mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2008年5月 “チャクラ”に取り組もう(ベースチャクラ編)


さわやかな風が若葉の香りをふんわりと
届けてくれる季節になりました。
皆さま、いかがお過ごしですか?
心にも身体にも心地よい季節ですね。
この季節は、外に出て深呼吸をするのが
とっても嬉しいです。
是非、皆さまもたっぷり深呼吸をして、
緑のあふれるエネルギーを
めいっぱい心身に取り入れて下さいね。

…といって、4月・5月と新しい環境の中、
走ってきた方たちは、お疲れが
ダダ〜ッと出る頃でもありますね。
サロンでもそういうお声は
たくさん聞かれます。
4月のhealing情報でもお話したとおり、
まずはそういう自分に
気がつくということが大切です。

 

“チャクラ”に取り組もう(ベースチャクラ編


そして、サロンでお客様の施術をさせていただいていて、
最近特に感じるのが、下位のチャクラのブロックやエネルギー不足です。
根源的なチャクラであるベースチャクラがきれいに開き、
エネルギーがスムースに流れている方の方が少ないかもしれない…と感じるほどです。
それゆえ、心身ともにお疲れの方、力が出ないという方が
多いのかもしれないなぁと思ったりしています。

以前からお話している通り、
チャクラは身体の面・精神面…さらに霊的な面にも関係していますので、
チャクラの状態やブロックしやすいチャクラは人それぞれ違います。
ですから、ご自身の滞りやすいチャクラを知り、
それに取り組むことはとても大切なことだと思います。
ですが、やはりまずはこの“ベースチャクラ”。
ベースチャクラのことをよく知り、ご自身で能動的に取り組んでいただくことが
ヒーリングの始まりなのではないかと思います。

また、今までもセルフヒーリングの方法などお伝えしてきましたが、
サロンで聞かれるようになったのは、
「ブロックしているチャクラをどのように活性化していいかわからない」
というお声です。
そこで、このhealing情報で数回に渡り、
ひとつひとつのチャクラをさらにじっくりと見ていきながら
ブロックに取り組むあらゆる方法をご提案していきたいと思います。
是非、参考にして下さいね。

・・・と、その前に
今まで度々お話してきた“チャクラ”や“エネルギー”など基本の言葉などを
今一度簡単に復習しておきましょうか。
目には見えないものなので、わかりづらい、確認しづらいという方も
いらっしゃるでしょう。
まずは、何となくでけっこうですので、感覚でとらえていただきたいと思います。

人間の身体には、たえず生命エネルギー(気)が流れています。
目には見えないものですが、身体の中の“チャクラ”をクルクルと廻りながら通ります。
頭の上から取り込んでいる霊的なエネルギーと
足の底から取り込んでいる大地(地球)のエネルギーが
上へ下へと進んでいて、生きていく上でとても大切なものです。
このエネルギーが不足したり、滞ったりすると、心身に多大な影響を及ぼします。

“チャクラ”に取り組もう(ベースチャクラ編


また、“チャクラ”とは、古代のインドで使われていた
サンスクリット語で「回転する輪」という意味で
身体の中に流れるエネルギーが特に集中している
エネルギー・センターのことです。
チャクラは身体の中にたくさんありますが、
もっとも主要なものは、背骨に沿って縦に7つ並んでいます。
この7つのチャクラは、対応する身体と心のあり方が
深く関係していますので、
とても重要なエネルギースポットです。

そして、チャクラに取り組むにあたり、
知っておいていただきたいことが2つあります。

1つは、エネルギー的に見ると、
身体は人生の履歴書のようなもの、
それゆえ、自分を癒し、健康を作り出す助けをするのは、
自分自身でしかありえないということです。


あらゆる体験、あらゆる人間関係、またそれによって感じた感情、思考など、
身体には自分の今までの人生がすべて包み込まれているのです。
すべての思考や感情(意識的・無意識的)は、身体の中を駆け巡り、
生理学的な反応を引き起こしています。
例えば、恐れなどは身体のマイナスな反応を引き起こし、
愛があふれる感情は、全身をリラックスさせるような
プラスの反応を引き起こすでしょう。
そして、感じた強い思考や感情は、大きなエネルギーとなって
身体の中の細胞レベルに蓄積されています。
つまり、私たちの健康を作り出しているのは、
自分の今までの人生…自分自身ということです。
それゆえ、蓄積されているエネルギーを浄化して自分を癒し、
健康を作り出す助けをするのは、自分自身でしかありえないのです。
そこで、自分自身の内部や健康に関して、受動的ではなく、
能動的に取り組むことが何より大切です。

