mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2007年12月 心身のデトックスwithフランキンセンス
師走のからっ風が肌にしみる時期となりました。
皆さま、いかがお過ごしですか?
早いもので今年も1年を振り返る月になってしまいましたね。
皆さまの今年は、どのような年でしたか?

嬉しいこと、悲しいこと、大変だったこと…
おひとりおひとり色々なことが
あったのではないかと思います。
その色々なことを経験する度に感じた思い、
気持ち、そして心身の疲れをきちんと受け止め、
その都度その都度、消化&浄化して
いらっしゃいましたか?
おそらく、追い立てられるような忙しい毎日の中では、
きちんと消化できずにきたことも
あるのではないでしょうか?
考えてみれば、私自身もそういうことがあるなぁと
思います。

しっかり消化&浄化できないままの感情や思いは、
少しずつ疲労や古いエネルギーとなって
身体の中に溜まってしまいます。
そこで、何かと慌しい年末ではありますが、
今月は、ほんの少しのお時間でも
心身ともにゆったりできる時間を作り、
1年で感じた様々な思いを一度客観的に振り返り、
きちんと消化&浄化していただきたいと思います。

イメージ

心身のデトックス(浄化)には、やはり深い呼吸をしながら
7つのチャクラに手を当てていく…という内観法(セルフヒーリング)がおすすめです。
これは、 「2007年3月 じっくり感じる“セルフヒーリング”」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0703.html
や「2007年9月 じっくり感じる“セルフヒーリング”のすすめ part2」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0709.html
に詳しく書いていますので、もう一度じっくりお読みいただきたいのですが、
少し説明しておきますね。

<セルフヒーリングの方法>

  1. 自分が今、何を感じているのかを頭ではなく心で感じながら
    ゆっくりと第7チャクラ(頭頂の真ん中)に両手を置いてみて下さい。
    温かく感じるでしょうか?それとも冷たく感じるでしょうか?
    そのチャクラに必要な温度を感じるのではないかと思いますので、
    じっくり感じてみて下さい。
    セルフヒーリング
  2. その時に気をつけるのは“呼吸”です。
    鼻からゆっくり吸って、口からフ〜ッと吐きます。
    できれば、鼻から吸う時に新たなエネルギーが光り輝きながら入ってくるのをイメージし、
    今、感じていることをしっかり味わって下さい。
  3. 手からのエネルギーをじんわりと感じ、鼻から吸い込んだ光が身体中の隅々まで
    行き渡るようイメージします。
  4. “今の自分の感情”と“手のひらからのエネルギー”をしっかり感じることができ、
    また、光が身体を抜けて外まで行き、自分の周りが光でいっぱいになるようなイメージを
    持つことができたら、一気に息を吐き出します。
  5. それができたら、第6チャクラ→第5チャクラ→第4チャクラ・・と順番に手を当てながら
    同じように上記の呼吸をし、最後に第1チャクラでいらなくなったエネルギー、感情を
    下(地面)へ完全に捨てるイメージをしながら、大きく息を吐き出します。

今月はこの方法で、1年のうちの消化しきれていない感情に焦点を合わせながら、
ヒーリングをしてみて下さい。

ただ、そうは言っても何かと忙しい12月。
ストレス続きでイライラしていたりして、1日が終わった夜でも「動から静へ…」と移ることが
なかなかできないという方もいらっしゃるかもしれませんね。
そういう方は、上記のヒーリングタイムの前に、できるだけご自身がリラックスできる空間を
作っておかれることをおすすめします。

それには、やはり“アロマの力”を借りましょう。
精油の力を上手に借りると、室内にふんわり香るアロマの香りが
心身のデトックス時間を優しくサポートしてくれ、
スムーズに「静」に移ることを促してくれるからです。
そこで、今回はオイルウォーマーやアロマライトなど“芳香拡散器”を使った
もっとも手軽にできる“芳香浴”をご紹介したいと思います。

今までもアロマテラピーの様々な実践法を書いてきましたが、
今回は、お忙しい方や「アロマテラピーは難しそう、面倒くさそう…」
と思っていらっしゃる方に特におすすめです。
“芳香拡散器”を使った“芳香浴”は、空気中に精油の香りを拡散させ、
鼻から吸入するもので、時間がかからず手軽にできますので、
1日の終わりのほんのひとときのお時間にでも、そして年末の締めくくりにでも、
内観する時に是非、お試しいただきたいと思います。
また、ほとんどの精油に殺菌作用があるため、風邪が流行っている今、
お部屋の浄化にも大いに役立ってくれるでしょう。

と、ちょっとその前に・・・
“精油が心と身体に作用を及ぼすしくみ”について触れておきたいと思います。
少し専門的になりますが、このことを知るとアロマテラピーについて興味を持つ方が
もっと増えるのではないかと思いますし、
ヒーリングのための空間作りに大切な理由も納得していただけるのではないかと思います。

