mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 


mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2006年8月 身体を温める簡単セルフマッサージ♪

暑い暑い夏がやってきました。
楽しい気分にあふれて、気持ちがウキウキと高揚する素敵な時期ですね。^^
私も夏は大好きです。(って、何度も言ってますが。笑)
これから夏休みをとられる方も多いのではないかと思います。
外に出る機会が多い方は、くれぐれも熱中症などにお気をつけいただき、
思いきりHAPPYなお休みをお過ごし下さいね。

さて、そんな素敵な夏ではありますが、
「非常に疲れがたまりやすい時期」であることは、やはり否めません。
もちろん、お休みに精力的に活動されるということもありますが、
大きな原因として考えられるのは、実は、日々の生活の中で
“身体が冷えきっている”ということ。
夏なのに!?と思われるかもしれませんが、夏だからこそ!なのです。
もしかしたら、この“冷え”は、今や冬より夏の方が切実な問題かもしれません。
世間的に“クールビズ”が広まっているとは言え、
お客様のお話を伺っていると、まだまだ会社内の冷房の設定温度が
低いところは多いのだなぁと感じます。
一日中その中にいたら、どうしても身体の芯から冷えきってしまいますよね。
確かに、施術をしていても、お身体がなかなか温まらないお客様がとても多いです。
加えて、冷たいものを食べたり飲んだりする機会が多いことも関係あるのだと
思いますが、「胃腸の調子が悪い」「身体がだるい」という不調を訴える方が、
この時期は本当に多いですね。
実は、今月の美容情報は別の内容にしようと思っていたのですが、
そういうお声が多く聞かれるので、今一度この“冷え”について
取り上げておこうと思います。

2005年12月の美容情報「“心身の冷え”を改善しよう♪」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0512.html
でお伝えしていますが、“冷え”は想像以上に女性の身体のバランスを崩す
大きな原因となります。
そして、“冷え”を起こす身体の中の要因のトップは・・・
“自律神経のアンバランス”。
自律神経の交感神経が優位になると末梢血管を収縮する働きがあるので、
この神経支配が続くと、いわゆる“冷え症”になるといわれます。
特に強い冷房は、この自律神経のバランスを崩し、体温調節の機能を乱し、
冷え症を招く要因となります。
“冷え”の自覚がない方でも、頭痛、肩こり、むくみ、肌荒れ、
婦人科系のトラブル・・・など、様々な不調の裏に“冷え症”が
隠れている場合があるのです。
それゆえ、この“冷え”を改善することこそが体調管理をする上で
とても大切なことになります。
会社内の冷房の設定温度を変えることは難しい現状であれば、
できるだけご自身で“温めること”を実践していただきたいたいなと思います。
そして、もうひとつ。
自律神経のバランスを崩す原因として、大きくかかわるのが“ストレス”です。
つまり“冷え”の根本的な原因は、ストレスも大きく関わっているということ。
ということは、“冷え”を根本から改善するには、身体を温めつつ、
ストレスをうまく発散させながら、自律神経のバランスを整えていくことが
何より大切ということになります。

そこで、今回のおすすめは、心身を温める“簡単セルフマッサージ”。

もちろん、お時間がある時は、サロンに行ってアロマトリートメントなどを
ゆっくりとしてもらいながら心身ともにリラックスするのもいいと思いますが、
忙しくてサロンに足を運ぶ時間がない時、旅先でお疲れを感じた時などに
おすすめなのが、自分で簡単にできる“セルフマッサージ”です。
マッサージをしながら、自分で自分の身体をいたわってあげるのも
心のリラックスと非常に関係があると思います。

そして、今回とくにおすすめしたいのは“足”と“おなか”のマッサージ。
足は心臓から離れているため、血液やリンパが滞って、冷えがち、
むくみがちになります。
足首から太ももの付け根に向かって、丁寧にマッサージをすれば、
全身の血行がよくなり、冷えもかなり解消されると思います。
また、夏は冷たいものをとる回数が増えることだけでなく、
暑い日が続くと食事も不規則になりがちなので、消化器系の負担が
大きい季節なんですよね。
是非、消化器系に働く精油を使って、おなかをゆっくり温める
マッサージも行なってみて下さい。
その際、アロマの精油を数本お使いいただくと、より心身に効果があると
思いますので、おすすめ精油のブレンドレシピを載せておきますね。