そして、もう1つは、私がサロンで施術を重ねてきて
つくづく感じていることなのですが、
エネルギーやチャクラのブロックは、今、お話した肉体、感情、思考という
パーソナリティだけの問題ではなく、その根本に“魂”というもうひとつ大きな存在の
課題に関係があるということです。

それは、人間の根本が“魂”という存在だからです。
ですから、自分自身がパーソナリティの存在ではなく、
“魂”という大きなものが根本にある存在で、
それらをすべてひっくるめて人間なのだと感じることが大切なのではないかと思います。
チャクラに取り組むということは、
自分が“魂”という存在であることを自覚するレッスンでもあると思います。
そして、“霊的な成長を促す”という誰もが共通のこの世での課題に
取り組むことにつながるのだな…と強く感じます。
また、この課題をきちんと意識して見つめる必要性を無視したままでいると、
または気がつかないでいると、身体の病、心の病となって
あらわれる可能性もあるのだろうと感じています。

直観医療者のキャロラインメイスが著書の
「7つのチャクラ」で述べていらっしゃいますが・・・

「人生の霊的な課題とは、自分の身体と魂、思考と行動、
肉体と精神のエネルギーのバランスをどうとっていくかを学ぶことにある」

・・・そうなんですね。私もそう感じます。
人間は、魂レベルではそのことを知っているはずなので、
無意識ながらもチャクラに取り組みたいと思うこと自体が、
バランスをどうとるか、霊的な課題にどう取り組むかを
学ぼうとしているあらわれなのではないかとも思います。
それゆえ、チャクラやエネルギーについてお伝えすることを通して、
バランスをとることの重要性や霊的なレッスンを意識することの大切さを
思い出していただきたいと思っています。

さあ、それでは、本題に入りましょう。
第1回目の今回は、
先ほどお話しました第1チャクラ(ベースチャクラ、ルートチャクラ)です。

“ベースチャクラ”は『脊椎の基底部あたり』に位置し、
生命エネルギーが宿る根源的なチャクラです。
(チャクラを通るエネルギーは回転していますので、その前部・後部も関係しています。)
ベースチャクラ、ルートチャクラ

地球とエネルギーレベルでつながっていると言われ、
大地(地球)のエネルギーを取り入れる重要な場所です。
例えると、樹木が根から栄養を吸収しているように、人間も大地のエネルギーを
足の裏からベースチャクラへ取り入れているのです。
つまり、生きるために必要不可欠なエネルギーが宿る場所。
このチャクラのおかげで、私たちは世界には自分の居場所があり、
自分が帰属する団体があり、愛され、安全に過ごすことができると確認していますが、
このチャクラに問題があると、大地のエネルギーがきちんと取り込めず、
エネルギーが不足し、心身ともにマイナスに働きます。

例えば、ベースチャクラがふさがっていたり、問題を抱えていたりすると、
精神が不安定になり、抑鬱状態になったり、思考が悲観的になり、
何かをする力が湧いてこなくなったります。
「地に足がついていない」
「やるべきことができない・長続きしない」・・・
というのは、ベースチャクラが鈍っている時に起こる状態です。
それがひどくなると、薬物などへの依存、摂食障害、
慢性の鬱症状…などを招くことになりかねません。

ブロックを起こすと思考だけでなく、身体の機能不全を起こすことになります。
慢性の腰痛や坐骨神経痛、骨格や足、直腸、泌尿器系、
免疫系のトラブルなどが発生する可能性があるのです。

