mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2008年6月 “チャクラ”に取り組もう(ベリーチャクラ編)

イメージ

 

みどり涼しい頃となりました。
皆さま、いかがお過ごしですか?
少々ジメ〜ッとした空気感が続く今日この頃、
ちょっとこの時期は憂鬱…という方も
多いことでしょう。
そんな時は、まずフ〜ッと深呼吸をして
体内のエネルギーの入れ替えをしてみて下さい。
そして、一杯の水をゆっくりと飲み干しましょう。
次に、浄化の雨・恵みの雨に
感謝の一言…「ありがとう!」
水がなければ、私たちは生きてはいけません。
この機会に心の中で唱えたり、
声に出して言ってみるといいかもしれません。
意外と気分がスッキリしますし。
是非、自然の恵みに感謝しながら、
この時期をできるだけ心地よくお過ごし下さいね。


さて、今月のhealing情報は、
先月に引き続き、チャクラのお話をしたいと思います。
第2回目の今回は、「第2チャクラ(ベリーチャクラ)編」です。

7つの主要なチャクラのうちの下から2番目のチャクラですね。
今回も是非、じっくりお読みいただきたいと思いますが、その前に・・・

前回も触れましたが、
「チャクラに取り組む目的」について、
今、私が感じていること、考えていることをお話したいと思います。

チャクラとは、体内を廻るエネルギーが集中しているスポット、エネルギー・センターです。
人間の肉体・精神・魂が健康な時、
チャクラはきちんと開き、バランスが整い、その中をエネルギーがきれいに廻っています。
反対にそれらのバランスが崩れると、チャクラの“ブロック”となってあらわれます。
(※チャクラのブロックとは、チャクラがちゃんと開いていなかったり、
  開いていてもきれいにエネルギーが廻っていなかったりする状態のことを言います。)

チャクラのブロックがなくなり、エネルギーがスムーズに流れ出すと、
心も身体もとても楽になり、生きている幸せを感じることでしょう。
ですから、チャクラのブロックをとるということは=「楽になること」でもあります。
これはとても喜ばしい状態ですね。

でも、「楽になること」がチャクラに取り組む第1の目的ではないと考えます。
バランスを崩した状態には必ず意味があり、それに「気がつくこと」こそが第1の目的です。

「楽になる」というのは、結果としてなる素晴らしい状態だと思いますが
それを第1の目的にしていると、たとえその時は状態がよくなったとしても、
また繰り返し起こる場合があるかもしれません。
それは、そこに隠れている大事な意味に気がつかないままだからです。

バランスの崩れがチャクラブロックや病気となってあらわれたり、
何らかのトラブルであらわれたりすることは、しんどいことではありますが、
決して“不幸なこと”ではありません。
自分がバランスを崩しているところ、その原因である魂のひずみやゆがみに気がつくための
大切なメッセージであり、感謝すべきことなのです。
そのゆがみやひずみが生まれた原因は、他でもなく自分の中にあります。
ですから、チャクラに取り組む大きな目的は、まずはそのことに気がつくこと、
そして、自己憐憫や自責の念にとらわれず、それを客観的に見て、受け入れることにあるのです。

・・・といって、

今、心が動かない状態、つらくしんどい状態にある真っ只中の方は、
なかなかそう思うことができないかもしれません。
また、そういう視点や意識で自分を見つめることができたとしても、
痛みや怒り、拒絶…という、ずっと持っていた古い感情、
古い傷から開放されることは簡単なことではないでしょう。

それでも、おひとりおひとり「それらのことが学びのひとつで
自分のゆがみに気がつかせてくれるための大いに感謝するべきことだった」と
実感できる日が必ず来ると信じています。



私は、チャクラに取り組むということは、
自分の本質が魂という存在であることを
自覚するレッスンだと思っています。
チャクラの状態は、
肉体や精神レベルだけでなく、
魂にも大いに関係があります。

「ひとつひとつのチャクラに
  魂が成長するための課題がある」

ということを自覚することであり、
自分の魂の課題を探求することでも
あると思うのです。
ですから、決してあせらないで下さい。
チャクラに取り組むということは、
時間がたっぷり必要なことなのです。


