mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 


mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2007年4月 エイジング(肌老化)の原因について

花の便りも真っ盛り、緑も青々と生い茂る心地よい季節となりました。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
この時期は、心も身体も軽めになり、何となく外に出たくなりますよね。
私も、最近「ディズニーランドに行きたい病」&「海・山に行きたい病」などに
かかっています(笑)。

さて、そんな気分がウキウキし、外で遊ぶ機会も増える時期ですが、
その一方、紫外線量はどんどん増えている時期でもあります。
昨年の3月の美容情報「紫外線予防に力を入れよう!」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0603.html でも
お話していますが、4〜5月は1年で最初の紫外線量のピークを迎える時期です。
(特にUVAは、真夏並みの量になるそうです。)
そして、肌は季節を後追いしますので、肌の色はまだまだ明るく、とても無防備な状態。
紫外線を数分浴びただけでも肌はダメージを受けてしまうのです。

そして、ダメージにさらされるであろうこれからの季節は、
“エイジング=肌老化”に拍車がかかる季節でもあります。
そこで、今回は、今一度お肌のことについて、
そして、特に皆さまの関心が高い“エイジング(肌老化)の原因”について
取り上げてみたいと思います。

「肌はなぜ衰えるのか?」「エイジング=肌老化」「アンチエイジング」

これらの言葉をよく耳にしますね。
女性にとっては永遠のテーマのような気がしますので、やはり関心はあることですよね。
その一方、ちょっと聞きたくない話でもあることは否めません。(私自身ももちろんそうです。)
それに、最近、あまりに「何がなんでもアンチエイジング!」
という傾向があるので、それは一体どうなのだろう?と思っていらっしゃる方も
少なくないのではないでしょうか?


確かに・・・私も考えたりします。
誰もが気持ちが楽しくなるような本当のアンチエイジングって
何だろう・・・って。
単に“老化を遅らせる”という本来の意味だけでなく、
重ねていく年齢と上手に付き合いつつ、
自分の肌をケアしながら愛していくこと、
そして、エイジングを見ないようにするのではなく、
正面から積極的に向き合うこと・・・
それが真のアンチエイジングなのだろうな〜
と思うに至っていますが。
今、私自身も積極的にエイジングと
向き合っていきたいなぁと思っているところです。

 

イメージ

そこで、まずは「肌はなぜ衰えるのか?」・・・
今回は、その原因についてお話させていただきたいと思います。
それを知らないと、正面から向き合うことはできませんものね。

さて、一般的には25歳が「お肌の曲がり角」と言われ、
30代半ばから40代になると具体的な衰えを感じるようになります。
でも、実際には、生まれてからずっと使い続けてきた肌は
少しずつ少しずつ疲労し、機能が衰えています。
(これを“肌老化=エイジング”と言います。)
そして、女性の場合、ホルモンバランスがもっとも崩れやすい45歳前後には
肌の老化現象が顕著になります。
また、人それぞれ持って生まれた肌の性質(肌質)があり、
それが肌老化の進度を決めているといわれますが、
それ以外は外的要因によって進度が決まってきます。

そこで、現在、肌老化の大きな原因と考えられていることを
以下の3つにまとめてみました。
  1. 活性酸素の発生(身体の細胞の酸化)
  2. 肌機能の低下(水分量&油分量の低下、ターンオーバーの低下など)
  3. 紫外線&生活習慣によるダメージ

では、それぞれを詳しく見てみましょう。

1.活性酸素の発生(身体の細胞の酸化)

人は呼吸をしてエネルギーを得ていますが、この時に必ず“活性酸素”が発生しています。
活性酸素は、私たちの体内に取り込まれた酸素の一部が変化してでき、
脂質と結合して細胞を酸化させるのです。
皮膚が酸化すると、細胞にダメージを与え、真皮のコラーゲンなどを硬くして
皮膚の弾力を失わせ、老化を進めていきます。
「生きている=酸化する」ということでもあるので、ある程度は仕方のないことだと思いますが、
活性酸素をさらに発生しやすくする環境を私たちが作り出していると言っても過言ではありません。
例えば、ストレス、喫煙、大気汚染の環境、そして3.でも述べる紫外線や生活習慣など。
それらが活性酸素を発生しやすくする原因になるといわれています。


2.肌機能の低下(水分量&油分量の低下、ターンオーバーの低下など)

年齢を重ねていくうちに、身体の中で色々な変化が起きてきます。
これは、皆さまも年々感じていらっしゃることだと思いますが、
肌においてももちろん同じことが言えるのです。

イメージ

具体的には、肌の奥にある真皮の水分量、
そして肌表面の表皮にある角質層の水分量ともに
徐々に減ってきますし、30〜40代になれば
皮脂量も減少してきます。
そして、30代半ば〜40代になると
女性ホルモンの分泌も低下し始めるので、
真皮のコラーゲンが減り、シワができたり
肌の弾力がなくなったりし、ふっくらとした
若々しい柔らかさが失われてきます。
また、ターンオーバーが低下するため、
シミやニキビ痕が残りやすくなったり、
肌細胞を作り出す力も衰えるので、
表皮は薄くなってきて炎症が起きやすく、
傷つきやすい肌になったりします。
個人差はあるものの、
誰の肌にも起きていることです。