そして、先ほども言いました“魂”の大切な課題と言われることなのですが、
霊的な学びにおいては“物質世界についての学び”というお題があり、
また、深い真理においては“すべてはひとつ”ということを
魂レベルで感じるという大きな課題があるといわれます。
つまり、自分も他人も個々のものではなく、
根源的ではすべてがつながっているひとつのものであり、
自分のあらゆる信念や選択がすべての生命に影響を及ぼす・・・ということですね。
私たちは、同族や集団の中においてこの真理を学んでいきますが、
霊的な成長を促すレッスンとして考えると、とても深い意味のあるチャクラです。

霊的な探求の道を進む人は、より高い部分のチャクラの発達ばかりを
望む傾向にあるといわれますが、
それは、一般的に上位のチャクラが精神性・霊性を高めていく目的が
あるといわれるのに対し、下位のチャクラが、生存や自己保存という
肉体的な目的が大きいといわれていることがあるのでしょう。
でも、今お話をした真理を考えてもわかることですが、
やはりすべては“バランス”です。
きれいな蓮の花ばかりを追い求めていても意味がなく、
蓮が吸い上げている泥の部分も見なければ、またはその中に入ってみなければ、
「すべてはひとつ」という深い真理は永久にわかりませんし、
わざわざこの社会に生まれた意味がないのではないのではないかと思います。
今、この地球・この国、この社会に生まれ、そこに根づき、地に足をつけながら、
尚且つ、霊的な成長を試みることに大きな意味があるのではないかと思うのです。

そして、ここで人間関係を築き、前向きに人生における試練に立ち向かい、
幸福に生き生きと暮らすことを望むのなら、この地球、
この場所に生まれたことに感謝し、ベースチャクラをしっかりしたものにすることが
まずは大切なのではないかと思います。

また、チャクラには、発達する年齢があります。
(下のチャクラから発達していきます。)
ベースチャクラは、他のチャクラと同様に生涯を通じて成熟し始めますが、
3〜5歳、または解釈によっては7〜8歳くらいまでに主たる発達が終わるといわれます。

人間の成長段階において、もっとも傷つきやすいのは
誕生から7歳までの間と言われますので
どれほど大事な時期かおわかりいただけるかと思います。
この頃に受けた感情的、精神的な痛みや心理的トラウマが
ベースチャクラの機能不全になっていることも大いにあります。
何となく道に迷った感じや地に足がついていない感じ、
帰る場所がないという感じがする場合、
また、いつも「見捨てられる」「拒絶される」「孤立する」という恐れがある場合、
ずっと昔に感じた感情や恐れが浄化されずに
このチャクラに蓄積されているのかもしれません。
自分では無意識でも、その感情や思考がしっかり残ってしまっているのです。

この歳の頃に自分が帰属意識を持つ場所といったら、やはり“親”や“家族”ですね。
ひとつの例ですが、この頃に親や家族から愛されていることが感じられないと
または十分に甘えられないと、大人になってからも
ずっとこのチャクラがブロックしてしまうこともあるようです。

それでは、これを癒すのは簡単なことではないと感じるでしょう。
そうかもしれません。
でも、時間がかかったとしても、決して不可能なことではありません。
過去にしがみつき、未来へ向かって進むことができないのは、
“恐れ”や“自責の念”にとらわれているからなのだと思います。
ですから、慣れ親しんだ感情や信念を手放すには、
まずは自分を信頼する気持ちが必要になります。

そして、その時に思い出していただきたいのは、
きわめて単純な“人生の真理”です。


人の一生とは、深い気づきへの旅、
自分を知るための旅です。
ですから、人生で起こることは
すべて学びの体験。
そして、自分の使命は、起こったことで
受けた傷を体験し、
それを自分の学びとして確認し、
通りすぎていくことであり、
その中に生きることではないということ
(けっして自分は犠牲者ではないということ)
です。
そして、大切なのは、
自分の中にずっと残っている問題に
執着するのをやめ、手放す努力をすること。
許すこと。

