mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2008年8月 “チャクラ”に取り組もう(ハートチャクラ編)

イメージ

 

風鈴の音が、ほんの少し耳に
涼を運んでくれる今日この頃、
皆さま、いかがお過ごしですか?
それにしても、今年の夏は暑いですね。
夏休みをとっていらっしゃる方は、
屋外で過ごす時間が多くなっていると思います。
日中は、できるだけスポーツドリンクなどを
こまめに摂取して、くれぐれも熱中症には
お気をつけ下さい。
また、秋になって「ぎゃ〜!」とならないためにも、
しっかり紫外線対策をしていただきたいと思います。
(日焼け止めはこまめに塗り直すのがベストです。)
そして、素敵な夏の思い出をたくさんお作り下さいね。



さて、今回はチャクラのお話の第4弾になります。
とても重要なチャクラである
「第4チャクラ…ハート・チャクラ編」です。

なぜ、重要かというと・・・
このチャクラはすべてのチャクラのうちで
最も強い力をもち、
人間にとって、とても大切な“真の愛”を学ぶ
チャクラだからです。
また、地上の世界と天上の世界を結ぶ架け橋であり、
両方バランスをとりながら
「霊性の世界と導くチャクラ」である
ということもあります。


イメージ


・・・というと、難しく聞こえるでしょうか。
つまり、こういうことです。
前回まで見てきた第1〜第3チャクラまでの下位チャクラでは、
自分の人間性やパーソナリティをしっかりと作ってきました。
それは、この地上の社会・世界で根づいて生きていくためにはとても必要なものです。
ですが、この第4チャクラからは、その人間性を超越して、
自分の本質である魂と結びつくための上位のチャクラに移行するのです。
今までもお話してきましたが、人間は肉体、感情、思考という
パーソナリティだけの存在ではなく、
その根本に“魂”という大きな存在・本質があります。
ハート・チャクラは、その魂という視点で今世を生きる課題をより深く見つめ、
魂に添った感覚を磨き、自分の霊性を高めていくための入口のチャクラです。

それでは、第4チャクラを具体的に見ていきましょう。


 

第4チャクラは、 “ハート・チャクラ”と呼ばれ、
まさに『心臓のところ』『胸の中心部』に
位置しています。
年齢的には、最初の発達が
12歳から16歳の間に起こるという解釈と
21歳くらいから起こるという解釈があります。
このチャクラは、自分と他者への“真の愛”や
“思いやり”を司っているため、
この発達する時期にトラウマを経験すると、
愛・思いやりの表現の仕方や他人との
関係の作り方に大きな問題が生じる場合があると
いわれます。


肉体的な面から見ると、
心臓、循環器系、胸腺、肺、乳房、肩、両腕、両手を司り、
これらの部分の健康状態に関係しています。
身体中に血液を送り込んで細胞の隅々にまで栄養を行き渡らせたり、
組織を浄化したりする役割のある心臓は、
特にこのチャクラに関連するもっとも重要な臓器です。
また肺もこのシステムの一部であり、新鮮な酸素を血中に送り、
二酸化炭素を取り除く役割があります。
つまり、このチャクラには、
私たちがそれなしではほんの数分も生きていることが
できないであろう重要な機能、
心臓の鼓動と命を支える呼吸が存在しているのです。

ハート・チャクラがブロックしていたり、損傷を受けていたりすると
心臓や循環器系の問題、血行不良、狭心症、高血圧、心筋梗塞などの
症状があらわれる場合があるといわれます。
また、“病気に対する免疫性”を担当している胸腺を司っていて、
アレルギーとも関係しているといわれるため、
花粉症などのアレルギーをお持ちの方は
とくにこのチャクラをヒーリングすると、
症状が少し変わってくる可能性があるでしょう。
さらに、胸と腕はつながっていますから、手があがりにくくなっている時は、
心に何か傷を負っている時かもしれません。
自分をじっくり見つめ直してみると原因がわかる場合もあるでしょう。

 

