mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 


mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2006年11月 肌の乾燥のしくみを知ろう

日増しに寒くなり、心身ともに冷え冷えとする今日この頃。
皆さま、いかがお過ごしですか?
とくに朝・晩は寒いですね〜。
朝、温かい布団からなかなか抜け出せないという方も
多いのではないでしょうか?(という私もその一人です^^;)
そんな寒さが身にしみるようになったこの時期。
温度だけでなく、湿度もぐ〜っと下がっています。
最近では、地球温暖化などの影響により一年中空気が乾燥する環境にありますが、
その中でも特に都心部のこの時期は、平均湿度が年々低下しているといいます。

湿度が下がると気になるのは・・・
やはり“お肌の乾燥”ですね。

11月頃から、室内では湿度が30%を切ることがあるようですが、
この30%というのが、お肌にとっても大きなカギのようです。
というのも、湿度が30%以下になると肌から水分が蒸発しやすくなるからです。
それゆえ、この時期になると、様々な雑誌等でそのような情報が紹介され、
“保湿用化粧品”のおすすめ記事が載りますよね。
サロンでも、ご自分でお肌の乾燥を感じられて、
意識して保湿メインのスキンケアをされているというお声をよく伺うのもこの時期です。
ですが、皆さまとお話をさせていただくと、ふと気がつくことが一点・・・

「肌はなぜ乾燥するのか?」

この基本の疑問。
基本ではありますが、詳しく書いてあるところが意外と少ないことですね。
お話を伺っていると、ご存知ではない方が意外と多いことに気がつきます。

そこで、今回は“お肌の乾燥のしくみ”について、おさらいをしておきたいと思います。
しくみがわかっていれば、お肌の乾燥対策がやりやすくなると思うのです。

健康な肌では、角質層に15〜40%の水分が含まれます。
これが30%以下になった状態を「乾燥肌」といいます。
先ほども言いましたが、湿度が30%以下になると、角質層から水分が蒸発しやすくなります。
ですが、人間の肌にはもともと水分を保持する「保湿成分」があり、
それらがきちんと働いていれば、たとえ湿度が0%になったとしても水分は蒸発しないそうです。
それを聞いてびっくりされる方は意外と多いのではないでしょうか?
「大気の乾燥=肌の乾燥」というのが常識になっていますからね。
肌の乾燥は、まず自分が持っている保湿成分を作る力が低下し、
それが正常に働かなくなることから始まります。
その結果、肌の水分が異常に低下した状態=「肌が乾燥した状態」になるのです。
これこそが“肌の乾燥のしくみ”。
つまり“肌の中の保湿成分の機能の低下”こそが、
お肌の乾燥の大きな原因ということです。

そこで、もっとも大切なのは、その“肌の中の保湿成分の働き”ということになります。
どんなに大気が乾燥していても、この保湿成分がきちんと働いていれば
「肌は乾燥しない」ということになりますから。

では、その重要な“肌の保湿成分”とは一体何なのでしょう。
これは、以前にもお話しましたが、
「角質細胞間脂質・天然保湿因子(NMF)・皮脂」の3つです。
これらが、もともと備わっている水分保持機能。

そして、この中でもっとも重要なのは“角質細胞間脂質”です。
これは、名前の通り、角質細胞と角質細胞の間にあって、
細胞どうしをつなぎ合わせているもの。
角質層の水分の約80%はこれにより守られ、
残り20%のうち17〜18%は天然保湿因子が、そして、2〜3%は皮脂が維持しています。
以前は、角質層がカラカラにならないのは
油分(皮脂)が水分にふたをするからだと頑なに信じられていたようですが、
80年代頃から、実は肌のうるおいを保っているのは
この“角質細胞間脂質”が主要になっていることがわかってきました。
そして、角質細胞間脂質の40%が“セラミド”です。(その他は遊離脂肪酸)
細胞間脂質の中でもっとも重要なもので、
水の分子をサンドイッチ状に挟み込んで蒸発しないようにするといいます。
“サンドイッチ状に挟み込む”って、
すごいですよね。
そういう高い水分保持力が私達の肌には
もともと備わっているのです。
しかし、残念なことに、セラミドの生産量は
年齢とともに減ってきます。
セラミドはターンオーバーの過程で作られる
ものなので、年齢とともに肌代謝が衰えると
必然的にセラミドは減ってしまうのです。
角質層の水分の80%はセラミドなどの
細胞間脂質が守っていますから、
生産量が減れば、必然的に角質層の
水分量も減りますよね。
ゆり