“チャクラ”に取り組もう(ベースチャクラ編


自分の中に癒しを起こすには、必要な時に自分自身が変わる決心をすることも大切なのです。
といって、やはりなかなかできないことに感じるでしょうか?
いえ、決してそんなことはありません。
「本当にそうしたい」と自分が望めば、癒すことができるのです。

というのも、チャクラのブロックはエネルギーの流れをせき止めて、
自分の中にある側面から逃げるための固定化・習慣化された方法に
なってしまっていることがあります。
意識の上では、ブロックを取り除きたいと思っていても、
無意識レベルでは、それを取り除くことを阻止している…
ということも多々あるのです。
そう、「自分自身で癒しの阻止をしている」ということです。
ですから、本当にチャクラと向き合うのなら、
まずは「自分を癒す」と決意することが大切です。

そして、時間をかけながらブロックを取り除く方法を試してみましょう。
チャクラのブロックを取り除く方法は色々とありますが、
是非、ご自分ができるものをやってみて下さい。

以下は、ベースチャクラのブロックを取り除く方法です。
これらをやっていく中で自分の中に古い嫌な感情がフツフツと生まれたら、
まずはそれを実感し、その上で“手放す”という努力をしてみて下さい。
そして、過去に自分に傷を与えたと思う人が出てきたら、許すこと。
自分を信じて、とにかく“許す”と決めることです。
先ほども言いましたが、慣れ親しんだ感情や信念を手放すには、
何より自分を信頼する気持ちが必要です。

  1. 両足を地面にしっかりつけ、大きく光の深呼吸
    なるべく静かな場所で行いましょう。
    肩幅くらいに両足を広げ、しっかりと地面を踏みしめるように立ちます。
    そこで光の深呼吸。
    これは、「2007年3月 じっくり感じる“セルフヒーリング”のすすめ」
    http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0703.html
    でお伝えしていますね。
    まず、鼻から息を吸う時に新たなエネルギーが
    光り輝きながら入ってくるのをイメージし、
    口から吐く時に古くなったいらないエネルギー(マイナス感情含む)が
    全部出ていくのをイメージします。
    鼻から吸い込んだ光が身体中の隅々まで行き渡るようイメージしてみて下さい。
    そしてそれが身体を抜けて外まで行ったら、
    自分の周りが光でいっぱいになるようなイメージをし、
    それができたら一気に息を吐いて終わりにします。
    (この時にベースチャクラに自分の手をあてるのもいいでしょう。)
    最初はイメージができなくても、だんだんとできるようになりますので、
    是非、お試し下さい。

  2. 自然の中を歩く
    自然のエネルギーあふれる山などを目的や行き先は決めずに
    テクテク歩いてみましょう。
    裸足で歩くことができる場所ならなおさらよいですね。
    足の裏には、エネルギーをダイレクトに取り入れる小さなチャクラがあります。
    歩くことによってその小さなチャクラが刺激を受け、
    エネルギーの流れがよくなります。
    また、新しいエネルギーがたっぷり宿る土から
    エネルギーをたくさん吸収しましょう。

  3. 樹木を抱きしめる
    2. で歩いている時に心惹かれる樹木を見つけて下さい。
    そして、よりかかるか、抱きしめるかをしてみましょう。
    その木の持つ生命力や地下に張った太い根、
    まっすぐに伸びる幹をじっくり感じ、気持ちを合わせてみます。
    自分自身もこの地球にしっかりと根を下ろしているイメージを描いてみましょう。

  4. チベット体操の1のポーズ
    まっすぐ立ち、両腕を横に広げ、肩の高さまで上げます。
    チベット体操の1のポーズ
    (手の平は下に向けます)
    この姿勢をキープしながら、自分が決めた回数を右回りに回ります。
    チベット体操の1のポーズ チベット体操の1のポーズ
    回数は、3〜21回まで。2回ずつ増やしていきます。
    回っている時に両手が下に落ちないように床と平行に保ち、
    肩の力は抜いて回ります。
    めまいを感じたら、回転数を落とし、ゆっくり止まって休みましょう。
    このポーズがやりにくい時は、このチャクラにブロックがあるかもしれません。

