mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2008年3月 チャクラを活性化する色とパワーストーン
日に日に春の訪れを感じるようになりました。
皆さま、いかがお過ごしですか?
暖かくなると、気分はちょっぴりワクワクしてきますが、
3月はそんな気分を味わっているどころではない…
という方が多いかもしれませんね。
新たな場所で頑張るご準備をされている方や
引越しのご準備に追われている方も多いことでしょう。
気分的にも慌しく、落ち着かない時期ですよね。
でも、そういう時こそ、ほんのひと時でも
落ち着く時間が必要です。
是非、夜寝る前に、ふ〜っと深呼吸をしながら
“セルフヒーリング”をして下さい。
慌しい中においてもそれに飲み込まれず、
4月から新たな場所・新たな人間関係の中で
生活をしていくためのエネルギーを
たっぷり蓄えていただきたいと思います。
イメージ

“セルフヒーリング”については、今までもお話してきました
healing情報の「2007年3月じっくり感じる“セルフヒーリング”のすすめ」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0703.html
「2007年5月“スロートチャクラ”のブロックをなくそう」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0705.html
「2007年9月じっくり感じる“セルフヒーリング”のすすめ part2」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0709.html
を是非、ご参照いただきたいと思いますが、
今回は、上記の情報で予告していました
“チャクラを活性化する色とパワーストーン”について、
前回より掘り下げてお話をしたいと思います。
是非、セルフヒーリングの際、滞りを感じるチャクラや
エネルギー不足のチャクラを活性化させるために参考にして下さいね。

では、まずは“チャクラ”について・・・
これは度々お話していますが、再度おさらいしておきましょう。

“チャクラ”とは、
身体の中に流れるエネルギーが特に集中している“エネルギー・センター”のことです。
人間の身体には、たくさんの“チャクラ”があります。
細かいチャクラまで数えると365個はあると言われますが、
もっとも主要なものは、背骨に沿って縦に7つ並んでいます。

チャクラの場所

そして、この7つのチャクラは、
対応する身体と心のあり方が深く深く関係しています。
ですが、一般的にチャクラは、見ることも触ることもできません。
それゆえ、私たちは“チャクラのダメージの影響”で
健康が損なわれていたり、
人生を楽しいと感じられないまま過ごしていても、
長い間そのせいだと気がつかないことが多いのでしょう。

そこで、身体の中のチャクラの場所と
関係する肉体的、精神的、霊的なことを 、
皆さまにほんの少し頭に入れておいていただきたいと思います。
よかったら、思い出しながらセルフヒーリングを
行なってみて下さい。
より深い癒しをもたらすヒーリングになるのではないかと思います。


<第1チャクラ>


“ベースチャクラ”と呼ばれ、『脊椎の基底部あたり』に位置しています。

地球とエネルギーレベルでつながっていると言われ、
命の生存・現実を生き延びる力・同族意識の力を司っています。
地に足がついていない、やるべきことができない・長続きしない・・・
というのは、ベースチャクラが鈍っている時に起こる状態です。
エネルギーが溜まり過ぎると、背中が痛くなったり、
尾骨部分にトラブルが発生したりします。
また、チャクラが塞がっていたり、問題を抱えていたりすると、
精神が不安定になり、抑鬱、悲観的思考、
薬物などへの依存、摂食障害などを招きます。

また、霊的な学びにおいては“物質世界についての学び”。
深い真理においては“すべてはひとつなり”というお題があるようです。

<第2チャクラ>

“聖なるチャクラ”または“ベリーチャクラ”と呼ばれ、
『おへその5〜6cm下のあたり』に位置しています。

このチャクラは、まさに「感情を感じる」ところ。
人生において一番大切な創造力(人生を創造する力)を司るのはこのチャクラです。
このチャクラが固まると、ここから上へのエネルギーが流れにくくなります。
また、このチャクラの発達が阻害されたり、傷害を受けたりすると
成人になってから肉体的にも精神的にも柔軟性が乏しくなり、
創造性が阻害されたり、人の注目を渇望したりすることがあります。
このチャクラのエネルギー量は、男性に比べ、女性の方が多いのが特徴です。
第5チャクラに影響を与えることもあります。

霊的な学びは“セクシュアリティ、仕事、物欲についての学び”。
深い真理は“互いを尊重すべし”というお題です。


<第3チャクラ>


“ソーラーチャクラ”と呼ばれ、
『太陽神経叢(みぞおち部分)あたり』に位置しています。

肉体と心の元気力である活力・感性・思考能力・自己実現力を司っています。
このチャクラのエネルギーが機能していると、
“何もしなくても楽しい”と感じるようです。
逆に、滞っていると、どんな仕事(こと)を成し遂げても、
他人に評価されなければ「うまくいった」と思えない…というようになります。
つまり、自分の評価基準が他人主体になってしまい、
真の自己評価ができない状態です。
そのため、やる気に欠け、責任の放棄を切望したりします。
また、疲労感、鬱病、慢性の消化器疾患が見られることもあります。

