂らしてみて下さい。

  6. クラウン・チャクラのメディテーション

    (ブレンダ・デーヴィスさんの
     「<魂からの癒し>チャクラ・ヒーリング」から
       一部引用させていただいています。)

    あなたが一番リラックスできる静かな場所に行き、
    これまでと同じ方法でリラックスした状態になって下さい。
    ゆっくり深呼吸をしながら、ネガティブな感情はすべて、
    第1チャクラ(ベースチャクラ)と足の裏から捨て去りましょう。
    同時に、自動的にあなたが愛で満たされていくのを感じて下さい。
    ここにこうしているだけで、癒されていくこの感覚を楽しんで下さい。
    そして、あなたの内側に意識を集中していきます。

    次に、意識をクラウン・チャクラに持っていき、愛を込めた一念とともに
    あなたの頭上に輝く王冠を思い描いてクラウン・チャクラを開きます。
    王冠はさらに開き、その輪が大きくなっていきます。
    その美しさをゆっくり感じて下さい。

    次にその光は、サードアイ・チャクラまで降りてきて、藍色に変化します。
    叡智と深い理解があなたを満たします。
    今度はスロート・チャクラに流れ降りて、光は美しい青色に変化します。
    あなたは、自分自身の真実を表現する力に満たされます。
     
    次にその光はハート・チャクラまで流れ降りてきて、
    再び美しい緑色に変わります。
    その周りをピンク色の光が囲んでいます。
    自分自身と宇宙のすべてのものに対する無条件の愛が
    あなたを満たし、あふれ出るのを感じます。

    そのまま光は、ソーラープレクサス・チャクラに流れ降り、
    鮮やかな黄色に変化します。
    あなたの自分を尊重する力が強化され、自信を持ち、
    あなたはパワーで満たされます。

    光はさらに進んで、ベリー・チャクラに達し、
    明るいオレンジ色に変わります。
    あなたは、いかなる関係においても人と対等に接し、
    他人を尊重することができます。

    最後に光はルート・チャクラを満たし、ルビーの赤色に変化します。
    光はあなたの骨盤を満たし、あなたの肉体がそこから生まれ、
    やがては戻っていく大地とあなたをしっかり結びます。

    さあ、輝いているあなたを見て下さい。
    これが本当のあなたです。
    あなたは素晴らしい存在へと成長し、同時にこの素晴らしい世界全体の
    ごくごくわずかな一部です。
    誇りと謙虚さを同時に感じて下さい。
    そして、息をゆっくりと吸い込みます。
    あなた自身でいて下さい。
    何から何まで完全に生きているあなた自身を感じて下さい。
    ただ、あなたでいて下さい。
    エネルギーをあなたの中、あなたの周りに感じて下さい。
    あなたは完全に癒されます。
    好きなだけこの状態を味わって下さい。
      
    そして、ゆっくりと意識を肉体に戻します。
      
    コップ一杯の水を飲み、日常生活に戻る前に必ず、
    しっかりグラウンディングされていることを確かめて下さい。

以上です。
さあ、いかがでしたか?
「今という瞬間」に意識を集中させることができたでしょうか?
とにかく、あせらず、ゆっくりゆっくり…何度も何度もやってみて下さいね。

このチャクラは、肉体の中では最後のチャクラです。
そういう意味でも旅の最終地点により近づいていると言うことができるでしょう。
でも、この大切なチャクラに目覚めてからが何より大事です。
私達の旅はまだまだ続くのです。。。

次回は、いよいよ今回続けてきましたチャクラのお話の最終回です。
これまでひとつひとつ見てきたチャクラのまとめと
肉体外のチャクラについて触れてみたいと思っています。

是非、お楽しみに!

<参考文献>
・7つのチャクラ キャロライン・メイス著
・チャクラで生きる キャロライン・メイス著
・思いやりのチャクラ キャロライン・メイス著
・チャクラー癒しへの道 クリスティン・ペイジ著
・チャクラ&パワーストーンの癒し ブレンダ・デーヴィス著
・<魂からの癒し>チャクラ・ヒーリング ブレンダ・デーヴィス著
・A NEW EARTH(ニュー・アース) エックハルト・トール著
・トゥルーバランス ソニア・ショケット著
・チャクラパワーを開く メアリー・ホーズリー著
・チャクラヒーリング リズ・シンプソン著
・チャクラセラピー ジェニー・ハーディング著
・サトル・アロマテラピー パトリシア・デーヴィス著
・若返りの秘儀 チベット体操 岡本羽加監修
・ヨガが丸ごとわかる本 Yogini編集部◎編

 

TOP
copyright(c) since2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.