mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2008年7月 “チャクラ”に取り組もう(ソーラー・プレクサスチャクラ編)

さあ、夏本番になりました。
皆さま、いかがお過ごしですか?
これからお休みを取られる方も多いでしょうから、
何となく気分がウキウキしていらっしゃる頃でしょうか?
楽しい楽しい夏は、しばらく続きますね。
皆さま、どうぞ、怪我や熱中症などには十分に気をつけて、
おひとりおひとり、素敵な季節にして下さいね!

さて、今回も引き続き、チャクラのお話です。
第3回目の今回は
「第3チャクラ(ソーラー・プレクサスチャクラ)編」
です。

と、その前に・・・

 

イメージ



チャクラの書籍


皆さまは、チャクラについて書いてある本を
読みたいと思ったことはあるでしょうか?
私は以前、チャクラの勉強したいと思った時に、
とても参考になった本がありました。
それは、国際的な直観医療の第一人者であり、
神学博士でもあるキャロライン・メイスさんの
チャクラシリーズ〜「7つのチャクラ」
「チャクラで生きる」「第8のチャクラ」
「思いやりのチャクラ」〜、
そして、医師でありホメオパシー療法医の
クリスティン・ペイジさんの
「チャクラー癒しへの道」です。

もちろん、他にもチャクラについて
触れている本はたくさんありますし、
もっと簡単に書いてあるものも
いっぱいあるでしょう。
でも、上記の本は、私が知りたいと思ったことが
たくさん書かれていて、
施術をしていく中においても、
「ああ、なるほど〜!」と
実感及び納得ができる内容でした。



ひとつひとつのチャクラの概念の細かい部分は、
それぞれの考え方や解釈だと思いますから、著者によって違いはありますが、
お2人の本は、ご自身の長いご経験に基づくところも含めて深く語られているように感じ、
私は、実践の上で今も参考にさせていただいています。

もし、本を読みたいと思ったら、
まずは、本屋さんで手にとってみて、ご自分に合うもの、
ご自分が読みやすいと思うものを探してみるのではないかと思いますが、
何を読むのがいいのかわからないという方は、よろしければ、参考にして下さいませ。
(その他、最後に参考文献を明記していますので、そちらも参考にして下さい。)
さあ、では、今回のテーマ「第3チャクラ」について見ていきましょう。


“ソーラーチャクラ”
または
“ソーラー・プレクサスチャクラ”
と呼ばれ、
『太陽神経叢(みぞおち部分)あたり』に
位置しています。
(今回は、ソーラー・プレクサスチャクラと
  呼びます。)
このチャクラが発達する年齢は
8歳〜12歳、
もしくは14歳〜21歳という
解釈がありますが、
一般的に第3チャクラの気は、
“思春期に前面に出てくる”と
いわれています。

この時期に経験するトラウマなどは
後々私たちに大きな影響を及ぼすといわれ、
たとえば、「感情を抑え込んで、自分の力や
可能性を実現するのを難しくする」
ということもあるようです。
(一般的に、トラウマの体験が
 早ければ早いほど、
 またその痛みが
 大きければ大きいほど、
 私たちはそこにフタをしてしまう
 といわれますが、
 これは心理学用語では「抑圧」といい、
 時に私たちは抑圧がとても上手になり、
 それがそこにあることすら
 意識しなくなるといわれます。)

ソーラーチャクラ


第3チャクラは、“精神的な活力”や“自己実現力”を司っていて、
このチャクラが活性化していれば、自分に自信を持ち、
本当の意味での自由が得られるのではないかと思います。
また、“内面の力”“自尊心のエネルギー””自尊の念の中心”
などとも表現されるチャクラです。
その役割は、“個”としての自分を確立していくプロセスにおいて、
他から教わり備わっているアイデンティティとは
別の“自分自身のアイデンティティ”を育てることを
支えていくことにあるといわれます。
つまり、そのアイデンティティとは“健全な自我”です。
健全な自我を育て、真実の自分が顕かになるのに伴い、
それを外の世界に向かって表現する勇気を、私たちはこのチャクラで得ています。

