mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 


mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2006年12月 “免疫力アップ”セルフケア
早いもので、今年も残るところ数週間となりました。
お仕事の締めや年末年始の準備などでお忙しい頃だと思いますが、
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
心身ともにお疲れになっていませんか?
「師走」って、世の中全体が慌ただしい雰囲気になりますよね。

あれもこれもやらなきゃ!と気持ちが
急いてしまいます。
でも、気持ちばかりが先走り、
身体がなかなか追いついていかない
という方も多いのではないでしょうか。
サロンにいらっしゃるお客様からも
多く聞かれるお声です。

それは、忙しい日常の疲労が日々
蓄積されて いって、心と身体のバランス
が悪くなっている状態だと思います。
まさに、溜まっている疲れが爆発する寸前の
状態かもしれません。
疲れをそのままにしていると、免疫力が低下して
風邪をひきやすくなったり
ひいてしまった風邪がなかなか治らなかったり
します。
「ウイルスよりも体の免疫力が強ければ、
風邪を撃退することができる」
といわれますが、風邪が流行っている今、
疲れが溜まり免疫力が低下した状態を
そのままにしていては、すぐに風邪の
ウイルスにやられてしまうでしょう。

イメージ
イメージ

疲労の原因は、幅広く考えられますが、
とくに病気でない場合は、
筋肉に乳酸が溜まっている、
ストレスによる精神的疲労などが
考えられます。
また、中医学の「気血水論」
(身体を構成する基本的な成分を
“気・血・水”といい、これらは互いに助け合い、
コントロールし合いながら全身をめぐっていると
考えられている)
では、身体のだるさは、体内の「気」が足りない、
つまり、エネルギーが正しくめぐらないことで
起こるとされています。
体内疲労やストレスといった心身の疲れなどに
よって「気」は不足し、だるさだけでなく、
むくみやコリといった症状を引き起こすのです。
ということは、だるさ・疲れを解消するには、
「気」を補って流れをよくし、溜まった乳酸を
排泄し、心身のバランスを整えることが
必要不可欠になるということですね。

そこで、今回は、日々の疲れをなるべく
すばやく回復し、心身のバランスを整え、
免疫力を高めるためのケアの
ご提案をしたいと思います。
お忙しい日常だと思いますが、
ほんの少しの時間でできるセルフケアなので、
是非、お試しいただきたいと思います。

1.乳酸の排泄に“クエン酸”の摂取

まずは、身体に溜まってしまう疲労物質の“乳酸”を外に排泄することが大切です。
これには、何と言っても、
乳酸をエネルギーに変える作用のある“クエン酸”の摂取がおすすめ。
クエン酸を多く含む食品は、ミカン類、レモン、グレープフルーツ、梅、
ハイビスカスのハーブティーなど。
毎日の食事の時、お茶タイムなどに、
ご自分で工夫して摂取するように心がけましょう。

<おすすめの飲み物>

*ハチミツレモン湯

(作り方)
カップに熱湯を注ぎ、そこにハチミツを適量入れ、
レモン汁を絞って入れます。
絞ったレモンは、そのままカップに入れて飲みましょう。
レモンは乳酸をエネルギーに代え、ハチミツは血行を良くしてくれます。
手軽にできるので、是非おすすめです。

ハチミツレモン湯

 

2.だるさ回復・気の流れを整えるツボ押し

全身の気が流れる経絡上のツボを押すことは、
気の流れをスムーズにし、身体のバランスを整えるためにおすすめです。
以下に挙げるツボは、全身のだるさや疲れに効果のあるツボですので、
テレビを見ながらでも寝る前でも、
以下を参考にしながらゆっくり押してみて下さい。

*百会(ひゃくえ) ・・ 身体中の気の流れが合流する場所。
このツボを刺激すると、倦怠感がとれ、すっきりします。
(場所)頭頂部のほぼ中央。 両耳の上端を結ぶ線の真ん中。
(押し方)1回10秒、繰り返して10回刺激します。
(あまり強く押さないこと。)
     
*労宮(ろうきゅう) ・・ ストレスを和らげ、上半身の血行を良くして気の巡りを正します。
(場所)拳を握った時、中指と薬指の先が手のひらにあたるあたり。
手のひらの中央。
(押し方)息を吐きながら反対の手の親指でツボをゆっくりしっかり押します。
1回10秒、繰り返し10回ずつ刺激します。
     
*湧泉(ゆうせん) ・・ 名前の通り、心と身体のエネルギーが泉のように湧き出すとされるツボで、
全身の気を補い、体調を整えます。
(場所)土踏まずのやや上中央。足の5本の指を曲げるとくぼむところ。
(押し方)両手の親指を重ねて(片手の親指でもOK)ツボにあて 、
力を込めて押します。
両足のツボを1回10秒、繰り返して10回ずつ刺激します。

百会(ひゃくえ)
百会(ひゃくえ)

労宮(ろうきゅう)
労宮(ろうきゅう)
湧泉(ゆうせん)
湧泉(ゆうせん)

風邪をひきそうな時には・・・
*大椎(だいつい) ・・ いくつもの陽の経絡が交わるところ。
そのため、熱を下げ、免疫力を高め、風邪に効きます。
(場所)首の付け根の中心。頸椎の最下部。
頭を少し前に下げると頸の骨の後ろに出るポコっとした
大きな骨の下。
(押し方)頭を下げ、両手の中指をツボにあて、指圧します。
ツボを1回10〜20秒、繰り返して6回刺激。
大椎(だいつい)
大椎(だいつい)

