mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
アロマ・エナジートリートメント
Happyブライダル
レイキヒーラー養成講座
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2008年2月 身体の芯から温め、質のよい睡眠をとろう♪

寒い寒い日が続いていますね。
皆さま、いかがお過ごしですか?
暦の上では立春が過ぎ、少しずつ寒さが緩み始め、春の気配が忍び入ってくる…
という頃ですが、いやいや、まだまだ寒さは本格的ですね。
この時期は、サロンでもやはり“冷え”を訴えていらっしゃる方がとても多いです。

そして、“冷え”の訴えとともに多いのは・・・
「最近、眠たくてしかたがないんです。」というお声。
確かに、この時期は1年の中でも1番木々や緑からのエネルギーが少ない時期。
動物である人間は、何となく眠たくなってしまう時期なのかもしれません。

・・・といって、眠たさの原因はそれだけではないようです。
色々とお話を伺っていると
「夜、布団の中に入っても、足が冷たくてなかなか眠られない。」
「身体が冷え切って、なかなか寝つけない。」
というお声をよく耳にするのです。
また、
「お風呂で湯船に浸かっても、寝る頃には足先が冷えてしまうんです…」
というお声も。

身体が冷えていると、深い眠りに入るのを妨げてしまい、
質のよい睡眠がとれないということもあります。
なぜなら、熟睡に導かれるのは、身体が温まっている時だからです。
身体は、温まると体温を一定に保つために、体温を下げようとして発汗します。
そして、体温が下がっていく時に同時に脳の温度も下がっていくので
自然と眠たくなる…というサイクルがあるのです。



そう。つまり、眠りにつく前に少し体温を上げておくと、
熟睡に導かれやすい…ということ。

ということは、皆さまがおっしゃる“眠たい”を
作っている原因は、質のよい睡眠をとっていないこと。
そして、その原因は“眠りにつく前の身体の冷え”
ということが考えられる…ということになります。

“冷え”が睡眠を妨害し、慢性的な睡眠不足を
起こしている方も意外に多いようです。
さらに今の時期は、全身のエネルギーが不足していて
お疲れの方も多いような気がします。

質のよい睡眠がとれないと、
身体が疲れてきて免疫力が低下する…
免疫力が低下すると、空気の乾燥が激しいこの時期は
特に風邪などにかかりやすくなる…
というサイクルが作られてしまいます。
また、快適な睡眠がとれないと脳がどんどん疲労し、
身体の疲労感も高まってしまうのです。
以前にもお伝えしましたが、脳の疲労というのは、
先ほども出ました“脳の温度”と関係しているそうです。
私達の脳は活発に動いている時は温度を上げ、
休んでいる時には温度を下げているといわれます。
そして、ストレスをためる生活を続けていると、
この脳の温度が上がりっぱなしになってしまうそうです。

イメージ



そこで、必要になるのが脳のクールダウンタイム。
つまり、“質のよい睡眠時間”です。
なぜなら、睡眠によって脳をクールダウンして休ませることができるからです。

ですが、慢性的に質のよい睡眠時間をとることができず
脳の温度が上がりっぱなしになっていると、
脳は満足に休むことができないという状態になってきます。
さらに、脳が正常に働くために不可欠な脳内神経物質が産生されるのは
脳がクールダウンしている時なので、温度が上がったままだとこれらが産生されず、
脳の疲れがどんどん溜まってしまうそうです。

“眠りにつく前の冷え”が原因で睡眠不足やお疲れが生まれているとは…
気がつかない方もいらっしゃるかもしれませんね。
でも、「最近、疲れが溜まってとれないな…」というような方は、
是非一度、寝る前にご自分の身体が冷えていないかを意識してみて下さい。

では、ぐっすり眠って、脳をクールダウンさせ、
心(脳)や身体の疲れをしっかりとるためにはどうしたらいいのでしょう?
そうです!
何より大切なのは、身体を芯からぽっかぽかに温めてお布団に入ることです。

そこで、重要になるのは・・・やはりバスタイム♪ですね。

ということで、今回は、天然塩や重曹、アロマの精油やハーブを活用した
“芯から温まる&湯冷めしないための手作りバスグッズ”を
おすすめしたいと思います。
これは特に、お風呂から出るとすぐに身体が冷えてしまうという方には
効果テキメンです。
そして、これらを使うと心もクールダウン&リラックスできますし、
手作りする時間がまたリラックスタイムになると思います。
また、ご自分の手で作ると“創作する楽しみ”も味わうことができるでしょう。
是非、お試し下さい。

  1. アロマバスソルト
    これは以前からおすすめしていますね。
    何といっても、簡単に用意ができるのに効果がバッチリ!
    というのが嬉しいところです。
    このアロマバスソルトを入れた湯船に浸かると、身体の芯から温まりますし、
    湯冷めをしなくなるので、是非お試しいただきたいと思います。
    使用する塩は加工されたものではなく、天然塩をお使い下さい。
    特にミネラルが豊富な“海のお塩”は、新陳代謝を促し、身体を浄化してくれ、
    芯からぽっかぽかに温めてくれます。
    是非、海の恵みを実感しながら、フワ〜ッとたちこめるアロマの香りで
    心の中の絡まった糸をほぐしてあげて下さいね。

    <材料>
    ・天然塩  大さじ2
    ・お好みの精油 5滴以下

    <作り方>
    1. 天然塩に精油を3〜5滴加えて混ぜます。
    2. それをお風呂の中に入れてかき混ぜ、入浴します。
    (お肌が敏感な方は、精油は少なめにして下さい。)
     
    <身体が芯から温まるおすすめの精油レシピ♪>
    1. ローズマリー
    サイプレス
    スイートマージョラム
    2滴
    2滴
    1滴
    2. ローズマリー
    ラベンダー
    3滴
    2滴
    3. ジンジャー
    レモン
    2滴
    2滴