1.身体を温め、血行をよくする精油を使った「足のオイルマッサージ」

<冷え・むくみ用おすすめマッサージオイルのレシピ>
1. ・キャリアオイル 30ml
  ・グレープフルーツ 3滴
  ・ジュニパーベリー 2滴
  ・サイプレス 2滴
2. ・キャリアオイル 30ml
  ・ローズマリー 4滴
  ・スィートマージョラム 2滴
  ・ユーカリ 2滴

1. は、いずれも利尿作用に優れ、
身体の余分な水分を外に出してくれる
作用がある精油、
2. は、筋肉を温め、血行をよくする作用の
ある精油です。

*キャリアオイルは、スィートアーモンドオイル、
ホホバオイル、スクワランオイルなどをお使い下さい。

<マッサージオイルの作り方>
ガラスの容器または、遮光瓶にキャリアオイルを
入れ、精油を加え、よく混ぜます。

マッサージオイルの作り方


<マッサージのやり方>

  1. 足全体にマッサージオイルを塗布します。
  2. 足首からひざの後ろまで下から上に向かってふくらはぎをさすりあげます。
      (この時、冷え、婦人科系のトラブル、下痢や便秘に効く「三陰交」
       足の疲れやだるさに効く「承山」
       胃や呼吸器系のトラブル、精神疲労、全身倦怠に効く、ひざの下のくぼみから
       指3本分下の外側の「足の三里」などのツボをよく指圧して下さい。)
  3. ひざから太ももの付け根に向かって、足の前面、背面、外側、内側全体をさすります。
    これをゆっくり数回繰り返します。
  4. 最後に足裏の土踏まずのやや中央にある「湧泉」というツボを2〜3回、じんわりと
    押してください。
      「湧泉」は、頭や身体全体の血液循環をよくするとともに、
      エネルギーが湧き出し、体力・気力も満ちてくる万能のツボといわれます。

三陰交
ふくらはぎをさすりあげます

承山
「三陰交」

足の三里
「承山」



2.身体を温め、胃の不快感・消化不良にも効く「おなかのマッサージ」。

胃痛や胃の不快感も、忙しい日々のストレスが原因ということが多々ありますので
ぜひ、このセルフマッサージで、ほっと一息つきながら
ゆったりとした気持ちになっていただきたいと思います。

おなか用おすすめマッサージオイルのレシピ

<おなか用おすすめマッサージオイルのレシピ>
1. キャリアオイル 20ml
  ラベンダー 3滴
  ベルガモット 2滴
  ペパーミント 1滴
2. キャリアオイル 20ml
  カモミールローマン 2滴
  レモン 4滴

*キャリアオイルは足のマッサージと一緒です。

1.は、胃痛や胃けいれんに効くラベンダーやペパーミント、
消化器系に作用するベルガモット。
胃の不調全般に効果的な精油です。
2.は、腸の炎症に伴う症状を和らげるカモミールローマン、消化器系に作用するレモン。
胃腸の不快感・消化不良に効果があると思います。

<マッサージのやり方>

  1. 手のひらで十分にオイルを温めてから、おなか全体にマッサージオイルを塗ります。
  2. 手のひら全体で胃のあたりをゆっくり円を描くようにマッサージし、
    両手をおなかに当てて、しばらく温めます。また、アロマバスやフットバスに
    入った後、マッサージをするとさらに身体が温まり、より効果的だと思いますので、
    2005年9月「お家で手軽にデトックス(毒素出し)」
     http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0509.html や
    2005年12月「“心身の冷え”を改善しよう♪」
     http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0512.html を
    あわせてご参照下さい。

キャリアオイル・精油があれば、ご自分でとても簡単にできるマッサージ。
ぜひ、ご自分のためのご自分によるマッサージで、夏の冷えを撃退し、
心身を温め、お疲れを早めにとって夏バテを防止していただきたいと思います。
ぜひ、万全の体調で素敵な夏をお過ごし下さいね!!

TOP
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.