mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 


mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2007年3月 じっくり感じる“セルフヒーリング”のすすめ

春の息吹がしっかりと感じられる季節となりました。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
きらめく春の訪れに自然と胸がウキウキしているという方も
多いことと思います。

さて、その一方、3月は1年の中でもっとも色々な感情が
一気に訪れる月でもあるように思います。
それは、親しい人に新たな場所での出発が決まり、急な“別れ”が訪れたり、
自分自身の新しい出発が決まったり・・・と、
まさに人生の節目になるようなことが多い月だからです。
そして、もれなくついてくるのが、悲しみ・不安・恐れなどの様々な感情。
しかも急のこととなると、その感情は追いついていかないですよね。
それは心身にとって、とても大きい出来事です。

でも、湧き上がる感情を十分に感じる前に、
目の前のやらなければいけないことをこなすので精一杯、
バタバタとしてしまっているうちにどんどん時が過ぎ・・・
気持ち・感情だけがそこ(その時点)でフリーズしてしまう・・・
なんてことも多いのではないでしょうか。

それは、あまり好ましいことではありません。

なぜなら、その味わいそびれた感情、または表に出しそびれた感情というものは、
次第になくなっていくわけではなく、知らず知らずのうちに
古いエネルギーと共に“自分の中に溜まってしまう”からです。
別れの悲しみや新たな場所での不安・恐れなどを見ないうちに
「仕方がない」「大丈夫」と頭で割り切って先に進んだような気になっていると、
時間が経ってから、自分の中でウツウツ感や心のコリ・痛みなどとなって表れ出します。
それは、その時はスムーズに前へ進むことができたと思ってもです。

そこで、感情&古いエネルギーを蓄積させないようにする
“セルフヒーリング”をおすすめしたいと思います。

古いエネルギーを捨てるイメージ

 

まず、大切なことは、時間がなくても、
そして少々辛くても、
今、その気持ちを自分の奥底の部分で
“じっくり感じてみること”。
特に頭で感じることに慣れてしまっている
私達にとって、これは実に不得手なことだと
思いますが、まずは挑戦してみて下さい。
そして、じっくり感じきったと思った後は、
その感情と共に自分の中にある
古いエネルギーを思い切って「ポイッ!」と
捨てるイメージをしてみて
いただきたいと思います。
“古いエネルギーを捨てるイメージ”・・・
難しいでしょうか?
きっと初めは感覚がつかめないと思いますが、
まずは気楽な気持ちでやってみて下さいね。
イメージができてきたら、最後は、自分の中に
新たなエネルギーを
た〜っぷり取り入れるイメージを
してみて下さい。

 

大切なのは、「感じること」「イメージすること」です。
それができて初めて、その感情が自分の中で消化できるのだと思います。
そして、古いエネルギーとともに浄化することができたら・・・もう、こちらのもの。
ようやく、自分の心が一歩前へと進むことができるでしょう。
これこそ、真の“セルフヒーリング”だと思います。

そこで、上記のことを行なうための“呼吸法”をお教えしたいと思います。

皆さんは、普段、ご自身の呼吸を意識していますか?
ふと気がつくと浅くなったり・・・もっと言えば、
息をこらえているような時はありませんか?
おなかの底まで空気を取り入れる“深呼吸”はとても大切です。
それは、深呼吸をすることが“自分を感じること”だからです。
日々の生活の中で頭ばかり使っていると、自然と呼吸も浅くなります。
浅くなると“自分を感じる力”も弱まってきます。
また、逆に、自分自身を感じることが重たいとか辛いと感じる時にも
呼吸は浅くなるようですね。
時々、無意識に深〜い呼吸をしたくなる人はきっと浅くなっているのだと思いますから、
是非、意識してご自分の呼吸を感じてみて下さい。

深呼吸の方法はとても簡単。
「鼻から空気をたっぷり吸って、口から一気に吐く」というもっともポピュラーな方法です。
ただ、おなかの底までた〜っぷり空気を入れること、
そして、その時に感情をじっくり感じ、上記のイメージをしてみることが大切です。

