mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 


mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2006年6月 “日焼け止め化粧品”をよく知ろう
緑が涼しく感じる季節になりました。
気候的にはこの時期特有のジメジメジメ…が続いていますが、皆さま、いかがお過ごしですか?
気分までジメジメしたりしていませんか?

毎日雨や曇りの日が続くと、何となく気分まで
どんよりしてきますよね。
でも!カラッとしたすがすがしい季節まで
あとほんの少しの辛抱です。
気分は夏を先取りして、カラッと明るく
行きたいものですね!

さて、以前からお伝えしていますが、
お肌にとって春先から夏の時期のケアは
とても大切です。
特に6月から7月にかけては、
一年で最も紫外線量が多くなりますし、
春以降に受けた紫外線の影響で
メラニンがどんどん増えて、肌の色が急激に
暗くなっていく時期でもあるからです。
このメラニンの増加はシミやそばかすを
目立たせるだけでなく、新たなシミの原因にもなるため、
「しっかり紫外線を防御してメラニンの生成を抑制する」
というケアが重要になってきます。
そこで、必須となるのが“日焼け止め化粧品”。

百合の花

 

皆さんは普段“日焼け止め化粧品”を使っていらっしゃいますか?
一口に“日焼け止め”といっても、今は様々なものが出ていますよね。
たくさんあるだけに、サロンにいらっしゃるお客様のお話を伺っても
「どういうものがいいのかわからない」とおっしゃる方がとても多いです。
また、日焼け止め化粧品に記載されている“SPF”や“PA”も
何だかわからないという方も多くいらっしゃいます。
確かにそれらについての説明を記載している化粧品は意外と少ないような気がします。
「SPFやPAの数値が高い方が紫外線を防御してくれそうだから、
今までは(数値が)高いものを選んでいた」というお声もよく聞かれるんですよね。

そこで、今一度“日焼け止め”についてきちんと知っていただきたいと思います。
昨年7月の美容情報「ダメージを受けない&ダメージに負けない」でも
取り上げています)
その前に肝心なのは“紫外線”についての知識。
紫外線について知らないと、それを防止する日焼け止めを上手に使いこなすことは
できないので、まずは紫外線について触れておきますね。

紫外線は、A波、B波、C波にわかれています。
地上に届くのはA波とB波のみで、C波はオゾン層に吸収されて地上には
ほとんど届かないと言われています。
(ただし、オゾン層の破壊によって最近ではごくわずかに
地上に届いていることが報告されています)
そこで、防御したい対象は、このA波とB波。
それぞれの特徴は以下のようになります。

  • A波(UVA)・・320〜400ナノメートルの長波紫外線。
            エネルギーは弱いが、波長が長いので
            少しずつ肌の奥まで浸透し、
            真皮のコラーゲンなどを傷つけ、肌老化の原因になる。
            サンタン(色を黒くすること)を起こし、
            当たりすぎると皮膚がんまで 発展することがある。
            雲を透過しやすいので、曇りの日でもUVAの照射量は
            晴れの日とあまり変わらない。

  • B波(UVB)・・280〜320ナノメートルの短波紫外線。
            エネルギーが強く、
            サンバーン(赤くなってヒリヒリすること)の原因になる。
            A波同様、コラーゲンの変質や光発がんを引き起こす。
            雲やガラス窓などである程度さえぎられる。

そのA波・B波と関係するのが、まさしくSPFとPA。
まず、SPFは、Sun Protection Factor の略で、
その値は「紫外線B波をカットする力」を示します。
何も塗らない状態と比べてサンバーンが始まるまでの時間を
何倍に延ばすことができるかということです。
そのSPF値は、2〜50の値で示されています。
通常、大人が夏の日差しの下にいた場合、サンバーンを起こす程度の
紫外線を浴びるには約15〜20分かかるといわれますので(個人差はあります)、
SPF1のめやすは20分になります。
たとえば“SPF2”の日焼け止め化粧品を塗っておくと、
サンバーンを起こすまでの時間を20分の2倍、つまり40分に延ばすことが
できるということになりますね。

