mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 


mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2007年9月 じっくり感じる“セルフヒーリング”のすすめ part2

星の光にあふれた夜空が、月夜のように明るく感じる季節となりました。
皆さま、いかがお過ごしですか?
急に涼しくなり、あんなに「もういい!」と思っていた夏の暑さが
ほんのちょっと恋しくなったりしていませんか?
私も「こんなに暑い夏はもうコリゴリ」と思っていたのに、
急に肌寒い日が増えると、なんだかもの悲しくなったりします。
人間とは勝手なものですね^^;
さて、そんなこの季節。
暑くもなく寒くもなく、何事にもドッシリ腰を据えて取り組める時期ではありますが、
安定しない気温や気圧の関係もあり、人間の心身はストレスを受けやすい時期でもあります。
また、思いきり動き回った夏の疲れが出るのもこの時期。
つい最近までフットワークが軽かったはずなのに、
ここしばらく、毎日の生活の色々なことを面倒くさく感じたり、
何をするにも身体が重くなったりしていませんか?


イメージ

また、気持ちがウツウツしたり
イライラしたりすることが
多くなってはいませんか?
そんな時は、身体の中のエネルギーが
滞っていたり、不足したりしています。
また、エネルギーが滞ったり
不足したりすると、
さらにエネルギーを消耗して
身体だけでなく心にも大きな影響を及ぼし、
ウツウツ・イライラが始まったりします。
エネルギーは心とともに動くのです。
何となくブルーな気分から
抜け出せない・・・というのも、
身体の中のエネルギーの滞り&不足が
大きな原因かもしれませんね。

そんな時は、どうしたらいいか?
まず、そういう自分に気がつき、
そうなんだと認めること。
これが何より大切だと思います。

「いや、そんな訳はない、私はもっとポジティブなはず!」と真の自分を見ようとしなかったり、
「ウツウツする自分が嫌い!」なんて自分を認めてあげないのでは、自分がかわいそうです。
いつまでたっても、イライラ・ウツウツ・イライラ・・・のサイクルはなくなりません。
まずは、自分と向き合うことが大切だと思います。
そうそう、「ポジティブな人」というのも、そういうことなのではないかなと私は思います。
よく言われる「いつも元気で前向きな人」というのは、うわべだけでは無理がきます。
たまにウツウツするような本当の自分とちゃんと向き合い、そんな自分を受け入れ、認め、
その上で「自分と付き合っていこう」としっかり歩いていく人のことをいうのではないかと思うのです。
そして、そういう人の身体の中には穏やかなエネルギーがきれいにクルクルと回転しながら
流れているように感じます。


さて、そこで、是非
“じっくり感じるセルフヒーリング”を
おすすめしたいと思います。
それは、“自分の手によるヒーリング”です。
2007年3月の美容情報
「じっくり感じる“セルフヒーリング”のすすめ」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0703.html
2007年5月の美容情報
「“スロートチャクラ”のブロックをなくそう」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0705.html
でもお伝えしていますが、サロンでレイキを受けられた方から
ご質問を受けることが非常に多い内容ですので、
今一度、じっくりとお伝えしたいと思います。
是非、上記の2つの記事とともにお読み下さい。
このヒーリングは、自分自身を“頭”ではなく
“心”で感じるとてもよい機会でもあります。


手のヒーリング

それでは、具体的な方法に入る前に、
大きく関わる3つの言葉の説明をしたいと思います。
既にお話しているものもありますが、あらためてお読み下さいね。

  1. “エネルギー”とは?
    今までの美容情報の中でも、度々使っている“エネルギー”という言葉ですが、
    これは、一体何でしょう?
    エネルギーとは、東洋医学的にいうと“気”です。
    「元気」「人気」「運気」「気分」「気が合う」・・・などなど
    私たちは実によく“気”という言葉を使っていますよね。
    まさに、その“気”なのです。
    “気”は、私達の身体の中でたえず流れています。ただ、目には見えません。
    それゆえ、なかなか感じることができないという方もいらっしゃることでしょう。
    サロンでお話をさせていただくと、そうおっしゃる方は多いです。
    それでも、何となく「やる気がある時とそうでない時」があると思いませんか?
    これは一体、なぜでしょう?
    これこそがまさに、自分では無意識ながら“気”の過不足を感じている時なのだと
    思うのです。
    “気の量”は常に一定ではありませんし、毎日変わります。
    簡単に言えば、自分で「今日はやる気が出るなぁ」と思う時は、気が満タンの時。
    逆に「どうしてもやる気が出ないなぁ」と思う日は、気が不足している証拠でしょう。
    それは、どなたでも感じていることではないでしょうか。
    つまり、「エネルギー=気」。
    目には見えないものながら、人間が生きていく中でとてもとても大切なものです。