霊的な学びは“自我、人格、自己敬愛についての学び”。
深い真理は“自分を尊重せよ”というお題です。

<第4チャクラ>

“ハートのチャクラ”と呼ばれ、まさに『心臓のところ』に位置しています。

自分と他者への「愛と思いやり」を司っている、とても大切なチャクラです。
人間が生きていくための「本能」の感覚を管理している
下の3つのチャクラと上層部の「精神性のチャクラ」との
バランスをとる働きをしています。
また、このチャクラは“病気に対する免疫性”を担当している胸腺を司っています。
アレルギーとも関係していると言われますので、
花粉症の方はこの時期はとくにこのチャクラをヒーリングすると、
症状が少し変わってくるかもしれません。
このチャクラに問題があると、人間関係が苦手になったり、
世の中や人生を悲観したり、皮肉で批判的な態度をとったり、
恨みやねたみ・憎悪の気持ちが強くなるといった傾向があるようです。

霊的な学びは、“愛、許し、慈しみについての学び”。
深い真理は“愛は神の力”というお題です。


<第5チャクラ>


“スロートチャクラ”と呼ばれ、
『首の付け根、喉仏の少し下あたり』に位置しています。

自分を感じ、表現する力や対人的なコミュニケーション・自分自身の
「頭で考えること」と「身体で感じること」のコミュニケーションを司っていて、
第2チャクラと密接に関係していると言われます。
このチャクラの面積は狭く、エネルギーが滞りやすいため、
ここでトラブルを抱える人はとても多いようです。
あまりに溜め込むと、喉の腫れや痛みに繋がるだけでなく、
その場その場で何を言ったらいいかわからなくなったり、
自分自身とのコミュニケーションができなくなったりします。
つまり、内的コミュニケーションによる内なる声が聞こえなくなるのです。
このチャクラの発達期(16歳頃〜21歳くらいまでと言われます)に問題があると、
コミュニケーションが苦手になる、嘘をつく、創造性が抑圧される、
落ち着けない、人間関係が長続きしないなどの傾向があるようです。

霊的な学びは、“意志、自己表現についての学び”。
深い真理は“意志を捨て、神なるものの意志に従うべし”というお題です。


<第6チャクラ>


“サードアイチャクラ”と呼ばれ、
『おでこの真ん中、眉間のあたり』に位置しています。

“第3の目”という名前通り、目で見えるものではない「心の目の力」や
「自浄力」「人間の真の個性」を発達させるチャクラです。
直感力や物事を見極める力、自分自身を省みる心の強さが働くチャクラで
「精神性のチャクラ」と言われます。
下のチャクラを調整する役割もあり、このチャクラへの取り組みはとても重要です。
通常21歳頃に発達を始めるようですが、一生発達しない人や
40歳以降に発達する人もいると言われています。
このチャクラに問題があると、創造的な考えを持ちながら実行できず、
それを他人のせいにしたりする傾向があるようです。

霊的な学びは“知性、直感、洞察、叡智についての学び”。
深い真理は“真理のみを求めよ”というお題です。


<第7チャクラ>


“クラウンチャクラ”と呼ばれ、『頭頂の真ん中』に位置しています。

人生の総合的な指針を決定する感覚やそれをする自由意志、
自分の人生に責任を持つ力を司っています。
人生の岐路に立った時、このクラウンチャクラのエネルギーが動くと言われます。
また「悟りのチャクラ」とも言われ、このチャクラが最高度に達すると
人間は「真我を生きることになる」と言われています。
論理を超えた理解、平和を垣間見た人は、それまでの自分とは全く変わり、
周囲を愛と平和に満たす・・・と言われるのです。
このチャクラは26歳以降に発達すると言われますが、
たいていの人は死の間際まで発達しないようです。
しかし、このチャクラがブロックされているということはなく、
この輝かしい力を受けとめる用意ができているか、
あるいはその準備ができていないかのどちらかです。
さらに、このチャクラのエネルギーは、“オーラの境界線”を創り、
他人との区別をつけています。

霊的な学びは“霊性についての学び”。
深い真理は“いまという瞬間に生きよ”というお題です。


以上です。

今回、今までに説明してきたことに加え、
新たに“霊的な学び”と“深い真理”について書いてみました。
この7つのチャクラの体系は、人間の身体や心をあらわすだけでなく、
誰もが共通の“霊的レッスン”が必要であることを
あらわしているものだなと私自身が感じているからです。
また、7つの霊的な学びをきちんと意識して見つめる必要性を
無視したままでいると、そのエネルギーが身体の病、
または心の病となってあらわれる可能性もあると感じます。