尚、ツボの周辺をドライヤーで温めるのも効果的です。
そして、ここからは、心の疲労を回復する作用が大きいケアのご提案です。

3. ペパーミントの芳香浴

何となくやる気が出ない時のおすすめは、やはりアロマの芳香浴や沐浴。
おすすめの精油は、旺盛な生命力が特徴の“ペパーミント”です。
脳を刺激し、とくに精神的疲労を緩和してくれるでしょう。

<芳香浴>
アロマポットなどに水を7〜8分目まで入れ、そこに精油を3〜5滴ほどたらし、
お部屋に漂わせます。
頭をスッキリさせたい時は、マグカップにお湯を入れ、
そこに精油を1〜2滴たらして吸い込んでもOK。

<沐浴>
お風呂に直接3〜5滴たらしてもいいですが、
私は、天然塩に混ぜて入れるのが断然おすすめ。
特にペパーミントは皮膚への刺激が考えられますので、
天然塩大さじ2杯にお好みの精油を3〜5滴加えて混ぜてから
それをお風呂の中に入れて下さい。
塩の効果で身体もぽかぽかになり、ペパーミントのさわやかな香りで
心もスッキリすることでしょう。

4.心の疲労にフラワーエッセンス

仕事やプライベートで大きなストレスがかかったり、
目的を見失って無気力になったり、どうしてもやる気がおきなかったり・・・
心の不調が大きな疲労感、倦怠感となって身体にあらわれることは実に多いものです。
この時期は特に“心が頑張りすぎ”の方が多いかもしれませんね。
そこで、心の疲労に“フラワーエッセンス”をご紹介したいと思います。
馴染みのない方も多いと思いますので、まずは簡単なご説明から・・・

“フラワーエッセンス”とは、
植物が持つエネルギー(気)を利用した自然療法で
身体ではなく、感情面に働きかけて、本来の自己の
バランスを取り戻すものです。
20世紀の初めにイギリスの医師エドワード・バッチ博士に
よって完成されました。
バッチ博士は、医療活動を通して、病気と人間性の
相関関係に気づき、「病気の真の原因は、肉体的な
要因よりも不安や恐れなどの感情の葛藤にあり、
それに気づき、解消することが、病の本質的な回復に
つながる」と考えました。
フラワーエッセンス

そして、感情に作用する自然の植物を生涯にわたって研究し、
病気の原因になる様々な感情に対応する38種類のエッセンスを作り出したのです。

「アロマの精油とどう違うのか?」というと、
精油は植物の成分がギュッと凝縮されたものですが、
フラワーエッセンスに入っているものは、成分ではなく“エネルギー(波動)”です。
(中身は、抽出の際、波動が転写された水とブランデーです。)
そして、精油は基本的に飲むことはできませんが、
フラワーエッセンスは服用できるという点が違います。
植物が詰まったエッセンスを飲むことで、
植物と心を通わせて心を癒したり、心のゆがみを整えたりする・・・
と言うと、わかりやすいでしょうか。
と言って、選ぶのが難しそう(38種類もありますからね)と思われる方も
多いと思います。
まずは、難しく考えず、専門店におかれている
フラワーエッセンスの解説書・カードなどをご覧になって、
今の自分の一番外側にある心・感情に合う植物を選んでみて下さい。
選ぶ時のコツは、「自分の心の奥深くまで見ようとしないこと」。
人の感情は、何層にもなっているので、まずは表面上に感じる心の部分の
ゆがみを整えていくのが大切。
「たまねぎの皮むき」のように、ひとつひとつ丁寧にむいていくことによって
いずれ、奥底にある感情にたどりつくかもしれませんね。

この忙しい時期、心が疲労し“月曜病”のように
朝起きてもエネルギーが枯渇しているように感じる時には「ホーンビーム」。
また、心身が疲労困憊している状態、
消耗しきって、何もする気がしない時には「オリーブ」。
きっと内面の力強さや意欲を取り戻してくれることでしょう。

<服用のしかた>

1.グラスかカップに水を入れます。(水の量は好きな量でかまいません。)
2.フラワーエッセンスの瓶についているスポイトを使って、グラス(カップ)の水に2滴落とします。
3.それを口に含んでゆっくりと飲みます。
飲む回数は、その時の自分の心の状態によっても違いますが、
一般的には1日3〜4回飲んで下さい。
フラワーエッセンスの効果は、どれくらい経つとわかるのかというと、
それは人によって違うでしょう。
深いところに根のある感情ではなく、比較的短時間に生まれた感情には、
すぐに効果を示します。
一応の目安としては、飲み始めてから3週間くらい経てば、
何らかの改善が見られるのではないかと思います。
*フラワーエッセンスには、副作用はありません。
 西洋の薬や漢方薬などと併用しても大丈夫です。

上記の4つのほか、免疫力をアップさせるために必要だなと思うのは、
“笑いのある生活”です。
笑いはウイルスを叩く細胞の活性を高めるといいます。
これは本当に必要なことですね。
上手に気分転換を図り、楽しく過ごすことを心がけましょう。

今年も残りあと少しです。
是非、上記のようなセルフケアで免疫力を高める生活を続け、
風邪などを撃退し、健康な心身で忙しさを乗り切って下さいね!!

<参考文献>
 ・20代からの女性ホルモンバイブル    河出書房新社
 ・漢方マッサージでからだをリセット   ナツメ社
 ・バッチフラワーレメディ・ワークブック フレグランスジャーナル社

TOP
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.