mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2008年4月“心の風邪気味”に気がつこう

春のうららかな日差しをいっぱいに受けて、心身ともに開放感を感じる季節となりました。
皆さま、いかがお過ごしですか?
五感が喜ぶ季節の訪れに、何となくウキウキしている方も多い頃でしょうか。

 


イメージ

その一方、今月は、新たな場所で新たな生活を
始めている方が多いことでしょう。
日々緊張の連続で、ご自身の中に
「ストレスが溜まっている」と
感じていらっしゃる方も多い頃かもしれません。
または、それに気がつく余裕もないという方も
いらっしゃるかもしれませんね。

また、不安定な春の気温で、
北風がぴゅ〜っと吹けば乾燥し、
暖かくなるとべたついたり、
飛んでいる花粉で荒れてしまったり…
お肌にとってもトラブルの多い時期でもあります。
それがストレスと合わさって、
ここのところお肌の調子がよくないという方も
多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回取り上げたいのは、“心(精神)”や“ストレス”についてのお話です。

日々お客様と接していて、あらためて実感するのは、
ストレスを感じている心の部分が、いかにお肌や身体に影響を与えているか…
ということです。

ですが、お話を伺っていると、ご自分のストレスに気がついていらっしゃらない方、
また、今、感じているくらいのストレスは当たり前だろうと思っていらっしゃる方、
普段の慌ただしい生活の中では、自分がストレスを感じているかどうかも考えられない、
考えても仕方がないと思っていらっしゃる方、
ストレスとお肌や身体のリンクを考えたことがないとおっしゃる方が
意外と多いように感じます。

人それぞれ、ストレスの感じ方やキャパシティは違います。

ですから、人と比べられるものではありませんし、
ストレスを感じることが悪いことでもありません。
ストレスを感じ、率直に「疲れた〜!」と思うことは、
とても大切なことだと思います。
そう感じなければ、私たちの身体はある日突然バッタリ・・・ということにも
なりかねないでしょう。
ストレスを感じることは、“心身からのメッセージに気がつく”ということ。
そして、“心の風邪気味に気がつく”ということなのです。

私は、“身体と心(精神)”だけでなく
“スピリット(魂)”も含めた
3つが密接に関係していて、
そのどれもが癒されなければ、
人が真に楽になることは
ないのではないかと思っています。
目には見えないものですが
“心(精神)”“スピリット(魂)”は
人間にとって切っても切れない
とても大切なもの。
ですから、お肌や身体の不調を
改善するのに、心や魂の気づきは
とても必要なことだと思っています。
そして、その3つをトータルで考えてこそ、
真の“ホリスティック”と
言えるのではないかとも思います。

ですが、人間は…
いえ、もしかしたら日本人は、
まだまだ見えること、表面のことだけを
重要視しようとしがちだと感じます。
もちろん、考え方や信念のようなものは
人それぞれ自由なので、
それを無理に変えることはできません。
でも、身体も含めた目に見えるものだけを
見つめていると、物事や心身の健康などの
本質を見落としてしまうような
気がしています。

イメージ


目に見える部分ももちろん大切。
それを大切にしながらも、目に見えないものだけど
とても大切なことがあるということに気がつくことが、
現代社会を生き、日々ストレスにさらされている人間には、
もっとも必要なことかもしれないと強く思ったりするのです。

・・・と、少し話はそれましたが、

そんな中、今回は、目には見えない心(精神)の部分を考えてみたいと思いました。
心が風邪気味なのに、それをそのままにしていると、心の病を引き起こしたりします。
ですから、まずは、気がつくこと。
自分のストレスに気がつくことが大切なのではないかと思うのです。

それでは、心が感じる“ストレス”とは一体何なのでしょうか?

“ストレス”という言葉は、日常生活の中でとてもよく使われる言葉ですよね。
身体の調子、お肌の調子が悪くなり、病院に行って検査をしても原因がわからないと、
「“ストレス”ではないですか?」とお医者さんに言われる、その“ストレス”。
また、現代は“ストレス社会”と言われたりします。
でも、耳にしたり、使ったりはするけれど、実はよくわからない、
あまり考えたことがないという方も多いのではないでしょうか。
そして、ストレスがなぜ身体やお肌に影響を与えるのか…ということも。

イメージ

一般的に“ストレス”とは、
「外部からの色々な刺激を受けた時の
身体や心の変化、
その状態や環境に適応していく時の反応」
のことをいいます。
つまり、心身にとっては
「何かしらの要因が加わり、負荷がかかった状態」
といえるでしょう。

ストレスは、適度にかかるとやる気が出たり、
頑張ろうという気持ちにつながったりしますので、
決して悪いだけのものではありません。
たとえば、楽しいことをしていても
ストレスはかかりますし、
幸せな結婚式なども
ストレスは大きく感じるものです。