また、頭頂から入ってきたエネルギーは、
このハート・チャクラでパチンとはじけ、
全身のあらゆる方向に広がっていくと言われます。
これは、精神科医でありヒーラーでもある
ブレンダ・デーヴィスさんも
ご自身の著書「<魂からの癒し>チャクラ・ヒーリング」で
述べていらっしゃることですが、
私自身もレイキヒーリングをしている際、
私の頭頂から入ってきたエネルギーが、胸のあたりではじけ、
そのエネルギーが腕を通り、手の平や足の裏まで
伝わっていく感覚を強く覚えます。
この感覚がわかるという方は多いのではないかと思います。


そして、ハート・チャクラの元にある強さは、
人間の普遍的なテーマである“愛”です。
“愛”というと、皆さまはどういうものを思い描きますか?
恋愛ですか?それとも、子供を愛する親の心、家族や友達、
もしくは可愛がっているペットを思う気持ち…でしょうか?

考えると、長い人類の歴史を通じて、これほど歌や詩、小説、劇…
その他諸々の中で描写され、追及され続けている言葉は
他にみあたらないような気がします。
“愛”というものがどれだけ莫大なエネルギーのものか、
また、人間にとってどれほど大切なテーマであるか、
どの時代を生きた人にとっても、
無意識にわかっていたからなのかもしれません。

ここでいう愛とは、“博愛”です。
見返りを求めない無条件・無償の愛です。

そして、それは、自分や相手に対して
優しくするということだけではありません。
時には愛を持った厳しさも必要となります。
というのも、愛するということは、
自分や相手の霊的な成長や学びを手助けすることでもあるからです。

たとえば、どんなに愛していたとしても、相手の霊的な成長において
自分の存在は必要ない、むしろ相手にとっては成長のプロセスが
止まってしまう存在であると感じたら、
自ら距離を置くこともいとわない…ということです。

つまり、愛とは“依存”や“執着”とは反対側にあるものなのです。

その“愛の力”とは、純粋なエネルギーそのものです。
それこそ、“神”といわれるものの本質だと思います。
神というと、どこか遠いところにいる
大きな大きな存在というイメージでしょうか?
もちろん、大きな尊い存在であることには間違いないと私も思いますが、
その神のエネルギーが私たちひとりひとりの中にも
宿っていることをご存知でしょうか?
人間のことを“神の子”と表現したりしますが、
まさにその通りだと思います。
純粋な神の本質は、私たちの魂の中に宿っているのです。

ですが、それと同時に、人間には真の愛とは反対の
“エゴ”や“恐れ”“感情的な弱さ”があります。
時に嫉妬、怒り、憎しみ、他人を許せない…などの
感情に振り回されることもあるでしょう。
神の本質とは、まったく逆の行動をとってしまうことも
あるかもしれません。
特にハート・チャクラに問題があると、
世の中や人生を悲観したり、皮肉で批判的な態度をとったり、
恨みやねたみ・憎悪の気持ちが強くなったり、
拒絶を恐れ、自分は愛を受けるに値しないと感じたり、
自分を守りすぎるあまり、攻撃的になったりする傾向があるようです。

イメージ


ですから、私たちは、一生をかけて
“真の愛”を学んでいく必要があるのです。

もしかしたら、それを学ぶために
何度も生まれ変わっている…といっても
過言ではないかもしれません。

このチャクラの霊的な学び・深い真理は、
この「神の力である愛を学ぶこと」に
集約されています。

そして、その愛は、他人に対してだけでなく、
自分自身に対しても…です。
ほとんどの人は自分を愛するより
他人を愛することの方がたやすいと
感じるものかもしれません。
「自分のことを愛する」ということが
どういうことなのか、考えたことがない人も
いるかもしれませんね。
しかし、自分を愛することができない人は、
他人を愛することはできません。

 

“真の愛”を学ぶには、まずは自分から…なのです。
自分のすべての側面を自分自身で受け入れることができますか?
自分の気にいらないところも、
自慢できないようなことをした自分も許すことができるでしょうか?