    ※お肌の弱い方は、柑橘系の精油は使わないで下さい。

    また、湯船に浸かることができない時は、寝る前にアロマバスソルトを入れた
    簡単フットバスをお試しいただきたいと思います。
    (専用のものがなければ、バケツなどでOKです。)
    この場合は、精油は3滴までにして下さい。
    簡単フットバス


  2. バブルバスソルト
    これは、1.の応用編。
    湯船に入れるとシュワシュワッと溶けながら発砲し、
    お湯が肌に柔らかい心地よいものに変身します。
    使用する重曹(炭酸水素ナトリウム)には温め効果を高める作用の他、
    お肌をしっとりなめらかにさせる作用があり、この時期は特におすすめです。
    また、シュワシュワッと発生する炭酸ガスには、
    末梢血管を広げる効果があるので、血行が促進されます。
    是非、このシュワシュワッを楽しみながら、じっくり温まって下さいね。

    <材料>(2,3回分)
    ・重曹
    ・クエン酸
    ・天然塩
    ・コーンスターチ
    ・ハチミツ
    ・お好みの精油
    ・ラップor型
    大さじ5
    小さじ5
    小さじ3
    小さじ2
    小さじ1
    8〜10滴
    バブルバスソルト
     ※重曹、クエン酸ともに薬局で手に入ります。
      精油はお好きなものでOKです。

    <作り方>
    1. ボウルに重曹、クエン酸、天然塩、コーンスターチを入れ、
    よく混ぜ合わせ、その後ハチミツを入れ、
    さらによく混ぜ合わせます。
    作り方1
    2. お好みの精油を入れ、よく練り合わせます。
    作り方2
    3. ラップや型に分け入れます。
    (ラップにくるむ場合はボール状に握り固めます。)
    作り方3
    4. 4〜5時間置いて、しっかり固めます。
    5. お風呂の湯船にいれ、よくかき混ぜて入浴して下さい。


  3. ボディスクラブ
    こちらも天然塩と精油、そしてホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどの
    キャリアオイルを使ってできる簡単なもの。
    足先などにこすりつけながら使うと、足先がぽかぽかしてきます。
    また、これをつけてひじやかかとをマッサージすると、
    硬くなった古い角質を取り除いてくれます。

    <材料>
    ・天然塩(粒の細かいもの)
    ・キャリアオイル
    ・精油  
    大さじ2
    大さじ1
    4〜5滴
     
    <作り方>
    1. 天然塩にキャリアオイルを加え、混ぜます。
    2. 精油を加え、よく混ぜ合わせます。

    粒の細かい天然塩がない場合は、
    粒の粗い天然塩をよくすりつぶして使って下さい。
    精油はお好きなものでOKですが、加温作用を促進したり、
    発汗や浄化を促したりするには、
    ローズマリーやジンジャー、スイートマージョラム、
    ジュ二パー、サイプレス、レモン、グレープフルーツなどがおすすめです。
    ただし、お肌の弱い方は、柑橘系の精油は使わないで下さい。


  4. ハーバルバス
    ハーブは、お茶として楽しむ他にも様々な利用法があります。
    そのひとつが浸出したハーブティーのエキスをお風呂に入れる方法。
    ハーブの有効成分が身体だけでなく、心まで癒してくれるでしょう。
    お茶に使えるほとんどのハーブは、入浴剤としても使えます。

    <作り方>
    1. ドライハーブを布やガーゼの袋に10〜20gいれ、口をしっかり縛ります。
    ハーバルバス
    2. そのまま浴槽に入れます。
    煮出して、その煮汁とハーブ(ガーゼごと)入れてもよいでしょう。

    冷えを解消するおすすめのハーブは、
    カモミールジャーマンやラベンダー、リンデンフラワー、レモンバームなどです。
以上がおすすめの
“芯から温まる&湯冷めしないための手作りバスグッズ”です。

是非、これらを使いながら、
お湯の温度は40℃前後で
ゆっくりの〜んびり入浴して下さい。
内臓に負担がかからない
みぞおちの下くらいまでの半身浴でしたら
温度は38℃くらいで20分くらいを目安に
ゆっくり入りましょう。

また、たまにはお風呂の電気を消して、
キャンドルのあかりを灯しながら
バスタイムを楽しんでみるのも
いいかもしれませんね。

イメージ

日々時間に追われていると、どうしても呼吸が浅くなりがちです。
アロマの香りに包まれた空間で、キャンドルの炎のゆらゆらを見つめながら、
是非、深呼吸をしてみて下さい。
鼻からゆっくり息を吸って、その倍くらいの時間をかけて、
口からふ〜っと息を吐きましょう。

そして、これはお約束。
お風呂からあがったら、必ず1時間以内にお布団に入るよう心がけて下さい。
色々とやりたいこともあると思いますが、それはお風呂に入る前にやったり、
また、自分の身体のため!と思って睡眠第一にすることも大切なことでしょう。
夜はできるだけパソコンの電源を早めに落として下さいね。

私も寒いのは大の苦手ですし、この時期はどうしても末端が
冷えたままになってしまいます。
なるべく上記のことを心がけ、楽しくバスグッズを作りながら、
身体をぽっかぽかにして質のよい睡眠をとりたいと思います。

皆さまも是非、お試しいただき、
この寒い寒い時期をなるべく愛しみながら、心身ともに元気に過ごしましょう!

<参考文献>
・「疲れがなかなかとれない」と思ったとき読む本 心療内科医 姫野友美著
・美肌のひみつ 吉木伸子著
・アロマテラピーコンプリートブック(上巻) 林伸光監修
TOP
copyright(c) since2005 natural beauty & healing salon marea all right reserved.