mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 


mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2006年9月 秋のリカバリーケア

楽しい夏はあっという間に過ぎ去り、
秋の訪れをじっくりと感じる時期になりました。
日中は過ごしやすい気候になり、
皆さま、ほっと一息ついていらっしゃる頃でしょうか?
それとも、楽しかった夏の余韻に浸って、何となく物悲しい気分に
なったりしている方もいらっしゃるでしょうか?

私自身は、毎年去リゆく夏を見送るこの時期は、
やはり、少し寂しい気持ちになったりします。
とは言え、少し浮き足立っていたような季節を終え、
「何かに本腰を入れて取り組みたい」というような、
どっしりとした感覚が生まれてくるのもこの時期。
秋って、知らず知らずのうちにフツフツとやる気がみなぎってきて、
何となく頑張ってみたくなる季節でもあるなぁ・・・なんて、
実感している今日この頃です。
皆さまも、是非、楽しかった夏の思い出は胸の奥に大切にしまいつつ、
訪れる季節をじっくり味わいながら、
新たな気持ちで色々なことに挑んでいっていただきたいと思います。

さて、今回は、そんなこの時期にとても大切なお肌ケアのお話。
早めのケアが必要な時期ですので、是非ともさせていただきたい
お話です。

9月以降、降り注ぐ紫外線の強さはどんどん弱まってきます。
それを聞くと、ちょっとほっとする方もいらっしゃることでしょう。
でも、現在のお肌は、春から夏にかけて受けた紫外線の後遺症が
最も顕著に表れ、メラニンが最も多く蓄積して、肌の色は一年の
うちで 最も暗くなっています。
そして、この時期は浴びてしまった紫外線ダメージが肌の機能を
低下させ、角質は肥厚し、乾燥を始め、様々なトラブルを引き起こし
始める時期でもあるのです。

つまり、現在のお肌は、決して良い状態とはいえません。
そこで、紫外線によるあらゆるお肌ダメージを一刻も早く回復させ、
良い状態に戻すスキンケア=“リカバリーケア”が必要となります。
このリカバリーケアのポイントは、
*角質ケア *美白 *抗酸化 *保湿・・・この4つです。

そして、これらをふまえた具体的なケアは、以下のようになります。
(1) 肌に沈着したメラニンの排出を促進する“角質ケア”を行なう。
(2) 美白作用の強い成分 紫外線によって生まれた活性酸素を
除去する成分をお肌に与える。
(3) 乾燥しきっているお肌にたっぷり“保湿成分”を補給する。

 

<(1)角質ケアについて>

以前の美容情報でも取り上げてきましたが、
角質ケアとは「余分な角質を除去する」ということ。
“酵素洗顔”や“ピーリング”がこれにあたります。
メラニン色素は、不要になるとターンオーバーのサイクルにのって
最終的には垢となってはがれ落ちます。
それゆえ、酵素洗顔やピーリングは、余分な角質を除去し、
ターンオーバーを早め、できてしまったメラニン色素の排出を
助けようというものです。
ということは、角質ケア自体が「美白作用がある」ということに
なりますね。
また、この“角質ケア”。
意外と知られていないことですが、美白以外にも様々な作用があり、
実は美肌にとっては必要不可欠なことです。
古くなった角質をとると、皮膚はそこを修復しようとして細胞分裂が
盛んになり、下から速い速度で上がってきます。
これを続けていくとターンオーバーが早まり、表皮がふっくらとして
きますが、実はそれだけではありません。
なんと、“真皮のコラーゲンを増やす”という作用もあるのです。
また、毛穴の周りの余分な角質もとるため、毛穴の詰まりが減って
吹出物やニキビもできにくくなるという効果もあります。
上記のことからおわかりいただけると思いますが、
「古くなった角質をとる」ということは、色々な意味で
必要なことなのです。
昔と違い、最近のピーリング剤等は家庭で安全に使えるものが
たくさん出ているので、是非、これを上手に日々のケアに
取り入れてみて下さい。
ただ、角質をとり過ぎるのは禁物です。
まずは、週に1、2度の角質ケアを数回試みていただき、
ご自分のお肌の状態をしっかり見ていただきたいと思います。
そして、慣れてきたら、回数は少し増やしてみてもいいでしょう。