イメージ



チャクラに取り組むことで、
自分が封印していた過去と対面しなければならず、つらい時もあるかもしれません。
そういう時は、どうぞ、過去に焦点を当てすぎないで下さい。
あくまで「今」の視点で対面してみて下さい。
その時は、はるか昔に過ぎ去り、自分はすでに乗り越えているはずです。
ただ、手放すことができないだけなのです。
この機会に、自分の中にずっと残っている問題を手放し、
そのことやその人を許すと決めていただきたいと思います。
また、たとえ時間がかかったとしても、
自らそのゆがみやひずみを直していこうという勇気を持つこと、
必要な時に自分自身が変わる決心をすることが大切なのです。


イメージ

そういう意識の変化が生まれると、
ここで初めて、自分の肉体・精神・魂のすべてが
“癒し”の 方向へと動き出します。
それは、内なる自分との対面であり、
魂の声に従って「本当の幸せへの道」を
開き始める瞬間かもしれません。
是非、それらのことを心に留め、
意識して取り組んでいただければ・・・と思います。
(※今回のhealing情報の一番最後に
 “過去を許すメディケーション”の例を
   書いておきますので、よろしければ
   参考にして下さい。)


それでは、今回のテーマである第2チャクラ(ベリーチャクラ)を見ていきましょう。
第2チャクラは“ベリーチャクラ”や“セイクラルチャクラ”と呼ばれ、
『おへその5〜6cm下のあたり』に位置しています。
ベリーチャクラの位置
(“ベリー”とはおへそのことで、このあたりに位置するのでそう呼ばれますが、
  実際にはおへそから5〜6cm下に位置します。)

著名なヒーラーの方々のチャクラが発達する年齢の解釈や考え方は様々ですが、
「5〜8歳くらいまで」という解釈と
「7歳くらいから発達し始め、14歳くらいで成熟する」
という解釈(人の成長を7年サイクルでとらえるという考え方より)などがあります。
これらの歳の時にトラウマを経験すると、このチャクラにブロックが生じ、
欲望や喜びを感じることができなくなる場合があります。

このチャクラのエネルギー量は、一般に男性より女性の方が多いと言われています。
それは、女性の身体には子宮や卵巣などの生殖器官があり、
そこでは新たな生命が創られるからです。
人間の生命を創るだけのエネルギー量というのはものすごいものであり、
その量のエネルギーが必要な女性の第2チャクラのエネルギーは男性よりもはるかに多いのです。

第2チャクラのエネルギーは本質的に二面性を抱えていて
人間の内面の男性性・女性性のバランスをとっているといわれています。

また、このチャクラは「感情を感じる」ところでもあり、
人生において一番大切な“創造力(人生を創造する力)”を司っています。
音楽や芸術、芸能、言語能力、医学、科学・・・
これらに興味を持ち、創造していく力はすべてこのチャクラのエネルギーです。
また本質的に自分の人生を創造していく力(エネルギー)の源でもあります。
また、第5チャクラ(喉のチャクラ)と関係があり、
第2チャクラで創造されたエネルギーは第5チャクラで表現されるといわれます。

さらに、このチャクラの大きな課題のキーワードは“動き”や“流れ”“柔軟性”です。

このチャクラがちゃんと開き、エネルギーが活発にきれいに廻っていれば、
肉体だけでなく、感情や思考などすべての面において柔軟性があり、
あらゆる物事・人間関係などがよどみなくさらさらと流れるようなものになるでしょう。
変化にも柔軟に対応でき、自分の力で人生を創り上げていくことができます。

反対にチャクラにブロックがあった場合は、肉体・思考・感情などに柔軟性がなくなり、
創造性が阻害され、すべての流れが悪くなります。
ここから上へのエネルギーが流れにくくなり、上層のチャクラの活動も鈍くなったり、
後から出てきますが、人間関係にも柔軟性がなくなり、相手を慈しむことができないため、
健全な関係を作ることができず、深い孤独感を感じたりするでしょう。
肉体面においては、
ベリーチャクラが司っている泌尿器系(腎臓・膀胱)・生殖器系・リンパ系・
循環器系(一部)・大腸・腰などに影響を与えます。
生理痛や生理不順や下半身の冷え、子宮や卵巣の障害、
更年期障害など婦人科系のトラブルの他、筋肉が凝ったり、
背中の下の部分や腰や足の動きがぎこちなかったり…と、
何もかもが詰まった感じがあります。
尿道のうっ血が膀胱を詰まらせ、体液うっ血や膀胱炎、腎結石、
腎炎などの病気を引き起こすことがあったり、
リンパ管が詰まればむくみの原因になり、血流も悪くなったりするでしょう。
また、慢性的な腰痛に悩まされたりします。
(一部第1チャクラと重なります。)

