mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 


mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2007年6月 身体の中の“抗酸化力”を高めよう

梅雨の候、皆さま、いかがお過ごしですか?
どうもこの時期はじめじめ〜っとしていて
苦手なのですが、梅雨の日々がないと、
作物は“たわわ”に育たないですものね。
そして、今年は深刻な水不足のようですし・・・
まさに“恵みの雨”なんですよね。
また、「雨降って地固まる」という言葉もある通り、
雨は色々なことを浄化させてくれるとも
いいますから、大地にとっても、人間にとっても、
この時期はとても大切なのかもしれません。
ついうっとうしく感じてしまう時期ですが、
そんな恵みの雨にできるだけ感謝しながら
過ごしたいものですね。
ただ、天候・気候は人間の心身に大きな影響を
及ぼしますから、何となく、気分がさえない、
身体の調子が今ひとつ優れないという方が
とても多い時期でもあります。
そんな時はあまり無理をなさらず、
是非、ゆっくりできる時間を意識的に
お作り下さいね。

さて、話は変わって・・・
今までの美容情報でも何度となくお伝えしていると
思いますが、これからの時期は1年の中で
紫外線が最も強くなります。
晴れている日よりは緩和されるものの、
意外と雨の日や曇りの日でも紫外線は容赦なく
降り注いでいますので、お肌にとってはケアは
必須になりますよね。

サロンでお話を伺うと、「この時期は“日焼け止め”を使っている」とおっしゃる方がとても多いので、
数年前と比べると“日焼け止め化粧品”及び“外側からの紫外線ケア”が
かなり浸透してきているのだなと感じます。
でも、意外と浸透していないのが・・・“身体の内側からの紫外線ケア”。
これは、意識をしていらっしゃる方がまだまだ少ないようです。
でも、内側からのケアは外側からのケアと同様、いえ、それ以上に大切なことです。
それゆえ、今回は、あらためてこのお話をさせていただきたいと思います。

それでは、なぜ、身体の内側からの紫外線ケアが大切なのでしょうか?

2007年4月の美容情報 エイジング(肌老化)の原因について
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0704.html
でもお伝えしていますが、紫外線は、肌の中・身体の中に“活性酸素”を発生させます。
そして、この活性酸素こそがシミやシワなどの肌老化を引き起こす大きな要因となるのです。
少し専門的な話になりますが、
例えばシミは、活性酸素がメラノサイト内でメラノソームのチロシナーゼを活性化させ、
メラニン産生を亢進させることによって発現しますし、
シワは、活性酸素が真皮内において、繊維芽細胞のコラーゲン合成の能力を低下させ、
コラーゲン分解酵素の発現を促進させることにより、コラーゲン産生と分解のバランスが崩れて
コラーゲンが減少することで形成されます。

つまり、肌にとって“活性酸素”は元凶ということ。
またそれは、肌だけではなく、身体にとっても同じことです。

私達の身体の中の細胞は、活性酸素から頻繁に攻撃を受け、
永久的にダメージを受けるといわれます。
一部の専門家は、がんや心臓病、関節炎、アルツハイマー病など変成疾患のおよそ80〜90%が
「活性酸素によるもの」としているようです。
また、50歳までに細胞たんぱく質の30%が活性酸素によって損傷を受けるといいます。
細胞の損傷が蓄積されると、老化を早め、加齢に関わる病気、
症状のリスクが高くなるといいますから、
活性酸素が私達の身体に及ぼす影響は、計り知れないものだということが
おわかりいただけるかと思います。



ただし、もともと人間の身体には活性酸素を
除去するしくみ、つまり“抗酸化力”が
備わっています。
これは、エストロゲンなどのホルモン、
グルタチオンやウロカニン酸、
各種ビタミン類などの物質です。
では、その力が発揮されれば、肌や身体には
害がないのではないか・・・
と思いたいところですよね。
でも、そう簡単なことではないようです。
なぜなら、それらの量や働きには、
生まれつきの“個人差”があるからです。
肌のことで言えば、
普段、日焼けに注意していても
シミができてしまう人もいれば、
それほど気にしていないのに、
あまりできない人がいたりするのも
そのためのようです。

また、残念ながらこの抗酸化力は、年齢とともに低下してしまいます。
若い頃は出来なかったシミが、20歳を過ぎて日焼けをすると急にできたりするのも
まさしく抗酸化力が年々低下している証拠だと言えるでしょう。

それゆえ、身体の内側から抗酸化力を高め、体内の活性酸素を抑えることが
肌だけでなく、身体にとっても、とても重要になるのです。
つまり、これが“身体の内側からの紫外線ケア=抗酸化力アップケア”です。

それでは、具体的なケアとはどのようなものでしょうか?

これからの強い紫外線に対抗するために体内の抗酸化力を高めるには、
何と言っても“毎日の食事”が大事だと思います。
そして、そのポイントは“抗酸化力をもつ食品を積極的に摂取すること”。
これは、内側からのケアとしては本当に大切なことです。
そこで、活性酸素を除去してくれる抗酸化力のある食品を、
体内での役割とともにご紹介しておきましょう。

