mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 


mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2007年1月 心身にゆとりを生む出すハーブティータイム

新しい年になりました。
皆さま、どのようなお正月をお過ごしになられたでしょうか?
きっと、楽しかったお正月気分がなかなか抜けない、気持ちが引き締まらない
という方もいらっしゃる頃でしょうね。
でも、大地も水も凍りつくような寒さが厳しい時期ですので、
1年の始まりに風邪などひかないよう、気持ちを切り替え、
心身ともにぐっと引き締めていきましょう!

さて、今年最初の美容情報です。
今回は、ずっと取り上げたいと思っていた“ハーブティー”のお話をしたいと思います。
今までの美容情報でもちょこちょこ出していましたが、
今回は、ようやく“主役”となりました^^
この真冬の寒い時期に、身体を温めるハーブティーや
風邪予防になるハーブティーは断然おすすめですし、
何といっても、「ハーブティーを入れて飲む」という時間が
自然と心にゆとりを生み出してくれると思いますので、
新年を迎え、心も身体も一新したいこの時期には、とくにおすすめしたいと思います。

そんなハーブティー。
喫茶店やコーヒーショップでも定番メニューとして定着し、
落ち着きつつあるように感じます。
アロマショップに行っても、じつに様々な種類のものが揃っていますね。
それゆえ、以前よりはずっと、生活の中に取り入れやすくなって
いるのではないかと思いますが、サロンでお客様のお話を伺っていると、
「外ではたまに飲むけれど、家ではあまり・・・」とおっしゃる方が
意外と多いことに気がつくのです。
その理由を皆様に伺うと、アロマの精油と同じように
「ブレンドが難しそう」「選び方がわからない」というような
お答えをいただきます。
そこで、まずはハーブティーを少し知っていただきたいなと思いました。
そして、皆さまにも是非、お気軽に、そして楽しく、
心にゆとりを生み出す“ハーブティータイム”をお作りいただきたいと思います。

1.ハーブティーについての基礎知識

それでは、まず、ハーブティーの基礎知識を少し。
ハーブの語源は「Herba(ヘルバ)」といって“草”という意味のラテン語です。
古来よりその香りや成分を料理、薬などに利用されてきました。
ハーブには様々な薬効があるといわれ、この力を利用した健康法も
民間療法として昔から存在したそうです。
そして、そのハーブを使ったお茶“ハーブティー”も
ハーバルティー、インフォージョン、ティザーヌとも呼ばれ、
“薬草茶”として古くから親しまれてきました。
その起源は、古代ギリシャ時代までさかのぼり、
“医学の祖”といわれたヒポクラテスの処方に「ハーブの煮出した液を飲む」
というものがあるそうです。
また、ハーブティーはその効果により大きく3つに分けられると言います。

(1)リラックス効果のあるもの。
 心身の緊張をほぐし、イライラを鎮めて、バランスを取り戻す作用があります。
(2)リフレッシュ効果のあるもの。
 心身に活力を与える強壮作用が疲労回復に役立ちます。
(3)体内の毒素を排出するような利尿作用のあるもの。
 新陳代謝を高めることが美と健康につながります。

ハーブティ

また、多くの有効成分が含まれたハーブティーは、
“香りの効果”と“飲用による薬理効果”の
両方が楽しめることが特徴です。
(香りの効果というのは、香りを心地よく味わうことで
 揮発性成分が鼻から吸収され、匂いの化学分子は
 電気信号となって 脳の大脳辺縁系
 (本能や情動を司る部分)に到達し、
 様々な生理反応にプラスに働きかけることです。)
この2つの効果で思い出すのが・・・そう、アロマの精油。
ハーブティーには、アロマテラピー効果があるのです。
では、花や葉に含まれる揮発性の芳香成分を
抽出した精油とはどこが違うのでしょうか?
精油は、ハーブより有効成分がギュッと
凝縮されているので即効性がありますが、
ハーブは、精油に比べておだやかに
働きかけるのが特徴です。
例えば、クローブやセージのように
精油としては刺激が強く、
特に注意が必要なものでも、
ハーブティーとしてであれば十分利用できます。