それができたら、次は“光”をイメージしながらの深呼吸。
これは、寺尾夫美子さんの「ヒーリングレッスン」で“ヒーリングを起こす呼吸法”として
紹介されているものですが、イメージするレッスンという意味でも
とてもいいのではないかと思います。

やり方は、まず、鼻から吸う時に
新たなエネルギーが
光り輝きながら入ってくるのをイメージし、
口から吐く時に古くなったいらない
エネルギー(マイナス感情含む)が
全部出ていくのをイメージします。
鼻から吸い込んだ光が身体中の隅々まで
行き渡るようイメージしてみて下さい。
そしてそれが身体を抜けて外まで行ったら、
自分の周りが光でいっぱいになるようなイメージをし、
それができたら一気に息を吐いて終わりにします。

いかがでしょうか?できましたか?
もちろん、すぐにはできないかもしれません。
でも、とにかくまずは試してみて下さいね。

 

呼吸法

そして、その呼吸法がマスターできたら、
それとともに“チャクラに手を当てるセルフヒーリング”をお試しいただきたいと思います。

人間の身体には、たくさんの“チャクラ”があります。
“チャクラ”とは、身体の中に流れるエネルギーが
特に集中しているエネルギー・センターのことで、
古代のインドで使われていたサンスクリット語で
「回転する輪」という意味です。
(身体の中をエネルギーがグルグルと回転しながら
 巡っていることからこの名前がついたと
 言われています。)
細かいチャクラまで数えると365個はあると言われ、
これは、東洋医学の経絡上のツボと大体同じ数です。
そして、もっとも主要なものは、背骨に沿って
縦に7つ並んでいます。
この7つのチャクラは、対応する身体と心のあり方が
深く関係しています。

“セルフヒーリング”では、この7つのチャクラに手を当てることによって
滞っているエネルギーの流れをスムーズにし、古いエネルギーを外に出していきます。
そこで、まずは7つのチャクラの場所と司っている要素を説明しておきましょう。

<第1チャクラ>
“ベースチャクラ”と呼ばれ、脊椎の基底部あたりに位置しています。
地球とエネルギーレベルでつながっていると言われ、命の生存・現実を生き延びる力を
司っています。
地に足がついていない、やるべきことができない・長続きしない・・・というのは、
ベースチャクラが鈍っている時に起こる状態です。
エネルギーが溜まり過ぎると、背中が痛くなったり、尾骨部分にトラブルが発生したり
するようです。

<第2チャクラ>
“聖なるチャクラ”または“ベリーチャクラ”と呼ばれ、おへその5〜6cm下のあたりに
位置しています。
このチャクラは、まさに「感情を感じる」ところ。
人生において一番大切な創造力(人生を創造する力)を司るのはこのチャクラです。
このチャクラが固まると、ここから上へのエネルギーが流れにくくなります。
また、第5チャクラに影響を与えることもあると言われます。
このチャクラのエネルギー量は、男性に比べ、女性の方が多いのが特徴です。

<第3チャクラ>
“ソーラーチャクラ”と呼ばれ、太陽神経叢(みぞおち部分)あたりに位置しています。
肉体と心の元気力である活力・感性・思考能力、そして、自己実現力を司っています。
このチャクラのエネルギーが機能していると“何もしなくても楽しい”と感じるようです。
逆に、滞っていると、どんな仕事(こと)を成し遂げても、
他人に評価されなければ「うまくいった」と思えない・・・というようになります。
つまり、自分の評価基準が他人主体になってしまい、真の自己評価ができない状態です。

<第4チャクラ>
“ハートのチャクラ”と呼ばれ、心臓のところに位置しています。
自分と他者への「愛と思いやり」を司っている、
とても大切なチャクラです。
人間が生きていくための「本能」の感覚を管理している
下の3つのチャクラと上層部の「精神性のチャクラ」との
バランスをとる働きをしています。
また、このチャクラは“病気に対する免疫性”を
担当している胸腺を司っています。
アレルギーとも関係していると言われますので、
花粉症の方はこの時期はとくにこのチャクラを
ヒーリングすると、症状が少し違うかもしれませんね。

