mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 


mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2007年7月 芯から冷える“夏冷え”にご注意を!

本格的な夏がやってきました。
皆さま、いかがお過ごしですか?
夏休みの楽しい計画を立てていらっしゃる方も多い頃でしょうか^^

それにしても、不安定な季候が続きますね。

イメージ

急に気温が下がり大雨が降って
涼しい日があったかと思えば、
30度を超える真夏日が続いたりして・・・
これでは、身体がなかなかついていけません。
夜は寝苦しくて、睡眠不足気味という
お声も多く聞かれますが、何といっても、
今一番多く聞かれるのは、
“身体が冷える”というお声です。
夏はエアコンの影響で身体の中に
“冷え”が入り込んでしまっています。
そう、これが“夏冷え”と言われるものですね。
以前から何度となくお伝えしていますが、
夏の身体の冷えは、冬より深刻な状態かも
しれません。
なぜなら、過剰なほどの冷房にさらされる
だけでなく、冷たい飲み物や食べ物を摂ったり、
お肌の露出が増えたり・・・ と、夏こそ身体を
芯から冷やす原因が盛りだくさんだからです。


また、自分では“暑がり”のつもりでエアコンにあたったり
冷たい飲み物ばかり飲んだりしていると、本来汗をかいて温度調節しなければならない
身体の温度センサーが異常をおこすケースもあるようです。
そもそも身体は、自律神経の働きにより、暑い時には体表に近い血管を広げて
血流を増やして熱を逃がすようにし、反対に寒い時には血管を収縮させて
血液を身体の深部に集め、熱を逃がさないようにします。
しかし、身体が対応できる範囲を超えた温度差がある環境にいると、
自律神経が上手に機能しなくなり、寒いと感じた時に収縮した血管が元に戻りにくくなるので、
知らず知らずのうちに末端から始まった冷えが進み、
お腹や背中といった身体の幹部まで冷えてしまうのです。
“夏冷えとは関係ない”と思っている方でも
身体がだるかったり、頭や腰が重かったり痛かったり・・・という不調があったら
それは冷えが関係しているかもしれません。
冷えは、生理痛や生理不順など婦人科系のトラブルにつながりやすい不調のひとつなので
女性の身体にとっては大敵。
今、冷えを感じている方もそうでない方も、今一度夏の生活習慣を見直し、
今すぐにでもできる“夏冷え対策”を行なっていただきたいと思います。

冷え対策の基本は、
やはり、“冷やさないこと”と“温めること”ですね。

  • 冷やさない

    自分の家では、
    冷房の温度調節ができますが、外に出ると
    なかなかそうはいかないですよね。
    電車やバスの中、公共施設などは、
    びっくりするほど冷えていることも多く、
    その中に長時間はいなくても、身体が芯から
    冷えてしまうこともあると思います。
    それゆえ、冷房の利いた部屋で
    冷えないようにするにはどうすればいいか?
    やはり、どんな場面でもさっと羽織ることが
    できる薄手のカーディガンを
    常に一枚は持っていたいですね。
    そして、首の保護。
    首は大量の血液が流れる血管が体表近くに
    あるため、冷えると身体全体の冷えに
    つながってしまいます。
    スカーフなど首に巻くことができるものを
    ひとつバックにしのばせておくと
    便利でしょう。
    また、冷えやすいという自覚がある人は、
    最初に冷えが始まる末端(足先や手)の
    保護をしたり、薄手の腹巻をするなどして
    身体の幹部まで冷やさないように
    気をつける習慣をつけたいものです。

カーディガンとスカーフ

  • 温める

    日中冷えきった身体をそのままにしていては、冷えは加速するばかりです。
    夏はシャワーで済ませてしまう人も多いと思いますが、
    一日の終わりに、ゆっくり湯船につかることをおすすめします。
    そして、そこに天然塩とアロマの精油を入れると効果は倍増。
    これまでもおすすめしてきましたが、特にこの冷える時期に
    “アロマバス”は強〜い味方なのです。
    精油
    作り方は簡単。
    天然塩大さじ2杯にお好みの精油を3〜5滴加えて混ぜます。これで出来上がり。
    それをお風呂の中に入れ、内臓に負担がかからない
    みぞおちの下くらいまでの半身浴を20分。
    お湯の温度は38〜40度くらいまでがいいでしょう。
    精油はあれこれ買わなくても大丈夫です。
    特に身体や筋肉を温める作用のある精油は、
    ローズマリー、スィートマージョラム、ジンジャー、ユーカリ、レモンなど。
    是非、お好みの香りを一本お選びいただきたいと思います。

また、お客様からのお声で多いのが、冷えで“足がむくむ”ということ。
冷房がキンキンに利いた部屋の中でずっと座りっぱなしでいると、
女性は下肢の筋肉が少ないので、血液などの体液を押し戻す力がなく、
余分な水分を溜め込みやすくなってしまいます。
そんな時は、重要なツボがたくさんあるひざから
下を押したり揉んだり、
セルフマッサージをするのが効果的です。
2006年8月 身体を温める簡単セルフマッサージ♪
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0608.html の中の
“身体を温め、血行をよくする精油を使った
「足のオイルマッサージ」”でもお伝えしていますのでご参照いただきたいのですが、
特に内くるぶしの「三陰交(さんいんこう)」周辺は重要です。
痛むところや周辺より冷たいところを見つけてじっくりと押してみて下さい。
また、「八風(はっぷう)」と呼ばれる足の甲側の指の股すべてにある4つのツボは
自律神経を整え、冷え症に効果があるのであわせて押してみるといいでしょう。
刺激方法は、親指と人差し指で指と指の間を上下から挟んでやや痛いぐらいの力で
押しながら引っ張って離します。3〜5回ずつ行なって下さい。

    三陰交(さんいんこう
    三陰交(さんいんこう)

八風(はっぷう)


また、食事からくる冷えは、胃腸の不調や肌荒れの原因にもなりますので
意識して温かい食べ物、飲み物を摂るようにしましょう。
新陳代謝を高め、血を補う魚貝類や身体を温め気を補う鶏肉などを積極的に摂ったり、
発汗作用、血行促進作用のある野菜、例えばニラやネギ、ショウガなどを
お料理の中に取り入れるようにしてもいいですね。
特にショウガは優れものだと私は思います。
カップにお湯を入れ、その中にすったショウガを入れ、ハチミツなどで甘みをつけた
“ショウガ湯”は、飲むとすぐに身体がポカポカになるのでおすすめです。

そして、上記の基本対策以外にもう一つ。
“自ら身体の中に熱を作り出す”ということも大切のようです。
熱の6割が作られるというのが“運動をすること”。
今流行している「ビリーズブートキャンプ」をお家でしても
効果的でしょうし(笑)、運動とまでいかなくても、
こまめに身体を動かしたり、歩いたりするだけでも違うそうなので、
是非、お試し下さい。
また、精神的なストレスや夜更かしも血管がギュッと
収縮した緊張状態を続かせ、結果的に冷えるというサイクルを
作り出しますので、どうぞご注意下さいね。

夏冷えから卒業するには、とにかくまずは自分の生活習慣を
見直すことが大切です。

イメージ

是非、じっくり見直していただき、“冷やさないこと”と“温めること”を
意識して行なっていただきたいと思います。
今年こそ、夏冷えとさよならして、心も身体もホットな夏にして下さいね!

<参考文献>
・経絡リンパセラピー 三浦真人著
・経絡リンパマッサージ 渡辺佳子著
・日経ヘルス2007 8月号「冷房・ストレス・夜更かしで冷え性に!」
TOP
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.