霊的な学びにおいては、
“セクシュアリティ、仕事、お金や他者に対する影響・支配・競争、
物欲の学び”というお題があるといわれています。

お金を作ってそれを扱う能力、性に対する考え方、
人の力の相対的なレベル、それを利用する能力は
すべてこのチャクラによって支配されているのです。
このチャクラが上手に廻っていれば、根源にある強さが発揮されます。
それは、金銭的・物理的に自分自身の力で生き延び、
自分を守っていくことできる力とスタミナがあり、
たとえば、家族やパートナー、職業や金銭・財産を失ったとしても
そこから立ち直るだけの回復力、人生をやり直す力が発揮できる状態です。
また、仕事や生活において決断を下さなければいけない時に、
きちんと下すことができる力をも発揮できるでしょう。

そして、ベリーチャクラの学ぶべき大切で深い真理は“互いを尊重すること”です。
イメージ

前回お話した“ベースチャクラ(第1チャクラ)”では、
この地球や社会に根づいて、自分が帰属できる団体の中にしっかりとした自分の足場を作り、
これによって、私たちは生きることの安心感を得て、自分との関係を築きました。
さらに、集団の中において
「自分も他人も個々のものではなく、根源的ではすべてがつながっているひとつのもの」
「自分のあらゆる信念や選択が、すべての生命に影響を及ぼす」
という真理に焦点をあてましたが、
この“ベリーチャクラ(第2チャクラ)”では、
そこから一歩外に目を向け、「1対1の人間関係」を形作っていくことに焦点をあてます。

つまり、自分が安心して根づいていられる団体の信念や思考に従うところから
ひとつ外に目を向け、「1人の人間として人との関係を形作る番」ということです。

このチャクラでは、安心する団体から抜け出し、
自分自身の人間としての願いやニーズを満たしてくれる人間関係を
自ら発見していく方向へと移行していきます。

それは、パーソナルな関係…たとえば、恋人関係、友人関係、仕事のパートナーなど、
その関係や状況を「自分の思い通りにしたい」と思う相手との
パートナーシップの中にあります。
「思い通りにしたい」という思いは、1対1の関係が深くなればなるほど
誰もが思う欲求かもしれません。
たとえば、恋愛などはまさにそうですよね。
ですが、その思いは、良い形であらわれるばかりではなく、
執着や依存、嫉妬、恨み…といったネガティブな形としてあらわれる場合もあります。
それは、自分の中にある“恐れ”が原因です。
私的パートナーや仕事のパートナーに裏切られるかもしれないという恐れ、
見捨てられるかもしれないという恐れ、
金銭・財産をだましとられるのではないかという恐れ、
人との関係において自分の尊厳を侵される恐れ…など
このチャクラが持つ“根源的な恐れ”からくる感情や思考です。

ここでは、そのこと(自分自身の恐れからきているということ)に
気がつくかどうかが大きな鍵です。
このチャクラにある深い真理を心に置き、
自分がそれらの恐れに支配されていないか振り返ってみることが大切です。
それを自覚し、相手を信じること、敬うこと、
自分に与えられた課題に対して意識を向けることができれば、
このようなネガティブな感情を味わうことも
自分にとっての大きな学びのきっかけになるでしょう。

というのも、第2チャクラは、自分が形成する人間関係はすべて、
自分の「意識を高める」という目的を果たすといわれるからです。
1対1の関係において、相手を尊重し、尊敬し、大切に思い、信頼する関係を築くこと、
そして、自分をとりまく世界から受け取る貴重な贈り物に感謝することはすべて
「自分の意識を高める」という目的を果たすことなのです。

とても興味深いことなのですが、多くの著名なヒーラーたちが

「第2チャクラのエネルギーは、自分の持っている弱みや強みに
 気がつかせるために役立つ人間関係を確実に“引き寄せてくる”力がある」

と言っています。
これは、先ほどお話した“本質的に二面性を抱えている”
第2チャクラのエネルギーが呼び寄せるということのようです。
人との出会いは宿命であり、必ず適切な時に
その出会いが起こるようになっていると言われますし、
よく「学ぶ者が準備ができた時に教師があらわれる」という言い回しをしますが、
第2チャクラには、まさにこれを意識して他の人間とかかわるという課題があるようなのです。