ですが、かかりすぎると身体はもちろん、 お肌にも大きな負担をかけることになります。

私たちの身体は、身体を病気から守る“免疫系”、
体温や内臓の働きなどを調整している“自律神経系”、
身体の働きを潤滑にする“内分泌(ホルモン)系”の3つの作用によって
健康を維持していますが、このシステムを司っているのが、
脳にある“視床下部”です。
ストレスを感じると、それが視床下部に伝わり、
それぞれ3つのシステムが作用しながら
ストレスの影響を最小限に食い止めようと働きます。
ところが、視床下部は「ストレスに弱い」という弱点があります。
一時的なストレスなら何とか対処できますが、
それが長期にわたったり、大きすぎるストレスだったりすると、
免疫系、自律神経系、ホルモン系の3つの作用のコントロールが
うまくできなくなって、バランスが崩れてしまうのです。

こうなると、身体やお肌には様々な反応があらわれます。

ホルモン系の影響でわかりやすいのが、月経が遅れたり、
止まってしまったりする月経の異常。
また免疫系がうまく働かなければ、風邪をひきやすくなったりしますし、
お肌をくすませたり、肌トラブルを増やしたりもします。
自律神経系に影響が出て交感神経が刺激されたままになったりすると、
緊張・興奮状態が続き、血管が収縮し血流が悪くなって、
肩こりがとれなくなったりします。
お肌の真皮にある毛細血管も緊張して収縮し血行が悪くなり、
お肌に栄養が行き届かなくなって、表皮のターンオーバーを遅らせたり、
バリア機能を乱れさせたりするのです。

また、これらがバランスを崩すと体内の活性酸素を発生させて
肌老化を促進させたりします。
そして、先ほども少し触れましたが、ストレスの感じ方には個人差があり、
体質や性格、そして性別にも関係しているといわれます。

たとえば、男性より女性の方がストレス性の症状が出て、
体調を崩しやすいといわれるのです。
心療内科医の姫野友美さんの著書
「“疲れがなかなかとれない”と思ったとき読む本」によると、
それは“脳の男女差”が関係しているそうです。
鍵を握っているのが、脳の中にある“セロトニン”という神経伝達物質のひとつ。

セロトニンは、気持ちを安定させる作用があるのですが、
これが、男性よりも女性の方が低いそうです。
うつ状態は、セロトニンのレベルが下がった状態の時に起こりますが、
男性より女性にうつ病が多いのはこのためだと考えられているそうなのです。

もともと女性はセロトニンがが少ないので、ストレスが続けば続くほど、
どんどん消費されて、セロトニンの分泌が追いつかなくなります。
そうなると、ストレス反応を抑制することができなくなってしまい、
不安感やイライラ感を強く感じるようになってしまうそうです。

また、女性の月経の周期もセロトニンのレベルに大きな影響を与えるといいます。

月経は、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの
分泌のバランスの変化によって起きています。
前の月経から排卵までの間は、エストロゲンの分泌が多くなり、
排卵後からはプロゲステロンが多く分泌されます。
次第にプロゲステロンとエストロゲンの分泌が下がってきて、
また月経が起きるというふうに変化しています。
このエストロゲンの分泌が下がる時に、それにひきずられるように
セロトニンの分泌も下がってしまうそうなのです。
これは、エストロゲンがセロトニンンの受容性に
作用を持っているためだそうです。
このため、月経前になると、むくみなど身体の症状の他、
イライラや落ち込みなどの精神症状があらわれる
PMS(月経前症候群)が起きやすくなるといわれます。

まあ、それだけ聞いても、私たち女性って大変だなぁと思いませんか?(笑)
それなら、ある程度は仕方がないのかもしれない…なんて思ったりします。

さて、ここで、私たちの“心のメカニズム”のお話を少ししておきましょう。

心には“意識”と“無意識”の領域が
それぞれあることをご存知の方も多いと思います。
氷山の海面上にあらわれた部分は、
氷山全体のほんの一部に過ぎないのと同じように、
“意識”というものは、心のごく限られた小部分です。
つまり、残りの意識下の部分こそ、
人の行動や精神状態を支配する強力な心なのです。

たとえば、訳がわからず気分が憂鬱になるとか、
無性に自分に腹が立つとか、
いけないと思いながら良くない方向に引きずられるとか・・・
自分の思い通りになりそうでいて、
実は自分の思う通りに任せられないのが自分の心。
そして、この無意識の領域のために生きにくくなることもあります。
たとえば、意識の上では仕事など色々なことを頑張っていて、
それに満足している完璧主義の人がいたとします。
それがある日、何かのきっかけで挫折感を感じたら・・・
本人は「こんなはずではない!もっと頑張れるはず。」と思うでしょう。
ですが、もしかしたらそれは、頑張っている完璧でいたい自分の裏側に、
そんなに頑張りたくない自分がいるから…なのかもしれません。
頑張りたくない自分は抑制され、無意識に追いやられているので、
自分では気がつかないのです。
精神分析では、こうした意識の裏側に広がっている無意識を見ていくそうですね。