  2. “チャクラ”とは?
    人間の身体には、たくさんの“チャクラ”があります。
    “チャクラ”とは、上記で説明をした身体の中に流れるエネルギーが
    特に集中している“エネルギー・センター”のことです。
    古代のインドで使われていたサンスクリット語で「回転する輪」という意味で、
    エネルギーが身体の中をクルクルと回転しながら上から下へ、
    下から上へと流れているところから、この名前がつけられています。
    細かいチャクラまで数えると365個はあると言われ、
    これは、東洋医学の経絡上(気の通り道)のツボ(経穴)と大体同じ数です。
    そして、もっとも主要なものは、背骨に沿って縦に7つ並んでいます。
    この7つのチャクラは、対応する身体と心のあり方が深く関係しています。
    ヒーリングをする時にもとても重要な場所ですので、
    それぞれのチャクラの場所、対応する身体と心のあり方、
    そして、そのチャクラに問題があった時の傾向を説明しておきましょう。

    <第1チャクラ>
    “ベースチャクラ”と呼ばれ、『脊椎の基底部あたり』に位置しています。
    地球とエネルギーレベルでつながっていると言われ、
    命の生存・現実を生き延びる力を司っています。
    地に足がついていない、やるべきことができない・長続きしない・・・
    というのは、ベースチャクラが鈍っている時に起こる状態です。
    エネルギーが溜まり過ぎると、背中が痛くなったり、尾骨部分にトラブルが
    発生したりします。
    また、チャクラが塞がっていたり、問題を抱えていたりすると、
    精神が不安定になり、抑鬱、悲観的思考、薬物などへの依存、
    摂食障害などを招きます。

    <第2チャクラ>
    “聖なるチャクラ”または“ベリーチャクラ”と呼ばれ、
    『おへその5〜6cm下のあたり』に位置しています。
    このチャクラは、まさに「感情を感じる」ところ。
    人生において一番大切な創造力(人生を創造する力)を司るのはこのチャクラです。
    このチャクラが固まると、ここから上へのエネルギーが流れにくくなります。
    また、このチャクラの発達が阻害されたり、傷害を受けたりすると
    成人になってから肉体的にも精神的にも柔軟性が乏しくなり、創造性が阻害されたり、
    人の注目を渇望したりすることがあります。
    このチャクラのエネルギー量は、男性に比べ、女性の方が多いのが特徴です。
    第5チャクラに影響を与えることもあります。

    <第3チャクラ>
    “ソーラーチャクラ”と呼ばれ、『太陽神経叢(みぞおち部分)あたり』に
    位置しています。
    肉体と心の元気力である活力・感性・思考能力、
    そして、自己実現力を司っています。
    このチャクラのエネルギーが機能していると
    “何もしなくても楽しい”と感じるようです。
    逆に、滞っていると、どんな仕事(こと)を成し遂げても、
    他人に評価されなければ「うまくいった」と思えない・・・
    というようになります。
    つまり、自分の評価基準が他人主体になってしまい、
    真の自己評価ができない状態です。
    そのため、やる気に欠け、責任の放棄を切望したりします。
    また、疲労感、鬱病、慢性の消化器疾患が見られることもあります。

    <第4チャクラ>
    “ハートのチャクラ”と呼ばれ、まさに『心臓のところ』に位置しています。
    自分と他者への「愛と思いやり」を司っている、とても大切なチャクラです。
    人間が生きていくための「本能」の感覚を管理している
    下の3つのチャクラと上層部の「精神性のチャクラ」との
    バランスをとる働きをしています。
    また、このチャクラは“病気に対する免疫性”を担当している
    胸腺を司っています。
    アレルギーとも関係していると言われますので、
    花粉症の方はこの時期はとくにこのチャクラを
    ヒーリングすると、症状が少し変わってくるかもしれません。
    このチャクラに問題があると、人間関係が苦手になったり、
    世の中や人生を悲観したり、皮肉で批判的な態度をとったり、
    恨みやねたみ・憎悪の気持ちが強くなるといった傾向があるようです。