*ただし、長期間の常用や一日に大量に飲むことは避けたほうがよいものも
 ありますので、特に妊娠中の方、高血圧の方、心臓の弱い方、乳幼児(3歳未満)は
 気をつけて下さい。

また、お茶に溶け出す水溶性成分には、タンニンやフラボノイド、ビタミン、ミネラル類などがあり、
精油では活用できない成分まで摂り入れることができるので、それも精油との違いといえます。
このような違いを頭の片隅に置きつつ、用途やその時の気分でハーブと精油を
使い分けてみるのも楽しいのではないかと思います。
ただし、選ぶ際の共通点がひとつ。
それは、“好きな香りを選ぶ”ということです。
好きな香りは何より心と身体にプラスに働きかけますからね。
これはとても重要なことです。

2.ハーブティーの入れ方

次に、基本の入れ方です。
決して難しくありませんが、ハーブティーを美味しく効果的に楽しむには、
日本茶などと同様にその入れ方が大切だといわれますので、覚えておくと便利だと思います。

<材料と道具>1人用
・ドライハーブ・・・ティースプーン山盛り1杯
 (フレッシュハーブの場合はその2〜3倍が目安)
・熱湯・・・150〜180g
・茶こしつきティーポット
 (茶こしがついていない場合は別にストレーナーを用意して下さい。)

<入れ方>
1. 使用するティーカップとティーポットはあらかじめ温めておきます。
2. ティーポットに人数分のハーブを入れます。
  (エキスを出しやすくするために、スパイスや実のように堅いハーブは、
   スプーンの背で軽く押しつぶしたり、指で軽くさいてから使います。)
3. 沸騰したてのお湯を静かに注ぎます。
4. ティーポットの蓋をして、3〜5分蒸らします。
  (実や根など堅いものはエキスが出にくいので、多少長めに時間をかけて
   蒸らすとよいでしょう。(5〜6分程度))
5. 温めたカップにハーブティーを注ぎます。
  (ティーポットのお茶は、1回ですべてカップに注ぎ切ります。)

ドライハーブがティーバックに入っている場合は、
温めたカップに熱湯を入れ、
ティーバックを一個入れてから3〜5分おき、
その後ティーバックを取り出してから飲みます。
少し甘味をつけたい場合は、
ハチミツや三温糖など
自然に近い甘味料を加えるとよいと思います。
ストレートで飲む時とはまた違った
味わいが楽しめるでしょう。

入れ方

 

3.ブレンドのおすすめ

もちろん、単品でも十分楽しめますが、
ハーブティーの魅力のひとつが
「自由にブレンドを楽しめる」ということ・・・
そう、自分の好きなブレンドを作ることができるということです。
そして、ブレンドの目的は、味と香りを豊かにすることと 相乗効果により薬効を高めること。
それゆえ、いくつかのハーブを試したら、今度は、ティーポットに数種類のハーブを入れて、
是非、ブレンドティーを作ってみていただきたいと思います。

そこで、悩んでしまうのが、やはり“組み合わせ”ですね。
好みに個人差はありますが、味や香りを目的とした場合、一般に相性がよいと言われる
組み合わせはあるようです。
例えば、“ハイビスカスとローズヒップ”
“カモミールとミント”
“ローズとレモングラス”など。
ただ、どんなハーブにも比較的相性がよいものがあります。
(以下の6つのハーブがそれにあたります)
これらを加えると、味がマイルドになり、飲みやすくなりますので、
初めはこちらを取り入れてブレンドしてみるとよいと思います。
是非、参考になさって下さいね。

*ジャーマンカモミール ・・・ 腹痛や風邪などの民間薬として知られるハーブティーの代表。
鎮静作用と消化促進作用に優れ、リラックス作用もあるので
不眠症や神経性の便秘にも効果的。
また、ホルモンのバランスを整え、生理不順や冷え性、
貧血の改善にも役立ちます。
 
*ハイビスカス ・・・ さわやかな酸味の成分には梅干と同じクエン酸を含むため、
日本人には飲みやすいハーブティーです。
赤色に含まれるビタミンCは、身体の疲れを解消して、
便秘を解消し、肌荒れにも効果的です。
また、喉の炎症を抑える効果があるので、
風邪をひいた時や喉を使いすぎた時に飲むとよいでしょう。
さらにカリウムを多量に含み、利尿作用があるため、
お酒を飲みすぎた翌朝に飲むと、二日酔いやむくみを
改善してくれます。
 