そして、第3チャクラのエネルギーが機能していると、
“何もしなくても楽しい”と感じるようになるようです。
内面的な強さを秘めながら、精神面と物質面での満足のしかたにも
均衡がとれるようになるのです。

また、健全な自我がちゃんと育たない状況でこのチャクラにブロックが生じると、
個人的な人格がない状態になり、私たちは常に誰かの意志に従うようになったり、
自分のやることに自信がなく、たえず人の賞賛を渇望するようになったり、
それに振り回されたりします。
たとえば、どんな仕事(こと)を成し遂げても、他人に評価されなければ、
「うまくいったと思えない」というようになります。
つまり、自分の評価基準が他人主体になってしまい、真の自己評価ができない状態です。
そのため、どんなにやっても満足せず、その結果やる気に欠け、
責任の放棄を切望したりします。
逆に、パワーを誤用し、人に向かってその力を乱用したりすることもあるでしょう。

さらには、あらゆる状況に対処できず、
自分を哀れな状況の犠牲者のように感じ、感情は抑えつけられ、自信を失い、
自分の尊厳を自分で守ることが難しくなります。
疲労感やエネルギーの欠乏、スタミナ不足に悩む人が多く、
前に進もうとしてもその意欲が妨げられてしまうかもしれません。

また、関連する肉体面は、
胃・小腸・肝臓・胆嚢・脾臓・すい臓など消化器系の器官です。

ソーラー・プレクサス・チャクラは、
消化の過程を支配し、食べ物を燃焼させることによって
私たちが使いやすい形でエネルギーを放出できるようにしてくれるといわれます。
ソーラー・プレクサス・チャクラからの合図をきちんと受け取ると、
消化の炎が大きい時に私たちは空腹を感じ、肉体に燃料を補給する衝動にかられます。
そうすれば、私たちの身体に入った食べ物は効率よく消化され、
最大限のエネルギーが放出されて、脂肪として蓄積される無駄な部分は
ほとんどないといわれるのです。
逆に合図を受け取ることができないと、燃料補給は必要がなくても食べ続けてしまったり、
体重のコントロールができにくくなったりします。

また、すい臓を司っているので、糖尿病が起こることもあります。
第3チャクラに問題がある時のその他の身体へのあらわれ方としては、
潰瘍や胆石、肝臓や目の疾患が代表的で
胆嚢、胃、脾臓、腎臓などの疾患にも注意が必要です。

病気の大部分は、感情を抑圧していることが原因だといわれます。
それによってチャクラが滞る場合が多いのです。
特に“怒り”の感情はもっとも多いもので、
激しい怒りを抱えているのに、それを見ないようにしていると
「怒りの炎が肉体を内側から焼きつくす」といわれます。
ですから、病気になるということは、
「それらの抑圧された感情を表現する方法
 (たとえば、話す・書く・歌う・踊るなど)を学びなさい」
「感情に足をとられず、前に歩き出しなさい」
という大切なメッセージなのかもしれません。
そういう視点で病気を捉えることがとても大事だと思いますし、
やはり、病気になる前に気がつくよう
まずは自分を見つめることが何より大切だと思います。

さらにこのチャクラは、周囲の環境から情報を幅広くキャッチし、
自分がどのようにふるまうべきかを教えるチャクラでもあるといわれます。
それゆえ、幼い頃から周囲とのコミュニケーションが不足していたり、
矛盾した対応を受け続けていたりすると、“免疫系疾患”の兆しが見えてきて、
大人になっても改善させることは難しいといわれます。
子供は、この世に誕生した時から環境に左右されやすく、
その影響をまともに受けてしまいますよね。
赤ちゃんでさえ、母親の動きや表情をじっと見ていて、自分が笑った時や泣いた時に
どういう反応を見せるかを観察しているといわれるくらいですから。
もちろん、そうならないような環境で育つように
親や社会が取り組まなければいけない問題はありますが、
大人になってから気がついた場合、
この第3チャクラへの取り組みを注意深く根気強く続けていくことが大切になるでしょう。