自分や他人をありのままに受け入れ、愛するには、
自分の感情を表現し、背負ってきた痛みや恐れを手放すことが必要になります。
なぜなら、自分や他人を真の愛で包むことができないのは、
過去に起こった傷となっていること、
その恐れを自分の力で手放すことができないでいるからです。
普段の生活の中では、思い出したりはしないかもしれませんが、
そのことは、心のどこか、身体のどこかにずっと宿ってしまっています。

まずは、そのことに“気がつくこと”が大切です。

今回も最後に「過去を癒すメディテーション」を載せておきますので、
必要なタイミングだと感じたら、よろしければやってみて下さい。
それが、自分や他人をありのままに受け入れることの鍵であり、
自分や誰かを判断したり非難したりしたくなった時、
その気持ちを思いやりを持った理解と許しへ変容していく鍵になると思います。

また、先ほどもお話しましたが、ハート・チャクラは、
“地上の世界と天上の世界を結ぶ架け橋”であり、
その両方のバランスをとりながら霊性の世界と導くチャクラです。
人間が生きていくための本能の感覚、人間性やパーソナリティを管理している
下の3つのチャクラと、上層部の精神性のチャクラとの
バランスをとる働きをしているのです。
下位チャクラでは、大地に根を下ろし、柔軟さと強さを学び、
自分のパワーと意思を統合させ、パーソナリティを築いてきました。
そして、この第4チャクラから始まる上位チャクラでは、
自分のパーソナリティを超え、魂の声に添った霊性の世界へ導かれていきます。

これは、頭では理解できても、実際にはよくわからない…
という方も多いかもしれません。
ですが、たとえば、何かを自分の奥深い部分で納得し、
「うまく説明できないけれど…こうしなければいけないような気がする!」と直観で感じ、
突き動かされるように行動をしたことはありませんか?
また、その感覚を人のために使ったことはないでしょうか?

これは、第4チャクラに宿る“愛の直感”であり、
そういう時は、たいてい胸のあたりに強いエネルギーを感じると思います。
まさにこれが、霊性の世界へ導く魂の声です。
こういう経験がある方は、きっと多いのではないでしょうか?
また、そういう時、このハート・チャクラの力強いエネルギーは、
自分の身体の隅々だけでなく、この宇宙に放射状に解き放たれるといいます。

研ぎ澄まされた直感というものは、もともと額にある第6チャクラに備わっています。
ですが、医師であり、ホメオパシー療法医でもあるクリスティン・ペイジ博士は、
ご自身の著書「チャクラー癒しへの道」の中で
「第4チャクラにも直感が宿っている」と述べていらっしゃいます。
第4チャクラは“愛”、第6チャクラは“智慧”という直感力が備わっていて、
この2つが一緒に働くことで、とても強い力が生まれ、
私たちは直感という形のメッセージを受け取るのだというのです。

私は、これをとても興味深く感じました。
というのも、確かに自分自身にも思い当たることがあるからです。
アンテナをはりめぐらせ、
受け取るのは第6チャクラであったとしても
自分を突き動かすのは、愛のチャクラである
ハート・チャクラのような気がするのです。
そういう時は、心の中に平安、静けさ、
この上なく温かい気持ち…を感じたりします。

そして、第4チャクラと第6チャクラのエネルギーが
一緒に働いている時は、愛に満ちた直感に従いながらも、
どこか冷静で明晰さに長けた行動になるそうです。
そのどちらの直感が欠けていても、完全ではないのでしょう。

さらに、クリスティン・ペイジ博士は、
その2つの直感が一緒に働くと、
「魂の歩むべき道」へと導いてくれる…と述べていらっしゃいます。
直感は誰もが持っているものですが、私たちが普段生活している中で
恐れや欲望、意思に支配されていると、この直観力を置き去りにしてしまいます。
もしかしたら、現代社会においては、
この直観力を置き去りにしている人が 多いのかもしれません。
そして、魂の歩むべき道のりとは逆の方向へ歩いていこうとしている人も・・・。
これは、とても残念なことですよね。
せっかく素晴らしい力が備わっているのですから、
やはり世の中のすべての人(もちろん、自分自身も含めて)に
その2つの直観を上手に使っていただきたいな…と思いますし、
ひとりひとりがそうなっていったら、
今とは随分違う社会になるだろうな…なんて思います。