    <第5チャクラ>
    “スロートチャクラ”と呼ばれ、
    『首の付け根、喉仏の少し下あたり』に位置しています。
    自分を感じ、表現する力や対人的なコミュニケーション・自分自身の
    「頭で考えること」と「身体で感じること」のコミュニケーションを司っていて、
    第2チャクラと密接に関係していると言われます。
    このチャクラの面積は狭く、エネルギーが滞りやすいため、
    ここでトラブルを抱える人はとても多いようです。
    あまりに溜め込むと、喉の腫れや痛みに繋がるだけでなく、
    その場その場で何を言ったらいいかわからなくなったり、
    自分自身とのコミュニケーションができなくなったりします。
    つまり、内的コミュニケーションによる内なる声が聞こえなくなるのです。
    このチャクラの発達期(16歳頃〜21歳くらいまでと言われます)に問題があると、
    コミュニケーションが苦手になる、嘘をつく、創造性が抑圧される、
    落ち着けない、人間関係が長続きしないなどの傾向があるようです。

    <第6チャクラ>
    “サードアイチャクラ”と呼ばれ、『おでこの真ん中、眉間のあたり』に位置しています。
    “第3の目”という名前通り、目で見えるものではない「心の目の力」や
    「自浄力」「人間の真の個性」を発達させるチャクラです。
    直感力や物事を見極める力、自分自身を省みる心の強さが働くチャクラで
    「精神性のチャクラ」と言われます。
    下のチャクラを調整する役割もあり、このチャクラへの取り組みはとても重要です。
    通常21歳頃に発達を始めるようですが、一生発達しない人や
    40歳以降に発達する人もいると言われています。
    このチャクラに問題があると、創造的な考えを持ちながら実行できず、
    それを他人のせいにしたりする傾向があるようです。

    <第7チャクラ>
    “クラウンチャクラ”と呼ばれ、『頭頂の真ん中』に位置しています。
    人生の総合的な指針を決定する感覚やそれをする自由意志、
    自分の人生に責任を持つ力を司っています。
    人生の岐路に立った時、このクラウンチャクラのエネルギーが動くと言われます。
    また「悟りのチャクラ」とも言われ、このチャクラが最高度に達すると
    人間は「真我を生きることになる」と言われています。
    論理を超えた理解、平和を垣間見た人は、それまでの自分とは全く変わり、
    周囲を愛と平和に満たす・・・と言われるのです。
    このチャクラは26歳以降に発達すると言われますが、
    たいていの人は死の間際まで発達しないようです。
    しかし、このチャクラがブロックされているということはなく、
    この輝かしい力を受け止める用意ができているか、
    あるいはその準備ができていないかのどちらかです。
    さらに、このチャクラのエネルギーは、“オーラの境界線”を創り、
    他人との区別をつけています。

    場所、要素や役割的なものは、何となくおわかりになったでしょうか?
    覚える必要はありませんが、このことが何となくわかっていると、
    自分の状態と照らし合わせることができるのでいいのではないかと思います。
    また、チャクラは閉じたり、開いたりしています。
    「チャクラが開いている状態」というのがどういう感じかわからなければ、
    「花がきれいに開いている姿」を想像してみて下さい。
    まさに、そういうイメージだと思います。
    イメージ
  3. “ヒーリング”とは?
    色々な解釈がありますが、私は“真の癒し”という意味でとらえています。
    基本的に、身体(肉体)は、心と魂の調和がとれなければ、
    完全に癒されることはないと思います。
    つまり“身体・心・魂”の調和がとれなければ、
    “真の癒し”はありえないと思うのです。
    各チャクラのエネルギーがどっと流れようとしても、
    そのエネルギーの流れが、自分の奥底で触れたくない問題と向き合わせる時、
    そこから生まれる心理的・感情的な痛みに対する準備が、
    まだできていない場合があります。
    この場合は、ヒーリングが起きるまでには、そのタイミングがくるまで
    時間がかかるかもしれませんから、ゆっくりと待つ必要があります。
    場合によっては、チャクラを一時的に閉じることも必要になるかもしれません。
    (難しく聞こえるかもしれませんが、私達は普段の生活の中で
    これを無意識に行っているようです。)
    また、あまりにつらい場合は、まだ“その時”ではないのかもしれませんから、
    無理にヒーリングを続けることはないでしょう。
    サロンで行う“レイキヒーリング”は、ヒーラーの手を通して
    足りないエネルギーを送り込んだり、滞りをなくしていくお手伝いをしますが、
    この場合もヒーラーから一方的にヒーリングを行うことはできません。
    本人の準備ができているところにのみ働きかけることが可能ですし、
    自分で対処できる範囲にだけヒーリングは起きるのです。