次に、このチャクラでの大事な霊的な学びですが
今、お話してきました“自我、自己敬愛について”、
深い真理は“自分を尊重せよ”です。
これは、前述したキャロライン・メイスさんの言葉ですが、
まさに的確な言葉だと思います。

つまり、
「自分自身との関係を成熟させ、自分の足で立ち、自分のことが自分でできるか。
 自分を尊重できるか。」
第3チャクラにはこのような霊的課題があるのです。

この「自分自身との関係を成熟させる」
「自分自身のアイデンティティを育てる」ということは、
この世を幸せに生きるうえでとても大切なことだと思います。
ですが、それほど簡単なことではないようにも思います。
特に今の日本の社会には、この大切な感覚が欠落している人が
とても多いのではないかと感じるのです。

自分が育ててきた自分自身のアイデンティティより、
たとえば、親や家族、学校など集団のアイデンティティや常識に従ったままで生きている…
そして、その中において他人と比べながらもがいている…
という人が多いのではないでしょうか?
それは、もちろん時代背景やその他もろもろの事情があり、
小さい頃からひとりひとり“健全な自我”が育つような
教育や教えを受けてこなかったから…
ということがひとつの大きな原因なのかもしれません。
幼い頃は多少の違和感は感じたとしても、大人になるにつれそれが普通になり、
違和感を感じたことは忘れて過ごしている人が多いのではないかと思います。

また、大抵の人が自分自身のアイデンティティの欠落感を埋めるために、
家族や社会の中において何らかの役割を持つことでアイデンティティを得ています。
ある意味、それは楽なことである時もあるのでしょうが、やはり無理があります。

なぜなら、“社会の役割”を持つことでアイデンティティを得るというのは
一種の幻想にすぎず、その役割を成し遂げ、人々の賞賛を得て、
一瞬自負心が生まれたとしても、心の奥にはまだまだ渇望してやまない何かが
うずうずとしているのを感じることになるからです。
そうすると…とても苦しい状態になりますね。

自分の奥底にある本当の願いは、人からの賞賛ではありません。
内なる自己を発見し、自分自身のアイデンティティを育て、それに敬意を表し、
本当の意味で自信を持って生きることだと思います。

私たちは、つい人と比べ、「自分がもっと〜だったらいいのに…」と考え、
今のままではだめだと思い込みます。
でも、残念ながら、その卑下した状態から希望を抱いたり、
欲したり、願ったりしてもこの先も自分が望む本当の意味での
成功を引きつけることはできないでしょう。
まずは、自分をしっかり見つめ、
そのことに気がつくことが大切なのではないでしょうか?
それがまさに第3チャクラの学びであると思いますし、
気がつくことによって本当の意味で自由になり、
また誰のせいでもない自分の責任において
生きることができるようになるのではないかと思います。
ぜひ、第3チャクラのエネルギーを開放してあげて下さい。
エネルギーの解放

そして、これまで物理的な力、またはパーソナリティやエゴを司る
下位の3つのチャクラ(第1〜第3チャクラ)を見てきましたが、
このチャクラには、それを締めくくる役割があります。

“ベースチャクラ(第1チャクラ)”では、
この地球や社会に根づいて、自分が帰属できる団体の中に
しっかりとした自分の足場を作り、
これによって、私たちは生きることの安心感を得て、
自分との関係を築きました。
そして、“ベリーチャクラ(第2チャクラ)”では、
そこから一歩外に目を向け、「1対1の人間関係」を形作っていくことに
焦点をあてました。
最後にこの“ソーラー・プレクサスチャクラ(第3チャクラ)では、
「自分とは何か、外部の世界とのかかわりにおける自己とは何か」
という私たちの内面の力に焦点をあて、物理的な力の要素が強い下位チャクラは
締めくくられるわけです。
イメージ