さて、今までお話してきたように、
ハート・チャクラのエネルギーはとても強いものであり、
ハート・チャクラを元気にすると、心も身体も癒されるといわれます。
そして、自然な深い呼吸は、このチャクラの健全な機能に欠かせません。
そこで、自分自身をじっくり見つめ、深呼吸を心がけながら
このチャクラのブロックを取り除くための方法や
セルフヒーリングを試してみましょう。
何度もいいますが、ここで大切なのは、
「自分をじっくり見つめること」。
是非、このことを忘れずにいて下さい。
以下は、第4チャクラのブロックを取り除くための方法です。

  1. セルフマッサージをする
    ハート・チャクラの司る感覚は、“触覚…触れあい”です。
    それは、優しくなでたり、マッサージしたりという
    身体的な触れあいはもちろんのこと、
    慈しみに満ちた感情的な触れあいも含めます。
    毎日のバスタイムの後、ぜひ、アーモンドオイルやホホバオイルなどで
    全身を愛しみながらセルフマッサージをしてあげて下さい。
    もちろん、パートナーやお友達同士でもOKです。
    その時、マッサージオイルに4であげる精油を数滴混ぜるとよりいいでしょう。


  2. チベット体操の4のポーズ
    胸をいっぱい開くことで自分の中の愛と思いやり、優しさを開放します。
    また、手と腕の力を強くし、胸腺と心臓を強化します。
    さらには、全身のエネルギー循環が正常化して活発になり、
    その通り道でもある器官もすべて活性化されて
    全身にエネルギーが満ちてくるでしょう。
     
      1.足を前にして座り、両腕は上体と平行に置きます。
       チベット体操

      2.口からゆっくりとあごを胸につけるように頭を前に倒していきます。
        チベット体操

      3.鼻から息を吸いながら、お尻を前にずらしていき、両膝を立てます。
       この時、足をお尻の方に引き寄せないようにします。
       チベット体操

      4.息を吸いながら頭を後ろに反らせていき、
       身体が床と平行になるように腰を持ち上げていきます。
       チベット体操

      5.4.の姿勢で息を止めたまま1.の姿勢に戻ります。
       息を吐きながら頭を前に倒して2.の動作に入り、
       自分が決めた回数を繰り返していきます。
       チベット体操 チベット体操


  3. 色やパワーストーンを使う
    それぞれのチャクラには、対応した色があります。
    チャクラは回転する光の輪のように見えますが、
    それぞれ違うスピードで回転するため、異なった光の波長を発し、
    異なった色として知覚されるのです。
    ハート・チャクラに対応する色は緑色とピンク色です。
    緑色やピンク色の洋服、下着やパジャマを身につけたり、
    観葉植物を部屋に置いたり、ピンク色の花を飾るとよいでしょう。
    色 色
     
    また、チャクラを活性化するのに役立つパワーストーンは
    ローズクオーツやアベンチュリン、マラカイト、翡翠、エメラルドなど。
    手首につけたり、ペンダントとしてハート・チャクラのそばに下げたり、
    仰向けになってリラックスし、これらのストーンを胸の上に置いてもよいでしょう。


  4. アロマの精油を味方にする
    アロマの精油の香りがチャクラを活性化します。
    ハート・チャクラを活性化するのに役立つのは、
    ラベンダー、ジャスミン、ローズなど。
    上記の精油を参考にして、自分がもっとも心地がよいと感じる香りを
    お部屋に焚いてもよいですし、1のセルフマッサージをする時に
    キャリアオイルに数滴混ぜて使ってみて下さい。


  5. アファメーションを唱える
    アファメーションとは、肯定的な自己宣言。
    心の中で思うことや口から発する言葉のエネルギーはとても大きいため
    肯定的なことを口にすることはとても大切なのです。
    「私は心を開いて愛を受け取り、与えます。」
    「私は自分や他人を無条件で愛し、私も無条件で愛されます。」
    「私は、どんな状況にもどんな人にも愛を注ぎます。」
      ・・・など、自分にぴったりする言葉を考えましょう。