精油が心と身体に作用を及ぼすしくみ…
これは、“香りを嗅ぐ嗅覚と脳の関係”が大きな意味を持ちます。
香りを嗅いでいる時、私達は空気中に蒸発した精油の成分を鼻から吸い込んでいます。
この成分は香りの分子となり、それが鼻の奥の上部にある嗅上皮の粘膜に付着します。
そこで嗅毛にキャッチされると、その香りの分子の情報が電気信号に置き換えられて
大脳に伝わり、「におい」として認識されます。
ですが、これは単に「におい」という感覚的なセンサーにつながるだけではありません。
その電気信号は、感情や欲求、記憶の中枢である大脳辺縁系から
身体の生理機能をコントロールする視床下部まで届き、
自律神経系、ホルモン系、免疫系など身体を調節する働きにまで影響を及ぼすのです。

イメージ そして、嗅覚は、人間の五感の中でも
特殊な感覚と言われます。
それは、嗅覚の情報が嗅覚以外の
五感(視覚・聴覚・触覚・味覚)の情報とは
心身に伝わるルートが違うからです。
嗅覚以外の五感(視覚・聴覚・触覚・味覚)の情報は、
まず脳の中でも論理的な思考をしたり、
判断したり、言葉を話したり…という
高度の知能活動を営む大脳新皮質という部分、
つまり“考える脳”に先に伝わり、
「それが何か?」を認識した後、
先ほど説明した感情や欲求、記憶の
中枢である大脳辺縁系、
つまり“感じる脳”で「きれいだな。」とか
「好きだな。」と感じます。
でも、嗅覚は違うのです。

嗅覚から脳に伝わってきた情報は大脳新皮質=“考える脳”は通らず、
直接、大脳辺縁系=“感じる脳”に届くため、「それが何か?」を認識する前に、
「ああ、いい香り!」「この香り、好き!」となります。
そしてそれが視床下部に伝えられ、様々な生理反応・身体の調節にダイレクトに働きかけます。
つまり、アロマテラピーでは、精油の成分が嗅覚を通じて大脳辺縁系から視床下部に伝えられ、
アロマの香りを嗅ぐと、急に気持ちが落ち着いたり、元気になったり、
また悲しみに耐えられるようになったり…という心理的効果が得られ、
身体にとってもプラスに働くのです。
それゆえ、このアロマテラピーの力、嗅覚のしくみを借りない手は…ないですよね。

さあ、それでは次に“芳香浴”の実践です。
現在、芳香浴に使われる“香りを拡散させる芳香拡散器”は色々なタイプのものが出ています。
是非、下記の説明をお読みいただき、アロマショップなどで実際にご覧になって、
気に入ったものをおひとつお使いいただきたいと思います。
では、芳香拡散器別に“芳香浴のやり方”を説明しましょう。

<キャンドルタイプの芳香拡散器>

もっともポピュラーな拡散器で、
オイルウォーマー、オイルバーナー、アロマポットなど上皿に精油を垂らし、
キャンドルに火をつけて温めるものが一般的です。
香りを拡散させる力が強く、さらにキャンドルの炎がムード作りに一役買ってくれます。


*オイルウォーマーの使い方

  1. 平らで安定した場所にオイルウォーマーを置きます。
  2. お皿に水(またはぬるま湯)を7〜8分目まで入れ、
    精油を1〜5滴ほど落とします。 
    キャンドルに火を灯します。

 ※注意事項

  • 火を灯している間は、オイルウォーマーの近くにいましょう。
    (その場を離れる時や就寝時は必ず火を消しましょう。)
  • オイルウォーマーは熱くなるので、
    熱に弱い樹脂加工のテーブルやオーディオ機器の上に
    置かないようにしましょう。
  • 燃えやすいもののそばでは使わないように、十分に注意しましょう。
  • 水がなくならないように時折差し水をし、
    空焚きをしないように気をつけましょう。

<電気タイプの芳香拡散器>
 
お部屋のムード作りにも役立つアロマライトや電球にはめるアロマリングは、
ライトの熱で精油を温め、香りを拡散するものです。
火を使わないので、寝室に置いてもOK。安心して使えるものです。
また、精油を入れなくてもルームライト、フットライトとして使えます。
ディフューザーは、電気式のエアポンプで空気中に拡散させる器具で、
広い空間に使用するのに役立ちます。


*アロマライトの使い方(コンセントに差し込むタイプ)

  1. 組み立てをセッティングします。
  2. お皿に精油のみを落とします。
    6〜8畳の広さで5〜6滴が目安です。
  3. スイッチを入れます。    
    (アロマライトのタイプによって使い方が多少変わりますので、
     説明書に従って下さい。)