その一方・・・
大変興味深いことに、
ソーラー・プレクサスチャクラは、私たちの「第六感」、
つまり、人間が生まれながらにして持つ「サイキックな能力」が
存在している場所ともいわれています。
(研ぎ澄まされた直感の部分は、第6チャクラの座にあるようです)
この「第六感」があることで、人間は地球の波動エネルギーに触れたり、
高次元の意識にアクセスできるといわれます。
「虫の知らせ」といわれるものもここで感知するそうです。
ただ、第3チャクラには表現できなかった古い感情が渦巻き、
苦い思い出が詰まって満タン状態になっていることがしばしばあり、
それを的確に感知することは簡単なことではないようです。

あらゆる意味において、
ソーラー・プレクサスチャクラはとてもパワーの強いチャクラなのです。

さて、ここまでソーラー・プレクサスチャクラについて見てきましたが、
今度は、自分をじっくり見つめ、時間をかけながら
このチャクラのブロックを取り除くための方法やセルフヒーリングを試してみましょう。
何度もいいますが、ここで大切なのは、
「自分をじっくり見つめること」。
是非、このことを忘れずにいて下さい。
以下は、第3チャクラのブロックを取り除くための方法です。

  1. 過去に起こったことや今、起こっていることに対し、
    自分が何を望んだのか、魂の視点で問いかけてみましょう。


    どのような現実も、魂から見たら自分が望んだこと。
    それは、腑におちないことや納得のいかないことも含めてすべてです。
    他人のせいではありません。自分が望んだのです。
    自分の人生の責任者になりましょう。
    過去に起こったことや、今、起こっていることに対し、
    自分が何を望んだのか、魂の視点で問いかけてみましょう。
    フ〜ッと深呼吸をしながら、ゆっくりゆっくり問いかけてみて下さい。
    たとえ、明快な答えがすぐに出なくても、その感覚を覚えておきます。
    イメージ

  2. 自分が本当に欲しいものは何かを見つめてみましょう

    深呼吸をしながら、自分が本当に欲しいものは何か、
    自分の心の奥をゆっくり覗いてみて下さい。
    周りの期待や考えなどは置いておいて、
    自分の内側からあふれる思いをじっくり感じます。
    必要であれば、ノートに書き出してみましょう。

  3. チベット体操の3のポーズ

    みぞおち部分を開くポーズは、第3チャクラを活性化させ、
    自信とエネルギーを生み出します。
    おなかを刺激し、生命力の源でもある丹田も強めます。
    また、胸や喉のチャクラまで刺激し、甲状腺や副腎、
    その周辺の器官をも活性化します。

     1.上体をまっすぐにして床にひざまずく姿勢になり、
      両手は太ももに軽く添えます。
      

     2.口から息を吐きながら、頭を前に倒していき、
      あごが胸につくようにして息を吐き切ります。
      
     
     3.鼻から息を吸いながら、上体をゆっくりと後ろに反らします。
      反らせるところまで反らして下さい。
      
      
     4.上体を反らし切ったら息を止めたまま1の姿勢に戻ります。
      
      ※上記のポーズを自分が決めた回数を繰り返していきましょう。

  4. 色やパワーストーンを使う

    それぞれのチャクラには、対応した色があります。
    チャクラは、回転する光の輪のように見えますが、
    それぞれ違うスピードで回転するため、異なった光の波長を発し、
    なった色として知覚されるのです。
    ソーラー・プレクサスチャクラに対応する色は黄色です。
    黄色のTシャツや洋服、下着やパジャマを身につけたり、
    黄色の花を飾るとよいでしょう。