  6. 自分の直観を感じる練習をしましょう
    自分の心・ハートに全神経を集中させ、
    このアイデアが自分の内側とつながっているか、
    心の声を聞き取る練習をしましょう。
    もし、何かが違うと思ったら、感じたままに従って下さい。
    それが内なる自分と共鳴していると感じたら、
    勇気を持って行動に移してみましょう。

以上、ハート・チャクラのブロックを取り除くための方法でした。

そして、今回も“過去を許すメディテーション”の例を書いておきます。
もし、心が落ち着いている状態で、可能なようであれば、行ってみて下さい。
ゆっくり何度も読み、たっぷり時間をかけながら、1→2→3の順に進んで下さいね。
まず、静かな場所でイスに腰掛けて下さい。
ゆっくり深呼吸を数回し、身体の力をふ〜っと抜きましょう。
身体の芯からリラックスして、ゆっくりと目を閉じます。

  1. 12歳〜16歳、もしくはそれ以前・以降に起こったことでも、
    今も心の奥底にある傷となっている出来事を思い出して下さい。
    ゆっくりゆっくり思い出して下さい。
    今、、頭の中によぎってきたことすべてを癒し、手放していきます。
    その頃起こったことはすべて思い出です。
    時は過ぎ去り、あなたはすでに乗り越えています。
    今、必要なのは、ただそれを“手放すこと”です。
    心の中でその頃の自分を思い出して下さい。
    嫌なことを感じたあなたを思い出したら、
    愛の光で包み込み、優しくしっかり抱きしめてあげて下さい。
    慈しみながら、たくさんたくさん抱きしめてあげて下さい。
    愛と慈しみの光で自分をすっぽりと包み込んであげて下さい。

  2. その頃に起こった出来事や出会った人達に許しと癒しの光を送る準備をします。
    その頃、彼らがあなたにしたことは、
    その人自身が受けた傷や苦しみのせいだったことがわかるでしょうか?
    できるならば、その人達に思いやりの光を送ってあげて下さい。
    そして、彼らを許しましょう。
    そうすることであなた自身が彼らから完全に解放されるのです。
    手放しましょう。許しましょう。
    彼らの周りを光が包み込み、すべてが癒され、あなたは解放されていきます。

  3. 可能であれば、霊的な視点でもう一度ゆっくり振り返ってみます。
    今なら、その頃起こった出来事や出会った人は皆、
    あなたに人生のレッスンを教え、あなたがより霊的に成長するために
    必要なことを教えてくれたのだと理解することができるかもしれません。
    霊的な存在としてのあなたは、先生が必要だったのかもしれません。
    その頃のあなたの成長に関係していた人は、
    あなたに必要な経験をさせてくれたのだということを理解し、
    できれば、感謝とともにその人達を開放しましょう。
    ゆっくりと感謝しましょう。


最初とは違った心の静けさを感じたら、その頃の自分を感じて下さい。
自分が完全な存在であるのを感じ、ふ〜っと深呼吸をしましょう。
ゆっくりと目を開け、コップ一杯の水をのみます。
書きたいことがあったら、ノートに書いておきましょう。

次回は、第5チャクラ…喉のチャクラです。
より霊性の世界へと導くための大切なチャクラですし、
普段誰もが滞りやすいチャクラかもしれません。

どうぞ、お楽しみに!

<参考文献>
・7つのチャクラ キャロライン・メイス著
・チャクラで生きる キャロライン・メイス著
・チャクラー癒しへの道 クリスティン・ペイジ著
・チャクラ&パワーストーンの癒し ブレンダ・デーヴィス著
・<魂からの癒し>チャクラ・ヒーリング ブレンダ・デーヴィス著
・チャクラパワーを開く メアリー・ホーズリー著
・若返りの秘儀 チベット体操 岡本羽加監修

 

TOP
copyright(c) since2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.