*抗酸化力のある食品

<ビタミン類>

  • ビタミンA
    βカロテン、レチノイドから変化したビタミンAは、血液中や細胞膜などで
    抗酸化作用を発揮します。
    <食品>緑黄色野菜(*1)
  • ビタミンC
    活性酸素を除去し、メラニン色素の生成を抑制、メラニン色素の増加を予防し、
    真皮のコラーゲン生成を促します。
    <食品>緑黄色野菜、淡色野菜(*2)、柑橘類
  • ビタミンE
    活性酸素の働きを抑え、不飽和脂肪酸の過酸化やLDLコレステロールの
    酸化変成を抑制します。
    高血圧を始めとする生活習慣病に対する効果も期待されています。
    ビタミンEは脂溶性ビタミンなので、脂と一緒に摂取すると吸収しやすくなる上、
    ビタミンCとともに摂取すると相乗効果があります。
    <食品>玄米、胚芽米、植物油(大豆油・ゴマ油・オリーブ油)、大豆、落花生

 *1:ほうれん草、にんじん、ブロッコリー、ピーマン、かぼちゃ、小松菜など
 *2:じゃがいも、キャベツ、カリフラワー、レンコンなど

<ポリフェノール>

  • アントシアニン
    青い色素で光の刺激を脳に伝える役割をするロドプシンや網膜を活性酸素の害から
    守るとともに、毛細血管を強化し、血行を良くします。
    このため、視力低下や眼精疲労、網膜の病気などを防ぐ大きな効果があります。
    <食品>ブルーベリー、ぶどう、なす、赤ワイン、
    黒豆、紫いも
  • イソフラボン
    体内に入ると女性ホルモンのエストロゲンに似た
    働きをし、エストロゲンの減少から起こる
    女性の更年期の不快症状を緩和し
    骨粗しょう症を防ぎます。
    また、イソフラボンの一種である
    ゲニステインは、細胞ががん化して増殖する時に
    活発に働く酵素チロシンキナーゼの作用を
    抑制して、がん細胞の増殖を抑えます。
    <食品>大豆胚芽
  • カテキン
    強い抗酸化力で細胞膜を酸化から守り、
    動脈硬化や心臓病を防ぎます。
    <食品>緑茶、カカオ豆
  • リグナン
    植物の茎や根、種子、樹皮などに広く分布して
    いますが特にゴマに多く含まれています。
    イソフラボン同様、体内で女性ホルモンに似た
    働きをします。
    また、悪玉コレステロールを減らし、
    善玉コレステロールを増やす働きがあるので、
    動脈硬化をはじめとする生活習慣病の予防にも
    優れた力を発揮します。
    更に、がん細胞の増殖を促進する因子の働きを
    阻害するので、大腸がんや乳がんを防ぐ効果が
    あることも確かめられています。
    また、がんが増殖する際に作る新生血管の形成を
    妨げたり、ビタミンEを酸化から守る働きも
    あります。
    <食品>ゴマ


  • ルチン
    そばに多く含まれるルチンは、毛細血管を強化する、高血圧を防ぐ、
    血中コレステロールを低下させる、糖尿病を予防する他、脳細胞を酸化から守り、
    活性化して記憶力を高めます。 
    <食品>そば、たまねぎ


<カロテノイド>

  • リコピン
    トマトに多く含まれる赤い色素。
    βカロテンのように体内でビタミンAに変換されないので
    あまり重要視されていなかったようですが、
    βカロテンより強い抗酸化作用を持っていることがわかり、
    にわかに注目されるようになりました。
    活性酸素を消去する役割はβカロテンの2倍、ビタミンEの100倍もあるといわれています。
    <食品>トマト、にんじん、パイナップル、オレンジ

以上は一部ですが、抗酸化作用の強い食品です。
是非、参考にしていただき、毎日積極的に摂取していただきたいと思います。

ただ、これらの食品のうちどれか一つを毎日たくさん食べるということはおすすめできません。
食品の中には抗酸化成分だけでなく、色々な成分が含まれているので、
中には、とり過ぎると身体にとって弊害となるものもあるからです。
もともと食べ物にはみな、良い部分と悪い部分があり、
色々な食品を摂ることによって、自然と毒を消しあうようにできているといわれます。
よく“1日30品目”を摂るのが望ましいと言われますが、それはそういう理由もあるのでしょう。
何かひとつの食品を、肌に良いからと毎日とれば、必ずバランスは崩れてしまいます。

つまり、身体の中の抗酸化力を高めるのに大切なのは、
“抗酸化作用の強い食品を摂り入れたバランスのよい食事”です。

考えてみると、たくさんの食材を
バランスよく摂取するということでは、
“和食”はどんな食事にも
勝るものなのかもしれません。
時間がないと、パンやパスタなどで
簡単に済ませることも多くなりますが、
じっくりと時間をかけて、和食のような
バランスの良い食事を摂ることを
心がけることが抗酸化力を低下させないために
必要なことだと思います。
私も夜遅い食事が多く、
つい簡単なもので済ませようとして
しまいがちなのですが、
なるべく休みの日に“野菜の炊き合わせ”
などをたくさん作っておいて、
日々の食事につけ合わせるようにしています。
緑黄色野菜を毎日欠かさず摂ると、
身体も肌も元気になるような気がします。

さあ、梅雨が明けると本格的な夏です。
紫外線のギラギラパワーに負けないよう、
是非、毎日の食事で抗酸化作用の
強い食品を摂り、身体の内側から
抗酸化力を高めましょう!

あ!もちろん、外側からのケアもお忘れなく。。。 (^-^)

*外側からの紫外線ケアについては
2005年7月 ダメージを受けない&ダメージに負けない
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0507.html
2006年6月 “日焼け止め化粧品”をよく知ろう
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0606.html
を是非ご参照下さい。

<参考文献>  
・美肌のひみつ  吉木伸子著
・ESEHETIQUE〜抗酸化サプリメント〜 漆畑修監修
・食べて治す!栄養成分事典 中嶋洋子・蒲原聖可監修
TOP
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.