そう、人間の心は複雑でちょっとやっかいなものです。

つまり、私たちは、その複雑でやっかいな心と
毎日付き合っている…ということです。
女性は身体のしくみ的にストレスをたくさん感じてしまうのならなおさら…。
ですから、色々なことが起きた時に気持ちがとっちらかってしまったり、
自分で自分がわからなくなったりすることは、
めずらしいことでも恥ずかしいことでもないのです。

そして、人間が自分で自分の心をコントロールできるようになるには、
自分の心の無意識の領域をよ〜く探り当てて、
これを意識するようになることが大切なのだといいます。

これができるようになると、
自分のストレスに気がつきやすくなるかもしれませんし、
他人に対しても、表情や言葉ばかりにとらわれず、その奥にある無意識の心…
もっといえば、スピリット(魂)までにも
目を向けられるようになるかもしれません。
でも、これは言うほど簡単なことではないでしょう。
まずは、いつもお話しているように、寝る前などにヒーリングタイムを作って、
是非、自分をじっくり感じることから始めてみていただきたいと思います。

こちらは、
「2007年3月 じっくり感じる“セルフヒーリング”のすすめ」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0703.html
「2007年9月 じっくり感じる“セルフヒーリング”のすすめ part2」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0709.html
などをご参考にして下さい。

さて、ここで話は戻りますが・・・

ストレスを過剰にかけることが
心や身体やお肌の負担になるとはいえ、
日々の生活の中でストレスを感じない
ということは、
まず難しいでしょう。
また、よく「ストレスを解消しよう」
という言葉を耳にしますが、
これもまた、真っ只中にいる時には
意外と難しいものです。
そこで、何が大切かを考えると、
「自分のストレスに気がつき、
ストレスと上手に付き合うこと」
…これに尽きるのではないかと思います。

そこで、
「自分に過度のストレスをかけない方法、
ストレスと上手に付き合う方法」をご提案。
今の心の角度をほんの少し変えてみるようなこと・
私も試みていることを下記に記載してみました。
頭の片隅にでも入れておいていただけると
嬉しいです。


  1. ストレスから目をそらさず、その原因を知る

    今、自分が何にストレスを感じているか、意外と気がつかないもの。
    また、気がつかないふりをしていることも多いのかもしれません。
    でも、生きていれば、ストレスを感じるのは当然。
    それを嫌なものという意識があると、さらにストレスがかかります。
    まずは、嫌なものと避けずに、その原因が何であるかを探ってみて下さい。
    自分の心を整理するのに、ノートに書き出してもよいでしょう。
    それに気がつくだけでも、少し気持ちが楽になるかもしれません。

  2. 自分の弱いところを知る

    ストレスが溜まった時の疲れのサインは、その人の弱いところにあらわれます。
    つまり、ストレスを受けた時どこにひずみがあらわれるかは、
    人によって違うのです。
    たとえば、ストレスを感じた時に胃がキリキリと痛むという人がいれば、
    即座にお肌にあわられる人もいるでしょう。
    また、無性にイライラする人もいるでしょうし、眠れなくなる人もいるでしょう。
    その人の心と身体の弱いところに出やすいのです。
    それがわかると、ああ、またストレスが溜まってきているなぁ、
    気をつけないと…となりますね。

  3. ひとつの価値観にとらわれない

    たとえば、上記のように「ストレスは嫌なもの」というような
    考えにとらわれていると、気持ちの行き場がなくなり、
    苦しくなります。
    また、世間の価値観が自分の価値観となり、
    “幸せ”の定義がはっきりして、
    それ以外のこと(人生)は不幸…と思っていると、
    人にも自分にも寛容になれないような気がします。
    たとえば、苦手な上司と毎日向き合わなければいけない、
    それを「嫌なこと、不幸なこと」ととらえる人と
    「これも自分に必要な勉強、幸いなこと」と
    とらえる人ではストレスの感じ方はまったく違うでしょう。
    また、色々な経験することが幸せと思うか不幸と思うかは、
    その人次第。
    是非、人の意見に流されず、ひとつの価値観にとらわれず、
    自分なりの価値観を養って下さい。
    そのためには、色々な人の本を読んだり、
    様々な国の人の生活観がわかるような外国の映画などを
    観ることもいいかもしれませんね。

  4. 人に話す

    自分の中でひとつの考えがグルグルグルグル廻ったような
    状態になっていませんか?
    そんな時は、どうぞ、味方がいることをお忘れなく。
    信頼できる人に、今の気持ちを少し話すだけで、
    溜まったものが少しずつ出て行くような感じがするもの。
    話しているうちに、どれだけストレスを溜め込んでいたかに
    気がついたりするかもしれません。
    そして、自分の気持ちが整理できるきっかけになることもあります。