3.紫外線&生活習慣によるダメージ

1.や2.のような生理的な衰えに加え、紫外線や間違ったスキンケアなどによる
“肌へのダメージ”が加わると、老化はさらに進んでいきます。
実は、これがとても大きいのではないかと考えられています。

まずは、紫外線。
これは再三お伝えしていることですね。
先ほども言いましたが、紫外線を数分浴びただけでも肌はダメージを受けます。
それが長年紫外線を浴び続けると・・・
そう、シミ・シワ・たるみなどを引き起こすのです。
これを「光老化」といい、紫外線は肌に最も悪い影響を及ぼす原因と考えられています。

以前にも触れましたが、紫外線には波長の長いUVAと波長の短いUVBがあり、
以前はこのUVBが急激な作用を及ぼすため、肌老化の一番の原因になると考えられていました。
それが、実は、知らず知らずのうちに光老化を促進させているのは
急激な作用がないUVAの方なのだということがわかってきました。
紫外線の中でUVAは波長が長いため、雲や窓ガラスも通り抜け、
私たちに注がれている量はUVBに比べ、20〜30倍と言われます。
UVAは肌の真皮まで届き、肌のハリを保っている
コラーゲンとエラスチンという線維を壊す酵素を増やして、コラーゲンを小さく切断し、
エラスチンを変性させてしまうのです。
このため、肌は弾力を失ってたるみ、シワを発生させます。
また、皮膚の細胞を遺伝子レベルで傷つけるほか、皮膚の免疫力も低下させてしまいます。

一方、UVBは、肌の表皮にあるメラニン細胞を
活性化させて多量のメラニンを生成させる作用があり、
日焼け(サンバーン)をさせるものです。
エネルギーが強く、表皮細胞の遺伝子に
傷をつけるのでシミや皮膚がんの原因になります。
波長が短いため、肌の真皮まで直接は届きませんが、
真皮にあるコラーゲン線維を壊すコラゲナーゼという
酵素の働きを高めるため
間接的にシワの原因になります。
イメージ

そして、間違ったスキンケア。
肌をこすったり、合わない化粧品を使ったり・・・
目には見えない小さな小さなダメージが、毎日少しずつ肌の奥に刻まれています。
また、皮膚を乾燥したままにしているとせっかく備わっている角質層のバリア機能を低下させ、
外部からのダメージを受けやすくし、肌老化を早めてしまいます。
さらに、食事の偏り、極端なダイエット、睡眠不足なども老化を促進させてしまうでしょう。

以上の3つが、現在、エイジング(肌老化)の原因と考えられていることです。
活性酸素については、とても重要な原因ながら意外とご存知でない方が多いように思います。
これらは個々にあるのではなく、密接に関係しあっています。
また、上記の原因を考え、各化粧品メーカーや美容皮膚科、エステティックサロンなどが
アンチエイジングの化粧品や施術を考えるわけですが・・・
やはり、まずはセルフケアが大切ですよね。

第1には「睡眠&食事のバランスに気をつけること」。
これは、以前にもお話していますが、本当に大切なことです。

*睡眠
毎日できるだけ床に就く時間を一定にし、できれば6〜8時間は眠るようにする。
実はホルモンは体内時計によって巡るので、寝不足や寝だめを繰り返すのが
体内バランスを崩す大きな要因になるようです。
できるだけ毎日同じサイクルで睡眠をとるようにしましょう。
(できれば、12時前には就寝したいものです。)

*食事
健康のために一日30品目食べるといいと言いますが、
あまり神経質にならず、なるべくバランスよい食事を心がけること。
そして、ベータカロテンやビタミンC、ビタミンB群を含む緑黄色野菜など
抗酸化作用の強いものを摂取すること。
これらは、体内および肌のバランスを整えるのに不可欠なことです。

スキンケア

そして、第2に「守りと攻めのスキンケア」。
この言葉は、皮膚科医の吉木伸子先生が
使っていらっしゃる言葉ですが、
とてもわかりやすいので、
こちらでも使わせていただきました。

“守り”とは、紫外線をできるだけ
防止するケアを行なうことと
肌に栄養を与えるもの
(ビタミンB、C、E、抗酸化作用の
  強いものなど)を使ったケアを行なうこと。
そして“攻め”とは、積極的に代謝を高めたり、
真皮のコラーゲンを増やしたりするもので
角質除去やレチノールを使ったケアが
それにあたります。
私のサロンでもこれは両側からの
アプローチができる化粧品を取り入れ、
施術を行なっています。

最初にもお伝えした通り、
紫外線量が急増しているので
紫外線防止は必須な季節です。

またそれ以上に、季節の変わり目である今、肌が気候の変化に対応しきれず、
一時的に過敏になって、トラブルも起こしやすくなっています。

実際、サロンにお越しのお客様に肌トラブルを抱えている方はとても多いです。
以前もお話しましたが、まず肌の状態を正常にしていくために
肌を清潔に保つこと、十分に保湿をすることを是非、心がけて下さいね。

そして、今回触れた“エイジング”と向き合いつつ、
世界に一つしかないご自分の肌を、思いっきり愛してあげて下さい。
それは、老化を遅らせること以上に“アンチエイジング”になると思いますし、
必ず、お肌は変わってくると思いますよ。
積極的にエイジングと向き合っていきましょう^^

<参考文献>
「スキンケア基本事典」      吉木伸子著
「ESTHETIQUE〜アンチエイジング〜」宇津木龍一監修

TOP
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.