*ローズヒップ ・・・ ローズ(ドックローズやスイートブライアー)の花が
咲いた後にできる実。
トマトと同じ成分のリコピエンを含み、
利尿作用や便通をよくする作用があります。
また、オレンジの10倍、レモンの20倍のビタミンCを
含むだけでなく、 ビタミンAやB群、Eも豊富に含む、
まさに「ビタミンの宝庫」です。
美肌効果が高く、生理痛にも効果があることから
女性に人気のハーブです。
 
*ペパーミント ・・・

メントールのさわやかな香りと
強い殺菌効果をもつミントには
多くの品種があり、その代表がペパーミントです。
ウォーターミントとスペアミントの交配種で、
ピリッとした強い清涼感があり、
ハーブティーから薬用まで幅広く利用されます。
鎮静作用があり、不安な気持ちを取り除き、
気分を鎮めてリフレッシュさせます。
また、胃のもたれやむかつきを解消したり、
強い殺菌力により風邪を予防したりします。

 
*レモングラス ・・・ 葉に熱湯を注ぐと、レモンの香りが漂い、
気分をリフレッシュしてくれます。
また、胃の働きを刺激して消化を促すので、
食後のお茶に最適です。
おなかのガスを排出する作用があり、
また貧血の予防にも役立ちます。
 
*シナモン ・・・ 甘味だけでなく、辛味もあり、
その辛味はおなかを温めて、
冷えからくる風邪や下痢、関節炎、
生理痛を緩和します。
カレーやシチューなどの
煮込み料理やケーキなどの
お菓子類にもよく使われます。
西洋では、マルドワイン
(温めたワインにシナモンなどの香料、
卵黄、甘味を加えたもの)
など冬の飲み物にも利用されています。

また、それぞれのお茶には、様々な美しい色がありますので
これをブレンドに生かすこともできます。
たとえば、私も大好きなブレンドなのですが、
マロウにラベンダーを加えると、青色からほのかに緑色に変化して
それはまるでラベンダー畑のようです。
また、ハイビスカスやローズヒップにローズピンクを加えると
深いピンク色のお茶が出来上がります。
こちらも是非、お試し下さい。

4.真冬におすすめのハーブティー

風邪やインフルエンザが流行っているこの時期。
症状が出てきたら、早めに発汗作用や呼吸器系を楽にする作用のあるハーブ、
また、予防に抗ウィルス・抗感染作用、免疫強化作用のあるハーブを使ってみましょう。

*風邪のひきはじめに(発汗作用・鎮静作用)
   ・・・リンデンフラワー1/3杯+ジャーマンカモミール1/3杯+レモングラス1/3杯
*咳や喉の痛みに(咳や気管支炎など呼吸器系を緩和)
   ・・・マロウ1/3杯+ヒソップ1/3杯+ジャーマンカモミール1/3杯
*インフルエンザにかかった時に(抗ウィルス作用・免疫強化作用・ビタミンCの摂取)
   ・・・エキナセア1/2杯+ローズヒップ1杯

ブレンドティー

エキナセア

エキナセアは抗アレルギー作用があるので、
花粉症対策にもとても役立ちます。
すでに効果の高いブレンドをして
あるものがアロマショップにも
ありますので、こちらをお試し
いただいてもよいと思います。

私も無性にハーブティーが
飲みたくなる時があります。
そういう時は、ハーブティー自体も
もちろんですが、自分でハーブティーを
入れながら、色や香りをゆっくりと
楽しむ時間を欲しているような
気がします。
心身が知らず知らず求めているのでしょうね。
自分にとって、心にゆとりを作り出す
大切な時間を。

そして、ハーブティーは、アロマ同様、簡単に生活の中に取り入れられる、
肌にも身体にも心にも効果のある健康法でもありますから、
私も日々楽しむことを習慣にしていきたいと思います。

皆さまも是非、お試し下さいね^^

<参考文献>
 「おいしく飲んで美しく健康に ハーブティー」監修佐々木薫 池田書店
 「心と体に効くハーブ活用ハンドブック」佐々木薫著 池田書店

TOP
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.