ということは、
過去を振り返って(もしくは現在)思い出したくない(頭に描きたくない)ような人が、
実は、自分と相手の第2チャクラのエネルギーによって呼び寄せられていて、
自分にとって必要なことを気がつかせるための相手だった…
という可能性は高いですよね。
もちろん、それがそうであったかどうかは確認する術がありません。
でも、そうであるかないかを考えることが重要なのではなく、
そういった視点で人間関係と向き合うことが大切なのではないかと思います。
また、こうやって考えるとあらためて、あらゆる人との出会いは、
たとえ自分にとってその時はつらいものだったとしても、
自分が引き寄せていることであり、
とても感謝すべきことなのだな…と実感します。

さて、ここまでベリーチャクラについて詳しく見てきましたが、
今度は、自分をじっくり見つめ、時間をかけながら
ベリーチャクラのブロックを取り除くための方法や
セルフヒーリングを試してみましょう。
とにかく、まずは、自分を見つめることが大切だということを忘れずにいて下さい。
以下は、第2チャクラのブロックを取り除くための方法です。

  1. 水を連想させる、もしくは水が流れる音楽をかけながら、光の深呼吸をする。
    穏やかに優しく水の流れを感じる曲をかけながら、
    ゆったりとした気持ちで“光の深呼吸”をして下さい。
    前回も書きましたが、“光の深呼吸”のやり方は以下の通りです。
    まず、鼻から息を吸う時に新たなエネルギーが
    光り輝きながら入ってくるのをイメージし、
    口から吐く時に古くなったいらないエネルギー(マイナス感情含む)が
    全部出ていくのをイメージします。
    鼻から吸い込んだ光が身体中の隅々まで行き渡るようイメージしてみて下さい。
    そしてそれが身体を抜けて外まで行ったら、
    自分の周りが光でいっぱいになるようなイメージをし、
    それができたら一気に息を吐いて終わりにします。
    (この時にベリーチャクラに自分の手をあてるのもいいでしょう。)

  2. チベット体操の2のポーズ
    このポーズは、体内のエネルギーをおへその少し上まで引き上げる体操です。
    第1チャクラと第2チャクラを活性化することで周辺の器官の働きを活発にし、
    体内のリンパ液の流れをよくすることで、老廃物の排出を促します。

    1.背中をまっすぐに伸ばして仰向けになります。
     両腕は身体の脇に置いて手のひらを床につけます。
     (腰が弱い人は腰の下に置いてもかまいません。)
     チベット体操
      
    2.鼻から息をゆっくり吸いながら、頭をゆっくり上げていきます。
     チベット体操
     
    3.息を吸い続けながら両足を床と垂直になるまで上げていきます。
     チベット体操 チベット体操
     
    4.口から息を吐きながら、ゆっくりと足を下ろしていきます。
     チベット体操  チベット体操


    5. 頭をゆっくり下ろし、息を吐き切ります。
     チベット体操

  3. 色やパワーストーンを使う。
    それぞれのチャクラには、対応した色があります。
    チャクラは、回転する光の輪のように見えますが、
    それぞれ違うスピードで回転するため、異なった光の波長を発し、
    異なった色として知覚されるのです。
    ベリーチャクラに対応する色はオレンジ色です。
    オレンジ色の洋服、下着やパジャマを身につけたり、
    オレンジの花を飾ると、視覚的に入ってきていいでしょう。
    オレンジの花
    また、チャクラを活性化するのに役立つパワーストーンは
    カーネリアン、ゴールデン・タイガーアイなどです。
    ポケットの中に持っていても、手首にしてもいいでしょう。
    パワーストーン

  4. アロマの精油を味方にする。
    アロマの精油の香りがチャクラを活性化します。
    ベリーチャクラを活性化するのに役立つのは、
    ローズやジャスミン、イランイランなど官能的な高揚系の精油もいいですし 、
    地に足をつけるサンダルウッドなどもいいと思います。
    また、個人的には第2チャクラのブロックを取り除くのに、
    ローズマリーが大いに役立つように感じます。

  5. 湯船にゆっくり浸かる。
    ゆっくり時間をかけてお湯に浸かり、自分をしっかり見つめましょう。
    自分が持ち続けているマイナスな感情、
    溜め込んでいる気持ちをすべてお湯の中に捨ててしまいます。
    上記のアロマの精油を3滴くらいお湯に垂らしたり、
    パワーストーンをお湯に入れてもいいでしょう。