角質ケア

初めての方は、お肌にマイルドな作用の
“たんぱく分解酵素入り洗顔料”か
“石鹸にピーリング剤 (AHA。グリコール酸
・乳酸・フルーツ酸など。)が配合されたもの”
をお使いいただくといいと思います。
(ふきとりタイプのピーリング剤は刺激が強いので
注意が必要です。)

ちなみに、マレーアのサロンケアとしては、
ディープクレンジングとして、泡立てた洗顔料に
たんぱく分解酵素を混ぜ、それをお顔やデコルテに
塗布し、そのままお時間を少し置き、その後
きれいにふき取るというケアを行なっています。

 

<(2)美白効力の強い成分と活性酸素を除去する成分を与える>

毎年、様々な化粧品会社から様々な「美白」をうたった化粧品が出されていますね。
女性雑誌などにもあらゆる情報が氾濫していますから
「どこのものを使っていいのかわからない」というお声もよく聞かれます。
でも、大切なポイントは一点だけ。
美白化粧品を買ってみようと思われたら、化粧品メーカーや値段ではなく、
是非、含まれる“美白成分”でお選びいただきたいということです。
美白成分を見て、その作用を理解及び納得した上で、
まずは一本お選びいただきたいのです。

それにはまず、“美白成分”の説明が必要ですね。
“美白成分”はどういう作用のある成分のことでしょうか。
“美白成分”とは、メラニン色素が作られる段階で、皮膚の中で起こる
反応を抑えるもの。
(その多くは、メラニン色素が作られる際必要なチロシナーゼという酵素を
抑制する作用です。)
それゆえ、基本的には「できてしまったシミを消す」というものではなく、
「メラニン色素を作らせすぎないように予防的な役割をしてくれる」
というものです。
“美白”という言葉から、色素沈着やシミを漂白してくれるもの
というようなイメージがあるかもしれませんが、残念ながらそうではありません。
ただ、できてしまったシミをまったく消せないかというと、それはそうでも
ないのです。
たとえば「できてから日が浅いシミ」や「黒ではなく茶色っぽいシミ」
「モヤモヤと形がはっきりしないシミ」などは、比較的美白化粧品が
効きやすいものです。
根気強く使い続けていったら、シミを薄くしていくことは可能だと
思いますので、特に夏から秋にかけては美白成分入りの化粧品は
必須アイテムだと思うのです。

ちなみに、厚生労働省がその効果(美白)を認めたものは、以下の9つ。
「アルブチン・エラグ酸・カモミラET・ルシノール・ビタミンC誘導体
・プラセンタエキス・トラネキサム酸・t−シクロアミノ酸誘導体
・リノール酸S」です。

その他、まだ厚生労働省の認可を受けていないけれど
美白効果をうたっているものは、たくさんあります。
現在、厚生労働省の認可のある成分プラスそれらのどれかが配合されたものが
“美白化粧品”として売り出されている場合が多いのだと思います。
それでは、どの成分がよい(もしくは効く)のでしょうか?
それは、化粧品全般に言えることだと思いますが、人によって効果の出方は
違いますし、「肌に合う・合わない」はありますから、やはり一概に
「これが特にいい」とは言えません。
ただ、医学的に評価が高い美白成分は「ビタミンC、甘草エキス、
カモミラETの3つ」という皮膚科のお医者さんはいらっしゃるようですね。
そこで、この時期におすすめの美白化粧品の条件を絞り込んでみると
“美白作用が強い”ということはもちろんですが、
なおかつ“抗酸化作用(活性酸素を除去する作用)”もあるものになります。
紫外線は、シミやシワの原因になるだけでなく、
お肌を酸化(つまり老化)させる活性酸素を発生させてしまうので、
それを除去する役割のある成分は、やはり必須だと思います。

