mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 


mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2006年10月 頭皮マッサージでじっくりデトックス♪

街並みはすっかり秋の装いになりました。
気温もぐっと下がり、肌寒さを感じる今日この頃ですが、
皆さま、いかがお過ごしですか?
お風邪などひいていらっしゃいませんか?
秋は色々とやること、やりたいことが多い季節だと思いますが、
体調を崩しやすい時期でもありますので、
皆さま、くれぐれもご自愛下さいね。

さて、今回のテーマは“頭皮マッサージによるデトックス法”です。

“デトックス”は、昨年の9月の美容情報でも取り上げましたが
(2005年9月 お家で手軽にデトックス(毒素出し)
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0509.html
をご参照下さい。)、今やすっかり耳慣れた感がありますね。
ストレートに訳せば「毒出し」とか「浄化」の意味ですが、
今では「体内浄化」の意味で幅広く使われているようです。

この“デトックス”。
ブームになるほど一般的になってはいますが、必要だと言われている理由を
ご存知でない方は意外と多いのではないかと思います。
以前にもお話しさせていただきましたが、
今一度その理由を説明しておきますね。

私達は普段の生活において、食品や空気、
水などを通して、知らず知らずのうちに
“有害物質”を体内に取り込んでいます。
食品添加物、農薬、排気ガスやたばこの煙などは
普通に生活をしていれば、残念ながら100%は
避けられません。
それゆえ、どうしても日々“体内毒素”は
溜まってしまいます。
この体内毒素。
身体に多大な悪影響を及ぼすことがわかっています。
例えば、体内の水銀濃度が増加すると、高血圧、
高脂血症、ガン、リウマチ、そしてアレルギー疾患に
かかりやすくなるというデータがあるのです。
それゆえ、できるだけ早めに外に
“排出すること”=デトックスが
とても必要となるわけですね。
イメージ

そして、このデトックスの方法として
最近、特に注目されているのが「スカルプケア=頭皮ケア」です。
というより、デトックスブームが背景にあり、従来からあるスカルプケアが
ここにきて注目されるようになった・・・と言う方が正しいのかもしれません。
以前からあるにもかかわらず、あまり知られていなかったのが
「髪や頭皮から毒素を排出する」というデトックス法です。
髪の毛というのは、有害な重金属や薬物など体内の毒性物質を排出する器官であることは
皆さま、ご存知でしょうか?
例えば、水銀汚染度の高い魚介類を多くとっている人の毛髪を診断してみると
高い値で水銀が検出されるそうですし、
薬物を大量にとった人の毛髪には、やはり異常な値で薬物の痕跡が認められるそうです。
これらは極端な例ですが、私達現代人の身体には日々毒性物質が
溜め込まれているので、毛髪を診断すると少なからず何らかの毒性物質は
検出させるのではないかと思います。
それゆえ、髪の毛はこわいほどその人の体内環境を物語る・・・と言われます。
また、頭皮には皮脂腺がたくさんあり、
“第2の汗”と言われる皮脂腺からの汗(一般的な汗や尿からは排出されない脂溶性の
有害ミネラルを溶かし出すことができるもの)が多く出ます。
そこで、頭皮をマッサージすることにより、髪からの“毒出し”をスムーズにし、
頭皮からも汗や老廃物を排出しやすくしよう!というのが「頭皮マッサージデトックス」です。
そして、今回はこのデトックスを習慣にしようというご提案をしたいと思います。

具体的なおすすめは「1日5分の頭皮マッサージ」。
これは、お風呂に入る前でも寝る前でも、テレビを見ながらでもOK。
そのままマッサージをしてももちろんよいのですが、
お風呂に入る前でしたら、精油を混ぜたオイルを使用するとさらによいのではないかと思います。
(髪の毛がパサついている時にもシャンプー前に行なうオイルを使った頭部マッサージは
 とてもよいと思いますよ。)

頭皮マッサージ

*使用するもの

  • ホホバオイルorスクワランオイル 10ml
  • ラベンダー精油         2滴
  • ローズマリー精油        1滴

*マッサージのやり方(基本例)

  1. こめかみ部分のコリをほぐすため、
    人指し指と中指の腹をこめかみにあて、力を入れて引っ張り上げます。
  2. そのまま力を入れながら、上に引き上げるようにゆっくりとまわします。
    (上記のオイルを使用する場合は揉み込む感じで)
  3. 頭のてっぺんのくぼみ(左右の耳の上端を結んだ線の中心)にある「百会」のツボ
    (身体中のエネルギーの流れが集まる場所。自律神経の働きを整えるともいいます)
    を両手の中指の腹でゆっくり押します。(強い力は入れないこと)
  4. 指を少し広げて髪の毛の根元に差し込み、根元をぐっと持ってひっぱります。
    指の位置を少しずつずらして、全体を引っ張るようにします。
  5. 指の腹を地肌につけて頭皮を動かします。
  6. 指の位置を少しずつずらして、頭全体の頭皮を動かします。
  7. 最後に後頭部の
    天柱」(首の後ろの筋肉の外側。髪の生え際付近)と
    風池」(天柱のやや上の外側)(添付画像768)
    を親指の腹でゆっくり押します。