でも、それはあくまで“サンバーンを起こすまで”の値。
“シミやシワの元をつくるまでの時間ではない”というのが大切なところです。
実際に肌が赤くなるほどの日焼けをしなくてもシミの元はできてしまうようです。
つまり、たとえば“SPF3”(20分×3=60分)の日焼け止めを塗って
1時間程度屋外で運動をした時、サンバーンは起こさないかもしれませんが、
シミやシワの元は作っているかもしれないということです。
では、シミやシワの元になるものを作り出すまでの時間は?というと、
それは残念ながら厳密にはわからないのが現状です。肌細胞に発生する小さな小さな
シミやシワの元までは測定できないからです。

そこで、SPF値はあくまでもめやすとして設定され、全体的にはやや高めの値が
表示されています。
(たとえば、屋外に一時間程度いた場合はSPF20くらいのものがよいと考えます)
では、値が高ければ高い方がいいのではないか・・・と考えてしまいがちですが、
それはそうとも言えません。
なぜなら、値が高い方が肌への負担も大きくなるからです。

次に、PAはProtection Grade of UVAの略で
その値は「紫外線A波をカットする力」を示します。
SPFのように数値ではなく、+から+++までの3段階で表されます。
紫外線A波の肌への影響は紫外線B波に比べると、すぐにはっきり
あらわれるものではなく、測定が難しいため、このような基準の表示に
なっています。
(+はやや効果がある ++は効果がある +++は非常に効果がある)
紫外線A波は、サンタン(皮膚が黒くなること)を起こしますが
それには数日かかります。


日焼け止め化粧品

A波と比べ、B波の方がエネルギーが強く、
やけどや火ぶくれなどの強い日焼けを
引き起こすため、かなり以前からその弊害が
知られていたようです。
それゆえ、日焼け止め化粧品もB波を
さえぎるものが最初に開発されました。(SPF)
しかし、近年ではA波も肌老化やがんに
つながることがわかってきたので、
A波とB波の両方を防ぐものが主流となりました。
(ただし、SPF値は世界でほぼ共通の基準によって
測定されているようですが PA値は日本独自の
表示だそうです)

このSPFとPAの値は、日常の生活と照らし合わせ
(紫外線を浴びる時間を考えて)選んで
いただきたいと思います。
(合わないものを使っていると 肌に負担を
かけてしまいます。)
以下はめやすになりますので
ぜひ参考にしてみて下さい。


  • 日常の紫外線防止には、SPF10〜20、PAは+から++
  • ちょっと屋外にいる時間が長い時は、SPF30〜35、PAは++
  • 炎天下でのスポーツやレジャー(山や海など)には、
    やはりしっかりガードするために SPF30〜50、PAは+++

また、日焼け止め化粧品に配合されている紫外線防止効果のある成分は
紫外線を吸収するタイプの「紫外線吸収剤」ではなく
紫外線を反射させる「紫外線散乱剤」タイプのものを選ぶことをおすすめします。
紫外線吸収剤は、肌に対して刺激になることがある成分なので
肌にとっては紫外線散乱剤の方が負担が少ないからです。
(化粧品に“紫外線吸収剤不使用”と記載されています。)


ぜひ、日焼け止め化粧品のことをよく知り
状況やご自分に合ったものを
かしこく使っていただきたいと思います。

そして、頬骨の上などを重ね塗りするなどの
使い方の工夫や、帽子と日傘での
ガードもお忘れなく。

これから暑い暑い夏がやってきます。
お肌を紫外線から積極的にガードして
心も身体も開放的になる夏を
思いっきり楽しみましょう!

参考文献:
吉木伸子著 「スキンケア基本事典」
まのえいこ著 「スキンケアナビ」

帽子と日傘

TOP
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.