mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 


mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2007年8月 お肌のシミの種類

暦の上ではもう秋ですが、毎日暑さが厳しいですね。
皆さま、いかがお過ごしですか?
色々なところにお出かけになったり、遊びに行かれたり、
真夏をめいっぱい楽しんでいらっしゃることでしょう。
海や山などアウトドアレジャーをお楽しみの方は、
くれぐれも熱中症や事故などには気をつけて
どうぞ、心身ともにHappyな夏にして下さいね。


さて今回は、この時期はやはり気になる
“お肌のシミ”についてのお話です。

シミは、サロンでも伺うことの多いお悩みです。
気になり始めると、どこまでも
気になってしまうのがシミなど
お肌の細部なんですよね。
ただ、お肌や顔は、細部のひとつひとつより
表情も含めた全体的な印象が
何より大切だと思いますし、
30代、40代になると、シミのひとつや
ふたつ出てくるのが当たり前なので、
必要以上に小さなシミに気をとられることは
ないのではないかなぁと思ったりもします。
・・・とは言っても、この間まで
何もなかったはずのお肌にポツンと
茶色いものができていたら、
誰だってショックですし、
薄いシミが年々濃くなってきたと感じたら、
「あらら〜!」と気になってきたりしますよね。
それゆえ、今までの美容情報でも
お話している通り、
これからシミにならないよう紫外線を
防御をすることや
できてしまったシミを濃くしないよう
見合ったケアをしていくことが大切だと思います。

イメージ

そして、それ以上に大切だと思うのは、“シミについての正確な知識”です。
知られているようでいて、よくわからない方も多いシミのこと。
必要以上に敏感にならないためにも、きちんとした知識を持つことは
とても大切なのではないかと思うのです。

そこで、今回は少しだけ専門的なお話をしてみたいと思います。
そもそも、なぜシミはできるのでしょうか?
シミの茶色い色は、表皮の一番下にある色素形成細胞(メラノサイト)で
作られる“メラニン”という色素です。
メラニンと言うと、とても嫌なものと思っている方が多いのですが、
通常メラニンは、紫外線から肌の重要な部分を守る傘の役割をしてくれています。
つまり、紫外線が真皮にまで入らないようにブロックしてくれているのです。
普通はこれが役目を終えるとターンオーバーとともに垢となって剥がれ落ちるので
シミとして肌には残りません。
しかし、年齢と共にターンオーバーが遅くなったり乱れたりすると、
メラニンがうまく剥がれず、肌に残ってしまいます。
そう、つまり、これがシミですね。
若い頃、紫外線を浴びてもシミにはならなかったのは、ターンオーバーが正常に
機能していたからなのです。
シミ対策として、角質除去ケアなどターンオーバーを正常化するケアが必要なのはそのためです。
また、メラニンがたくさんできる原因は、紫外線によるものだけではありません。
ストレスや生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れなどによっても
メラニンが過剰に生成されることがあり、シミの大きな原因となります。
バランスのよい食事やストレスをためこまないこと、たっぷりの睡眠をとることなど
日々の暮し方もとても大切ということですね。

そして、次は“シミの種類”です。
“シミ”と一口に言っても皆同じものではなく、種類があるということを
皆さま、ご存知でしょうか?
サロンでお話を伺っていると、知らない方が多いように感じます。
シミ対策としては、やはり美白剤を使ったケアやメラニンを排出する角質除去ケアなどが
効果的だと思いますが、種類によって、ケアの効果があるものとそうでないものがあるのです。
それゆえ、シミの種類を知り、現在ご自分のお肌にあるシミがどの種類のものなのかを知ると、
今後ケアをしていくのにとても役立つのではないかと思います。
シミの種類は大きく分けると、以下の4種類になります。

