mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 
Natual beauty and healing 情報

mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2007年10月 これからの季節に負けない“お肌の土台”を作ろう!

菊花薫る時節となりました。
皆さま、いかがお過ごしですか?
深々と深まる秋の夜長を楽しんでいらっしゃいますか?
秋は、一年の中でもっとも自然の彩りを
ゆっくり楽しむことができる素敵な季節だと思います。
魅力満載のこの季節をめいっぱい楽しむためにも、
忙しく過ぎる日々の中、ふと足をとめて
自然を愛で楽しむ心の余裕を持ちたいものですね。
ただ、日に日に寒くなっていますので、
皆さま、風邪などお召しになりませんよう
くれぐれもご自愛下さいね。

さて、そんなこの時期ですが、お肌に関していえば、
かなり過酷な状況になっている・・・と、
言わざるをえません。
夏の間に受けた紫外線ダメージは、
残念ながらいまだに残っていますし、
気温や湿度の低下によって、
機能や代謝が徐々に低下しています。
秋から冬にかけては、
温度差に対して肌が対応するため、
代謝が正常に行われにくくなり、
自分の持っている保湿機能も低下し、
とても乾燥しやすくなるのです。
さらに寒さが加速すると、
首・肩・背中の血行やリンパの流れも悪くなる為、
肌への血流も滞り、老廃物が蓄積し、
肌はどんどんくすんでしまいます。
それゆえ、まずは夏の間に受けた
紫外線ダメージを回復させ、
できるだけ機能低下を食い止めるような、
また、空気の乾燥が進むこれからの時期に負けない
“お肌の土台”を作ることが大切になります。

イメージ


そこで、おすすめしたいのは、角質肥厚をなくし、たっぷり保湿をし、
血行やリンパの流れをよくするスキンケアとマッサージです。
具体的に言うと、“角質ケア”と“プレ美肌水”と“首のマッサージ”の3つ。
“角質ケア”は、「2006年9月 秋のリカバリーケア」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0609.html
などでもお伝えしていますが、今一度おさらいをしておきたいと思います。
また、“プレ美肌水”は、普段のスキンケアの前にお使いいただきたいもので、
自分で簡単に楽しく作ることができます。
お肌の状態をよくするのにとても役立ちますので、
秋の夜長に楽しんでお作りいただきたいと思います。
そして、最後に“首のマッサージ”。
顔や頭のリンパの流れや血行をよくし、機能低下を防ぐだけでなく、
全身に作用し免疫力をアップさせますので、是非参考にして下さいね。

  1. 角質ケア
    現在、夏に受けた紫外線によってできたメラニン色素を
    肌から排出できないままになってしまっている方が多いかもしれません。
    通常、メラニンは、不要になるとターンオーバーのサイクルにのって
    最終的には垢となってはがれ落ちますが、気温や湿度の低下からお肌を守るために
    “角質肥厚”が進んでしまっているこの時期は、
    ターンオーバーが正常に行われない状態になっているため、
    はがれ落ちずにお肌の中にしっかりと残ってしまいます。
    そこで、“酵素洗顔”や“ピーリング”で余分な角質を除去し、ターンオーバーを早め、
    できてしまったメラニン色素の排出を助けようとするケアが必要となります。
    また、古くなった角質をとると、皮膚はそこを修復しようとして細胞分裂が盛んになり、
    下から速い速度で上がってくるので、続けていくとターンオーバーが早まり(正常化し)、
    少しずつ角質層のセラミドが増え、表皮自体がふっくらとしてきます。
    また、いらなくなったものを取り去ると外側からの保湿成分も吸収しやすくなるので、
    角質ケアはいいことばかりですね。
    ただし、角質をとり過ぎるのは禁物。
    肌のバリア機能が乱れ、さらなる角質肥厚を生んだり、乾燥を加速させたりするからです。
    まずは、週に1、2度、たんぱく分解酵素入り洗顔料か
    石鹸にピーリング剤 (AHA。グリコール酸・乳酸・フルーツ酸など)
    が配合されたものを洗顔の際に使って、古くなった角質を除去してみて下さい。
    これを数回試みていただき、まずはご自分のお肌の状態を
    しっかり見ていただきたいと思います。
    そして、慣れてきたら回数を増やしてみて、また状態を見て下さい。
  2. プレ美肌水
    上記の通り、いらなくなった角質を取り除いた後に
    是非、やっていただきたいのが十分な“保湿”です。
    以前にもお伝えしましたが、肌の乾燥は、まず自分が持っている保湿成分を
    作る力が低下し、それが正常に働かなくなることから始まります。
    その結果、肌の水分が異常に低下した状態=「肌が乾燥した状態」になるのです。
    つまり“肌の中の保湿成分の機能の低下”こそが、
    お肌の乾燥の大きな原因ということです。
    秋から冬にかけては温度差に対して肌が対応するため、
    肌の代謝が正常に行われにくくなり、自分の持っている保湿機能が低下し、
    肌が乾燥しやすくなります。
    それゆえ、たっぷり保湿をし、できるだけ機能を低下させないことが重要なのです。