といって、霊的な学び…と言われても、
今はピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。
そうですね。それはそれでかまいません。
人それぞれ、ペースやタイミングがありますし、
ピンとくるかこないかも自由です。
それゆえ、今は「??」と思われる方は、何とな〜くでけっこうです。
頭に入れておいていただけると、とても嬉しいです。

さあ、次に“チャクラの色”についてです。
それぞれのチャクラには、対応した色があります。
チャクラは、回転する光の輪のように見えますが、
それぞれ違うスピードで回転するため、異なった光の波長を発し、
異なった色として知覚されるのです。


<各チャクラに対応する色>

第1チャクラ・・・赤
第2チャクラ・・・オレンジ(朱色)
第3チャクラ・・・黄色
第4チャクラ・・・緑色、または桃色
第5チャクラ・・・青
第6チャクラ・・・藍色、または紫
第7チャクラ・・・紫、または白

まるで、7色の虹のようですね。
各チャクラが滞りやブロックなくきれいに開き、
エネルギーがバランスよく廻っていれば、
身体全体が、さぞや美しい色彩で包まれることでしょう。

そして、各チャクラをサポートするのには、
上記の色を上手に使うといいでしょう。
たとえば、下着やパジャマ、洋服に小物、バック、スカーフ、
ハンカチやアクセサリーなどの身につけるもの、
常時持っているものや食べものなどで、
それぞれの色を補ってあげるといいのです。

たとえば・・・
第1チャクラのエネルギーをサポートするには、
赤い下着や赤いパジャマなどを身につけたり…
第2チャクラには、同じくオレンジ色の下着やハンカチ。
また、オレンジの花を飾ると、視覚的にぐっと入ってきていいでしょう。
第2チャクラ
第3チャクラには、黄色の洋服を着てもいいですし、
黄色い食べ物を摂ってもいいでしょう。
第3チャクラ
第4チャクラには、上半身に緑色や桃色のものを身につけたり、
アクセサリーにこの色のものを持ってきてもいいでしょう。
また、緑がたっぷりの観葉植物などを傍に置くのもとてもいいと思います。
第5チャクラには、青いスカーフやネクタイ、青い色の石のついたネックレス。
第6チャクラには、藍色の帽子やバンダナ。
第7チャクラには、紫色や白色の帽子やマニキュア。

・・・というような感じです。
色が与える影響はとても大きいですね。
是非、エネルギーが足りないなぁと思うチャクラの色を
積極的に補ってあげて下さい。

そして、最後に“チャクラを癒すパワーストーン”についてです。

パワーストーンとは、つまり“石”です。
“ヒーリングストーン”とも呼ばれます。
美しさとヒーリングの力、両方が尊重されている
天然石…というイメージでしょうか。
ご存知の方も多いと思いますが、
石には波動・波長があり、人を癒す力があります。
正しく使えば、私たちの持っている
自然の波数と共鳴し、チャクラの滞りをなくす
大きなサポートをしてくれるでしょう。
よく「石を選ぶのではなく、石が持ち主を選ぶ」 と
言われますが、
石の波長が自分を引き寄せるのでしょうね。
確かに、今の自分に必要なパワーストーンは、
直感で選んだものがそうだなと実感します。
買う時は、心を鎮めて直感で選んでみて下さい。



では、パワーストーンの形成の歴史を少しお話しておきましょうか。
これを知ると、地球の一部(石)とのつながりを感じ、
石に対する信頼や感謝、尊敬の念が
たくさん生まれるような気がしますので。

約45億年前、地球はただ白くて熱いガスの球だったそうです。
それが次第に冷えて、その際、より軽い鉱物は地表に昇り、
鉄やニッケルなど、重い鉱物は沈んだのです。
地球の内核は今も液状化しており、
その周りで様々な鉱物で構成された
熱い流動体であるマントルの層が私たちが暮らす外殻の下を
絶え間なく移動していると言われます。
パワーストーンの中には、何百万年前も昔に何千年もかけて
形成されたものもあれば、ガスが地球の表面に達して冷えた時に
瞬間的に形成されたものもあるそうです。
パワーストーンのほとんどは、地殻、あるいはもっと深いところにある
岩盤に見られる鉱物で構成されています。
水晶(二酸化ケイ素)は地殻で見られる最も一般的な石で、
砂という形で地球の大部分を覆っています。

そして、現在、パワーストーンは社会の色々な場所で活用されています。
ルビーがレーザーに使われていたり、水晶振動子(クオーツクリスタル)は
時計や超音波、電子機器、コンピュータ、イヤフォン、コンデンサーなどに使われ、
ダイアモンドは研磨機やドリルに、
トルマリンはサーモメーターや水深度・水圧を測るのに使われます。
パワーストーンは、光と電磁エネルギーを伝達したり、受け取ったり、
反射したり、蓄積することができます。