<第5チャクラ>
“スロートチャクラ”と呼ばれ、首の付け根、喉仏の
少し下あたりに位置しています。

チャクラ

自分を感じ、表現する力や対人的なコミュニケーション・自分自身の「頭で考えること」と
「身体で感じること」のコミュニケーションを司っていて、
第2チャクラと密接に関係していると言われます。
このチャクラの面積は狭く、
エネルギーが滞りやすいため、ここでトラブルを抱える人はとても多いようです。
あまりに溜め込むと、喉の腫れや痛みに繋がるだけでなく、
その場その場で何を言ったらいいかわからなくなったり、
自分自身とのコミュニケーションができなくなったりします。

<第6チャクラ>
“サードアイチャクラ”と呼ばれ、おでこの真ん中、眉間のあたりに位置しています。
“第3の目”という名前通り、目で見えるものではない「心の目の力」や
「自浄力」「人間の真の個性」を発達させるチャクラです。
直感力や物事を見極める力、自分自身を省みる心の強さが働くチャクラで
「精神性のチャクラ」と言われます。
下のチャクラを調整する役割もあり、このチャクラへの取り組みはとても重要です。

<第7チャクラ>
“クラウンチャクラ”と呼ばれ、頭頂の真ん中に位置しています。
人生の総合的な指針を決定する感覚やそれをする自由意志、
自分の人生に責任を持つ力を司っています。
人生の岐路に立った時、このクラウンチャクラのエネルギーが動くと言われます。
また、「悟りのチャクラ」とも言われ、このチャクラが最高度に達すると
人間は「真我を生きることになる」と言われています。
さらに、このチャクラのエネルギーは、“オーラの境界線”を創り、
他人との区別をつけています。

手のひら

レイキヒーラーでなくても、手のひらは
一番エネルギーが出ている場所です。
上記の“ヒーリングを起こす呼吸法”をしながら、
今、感じていることをしっかり味わい、
7つのチャクラ順番にゆっくり両手を当て、
手からのエネルギーをじんわりと感じてみて下さい。
“自分の感情”と“手のひらからのエネルギー”を
しっかり感じることができたら、
最後に古いエネルギーを捨てるような
イメージをしながら、口から息を一気に
吐いて下さい。
(古いものを捨て、新しいキラキラしたものを
  取り込むイメージですね)
それができたら終了です。

エネルギーは常に流れていますので、
どこかに滞りが生じると全体の流れが悪くなります。

それゆえ、時間がある時は、7つのチャクラ全部のヒーリングを
試してみていただきたいと思いますが、
今回、特に十分にヒーリングしていただきたいと思うチャクラは、以下の4つです。
下から2番目の第2チャクラ(ベリーチャクラ)・4番目の第4チャクラ(ハートのチャクラ)
・5番目の第5チャクラ(スロートチャクラ)・6番目の第6チャクラ(サードアイチャクラ)。
サロンでレイキの施術をさせていただいていても、滞りを感じることが多いチャクラです。

私達は、頭で考えることに慣れてしまっていて、“感じること”に疎くなっています。
そして、味わい損ねた感情及び古いエネルギーをどんどん溜め込んでいます。
感情を“感じる”ことの大切さは、色々な経験を味わうであろう今月はもちろんのこと、
日々の生活の中での1つ1つの場面にも言えることですので、
是非、“じっくり感じ、イメージするセルフヒーリング”を習慣にしていただき、
自分の感情と古いエネルギーを溜め込まないようにしていただきたいと思います。
まずは、お試し下さい。(^-^)

<参考文献>
・「ヒーリングレッスン」     寺尾夫美子著
・「<からだ>の声を聞きなさい」 リズ・ブルボー著
・「7つのチャクラ」       キャロライン・メイス著
TOP
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.