  1. 老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん) 
    主に頬やこめかみに丸くでき、初めは薄い茶色をしていますが
    次第にはっきりと濃くなってきます。
    紫外線の影響によりできるもので「日光黒子」とも呼ばれ、
    シミといわれるものの中でもっとも多いのがこちらです。
    初期のものは美白成分が効果的に働きますが、
    濃くなってしまうと美白成分は効きません。
    また、何年も時が過ぎ行くうちに隆起してくることがあり、
    この状態のシミを“脂漏性角化症”といいます。
  2. 肝斑(かんぱん)
    頬骨の部分に左右対称にモヤモヤとあらわれることが多く、
    色は茶色、灰色と様々のようです。また、額や鼻の下にできることもあります。
    30代〜40代の女性に多く、妊娠中や更年期など女性ホルモンのバランスが
    崩れた時に出やすいのが特徴です。(男性には出ません。)
    それゆえ、ホルモンバランスに気をつけること、
    また、紫外線による影響もありますので、なるべく紫外線を避けることが大切です。
    美白剤を使ったケアや角質を除去し、ターンオーバーをスムーズにするケアも有効です。
    (皮膚科ではトラネキサム酸という内服薬を処方されることが多いようです。)
  3. 炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)
    ニキビ、やけど、カミソリ負けなど皮膚に炎症が生じた後に
    それが茶色いシミとなって残ったもの。
    時間が経つと消えることもありますが、
    紫外線にあたるとさらに濃くなるので注意が必要です。
    角質除去ケアに美白剤を使ったケアが有効です。
  4. 雀卵斑(じゃくらんはん)=ソバカス
    遺伝的なもので10代の頃からでき始め、小さい茶色い色素斑が
    鼻を中心に散らばるようにできます。
    その小さな色素斑をよく見ると、丸というより
    三角や四角の形をしていることが特徴。
    美白剤の効きめはあまりよくないようです。
イメージ


ご自身のお肌にあるシミは、
上記のどれにあてはまりますか?
鏡を見て、チェックしてみて下さいね。

上記から、美白剤によるケアや
角質除去ケアが実際に効くのは、
“初期の老人性色素斑”
“肝斑”
“炎症性色素沈着”の3つ
ということになります。
つまり、ソバカス以外には
効果的ということですね。
これは、ケアをする上でも大いに
励みになるのではないでしょうか。

老人性色素斑に関しては、
なぜ初期のものにしか美白剤が
効かないかというと、
濃くなってきた老人性色素斑は、
メラニン色素が過剰になっている
だけでなく、表皮組織そのものが
すっかり変化した状態に
なっているからです。

美白剤の成分は、メラニン色素の産生を抑えることができますが、
変性した表皮細胞を元に戻すことはできません。
それゆえ、美白剤は初期の老人性色素斑にしか効力を発揮できないのです。
つまり“早めのケアが鍵”ということになりますね。
(これは、他のシミにも言えることです。)
そして、美白剤は、できてしまったシミを
薄くすることより、“シミの予防”に使うのが
一番効果的ということも覚えておいて下さい。
つまり、紫外線を浴びてしまってからのケアに
使うよりも、その前にお肌のケアに使うのが
もっとも効果的ということです。
現在、色々な美白剤がありますが、
一番は予防として使うものですから、
是非、部分的ではなく、顔全体に毎日使って
長く続けられるものをお使いいただきたいと思います。
効果力、使いやすさ、長く続けられるという意味で
考えると、私はやはり“ビタミンC誘導体”が
おすすめです。
ビタミンC誘導体

他の美白剤の種類や具体的なケアの方法については、
2005年8月の美容情報「“美白パック”のすすめ♪」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0508.html
2006年3月の美容情報「紫外線予防に力を入れよう!」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0603.html
2006年9月の美容情報「秋のリカバリーケア」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0609.html

などにくわしく書いていますので、是非、ご参照下さいませ。
今後、シミを発見してあたふたしないためにも
是非、正しい知識を持っていただき、
まずは、ご自分のお肌と向き合っていただきたいと思います。
もちろん、これまでの美容情報でもお話してきました“紫外線対策”や
ご自身に必要なケアは引き続きして下さいね。
とくに、この時期、多めにビタミンCを摂取する身体の内側からのケアや
防御はしていても防ぎきれずに浴びてしまった紫外線を
速やかに排出するアフターケアなどもお忘れなく!

さあ、夏もあと少し。
ギラギラの真夏をめいっぱい楽しみましょう!

<参考文献>
・スキンケア基本事典 吉木伸子著
・美肌力アップレシピ 吉木伸子著
TOP
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.