*1〜7までを数回繰り返して下さい。

天柱
天柱
風池
風池

以上は基本のやり方です。
あとは、ご自分が凝りを感じるところを重点的にやってみるのもいいですし、
例えば、手首を楽にして、5本の指先で頭の上の部分を軽くトントンと叩いたり、
頭皮全体を指先でつまむようにしてパッと離したりしてみてもよいでしょう。
その際、気をつけることは、爪が頭皮に当たらないようにすることと
力を入れすぎないことです。
それから、マークしておきたい毒素排出のためのツボは、
老廃物や水分の排出が促される「膀胱経のツボ」。
特に知られているのが、後頭部の「天柱」と「風地」です。
ここを最後にゆっくりじんわりと押してみて下さい。

サロンでも“ヘッドマッサージ”は人気メニューです。
私自身も施術をさせていただきながら、これは本当にいいなと感じます。
そして、どなたにもこのマッサージは必要なのではないかとつくづく思うのです。
なぜなら、お客様のお身体の中で特に“滞り”を感じるのが、まさしく“頭部”だからです。
ストレスなどの影響も大きいのだと思いますが、頭皮が固くなっている方が多く、
首や頭部の“気”が滞っている方が本当に多いです。
頭皮が固くなっている方は大体首や肩もパンパンでコリコリ。
様々なストレス、心のコリが、知らず知らずのうちに
頭や肩・首の凝りにつながっているのでしょう。
ですが、肩や首の凝りは感じているお客様でも、頭部の疲れや凝りを自覚されている方は
意外と少ないように思います。
サロンにいらして、頭部のマッサージを受けてみて初めて、
ご自分の頭の凝りや疲れに気がつく方が多いのです。
それゆえ、頭部のマッサージをさせていただいて、
まずは「気がつくこと」がとても大事だということがわかります。
そういう意味でも、お家でご自身の手で頭部を触っていただき、
頭部の疲れを認識していただきたいなと思うわけです。
これも頭皮マッサージの大事な役割ですからね。

頭部には、身体全体につながるツボもたくさんありますので、
各臓器や器官の働きを整えたり、全身の“気”をめぐらせるのにもとてもいいと思います。
また、ツボを押すことは、全身の調子を整え、
今回のテーマである“体内毒素の排出”をスムーズにしてくれます。
これは、まさに一石二鳥・・・いえ、心身にとっては、
二鳥どころか三鳥にも四鳥にもなる方法だと思うのです。
最初は痛くて、自分の頭の凝り、頭皮の固さにびっくりされるかもしれません。
あまりに痛かったら、力加減を調節したり、時間を減らしたりしていただきたいのですが、
慣れてくると、これがまた!やみつきになる気持ちよさだと思いますよ。
簡単にできる方法なので、少しの時間でもなるべく毎日お続けいただきたいと思います。

そして、もう一つ。
食欲の秋にぴったりな毒素排出の働きのある食物を
“食べる”ことによるデトックス法をお伝えして
おきたいと思います。
たとえば、りんご、トマト、レンコンなどに含まれる
ペクチンやタマネギ、ブロッコリーなどに含まれる
“ケルセチン”という成分は、血液中や腸内で毒を
キャッチして無毒化する働きがあるそうです。
私はりんごやトマトが大好きなのでよく食べますが、
こういう作用があるのは嬉しい限りです^^
りんご

そして、これをサポートしてくれるのが、魚介類や緑黄色野菜などに多く含まれる
“亜鉛”や“セレン”などの成分です。
この他、有害物質と関わりながら遺伝子を傷つける活性酸素を除去するための
抗酸化作用の強い食物は、緑黄色野菜やゴマなど。
これらを意識して、なるべくたっぷりとるようにして下さいね。

この秋は、是非、じっくりと“頭皮マッサージデトックス”&“食物デトックス”を行っていただき、
積極的に心の凝り、身体の凝りをほぐしつつ、心身の浄化をしていただきたいと思います。
お好きなことにこころおきなく、全身全霊でチャレンジするためにも・・・ね!
皆さま、頑張りましょう!!

参考文献
「スカルプケアデトックス」 小林照子著

TOP
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.