mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 


mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2006年7月 夏のアロマ活用法♪

そろそろ、海山が恋しい季節となりましたね。
7月は、個人的にも大好きな月なので
私は何となくウキウキしてしまう今日この頃ですが^^
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
夏休みまであと少しの方もいらっしゃることでしょう。
是非、楽しい夏にして下さいね。

さて、今回は“夏のアロマ活用法”。
夏こそ、「アロマが必需品の季節」と言っても過言ではないかもしれません。
是非とも、アロマの精油やフローラルウォーターを使って
過ごしやすい快適な夏にしていただきたいと思います。
今回は、簡単に作ることができて、旅先でも重宝するものを
3点ほどご提案していきますね。

まず1つめは、
“フローラルウォーター”を使ったローションパックです。

美容情報では、ここしばらく紫外線の“予防”のお肌ケアについて取り上げてきました。
もちろん、紫外線量が多いこの時期は、とくに“予防”は大事です。
でも、気をつけてはいても、海や山などに遊びに行って外にいる時間が長いと、
どうしても予防しきれない時があったりしますよね。
そこで、万が一紫外線を浴びてしまった時の“アフターケア”についての
お話をしたいと思います。

予防も大切ですが、その後のケアも本当に大切ですからね。
今回は“フローラルウォーター”を1本持っていれば、
旅先などでもできる簡単ケアをご紹介します。
(日焼け後のアフターケアに関しては、2005年8月の美容情報「美白パック」のすすめ♪
もあわせてご覧下さい。^^)
それには、まず“フローラルウォーター”とはどういうものか、説明しておきたいと思います。

フローラルウォーターとは、精油を水蒸気蒸留で抽出する時に得られる“芳香蒸留水”です。

フローラルウォーター

(精油を採取する時、冷やされた蒸気は精油と
水分とに分かれます。 この芳香成分を含んだ水分のことを
“芳香蒸留水”または“フローラルウォーター”
と言います。)

原料の芳香成分や水溶性の成分が
溶け込んでいるため、
精油よりマイルドな効果や香りがある・・・
というものです。
精油は直接肌に用いることができませんが、
フローラルウォーターは化粧水のように
手軽に使用でき、肌の弱い方やお子さんでも
安心して使うことができるというところが
もっともよい点です。

種類は、カモミールウォーター、ラベンダーウォーター、
ローズウォーターやネロリウォーター、
そしてウィッチヘーゼルウォーターなどがあります。
(大体、200ml2000円前後が相場だと思います。)


今回は、この中でも日焼け後の肌の鎮静作用があるカモミールウォーター、
肌の修復作用のあるラベンダーウォーター、そして日焼けで乾燥してしまった肌を保湿し、
新しい細胞を作り出す作用のあるローズウォーターのいずれかをお使いいただきたいと思います。
是非“ローションパック”にしてたっぷりお使い下さいね。

〜フローラルウォーターを使った美肌水の作り方〜

< 用意するもの>

  • 上記のフローラルウォーターのいずれか … 40ml
  • グリセリン … 2.5ml(小さじ1/2)
  • 空の保存容器
  • 市販のフェイス用シートか大判コットン


<作り方>

  1. 保存容器に直接フローラルウォーターと
    グリセリンを入れます。
  2. 容器をよく振ってなじませます。


<使い方>

  • 日焼け後の洗顔後、市販のフェイス用シートや
    コットンにたっぷり含ませ、顔全体を覆います。

美肌水

また、上記に精油を1、2滴足らしてもOKです。
よりいっそう高い美肌効果が望めることでしょう。
たとえば、ラベンダーウォーターにラベンダー精油を加えると
鎮静効果+新陳代謝を高める効果も加わり、
できてしまいそうな、もしくはできてしまったシミに効きめがあると思います。

ちなみに私は、ローズウォーターが大好きなので、
こちらにローズの精油や保湿・修復・殺菌効果のあるフランキンセンスの精油を
混ぜて使ったりしています。
自分の好きな香りの精油を混ぜると、さらに気持ちがいいですよ。

そして、2つめの活用法は“ボディパウダー”。
この時期は、とても“汗”が気になりますよね。
自分でも気がつかないうちに汗の匂いでつつまれてしまって
びっくりすることもあるかと思います。
この汗の匂い。汗に細菌類がついたことによる酸化が原因といわれます。
そこで、汗を抑える、さらさらすべすべの感触が嬉しいアロマボディパウダーを
作ってみませんか?
好みの香りの精油を使えば、簡単に自分だけのオリジナルパウダーを
作ることができますよ。

〜精油を使ったボディパウダーの作り方〜

< 用意するもの>

  • 無香料のベビーパウダー
    またはコーンスターチ
    またはタルク      … 大さじ3
  • 精油 … 5〜10滴
  • ボウル
  • 空のパウダー容器


<作り方>

  1. ボウルにベビーパウダーまたはコーンスターチまたはタルクを均一に入れます。
  2. 精油を合計5〜10滴加えます。
  3. ステンレスのスプーンでよく混ぜ合わせ、できたパウダーを容器に移します。
    2〜3日香りをなじませてから使用します。

ボディパウダー

おすすめの精油は、デオドラント効果のある
ラベンダー、ユーカリグロブルス、ペパーミント、タイムリナロールなど。
またサイプレスには汗を抑える働きもあるので、この時期はとくにおすすめです。

そして、最後の活用法は“虫除けスプレー”。
こちらも山や川にキャンプに行かれる時などに
とても役立つのでおすすめしたいと思います。
作り方は以前にもお伝えした“エアーフレッシュナー”と一緒です。

〜精油を使った虫除けスプレーの作り方〜

< 用意するもの>

  • 精製水  …  20ml
  • 無水エタノール … 5ml
  • 精油  … 6〜8滴
  • スプレー瓶(25ml用)


<作り方>

  1. スプレー瓶に無水エタノールを入れます。
  2. 精油を6〜8滴入れます。
  3. 精油を溶かしてから精製水を入れ、
    よく振って混ぜ、出来上がりです。

夏

虫除け効果のある精油は、ユーカリ、レモングラス、ゼラニウム、ベルガモット、
ペパーミント、ラベンダーなど。
これらは、本当に虫が嫌がるので、夏は必需精油かもしれません。
キャンプなどに行かれることがあれば、是非お試し下さいね。

夏のご旅行中は、思いがけず紫外線を浴びてしまったり、
虫がたくさんいるような場所に行ったり、汗をいっぱいかいたりすることでしょう。
そんな旅先でもあわてず、予防やアフターケアをしたり、
パウダーで制汗をしたりして、是非、快適な夏をお過ごしいただきたいと思います。

夏特有のウキウキ・わくわく感を思いっきり感じながら
今年の夏も楽しい楽しいものにしましょうね!^^

TOP
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.