そして、もうひとつ悲しいお知らせですが、表皮の下にある真皮の水分量も
年齢とともに徐々に減っていきます。
それゆえ、年齢を重ねるうちに(とくに30代半ばくらいになると)
肌の水分減少をジワジワ・・・と感じるようになるのです。
つまり、年齢を重ねるにしたがい、もともと持っている潤い成分全般が
減ってくるので、肌はどうしても乾きやすくなるということですね。

そこで!
何としても、どんどん乾きやすくなる肌を食い止めるべく
「もともと持っている水分保持力をアップ&維持するための対策」が必要となります。

<乾燥対策=水分保持力をアップさせるためのケア その1>

「肌が乾燥している=油分が足りない」
そう思っている方も多いのですが、足りないのは油分ではなく“水分”です。
特に30代くらいまでは、個人差はあるものの
概油分は足りているので、補うべきは水分=保湿成分ということになります。
(ただし、40代くらいからは油分もすこしずつ減ってくるので
 両方を補うことが必要となります。)
そこで、何といっても、まず補うべきは“セラミド”です。
セラミドの働きにより、自分の肌にあるNMFなどの保湿成分を外へ逃がさないようにすることが
角質層のバリア機能を低下させないことでもあり、乾燥改善に大きくつながるからです。
イッチノンADクリーム 何もしなければ減ってしまうものは、
できるだけ補って保持したいですよね。
化粧品に含まれるセラミドは、保湿能力が
とても高く、長い時間保湿力を持続しますので、
非常におすすめです。
保湿用化粧品といわれるものはありと
あらゆるものがありますが、
“セラミド配合”(できれば高濃度に
配合されたもの。配合されている量が
少ないと、お肌の改善にはつながりません。)
と記載してあるものをひとつお選びいただくと
乾燥対策の近道になると思います。

 

(また、その他の肌にとっての高機能保湿成分は
 “ヒアルロン酸”や“水溶性コラーゲン”などです。
 これは、<2005年11月の美容情報「とことん保湿!!」>に詳しく書きましたので、
 どうぞ、そちらをご覧下さいね。
 http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0511.html

<乾燥対策=水分保持力をアップさせるためのケア その2>

そして、できるだけ自力でセラミド生産を促すために
「ターンオーバーを早める・正常にさせる」ということも大切です。
それには、お肌の一番上に乗ってしまっている、いらなくなった角質を
除去するケアが必要となります。
いらなくなった角質を除去することにより、
細胞分裂が盛んになり、ターンオーバーが早まるからです。
これには、たんぱく分解酵素、またはAHAなどのピーリング剤
(できるだけお肌にマイルドなタイプのもの)を使って、
週に1、2回、洗顔の際に角質を除去するケアを行なってみて下さいね。
(回数は、ご自分のお肌を見ながら調整して下さい。)
続けていると、少しずつセラミドが増えてくると思いますし、
外側からの保湿成分も吸収しやすくなると思います。

<乾燥対策=水分保持力をアップさせるためのケア その3>

また、加齢以外にも肌が乾燥しやすくなる要因はあります。
例えば、間違ったスキンケア(強すぎるメイク落としなど)や
体内の栄養不足(不規則でバランスの悪い食事)など。
お肌を乾燥させないためには、その中でも特に、内側からのケアは重要です。
肌は血液から栄養をもらって細胞分裂を繰り返し、
セラミドなどの潤い成分を作り出しているので、口から摂り入れる栄養は、
本当に大切なのです。
まず、身体のすみずみまできれいな酸素を運び、肌代謝をアップさせるためには、
“鉄分”(牛レバー、カツオ、大豆、ひじき、ほうれん草など)や
“亜鉛”(カキ、イワシ、ニシン、大豆、牛もも肉、豚もも肉など)、
“ビタミンE”(玄米、胚芽米、大豆、大豆油、ごま油、オリーブ油)
などが必要となります。
また、東洋では、肌に潤いを与えるのは“プルーン”“ごま”“のり”といった
“黒い食べ物”と言われているそうです。


プルーン


ごま


それらを食事の際に意識的に摂り入れるのも、とても大切なことですね。

これから、どんどん湿度が下がり、
ますますお肌が乾燥にさらされるかもしれない季節がやってきます。
是非、この季節に負けないように、
ご自分のお肌の乾燥のしくみを知り、足りなくなったものを十分に補って、
お肌の水分保持力が高まるようなケアを心がけて下さいね!

<参考文献 スキンケア基本事典 吉木伸子著
      美肌のひみつ    吉木伸子著 >

TOP
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.