    また、チャクラを活性化するのに役立つパワーストーンは
    アンバー、イエローカルサイト、シトリン、サンストーンなど。
    ゴールデン・タイガーアイは第2チャクラだけでなく、
    このチャクラの活性化にも役立ちます。
    手首につけたり、仰向けに寝て、みぞおち部分に置いてみてもいいでしょう。

  5. アロマの精油を味方にする

    アロマの精油の香りがチャクラを活性化します。
    ソーラー・プレクサスチャクラを整えるのに役立つのは、
    ジュニパーとベチバー。
    こちらで浄化してバランスをとった後
    イランイラン、カモミール、ローズ、ベルガモット、レモンなどを
    試してみるといいでしょう。

  6. アファメーションを唱える

    アファメーションとは、肯定的な自己宣言。
    そういうと難しいことのようですが、とても簡単なこと。
    心の中で思うことや口から発する言葉のエネルギーはとてもとても大きいのです。
    是非、肯定的な言葉を口に出して言ってみて下さい。
    もちろん、自分で考えた言葉でいのですが、
    ちょうどこのチャクラのパワーが生かされるような言葉が
    ブレンダ・デーヴィスさんの
    「<魂からの癒し>チャクラ・ヒーリング 」という本に
    載っていたので、こちらに引用させていただきます。
      
     「内なる力にこの命をささげよう。
      私の持つ最大の可能性が自然に姿を現すために
      この命をささげよう。
      今日は私の日だ。
      私に起こることのすべての決定権は私にあり、
      私は私の人生に対して完全な責任を持つ。
      私は力だ。
      そう、それでよい。」
     「私や他の人が可能なかぎり最良の人生を送ることができるよう
      私の意志を用います。」
      

以上です。


これらをやっていく中で、
自分の中に古い嫌な感情がフツフツと生まれたことに気がついたら
まずはそれを実感し、その上で“手放す”という努力をしてみて下さい。
そして、過去に自分に傷を与えたと思う人が出てきたら、許すこと。
自分を信じて、とにかく“許す”と決めることです。
慣れ親しんだ感情や信念を手放すには、何より自分を信頼する気持ちが必要です。

そして、もうひとつ。

わがままで無茶をする人、他人のことは無視して自分のパワーを行使する人、
他人の心にズカズカと土足で入ってこようとする人…
そういう人が周りにいませんか?
そういう人は、もしかしたらその人の第3チャクラに問題があるのかもしれません。

できれば、そういう人たちを思いやりを持って見てあげて下さい。
もしもその人のソーラー・プレクサスチャクラが
今まで抑えつけていた怒りや苦痛を取り去ることができずにいるとしたら・・・
その人が必死に隠そうとしている内面の混乱が噴出してしまうのを防ぐことは
その人には不可能なのだと思います。

その態度に頭にきたら、どうぞ心の目で見て下さい。

ソーラー・プレクサスチャクラがきれいに開き、
エネルギーが滞りなく流れていると、自尊心が発達するだけでなく、
「他の人をあるがままに受け止める」
ということができるようになります。
私たちひとりひとりが持つ様々な違い(チャクラの状態含む)を
天からの贈り物として受け取り、私たちひとりひとりの課題やチャレンジとして
捉えられることができるようになるのです。

他人を見る時もこの視点を忘れないようにして下さい。

次回は、第4チャクラ。ハートのチャクラですね。
人間性から霊性への架け橋のチャクラで
愛のエネルギーがあふれる大事なチャクラです。
どうぞ、お楽しみに♪

 

<参考文献>
・7つのチャクラ キャロライン・メイス著
・チャクラで生きる キャロライン・メイス著
・チャクラー癒しへの道 クリスティン・ペイジ著
・チャクラ&パワーストーンの癒し ブレンダ・デーヴィス著
・<魂からの癒し>チャクラ・ヒーリング ブレンダ・デーヴィス著
・チャクラパワーを開く メアリー・ホーズリー著
・若返りの秘儀 チベット体操 岡本羽加監修

 

TOP
copyright(c) since2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.