mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 


mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2007年2月 真冬のハンドトリートメント

すでに開いた梅の花に、春の気配を感じるようになりました。
今年は暖冬なので、いつもの冬よりかなり楽ですね。
とは言っても、朝・晩はやっぱり寒い!
私は、寒さにはめっぽう弱いので、
朝、出勤する時などは思わずくじけそうになります(笑)。
皆さまはいかがでしょうか?

さて、そんな2月は、外気の乾燥がピークになっていますね。
いつも外気にさらされているお顔はもちろん、
冷たい水などを使う手のカサカサがとても気になる時期です。
私も職業柄、とくに手は乾燥しないように普段から気をつけてはいますが、
この時期はやはり“スペシャルケア”をするようにしています。

そこで、今回のテーマは“真冬のハンドトリートメント”。

手は皮脂腺が少なく、もともと皮脂が不足しがちな部分。
そして、日々水仕事をしたり洗剤などを使ったりするため
脱脂が進み、肌荒れを起こしやすいのです。
加えて、寒さと乾燥で血行が悪くなるとしもやけを起こします。
今がまさにその時期。
さらに、それをそのままにしているとどんどん進行し、
かゆみが出たり、ひび割れから血が出て痛くなったりしますから、さあ、大変。
そして、手は絶えず様々のものに触れるため、皮膚の安静を保つことが難しく、
一度なるとなかなか良くならないものです。
そんなつらい状態にならないように、普段のケアは本当に大切です。
そこで、今回はスペシャルハンドトリートメントのご提案をしたいと思います。
基本は以下の3つです。

1.アロマハンドバス(手浴)
2.セルフハンドマッサージ
3.ハンドクリームでたっぷり保湿

1.アロマハンドバス(手浴)
以前にもお伝えしましたが、手だけをお湯につける手浴は、
手荒れやしもやけ、また手の使いすぎからくる肩こりや
頭痛にも効果的。
そして、簡単にできるのでおすすめです。

<手浴の方法>
洗面器に40℃くらいのお湯を張り、
精油を2〜3滴垂らし、かき混ぜます。
そこに手首まで入れ、そのまま10〜15分くらい
つけておきます。

アロマハンドバス

精油のおすすめは、皮膚の細胞を修復させるラベンダーやゼラニウム、ティートリー。
血行を促し、温めるスイートマージョラム、ローズマリーなどです。

2.セルフハンドマッサージ

お風呂上り、寝る前などに簡単に出来るセルフマッサージを
習慣にしてはいかがでしょうか?
手のひらには、全身の反射区やツボがたくさんあるので、
血行が良くなり、疲労も回復します。
“乾燥防止と疲労回復”一石二鳥ですし、
何と言っても、愛情を持って、セルフマッサージをしていると、
心まであったか〜くなりますよ。 (^-^)

<マッサージオイルの作り方>
ホホバオイル10mlにラベンダー2滴とスイートマージョラム2滴を加え、よく混ぜます。

<マッサージのやり方>

  1. 手首から指先まで全体にオイルを塗ります。
  2. 手の甲の腱と腱の間を軽くなで、その後指と指の間の溝を指の付け根から手首に向けて、
    親指に少し力を入れて押しながら、 スライドさせます。(3回繰り返す)
  3. 指を1本ずつ付け根から爪まで円を描くように揉み、爪に圧をかけてから
    軽く引っ張って離します。
    セルフハンドマッサージ
  4. 手のひら全体を親指で揉みほぐし、最後に親指と人指し指の間を 強めに押します。

3.ハンドクリームでたっぷり保湿

カレンデュラオイル

 

毎日のハンドケアのために、オリジナルのハンドクリームを
作ってみましょう。
キャリアオイルは、もちろん普段使っているアーモンドオイル、
ホホバオイルなどでもよいのですが、今回は、治癒作用の強い
カレンデュラオイル(*)を使ってみます。

*カレンデュラオイルとは、ポットマリーゴールドの花を
サンフラワー油、大豆油などの植物油に数週間漬け込んで
作られた浸出油です。
フラボノイドやビタミンAを含んでいるため、
肌や粘膜、血管のトラブルを改善し、傷やしもやけ、
あかぎれなどに効果があります。

<用意するもの>

  • ミツロウ
    (ミツバチの巣から採れる天然のワックス) 5g
  • カレンデュラオイル  25ml
  • ラベンダー      3滴
  • ゼラニウム      2滴
  • ビーカー
  • 遮光容器

<作り方>

  1. カレンデュラオイル25mlを入れたビーカーに
    ミツロウ5g加えます。
  2. 鍋にお湯を張り、1を湯煎にかけます。
  3. ミツロウが完全に溶けたら、ビーカーを
    湯煎から外します。
  4. 3のあら熱がとれたら、精油を加えて混ぜます。
  5. 4を遮光容器に入れ、使わない時は冷蔵庫で
    保存します。(*使用期限は約1ヶ月です。)
ハンドクリーム
これを夜寝る前に塗ってみて下さいね。(少量でもかなりしっとりします。)


そして、もう一つ。
現在、マレーアでもハンドマッサージの際にパックとして使っている優れもののクリームを
ご案内しておきます。

メデッサ スキンプロテクトクリーム

これは、知る人ぞ知る
「メデッサ スキンプロテクトクリーム」。
名前の通り、外的刺激から皮膚を守ってくれるもの。
皮膚の表面上に残らず、皮膚に浸透して
皮膚そのものを保護してくれるので、
特に毎日手を使うお仕事の方に人気のようです。
尿素がたっぷり入った医薬部外品のこのクリームは
無香料なので、私はこれに、皮膚の修復作用のある
ラベンダーの精油などを1滴垂らして
香りを楽しみつつ、使っています。
こちらをつけると、お湯や洗剤で洗っても落ちずに
3〜4時間は皮膚を保護し続けるので、
特に冬は、本当に強い味方なのです。


さて、以上の3つ、いかがでしょうか?
今までお伝えしてきたものもありますし、いずれも簡単にできるセルフケアですよね。
まずはお試しいただき、その時間を楽しみながら、
少しずつ習慣にしていっていただければと思います。
そして、手はついつい一日に何度も洗ってしまいますが、
水に濡らすだけでも、手の潤い成分が流れ出してしまうことを
覚えておいて下さいね。
特に、すでに荒れてしまっている方は、水で濡らす回数を極力少なくし、
手を洗った後は「すぐに保湿クリームを塗る」ということを習慣にしてみて下さい。

まだしばらくは、外・室内の空気の乾燥が続くと思います。
是非、ご自身で乾燥からお身体を守り、真冬をできるだけ快適にお過ごし下さいね!

参考文献 「肌の不安解消BOOK」吉木伸子著 山海堂

TOP
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.