  6. 食べ物からエネルギーをいただいていることを意識しましょう。
    ベリーチャクラは味覚と関係しています。
    食事や何かを飲む時は、それらをゆっくり存分に味わい、
    エネルギーをいただいていることに意識を向けましょう。
      

これらをやっていく中で、自分の中に古い嫌な感情がフツフツと生まれたことに気がついたら
まずはそれを実感し、その上で“手放す”という努力をしてみて下さい。
そして、過去に自分に傷を与えたと思う人が出てきたら、許すこと。
自分を信じて、とにかく“許す”と決めることです。
慣れ親しんだ感情や信念を手放すには、何より自分を信頼する気持ちが必要です。
  
そして、今回は“過去を許すメディテーション”の例を書いておきます。
もし、心が落ち着いている状態で、可能なようであれば、行ってみて下さい。
ゆっくり何度も読み、たっぷり時間をかけながら、1.→2.→3.の順に進んで下さいね。
まず、静かな場所でイスに腰掛けて下さい。
ゆっくり深呼吸を数回し、身体の力をふ〜っと抜きましょう。
身体の芯からリラックスして、ゆっくりと目を閉じます。

  1. 5歳〜8歳、もしくは7歳〜14歳までに起こったことを思い出して下さい。
    ゆっくりゆっくり思い出して下さい。
    今、頭の中によぎってきたことすべてを癒し、手放していきます。
    その頃起こったことはすべて思い出です。
    時は過ぎ去り、あなたはすでに乗り越えています。
    今、必要なのは、ただそれを“手放すこと”です。
    心の中で子供の自分を思い出して下さい。
    嫌なことを感じたあなたを思い出したら、
    愛の光で包み込み、優しくしっかり抱きしめてあげて下さい。
    慈しみながら、たくさんたくさん抱きしめてあげて下さい。
    愛と慈しみの光で自分をすっぽりと包み込んであげて下さい。

  2. その頃に起こった出来事や出会った人達に許しと癒しの光を送る準備をします。
    その頃、彼らがあなたにしたことは、
    その人自身が受けた傷や苦しみのせいだったことがわかるでしょうか?
    できるならば、その人達に思いやりの光を送ってあげて下さい。
    そして、彼らを許しましょう。
    そうすることであなた自身が彼らから完全に解放されるのです。
    手放しましょう。許しましょう。
    彼らの周りを光が包み込み、すべてが癒され、あなたは解放されていきます。

  3. 可能であれば、霊的な視点でもう一度ゆっくり振り返ってみます。
    今なら、その頃起こった出来事や出会った人は皆、
    あなたに人生のレッスンを教え、あなたがより霊的に成長するために
    必要なことを教えてくれたのだと理解することができるかもしれません。
    霊的な存在としてのあなたは、先生が必要だったのかもしれません。
    その頃のあなたの成長に関係していた人は、
    あなたに必要な経験をさせてくれたのだということを理解し、
    できれば、感謝とともにその人達を開放しましょう。
    ゆっくりと感謝しましょう。
     
    最初とは違った心の静けさを感じたら、あなたの中の子供の部分を感じて下さい。
    自分が完全な存在であるのを感じ、ふ〜っと深呼吸をしましょう。
    ゆっくりと目を開け、コップ一杯の水をのみます。
    書きたいことがあったら、ノートに書いておきましょう。


以上です。
決して無理のないペースで行ってみて下さい。
皆さまが、今まで感じたことのない心の静けさを感じることができるといいな…と思います。
次回は、第3チャクラ(ソーラープレクサスチャクラ)編です。
自分の“内面の力”に大きく関わっているチャクラですね。
是非、お楽しみに(^-^)

 

<参考文献>
・7つのチャクラ キャロライン・メイス著
・チャクラー癒しへの道 クリスティン・ペイジ著
・チャクラ&パワーストーンの癒し ブレンダ・デーヴィス著
・チャクラパワーを開く メアリー・ホーズリー著
・ヒーリングパワーを目覚めさせるスピリチュアルレッスン ジャック・アンジェロ著
・からだと心がキレイに若返るチベット体操 西川眞知子著
・若返りの秘儀 チベット体操 岡本羽加監修

 

TOP
copyright(c) since2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.