古くから多くの文明において崇められ、現代にいたるまで
色々な場面で活躍してきているパワーストーン。
色々な能力を持っていますが、人を魅了する最大の魅力は、
やはり、人を癒す力がある神秘的なところ…なのではないかと思います。
パワーストーンは、私たちが直観を発達させ、
意識を目覚めさせ、明晰な知性を持ち、気持ちを変化・安定させ、
霊性を高めて調和と健康に近づくのを助けてくれる…と言われます。
また、パワーストーンは、特定の特性で選ばれることも、
色で選ばれることもあります。
私たちの身体は、もともとシリカ(ケイ石)を含んでおり、
そのため水晶と親和性を持っているそうです。
水晶は私たちの電磁エネルギーのバランスを整えてくれたり、
また白い光の波長を持っており、
白い光は、自然に屈折して光のスペクトラムを作り、
チャクラに直接作用するそうです。
どの石を使ったらいいかわからなかったら、
すべてのチャクラに相応しく、マスターヒーラーといわれる水晶や、
同じくすべてのチャクラのバランスを整えるのに使えるアベンチュリン、
アメジスト、ローズクオーツから始めるといいでしょう。
色で選んだ各チャクラを癒すパワーストーンを
以下に載せておきますので、是非、参考にして下さい。

<各チャクラを癒すパワーストーン>

第1チャクラ・・・ガーネット、ジャスパー、ルビー、へマタイトなど
第1チャクラ
第2チャクラ・・・カーネリアン、ゴールデン・タイガーアイなど
第3チャクラ・・・シトリン、アンバー、サンストーンなど
第4チャクラ・・・ローズクオーツ、アベンチュリン、エメラルド、翡翠など
第5チャクラ・・・ターコイズ(トルコ石)、ブルーレース・アゲート、アクアマリンなど
第6チャクラ・・・ラピスラズリ、アメジスト、ソーダライトなど
第7チャクラ・・・水晶、アメジスト、ダイアモンド、セレスタイトなど

これらを参考にして、セルフヒーリングの際にチャクラにあてながら
深呼吸をするといいと思います。
また、もうひとつのヒーリング法。
身体を横たえ、チャクラがある場所に直接石を置いて、石が発する波動を感じながら、
チャクラに残っている“恐れの感情”を解きほぐして下さい。
深呼吸を続けながら石を当てれば、身体に伝わる脈動を感じることができるはずです。
ただ、決して無理はしないで下さいね。
嫌な感情がわ〜っと出てきてつらいようでしたら、
まだそのタイミングではないのかもしれません。
その時がくるまでじっくり待ちましょう。
また、捻挫や筋違いなどの怪我をした時は、
その箇所の上に石を置いたり、包帯の布と布の間に入れてもいいでしょう。
(ただし、開いた傷口に直接置いてはいけません。)
日常的に身に着けるのなら、その石がついたネックレスや
ブレスレットをひとつお持ちになるといいと思います。
ネックレス

そして、とても大切なこと…その1
パワーストーンを手に入れたら、まずは「初めまして!」の意味も込めて、
必ず、真水や塩水で洗ったり、海塩の上に置いて浄化して下さい。
また、この浄化の作業は、石との付き合いが進む上においても必要なことですので、
毎日or2,3日に1度or1週間に1度…など自分で決めて、忘れずにして下さいね。

さらに、とても大切なこと…その2
以前にも少し触れましたが、心をパワーストーンに引っ張られすぎないこと。
つまり、パワーストーンに頼り過ぎないということです。
そして、間違った使い方をしないということもとても大切です。
石のパワーは絶大ですが、石が私たちを救ってくれるということではありません。
お使いになる場合は、あくまで、私たちの心身を調和し、
バランスを整えるのは私たち自身であるということ、
パワーストーンはそれを手助けしてくれるにすぎないということを、
是非、心に留めておいて下さい。
そして、パワーストーンの力は、想像を超えるほど強く、
間違った使い方をすれば、人を癒すのと同様に、人を傷つけることもできます。
是非、サポートしてくれることへの感謝の気持ちを持って、
大切な友達のように付き合っていただきたいと思います。

心が波立つ慌しい3月ですが、
是非、色やパワーストーンを味方にしていただき、
セルフヒーリングの時間をお作り下さい。
そして、また新たな風に乗るために・・・
できるだけ英気を養って、エネルギーを満タンにして下さいね。
さあ、頑張りましょう!

<参考文献>
・チャクラ&パワーストーンの癒し ブレンダ・デーヴィス著
・7つのチャクラ キャロライン・メイス著
・チャクラクリアリング 天使のやすらぎ ドリーン・バーチュー著
TOP
copyright(c) since2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.