  5. ヨガのボディドロップのポーズ
    ヨガには、チャクラのブロックを取り除く様々なポーズがありますが、
    これはとても簡単なので、おすすめです。
    まず、足を伸ばして座り、つま先をそろえます。
    ヨガのボディドロップのポーズ
    お尻の後ろ約30cmのところに両手を腰幅より少し広げて置きます。
    自然に呼吸をしながら、お尻を数cm上げたり下げたりしましょう。
    腕が疲れたら終わりにします。
    ヨガのボディドロップのポーズ

  6. 色やパワーストーンを使う
    こちらは「2008年3月 チャクラを活性化する色とパワーストーン」
    http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0803.html
    でお伝えしました。
    ベースチャクラに対応する色は、赤です。
    背骨の一番下に意識を集中して、赤色をイメージすると、
    その周辺に力が満たされます。
    また、このエネルギーをサポートする赤い下着や赤いパジャマなどを
    身につけたりしてもいいでしょう。
    ただし、全身を赤で統一すると、かえって疲れてしまうかもしれませんので、
    気をつけて下さい。 
    パワーストーンは、ガーネット、ジャスパー、ルビー、へマタイトなど。
    普段持っていてもいいですし、手首に身につけていてもいいでしょう。
    ベースチャクラの位置にあてながら、深呼吸をするのもいいですね。

  7. アロマの精油を味方にする
    アロマの精油の香りがチャクラを活性化します。
    ベースチャクラを活性化するのに役立つのは、パチュリやサンダルウッド、
    シダーウッド、ラベンダーなど。
    是非、お好みの香りをお部屋に香らせてみて下さい。

  8. この地球にいる喜びを感じる
    この地球に生まれた喜びを意識してたくさん感じ、感謝しましょう。
    そして、次のアファーメーション(自己宣言)を声に出してみましょう。
    「私は、地球に生まれたことの使命を認識し、
      必要なものはいつも与えられることを知っています。」
    基本的にすべてはいつも与えられているのですから、
    私たちはひとりひとりの生き方を歩んでいけばいいのです。
    誰かと比べることも、何かを誰かに証明する必要もありません。
    もともと、すべてはひとつですしね。
    これでいいのです。自分を肯定することが大切です。

・・・その他、ダンスやガーデニングなどもいいでしょう。
いかがでしょうか?
どれも難しいことではないと思います。
Gは意識の問題ですが、これを頭と心の中に宿したり、言葉にしたりしていると、
ベースチャクラのエネルギーや状態が変わってくるでしょう。

今、心身に消耗や疲れ、衰弱の兆候、
チャクラやエネルギーのブロックの症状があらわれているのなら
決して、敵からの攻撃や不幸、嫌なこととしてとらえないで下さい。
友達からの大切な助言、身体からのメッセージなのです。
まずはゆっくり休み、ご自身を振り返り、ブロックしている意味に気がつくチャンスです。
そして、時間をかけて、ゆっくり優しくそのブロックを取り除く方法をお試し下さい。
あせってはいけません。ゆっくり、ゆっくり・・・です。
エネルギーが自然に流れ出す瞬間が待ち遠しいですが、ゆっくり、ゆっくり。
それ自体に大きな意味があるのです。
 
次回は、第2チャクラ(ベリーチャクラ)について深く見ていき、
ブロックを取り除く方法をお伝えしたいと思います。
是非、お楽しみに!

<参考文献>
・7つのチャクラ キャロライン・メイス著
・チャクラー癒しへの道 クリスティン・ペイジ著
・チャクラ&パワーストーンの癒し ブレンダ・デーヴィス著
・チャクラパワーを開く メアリー・ホーズリー著
・からだと心がキレイに若返るチベット体操 西川眞知子著
・若返りの秘儀 チベット体操 岡本羽加監修

 

TOP
copyright(c) since2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.