  5. 笑う&泣く&五感を満たす

    これは、気持ちの切り替えにおすすめです。
    是非、ご自分のお気に入りの映画やドラマ、好きなアーティストの
    ビデオなどを観たり聴いたりして泣いたり、笑ったりして下さい。

    泣くことは、一番の心の浄化法。
    そして、笑うことは、一番の心のリフレッシュ法です。
    たとえ面白くなくても、楽しくなくても、
    無理にでも笑顔を作ってみると…あら、不思議。
    心の曇りがパ〜っと晴れてくることもありますよ。
    また、今までもお伝えしてきましたが、
    嗅覚から心や身体に働きかけるアロマテラピーの香りや
    人や動物に触れる、または触れてもらう(マッサージやトリートメントなど)
    タッチングコミュニケーションなどは
    心が重たくなっている時にとてもおすすめです。
    モヤモヤしていた心が、次第にふ〜んわりとしてくるかもしれません。

  6. 自分なりの“心が落ち着く言葉”を探す

    たとえば、「大丈夫。大丈夫。」「私はきっと大丈夫。」
    「困ることは起こらない。」「ゆっくり、ゆっくり。」など、
    人それぞれ、自分を落ち着かせる言葉があるはずです。
    これは人によって違いますので、是非、探してみて下さい。
    読んだ本の中の気に入ったフレーズでももちろんOKです。
    たえず、口に出してみるのもいいですし、その言葉をメモに書いて、
    お仕事先のデスクの片隅や引き出しの中などに貼っておくのもいいでしょう。
    肯定的な言葉はプラスのエネルギーを持っていますので、
    味方になってくれるはずです。



以上です。
このほか、たっぷり睡眠をとること、軽い運動をすること、旅行をすること…など
ご自分に合ったストレスと上手に付き合う方法を探してみるのもいいですね。

それから、最後にもうひとつだけ。

身体の中に入れるもの(栄養面)とストレスは、とても関係しています。
たとえば、ストレスにさらされるとその状態を改善しようと
カテコールアミン(副腎髄質ホルモン)や
副腎皮質ホルモンが活発に分泌されますが 
それらを体内で合成するためには、ビタミンCが必要です。
また、ストレスを感じると、体内で活性酸素が発生してしまいますが、
ビタミンCはその活性酸素の働きを食い止める強力なパワーを持っています。
(ビタミンCの分子一個で活性酸素2個を無害化できるそうです。)
それゆえ、このストレス社会に生きる私たちは、
一般的に言われている以上にビタミンCを摂らないといけないのかもしれません。
(最大限に力を発揮するには、ビタミンA,Eとの連携が必要です。
 その他、たんぱく質やカルシウム、アミノ酸なども
 抗ストレスの強い味方になってくれます。)


そして、これからの時期にビタミンCの摂取は
特におすすめです。
上記のように抗酸化力があるので、
抗ストレス作用のほか、紫外線に対する抵抗力を
つけるのにも大いに役立つのです。
海水浴など屋外でのレジャーに行く
2週間くらい前からビタミンCを摂取すると、
シミ予防に効果があるというデータが
あるほどです。
ローズヒップやハイビスカスのハーブティーには
天然のビタミンCがたっぷり含まれていますので、
是非、飲んでいただきたいお茶です。
ハーブティーをゆっくりいれ、味わう時間も
リラックスタイムになりますので、
是非お試し下さい。
ハーブティ


さあ、これを読んで下さっている方は、心・ストレスなど
目には見えないものだけど、心身に深く影響を与えているものについて、
深く考えられたことはあるでしょうか?
お肌や身体の調子が悪いのは、様々な原因が複雑に絡み合ったりしていますが、
たまたま…ではなく、必ず原因はあります。
その理由のひとつが心の部分、ストレスのキャパシティオーバーであるとしたら、
まずは、そういう自分に気がついてあげることが大切なのだと思います。
新たな生活を始める春は、それに気がつき、
そういう自分と向き合い、受け入れてみるチャンスの季節なのかもしれません。

今、新たなことに挑戦されている皆さま、
肩に力を入れすぎず、ストレスと上手に付き合いつつ、
日々笑顔で過ごしていかれること・・・心より願っています。
「大丈夫!大丈夫!」さあ、頑張りましょう!

<参考文献>
・“疲れがなかなかとれない”と思ったとき読む本 心療内科医 姫野友美著
・この世とあの世の風通し 精神科医  加藤 清著
・スキンケアの真実 美肌ルネッサンス 吉木伸子著
・美肌を作る朝と夜のスキンケア 吉木伸子著
TOP
copyright(c) since2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.