 ※注意事項

  • 使用後、お皿を冷ましてから残った精油を
    中性洗剤で洗い流して下さい。

*ディフューザーの使い方

  1. 精油ボトルに約3mlの精油を入れます。
  2. 電源を入れます。
  3. 精油が霧状に拡散され、約5分の作動で1時間くらい
    香りが持続します。
    (説明書をよく読み、それに従って下さい。)
イメージ
さて、どのタイプの芳香拡散器がお好みでしょうか?
1番香りを強く拡散させるのは、オイルウォーマーや
ディフューザーだと思いますが、
この時期安心して使えるのは、
アロマライトかもしれませんね。
そして次に、どの精油を使うか?です。
もちろんお手持ちのものでもいいですし、
とにかく1番はお好きな香りがいいと思います。
普段忘れがちになっている五感のひとつ
“嗅覚”をしっかり使って、
インスピレーションでご自分に合う精油を
チョイスしてみてもいいでしょう。
面白いことに、日々「ピン!」とくる精油は
違うんですよね。
アロマテラピーの専門店などで
色々な精油の香りを試してみて、
お気に入りを2,3本揃えてみると、
色々と楽しめるのではないかと思います。
そして、私が今月もっともおすすめしたい精油は“フランキンセンス”です。


皆さま、フランキンセンスという精油をご存知でしょうか?
ちょっと変わった名前が印象に残ると思いますが、
“フランキンセンス”という名前は、中世フランス語で「真の香り」という意味に由来します。
(別名“乳香”とも言います。)
キリスト生誕の時に東方の三博士が捧げた贈り物のひとつと言われ、
古代から神の捧げ物や瞑想、心身の浄化、医療、美容などに使われた
高価で貴重なものだったそうです。

心の面への作用としては、不安・強迫観念・
緊張・抗うつなどの状態をやわらげる鎮静作用があり、
否定的な過去を断ち切るのに役立つと言われます。
そう、今月とくにおすすめなのはここ!です。
イライラが続き、心と身体から力が抜けない時、
気持ちだけがあせって身体がついていかない時、
そのイライラやあせりの原因を自分の中で自覚し、
感情のもつれを解きほぐし、
地に足をつけながら自信を持ってやるべきことを
やりとげる手助けをしてくれるでしょう。
また、今年1年を振り返り、自分を内観する時に、
フランキンスの奥深い香りが大いに役立ってくれます。
身体の面への作用としては、抗菌作用が呼吸器系の
感染症に効果があり、ゆっくりと深い呼吸を促すので、
ぜんそくや呼吸が浅くなっている時にも役立ちます。
さらに、皮膚細胞の再生を促す作用があるので、
シワやたるみの予防や回復に有効とされ、
あのクレオパトラも愛用していたといわれる
美容面でも大きな効果を期待できる精油です。
フランキンセンス

香りは、ウッディとスパイシーが織り交ざったような神秘的な香りです。
この精油が必要な時とそうでない時では、香りの感じ方がかなり違うように思います。
フランキンセンスのみの使用でもいいのですが、
2,3種類の精油をブレンドしてみると、また違った奥深い香りになります。
セルフヒーリングをする際の芳香浴としておすすめブレンドは以下です。

<忙しくてイライラが続いている時に…>

・フランキンセンス精油 2滴

・ベルガモット精油
 orスイートオレンジ精油

3滴

*フランキンセンスの香りで心をおだやかにし、柑橘系の香りで気分をリフレッシュ。
 イライラの感情を浄化しましょう。

<ふ〜っと息をついてリラックスしたい夜に…>

・フランキンセンス精油 2滴
・ラベンダー精油 3滴

*鎮静作用が強い両精油。
気持ちが落ち着き、知らず知らず眠りについているかもしれません。


<去りゆく年を想い、心が少し物悲しくなっている時に…>

・フランキンセンス精油 2滴
・ローズマリー精油 1滴
・レモン精油 2滴


*このブレンドは、心がおだやかになりながらも活力も与えてくれ、
  新しい年への意欲が自然と湧いてくるようなブレンドです。
 心身が疲れて、エネルギーが枯渇している時にもおすすめ。


さあ、今年も残り少しです。
新しい年をまた新たな気持ちで迎えるためにも
是非、ご自身がリラックスできる香りの空間をお作りいただき、
ほんのひととき、ゆ〜っくり深呼吸をしながらじっくり内観してみて下さいね。
心身ともに浄化ができ、また新たな自分に出会うことができるかもしれません。(^-^)
私も、静かで優しいヒーリング系の音楽をBGMにしながら、
フランキンセンスをお供に心身のデトックスをしたいと思います。
そして、皆さま・・・
どうぞ、良いお年をお迎え下さい。(って、ちょっと早いかな?)

<参考文献>
・アロマテラピーコンプリートブック(上巻) 林伸光監修
・A Basic Guide to Aromatherapy ニールズヤードレメディーズ


TOP
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.