美白と抗酸化・・・両方を考えての私のおすすめは、
まず“ビタミンC誘導体”。
そして“緑茶エキスなどのポリフェノール”や“甘草エキス”です。
これらは美白作用はもちろんのこと、抗酸化作用があり、
特に現在のお肌にとっては強い味方になってくれるものだと思います。
また、この時期のお肌は細胞レベルで元気がなくなっているので、
細胞を活性化してくれる作用と美白作用の両方がある
“プラセンタ”もおすすめです。
これらが配合された美白化粧品はかなり重宝すると思いますので
おすすめしておきたいと思います。
美白化粧品はたくさんあるだけに、色々と使ってみて自分に合うものを
見つけること、そしてそれを普段のケアの中で末長く使っていくことが
理想です。
まずは、この時期から一本、お使いになってみてはいかがでしょうか。

また、抗酸化作用の強い成分に関しては、日々着々と研究が進んでいます。
最近では、強力な抗酸化作用で活性酸素の害からお肌を守る新成分として
“水溶性フラーレン”という成分が日本で開発されています。
抗酸化力はなんと!「ビタミンCの数十倍」と言われているので、
今後、ぜひとも注目したい成分ですね。

美白化粧品

<(3)保湿について>

“保湿”に関しては、以前からお話していますが、大切なことはただひとつ。
乾燥したお肌に必要なのは、あくまで“水分”ではなく“保湿成分”だということです。
それゆえ、90%くらいが水でできている化粧水にそれほどの保湿力を期待するのは
難しいように思います。
特に今のお肌は、紫外線ダメージにより肌は乾燥し、バリア機能も乱れがちですので、
できれば、保湿力の非常に高いセラミド・ヒアルロン酸Na・水溶性コラーゲンなどが
高濃度に配合された美溶液をお使いいただきたいと思います。
それを、お肌にたっぷり塗布したり、パックをしたりして、
積極的かつ十分な保湿を心がけていただきたいのです。
(保湿成分についての説明は、2005年11月の美容情報「とことん保湿!!」
 http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0511.html
 をご参照下さい。)

そして、最後にもうひとつ。
この時期に意外と多いのが、唇の荒れ。
それゆえ“唇のリカバリーケア”も必要ですね。
以前もお話しましたが、唇の荒れは、野菜の摂取不足や便秘など
身体の内面が関係していることが多々あります。
ただ、この時期に関しては、紫外線をたくさん浴びてしまったり、
冷房により乾燥した室内にいる時間が長いことが大きな原因として考えられます。
唇には皮脂腺が少なく、角質層もとても薄いので、非常に乾燥しやすいのです。
またリップグロスなどは刺激が強いものが多く、口紅より荒れやすいので
使っている方は気をつけましょう。

唇の荒れがひどく、ひび割れたり、皮がめくれあがってしまった時には
以前にもお伝えした“ワセリンパック”がおすすめ。
お休み前に市販の白色ワセリンをたっぷり塗ってからラップで覆い、
数分間そのままにして下さい。
(これに少しハチミツを混ぜるとよりいいと思います。)

また、唇がガサガサした感じが続く程度でしたら
手作りの“アロマリップクリーム”がおすすめです。
こちらの作り方は、2006年2月の美容情報
「アロマのパワーで真冬を乗り切ろう!」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0602.html
を是非ご参照下さいね。

湿度がぐっと下がるこれからの季節のことを考えても、
今の時期はできるだけ早めの“リカバリーケア”を行い、
お肌の状態を良くすることが大切になります。
是非、夏の間頑張っていたお肌を「お疲れさま」と
いたわってあげながら^^
日々上記のケアを試みていただきたいと思います。

そして、皆さま・・・
今年の秋も、是非、実り多き素敵な季節にして下さいね♪

リップケア

<参考文献>
「素肌美人になる」吉木伸子著
「美肌ルネッサンス」吉木伸子著
「スキンケア・ナビ」まのえいこ著
「日経ヘルス 10月号」

TOP
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.