    上記の3つの言葉、おわかりいただけたでしょうか?
    “ヒーリング”はちょっと難しく感じたかもしれませんが、
    まずは、気楽に「へぇ〜、そういうこともあるのか〜。」という感じで
    受け止めていただければいいかなと思います。
さて、それでは、具体的なセルフヒーリングの方法を説明したいと思います。
心の奥底の部分と密接に関係している“エネルギー”を整え、
循環をよくすることによって、自分自身を真に癒していく方法ですね。
やり方は、とても簡単です。
まず、自分が今、何を感じているのかを頭ではなく心で感じながら
ゆっくりと第7チャクラ(頭頂の真ん中)に両手を置いてみて下さい。
温かく感じるでしょうか?それとも冷たく感じるでしょうか?
そのチャクラに必要な温度を感じるのではないかと思いますので、じっくり感じてみて下さい。
その時に気をつけるのは“呼吸”です。
鼻からゆっくり吸って、口からフ〜ッと吐きます。
できれば、鼻から吸う時に新たなエネルギーが光り輝きながら入ってくるのをイメージし、
今、感じていることをしっかり味わって下さい。
そして、手からのエネルギーをじんわりと感じ、鼻から吸い込んだ光が身体中の隅々まで
行き渡るようイメージします。
そして、“今の自分の感情”と“手のひらからのエネルギー”をしっかり感じることができ、
また、光が身体を抜けて外まで行き、自分の周りが光でいっぱいになるようなイメージを
持つことができたら、一気に息を吐き出します。
それができたら、第6チャクラ→第5チャクラ→第4チャクラ・・と順番に手を当てながら
同じように上記の呼吸をし、最後に第1チャクラでいらなくなったエネルギー、感情を
下(地面)へ完全に捨てるイメージをしながら、大きく息を吐き出します。

いかがでしょうか?できましたか?
一回でできなくとも、もちろん大丈夫。 (^-^)
ゆっくりゆっくり、ご自分のペースでやってみて下さい。
自分の中からのパワーが湧き上がらない、ウツウツするこの時期は
特に“第3チャクラ”を意識的にヒーリングしてみるといいでしょう。
また、この“第3チャクラ”とバランスをとるために“第4チャクラ”
もしくは“第6チャクラ”もあわせてヒーリングするとよりいいと思います。
イメージ そして、それぞれのチャクラには対応した色があります。
チャクラは、回転する光の輪のように見えますが、
それぞれ違うスピードで回転するため、
異なった光の波長を発し、異なった色として
知覚されるのです。
このお話は、パワーストーンのお話とともに、
また別の機会にさせていただきますが、
ここでは少しだけ触れておきますね。

第1チャクラ・・・赤
第2チャクラ・・・オレンジ
第3チャクラ・・・黄色
第4チャクラ・・・緑色、または桃色
第5チャクラ・・・青
第6チャクラ・・・藍色、または紫
第7チャクラ・・・紫、または白

各チャクラをサポートするのに、
上記の対応する色を使うとよいでしょう。
たとえば、第3チャクラのエネルギーをサポートするには、
黄色のものを身につけてもいいですし、
また黄色い食べ物を摂ってもいいと思います。

第4チャクラのエネルギーサポートには、
上半身に緑色や桃色のものを身につけたり、
アクセサリーにこの色のものを
持ってきてもいいでしょう。
また、緑がたっぷりの観葉植物などを
傍に置くのもとてもいいと思います。
是非、お試し下さい。
“セルフヒーリング”は、こうしなければならない
というのはありません。
上記のやり方は、参考にしていただければ
いいなと思いますが、慣れてきたら、
是非、自分の手で触れた時に
どこのチャクラのエネルギーに滞りがあるのか、
はたまた不足があるのか、ご自分が感じたこと、
直感に従いながらヒーリングをしてみて下さい。

まずは、自分の感情と向き合うことから
すべては始まります。
ご自分でご自分を受け入れ、
身体の中を流れるエネルギーを意識し愛しながら、
少しずつ心身の“元気”を取り戻して下さいね。
さあ、心で、身体で、色とりどりの秋を
たっぷり感じましょう!


イメージ
<参考文献>
・チャクラ&パワーストーンの癒し ブレンダ・デーヴィス著
・レイキ完全本 ブリギッテ・ミュラー&ホルスト・H・ギュンダー著
・ヒーリングレッスン  寺尾夫美子著
・“カラダの流れ”をよくしてきれいになる! 渡辺佳子著
   
TOP
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.