    毎日のスキンケアの中で、湿度が下がっても保湿機能はそのままの成分
    (セラミドやヒアルロン酸や水溶性コラーゲンなど)が入った美容液などを
    たっぷり肌につけたり、パックに使ったりしていただきたいということは
    これまでもお話してきました。
    (「2005年11月 とことん保湿!!」
      http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0511.html
     「2006年11月 肌の乾燥のしくみを知ろう」
      http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0611.html
      にたっぷり載せていますので、是非、ご参照下さい。)
    今回は、それらのスキンケアの前につける“プレ美肌水”のご紹介をしたいと思います。
    これは、“日本酒”と“アロマの精油”の相乗効果、
    自然の恵みを取り入れた“手作り美肌水(美肌酒?)”です。
    顔はもちろん、全身にもたっぷりお使いいただけます。

    日本酒には、酵母、ビタミン類、アミノ酸、そしてメラニン色素が
    必要以上に作られることを防ぐ役割のあるアルブチンや遊離リノール酸などが
    豊富に含まれ、昔から「肌の保湿や美白」に効果があると伝えられてきました。
    そして、その研究はますます進められ、美容にも優れた効果を示すことが次々と
    わかってきたそうです。
    ここ最近、巷でも日本酒を使った化粧品はたくさん出回っていますよね。
    ですが、やはり「自分に合うものかどうか?」は使ってみないとわかりません。
    そこで、価格的にも手頃で、なおかつ簡単にできる“手作りの日本酒美肌水”を
    おすすめしたいと思います。
    是非、お風呂上りにバシャバシャと使ってみて下さい。
    しっとりして、お肌の状態が整いますよ。
    (顔に使う場合、もちろん化粧水として使えますが、この時期は、
     普段のケアの“プラスアイテム”としてお使いいただいた方が
     よりいいのではないかと思います。)

    <日本酒美肌水の作り方>

    *用意するもの
    ・日本酒(純米酒)  100ml
    ・グリセリン 大さじ1
    ・ラベンダー精油 5滴
    ・ローズウッド精油 5滴
    ・保存容器  

    *作り方
     1.精油とグリセリンをビーカーに入れ、混ぜます。
     2.1を容器に移し、日本酒を入れてよく振ります。
     3.できあがりです。
     ※精油を入れると、日本酒の匂いはほとんどなくなりますが、
      それでも気になる方は、半分くらい精製水にするか、
      加熱して匂いを飛ばしてみて下さい。
      また、アルコールが気になる方は、日本酒を“精製水”や“フラワーウォーター”に変えて、
      グリセリンを多めに入れ、作ってみて下さいね。
      (どちらの場合も防腐作用がなくなるので、早めに使い切りましょう。)
用意するもの
用意するもの
作り方1
作り方1
2
作り方2


おすすめ精油は、上記のラベンダー、ローズウッドの他、
ローズ、ゼラニウム、カモミールローマン、サンダルウッド、フランキンセンス、
パルマローザなど。
お肌をしっとりさせ、血行をよくし、ターンオーバーを活性化させるのに
役立ってくれる精油です。
材料さえ揃えば簡単にできますし、何といっても手作りで化粧品を作るのは
とても楽しいですよ。
ちなみに私は、スプレー瓶に入れて持ち歩き、日中も使っています。
日本酒美肌水

  1. 首のマッサージ
    首は、頭や顔はもちろんのこと、全身にとってとても重要な部分です。
    首のマッサージを行うと、全身に作用し免疫力をアップさせるといいます。
    そして、首まわりの状態は心理的な要因も深くかかわっていますので、
    凝りをほぐし、リンパの流れをよくする首のマッサージの効果は計り知れません。
    (首のシワにももちろん効果的です。)
    そこで、自分で簡単にできる首のマッサージをご紹介したいと思います。
    まず、凝り固まっている首の筋肉をほぐすため
    首の側面を指で軽く押さえてやさしく揺らしながら手を上から下へ移動させて下さい。
    そして、今度はリンパの流れを考えながらの首のマッサージへ。

    <首のマッサージのやり方>
    1. 両耳の下に両手を軽く置きます。(小指が耳たぶに触れるくらいの位置)
    2. 親指を除く4本の指の腹を使い、少し力を加え肌を押します。
    3. 徐々に力を弱めながら、螺旋を描くイメージでその場で外向きに一回転指を動かし
    (皮膚の上ですべらせないように)、3秒位で指の腹を元の位置に戻します。 
    4. 鎖骨のくぼみの下を目指し、5回くらい3.を行います。
    5. 鎖骨のくぼみのところに両手を置き、指の腹で少し圧をかけます。
    6. ゆっくり螺旋を描くイメージで外側から内側に向かって指を動かし、
     元の位置に戻しながら徐々に力を弱めます。
     ※あまり力を入れず、指をすべらせないようにすることがポイントです。
首のマッサージ1
首のマッサージ1
2
首のマッサージ2
3
首のマッサージ3

この首のマッサージをすると、顔の血行がよくなり、
肌の色もよくなってきますし、気分までスッキリしますよ。
もちろん、肌の機能低下の防止に役立ってくれるので、是非おすすめです。

さあ、これから秋はどんどん深まっていきます。
お肌にとってはさらに厳しい季節になりますが、
それをあまり気にせず、秋の自然の恵みをたっぷり楽しむためにも
上記のケアをお試しいただき、今のうちに強い“お肌の土台”をお作りいただきたいと思います。
是非、楽しみながら、お試し下さいね!

<参考文献>
・「みるみる美肌小顔リンパサラサラドレナージュ」 田中智子著
・Aromatherapy Environment 社団法人アロマ環境協会
TOP
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.